あなたは社内恋愛をしたことはありますか?同じオフィスに自分の恋人がいる。

ドラマの様でとてもロマンティックですね。

もちろん同僚や上司の前でイチャイチャは出来ません。

でも職場で恋をしているって素敵だと思います。

実際に社内恋愛から結婚まで辿り着いた人も多いと思います。

ここではどのようにして社内恋愛を成就させるか、そのポイントやバレないためのルールについてお話していきますね。

今社内にお目当ての人がいるのであれば、是非その人との恋愛を成就させましょう。

社内恋愛、憧れますよね

社内恋愛に憧れる人は多いのではないでしょうか?

1日のうちで沢山の時間を過ごす職場に恋人がいれば、仕事の充実感も上がります。

テレビのドラマでも社内恋愛をテーマにしたお話がよくありますね。

そんな憧れの社内恋愛には他の恋愛にはない魅力もあります。

また同じ屋内に恋人がいる状況は学生時代の恋愛にも似ているかも知れません。

恋人がいるだけで普段の授業がワクワクしたものになる。

社内恋愛にも同じ様なことがいえるでしょう。

普通の恋愛よりドキドキ感がある

社内恋愛にある、他の恋愛にはない魅力とは何でしょうか?

そのひとつは普通の恋愛よりドキドキ感があることです。

他の同僚や上司に秘密にしていることやお互いが近くにいても恋人として振舞えないことが、

逆に二人だけの秘密を共有している感覚がありドキドキ感が普通の恋愛より増すのです。

時々休憩室で二人だけで恋人として仲良く話したりすることも秘密の密会の様でドキドキします。

そこに同僚が急に入ってきた途端にいつもの会社員としての振る舞いに戻ったりすることも楽しかったりします。

この普通の恋愛にはないドキドキ感が社内恋愛にはあり、より二人の関係を親密にする隠し味の様な効果があるのです。

社内恋愛禁止ならさらにドキドキ

普通の職場でもあからさまに皆の前でイチャイチャは出来ないでしょう。

それが社内恋愛禁止であれば尚更です。

禁じられていることをしている自分たちに更に燃え上がってしまうのです。

このドキドキ感が社内恋愛の醍醐味かもしれません。

二人だけで決めた時間にランチに行ったり、外回りで二人で抜け出すチャンスを作ったり、バレない様に二人だけの時間を作るドキドキする楽しみもあります。

そんな社内恋愛はあなたの仕事をより充実させてくれるかも知れません。

恋人が同じ職場にいるのでかっこ悪い所はお互い見せたくないと思うので、その分仕事もよりキチンとするからです。

結果としてストレスなく充実感を感じながら仕事の能率も上がることになるでしょう。

社内恋愛禁止の職場の決まりを守らないが故に仕事の能率が上がる場合もあるのです。

成就させるためにやるべきこと

ここでは社内恋愛を成就させるためにやるべきことについてお話していきます。

社内恋愛OKの職場であればそれほど恋愛成就は難しくないでしょう。(その分ドキドキ感は減ります)

ここでは社内恋愛禁止、または恋愛はOKだけど表立ってするのは難しい場合もあります。

その様な場合に相手との距離を縮めたりより深い仲になるためのポイントについて解説していきますね。

”イベント”を逃さない!

