生きていると様々な事にお金が必要になりますよね。

普通に生活をするだけでも、家を借りるにしてもお金がかかりますし、食事をするにしても食料を購入したり、食べに行ってもお金がかかります。

通勤で自転車を購入したり、毎月の携帯電話の代金、ガスや電気などの光熱費…考えるだけでも毎月の出費は大きくかかります。

さらに、その上である程度まとまった出費が発生するタイミングなども存在します。

例えば、大人になって仕事を始めると、通勤などで車が必要になる場合は車の購入費用も中古でもそれなりの出費がかかりますし、車検がある月はそれなりにお金がかかります。

引っ越しをするにしても敷金礼金や、数カ月分の家賃と考えるとかなりの金額がかかりますし、旅行にいく場合には相当お金もかかります。

このように、人生の中では急にお金が必要になったり、まとまった金額が発生してしまう可能性は当然やってきます。

あらかじめ想定できるような事であれば、事前にお金を貯めておけるかもしれませんが、想像していない時に急に出費が必要になる場合もあり、手元にどうしてもお金がない時はありますよね。

そんな時にはついついお金を借りるという選択肢をとってしまいがちだと思います。

今回はそんなお金を借りるという事をテーマにして、具体的にお金を借りる方法についてご紹介していきます。

お金を借りる方法5選

お金を借りる方法はたくさんの方法が存在していますが、お金を借りる方法によっては利息が生じたりと負担がかかってしまう様な方法もたくさん存在しています。

その一方で利息がかからないようにする賢いお金の借り方なども存在していますが当然それなりの注意点なども存在しているので自分に一番適切な方法で必要な出費がある場合はお金を借りるように工夫することが大切だと言えます。

たくさんのお金を借りる方法を把握してそれぞれの特徴を理解することによって自分が一番適切な方法でお金を借りることもできますので結果的に損をすることなくお金を借りることもできます。

自分に合っていない方法でお金を借りてしまった場合は、自分に負担が生じるようなことにもつながりかねませんので、必ずたくさんの方法に目を通してその中から選ぶように工夫をしてください。

1.知り合いから

まず一番初めにご紹介するお金を借りる方法は知り合いや友人からお金を借りると言うことです。

基本的にお金を借りるということを考えた時に一番思いつく方法であると言えます。

お金の貸し借りをあまりしないような友人に対してお金を貸してくれと言ってもお金を貸すことに関して良しとしない傾向があるので、お金を貸す事に関してあまり難しく考えずに貸してくれる人に関しては事が進みやすいといえます。

しかしながらお金を借りる際には必ず返す義務が生じると言うことを理解しておかなければいけません。

慣れ親しんだ友達や知り合いからお金を借りたとしても多くの場合は利息の発生がないので、お金を借りた認識が希薄になりがちになってしまいます。

しかしながらお金を借りた金額が多ければ大きいほど、相手にとって負担がありリスクが行動であるということをよく理解した上でお金を借りなければいけません。

自分がお金を借りる立場になって物事を考えてみれば一番わかりやすいかもしれませんが大きい金額を貸す時には自分にメリットがない分デメリットしかないので信頼している相手にしかしたくはありませんよね。

だからこそお金を貸してくれた知り合いに関しては自分のことを信頼してくれているから貸してくれたんだと言うことも念頭に置いておいで相手の誠意に応えるようにしてお金を必ず期限までに返すことを十分に意識しなければいけないと言えます。

関係が崩れる可能性も

ある程度の年齢になれば100円や200円ぐらいは貸し借りをしてもそこまで忘れてしまったとしてもお咎めはなしかもしれませんが、数千円や数万円単位になってくると話は別です。

普段からあまり貸し借りを行っていない人からするとお金を貸すという行動自体が嫌だと感じてしまう方も多く存在しています。

お金を貸してくれと言われて断りづらいと考える方も多くいるので、表面上では快く貸してくれたとしても心の中では不安に感じていることも当然ながら多く存在します。

自分がお金の貸し借りを多くしているからといって、自分の物事だけで相手の気持ちを判断してはいけません。

必ずお金を貸してくれた相手に対して誠意ある行動をとらなければ時には信頼関係が崩れてしまい友人としての関係がなくなってしまう可能性も多く存在します。

金額が大きくなれば大きくなるほど当然ながら相手にとってのデメリットは増えてしまうだけなので、相手に対して少しでも不安にさせる様な行動をとれば相手は自分に対して信頼しなくなってしまい、関わりたくないと思われてしまいます。

