私たちが生きている何気ない時の流れの中で、世の中で流行っている事や考え方などは常に大きく変わっていっています。

例えば、流行という事を考えてみても、今と昔であればかなり大きな違いがありますよね。

少し前までは携帯電話などは持っていなかった時代でしたが、いつの間にか携帯電話を持って当たり前になり、今の時代ではスマートフォンというとても便利な商品が存在して当たり前になっていますので、スマートフォンがない状況なんて考えられないですよね。

それ以外にも、流行りという事に着目してみても、例えば昔流行ったものをご紹介するようなテレビ番組などを見てみても、ファッションも大きく変わっています。

昔の自分の写真を見てみても、よくこんな格好をしていたな、と思ったりすることもあると思います。

当時は流行っていて格好良かったのに、ちょっと時間が経てばいつの間にか廃れて、格好悪い事に後から気づいてしまったという事は誰でも経験があると思います。

また、温暖化などの影響で昔に比べてもっと地球の環境に配慮した生活を行うべきだという事で、エコの思考なども広く取り入れられていると思います。

例えば、エアコンの温度などもかなりうるさく言われるようになっていると思います。

たくさんの方は関心を持ち始めた事で、よりたくさんの人が気を付ける事によってさらに地球に負担がかからないようにすることが出来る素晴らしい思考だと思います。

さて、今回はそんな皆さんが関心があるエコという事をテーマにして、エコを行うのであれば気を付けたい身の回りでエコ化できる事についてご紹介していきます。

️エコ、始めてみませんか?

エコを行っている人は、今現在もたくさんの人がいると思います。

昔はそこまで意識していなかった人も多かったですが、やたらとエコに関する事を様々な場所で見聞きするようになりました。

例えば、会社で夏の時期にエアコンの温度をエコを目的として、設定温度が低くならないように、ある程度温度を決めたり、それ以下に下げられないようにする会社もとても多くなりました。

ついつい暑い夏の場合は、外から汗だくで帰ってきて、すぐにエアコンを付けてその勢いで24度とかにしてしまっている人もいたかもしれませんが、会社などで注意するようになってから、自然と28度にするなどの意識が芽生えだしたりしている人は多いと思います。

エコを行って目に見える効果がすぐに出るわけではないので、なかなかエコを実感しにくいかもしれませんが、たくさんの人が気を付ける事でより大きな効果を得ることが出来ます。

一人でも多くの人がエコに関して気を付けて行動すれば、それだけで多くの場所で環境問題が深刻にならなくて済みます。

とても素晴らしい思想ですし、私たちが住んでいる場所をより良くしていくには私たちの行動がとても大切であるという事です。

まだエコを意識していない方はこの機会にエコに対する考え方や、エコ化できるような事を身に着けて頂きたいと思います。

️エコな生活のメリット


昔と比べて今の時代はたくさんの方がエコについて気を使っていると思いますが、具体的にエコを意識することによってどの様なメリットがあるのかということについて完全に把握している人は少ないと思います。

なんとなく仕事場でエコを目的として設定温度を上げたりすることが習慣づいて、それが自宅でも用いられているだけで具体的にどのような目的をもってエコを意識するのかというところまでは理解していない方が多いと思います。

なぜエコを意識することによって環境が良くなっていくのかということを完全に把握しておかなければそもそもエコを行う意味が理解できないと思います。

訳が分からなくても意識している方はたくさんいると思いますが、理由を把握することによってさらによりたくさんの人が横についての関心を芽生えさせてくれる機会に繋がると思いますので、この機会にエコな生活を送るメリットについて簡単にご紹介していきたいと思います。

環境に優しい

まずは初めにご紹介する、エコな生活を送るメリットの1つとしては環境に優しいという事です。

これはまるまるそのままの意味だと思いますが、当然ながらエコな生活をするメリットとしては環境に優しいからという理由が最も広く認知され、広く当てはまっている理由です。

名前のままですが、そもそもエコという言葉自体がエコロジーという言葉からきており、エコロジーとは生態学という意味で普段の生活や環境学との関係つまり環境に良いという意味に繋がっていますので、まるまるそのままの意味合いとして捉えることができます。

私たちが考えられる身近なことと言えば、例えばゴミを捨てる時にも燃えるゴミと燃えないゴミと分別して捨てていると思いますが、この行動自体も単純にエコのひとつとして考えることができます。

今の若い方であれば燃えるゴミと燃えないゴミを分けるのは当然と考えている方も多いと思いますが、少し前までは燃えるゴミ燃えないごみも一緒にまとめてゴミとして捨てていた時代がありました。

まだあまりたくさんの人がエコという概念を持つ前だったのでしょうがない事ですが、この時代を知っている人からすれば今はずいぶん様々なものがエコを中心に広がっているなぁ、と感じるようになると思います。

また、コンビニなどで販売されているようなペットボトルがあると思いますが、いろはすなどのお茶のペットボトルが丸めてつぶせるくらいの強度や素材になっていると思います。

あれも考えてみればエコの一つです。

昔は丸めてつぶせるようなものではなく、もっと固い素材でつぶせないようなものばかりでした。

こうして考えるとたくさんの事がエコを意識していると判断できます。

節約できる


次にご紹介するエコな生活を送るメリットの一つとしては節約することに繋がるということです。

エコという言葉を考えた時にその一つの行動として再利用するという意味も持っています。

再利用するといえば、例えば先ほどご紹介したコンビニで販売されているペットボトルや燃えないゴミ等に関しては再利用することが出来るので、分別したり、わざと素材を変更して用いられいます。