会社で行われるイベント。

このイベントを恋愛成就に利用するのです。

例えば展示会等の何かのプロジェクトのために行う会場の準備。

この準備で普段はデスクで仕事をしていて話す機会が少ない場合もお互いが話す機会がぐ~んと増えます。

その仕事での会話の中でお互いの距離を縮めてゆくのです。

焦らずに最初は仕事オンリーな会話でも構いません。

むしろ仕事の会話を通してお互いをよく知り、信頼関係が築けるでしょう。

その後に個人的な仲になり、更に恋愛対象として発展させてゆく方がより自然に恋人同士になれるでしょう。

また直接仕事に関するイベントではなく、社員で行く遊び、カラオケやボーリング大会等の娯楽イベントも社内にお目当ての相手がいる場合恋愛成就のチャンスになります。

仕事が終わった後の娯楽は開放的な気分の中話も弾み相手との距離も縮まりやすいでしょう。

もし可能であればお目当ての相手にイベントに参加をする人数やイベントの場所を一緒に決めてもらうのです。

その様にお願い出来れば自然な流れで相手の連絡先を聞けたり、二人で場所の下見に行く、という口実を作って二人だけになれます。

仕事のイベントも娯楽のイベントもお目当ての相手との距離を縮めるチャンスなのです。

恋の発展に繋がりやすい

また、イベントというひとつの共同作業をすることによって恋愛をしたい相手との共通の経験が出来ます。

お互いに共通の達成感や思い出が出来ると一気に信頼感や親密感が増します。

そのためその後の二人だけでの食事なども自然な流れで誘いやすくなるのです。

相手の方からも誘いがあるかも知れません。

自然に距離を縮めやすい

社内恋愛以外の普通の恋愛では知人の紹介や街コンや合コンでの出会い、

そしてナンパなど出会うための最初のハードルが高い場合があります。

もちろん紹介やナンパでも上手くいくことはあるでしょう。

しかし多くの他の出会いで共通することは、知り合うまでの期間がなく、相手の情報がほとんどない状態から出会いが始まる点があります。

そのため相手がタイプの異性でも話が弾むまで時間が掛かったり、緊張して話が上手く出来なかったりもします。

最初の相手との距離が大きいためです。

それが社内にお目当ての人がいる場合、職場で毎日顔を合わせる間柄なので自然と相手を知る機会があり、

会話も恋愛を意識したものではなく仕事の内容等も話せるため自然体で接することが出来ます。

そのためお互いを恋愛対象として意識し始めることも自然な流れで出来ます。

周りに秘密にすることが多い社内恋愛ですが、実は付き合うまでの相手との距離を自然と縮められるメリットがあるのです。

残業と休日出勤で”仕事”と”恋愛”2つを得る!