またお金の問題はデリケートな問題なので、なかなか本人に言いづらい部分もあり周りに相談することが多くなります。

自分がお金に関してふしだらな態度をとっているということを周りの友人が一気に知ってしまうと、周りの人もその人に対して関わりたくないと思ってしまったり、周りから責められてしまう様な状況になってしまいがちなので、必ず誠意ある行動を取るように常に意識することが大切だと言えます。

2.親戚から

お金を借りる方法として身内がある親戚からお金を借りる事もひとつの方法です。

親戚関係にあれば他人ではありませんので、より深刻な状況の場合親戚に相談してある程度まとまった金額の貸し借りをしてもらえる場合も多く存在します。

全く無関係の人間ではないのである程度まとまったお金の貸し借りについても相談に応じてくれる場合などもありとても頼りになれる関係だと言えます。

しかしながら親戚と言っても結局は一緒に生活をしているわけでもないのであまりにもデメリットをだったり自分自身の負担になってしまう様な事の場合は、相談に応じてくれない場合などもありますので、必ずそのあたりを理解して、相談するようにすることが大事です。

快く貸してくれる貸してくれる場合などもあれば、貸す事を渋ってしまうような方もいますので、思うような結果が出せなかったとしても逆切れしたり、文句を言ったりする事は絶対にしないようにしましょう。

時には、お金の貸し借りをもちかけただけで怒るような人も存在するので、相手がどういう人間性を持っているのかという事を把握した上で相談する必要があるといえます。

会う機会が少ないが忘れずに返すこと

親戚からお金を借りた場合は必ず期日を自分の中で決めて絶対に遅れないようにして返済することが大切です。

どんな人からもお金を借りたのであれば返す義務が生じるのでそもそも返すこと自体が当たり前のことにはなるので、相手の信頼を損なわないように行動することが大切です。

特に親戚に関しては毎日毎日頻繁に会う関係ではないっぱいが多いので会う機会が少ないからこそ借りたお金を忘れずに返済することがとても重要です。

お金の問題でよくありがちなのが貸したのに返ってこないと言ういわゆる借りパクという状態です。

お金を貸した側は自分にデメリットがある上でお金を貸しているので必ず覚えている場合が多く、表面上には出さないようにしていても心の中では覚えていることが多いです。

だからこそ相手に言われる前にしっかりとお金を返済する気がある態度を見せることによって相手の信頼度を時にはさらに強くしたり、信頼できる人間だと再認識をしてもらえることにもつながります。

しかしお金を借りた側は自分にメリットしかないのであまり借りたことを深く覚えていない場合も多いので、ついつい返済を忘れてしまったり返済期限が伸びてしまうこともよく起こりうる事です。

しかし信頼してお金を借してくれている人に対して、このような裏切りのような事をしては絶対にいけません。

例え親戚であったとしても、お金を貸してくれた事に対して感謝し必ず期日までに返済する事を心の中に誓って行動すべきであると言えます。

3.家族から

お金を借りる方法として一番の身内である家族からお金を借りるということもあげられます。

まとまった金額を借りる場合はどうしても他人から借りることができない状況が多いので、直接家族からお金を借りることも多いかと思います。

一番相談しやすい間柄ですし、家族だからこそ相談できるような内容なども多いです。

あなたがお金を貸すたちはだったとしても家族からの相談であれば自分にデメリットがあったとしても快く貸してあげたり助けてあげたいと思うのが当たり前の気持ちですよね。

お金を貸して助けてあげたいと思う分お金を借りやすい状況にはなりますので、家族だからといって頻繁に何の目的もなしにお金を借りるようなことだけは絶対にしないようにしてください。

