美熟女が一大ブームになってきている気配がありますね。

熟女と呼ばれる年齢に差し掛かってきたのに、その美しさは若い頃と変わりないばかりか年輪を重ねた事による色気が重なって周囲の反響を大きく一変させるほどのムーブメントを呼び起こしているのが現状です。

では、御年◯◯歳であるに関わらず、いまだにその美貌が衰えない芸能人とどうやったら熟女になってモテるようになるのか、10個の方法を挙げていってその秘訣をご紹介していきたいと思います。

美熟女だと思う芸能人

若い時なら可愛いのは当たり前、というのが芸能界の一般的な風景ですが年月も経ってそれでも尚、若かった時の美貌を落とさないばかりか、却って若返ったかのような錯覚さえ覚えさせる素敵な美熟女たちが大勢いらっしゃいます。

今なお衰えない美しさを誇る13人の「美熟女」たちをご紹介していきましょう。

尚、本記事における年齢表記は2017年8月現在における時間を基調とさせていただいております。

杉本彩

美熟女だと思う芸能人の1人目は「杉本彩」さんです。

1968年生まれですから御年、49歳になられているはずですね。

2011年に再婚されていますね。

お子様はいないようですが、だからプロポーションを含めて美貌を維持できるのだ、という意見は全く的を得ていません。

確かに類まれな容姿を持ったであろう杉本彩さん。

しかし、本人が手を抜けば美しさというのは一気に衰退していきます。

杉本彩さん、身体にいいと思うことは積極的に取り入れて日頃の鍛錬を怠っていないようですね。

またご自身がタバコ嫌いだということもストイックな美への追求性を感じさせます。

幼少時から決して家庭環境に恵まれていなかった杉本彩さん。

美を保ち続ける事が出来るのも生きていくためには何が必要か、という本能的なものが作用しているのかもしれませんね。

黒木瞳

美熟女だと思う芸能人の2人目は「黒木瞳」です。

1960年生まれの今年、56歳。

しかし、全く56歳の雰囲気には見えません。

それどころか若かった頃の小悪魔ぶりそのままの奔放な振る舞いはいまだ健在、という感じです。

1990年に結婚し1児のママでありながらまるで家庭臭さを感じさせない磨き抜かれたそのセンス。

数々のドラマや映画に出演し、日本を代表する女優とまで言われる大物女優の貫禄さえ漂わせる風格は美熟女の枠に収まらないマルチな才能を発揮しているのです。

一方ではあまりに気が強すぎて映画やドラマの制作現場ではスタッフや共演者から嫌われる女優の1,2を争う存在でもあるそうだとか。

しかし、荒波多い芸能界で常にトップの座を保ち続けるには私を手本にしなさいよ、と言わんかのような余裕さえ漂わす大物感。

この気持ちがある限り黒木瞳はまだまだ第一線でその威力を発揮し続けるでしょう。

檀れい

美熟女だと思う芸能人の3人目は「檀れい」です。

先の黒木瞳同様、宝塚出身のス娘役のスターです。

1971年生まれの46歳。

(檀れいさんがもう46歳だというのには少々、驚かされました)

2011年に俳優の及川光博さんと結婚したことはまだ記憶に新しいところです。

しかしながら全く家庭やつれすることなく結婚後もテレビやドラマに積極的に出演されていますね。

宝塚出身者はスターになってから宝塚を卒業して芸能界入りしますのでどうしても平均年齢が高くなる傾向がありますね。

だから檀れいさんの実年齢を知った時、驚きの声が上がったのかも知れません。

まだ30代前半のイメージでも十分いけます。

あの若々しさはご自身の鍛錬の賜物でもあるのでしょう。

結婚してもう7年なのにまるで家庭臭さを感じさせません。

まだまだ娘役で行けそうな初々しさ感もあります。

檀れいが美熟女のカテゴリーにはいる事自体が驚きですよね。

永作博美

美熟女だと思う芸能人の4人目は「永作博美」です。

1970年生まれですから現在46歳。

2009年に結婚してます。

永作博美さんの場合は美熟女という範疇に入れるのがおかしいくらい「かわいい」のです。

芸能界の出発点が「ribbon」というアイドルグループだったとはいえ、今に至ってもその時のアイドルの雰囲気を忘れさせずかといって子供っぽくもないピュアでありながらパワーあふれる演技っぷりで定評を博していますね。

