ジレンマ…。

とても苦しい気持ちを感じ、自分の気持ちそして相手の気持ちなどを考えてますます苦境に陥ってしまう感情。

あなたはその”ジレンマ”を感じたことはありますか?ジレンマを感じたことがあるのであれば、その感情を詳しく分かりやすく説明してなんていわれて、それができるでしょうか。

多くの方は絶対に出来ないはず。

なぜならば、その感情は感じている本人でもつかみどころのない難しい感情だからです。

また、ジレンマを感じてしまうと人はきまってとある感情を抱くことになるといわれています。

この記事では、そのようなジレンマに陥ったときにどのような気持ちになってしまうのか?ジレンマとはいったいどのような気持ちのことを言うのかをご紹介します!
また、生きていればもしかしたら出くわすかもしれない”ジレンマが起こるその瞬間”の事例をご紹介し、気持ちがよくないジレンマを乗り越える方法までもご紹介しています。

ぜひこの記事を参考にして、あなたの心のジレンマに対して忍耐をつけてくださいね!

ジレンマを遠ざけよう!

ジレンマとは、いきなりやってくるものです。

なんとなくジレンマのようなものが起きると予期していたとしても、それをしっかりと避けることは出来ないのではないでしょうか。

そして、そのジレンマに陥ってしまうとやるせない気持ちになり、どうしたらいいのか分からなくなってしまいますよね。

そのようにジレンマとはいつやってくるか分からないもの。

…と思われがちなのですが、ジレンマを遠ざけることが出来るんです!なぜならば、ジレンマに陥る前には人間にはなんらかのサインをキャッチすることができるから。

そのサインに気づいていれば「このままいけばジレンマに陥る」ことが分かり、それを避けることが出来るようになりますよね。

しかし、その感情を知る前にまずはジレンマというものがどういうものなのかを確認しておきましょう!敵をやっつけるには、敵がどのような性質を持っているのかをしっかりと把握すべし。

敵なて表現すると難しく考えてしまいますが、軽い気持ちでジレンマについて学びましょう。

もしかしたら、あなたの知らない”ジレンマの世界”を見ることが出来るかもしれません!

1. ジレンマとは


ジレンマとは、元はといえば哲学や論理的な方法で話を進めるときに遣われているものでした。

しかし、その感じ方というのが私たち普通の一般人でも感じるものに似ているために、一般人の会話または一般人の気持ちとして使われるようになったのです。

哲学や社会学なんかを学んでいる方は「囚人のジレンマ」として、その手法を習ったことがあるのではないでしょうか。

ずばり、ジレンマとは2つの選択肢が存在しており、そのどちらかを選んだとしてもその選んだものにとってはよくない状況が待ち受けていることを言います。

どっちにしても、あなたが不利益を得るのです。

人間は、またはあなただって、何か物事を決めるときというのは、できるだけ自分にとって得のあるものを選ぶものです。

そうではありませんか?進んで自分が不利益になるような状況を誰も求めることはないでしょう。

だって、人間というのは出来る限り幸せで平和に平凡に生きていたい生き物だからです。

しかし、どちらにも不利益があるとするのであれば、どっちにしようか?こっちにしてもあっちにしてもだめだ!どっちにしろ苦しむことになる!なんて、ジレンマに陥ってしまうんですよね。

といってもこの説明だけでは、なかなか理解しがたいものがあるかもしれないですね。

そんなあなたには、先ほど登場した「囚人のジレンマ」によって解説をしていきます。

囚人のジレンマとは

ある犯罪を犯して3人のその実行犯が逮捕されました。

しかし、3人ともつかまる瞬間前に「絶対に自分たちがやったといわないようにしよう。黙っていよう。ウソをつこう」と約束しました。

そして逮捕後はバラバラに事情聴衆を受けることになったのです。

そして警察官たちは、彼らの気持ちを読み取るかのように犯人たちのうちの1人であるAに「早く認めたらどうなんだ。

もしもお前がBとCよりも早くに自分の罪を認めたのであれば、お前だけは解放してやる。」というのです。

要するにAが自分たちがやったということを認めれば、自分は解放され他の仲間たちは捕まってしまうのです。

同じようなことを警察官は、他のBとCにも言いました。

ここでポイントなのは「誰よりも早く」言わなければならないということです。

「約束はした。

しかし、あいつらどちらかが本当のことを話して、自分だけ刑務所送りなんていやだ!しかし、自分が話したところで他の2人が話してなかったら…」なんて考えることになりますよね。

