高校生になると身の回りにアルバイトを始めようと考えている方は多くなると思います。

どうしても高校生になると好きな物が欲しくなる年代でもありますし、欲しい物の値段も今までの者と比べて高額になってしまう傾向があります。

男性であれば好きなファッションに身を包みたいと思った時に、ブランドの服であったとすると数万円ほどの金額がする場合もありますし、普通に洋服を購入しようと思ってもある程度の出費はかかります。

それ以外にも、彼女が出来てお金を使いたいと思ってもお小遣いだけでは賄えない場合などもありますよね。

女性であれば、ブランド物のバッグが欲しいと思ったり、友達と一緒に遊ぶ時にお金が必要だったりする場合などもあると思います。

高校生になるとアルバイトを行っても良いという学校はけっこうありますし、期間限定であればアルバイトをしても良いという場合などもあると思います。

なので、選択肢の一つとして新しく存在するアルバイトをしない手はありませんよね。

お金を稼ぐ事の大変さを身に着ける良い機会ですし、自分で稼いだお金を大事につかう事の大事さなども身に染みるので、社会経験としては本当に良い機会です。

もちろんある程度の年齢でも、アルバイトを始めて経験するという方もいらっしゃると思いますので、今回はアルバイトをテーマにして、アルバイト探しで気を付けた方が良い事をいくつかご紹介していきます。

特に、初めてアルバイトを探す方や、これまであまりアルバイトをしてこなかった方については必見の内容です。

️アルバイト探しをしてるあなたに

丁度今アルバイトを探そうと思って様々な行動を行っている方もいらっしゃると思います。

アルバイトを探したいと思っている方は今どのようなことを思ってアルバイトを探していますか?
おそらく最終的な目的としてはお金を稼ぎたいという気持ちだと思います。

そして大事なのはその次にあなたがアルバイトをどういう思いで行うのかということです。

単純にお金が稼げば良いのかそれともアルバイトをすることで何かを学びたいと思っている方や、具体的にどのような状況でアルバイトをしたいかと言うことを明確に考える必要があります。

たかがアルバイトと思う方もいるかもしれませんが、たかがアルバイトでも自分なりに目的を持っていればアルバイトが有意義に行うことができるようになります。

何を行うにしても目的をもって行動することと目的を持たずに行動することとでは全く結果が変わってきます。

もちろん目的を見いだすことができない方もいるかもしれませんがそれは悪いことではありません。

しかしながら目的を見いだすことができないのであれば、最低限自分がどういう状況で働きたいのかということぐらいは想定してアルバイトを選ぶことをおすすめします。

なぜなら、アルバイトといえど、すぐにやめて良いものでもありませんし、仕事は責任が伴います。

失敗をする事や嫌な経験をする事は自分を追い込む事にも繋がりますし、簡単に投げ出せない事なので、働く環境くらいは自分の理想を掲げてください。

目的がなくても、最低限楽しく働けるような工夫くらいは行うべきです。

️アルバイト探しで気をつけること


アルバイト探しをこれから行う、もしくは今行っているという方にはまず初めにある程度の注意点をや気を付けるべき点などを把握して行動する必要があります。

先ほど簡単にご紹介した通りアルバイトを行うということはお金がもらえるということであり、お金がもらえるという事は責任が伴うということです。

今までにアルバイトをした経験がある方はすぐに理解いただけると思いますが、お金をもらうと言うことは簡単なことではありません。

時には失敗をして責任をとったり、嫌なことでも我慢して行わなければいけなくなります。

自分が納得できないようなことでも相手に対して誠意を見せる必要はありますのでアルバイトをするということは楽しいことばかりではなく辛いことがあることも事前に把握した上で行わなければいけません。

もちろん楽しい子供たくさんあります。

たくさんの出会いが増えたりアルバイトを通じて仕事に対するやりがいを感じたり頑張った分だけ自分の給料に反映するというようにアルバイトで得られることはたくさんありますので、アルバイトをするならば必ずした方が良いと思います。