それにしても芸能界で「熟女」と呼ばれるラインはそろそろ上げていってもいいのでは?と思うほど美女が揃い過ぎていますね。

彼女たちにとったらアラサー、アラフィフ、全く関係ない感じです。

今後は55歳以上が「熟女」という線引きでもいいのではないでしょうかねえ。

それくらい芸能界の40~50歳代は美しさが充実しすぎています。

勿論、永作博美さん個人の努力と節制も忘れてはなりませんけどね。

森高千里

美熟女だと思う芸能人の5人目は「森高千里」さんです。

永遠のロックシンガー、森高千里さんは1969年生まれなので現在48歳です。

んん~、森高千里、48歳だったんですか!若い!キレイ!とても48歳の女性に見えません。

何せ1960年代生まれですからねえ。

平成生まれの人達から見たら、もういい加減「おばさん」のお歳な訳なのですよ。

それなのにあの若さ!あの可愛さ!スタイルも往年時と全く変わっていません。

1999年に俳優の江口洋介さんと結婚し、現在は2児の母親でもあるわけですよ。

それなのにあのスタイルの良さはどういう事でしょう!

女性に限らず人間は人生の目標がぶれずに定まっていたら老もその人の元にやってこないのでしょうか?森高千里さんには音楽があります。

今年歌手生活30周年だそうです。

子育ても一段落した森高さん。

自分のやりたい道をストレートにやっておられる姿は後に続く後輩たちに夢と希望を与える事でしょう。

美熟女というには、あまりにカワイずぎる2児の母の森高千里さんでした。

丸岡いずみ

美熟女だと思う芸能人の6人目は「丸岡いずみ」さんです。

1971年生まれの現在、46歳。

元アナウンサーで夫は映画評論家の有岡昆さん。

2013年に結婚してからは一時期、専業主婦として第一線からは姿を消しましたが最近になってちょこちょことまたテレビの画面に出てくれるようになりましたね。

独身時代から美人アナウンサーとして人気の高かった丸岡いずみさん。

女子アナブームに乗って女子アナを追いかけるカメラ小僧にたっぷり被写体として狙われたことでしょう。

結婚後は一時、体調面に不安を抱えましたが夫の有岡昆さんと二人三脚で乗り切ったようで現在は健康的なお色気を振りまいてくれています。

まさに彼女のような存在こそが正統派の美熟女と言えるのではないでしょうか?

一般の方たちにとっても、目標にしやすい、いいお手本になってくれる事でしょう。

麻生久美子

美熟女だと思う芸能人の7人目は「麻生久美子」さんです。

ふぁー、麻生久美子さんが美熟女の範疇に入ってしまうのですね。

麻生久美子さんは1978年生まれで今、39歳。

アラフォーの一歩手前、アラサーさようなら、という年代です。

2007年に結婚。

そして現在2児の母親。

とても2人の子供がいるお母さんに見えないくらいあどけなさと可愛さが残っていますね。

タイミング的にも40歳前に出産を終えた事もいいでしょう。

これから10年近く、子育てが中心になるかも分かりませんが、今の麻生さんを見ていれば10年くらいの加齢など、何の心配もないような感じがしますね。

麻生久美子さん、とにかく気持ちが若い感じがします。

もの事をポジティブに処理しているように思えます。

若さと美の秘訣は損なところにあるのかも分かりませんね。

石田ゆり子

美熟女だと思う芸能人の8人目は「石田ゆり子」さんです。

生まれ年が1969年。

という事は今、47歳です!どう見ても47歳のそれとは思えませんね。

いくら未婚で気楽な独身生活を謳歌しているから、とは言っても彼女ほどの美しさを見せつけられてはこれまでのアラフォー、アラフィフの概念を根底から覆さなければならないほどの「美熟女」ぶりです。

ハッキリ言って世間的に47歳という年齢はどう考えても肉体的には衰えてきます。

女性にとったらどうあがいても避けて通れな「更年期」との戦いが始まります。

そう、この「更年期」がそれまであなたを女性らしくさせてくれていた女性ホルモンを奪っていってしまうのです。

この時を境にして女性の「美」は一気に下降線をたどっていくのが常識でした。

しかし、近年の美熟女たちの出現によってこの既成概念が崩壊しようとしています。

人体の抗えない仕組みに挑戦していっているかのようです。

美熟女たちは、それなりの費用と努力を重ねる時間があるから美熟女足り得るのでしょうか?

