40代といえば、仕事も軌道に乗り大人として一人前と認められ始める年代。

平均寿命を80年とすれば、人生においても折り返し地点を迎え、自分を取り巻く環境も徐々に変化していきます。

巷では、そんな「40代」に差し掛かっても結婚していない人々が増えている傾向にあります。

平成22年に行われた国勢調査では、40代男女のおよそ3割が独身だという統計も発表されています。

一昔前なら考えられない!と言われそうな事実ですよね。

貴方は40代に差し掛かり、結婚したいと思っていますか?

もし、結婚しなくても人生は十分楽しく充実している!と言い切れるならそれはとても素晴らしいことだと思います。

しかし、少しでも人生を共に歩ける相手を見つけたいと感じていたなら、

なぜ自分が3割に含まれてしまったのか今一度冷静に分析してみてはいかがでしょうか。

今回は、「これからも出会いがあれば結婚したい」と思っている40代の皆様に向けて、

40代まで結婚できなかった理由や、その改善点などのポイントをまとめてみました。

結婚できない人の共通点

結婚相手を見つけるには、まず自分自身が異性として見られているかをチェックすることが大切です。

若いうちはモテていたし、それなりに異性との交際もあった!なんて思っていても、自分が気付かないうちに外見のケアを怠っていたり、考え方が凝り固まってしまっていたりしているかもしれません。

若いころには、何か欠点があれば友人や先輩、時には両親がそれを厳しく指摘してくれていたでしょう。

しかし、年齢を重ねるごとにはっきりと物事を伝えてくれる人も少なくなり、いつまでたっても欠点を直せなくなっているのかも?

40代で結婚のチャンスを逃している男女には、きっと人それぞれ色々な理由があるのでしょう。

しかし、大きく見てみると、婚期を逃している40代男女にはいくつかの共通点が存在します。

この共通点に自分がどれくらい当てはまるのかをしっかりと比較し、当てはまってしまった点は克服する努力を始めてみましょう。

出会いがない

40代独身の中でも結婚できない人に共通する点、それはまず何と言っても根本的に出会いが無いという問題です。

40代と言えば周囲の同僚や同世代の友達も結婚して子供が居たり、早い人は孫が生まれた、なんて言い出す人もいるような世代です。

周りの協力で出会いを探すこともできなくなり、職場や趣味の場所にいる独身男女は自分よりずっと年下の若い世代ばかり…

そんな状況では出会いがなくなるのも頷けますよね。

実際に経済通産省の調べでは、20代のころに比べ、

40代独身の人が職場で異性と出会う確率はおよそ3分の1程度になってしまうという衝撃の結果も出ています。

どんなに恋人を探そう!と意気込んでも、出会いが無ければ元も子もありません。

年齢的に出会いが激減

2015年に行われた国勢調査では40代独身の男女のうち、5年以内に結婚できる人は10人に1人と言われています。

これは40代になってから結婚したいと思った人にとってはかなりショックな数字ですよね。

出会いが激減する原因はやはり年齢。

40代にもなると、職場にいる同世代の異性もみんな結婚したり、パートナーがいるなど恋愛対象外となり、

部下や新入社員の若い世代からはそもそも恋愛対象として見てもらえないなんて状況に陥り、そのまま出会いを探すことができず婚期を逃し続けてしまうなんてことも…。

しかし一方で、20代・30代の独身男女を対象に行われたアンケートでは、

約3割の人が40代の異性でも恋愛対象になる答えた結果が出ています。

たとえ年齢的に出会いが激減しても、考え方や探し方を工夫すれば、恋人を探すことも十分可能なのです。

成功率が低い所で活動している

いつの世代でも恋が芽生えるシチュエーションといえば、同じ学校の仲間、仕事の先輩後輩、同僚など身の回りにいる人が大半を占めるものです。

しかし、40代になってその身の回りに出会える異性が減ってくると、

結婚相手を探す手段として次に身近に現れるのが婚活サイトやお見合い相談所など、結婚するために異性とマッチングを行ってくれるサービスです。

40代独身の男女はある程度収入もあり、入会費などが発生しやすい婚活相談所などのサービスでも躊躇いなく入会することは造作ないでしょう。

しかし、こういった婚活を提供するサービスに恋人探しや結婚相手探しのすべてをかけてしまうのは実はとても危ない行為。

自分でも気づかないうちに成功率が低い場所で活動して、いつまでも出会いが無い、なんて嘆いている悪循環に陥ってしまうかもしれないのです。

婚活の場で活動すればするほど結婚から遠ざかる

今、世の中には多くの婚活サービスやマッチングサービスが溢れています。

こういったサイトの多くは、独身の出会いが無い男女に出会いを提供するという一見40代独身の皆さんにはぴったりのサービスに思えますよね。

しかし、実は婚活やマッチングのサービスというものは皆さんが思っている以上に成功率が低いシーンなのです。

経済通産省の調べでは、結婚相談所などで成婚が成立する確率は約10%。

若い世代の人から、高スペックな人まで多くの独身男女が登録している中の1割は中々の難易度ですよね。

こういった婚活の場でどんなに頑張って活動していても出会いは生まれず、

むしろ、時間を無駄に使うだけで結婚のチャンスを袖振ってしまうという事態になりかねません。

婚活サービスを利用しようと検討している人は、自分が本当にそのサービスに合っているのかもう一度冷静に分析してみましょう。

見た目に清潔感がない

40代は身体が老いに向かい始める最初の世代。

老化現象が始まる曲がり角とも言われる時期です。

どんなに気持ちが若くても、身体は皆平等に老化していくもの。

そして、老化減少というものは人の清潔感を損なわせてしまう原因になります。

人が他人に好感を抱く第一印象で一番重要なものは美貌でも、おしゃれな装いでもなく、清潔感です。

40代男女でも恋愛対象になる、と答える若者はたくさんいますがそれは清潔感がある40代の男女という前提の考え。

小汚い印象の40代男女では、恋愛対象どころか知人としても親しくなろうとは思ってもらえないかもしれません。

厳しい現実ですが、それが老いを迎えているということなのです。

加齢現象対策を放置しがち

髪の毛が痩せてきた、抜け毛が増えた、肌にハリが無くなり皺が目立つようになった…

そんな外見の変化に心当たりはありませんか?