しかしながら全て自分に関わることですので、理想のアルバイトを探すために気をつけるべき点や注意する点をしっかり把握した上で行動するようにしてください。

それが結果的にあなたの為にも繋がるからです。

️アルバイトを探すまでの注意点

まずはじめにご紹介するのは、アルバイトを探すまでの注意点についていくつかご紹介していきます。

アルバイトを探した経験があまり無い方は探すまでの注意点などは意識していない方が多いかもしれませんがアルバイト先を探すというところから、既に理想のアルバイトを決定づける可能性が散らばっています。

むしろこの点がすべてであると言っても過言ではありません。

なぜならば探すまでに注意していないと話した後はもう自分が決めたアルバイトを変更することができない可能性が生まれますので、探すまでの段階でより自分の理想に近づいているアルバイトを求める事が大事です。

しかしながらアルバイトを探したことが無い方はさっぱり見当もつかないと思いますので、アルバイトを探すの注意点をこれからご紹介する項目に従って自分なりに考えてみてください。

その上で、自分なりに納得できるアルバイトが見つかればそのアルバイトに応募してみてくださいね。

働く期間はどれくらい?


はじめにご紹介するアルバイトを探すまでの注意点としては、働く期間を事前に考えておくことです。

学校によってアルバイトを行える期間はある程度決まっていると思います。

様々な状況でアルバイトを始める方がいると思いますが、そもそも学校がアルバイトを禁止している場合、若しくは夏休みだと長期休暇の時のみアルバイトを可能とすると定めている学校、若しくは全学期を通して在学中は自由にアルバイトを行っても良いと定めている格好といくつかに分かれると思います。

この3つを基本として考えると学校で禁止している場合に黙ってアルバイトをする場合はそもそも機関などは自分の好きなように判断しても良いと思います。

これは全学期を通して自由にアルバイトを行っても良い格好も同じですね。

しかしながら長期休暇の時のみアルバイトを行っても良いという場合などは夏休み限定の場合などで考える場合が多いと思います。

なので、2.3カ月程度だけなのか、半年くらいなのか、一年くらいは働きたいのか、それとも学校に通っている間は働きたいのか、という事で大きく変わってきます。

なぜ働く期間を考えるという事が大事なのかといいますと、働く期間は働く立場である方だけではなく、雇う側にとっても大事な期間であるからです。

働くと立場の目的はお金を稼ぎたいということですが、雇う側の目的としてはなるべく長くアルバイトを続けて欲しいという考え方になります。

たくさんの人員を雇うよりも、仕事に慣れている同じ人間が長く勤務してくれた方が負担も少ないですし、安定して仕事を任せられるからです。

働く期間によってアルバイト先が受け入れてくれるか、受け入れてくれないか別れますし短気なら短気専門のアルバイトや、日雇いのアルバイトを行うべきなので、そもそもアルバイトの探し方などが変わってくる事を踏まえた上で、まずはあなたが働きたい期間を理解する事から初めてみてください。

募集時間帯は?

次にご紹介するアルバイトを探すまでの注意点としては、募集時間帯です。

募集されているアルバイトによって募集時間などは当然変わります。

あなた自身も、働きたい時間が希望があるはずです。

例えば、大まかに言えばシフトを自由に決めたいのか、決められても文句を言わないのか。

学生であれば学業が最優先ですので、当然夕方から夜か、休みの日であれば朝から夜までという場合になると思います。

基本的にアルバイトをする場合に好まれるのは土日や祝日に出勤してくれる人材です。

人が来るのは休日の方が多いですし、そこで休みを取られたり、出られない人間はあまり魅力を感じてもらえない場合が多いからです。

なので、土日や祝日に出られるのか、という事などを事前に把握した上で応募する必要があります。

土日に働いてほしいのに土日休みたいといっても受かる確立は低いですので、それならば土日休み自由、シフト自由作成、相談可能などのアルバイトに応募すべきなのです。

また、週に何日出られるのか、という事も把握しておきたい要素です。

そういった自分がどれくらい出られて、どこの日にちで出られるのか、という事くらいは考えた上で、アルバイト先がそれを考慮してくれるのかどうか、という事まで踏まえた上で応募する事が大切です。

もしもどんなに良い職場であっても仕事の日にちに関する問題でストレスになってしまったらお互いにメリットはありません。

どうせ働くなら良い環境で働く事が大事なので、事前にわかる事くらいは想定して応募するようにしてください。

仕事内容は?

