高校生になると身の回りにアルバイトを始めようと考えている方は多くなると思います。

どうしても高校生になると好きな物が欲しくなる年代でもありますし、欲しい物の値段も今までの者と比べて高額になってしまう傾向があります。

男性であれば好きなファッションに身を包みたいと思った時に、ブランドの服であったとすると数万円ほどの金額がする場合もありますし、普通に洋服を購入しようと思ってもある程度の出費はかかります。

それ以外にも、彼女が出来てお金を使いたいと思ってもお小遣いだけでは賄えない場合などもありますよね。

女性であれば、ブランド物のバッグが欲しいと思ったり、友達と一緒に遊ぶ時にお金が必要だったりする場合などもあると思います。

高校生になるとアルバイトを行っても良いという学校はけっこうありますし、期間限定であればアルバイトをしても良いという場合などもあると思います。

なので、選択肢の一つとして新しく存在するアルバイトをしない手はありませんよね。

お金を稼ぐ事の大変さを身に着ける良い機会ですし、自分で稼いだお金を大事につかう事の大事さなども身に染みるので、社会経験としては本当に良い機会です。

もちろんある程度の年齢でも、アルバイトを始めて経験するという方もいらっしゃると思いますので、今回はアルバイトをテーマにして、アルバイト探しで気を付けた方が良い事をいくつかご紹介していきます。

特に、初めてアルバイトを探す方や、これまであまりアルバイトをしてこなかった方については必見の内容です。

️アルバイト探しをしてるあなたに

丁度今アルバイトを探そうと思って様々な行動を行っている方もいらっしゃると思います。

アルバイトを探したいと思っている方は今どのようなことを思ってアルバイトを探していますか?
おそらく最終的な目的としてはお金を稼ぎたいという気持ちだと思います。

そして大事なのはその次にあなたがアルバイトをどういう思いで行うのかということです。

単純にお金が稼げば良いのかそれともアルバイトをすることで何かを学びたいと思っている方や、具体的にどのような状況でアルバイトをしたいかと言うことを明確に考える必要があります。

たかがアルバイトと思う方もいるかもしれませんが、たかがアルバイトでも自分なりに目的を持っていればアルバイトが有意義に行うことができるようになります。

何を行うにしても目的をもって行動することと目的を持たずに行動することとでは全く結果が変わってきます。

もちろん目的を見いだすことができない方もいるかもしれませんがそれは悪いことではありません。

しかしながら目的を見いだすことができないのであれば、最低限自分がどういう状況で働きたいのかということぐらいは想定してアルバイトを選ぶことをおすすめします。

なぜなら、アルバイトといえど、すぐにやめて良いものでもありませんし、仕事は責任が伴います。

失敗をする事や嫌な経験をする事は自分を追い込む事にも繋がりますし、簡単に投げ出せない事なので、働く環境くらいは自分の理想を掲げてください。

目的がなくても、最低限楽しく働けるような工夫くらいは行うべきです。

️アルバイト探しで気をつけること


アルバイト探しをこれから行う、もしくは今行っているという方にはまず初めにある程度の注意点をや気を付けるべき点などを把握して行動する必要があります。

先ほど簡単にご紹介した通りアルバイトを行うということはお金がもらえるということであり、お金がもらえるという事は責任が伴うということです。

今までにアルバイトをした経験がある方はすぐに理解いただけると思いますが、お金をもらうと言うことは簡単なことではありません。

時には失敗をして責任をとったり、嫌なことでも我慢して行わなければいけなくなります。

自分が納得できないようなことでも相手に対して誠意を見せる必要はありますのでアルバイトをするということは楽しいことばかりではなく辛いことがあることも事前に把握した上で行わなければいけません。

もちろん楽しい子供たくさんあります。

たくさんの出会いが増えたりアルバイトを通じて仕事に対するやりがいを感じたり頑張った分だけ自分の給料に反映するというようにアルバイトで得られることはたくさんありますので、アルバイトをするならば必ずした方が良いと思います。

しかしながら全て自分に関わることですので、理想のアルバイトを探すために気をつけるべき点や注意する点をしっかり把握した上で行動するようにしてください。

それが結果的にあなたの為にも繋がるからです。

️アルバイトを探すまでの注意点

まずはじめにご紹介するのは、アルバイトを探すまでの注意点についていくつかご紹介していきます。

アルバイトを探した経験があまり無い方は探すまでの注意点などは意識していない方が多いかもしれませんがアルバイト先を探すというところから、既に理想のアルバイトを決定づける可能性が散らばっています。

むしろこの点がすべてであると言っても過言ではありません。

なぜならば探すまでに注意していないと話した後はもう自分が決めたアルバイトを変更することができない可能性が生まれますので、探すまでの段階でより自分の理想に近づいているアルバイトを求める事が大事です。

しかしながらアルバイトを探したことが無い方はさっぱり見当もつかないと思いますので、アルバイトを探すの注意点をこれからご紹介する項目に従って自分なりに考えてみてください。

その上で、自分なりに納得できるアルバイトが見つかればそのアルバイトに応募してみてくださいね。

働く期間はどれくらい?