この手のものは小説やドラマでも用いられているので、あなたはどこかで聞いたことがあるなんて思われているかもしれません。

この場合、A・B・C全員がジレンマに陥っていることでしょう。

ひとつめの選択肢は、「誰よりも早く罪を認めれば、解放される。

その代わり、他の仲間たちだけが捕まる。

それは気持ち的にもよいものではない」もうひとつの選択肢は「他のやつらを信じていいたくない。でもその間にどちらかが裏切って自分ともう一人だけ刑務所送りになる。」のです。

あなただったらどうしますか?これは、結局全員が自白し、全員捕まってしまうのですが。

このようにどちらを選んでも、気持ち的に苦しめられる事態になってしまうことを「ジレンマ」に陥ってしまうというのです。

今回は例として囚人のジレンマをあげましたが、あなたが感じるジレンマも犯罪に関することではないということを忘れないでくださいね!

2. 語源は?


では、そんな私たちを苦しめるジレンマはいったいどこで発生した言葉なのでしょうか?ずばり、語源がギリシャにあります。

ギリシャ語での意味は「二重の問題」とされています。

たしかに二つの問題が一気に押し寄せてきて、どちらも解決したいのにどちらか一方しか解決することができなくなってしまうんですよね。

ジレンマというのは英語でも使われており、板ばさみ状態をさすこともあります。

これまでにジレンマに陥ったことがある方は、その八方ふさがりになってしまう状況によくあてはまると感じるのではないでしょうか?本当に、いやですよね。

あの感覚は。

3. 葛藤とはどう違う?

ジレンマと似たもので、この世界には「葛藤」という気持ちがあります。

これはジレンマとは違って、その対象が少ないんです。

「このテレビドラマを見たい!でも見たくない」なんて一つの物事に対して、ひとりで悶々としてしまうことになります。

それにその葛藤には、不利益になるようなことはありません。

その反面、ジレンマでは二つの選択肢どちらを選んでも不利益が生じるとのことでしたよね。

あなたは、葛藤を感じたことがありますか?それとも葛藤ではなく、いつでも不利益や嫌な状況がつきまとうジレンマに陥ったことがあるのでしょうか。

どちらにせよ、人間にとって良い感情とは癒えませんよね。

どちらにしても自分自身、または相手やその対象の物事にイライラしてしまいますし、それによってストレスはたまるばかり。

ストレスを発散したとしても、同じ問題に出くわしたりその問題から逃れることが出来ないのであれば、またストレスはたまってしまいます。

ああ、思い出すだけでなんだか気持ちがブラックになってしまいますよね。

4. ジレンマが起こるとどうなる?

さきほど、ジレンマになる前にはそれなりの兆候があるとお伝えしましたね。

ここではそのジレンマに陥り始めている時に起こってしまうあなたの感情、そして完全にジレンマに陥った時に感じることになる感情をご紹介します!
これまでにジレンマには陥ったことがないというあなたも、これらの感情を感じることになれば、又は既にいま感じているのであればあなたは、れっきとした「ジレンマに陥っている」状態なのかもしれません。

人は自分のことを理解しているつもりでもなかなか出来ていないもの。

自分の性格だってきちんと把握できていないことが多いんです。

ということは、自分がどんな人間なのか、自分が今すでにジレンマに陥っているのかどうかさえも判断することができないものなんです。

ですから、これらの感情を一気に感じることがあるのであれば、「今はジレンマに陥っているのかもしれない」と自分を見直してみましょう。

そうすることで事態を把握し、早い段階でジレンマを抜け出すことができるようになるかもしれません!