次にご紹介するアルバイトを探すまでの注意点としては、仕事内容です。

アルバイトによって仕事内容が違いますが、あなたがどんな仕事内容の仕事がしたいのか、という事を考えておく事が大事です。

まず、仕事内容が自分に合っていないアルバイトは続きません。

続いたとしても好きになるまで意識を変えるか、やりがいを見つけないと恐らくつらい時間が続いてしまい、辞めたいと感じてしまう可能性が高くなります。

もともとやりたいと思っていた仕事内容であれば、楽しみややりがいを見付けられる可能性が高くなります。

なので、仕事内容を事前に確認しておく事が大事です。

人が好きな方であれば接客業が良いと思う方も多いと思いますので、それならば居酒屋のアルバイトや服などの販売のアルバイト、楽しさを感じたいのであれば期間限定の夏のプールの監視員、楽さを求めるならコンビニのアルバイトなど、簡単な例でもこのように切り分けることが出来ます。

自分の心の中で思っている本当にやってみたい仕事内容、そしてこのラインなら受け入れられるという切り分けを行うべきです。

仕事は自分に合っている?

次にご紹介するアルバイトを探すまでの注意点としては、仕事は自分に合っているかどうかという事です。

先ほどご紹介した仕事内容の部分でも触れましたが、自分がやりたいと思っている事や、楽しそうだと思っている事を行うべきです。

自分に合っていなくても、楽しい事なら、努力出来ますし、仕事内容が自分に合っていると思えるものの方が合っていないと感じるものよりも長く楽しく働く事が出来ます。

例えば、人と話す事が苦手な方が接客業のアルバイトなどを行っても楽しくないと思います。

それならば、人と話す可能性の少ないコンビニやイベント設営のスタッフなどを行った方がまだ自分に合っていると思います。

実際にやってみないとわからないという事は否めませんが、冷静に考えて話す機会が多そうか少なそうかという事くらいは分かると思います。

なので、仕事を始める前にわかる事くらいは事前に思考を凝らして考えるようにしてください。

時給はいくら?

次にご紹介するアルバイトを探すまでの注意点としては、時給です。

時給はアルバイトを決める際の要因としてはかなり大きなものになります。

アルバイトを行う本来の目的はお金を稼ぐ事である事が一般的です。

もらえる給料は単純に時給*時間=給料であり、差し引かれるものもあるかもしれませんが、それが計算の大元になるので、まず時給が高い仕事の方が稼ぐという点では時間効率がかなり良いです。

しかし、時給が高い仕事は高難度のスキルを必要としている場合や、一般的に辛い仕事、誰もがやりたくないと思えるような仕事が多いのが基本です。

なので、仕事の内容と希望時給を考えた上で、無理のない選択を行う必要があります。

無理に高い金額を狙うのではなく、自分のスキルで働ける場所をいくつかピックアップしてみて、その中で一番時給が高い仕事を行う事が大切です。

時給は大切ですが、それだけを見ていてはすぐにやめてしまって意味がありません。

今の自分が行うことが出来るスキルで無理なく楽しく働ける場所、そしてなるべく時給が高い場所が一番の理想形です。

交通費は出る?

次にご紹介するアルバイトを探すまでの注意点としては、交通費です。

交通費は人によっては必ず見た方が良い項目です。

アルバイトをした事がない方はわからないかもしれませんが、交通費はある一定の距離から勤務をする場合、その名前の通り交通費を負担してくれるという意味です。

例えば、会社の場所からある程度離れた場所に住んでいる方には会社規定が通用すれば、最高1万円の交通費が出るとします。

そして、片道電車で200円、往復400円の場所に住んでいたとして、その方の場合は22日出勤の場合は22*400=8800円が別途交通費として支給されるという事です。

結果的に見れば給料が増えるわけではありませんが、もらえないよりももらえた方がましです。

時給との兼ね合いもありますが、場合によっては交通費が出ないと一日分タダ働きしているようなものです。

なので、働く場所が遠い場合は、交通費が出るのか出ないのかという事を事前に確認しておいた方がより賢く働くことが出来ますので、気を付けてくださいね。

終電で帰れる?