そして社内でお目当ての人と距離を縮め、恋愛関係になるためには残業と休日出勤を利用しましょう。

もちろんこれらの時間に相手がいればの話ですが、その時間に相手と自分しかいない環境があればベストです。

お互いルーティンワーク以外の仕事をしている苦労を分かち合う中で親密感も生まれやすいでしょう。

また普段ならあまり出来ない私語も出来るでしょう。

相手に迷惑がられない程度に話しながら仕事を続け、距離を縮めることが出来ます。

残業途中に差し入れをすれば、相手はあなたの優しさを感じることも出来ます。

休日出勤では二人だけでランチに行くことも自然に出来ますね。

まだ恋人ではないのに二人で過ごす時間がとれるのです。

そして仕事もしているので仕事の成果も出すことが出来ます。

残業や休日出勤を上手く活用して、仕事と恋愛の2つを得ましょう。

会話もしやすく誘いやすい

残業や休日出勤中は普段の仕事より同僚も少なく、会話もしやすいはずです。

また普段は同性の同僚たちと行く食事も自然な流れで誘いやすいでしょう。

もしお目当ての人が残業や休日出勤をしている場合はチャンスです。

積極的にその時間にあなたも働き距離を縮めてゆきましょう。

仕事をしながら魅力をアピール出来る

残業や休日出勤の間であれば、仕事をしながら自分の魅力を相手にアピール出来ます。

普段はしづらい会話も周りを気にしないで話せるので自分や相手の趣味や好み、性格もいつもより知ることが出来ます。

何気ない会話で自分をアピールし、相手に知ってもらうことで相手からの距離も縮まってゆきます。

意外な共通の趣味が見つかったりすると、話は更に盛り上がるでしょう。

仕事のフォローもお互いが出来ることもあるでしょうし、お互いを知る良い機会が残業や休日出勤なのです。

飲み会に参加する

会社の飲み会には積極的に参加をしましょう。

飲みの席では皆が仕事の緊張から解放されています。

お酒も入るのでテンションも上がり話が途切れることもありません。

二人きりの場を作る前にあえてたくさん人がいる環境で一緒に過ごすことで楽しい時間を相手とも過ごせるのです。

職場で気になる相手と最初の距離を縮めるには飲み会は大きなチャンスなのです。

新しい一面が見られるチャンス

また、飲み会では普段の相手からは分からない相手の新しい一面が見られるチャンスでもあります。

お酒が入る楽しい場での愛嬌のある面や意外と饒舌な面などが見られるかも知れません。

もちろん自分も職場で見せられない一面を相手に見せることが出来るでしょう。

冗談をいう自分、美味しくご飯を食べる自分、同僚とふざけ合う自分等、相手から見た自分の新しい一面を見てもらうことも出来ます。

飲み会ではお互いの新しい一面を知るチャンスがあるのです。

お酒の席だからこそ言える事もある

そしてお酒の席だからこそお互いの気持ちを言えることもあります。

普段の仕事中は言いたくても言えないことが飲み会では言えたりもします。

例えばお互いの仕事のやり方や普段気になっていた相手のこと等もザックバランに話せるでしょう。

一見ネガティブに聞こえる話もお互いの理解が深まるために聞く必要がある時もあります。

色々な面で気になる相手を知るよい機会が飲み会なのです。

もちろん楽しい会話も弾むでしょう。

場合によっては気になる相手から、実は前から気になっていました、なんて告白もされることもあるかも知れません。

そんな場合は一気に距離が縮まるでしょう。

そこまで急展開ではなくてもお酒の席で自然と距離も縮まり、気になる人と仲良くなるチャンスが飲み会にはあるのです。

社内恋愛は隠しておきたい人が多い

社内恋愛をしている人の心理とはどの様な状態なのでしょうか?

もちろん恋愛は悪いことではありませんが、社内恋愛の場合は周りの目や会社の雰囲気などを気にして隠しておきたい人が多い傾向にあります。

社内恋愛禁止の職場はもちろんですが、そうではない会社の社員の方も隠しておきたい人が多い様です。

確かに毎日通う職場でプライベートな恋愛関係が皆に知られているのはあまり良い気がしないでしょう。

嫉妬や妬みを受けてしまう可能性もありますし、万が一別れてしまった場合、職場にいづらくなる可能性もあります。

一般的にはどの様な理由で社内恋愛を隠しておきたいのでしょうか?

周りにバレると恥ずかしい

社内恋愛を隠しておきたい理由のひとつは、周りにバレると恥ずかしいという心理的なものがあります。

周りにバレて噂のネタにされたり、上司からからかわれる事を心配する等周囲の目が気になるようです。

特に私達日本人は恥をかくことを嫌う傾向にありますのでバレることを恐れて隠す傾向にあります。

本来は恋愛は恥ずかしいものではないのですが、人の目や噂を気にする心理が恥ずかしいと思わせているのでしょう。

またバレることにより仕事に支障をきたす恐れも出てきます。

その様な理由から社内恋愛を隠す人が多い様です。

噂になると面倒くさい

また噂になると面倒くさいという理由もあります。

上司や同僚への説明や社内での気配りが増えるなど、噂になって社内恋愛をしている本人たちが得をすることはなさそうです。

中には自分の恋人に密かに思いを寄せていた同僚から冷たくされてしまうなどの仕打ちを受ける可能性もあるでしょう。

社内恋愛をしている人にとって、その恋愛を隠しておく方が色々な面で安全といえるのです。

社内評価が気になる…

社内恋愛がバレた場合、その本人たちの社内での評価も気になるところです。

仕事での成果は問題ないとしても、勤務態度としてどう評価されるかが心配になります。

特に社内恋愛禁止の会社では将来の出世に響いてくる可能性も高いでしょう。

また直接出世に繋がる評価に響かなくても、直属の上司から悪い評価を与えられると仕事をするモチベーションも低くなるでしょうし、

恋愛感情自体が覚めてしまうことにもなりかねません。

その様な理由からも社内恋愛を隠す人は多いといえます。

なぜか後ろめたさを感じる

また社内恋愛をしている事自体に後ろめたさを感じて隠す場合もあります。

周りに秘密にしていることに罪悪感を感じているのかも知れません。

恋人がいない同僚に実は恋人がいる自分を申し訳なく思って隠す場合もあるでしょう。

後ろめたさを感じる心は何かしらの罪悪感を感じているのです。

社内恋愛は絶対バレたくない!