同じ家族だからと言って結局は違う人間なので、家族のお金は自分のお金あるというような勘違いは絶対にしないようにして、お金の件に関しても同じ家族だったとしても別人の様にきっちりと扱うようにするなどの区切りをつけることが同じ家族に対する礼儀であり、思いやりでもあるといえます。

家族といってもしっかり返すこと

たとえ同じ家族であったとしても必ず借りたお金については返すことを守ってください。

家族だからついつい利息もかからないし、本気で督促されることもないという事でタカをくくってあいまいにしてしまいがちな問題ですが、お金に関する問題は必ず守るようにしないといつか困った事が起きてしまいます。

困ったことが起きなかったとしても人間として絶対にやってはいけないことですし、信頼をなくすような結果にもなってしまうので家族であってもお金の関係はきっちりするように意識してください。

逆にあなたが家族にお金を貸したとして頻繁にお金を借りたり借りパクをするような1だった場合は必ず注意してあげないとお金の面でだらしがないような性格になってしまいます。

お金はとても大事なもので、全て自分に返ってくるものであるということ理解する事を伝える必要があり、自分自身も意識する必要があると言えます。

4.国から

あまり知られていないかもしれませんが日本は国がお金を貸してくれる制度が存在しています。

お金を借りる際には当然ながら条件がありますがそれをクリアできれば国から生活費などを借りることができます。

お金が欲しいけどどうすることもできないという状況を打開することにもつながりますのでこの機会に国からお金を借りるということについて理解を深めてください。

教育ローンなどの借り入れはできる

国からお金を借りると言うことは①総合支援資金貸付制度を利用するということになり、例えば仕事を失って収入がなくなってしまい厳しい生活を強いられているという方や、生活を送る上で必要なお金がなくなってしまい日常生活が送れなくなってしまったという的状況に陥っている方に対してお金を貸してくれる制度です。

生活の場面以外でも子供のために教育ローンとして国からお金を借りることができ、こちらは②教育支援資金制度と言われています。

一般的には大学に通うために必要な資金などを国から借りて大学を卒業した後に計画的に連鎖していくということが一般的です。

結局どういう理由や条件ならお金を借りることができるのかと言うことが気になる方も多いと思います。

例えば法的書類によって本人確認が可能な人、若しくは仕事を失ったり減給によって生活が苦しい人、 ハローワーク社会福祉協議会などに相談して継続的な支援を受けることができる人などが①総合支援資金貸付制度の条件であり、 ②教育支援資金制度は世帯の子供が高校や大学に進学し学費を用意することができずに金融関係の業者から借り入れをできる状況ではない場合、 同じ地区に6か月以上住んでいる世帯、生活保護基準の1.8倍の所得、もしくは市区町民非課税制度の低所得世帯などの条件が存在しています。

今ご紹介したものはあくまで一例にすぎないので実際には様々な条件下のもと判断が行われお金を貸すことができるということにつながります。

5.銀行

お金を借りる方法として銀行でお金を借りるという方法も存在します。

銀行の主な業務はお金の貸し借りなので当然ながら不思議なことではありませんが、 銀行の仕事としてお金の貸し借りを行っているので本当に貸しても良い相手ののかどうかということを定める必要があります。

なのでお金を借りる人を審査しており、審査に通過した上で返済の意思があるかどうかを見極め、最終的に貸しても良いと判断された場合はお金を借りることができます。

なお銀行からお金を借りると言う場合にはいくつか種類があり目的別に簡単にご紹介しますと、 まずは住宅ローン、そして教育ローン、そしてマイカーローンなどに種類があります。

住宅ローンはその名前の通り家を建てるときに利用されるローンであり、教育ローンは自分の子供が義務教育以上の学校へ通う場合に教育費落としてかかるお金などを書いたりするときに用いられます。

最後にマイカーローンに関しては車を購入する際に必要な資金を借りる時に申し込むロードことです。

銀行の審査は多少厳しいので通らない場合も考えられますが、他の所で借りた場合に金利が高かったりする場合もあるのでまずは銀行のローンが通るか通らないか確認した上で駄目だったら他の所に行くなと工夫をしてお金を借りるようにすれば損をすることはないと言えます。