次にご紹介するアルバイトを探すまでの注意点としては、終電で帰れるかどうかも考慮すべき点です。

ご紹介するまでもないかもしれませんが、終電で帰れるかどうかで大きく出費なども変わってきます。

終電で帰れないようなアルバイトであれば、当然タクシー代金が掛かります。

近いなら問題ないかもしれませんが、そもそも深夜まで働きたくないという方もいるかもしれませんので、遅くまで業務を行っているような会社は避けるべきです。

もしくはどうしても働きたい内容であれば、深夜までは働けないという点を理解してもらう必要があります。

終電で帰れない場合でも、タクシー代金などを負担してくれる会社などはありますので、後は自分の意思として働きたいのか、働きたくないのかという事を事前に考慮しておく必要があります。

しかし深夜まで行なっているアルバイトの方が時給が高いことは確かなので、その点を考慮した上でベストな判断を行ってください。

募集人数は?

次にご紹介するアルバイトを探すまでの注意点としては、募集人数を必ずチェックしておくという事です。

募集人数をチェックする意味合いとしては自分がアルバイトをしたいと思った時に応募しようと思っても、アルバイトの募集人数が少ない場合は他の人も同じアルバイトを希望したと考えた場合に倍率が高くなってしまいます。

もちろん可能性がないというわけではありませんが、可能性が低くなるということを考慮すると、その他にやりたいと思うような仕事を一つは見つけておく方がすぐにアルバイトを始められる環境づくりにも貢献してくれます。

そのため、あらかじめ募集人数を把握しておくことでよりその先の自分の予定を作れる可能性が高まります。

まかないはある?

次にご紹介するアルバイトを探すまでの注意点としては、まかないがあるかどうかという事です。

飲食店に勤めた経験がある方はわかると思いますが、まかないとは仕事が始まる前か終わった後などに、勤めている飲食店の人がご飯を作ってくれるというサービスです。

飲食店であればまかないが付いているケースも多いです。

まかないが付いていれば自分の食費を浮かすことができるので、実質的にはお金をもらっていることと等しいですし、食べるのが大好きな特に男子高校生などにとってはあるかないかで大きく充実度が変わってきます。

まかないが付いていないという場合でも、大手チェーン店などであれば割引して食べることができたりする場合も多いので、その点を事前に把握しておくとより楽しくアルバイトを経験することができますよ。

働いている年齢層は?

次にご紹介するアルバイトを探すまでの注意点としては、働いている年齢層を把握するという事です。

働いている年齢層があまりにも違いすぎる場合は話が合わないことも多いですし、一緒に働いていて一定レベル以上まで仲良くなることが難しかったりする場合もあります。

しかし働いている年齢層が近い場合は話も合いますし、一緒に働いていて楽しい事はもちろん、終わった後に遊んだりなど交友関係が広まりやすいです。

交友関係が広まるという事は、様々な面でメリットがあります。

そこから新しく人間関係が広まる場合などもありますし、新しい情報を得られたり、人生が充実します。

もちろんあまり関わりを持ちたくないという場合などはあえて年齢層が違う場所で働く事も出来ますが、大多数の方は同じ年齢層の方が楽しく仕事が出来る場合が多いです。

自分が働いてみたいと思った場所に実際に足を運んで働いている人の顔などを見ておくことで、より自分が働いている未来を想像することができますので時間があれば一度足を運んでみてください。

職場の雰囲気は?

