見ているアニメやドラマ、バラエティ番組など数が豊富にあると思いますが、同じものを見ているという人がいると、とても親近感が沸いたり意気投合をしたりすることはありませんか?同じ趣味や価値観など、様々な共感するポイントというものはあるでしょう。

仮にお互い見ているものが同じだったり好きな芸能人や、テレビ、ゲームなど一致するものがあればその話について盛り上がってしまうのもあるでしょう。

友達や恋人にその様な人が多いのではないでしょうか?恋人に関して言えば同じ趣味からの付き合いという人もいるでしょう。

ライブで会ったり、同級生でゲーム好きだったりと、その様なお互い同じ趣味や共通点から発展するということもあり得ます。

友人などは中学生の時からちょっとした共通の趣味で仲が良く大学生や社会人になってもその同級生達と遊んでいたり旅行に行ったりする人もいるのではないでしょうか?共感できるということはとてもお互いに取って嬉しいことであり、自分自身だけでは無いと感じることで、1人ではないと考えるようになるのです。

「自分だけだから…」という考えではなく「同じ人もいるんだ…」と考えると気が楽になったり、お互いの共通の趣味などについて語りたいと思う人もいるのではないでしょうか。

今ではSNSなども流行っており、その中でお互いに共通の知り合いを見つけ話しをしたりする人もいると思います。

見つけた時はとても嬉しく思いますよね。

その相手の人も好きな趣味について語ってくれているということは、その話しについてもっと詳しく相手と話しをしたいという気持ちにもなります。

そこから友達になったり実際に会ったりする人もいるみたいです。

今回はその様な同じだと嬉しい共感のポイントというのを見ていきたいと思います。

共感できるというだけで人はとても嬉しく思うことが多いのです!共通の趣味の友人がいる人や恋人など、その人達はどういう経由でそうなったか覚えていますか?必ずどこかしらで共感になるというポイントがあってその様な関係になったと思うのです。

ではどの様なものがあるのか見ていきましょう。

仲が良い友人・恋人と同じ共感ポイントを見つけよう

仲が良い友人や恋人との同じ共感ポイントを見つけることができますか?例えば恋人の場合は趣味や価値観、考え方などが同じだという人もいるでしょう。

友人との場合も同じ様に趣味や価値観、学生になるとお互いのノリなんてものも、共感のポイントに入るのではないでしょうか。

よく似たもの同士は集まるという言葉を耳にします。

類は友を呼ぶなんて言い方もしますよね?この言葉は性格などが似ている者同士は自然と集まるという意味です。

お互いの共通点や似ている所、考え方など、友人や恋人に当てはめて考えてみましょう。

少なくともいくつか共感できる、似ているポイントというのがあると思うのです。

家族の場合はもちろん血を引いているので、親に似たり兄弟に似たりする性格や考え方などあると思います。

ですが友人や恋人になると血を引いている状態では無いにも関わらず似たりする部分はあるのではないでしょうか。

いつの間にか相手に似てきている、なんていう所もあると思います。

自然とそうなってしまうのは、仲の良い友人、恋人であるからこそ、性格なども自然と似てきてしまうのです。

では実際にどの様な共感ポイントがあるのか、恋人と友人に分けて考えて見ましょう。

恋人との共感ポイント


恋人との共感ポイントというのは常日頃一緒にいることが多いという所にあります。

また、毎日電話をしていたり、連絡をこまめに取り合っていると自然と相手がどの様な趣味でどの様な考え方なのかなどを解ってきたりするようになるのです。

そこで相手と自分の似ている点というのに気づいていくことになります。

例えば出会いが共通の趣味からであれば、共通の趣味は共感できるポイントになります。

考え方に関しても相手と共感できることがあるのであればそれも共感のポイントになるのです。

恋人は友人とは違い特別な見方をしてしまうことが多く、より相手のことを知ろうとします。

その影響により。

自然と相手の考え方なども解ってくるし、逆に自分が相手に似てきてしまうなんてこともあるのです。

それは相手のことを大切に思っているからこそ似てくるので、決して悪いことではありません。

むしろ良いところなのです。

ですが相手の悪いところを似てきても仕方ないですよね。

共感できる所はしっかりと共感するようにして、逆に共感ができないという状況であれば必ずその趣向を伝えるようにしましょう。

そうする事で、相手との関係を保ちつつ、共感のポイントなども多くなっていくのではないでしょうか。

では実際にどの様な共感ポイントがあるのか恋人の場合を見てみましょう。

①趣味

お互いの趣味からお付き合いを始めた、という人もいると思います。

ですがお互いの趣味が違ったりしていても段々とその相手の趣味を気になり始めたりすることはありませんか?例えば「この歌手を聞いている」と恋人が言うと私も聞こうかな…という気になります。