とにかく石田ゆり子さんの存在はある意味、革命的な美の再発見といえるでしょうね。

木村多江

美熟女だと思う芸能人の9人目は「木村多江」さんです。

木村多江さんは1971年まれですので現在、46歳のようです…。

えっ!木村多江さん、もう46歳だったのですか!全然そんな風に見えません。

まだ30代の前半かと思っていました。

いくら芸能界で女優という仕事をこなしているからとはいえ、46歳であの若さ、美しさはないでしょう。

ああ、本当に木村多江さんを奥さんにした旦那さん!羨ましい限りです。

木村多江さんは確か、ブレークするまでは結構、下積みが長かったのではないでしょうか?(それは私の勝手な思い込みかもしれません)

とにかく「薄幸の女」というイメージがついてしまい、どちらかと言えば脇役で光るタイプの方かな?とも思っていたのですが。

私生活上では2005年に結婚し、現在1字の母親でもあります。

最近の芸能界、結婚して一時期だけ家庭に入り、しばらくしたら仕事に復帰というパターンが定着してきていますね。

まあ、いい事だと思いますよ。

女性は多くの人から見られることでいつまでも若々しさを保ちますし、綺麗さにも拍車がかかります。

木村多江さんも見事にその流れに乗っている「美熟女」と言えるでしょう。

小泉今日子

美熟女だと思う芸能人の10人目は「小泉今日子」さんです。

とうとう、キョンキョンも美熟女の範疇に入ってしまったのですね。

生まれが1966年なので既にもう51歳なのですね。

しかし、どう見てもアラフィフ女性というようには見えません。

小泉今日子さんはいつまでも80年代アイドルのトップを走り続けていたままです。

可愛さは全然、変わりません。

結婚もして離婚もしちゃいましたが、それがますます彼女に魅力が加わる出来事負だったような気がします。

私生活上ではいろんな芸能人仲間との交流も広い小泉今日子さん。

この衰えぬパワーが若さの源なのでしょうか?

とにかくアラフィフ年代になっても未だに美貌の衰えない小泉今日子さんの美熟女ぶりは舌を巻くしかありませんね。

鈴木杏樹

美熟女だと思う芸能人の11人目は「鈴木杏樹」さんです。

生まれは1969年なので、現在47歳。

なのに全然、47歳の感じはありません。

可愛いし、相変わらず綺麗です。

私生活では長らく連れ添っていた旦那様を2013年に失くしていますね。

しかし、彼女の美しさはそんな事に負けないくらい美しさを保っています。

1990年代のドラマのヒロインと言えば誰を差し置いても彼女が圧倒的な存在感を出していましたね。

当時から上品な可愛さは今も全く変わっていないですよね。

今後も美熟女代表として活躍の場を広げていくことでしょうね。

吉永小百合

美熟女だと思う芸能人の12人目は言わずと知れた日本を代表する女優「吉永小百合」さんです。

お生まれは1945年ですので御年、72歳になられています…。

ううん、本当に驚きですよね。

吉永小百合さんがもう72歳とは!

お歳のことはあまり触れたくありませんが、聞き流すことができないほどの衝撃なのですからやはり触れないわけにはいきません。

一体、日本中のどこを探したらあんな美しい72歳の女性がいらっしゃるでしょう。

まさに奇跡的としか言いようがありません。

吉永小百合さんを美熟女の範疇に入れてしまうのはおこがましくて大変申し訳ない気持ちです。

しかし、あの若さと健康は一体、どうやって手にいれられているのでしょう?

