やる気が出ない、何をするにもやる気がでない、そんな時ってありますよね?

そんな時あなたはどうしていますか?無理やりやる気を出していますか?

それともやる気が出る何かアクションを起こしますか?

心の底からやる気が出ない時って、何をしてもやる気なんて出てこないんですよね。

しかし、やる気を出さなければいけないのはわかっているし、無理してでも出さなきゃいけない、そんな時はどうしたら良いでしょう。

日々生活していく中で、どんなことに対してもやる気というのは大切なことです。

特に仕事の面では、やる気というのは非常に大切で、上司の評価であったり部下からの信頼を掴みとるためには、常にやる気がある自分を見せなくてはいけません。

さらに、このやる気一つで仕事の進み方も、結果も大きく違ってくるでしょう。

しかし、やる気を出すのって簡単そうに思えてなかなか難しいということは、誰しもが気付いている事でしょう。

その日だけ、短時間だけやる気を出すのであれば、正直誰にでもできることかもしれません。

問題なのは、そのやる気が継続、長続きしないことにあります。

この世の中には常にやる気に満ち溢れている人っていますよね?

もちろん、ただやる気をがあるように見せて、実はやる気なんて微塵もない人がいますが、そういった人は見ているだけでわかるでしょう。

本気でやる気のある人、モチベーションが常に高い人というのは、どのようにしてやる気スイッチを入れているのでしょうか?

このやる気スイッチさえわかってしまえば、あなたもいつでもやる気を出す事は可能になるでしょう。

今回は、どうしてもやる気が出ない人に向けて、このようなことをすればやる気が出る行動などの、

やる気スイッチの押し方についてご紹介していきます。

やる気やモチベーションが上がらず悩んでいる人は、ぜひこの記事を読んでご自身のやる気を上げて下さい。

まずはやる気が出ない原因を知ろう


やる気はあるつもりだけど、なぜかやる気が出ない、もう少ししたら本気出そうと思うけどなかなか体が動かない。

やる気は出したいんだけど、無理して出そうとすればするほど、体も頭も動かないという経験はないでしょうか?

このようにやる気が出ない状態が長い期間続いている人は多いのではないでしょうか?

やる気が出ない理由には様々ありますし、個々それぞれが抱えている問題にもよるでしょう。

まずは、そのやる気の出ない原因を突き止め、そこを改善しなくてはいけません。

やる気が出ないのは、自分のせい気合が足りないからだと無理やりやる気を出そうとしたり、

やる気のある振りをしてしまうと逆効果で、今以上にやる気がなくなってしまう可能性も考えられます。

なので、本当にやる気が出なくて困った時は、まずその原因を知る事に意味があります。

身体の疲れ

やる気が出ないという時は、単純に身体が疲れている可能性があります。

ガンバリ屋さんの性格の人なんかは、この身体の疲れをきたしているのにも関わらず、

無意識にきづかない振りなんかをしますから、知らないうちの思っている以上の疲労を抱えている可能性があります。

身体が疲れていると、頭も回りませんし無理をしようとしてもそれ以上他のことを考えることも難しいでしょう。

仕事を頑張りすぎて身体が疲れてしまうのは、日本人の良いところでもありますが、同時に悪いところでもあります。

もう少し効率的に働いたり、頑張る事をしなければむしろ逆効果でやる気が出ずにどんどん気持ちもやる気も落ち込んでくる事でしょう。

あなたは、真面目に頑張りすぎていませんか?

疲れているとやる気は起きない

身体と気持ちは繋がってるので、身体が疲れているということは、気持ちも疲れているということです。

なので、疲れているとやる気が起きないのは自然なことなんですよね。

あなたも経験があるはずですが、身体が極限状態まで疲れたりしていると、もうなにもしたくないですし、何も考えたくないですよね?その原理なんです。

なので、身体が疲れていると感じている時は、無理してやる気を出すのは控えた方が良いでしょう。

疲れだけではなく、ストレスも一緒に溜まっている可能性もあるので、無理に頑張るのではなくストレスや身体の疲れを取るようなことでリフレッシュしましょう。

例えば、自分の趣味や好きなことを思う存分して、思い切り休む、そういうことができれば気持ちの発散はできるでしょうね。

むしろ、睡眠不足なんかで疲れているのであれば、長時間睡眠を取るのも良いでしょう。

日本では難しい風習かもしれませんが、疲れている時は休むのが一番です。

そうして、リフレッシュし身体の疲れが取れたのであれば、間違いなくやる気は出てくる事でしょう。

こういった時に無理してやる気を出すという行為は、古い考えの上司は好きでしょうが効率的ではありませんし、逆効果です。

抱えてる悩みが多い


やる気が出ないと感じる時、色々と悩みごとを抱えていませんか?