そこから自分自身もはまってしまい、相手との趣味が重なるということもあるでしょう。

音楽だけでなく、ゲームや遊びなども最初は恋人しか趣味が無かったものが、一緒にいることでその相手の趣味に興味を引かれてしまい、今では私も恋人と同じ趣味を持っている!という人もいるのではないでしょうか。

趣味の場合はお互いが同じ趣味で共感できる人もいれば、中には相手がその趣味を持っていて惹かれてその趣味を私も持つようになったという人もいます。

この場合も共感できるポイントになるのではないでしょうか。

趣味というのはコロコロと変わっていくものでもありますが、生きていく上でずっとこれが趣味だという人もいるでしょう。

その共通する部分を恋人と共感できることがまた2人の仲を良くしてくれます。

お互いの趣味は共感ポイントの中でも一番高いのではないかと思います。

もし仮に相手の趣味に興味があるという人がいれば、共感できるポイントを増やすきっかけにもなります。

1度相手の趣味などに触れてみてはいかがでしょうか?相手も気にかけて「趣味は?」と聞いてくるかもしれませんよ!趣味は知っておいて損は無いです。

相手の趣味は何だろう?と思う人がいるのであれば今1度聞いてみてはどうでしょうか。

②生活スタイル


生活スタイルというのにも共感できるポイントというものがあります。

恋人と一緒にいる事が多いので一緒に生活をすることも多くなるでしょう。

そこで相手の癖や習慣が生活の中にも現れるということがあります。

これは相手もラフな状態ということなので、生活スタイルを見てみてはどうでしょうか。

そこにもしかしたら、同じような事をしている習慣などがあるのかもしれません。

例えば朝起きて必ず顔を洗ったり、寝る前には水を毎日飲んでいるなど、ちょっとした生活の中でも似たりよったりしている部分というのはあると思います。

最初はあまり気にしなかった生活も、同じ生活になるとお互いが似たりよったりな状態になるので、2人で過ごしやすくなるのではないかと思います。

お互いのことを知れるチャンスにもなるので、似たような所があると嬉しく思いますよね。

例えばゴミの分別や、掃除の仕方など似たりすると捗ったりするので、とてもスムーズになると思います。

お互いが1人暮らしの場合は相手の部屋に行ったり、自分の部屋に来たりと往復しますが、自然と共通して行動をするのではないかとも思います。

普段実家でこの様にしていたという恋人に対し、私も実家ではこの様にしていた!と言えた方が楽しくなりますよね。

料理なんかはその様なことが多いのではないかと思います。

料理は家庭により作り方も違えば、調味料なども違うでしょう。

そんな中で少しでも似ている料理があると嬉しく思います。

この様な形で生活スタイルに共感ポイントといのもあります。

今まさに同棲をしていたり、半同棲という形を取っているカップルがいたら、確認をしてみはどうでしょうか?相手の意外なことも解るかもしれないので、生活に楽しさも沸き、お互いの共通点が見えてくるので日々が明るくなると思います!