はじめにご紹介するアルバイトを探すまでの注意点としては、働く期間を事前に考えておくことです。

学校によってアルバイトを行える期間はある程度決まっていると思います。

様々な状況でアルバイトを始める方がいると思いますが、そもそも学校がアルバイトを禁止している場合、若しくは夏休みだと長期休暇の時のみアルバイトを可能とすると定めている学校、若しくは全学期を通して在学中は自由にアルバイトを行っても良いと定めている格好といくつかに分かれると思います。

この3つを基本として考えると学校で禁止している場合に黙ってアルバイトをする場合はそもそも機関などは自分の好きなように判断しても良いと思います。

これは全学期を通して自由にアルバイトを行っても良い格好も同じですね。

しかしながら長期休暇の時のみアルバイトを行っても良いという場合などは夏休み限定の場合などで考える場合が多いと思います。

なので、2.3カ月程度だけなのか、半年くらいなのか、一年くらいは働きたいのか、それとも学校に通っている間は働きたいのか、という事で大きく変わってきます。

なぜ働く期間を考えるという事が大事なのかといいますと、働く期間は働く立場である方だけではなく、雇う側にとっても大事な期間であるからです。

働くと立場の目的はお金を稼ぎたいということですが、雇う側の目的としてはなるべく長くアルバイトを続けて欲しいという考え方になります。

たくさんの人員を雇うよりも、仕事に慣れている同じ人間が長く勤務してくれた方が負担も少ないですし、安定して仕事を任せられるからです。

働く期間によってアルバイト先が受け入れてくれるか、受け入れてくれないか別れますし短気なら短気専門のアルバイトや、日雇いのアルバイトを行うべきなので、そもそもアルバイトの探し方などが変わってくる事を踏まえた上で、まずはあなたが働きたい期間を理解する事から初めてみてください。

募集時間帯は?

次にご紹介するアルバイトを探すまでの注意点としては、募集時間帯です。

募集されているアルバイトによって募集時間などは当然変わります。

あなた自身も、働きたい時間が希望があるはずです。

例えば、大まかに言えばシフトを自由に決めたいのか、決められても文句を言わないのか。

学生であれば学業が最優先ですので、当然夕方から夜か、休みの日であれば朝から夜までという場合になると思います。

基本的にアルバイトをする場合に好まれるのは土日や祝日に出勤してくれる人材です。

人が来るのは休日の方が多いですし、そこで休みを取られたり、出られない人間はあまり魅力を感じてもらえない場合が多いからです。

なので、土日や祝日に出られるのか、という事などを事前に把握した上で応募する必要があります。

土日に働いてほしいのに土日休みたいといっても受かる確立は低いですので、それならば土日休み自由、シフト自由作成、相談可能などのアルバイトに応募すべきなのです。

また、週に何日出られるのか、という事も把握しておきたい要素です。

そういった自分がどれくらい出られて、どこの日にちで出られるのか、という事くらいは考えた上で、アルバイト先がそれを考慮してくれるのかどうか、という事まで踏まえた上で応募する事が大切です。

もしもどんなに良い職場であっても仕事の日にちに関する問題でストレスになってしまったらお互いにメリットはありません。

どうせ働くなら良い環境で働く事が大事なので、事前にわかる事くらいは想定して応募するようにしてください。

仕事内容は?

次にご紹介するアルバイトを探すまでの注意点としては、仕事内容です。

アルバイトによって仕事内容が違いますが、あなたがどんな仕事内容の仕事がしたいのか、という事を考えておく事が大事です。

まず、仕事内容が自分に合っていないアルバイトは続きません。

続いたとしても好きになるまで意識を変えるか、やりがいを見つけないと恐らくつらい時間が続いてしまい、辞めたいと感じてしまう可能性が高くなります。

もともとやりたいと思っていた仕事内容であれば、楽しみややりがいを見付けられる可能性が高くなります。

なので、仕事内容を事前に確認しておく事が大事です。

人が好きな方であれば接客業が良いと思う方も多いと思いますので、それならば居酒屋のアルバイトや服などの販売のアルバイト、楽しさを感じたいのであれば期間限定の夏のプールの監視員、楽さを求めるならコンビニのアルバイトなど、簡単な例でもこのように切り分けることが出来ます。

自分の心の中で思っている本当にやってみたい仕事内容、そしてこのラインなら受け入れられるという切り分けを行うべきです。

仕事は自分に合っている?

次にご紹介するアルバイトを探すまでの注意点としては、仕事は自分に合っているかどうかという事です。

先ほどご紹介した仕事内容の部分でも触れましたが、自分がやりたいと思っている事や、楽しそうだと思っている事を行うべきです。

自分に合っていなくても、楽しい事なら、努力出来ますし、仕事内容が自分に合っていると思えるものの方が合っていないと感じるものよりも長く楽しく働く事が出来ます。

例えば、人と話す事が苦手な方が接客業のアルバイトなどを行っても楽しくないと思います。

それならば、人と話す可能性の少ないコンビニやイベント設営のスタッフなどを行った方がまだ自分に合っていると思います。

実際にやってみないとわからないという事は否めませんが、冷静に考えて話す機会が多そうか少なそうかという事くらいは分かると思います。

なので、仕事を始める前にわかる事くらいは事前に思考を凝らして考えるようにしてください。

時給はいくら?

次にご紹介するアルバイトを探すまでの注意点としては、時給です。

時給はアルバイトを決める際の要因としてはかなり大きなものになります。

アルバイトを行う本来の目的はお金を稼ぐ事である事が一般的です。

もらえる給料は単純に時給*時間=給料であり、差し引かれるものもあるかもしれませんが、それが計算の大元になるので、まず時給が高い仕事の方が稼ぐという点では時間効率がかなり良いです。

しかし、時給が高い仕事は高難度のスキルを必要としている場合や、一般的に辛い仕事、誰もがやりたくないと思えるような仕事が多いのが基本です。

なので、仕事の内容と希望時給を考えた上で、無理のない選択を行う必要があります。

無理に高い金額を狙うのではなく、自分のスキルで働ける場所をいくつかピックアップしてみて、その中で一番時給が高い仕事を行う事が大切です。

時給は大切ですが、それだけを見ていてはすぐにやめてしまって意味がありません。

今の自分が行うことが出来るスキルで無理なく楽しく働ける場所、そしてなるべく時給が高い場所が一番の理想形です。