審査がしっかりしている

銀行は一般的にお金を借りる審査に関して多少厳しめに設定されていることが多く、審査基準については一般的に公開はされていませんが、ある程度重要視している項目は存在しています。

例えば一般的に重要視されている項目はまず安定した収入があるかどうかという事であり、 他の金融機関などで借り入れが多重になっていないかどうかということと年齢が二十歳を超えているかどうかと言うことです。

その他にもたくさんの審査項目はありますが、結局は安定した生活を営んでいるかどうか、社会的な信頼があり立場が存在しているかどうか、信頼できないような項目がないかどうかということを銀行側の目線で考えてみるとある程度想像することができると思います。

銀行側としてもお金を貸すことによって利息終えてそれが利益になっているので、信頼できる人間であれば返済されることを見込んだべでお金を積極的に課すことも業務の一環なので、逆に考えて信頼できるような社会的ステータスであれば、審査が通りやすいという風に判断する事もできると思います。

お金を借りるときの注意点

ここまではお金を借りる方法についてご紹介してきましたが、お金を借りるときには必ず注意していただきたいことがあります。

当然ながらお金を借りると言うことは借りたお金を返さないといけない義務が生じます。

お金を借りる時はお金が増えるので気持ち的には余裕がありますが、お金を返す時には更に負担がかかってしまう状況になるので必ずお金を返すところまで想定した上で計画的にお金を借りないと、返すお金自体がなくなってしまい最終的に自分自身にとって不利な状況に陥ってしまう可能性があります。

これは一例でありそれ以外にも様々な注意点が存在しますので必ずお金を借りる注意点を把握した上でお金を借りるようにしてください。

お金の問題はとてもデリケートな問題であり時には信頼関係や人間関係を大きく壊してしまう可能性にもつながってしまうので、多分大丈夫だろうと言う気持ちではなく絶対に大丈夫ということを想定した上でお金を借りてください。

無理な金額を借りない

お金を借りる時にはお金が増える行為になるのでそこまで気に留めていないかもしれませんが、先ほどお伝えしておにお金を借りると言うことはお金を返す義務が生じると言うことです。

お金を変える時にはたくさんの金額を借りれば一時的にたくさんのお金が手元に入るので余裕がありますが、逆にたくさんのお金を借りればたくさんのお金を返さなければいけないということになります。

なので借りる金額が多ければ多いほど自分自身が返す負担が生じるということなので、必ず返すのに無理のない金額を借りることが大事です。

逆に考えれば無理な金額を借りるということを絶対にしないようにしなければいけません。

ついつい手元に多くお金を欲しいからといって自分の想像よりも高いお金を借りてしまいがちですが、お金に関してはきっちりと考えて行動しなければいけません。

必ず自分の中で計算鍋て妥当な金額を借りるようにしてください。

どのくらい必要かを計算しておく

必ずお金を借りる際にはどれくらいの金額が必要になるかということを計算した上で借りるようにしてください。

どれくらいの金額が今現在不足しているから困っているのかということを把握した上でお金を借りると妥当な金額を借りるように行動することができますが、とりあえずこれくらいの金額が必要だというような曖昧な考えでお金を借りる場合は実際に必要ない金額まで借りてしまう可能性も出てきてしまい、金額を返す時に大きく困ってしまうことにもつながります。

お金を借りるというのは基本的にはお金を集める上で一番最後の段階で行うべき方法であると言えます。

知り合いにお金を借りる場合は金利などはかからないかもしれませんが、一般的にお金を変える場合は金利や利子などが発生してそこから利息を支払わなければいけません。

つまり、お金を借りるということは、借入た金額に加えて利息を払わなければいけないのでいわゆるレンタル料と捉えることができます。

このレンタル料に関してはたくさんの金額を借りれば借りることを大きくかかってきますので、最終的に支払う金額もそれに比例して増えてくると言うことです。

だからこそ必要な分だけを借りるようにしなければ、必要ない出費なども加算されてしまい、無駄な事にも繋がってしまいかねませんので、必ず注意してお金を借りるようにしてください。