今までお話してきた様に、社内恋愛は内緒にしてバレない方が良い様です。

むしろ恋愛をしている本人たちにとっては絶対にバレたくないと思っている人の方が多いのではないでしょうか?

もちろんバレない様にすることによって会社での立場や評価を守るという意味もありますが、

秘密の恋愛をしているドキドキ感も社内恋愛を隠すことで得られることのひとつです。

しっかりと会社での自分の立ち位置を守ることと恋愛を楽しむこと、

この二つの大切な理由があるために社内恋愛は絶対にバレたくない人が多いのだと思います。

ここからは社内恋愛を絶対にバラさないために守るべきルールについてお話してゆきます。

バレないために守るべきルール

それでは社内恋愛がバレないために守るべきルールについてお話します。

色々なルールがありますが、それぞれのルールを参考にして自分なりに工夫してみてください。

実際の社内ではそれぞれ状況が違う面もあると思いますので、自分の職場や恋人に合ったルールを決めてみてくださいね。

2人の間でルールを決める

まずは恋人と二人で話し合って、バレないためのルールを決めましょう。

一度ルールを決めれば後はそれを守れば良いので、最初の話し合いはしっかりとした方が良いでしょう。

会社の状況や噂が好きな人にバレない方法などを二人で話し合いましょう。

これからお話するルールも参考になるはずです。

アイコンタクトは絶対とらない

アイコンタクトはとらない様にしましょう。

映画やドラマで恋人同士がアイコンタクトをとるシーンはよく見かけますが、現実にはアイコンタクトは意外とバレてしまいます。

それは人が目でも会話をしているからで、アイコンタクトに限らず普段の会話でも言葉だけではなく目でも意思を伝えているからです。

まして恋愛感情のこもった熱い眼差しはすぐに気づかれてしまうでしょう。

特に噂のネタを普段から探している人がいる場合は要注意です。

その様な人たちは普段からアイコンタクトや不審な行動を意識して探しているので一度見つかってしまうとマークされてしまいます。

内緒で社内恋愛を長く続けるために、アイコンタクトはとらない様にしましょう。

2人の関係を“会社仲間”と意識する

社内では2人の関係を会社仲間であると意識しましょう。

直接話す場合も会社の同僚として接するのです。

心の中では恋愛感情があるのですが、それをお互い表に出さずにあくまでも会社仲間として振舞うのです。

そうすることで周りに気付かれることなく社内恋愛を続けることが出来るでしょう。

ある意味二重の生活ですが、そこが社内恋愛の醍醐味であるともいえます。

社内では会社仲間として恋人と接し、安全な自分の部屋や隠れ家の様なお店で恋人としての時間を楽しむ。

とてもスリリングでロマンティックな恋愛が出来るのです。

時にはその様な関係が大変と感じる時もあるかも知れませんが、隠すことによって守られる安全やドキドキ感を持った恋愛関係の維持には大切なルールです。

他の社員と同じように接する

会社仲間として恋人と接する際に、他の社員と同じ様に接するようにしましょう。

恋人と接する時だけつい優しく接してしまったり、笑顔が自然と溢れてきてしまっては勘が鋭い人にバレてしまいます。

恋愛感情は社内では見せずに心のうちに隠しておきましょう。

他の社員と同じ様に接することは結構大変かも知れませんが、その分恋人と二人きりになった時の喜びは大きいでしょう。

社内ではあくまで淡々と同僚に一人として恋人に接し、プライベートでは思い切り恋愛を楽しむ。

このしっかりとした区別が社内恋愛では出来るのです。

そのためメリハリが効いて中身が濃い恋愛が出来ると思います。

社外においても警戒を緩めない

社内では他の同僚と同じ様に接して警戒を怠らない姿勢が大切ですが、社外でも警戒を緩めないようにしましょう。

会社のドアを出てすぐに腕を組んだりしてはそのうちにバレてしまいます。

少し我慢が必要かも知れませんが、会社の周辺では腕を組んだり手を繋ぐなど恋人らしい行為はしない方が賢明です。

偶然同僚にでも見られてしまったら噂は社内ですぐに広まるでしょう。

レストランやデートスポットでも注意が必要ですが、二人きりで過ごせる場所も結構沢山あります。