その悩みごとの数が多かったり、大きな悩みであればあるほど、やる気なんか出せないことでしょう。

悩みはその悩みを抱えている人のやる気や行動を消極的にしてしまいます。

悩みのレベルにもよります、ただ単のどうしようかなというような軽い悩みであれば問題はありませんが、

金銭問題や家族問題、夫婦間や子供の問題など、悩みが深刻であればあるほど、やる気が出なく何もしたくない気持ちになるでしょう。

特に中でも深刻な悩みといえば、金銭問題でしょうね。

借金の問題で悩み、何にも手に付かなくて、やる気が全く出ないという人は多い事でしょう。

借金があってその額が大きければ大きい程気持ちは追い詰められますし、ましては家族に内緒で借金をしている人も多い事でしょう。

そんな場合は、確実にやる気は出ないといって間違いありません。

また、他にも夫婦間がうまくいっていない、離婚の話しを切り出されていたりパートナーの浮気などなど、深刻な悩みを挙げればきりがありませんよね。

何から手を付けていいかわからなくなる

悩みが多いということは、それだけ問題を抱えているという事になります。

自分に降りかかっている問題ですから、一つ一つ解決していかなくてはいけませんよね?

その問題が多ければ多い程、何から手を付けて良いかわからなくなってしまいます。

もちろんポジティブで前向きな悩みなら問題ありません。

そのような悩みであれば、むしろやる気がどんどん出てくる事でしょう。

しかし、ネガティブな悩みであれば、意識がその悩みにしかいかなくなりますし、そのことしか考えられなくなり、やる気を出すのは非常に難しい事でしょう。

そうなってしまった場合は、大変ですが問題をひとつひとつクリアしていくしか方法はありません。

何から手を付けて良いかわからない気持ちもわかりますが、とにかくひとつひとつの悩みを確実に解決へと導いていくのが理想となります。

悩みは誰しもが抱えていることで、その悩みを乗り越えることができればまたやる気は復活するはずです。

また、その悩みが大きく深刻な悩みであれば、その悩みの問題を解決できた場合、自分の自信にも繋がることでしょう。

将来が見えていない


自分の将来が見えていない、しっかりとした道筋が見えていない場合やる気が出るはずもありません。

要するに、自分が何をやりたいのか夢や目標が定まっていないということですね。

自分のやりたい事が見つからない場合は、本当に気持ち的に不安にもなりますし、どうして良いのかも迷ってしまうことも多いでしょう。

そんな時は、ひたすら自分の道を模索するしか方法はありません。

ただ見ている世界が狭すぎるのも原因でしょう。

必ずあなたのやりたい事や、夢や目標、将来はこのような道に進んでいきたいということは見つかります。

それを本気で探そうとしているかしていないかの違いです。

どんな小さな目標でも夢でも構いません。

まずは、その自分が進むべき道を探しましょう。

色々な本を読んで、多くの人の体験や経験を勉強し学ぶのも良い方法でしょう。

あなたのように、将来が見えなくてやる気が出ないという人は山ほどいます。

また、そのような状態からやる気を復活させ、成功を収めている人も多くいます。

焦る必要はありませんが、自分の将来については、もっと真剣に考えてみる必要はあるのかもしれませんね。

今のまま続けてて良いのか不安…

よく、今の会社を続けていく不安は、自分は今の生活を続けて大丈夫なのかと焦ってしまいやる気が出ないパターンもあります。

会社の業績だったり、自分の生活に迷いが生じている場合は、このような状態になっていることは多いでしょう。

では、このような場合特に会社に対して迷っていたり不安をよぎらせているのであれば、迷うことはありません。

今の会社以上の会社があるのであれば、そちらに移ってしまうのも良い方法でしょう。

会社に対して恩義を感じていたり、お世話になっている場合であれば、非常に悩みごとではありますが、もちろんそのように恩義に感じるのは大切なことです。