1. イライラする

とにかくイライラします。

なぜイライラしてしまうのかというと、どちらを選んでも自分にとっては不利益なことが待ち受けてるからです。

人生はうまくいくこともあれば、うまくいかないこともあるもの。

それを分かっていてそれまでに生活をしてきていたとしても、どっちに転んでもまるで自分が悪いといわれてしまうような状況に対して苛立ちを感じてしまうんですね。

あなただって、あまりにも自分の思い通りにいかないと怒りを感じることはありませんか?まさにそのようなうまくいかない、悩みに悩んでいる状況が長い時間続いていることになります。

それは、人間にとってかなりのストレスであり、そのストレスを発散させるための防衛本能としてもイライラするようになってしまうんですね。

それにイライラしたくなくても、いつもはちょっとのことでもイライラしない人であってもジレンマに陥るとどうしても自分の感情をコントロールできないくらいにイライラしてしまうものなんです。

2. 動きが止まってしまう

ジレンマに陥ると、どちらの選択肢にしても自分にとって不利益があるためにどっちにも進みたくないと考えるようになります。

あなただってそのような立場にいたのであれば、そのように感じるのではないでしょうか。

次のステップに行くには、必ずその問題を解決しなければならないことが多いんです。

そのため、そのジレンマに陥ったままでどちらか一方をも選択することができない場合、動きが止まってしまうことになります。

だって、どちらの選択肢の道も進みたくないからです。

進んだとしても、どっちを選んだとしても自分の苦しい未来が待っているとなると今のままでいいやなんて考えてしまうことになるんですね。

しかし、人生にステップは大切です。

いつまでも同じ状況にいたとしても、いつまでもジレンマに陥って悲しい気持ちになるだけ。

そうであるならば、ジレンマに陥ったのであればそれなりに考えたいですね。

3. 違和感を感じる

ジレンマに陥ると、どちらの選択肢もスムーズに洗濯することが出来なくなります。

優柔不断な性格をしている人であれば、それはいつものことかもしれませんがそうではない人にとって「どうしてこんなことで悩んでしまうんだ?」と違和感を感じることになります。

その違和感はどんどんその人を苦しめ、その問題の大きさ以上にその人にストレスを与えてしまうことになるんです。

さきほどもお伝えしましたが、ストレスを発散するために本能的にイライラさせてしまうことがあります。

また、いつもはイライラしない自分にさらに違和感を感じ、また、どうしてどちらを選んでも自分が不利益を蒙らなければならないのだろうかと悲しい気持ちになってしまうことも。