個室タイプの居酒屋やカラオケボックス、休日には遠方へ旅行へ行くことも二人きりで過ごせる時間になりますね。

あまり警戒ばかりしていると息苦しくなってしまうので、色々と工夫をして、恋愛が楽しめる時間を沢山作ってゆきましょう。

待ち合わせなら駅が一つ離れた場所で

待ち合わせ場所も注意が必要です。

駅で待ち合わせをするのであれば、会社から離れていても最寄駅は危険です。

同僚の多くは最寄駅を利用しているからです。

最低でも一つ離れた駅で待ち合わせをするようにしましょう。

この様に会社外でもバレない様に気を付けることで社内恋愛を安全に続けることが出来るのです。

デートも警戒して楽しむ

プライベートでのデートも注意は必要です。

芸能人がプライベートでのデートを撮影されスクープになることがありますが、

社内で秘密に恋愛をしている場合もデート現場で同僚に見つかってしまう可能性もあるからです。

サングラスをかけたりマスクをするなど変装をする必要も場所によっては必要です。

また人目に付くところでは手を繋がないなどの注意も必要です。

ただ、警戒しても、それを苦労とは思わずに楽しむようにしましょう。

楽しむことで秘密にしていることがドキドキに繋がりますし隠していること自体が楽しくなるからです。

職場仲間の趣味など把握しておく

二人の行動を注意するだけでなく、職場仲間の趣味や性格なども把握しておきましょう。

そうすれば彼らが良く行く場所がある程度は予測できるので,デート現場で鉢合わせる可能性のある場所を避けることが出来ます。

また、性格もよく把握しておけば、万が一バレても黙っていてくれる人も知っておくことが出来ます。

信頼のおける人であれば相談にのってくれることもあるでしょう。

職場仲間のことをよく知っておくことは、自分たちの恋愛関係を隠すことと同じくらい大切なルールです。

SNSにむやみに投稿しない

FacebookやLINE等のSNSにむやみに投稿することは止めましょう

大好きな恋人との画像や思い出は、つい記事にしてSNSに投稿したくなりますが、当然同僚に見られる可能性が高くなります。

画像という証拠も残っているので言い逃れは難しくなります。

同僚とSNSで繋がっていなくても意外なところで共通の知人がいて、その繋がりから恋人との投稿を見られてしまう可能性があるのです。

どうしても投稿したい場合は閲覧者を制限する機能を使い、同僚に見られない様にするべきですが、不自然に制限されていないか設定が必要になります。

SNSの閲覧者制限機能に詳しく、慣れている人は大丈夫だと思いますが、慣れていない人はむやみに投稿しない方が無難です。

LINEのタイムラインも要注意

LINEのタイムラインの投稿にも注意が必要です。

友達として登録をしていなくても設定によってはタイムラインに投稿された画像を見ることが出来るからです。

また、タイムラインに投稿された画像を誰かがキャプチャをして広めてしまう可能性もあります。

LINEや他のSNSでも言えることですが、どこで誰が繋がっているか分からないのです。

ネット上での社内恋愛の相手との画像の公開は控えた方が安全です。

恋人は社外にいる設定をする

最初に仕事仲間に恋人は社外にいるという設定をしてしまい公言することもひとつの方法です。

恋人と相談して架空の恋人がいるということにするのです。

恋人がいることは事実なのですが社内にはいないことになり、二人の交際は秘密を保てます。

人間の心理的にも真実を嘘に混ぜると全体的に信じやすくなると言われています。

そんな心の仕組みを利用するのです。

上手く行けば周りの同僚はあの子には外に恋人がいると信じ込むので、まさか社内に本当の恋人がいるとは思わずに安全に社内恋愛を楽しめる可能性が高くなります。

人に寄りますが、一般的に女性の方がこの様な設定を守ることが得意な傾向にあります。

恋人と相談してどちらに社外に恋人がいるという設定をした方が良いかを決めましょう。

社外にいる恋人について詳しく教えてと同僚にせがまれてもプライベートだからゴメン!と上手くはぐらかすことも大切です。

会社内の親友にも言わない方が良い場合も

秘密にしている社内恋愛を会社内の親友に話しても大丈夫でしょうか?