返す計画を立ててから借りる

お金を借りる際には必ず返す計画を立ててから借りるようにしてください。

何事も物事を行う際には必ず目標を決めて行動していますよね。

目標を決めて行動しなければ無駄な行動が挟んでしまいがちですし、結果的に自分の望んだ結果にならない場合なども存在するので、それはお金を借りる際も全く同じことだと言えます。

目標を立てなければ目標を達成する必要なプロセスを行うことも想像できませんし、実際に実行することもできないので、必ずこの金額を借りるのであればこういう風に返していくというように、具体的に物事を考えて計画しておくことが、後々に問題にならないために必要な事だといえます。

具体的には毎月の自分の給料の中からどれくらいの余裕があるのかということを把握した上でどれくらいの期間で借りた金額を返していくのかということを考える必要があるということです。

自分がもらっている給料の計算に関してはそこまで難しくはありませんので、そこから毎月の最低限の出費を引いて余った金額に自分の予定などを考えた上で毎月支払っていける金額を導き出すことで計算は容易になります。

何の計画もなしに借りてしまっていると返す計画がおろそかになってしまい返せなくなって結果的に自分のが困った状況になってしまうので、必ず注意して借りてください。

期間をきめて借りる

目標を立てる時には具体的な目標を立てることが大切です。

例えば先ほどご紹介した毎月の自分の給料の中からどれぐらいの金額を返していけるかということを考えることが大事だということですが、自分の頭の中でざっくりと計算しただけではやはり性格だとは言えませんし、きっちりと計画を具体的に立てるということを考えた時には不十分だと言えます。

例えば目標を決めるのであれば、あなたが急な出費が必要になり100万円を借りたとします。

今回は納得していただきやすいように、利息の計算を省いてご説明しますが、あなたの毎月の給料は25万円であり、毎月の必要な出費は、家賃や電気、ガスなどの光熱費とネット代金、携帯代金、そして食費が必要であると考えます。

そうなると毎月の出費は大体12万円になると考えます。

そうすると、残った給料は13万円ですよね。

ここで13万円を返せばいいから、100万円を13で割ると 7.69…となるから、約8カ月で返せると想像します。

しかしながら、この計算で行くと8ヶ月全く無駄遣いをせずに過ごすということを考慮した上での返済期間になるので、8ヶ月間は相当な努力をしなければいけないということになります。

頭の中でざっくりと決めたとしても実際にその通り正確に行動することができるとは考えにくいです。

例えばこの8ヶ月間のなかで少しでも贅沢をしてしまう可能性がありますし、8ヶ月間の中でもしかするとまた急にお金が必要になる場合も存在します。

あなたがお金を貸した側だとして、8ヶ月で返済できますと言ってもらったのに、急に途中から急な出費になって返せませんと言われてもただの言い訳にしか聞こえませんし、当然納得できる理由にはなりませんよね。

当然返済期間が伸びれば利息も多く支払う必要がありますし、大きな金額を借りれば大きな利息が発生することにもなります。

なので、正しい考え方としては、13万円が残るから、そこからある程度自由に使えるお金を残して、毎月8万円を返済していくようにして、100万円を8で割ると 12.5か月なので、大体13カ月で支払いが終えられるという風に考えることが出来ます。

そうすれば、毎月の自由に使えるお金を残しながらも、返済が出来るので、無理のない返済計画ですし、途中で急な出費があったとしても対応でき、なおかつ借金の返済には被害が及ばないようにすることが出来るといえます。

このように具体的な返済計画を練った上でお金は借りなければいけません。

何に使うかを明確にしておく

お金を借りる時の注意点として借りたお金を使って何に当てるのかということを明確にしておかなければいけません。

これは当然の考えたと思いますがお金を借りると言うことは何か目的があってお金を借りると言うことですよね。

大体の方はお金を借りてある商品を購入したり、資金として活用したいという場合が多いかと思います。

何らかの商品を購入しようと考えてる方の場合は何に使うかは基本的に明確になってる状態なのでそこまで深く考える必要がないかもしれませんか、何らかの資金として活用したいと思っている場合は、 注意が必要です。