しかし、それを決めるのは自分自身ですし、あなたの人生なので自分で決める事ができる権利があるでしょう。

また、そのように転職ができるような場所が見つからないのであれば、とにかく自分の目の前にあることを必死で精いっぱいこなしていくのが良いでしょう。

正直、あれこれ悩んだりしている時間は非常にムダな時間であるときづくべきでしょう。

そうやって必死で頑張る事によって、違う景色が見えてくる場合もあります。

将来のことなんか誰もわからないことです。

そんな誰もがわからないことに対して悩んでいる時間はもったいないと感じませんか?

ブドウ糖不足


やる気を引き出す栄養素としてブドウ糖は欠かせない栄養素の一つとなります。

そのブドウ糖が不足していてやる気がでないことは多い事でしょう。

このような場合は、ブドウ糖の含んでいる食品を食べる事は非常に効果的な方法となります。

ご飯には多くのブドウ糖が含まれているので、何かやる気が出ないなと感じた場合は、ご飯を食べてみるのも良いかもしれませんね。

ブドウ糖を摂取すれば、脳の働きが活性化される期待を持てます。

脳が活性化すれば、体も気持ちも元気になることでしょう。

元気があれば何でもできる、とアントニオ猪木さんがいいますが、これはあながち嘘じゃない。

元気さえあれば、そこそこの問題はクリアできます。

ただのから元気ではなく、本気の元気であれば、大抵のことは問題になりません。

ブドウ糖とは

ブドウ糖とは単糖類で果糖、ガラクトースの一種です。

飲料水や栄養補助食品などにも含まれています。

飲料水を飲んだ時に甘みを感じませんか?あれがブドウ糖になります。

やる気スイッチを入れる方法


それでは、やる気が出ない原因が判明したところで、今度は具体的にやる気スイッチを入れる方法を紹介していきます。

このやる気スイッチを入れる方法を知り、それがうまくはまれば簡単にやる気スイッチは入れることができます。

やる気は誰しもに宿っているものです。

そのやる気をうまく引き出す方法さえ知っておけば、自分のやる気をコントロールするくらいはいとも簡単なことともいえるでしょう。

ただみなさんは、そのやる気スイッチの入れかたを知らないだけなんです。

もちろん、無理やりやる気を出すなんていう精神論ではありません。

身体と気持ちは合致しています。

なので身体や脳の良いことをすれば、必然的にやる気は上昇してきましょう。

やる気が出る時ってどんな時ですか?そのようなことを想像しながら読み進めていって下さいね。

1.適度な運動


適度な運動をすることが、やる気に繋がります。

簡単な方法で、ただ運動することがやる気スイッチのひとつとなります。

あなたの得意とする運動でも良いでしょう。

まずは適度に体を動かすことが大切なんですね。

思い当たる運動といえば、ジョギングやウォーキング、ストレッチなどでしょうか?別に本格的にやる必要はないですし、あえて苦手な運動をことはありません。

体を動かす事ができれば何でも良いですね。

水泳なんかは非常におすすめで、そこまで体に不可は掛かりませんし、運動が苦手な人でもプールに行ってプールの中を歩いているだけで良いです。

それもれっきとした運動になりますし、適度な運動という分野においては問題ないでしょう。

あなたの趣味が運動であるのであれば理想ですね。

しかし、そんな人は元からやる気が出ないなんてことはないのかもしれません。

運動は脳を活性化!

運動する事には多くのメリットがあります。

ストレスが溜まっているのであれば、大きなストレスの解消にもなりますし、運動は疲れてしまうと思いがちですが、気持ちの疲れを取る作用があるんですね。

また、脳を活性化させる働きもあるため、やる気が出ないと感じている時の脳をリフレッシュさせることも可能なんです。

あなたの好きな運動や、得意な運動、または運動が苦手な方でも「この運動ならできるかな?」と思えるようなことをしてみましょう。