もちろん大丈夫な場合が多いと思いますが、中には親友と思っていた人の裏切りに会い、他の同僚にバラされてしまったという話もあるようです。

親友が恋人のことを密かに好きであったり、とてもまじめな性格で会社で禁じられている恋愛をしていることが許せない場合等、

他の同僚や上司にバラされてしまうことがあります。

他に誰にも言えない社内恋愛の場合、つい誰かに話してしまいたくなる時があるかも知れません。

しかし親友でも時に秘密を守ってもらえない可能性があるので話さない方が良いでしょう。

どうしても話したい場合は、最初に自分の恋人のことをどう思っているか尋ねてから話した方が良いでしょう。

自分の恋人のことを特に恋愛対象として気にしていないようでしたら話しても問題ないでしょう。

友情が厚い場合は付き合っていることを隠すことに協力してくれるかも知れません。

ですが、一番安全なことは話さないことです。

可能でしたら職場の人には話さないでおくことです。

それでもバレてしまった時は

恋人同士で会社で恋愛関係がバレない様にルールを決めて

二人でそのルールを守っていても何かの偶然が重なってバレてしまう時があります。

そんな時は相手が分かる場合は自分たちの気持ちを正直に相手に伝えてみることも必要です。

自分たちがいかに真面目に交際をしてお互いを愛しているのかを伝えれば、その真摯な気持ちが相手にも伝わり黙っていてくれるかも知れません。

また上司にバレてしまい、会社に残るか、恋愛を止めるかと迫られた場合、やはり正直な気持ちを伝えることが大切です。

そして仕事で決して迷惑はかけないと誓い、その通りに結果を出せば上司も黙認してくれるでしょう。

また、表面上は別れたふりをして交際を続けることもひとつの道です。

この様に万が一バレてしまった場合はその状況に応じてお互いと周りにベストな選択が出来るようにしましょう。

社内恋愛は一般的な恋愛以上の忍耐と努力が必要

普通の恋愛よりも色々と気を付けることが多い社内恋愛ですが、社内恋愛なりの魅力があることも事実です。

そしてある意味困難な社内恋愛という交際をする道を選んだ理由にはやはり交際相手が好き、愛している、という気持ちが根本にあるからだと思います。

その相手を愛する気持ちが本物であれば社内恋愛はその人の人生をドキドキさせてくれるでしょうし、恋愛も仕事も上手くゆくと思います。

ですが、今までお話しして来た様に社内恋愛を成就させて交際を続けるには一般的な恋愛以上に忍耐と努力が必要です。

堂々と道で手を繋いだり、いつでも好きな場所で好きなだけ恋人に甘えることは出来ず、人前では警戒をしなくてはいけないからです。

その努力がツラいと感じてしまう人には社内恋愛は向かないかも知れません。

人生を彩るはずの恋愛が逆に本人を苦しめてしまうからです。

それでは本末転倒です。

社内恋愛に向いている人とは交際を秘密にすることを楽しめる人です。

秘密にすることにドキドキ感を味わえて交際関係を隠すことを楽しめるタイプの人ならば社内恋愛を楽しめるでしょう。

ポイントは忍耐を持ち続け、隠すための努力を惜しまず、かつそんな自分たちの関係を楽しむことです。

それが出来れば、社内恋愛は職場という多くの時間を過ごす場所でも好きな人と過ごせる素敵な恋愛になるはずです。

周りに秘密でお互いの恋を確かめ合う。

まるでロミオとジュリエットやローマの休日の様ですが、そんな映画や舞台の様な恋愛が出来るのが社内恋愛かも知れません。

一般的な恋愛も、社内恋愛もどちらも素敵な恋であることに変わりはありません。

自分に合った恋愛のスタイルで交際を楽しみましょう。