学生の頃の社会人のイメージは「いつでもつまらない毎日を過ごしている」というようなものなのではないでしょうか。

会社に行って、代り映えのない毎日を過ごすことになるというような印象を持っている人もいるかもしれません。

ですが、実際に、毎日変わり映えのないルーチンワークをこなすのが社会人というわけではないのです。

むしろ、いつも同じような毎日を送ることができたら楽なのに、と思っている方もいるかもしれません。

 社会人がのがれることができないのが「繁忙期」です。

仕事をしていると、誰にでもあるのではないでしょうか。

繁忙期の時期になると、どうしても仕事が忙しすぎて、普段はできていることができなくなってしまうこともありますし、仕事で頭の中がいっぱいになってしまうでしょう。

毎年、繁忙期になると分かっている時期の少し前くらいには、その忙しさを考えて憂鬱になるということもあるかもしれません。

社会人は、繁忙期と普通の時期を繰り返すことで一年を過ごしているのです。

 個の繁忙期は他の仕事をしている人には関係ないように思えるかもしれませんが、色々な人の生活を深くかかわってきています。

ここでは、繁忙期の時期や、繁忙期に人や会社がどんな状況になってしまうのかということについてご紹介します。

社会人なら共感していただくことができますし、学生なら社会人の繁忙期について興味がある方もいるでしょう。

詳しく見てみることにしましょう。

繁忙期とは?

 繁忙期とはそもそもどのようなものなのでしょうか。

社会人にとっては、聞くだけでうんざりしてしまうというようなこともあるかもしれませんが、学生にとっては聞きなれない言葉ですよね、まずは繁忙期というのがどのよなものなのか見てみることにしましょう。

仕事の業務が忙しくなる時期


 繁忙期とは、仕事の業務が忙しくなってしまう時期のことを言います。

仕事には波があり、毎日同じことをして、変わらない毎日を過ごすというわけではないのです。

確かに業務自体に大きな違いはないかもしれませんが、特に波が高くなっているときのことを繁忙期と言って、ここが会社にとってのチャンスであり、大切な要となる時期でもあります。