その違和感はどんどん大きくなり、その違和感と、向き合いたくないためにそのジレンマに陥ったままでトキを過ごすことになってしまうのです。

4. 罪悪感を感じる

どちらか一方を選んでも自分に不利益を蒙ることになりますね。

しかし、その不利益というのはその悩んでいる本人だけではなく、その問題に関係している誰かに訪れることかもしれないのです。

だいすきな彼女と結婚したい。

でも親は反対している。

彼女の愛を信じて強行突破で結婚をすれば、彼女とは幸せになることはできますがあなたはご両親との仲は最悪なものになります。

それどころか親不幸め!なんて親を悲しませてしまうことになりますよね。

かといって、親の気持ちだけを受け取り彼女と別れることになったらどうでしょうか。

彼女をとても苦しめてしまうことになるでしょう。

それは結婚の約束をしていたのであれば、なおさらのことです。

そのようにどちらか一方を選んだとしても、その悩んでいる人には罪悪感が残ることになるのです。

それが分かっているからどちらか一方を決められないんですよね。

決めたくたって、決められない。

どちらの気持ちもしっかり理解しているからこそ、できない。

このように考えるとジレンマに陥りやすいのは、もしかしたら優しい心の持ち主なのかもしれません。

5. 人生にジレンマはつきもの

生きていれば、どんなに完璧な人間だっていずれはジレンマに陥る場面に出くわすものです。

そう。

人生にジレンマはつきものなのです。

さきほども申し上げましたが、うまくいくこともあればうまくいかないこともあるのが人生。

そしてそれが人生の醍醐味ともいますよね。

なんでも思い通りにいってしまったら、自分の気持ちが絶対に叶ってしまうと感じてしまう”勘違い野郎”になってしまいます。

そのため、ジレンマに陥ることはその人自身の成長には欠かせないものなんです。

また、そんな人生につきものであるジレンマは、どうして存在するのでしょうか。

どうして私たちは悩むのでしょうか。

その理由を見ておきましょう。

1. 善悪が心の中で戦う

ずばり、ジレンマに陥ってしまうのはその人の心のなかで善悪が戦うからなんですね。

さきほど彼女と結婚したいけれど両親が反対しているという例をご紹介しました。

その場合、どちらか一方の気持ちを汲み取ってその人たちには”善”と思われたとしても、もう一人の人からは”悪”と思われてしまいますよね。

また、かなり前に”囚人のジレンマ”における事例をご紹介しました。

誰かに裏切られる前に自分だけ助かるか…(悪)とみんなを信じて自分も自白しないようにしよう!(善)という気持ちが入り乱れていたのを感じ取ったのではないでしょうか。

そのように悩んでも悩んでも悩みきれない問題が、ジレンマなんです。

そしてそのように感じてしまうのは、人間味がある証拠です。

そのように善悪の判断をすることができる生き物なんです。

もしも、そのような人間味のない性格だったり、善悪の判断をすることができないのであれば”サイコパス”と呼ばれるようなちょっと危ない人間になってしまうことでしょう。

あなたは、大丈夫ですか?物事に対して、善悪で判断することができているでしょうか?

2. 人は社会的生き物だから

人間は、生きていれば必ず社会の中に身をおきます。

そしてそこで仕事をし、人間関係をはぐくみ、さらには自分を成長させていくものです。

そのように社会的な生き物であるために、私達はさまざまな問題に出くわすことになるのです。

数学のように必ず答えが決まっているものは存在しません。

この世界には正解はないのです。

社会に出たら、全てが新しいものであなたなりの答えを出してきたのではないでしょうか。

インターネット、書籍にはそのような問題に対する”解答例”が紹介されています。

それは例にすぎず、あなたの正解とは全く違うこともあるのです。

いや、違うことがほとんどでしょう。

この世界にはたくさんの人が存在していますし、その人々によってそれぞれの人生があります。

答えがあります。

それは生きているからです。

あなたもあなたなりの答えをしっかりと出せるようになりましょうね。

ジレンマを感じる3個のシチュエーション

では、実際にこの世界で起こりうるジレンマのシチュエーションを見ていきましょう。

あなたはこれまでにどのようなジレンマに陥ったことがあるでしょうか。

もしかしたら、あなたが感じたことのあるジレンマがあるかもしれないです!

1. ダイエット中

誰しも痩せて美しい体になりたいものです。

そのため、毎年のように毎日のように大勢の国民がダイエットをしていますよね。

ダイエット食品を選び、運動をしています。

それは全て自分の理想像をかなえるためのもの。

あなたもダイエットをした経験はありますか?そんな時に以下のジレンマに陥ったことがあるのでは?