吉永さんが水泳を日課のようにやられているのは結構、有名な話です。

確かに水泳は心肺機能を高め内臓機能の活性化を図ります。

吉永小百合さんの若さと美はそういった地味な努力が今日の成果に結びついているのかも分かりませんね。

とにかく吉永小百合さんを他の美熟女と同一ラインで語るのはいけません。

ハッキリ言って彼女は特別枠です。

まだまだ多くのサユリストをお持ちの吉永小百合さん。

このままずっと永遠に「吉永小百合」で生き続けていただきたいと思います。

平子理沙

美熟女だと思う芸能人の13人目は「平子理沙」さんです。

お生まれは1971年。

現在46歳です。

平子理沙さんは、ファッションモデルでありタレントなのですが、何がすごいかって言えば、このお歳になっていながら競争激しいファッションモデル業界において常にトップの座を歩み続けてきた事です。

まさしく「カリスマモデル」であり「アラフォーの星」という異名をもらうのに恥じない活躍ぶりですね。

私生活では夫だった俳優の吉田栄作さんと2015年に離婚してしまいましたが平子理沙さんの美熟女ぶりはそんな事ではびくともしないでしょう。

今後もますます大活躍されていくことを願っています。

熟女でもモテる10個の共通点

それではここからはどうやれば熟女であってもモテるのか、それを考えていきましょう。

恐らく容姿、外観が芸能人並みのルックスを誇る方、というのはそうそういらっしゃらないのではないかと思います。

それでは十人並みの容姿・外観でどうやって熟女の魅力を発揮してモテるようになるか。

熟女がモテる10個の共通点を紹介して参りましょう。

女を捨ててない

熟女でもモテる10個の共通点の1つ目は「女を捨ててない」という事です。

自分自身が「女」である事を捨てていない、これは当たり前そうに見えて非常に見逃すことができない重要なポイントです。

ハッキリ言って、外観や容姿をいくら努力して、あるいはお金をかけて磨いていっても肝心の「女」の部分を捨て去ってしまっては周りの男子たちは寄り付く事を拒否するでしょう。

外観や容姿が人並外れて優れている事は確かに有利な条件です。

人によったら「人は見た目が90%!」と堂々と言ってのける人もいますから。

しかし、人の値打ちというのは外観や容姿だけで決まらないから人間社会が延々と成り立っているのですよね。

太古の昔から「男は男らしく、女は女らしく」という何とも曖昧で無責任な標語が脈々と受け継がれてきました。

これはそれぞれの異性の役割がきっちりとあるからこその標語なのですよね。

要はその役割を果たしきれる「中身」が備わっているかどうかなのです。

だから、世の中の多くの熟女の皆様、異性にモテるための第一条件は「女」を捨てていない、という事を重々、肝に銘じておきましょう。

これが出来ていなかったらどのような努力を重ねても期待できる成果が返ってきませんからね。

美意識が高い

熟女でもモテる10個の共通点の2つ目は「美意識が高い」です。

熟女の年齢層にはそれに見合った「美意識」というものが存在します。

それを外さずに上手に自分に組み込んでいくことによって若い人とは確かに違うものを醸し出すことができます。

そこにはメークの仕方やファッションが年齢相応に見られているか、といった点も入ってくるでしょう。

熟女層の方が10代や20代の娘層の「美」を意識して真似をしても「痛い」だけだからです。

逆に言えば10代、20代の娘層が逆立ちしても敵わない熟女層の「美」というものがあるという事なのですよね。

だから熟女の方がモテるという事になるのです。

上品さがある

熟女でもモテる10個の共通点の3つ目は「上品さがある」です。

この要素は大人の女たる熟女の女性の大きな魅力と言えるでしょうね。

若い子たちがどう頑張っても追いつけない部分でもあるわけです。

それではモテる熟女たちが持ち合わす上品さとはどのようなものを指すのでしょうか。

メイク

モテる熟女の上品さの1つ目に挙げられるのは「メイク」です。

さすがに年の功、と言ったら怒られますが自身にとって、最も魅力的に見えるメイクの方法を完璧に熟知しています。

一般的に男性から見て敬遠してしまう女性のメイクのナンバーワンは「厚化粧」ではないでしょうか?