毎日鏡を見ていると、少しずつ起こる変化には中々気づかないものですよね。

しかし、周囲の目は敏感です。

少しでも清潔感を損なう印象を持たれてしまうと、それを挽回するのはとても難しいこと。

しかし反対に、清潔感さえ失っていなければ、老いを感じても気にしない人がほとんどです。

若い世代は、年を感じる変化に嫌悪感を抱くのではなく、加齢現象を放置し、対策を行わないことを嫌がっているんですよ。

見た目が『おじさん・おばさん臭い』

自分を客観視してみましょう。

あなたは同年代と比べて、おじさん・おばさん臭くなってしまっていませんか?

40代男女の中には、おじさん・おばさんとは思われず、おしゃれでかっこいい大人の男、きれいで憧れる大人の女と思われるタイプの男女がいます。

もちろん、恋愛の場においても求められるのは後者のような40代。

なぜ同じ40代の男女にこのような違いが生まれるのでしょうか。

大人の男、大人の女と思われるタイプの40代男女は、おしゃれや流行にしっかりと反応し、

年相応かつ洗練された装いを身に着けています。

もう年だから、と落ち着いた色合いの服装ばかり身に着けたり、身だしなみも無難なものに落ち着いてはいませんか?

モテる40代男女は常に、若々しすぎずおしゃれな「ちょうどいいファッション」を研究し、模索しています。

彼らはまだ男性・女性として社会に認識されるように陰でたくさんの努力をしているのです。

外見を装うことを年のせいにして諦めたり、今更着飾るなんて…と恥ずかしがる気持ちはいったん捨ててみませんか?

髪型もおじさん・おばさんっぽい

40代になると途端に髪の毛に気を使わなくなる人もたくさんいます。

薄毛になっても適当に放置していたり、ファッション性を無視して仕事がしやすいかっちりした髪形に固定してしまったり。

女性も、髪を染めたりパーマをかけることをやめて、一つ結びで楽な長さに整えるだけになっていたり…。

髪形はその人の生活水準や人となりを如実に表現します。

あまりにもおじさん・おばさん臭い髪形をしていては、出会いの可能性も遠ざかってしまいます。

包容力がゼロ

年上の異性に求めるもの、それはずばり「包容力」です。

自分よりずっと長く生きてきた経験と、その経験により培った器の大きさ、それを感じて包み込まれた時、

若い世代は年上の異性に憧れや思慕を抱くようになります。

特に40代にもなれば、周囲からは年長者として見られることが多く、包容力があって当たり前とハードルも上がってしまう傾向にあります。

そんな40代男女がちょっとでも包容力が無いところを見せてしまうと、あっという間に頼りがいのない人認定されてしまうのです。

年上の武器である包容力、がっつり使いこなしたいものですよね。

年の割に器が小さい

では、包容力とはいったいどのようなものを指すのでしょうか。

どんな我儘も聞いてくれる、遊びに行く時は常におごってくれる、そういったものは本当の包容力ではありません。

器が大きいと思われたいがあまり相手のいいなりになってしまうと、都合のいい人と思われ利用されるだけの関係になってしまう可能性もあります。

本当の包容力とは、相手の意見や考え方、気持ちをしっかりと受け止め理解し、話し合う姿勢を見せるということ。

自分を受け止めてくれたと感じた相手は、その対象に大きな包容力を感じるのです。

反対に、相手の意見を全く聞かず、自分の気持ちばかり押し付けている人はどんなに相手の思うとおりに動いても、

「年の割に器が小さい人だ」と思われてしまいます。

包容力を自然とアピールしたいときには、相手の意見を聞いてから、それを否定はせずに自分の考えも伝えるという方法を取ってみましょう。

上から目線で接する

ある程度年齢を重ねた男性に多くありがちな行為に、上から目線で接するというものがあります。

男性は戦いの社会で生き抜いてきた生き物なので、相手に自分の力を誇示する行動を取ってしまいがち。

しかし、恋愛においてはこの上から目線が思わぬデメリットになってしまいます。

本人は自分のことをすごいと思ってほしい、魅力を感じてもらいたいという一心で上から目線のお説教や自慢話をしてしまうのかもしれません。

しかし、女性からしてみればそれはただのつまらない自己満足トーク

折角のデートで上司と話しているような気分になるのは嫌ですよね。

また女性にも、上から目線で話してしまう人が増えています。

女性の場合、40代を迎えるまで独身であったことへの恥じらいやプライドから

「自分はこの年まで結婚できなかったのではなく、しなかったのだ」

というアピールで上から目線になってしまうことが多いのですが、これもあまりおすすめできる態度ではありません。

ついつい上から目線になってしまう、という人は肩の力を抜いていつもの自分でいられるように意識してみましょう。

過去の自慢話ばかり話す

上から目線とセットになることが多い自慢話。