1. 痩せたいけど食べたい

ダイエットする目的は、「痩せるため」ですよね。

しかし、それまでは甘いケーキやお肉などをガツガツ食べていた方にとってそれらをガマンするのは至難の業。

そんなとき「痩せたいし、痩せるって決めたのに甘いケーキが一杯食べたい!」「お酒がのみたい」なんて考えてしまうものです。

それは一種の禁断症状なものでしょう。

その食べ物が目の前になくても、頭の中はそれでいっぱいになり、そのことしか考えられなくなるんですよね。

そのジレンマは、食べて後悔をするかはたまた食べないで食べられない状況を維持するのかになります。

まぁ自分に強い人であれば、ケーキ一つ食べたくらいでも太ることはないでしょう。

なぜならば、その食べてしまった分の運動を増やすだとか、他の食事をコントロールするなどするからです。

2. 不倫中

ここ数年で芸能界を匂わせている”ゲス不倫”。

それは芸能界だけではなく、私たちの一般世界にも蔓延しています。

それはもう「病気」なんじゃないかと思うほどに、やみつきになっている人が多いんですよね。

あの素敵なカッコイイ上司は、実はあなたの部下と不倫しているかもしれないのです。

あなたは不倫反対派だったとしても、知らぬ間に既婚者や独身者と恋愛をし、不倫の道を進むことになってしまうかもしれないのです。

この世界は何があるか分からない世界。

そんな不倫を体験している人々が感じてしまうジレンマとは、どのようなものなのでしょうか?

1. 会いたいけど会えない

ずばり会いたいけど、会えないというジレンマです。

既婚男性と既婚女性、既婚男性と独身女性、既婚女性と独身男性…さまざまなパターンのある不倫ですが、どのようなパターンであれ、会いたいときすぐに会えないのが不倫です。

もちろん独身者同士のカップルであっても、どちらか一方が仕事で忙しかったりするとなかなか会えませんよね。

しかし、不倫は違います。

会えない理由が仕事だったとしても、既婚者は家庭に帰りその奥さんや旦那さん、または子供たちと顔をあわせているのです。

会いたいといったら迷惑がかかりますよね。

この気持ちは独身者のほうが感じやすいそう。

相手は既婚者だし、家族もいる。

それなのに自分だけが会いたいなんてワガママをいったら、迷惑をかけてしまうのではないか。

それどころかそれが原因で関係が破綻になってしまうかもしれない。

そこまで考える方もいます。

また、独身者に恋人がいた場合に既婚者は「今連絡したら、その恋人にばれるかもしれない。

そうなったら迷惑をかけることになる」と感じているのです。

そのように不倫をしている方は、お互いに「会いたいのにあえない」なんてあまりいいません。

それは暗黙のルールとして、お互いに理解しているのです。

会いたいのに会えないのになぜ付き合うんだ?といいたいところですが、不倫している人にもそれなりの理由があるのでしょう。

しかし、どんな終わり方をしてもどちらか一方またはどちらとも、後悔をすることになるので絶対に不倫はするべきではありません。

3. 100万円を拾った

もしもあなたが100万円を拾ったらどうしますか?生きていれば何が起こるかわからないもの。

1. 欲しい、でも交番に行かなきゃ

100万円なんていう大金は誰でもめったに持つことに出来ないお金ですよね。

そのため「このまま貰ってしまいたい!」と思ってしまうもの。

でも、それは悪いささやきであって善いささやきは「交番に届けるべきよ」なんていっている。

さてどうする?
そんなとき、心の中では善悪が戦っています。

交番に届けたら「100万円を逃した」気持ちになり、交番に届けなかったら「盗んでしまった」気持ちになる。

どちらにしても後悔することになるのです。

ジレンマの乗り越え方

これまでにジレンマの事例をいくつかご紹介してきました。

あなたがこれまでの人生で感じたことのあるジレンマはありましたか?もしかしたら、今すでにそのような感情を持っていてこのWEBサイトをご覧になってくれているのかもしれません。