もしも再利用できなかったら、消費する分だけ新しい素材が必要になりますが、再利用できるならば使った方がコストも削減できますし、環境にも優しいのは明白です。

結果的に再利用する事によって節約にも繋がります。

これは家庭の中でもそうですが、例えば、米のとぎ汁などもそのまま捨てるのではなく、花に水を上げる時に代わりにとぎ汁をあげたりする細かい工夫ですが、そのような事を積み重ねていけば、水道代がかなり安くなったり、お風呂の水をなみなみではなく、半身浴程度に減らしていくといった工夫をすれば劇的に家庭内でも節約が出来ます。

今では個人も、企業もエコを意識した活動や行動を行っているので、よりたくさんの人が地球に対して優しい行動を行ったり、節約に対しての関心が高まっていると考えることが出来ます。

シンプルな暮らし

次にご紹介するエコな生活を送るメリットとしてはシンプルな暮らしができるということに繋がります。

なぜエコな生活を送ることによってシンプルな暮らしができるかと言いますとまずエコな生活を送ることによってその分商品するものを減らすことができるので節約ができそして商品するものが減る事によって、よりエコを意識する前よりもシンプルな生活が出来るようになるという事です。

無駄な物を必要としないような生活スタイルや意識に近づけることが出来ますので、無駄な物を購入したり、使用したりしなくなります。

エコの意識を持つ事によって、様々な面においてもその知識や経験を役立てる機会が多くなります。

例えば、エコを意識する事によって普段購入していたような無駄な物を購入しなくなります。

前まではスーパーに買い物に行ったら毎回スーパーから袋をもらってきて、すぐ使わずにゴミとして出していた人がエコを意識する様になってからは、マイバッグを持って買い物に行くようになって本来であれば利用していた袋を一切使わなくなったということも一つのエコとして考えることができます。

そのようにして無駄なものが排出しないような生活を心がけることができればそれを心がけた人間本来無くなるはずであった袋が残り続ける事になります。

本当に袋を欲しいと思っている方の手元にも袋がいきわたるようになるので、たくさんの人が気を付ければよりたくさんの結果が得られるという事なので、だからこそ一人でも多くの人がエコを意識する必要があるという事です。

️身の回りのエコ化すべき4個のこと

ここまではエコな生活を送ることによって得られるメリットをご紹介していきましたが、ここからは具体的に身の回りで行えるエコ化するべきことについてご紹介していきます。

エコを行うべき理由を理解したところで、必然的にエコを行うことがとても大切であるということが把握いただけたと思います。

エコの重要性を知ったところで具体的にどういう場面でエコができるのだろうか、という事をある程度把握しておかなければ結局意味がありませんので、具体的にどういう場面でエコな行動が出来るかという事を知っておく必要があります。

今までエコという事にかなり気を使ってきている方であればある程度分かると思いますが、中にはこれからはエコを気を付けていきたい、という方もいると思いますので、そのような方にはこれからご紹介するエコ化できる事から少しずつ意識を高めて行っていただきたいと思います。

エアコン

まず初めにご紹介する身の回りのエコ化すべき事としてはエアコン関係です。

エアコンについては冒頭から何度かご紹介してきたと思いますが一番エコで簡単に気をつけられる方法です。

そもそもエアコンを使う時期として考える時に一般的には夏と冬に使う場合が多いと思います。

日本は四季が豊かな国でもありますので夏になれば当然今までよりも一番温度が上がる時期になりますので暑くなることで冷房を使う機会が一番多くなりまし、冬になれば一番温度が低くなる時期になりますので寒くなることで暖房を使う機会が一番多くなると思います。

なので必然的にエアコンを利用することで快適に過ごすことができますのでたくさんの方が当たり前の様にエアコンを使っていると思います。

しかしながらエアコンを使いすぎることによって様々な環境問題に発展しまう可能性がありますのでエアコンを使う時には注意をすることが必要です。

会社なのでも積極的に気を付けられている企業はたくさんありますので今でこそある程度たくさんの方がエアコンについてはこの意識を持っている方が多いと思います。

しかしながら改めてエコの必要性、そして具体的なエコ化の方法についてもご紹介しますので、復習するような気持ちで普段自分がどのように使っているのかを振り返りながら見てみてくださいね。

設定温度の変更

エアコンを動かすべき方法の一つとしては設定温度の変更をすることです。

先ほどご紹介したように温度が上がれば快適な温度にしようと温度を下げる冷房をつけますし、温度が下がれば快適な温度にしようと温度を上げる暖房をつけると思います。

クーラーを利用する時には自分が希望する温度を設定してその温度に比例した風がエアコンから出る様になっているのですがその温度を外の気温と著しく差ができるようにしてしまうとそれだけ大きな負担がかかってしまいます。

電気代を節約しようと考えた事がある人は分かると思いますが、外が27度でエアコン設定が26度の場合と、23度の場合では当然外気との差が大きい23度の方が大きい負担がかかります。

そもそもエアコンは物質の状態変化を利用した仕組みを応用しており物質はねしたり冷やしたりすることで固体液体気体の状態を変えていきます。

そして液体から気体に変わる蒸発の場合は周りの熱を奪っていきますし、逆に気体が液体になる凝縮されるときには周りに熱を発生させます。

とても簡単にお伝えするとこのような状態変化の原理がエアコンに利用されています。

具体的には部屋の壁や天井に取り付けられている室内機とベランダに設置されている室外機、この二つをつないでいるのが冷媒管で冷媒管には冷媒と呼ばれるガスが入っていて、それぞれの間を循環しており冷媒の役目は空気の中にある熱を運ぶことで状況によって熱い熱を外に出したり内に出したりする事で温度の変化を作っています。

なので、当然大きなエネルギ-(温度差)を生み出す時には大きな負荷がかかるという事です。

なので、節約する際にはなるべく外気の温度と差が出ないようにする必要があります。