何もそこまで塗りたおさなくてもいいではないか?と思えるくらいの人がたまにいます。

勿論、本人たちにしてみれば理由があっての事だとは思いますが、「モテる」という観点から見たらちょっと勘違いしているように思えますね。

メイクの仕方を熟知しているところがモテる熟女の特徴なのです。

ファッション

モテる熟女の上品さの2つ目に挙げられるのが「ファッション」です。

ファッションセンスはメイクともリンクしている部分が多分にあるのではないでしょうか?つまりメイクに合ったファッションをしない事にはチンチクリンになってしまっていい笑いものになってしまいますからね。

熟女たるもの、そのようなアンバランスないでたちで人様の前へ出るようなことはまずやらないでしょう。

熟女のメイクとファッションのバランス感覚は大人の女性としての魅力を大きく引き立ててくれるのです。

言葉遣い

モテる熟女の上品さの3つ目に挙げられるものは「言葉遣い」です。

いい歳をしているのに分別のない話し方しかできない人がいたらどうでしょうか?そういうのっていくら外見がひときわ美しかったとしても大きくマイナスになってしまうのではないでしょうか?

モテる熟女は言葉遣いが出来ているのです。

だからそこはかとなく知性が漂ってくるのです。

それは決して出しゃばったものではなく自然体として感じられる人間性です。

モテる熟女は決して外見がいいだけではないのです。

一緒にいるだけで感じられる惚れ惚れとする人間性に心を持っていかれるのです。

言葉遣い一つ出来ていない人間は、男女に関係なく信頼されない、という事ですね。

生き方

モテる熟女の上品さの4つ目に挙げられるのが「生き方」です。

モテる熟女は決してへつらったり極端に媚びを売ったりはしません。

また人の悪口や嘘を言ったりもしません。

つまり人間として最低限のマナーやモラルを兼ね備えているという事になります。

以上の4つの要素を備えているからこそ、上品な生き方を出来ているといえるのです。

そういった人には自然と人のネットワークが出来上がるものですよ。

いい評判は人から人の口を伝ってあっという間に広がっていってくれる事でしょう。

スタイルがキレイ

熟女がモテる10個の共通点の4つ目は「スタイルがキレイ」です。

スタイルは男性から見たら憧れの対象の一つとなってしまいます。

極端な肥満や痩せ型が好みの男性もいるでしょうが、一般的に考えれば全体のシルエットが美しく、キレイな体型を誇る人の方に目が向くのは自然の摂理でしょう。

しかしながら熟女の年齢層になってから体型を維持するというのは大変なのです。

特に出産を経験した女性は母乳の関係上、どうしても栄養をつけなければならずそのため肥満体になってしまう可能性が著しく高まります。

そういった自然な変化に抗はなければならないのですから、キレイになるのも大変な事なのですよ。

世の男性の皆様方。

打ち込んでいることがある

熟女がモテる10個の共通点の5つ目は「打ち込んでいることがある」です。

人間、何かに打ち込んでいる時というのは目がキラキラしています。

活性酸素が撃退され若さが内面から漲ってくれます。

この内なるパワーを与えてくれるのが「打ち込む目標」なのです。

人間の老いは加齢も大きいですが、多くは何らかの目標を失った時に起こり始めます。

そしてその勢いはとてつもなく早いのです。

趣味でも何でも構いません。

何か打ち込めるものを見つけるべきです。

打ち込むべきものを持っている人には生活感があまり表に出てこず、イキイキハツラツとした若さ溢れるオーラを発散できるようになるのです。

内面から滲み出る魅力こそが美熟女が自慢できる大きなアピールポイントではないでしょうか?