では、そのジレンマを乗り越えるにはどうしたら良いのでしょうか。

それは人によって全く違うかもしれません。

これまでに何度もジレンマを乗り越えてきた方にとっては、その人なりの乗り越え方が確定しているかもしれないですね。

とはいっても、毎回同じ問題でジレンマを引き起こすことはありません。

それどころか180度違う問題でジレンマに陥ってしまうことが大半でしょう。

もうジレンマに陥ったままで生活を過ごしたくないあなたのために、ジレンマの乗り越え方をご紹介します!
といっても、これは解答例にすぎません。

きっとあなたなりのジレンマの乗り越え方があるはずです。

これらを参考にしつつ、活用しつつあなたのジレンマの乗り越え方を手に入れましょう。

1. 考え過ぎない

まずはなによりも考えすぎないことです。

もうこれまでにさんざん悩んだのではありませんか?苦しんだのではありませんか?また、悩んでも悩んでも答えが出ないことに苛立ちを覚えている方もいるかもしれないですね。

だからこそ、ここらへんで考えるのをやめてみましょう。

考えたってどちらか一方を選んでも不利益が出るという現実は変わりません。

未来はやってくるのですから。

だったらリラックスをして、より良い判断をできるように脳みそを休ませて上げましょう。

2. よりポジティブな方を選択する

考えすぎないようにすることは難しいかもしれませんね。

そんなときは、気分転換にあなたの好きな音楽をきいたり好きな映画をみるのもいいでしょう。

そうすることによって、自然と気持ちも上向きになりより良い”ポジティブ”なほうを選ぶことが出来るようになります。

どちらか一方を選んでもあなたに不利益がやってくるのは間違いないのであれば、その選択肢の中でもよりあなたにとって少しでもプラスになるものを選んでください。

そうすることで未来に対する不安が少しは軽減され、苦しい思いを少なくすることが出来ます。

私たち人間はそのように自分自身で未来を選択することが出来るのです。

だったらよいほうに転がりたいじゃないですか。

どんなに悪いことがつきまとってきたとしても、少しだけでもプラスになるほうがいい。

ポジティブシンキングに元に戻せば、きっとあなたらしい選択ができるはずですよ!

【ポジティブについては、こちらの記事もチェック!】

3. 迷惑がかかる人が少ない方を選択する

この記事の中で、彼女と結婚をしたいけれど両親に反対されている人の例をご紹介しました。

覚えていますか?その場合は、どちらを選んでもどちらか一方には苦しかったり、悲しい思いをさせてしまうということでした。

そのような場合は、迷惑がかかる人が少ないほうを選ぶようにしましょう。

例えば、結婚前提でお付き合いをしていたため、彼女の親族と仲良くなってしまっているのであれば、彼女と別れることはそれらの人たちも悲しい気持ちにさせてしまうことになります。

ご両親とは少しずつ仲を戻していく決意をし、彼女と結婚するべきです。

また、他にもさきほどご紹介した事例のなかでは「不倫」というものがありましたね。

会いたい。

でも会えない。

そんな気持ち、どちらを優先させたらいいのでしょうか。

普通の恋愛であれば、「会いたい」気持ちを優先できますね。

しかし、不倫の場合独身女性が既婚男性と会うことによって、既婚男性の家族・子供そして親族全員に迷惑がかかることになるのです。

その不倫男はさておき、全く何も割ることをしていない既婚男性の家族や親族まで悲しい気持ちにさせてしまっていいのでしょうか。

答えはひとつでしょう。

よくありません。

そのことを考えれば、必然的に不倫男とは会いたくないと感じるようになるはず。

または、自分が結婚したとして旦那さんに不倫相手がいたことを想像してみましょう。

きっと悲しくて苦しい気持ちになるはず。

独身女性はそういうことをしているんです。

どんな時でも迷惑がかかる人が少ないほうを選ぶようにして、問題はありません。

まとめ

今回は、ジレンマについて特集いたしました!いかがでしたか?
ジレンマに陥ったときどのようになってしまうのか、またこの世界にはどのようなジレンマが存在しているのかなどをご紹介してきました。

それにジレンマを乗り越える方法もお伝えしましたね。

あなたは、ジレンマに陥ったときどのように対処していましたか?生きていれば、誰しも感じることのあるジレンマですから生きている証拠だと思ってジレンマを乗り越えていきましょうね。