何かの資金として活用したい場合は多くあれば多くあること便利な状況になっているので必要な金額が曖昧になってしまいがちになります。

必要な金額が曖昧になってしまうという事は、必要以上にお金を借りてしまいやすい状況になるということです。

なので、必ず何にどれくらいの金額を使うのかということを具体的に考えてどれくらいの金額が必要になるのかということを導き出しておかなければ、たくさんのお金を借りてしまい利息が多くかかったり返済がすぐに行えなかったりする原因になってしまうので注意が必要だと言います。

今すぐ必要なことか確認する

またお金を借りる際には何に使うのか具体的に明確にした後にその金が今すぐ必要なのかどうかということも確認してください。

例えば車検が控えており10万円の金額が必要なのでお金を借りなければいけない状況が生まれたとします。

今手元に10万円がないのでお金を借りなければいけないと考えたとします。

しかしながら車検は翌月の月末に控えていたとしてそれまでの間に、一度給料日が挟まるという事を想定すれば、いま借りなくても、もしかしたら給料からひねり出せば問題ないかもしれないと考えられますよね。

だからこそ、必ず自分の状況などを冷静に判断して、極力借りなくても良い状況を作り、今すぐ必要かどうかという事を確認する事が大事です。

例えばある品物が欲しかったとして手元にその品物の金額がなかったとしても今その品物を買わなければいけない理由というのはどこにも存在しないとすれば、何時間が経った後も欲しいと思っていれば本当に欲しいものですし、その時に購入しても遅くはないと言うことを判断すれば今お金を借りる必要はないと言うことですよね。

今必要なものであればお金を借りて支払う必要があるかもしれませんが、ただ自分の欲望を満たすための必要のない出費であるならば一度立ち止まって冷静に考えることが大事だということです。

返済の期日を確認しておく

お金を借りる時の注意点として必ず返済の期日を確認しておくことが大切だと言えます。

お金を借りるのであれば必ず返す義務が生じるとお伝えしましたが、返済をするのであればある程度の期日が必ず設けられているはずです。

いつまでに何万円返済しなければいけませんというような約束をした上でそれを信頼してくれるからこそお金をかけることができるわけです。

相手に対して信頼をなくすような行動を取ってしまえば自分自身にデメリットがありますし、自分自身が困った状況になってしまいます。

なので必ず返済の期日を確認して返済の計画を具体的に立ててシュミレーションすることが大切だと言えます。

返し忘れがないように注意する

お金を返すときには必ず返し忘れがしないようにしなければいけません。

どれだけ周到に計画を立てていたとしても返し忘れがあってしまって毎月の返済額が予定よりも大きくなってしまうと、計画的な返済ができなくなってしまったり信頼を損ねてしまう様な結果につながってしまうので必ず借りた金額の返し忘れがないかどうか確認を行うことが大切です。

計画を立ててもたった少し狂ってしまうだけで大きく全体の計画が揺さぶられることにつながりかねませんので慎重すぎるぐらいにまで、考えて考えることが大切だと言えます。

慎重に何度も何度も考えることで本来必要のないことであれば必要ないと判断することも出来ますし、本当に必要なのであれば、返していくまでの細かいシミュレーションも何度も行うはずです。

お金はデリケートな問題ですし、社会的な信用という部分で大きな影響力を持っているものになるので、必ず計画通りに返済できるようにしてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はお金を借りる方法、そしてお金を借りた際の注意点についてご紹介しました。

お金を借りる方法はたくさん存在しており、今ご紹介したものはあくまで一例にすぎません。

お金を借りるという行為は一番最後の手段であり、どうしてもお金が作れないと判断した時に行うべき方法です。

簡単に行うのではなく、どうしても必要な場合のみ利用してください。

そうする事でお金関係のトラブルに巻き込まれる可能性も低くする事も出来ます。

ただし、時には本当に便利な物も存在するので、お金を借りる時には自分の状況や、金額など、具体的な事をすべて把握した上で判断する事で、問題を乗り越えられるようにもなりますので、よく把握してよく理解した上で責任を持って選択してください。