健康に気を遣っている

熟女がモテる10個の共通点の6つ目は「健康に気を遣っている」です。

健康に気を遣うからこそ、若い時と同様のプロポーションを保てるのです。

適度な運動としっかり管理された食事。

それに十分な睡眠時間。

どれか一つでも欠けると熟女の年代になるとすぐに体型に表れてしまいます。

ホルモン分泌は若い時よりも減退していきますのでそれだけしっかりと節制した健康管理が必要となるのです。

モテる熟女がほっといてもモテているわけではないのですよね。

モテるためにはそれ相当の努力を行っているのです。

いつまでも元気で明るい

熟女がモテる10個の共通点の7つ目は「いつでも明るい」です。

明るいということは常にポジティブでプラス発想をしているからこそ、出来るのです。

反対にネガティブ発想に陥ってしまうと、とても明るい表情を見せることが出来なくなります。

魅力的に見える人というのは、大抵「笑顔」です。

人前で「笑顔」を見せることが出来る人です。

笑顔は人の七難を隠してくれます。

だからモテるのです。

人目で仏頂面ばかりの人には誰も集まっていかないですよね。

元気で明るくしている人からは計り知れないパワーが溢れています。

皆、パワーが欲しいから自然とそういった人の元に集まる訳です。

という事は「元気で明るい」はモテるための必須条件という事が言えますね。

華やかさがある

熟女がモテる10個の共通点の8つ目は「華やかさがある」です。

華やかさは外見の雰囲気だけでは十分ではありません。

いくら高級な衣装に身を包み、メイクも艶やかに仕立ててみたところで内面の気持ちが「貧乏」だったらすぐに本性が露見してしまいます。

華やかさを演出するためには揺るぎない信念や慈悲深い心が要求されます。

そう、「自信」というものですね。

「自信」がないと人は不安が先走ってしまって心の貧しい部分を露呈しがちになってしまいます。

モテる熟女たちは、皆、いっぱしの成功者です。

何かの分野で成功し、それによって自信を植え付けています。

だから人前で堂々としていられるし、そのおかげで華やかなムードを演出することが出来る訳なのです。

年齢に妥協しない向上心

熟女がモテる10個の共通点の9つ目は「年齢に妥協しない向上心」です。

人間、死ぬまで勉強です。

つまり向上心を持っていないと、あっという間に老ける、という事です。

特に30代後半あたりからこの傾向は顕著になってきます。

もしあなたが一つの会社で仕事をやり続けていたならば、その会社で10年も勤めれば、もう立派な中堅社員です。

中堅社員というのは仕事の大半以上を任せられている存在です。

つまりその会社内ではひとかどのプロなのです。

しかしここに落とし穴が待っています。

あなたは今までの経験の蓄積によって、少々の事では微動だにしない立派な社員に成長したのですが、今度はその上を目指す意気込みをどうやって植え付けていくかなのです。

普通、10年も同じ会社で仕事をしていれば自分の将来を予想するのは容易い事でしょう。

そして最も困るのがその時点で自分の将来を勝手に想像してしまって上を目指そうとする向上心を失ってしまう事です。

こういう状況になると周囲の人間が驚くくらい老化現象が始まってしまいます。

これを本人が自覚できないのが悲劇なのです。

勿論、モテる熟女がそういった過ちを犯していない事は言うに及ばずなのです。

大人の色気がある

熟女がモテる10個の共通点の最後の10個目は「大人の色気がある」という事です。

若くてピチピチしている女子が熟女に勝てない点を探すとしたら、それは「色気」ではないでしょうか?

色気というのは一朝一夕で身に着くものではありません。

それなりの年月をかけ、且つ、女を磨いてきた人にだけ身に着くものではないでしょか?

よって熟女が持つ「大人の色気」というものこそ熟女が「美熟女」と呼ばれモテることができる決定的な要素なのかも分かりません。

勿論、色気があるかないかを判断するのは男の「目」です。

いくら若さを売り物にして人気者の地位を獲得できたとしても、本物の色気を持つ美熟女に男たちがなびいて行ってしまうのは食い止められないかも分かりませんね。

美熟女ってステキですよね!

如何でしょうか?美熟女がどうしてモテるのか、共通した理由を10個、ご紹介致しました。

男というのはバカで単純です。

同じような可愛さと美しさを備えた女性が2人、並んでいたとしたら、最後に選択する決め手は「色気」になってしまうのです。

そういう意味では美熟女って、本当に素敵で羨ましい存在です。

本当にどうしてアラフォー、アラフィフになってもそんなにキレイでいられるのか…。

いくら理由を頭に入れていたとしても本人を前にしたらため息しかできない状況になってしまいそうです。

美熟女になりたい…!

という事で、美熟女だな、と思う芸能人と熟女になってもモテる10個の理由をご紹介致して参りました。

そりゃ、同じように誰だって歳は取ります。

それならば是非とも私も美熟女になりたい、と思うのは人間の本音であり本望でしょう。

そこでまず頭にイメージを描きましょう。

10年後、15年後の自分を想像しましょう。

「美熟女になりたい!」と念じましょう。

そして今回ご紹介した10個の理由を実践していきましょう。

自律神経を奮い立たせて、行動を起こせばきっとあなたも何年後か先、美熟女のポストを手に入れられますよ。