次にご紹介するアルバイトを探すまでの注意点としては、職場の雰囲気を事前に把握しておくということです。

先ほどご紹介した働いている年齢層と似ているかもしれませんが、自分が希望する職場の雰囲気はどのような雰囲気であるのかということを実際に足を運んで感じ取る方が確実です。

なぜなら、アルバイト情報誌に乗っているのはテンプレート的な内容ばかりで、実際にどういう雰囲気なのかは足を運んでみないとわからない場合が多いからです。

足を運んで一目見れば、どういう雰囲気なのかある程度すぐに察知することが出来ます。

例えば和気あいあいとしている職場であれば、当然笑顔があるはずです。

忙しい時間帯であれば仕方ないですが、楽しそうに仕事を行っている場合と、だるそうに仕事を行っている場合などは相手の態度を見ればすぐにわかります。

自分が働いてその雰囲気で楽しく働けるだろうか、という事を事前に確認しておくのとしておかないのとでは大きく結果が違いますので、一度偵察に行ってみて下さい。

アルバイト特典は?

次にご紹介するアルバイトを探すまでの注意点としては、アルバイトをすることによって何かしらの特典があるかどうかということを把握しておくことです。

簡単に言えば先ほどご紹介した項目の中のまかないの部分に等しいと思いますが、あなたがそのアルバイト先で働くことによってまかないであったり、食事をするときの料金が割引になったりとか、若しくは販売しているグッズが何割引きかで購入できるかなど、アルバイトをすることでこのような何かしらの得られる特典を見つけておくことでアルバイトの中に楽しみを見出すことができます。

そんな甘いことばかり考えるなという意見があるかもしれませんが、仕事の中になんでも結構ですので一つでも楽しみを見出しておくのと、そうでないのとではアルバイトを続ける上でのモチベーションに大きく変わってくるとても大切なことです。

なので、何かしら自分の中で楽しみを見つけることが大切であるということを理解してください。

️アルバイト先を決めてからの注意点

ここまではアルバイトを探すまでの注意点をご紹介してきましたが、ここからはアルバイト先を決めた後の注意点をご紹介していきます。

先ほどご紹介した項目をクリアして自分の中でやってみたいと思えた仕事があった場合は、ここからご紹介するアルバイト先を決めた後の注意点を踏まえた上で行動してみてください。

あくまでここまでは自分が働きやすい環境でアルバイトをすることに重点を絞っていましたが、ここからは次の大きな目標であるアルバイトに合格するために必要な事などがポイントになります。

良いアルバイトを見つけても採用されないと意味がありませんので、この部分もとても大事な項目なので、気を引き締めてより良いアルバイト先に就くために工夫してみてくださいね。

応募方法はどうするか

アルバイト先を決めてからの注意点の一つとして応募方法を考えることが大切です。

そもそもアルバイトが掲載されている媒体によって応募方法が異なる場合があります。

例えば、今現在であれば、コンビニエンスストアなどに置いてあるタウンワークなどの雑誌媒体で応募することもあれば、インターネット上のアルバイトなどの求人サービスで理想のアルバイト先を見つけることなどが大きく考えられます。

この違いによって最終的な応募方法が異なる場合か、自分で選べる場合がありますので、ここが一つのポイントになります。

電話で応募

コンビニエンスストアなどに置いてあるタウンワークなどの雑誌媒体であれば、求人情報の下の方に電話番号の記載があるはずです。

その電話番号に電話をして直接採用担当者と電話をつなげて日程を決めて面接という流れになると思います。

後ほどご紹介しますが、別の方法で応募する方法もありますが、電話をした方が相手と直接話せますし、こちらがどんな感じの相手なのかという事を事前に相手に少しでもわかってもらう方が良いので、信頼度は増します。

どちらか選ぶ場合は、極力電話の方が良いと思いますので、勇気を出して電話をしてみてください。

ネットで応募

インターネット上のアルバイト求人サービスなどの媒体でアルバイト情報を確認した場合はインターネット上から相手の企業に応募することができます。

そうすると先方から電話がかかってきて、応募したことに関してお礼の内容と面接の日程を決める内容の話があるか、若しくはメールのみで面接日時を決めるという流れになると思います。