③価値観

価値観の違いというのは良く聞きますが、価値観の同意というのはあまり聞かないですよね?基本的に人それぞれ個性があって価値観というのは人により違います。

ですがこの価値観も恋人同士であるならば自然と似てくる部分が出てくるのです。

ですが、価値観の同意というのは最初はとても難しいことです。

何故なら自分自身はこう思っているのに相手は全く違う意見を言う時だってあります。

これは価値観のズレが生じてしまうので、お互いのことが理解できていないという状態にもなります。

価値観というのは難しいことのように思えますが、2人で生活をしていると性格などが似るという言葉をよく聞きますが、その影響により価値観も同じ考え方になることもあります。

例えば最初は断固として反対していたのにも関わらず、後々になって恋人の考え方や思考が解ると同時に自分自身も恋人の考え方に似てきてしまうのです。

これにより価値観というものがズレていたにも関わらず、自然と似てくるという形になります。

これは共感できるポイントの中では難しいと思いますが、お互いが同意をすると同じ考えで良かったという気持ちになり、解ってくれているのだなと思います。

「これにはあまりお金を使わない…」といった考えも最初は否定していたかもしれませんが後々に「使わない方がいいかもね」という判断に変わってきます。

これにより恋人も「最初は否定してきたけど変わってきたね」という気持ちになるので、価値観の同意が自然とできるようになるのです。

共感できるという嬉しい気持ちにもなるので難しいですが1度相手との価値観を確認してみてはいかがでしょうか?

④考え方

これは先ほどの価値観にも似てきますが、考え方が同じだと嬉しく思いますよね?これからの行動、1日のデート中で少し疲れてきたとします。

そこで雨がいきなり降ってきた!という時にどこかで雨宿りしつつ休憩しようという気持ちだけれど、恋人の方が「傘を買って別の場所に行こう」という考えになると少しガッカリしませんか?少し歩いて疲れているのに恋人にも解って欲しいと思ったことはないでしょうか?もし仮に「少し雨宿りして休憩しよう」という言葉が返ってくるととても嬉しく思うのではないでしょうか。

ふとしたトラブルなどでも同じ考え方を持つ恋人だと一緒にいてお互いがお互いのことを思えるような人になるのではないかと思います。

考え方というのも個人それぞれその時に思うことは違うようになると思います。

もし仮に恋人が違う気持ちであった場合、それに無理して合わせるのか、それとも自分の考えを言うのか、この2択になると思います。

個性があるのは人間なので答えはありませんが、それでも同じ考えを持って欲しいと思いますよね?でも相手の立場を考えることも大切です。

もしかしたら別の場所に行って休憩をしてくれるかもしれません。

ですがそれを読み取るということは不可能です。

相手にしか解らないことです。

仮に相手に合わせたとして休憩が無い!という状態になるのであれば歩き疲れるのは間違いないでしょう。

ですがこの時に相手も疲れているという状態で休憩しようかと言ってくれたら嬉しく思いませんか?やはり考えていてくれたのだなと、気遣ってくれたと思えるようなことになります。

この様にして考え方の一致も共感できる嬉しいポイントの1つになるのではないでしょうか。

⑤お金の使い方

恋人と一緒に生活をする人であれば必ず問題になってくる場面が出てきます。

それはお金の面です。

例えばお金の使い方が恋人の方が荒いと感じる方や「自分自身少しお金の使い方を考えないと…」と思う人もいるのではないでしょうか。

実際にお金の使い方を見るのには一緒に生活をしないと解らない場面が多いです。

どこか外食へ出かける時や、何か共同の物を買った時、どの様な形でお金を払っていますか?割り勘という人もいれば、彼氏の方が多く払うべきだという人もいるでしょう。

お金の使い方は人それぞれですが、相手に多く払わせるという形を取ると相手にとっては少々マイナスな面が強く出るかもしれません。

この場合は割り勘などをすることで相手との共感ポイントに繋がります。

他にも趣味で使うお金に対して同じような使い方をしている場合も共感できるのではないでしょうか。

趣味にお金をかけるということはとても良いことです。

同じ趣味であるのであれば、尚良いでしょう。

共感できるというポイントは同じような使い方をする人ということが重要になります。

「これにお金をかけるの…?」といった疑問も中には浮かぶ人もいるのではないでしょうか。

ですが相手も同じようにあなたの金銭的感覚を見ているのかもしれません。

お金の使い方も個性が出るものなので、お互いが似たような使い方だと嬉しく思いますよね。

趣味にお金をかける人なんだと思うのであれば、お互いがちゃんと趣味にも時間を作るということになるので、お金の使い方を今一度確認してみてはいかがでしょう。

もし仮に共感できるポイントが無いという人でも、相手のことを考えてみることが大切になります。