先ほどお伝えした通り、印象としては直接電話をした方が相手に自分を理解してもらえる場面を少しでも増やすという意味では良い方法だと思いますが、インターネットで応募したからといって落とされる確率が増えるということはありませんので、その場その場の状況に従って応募方法を自分で考えてみてください。

電話をかけるときのマナー

もしも電話をかけてアルバイトをしたいという旨を伝える場合は、注意していただきたいポイントが数点ほどあります。

電話をかけて直接相手と話をするということは、こちらの印象を上げる可能性も与えてくれますが、逆に信頼を下げてしまう事を理解してください。

そのポイントを踏まえた上で、各項目のマナーを理解して電話をするようにしてください。

言葉遣いに気をつける

まずあなたが人を雇う側の立場として考えてみてください。

アルバイトをしたいと電話がかかってきた時に電話をしてきた人間がまともな敬語を使えなかった場合はあなたはその人に対してどのような印象を持ちますか?

あまりにも声が若かったりする場合は大目に見ることがあるかもしれませんが、ある程度の年齢の人が言葉遣いが十分に使えていなかった場合はその時点で採用しようという気持ちはなくしてしまいますよね。

電話をかける際に読み取ることができる印象としては言葉遣いが大きなポイントを占めます。

逆に電話をかけた時にしっかりとした言葉遣いで相手と言葉のキャッチボールが行える人は信頼も出来ますし、誠実な人という印象を与えることが出来ますので、採用してくれる可能性は高くなります。

なので、言葉遣いは大切にしてください。

メモの用意

電話をかける際には、必ずメモの準備をしてください。

電話をかける時に、そのまま口頭で面接の日取り決めが行われる可能性が高いです。

アルバイトをしたいと思って電話をしてきているので、当然電話をかける側が好きなタイミングで電話をしていきているわけですから、メモの準備が取れない状況だと、先の事を読み取る能力が足りないと思われてしまいがちです。

そこで相手に対して使えない印象を与えてしまうと面接に響くこともあるので、必ず万全の体制で電話をするようにしてください。

面接日時と持ち物の確認

電話をかけた時に、面接の日にちを決める場面まで話が進むと当然面接に行く時間帯まで決めると思いますが、その時間帯をもし指定しても良いと言われた時は、相手の仕事内容を踏まえた上で面接がしやすい時間帯を設けることが大切です。

例えばあなたが飲食店で仕事をしたいと思った時に面接の時間を決めて良いですよと言われた時に、12時や18時などを指定してしまうと、その時間は込み合っている可能性があるから難しいと言われる事が予想できます。

状況を読み取る能力が足りないと思われてしまう可能性もありますので、相手の忙しくない時間帯を考慮して話を進める事と、必ず日にちや時間帯を決めた場合には日にち、時間帯、必要であれば持ち物などを復唱するようにしましょう。

復唱をする事で、間違いの認識をなくすことが出来ますし、注意深い人間だと相手に信頼感を与えられるようになりますので、ちょっとした事で相手に良い印象を与えられるようになりますので、工夫してみてください。

気になることを先に聞くのもアリ

電話をした時に相手に対して気になることを先に聞いておくことも大切な行動です。

例えば面接を受ける時に服装はどの様にしたら良いかという事や、仕事をするにおいて一番大切な心がけや勉強しておいた方がいい事などを事前に聞いておくと、意識が高いという印象を与えられるようになります。

ちょっとしたことで周りと差をつける事で、アルバイトであれば採用の可能性が大きく高まりますので、気を付けてくださいね。

️アルバイト探しはこれで怖くない!

今回はアルバイト探しについてご紹介していきました。

ある程度アルバイトの経験がある方にとっては初歩的なことだったかもしれませんが、アルバイトの経験が全くない方からすればとても大切なことです。

アルバイトの経験があったとしても失敗してしまう方も多いので、アルバイトを探す場合は今一度大切な事を確認しておく事で、失敗のないアルバイト探しが出来ると思います。

これからアルバイトを探す方は、是非注意点を守って後悔の無い楽しいアルバイトを探してみてくださいね。