なぜなら、繁忙期に忙しいと思えるほどに仕事がなければ、全くもう買っていないということになるからです。

繁忙期は忙しいくらいが会社にとってはちょうど良いのです。

ですが、仕事をしている社会人にとっては、とても大変な時期でしょう。

体力も精神力も使ってしまい、死にそうな思いをしながら仕事に取り組む時期だと言えるのではないでしょうか。

対義語は閑散期

 繁忙期という言葉の反対の言葉は閑散期と言います。

字からも、あまり忙しい時期ではないということが分かりますね。

これが社会人にとって「変わらない毎日」に入るのではないでしょうか。

繁忙期と閑散期が合って、これらが波のように繰り返し訪れてくるのが社会人の年間スケジュールとなっていることが多いはずです。

はっきりと閑散期、はっきりと繁忙期分かれているわけではなく、緩やかに繁忙期と閑散期が波のようにつながっているはずです。

最も、それらが祝日などと重なっているような場合には、繁忙期と閑散期の波の落差がとても激しいということもあるかもしれませんね。

繁忙期と閑散期の波の高さの差があまりなければ、それほど繁忙期でも目立ちません。

ですが、落差が大きい場合には、はっきりと繁忙期の社会人だと分かるくらいに疲れている人が多いはずです。

繁忙期によくある例

 繁忙期にはいったいどのようなことが起こるのでしょうか。

繁忙期の社会人や会社の中はどのようなものになっているのでしょうか。

社会人で繁忙期に大変な思いをしている方なら、何となく想像をすることができるでしょう。

ですが、学生にとっては繁忙期というのは想像するのも難しいもののはずです。

ただし、繁忙期というものが、会社に行っていない立場にも関係していることがあるでしょう。

繁忙期が、会社や個人、そして社会に対してどんな影響を及ぼすのかということについて見てみることにしましょう。

働く立場


 まずは、繁忙期の「あるある」を働く立場から見てみることにしましょう。

繁忙期の忙しさは働く側になってみるととても大変なものです。

そう簡単に忙しさから解放されることがないからです。

だからと言って、繁忙期を無視するわけにもいかないので大変ですよね。

働く立場から見ると、繁忙期というのはどのような時期のことを言うのでしょうか。

1.休みが取れない

 働く立場で繁忙期のことを考えてみると、まず第一に思いつくのは、休みが取れないと言ことなのではないでしょうか。

休みを取ろうとすると非常識扱いされてしまうこともあるでしょうし、そんな時期に有給休暇を申請しようという気になる人はいないでしょうね。

また、有給休暇どころか、そもそも土日でさえも休むことができないということもよくあるでしょう。

普段なら休むことができるよう休日であっても、休みが取れなくなってしまうのです。

それだけやっても、かなり積み重なった仕事が終わらないということがあるのです。

休みが取れなければ、体力がだんだんとなくなってしまいますよね。

休む余裕がない

 休みが取れないというよりは、そもそも休む余裕がないということも言えるかもしれません。

休もうと思ったとしても、色々な仕事が積み重なって終わっていないので、休むことができないのです。

休む余裕がなければ、休めるはずもないですよね。

休もうと思っても、仕事のことが頭から離れないということもあるでしょう。

独身でだいぶ無茶をできるような若さの内には、徹夜をするということも珍しくありませんし、繁忙期がかなりはっきりした業種についている人の場合には会社に泊まり込みということもあるでしょう。

仮定を持っている人の場合には、仕事を持ち帰るようなこともあるかもしれません。

とにかく、繁忙期の人は精神的にも肉体的にも、なかなか休むことができないのです。

2.冷静な判断がしづらくなる

 繁忙期には冷静な判断をしづらくなるということも言えるでしょう。

繁忙期の人間に何かを判断するように求めると、相当に気を付けていない限りは、判断ミスをしてしまう可能性も高くなっているでしょう。

冷静な判断をするためには、きちんと頭を回していることが大切ですが、繁忙期に入っている社会人は、いつもより頭の回転のキレが落ちていることが多いでしょう。

繁忙期には仕事が大変な時期になっているので、それも仕方ありません。

ですが、繁忙期にミスをしてしまうと、それは重大な損失に繋がっているはずです。

そのために、かなり無理をして神経をとがらせている人が多いのではないでしょうか。

その代わりに、疲れのために、自分のプライベートではミスをすることが多くなってしまうかもしれませんね。

心の余裕がなくなってしまう

 冷静な判断をできなくなってしまうのは、心の余裕がなくなってしまうからです。

心の余裕は疲れているときには、そう簡単に取り戻せるものではありません。

特に、しなければいけないことが多すぎて忙殺されているときには、自分のこともきちんと考えられるか分からない程に、何も見えていない状態になっているかもしれません。

仕事のことばかりを考えているので、精神的な余裕がなくなってしまい、視野が狭くなるのです。

自分のことも考えられないほどの疲れの場合には、周囲をきちんと見るような心の余裕がなくなります。

客観的な視点などを持つような余裕はもちろんありませんから、冷静な判断を下せるはずがありませんよね。

3.社内の空気がピリピリする

 敏感な人は社内の空気がピリピリしているのを感じるかもしれませんね。

繁忙期の会社の中には、疲れている人間がたくさん集まっていますよね。

皆が皆、ギリギリのところで倒れずに仕事をしているということもあるでしょう。

疲れ切って、すぐに目を閉じれば寝れるというくらいの人もいるはずです。

人間はそういった極限状態に追い込まれると、とてもピリピリしてくるものです。

神経が尖ってしまうのです。

神経が尖ってピリピリしているような状態では、些細なことでイライラしてしまうでしょう。

そのために、社内の空気がピリピリして、誰もが心の中に爆弾を抱えたような状態になってしまいます。

いつもより怒っている声も多くなりますし、ちょっと突くだけで爆発しそうな状態になっている人もよく見かけるでしょう。

社内全体がそうなっているので、居心地が悪い人も多いでしょう。

疲れが溜まる

 社内の空気がピリピリしていると、余計いつ彼が溜まるのではないでしょうか。

特に、上司がかなりピリピリしているようなタイプの人では、爆発させないように気を付けていなければいけなくなります。

自分も疲れているのに、人のことまできちんと気を遣わなければいけないというのは、かなり疲れがたまりますよね。

ピリピリしている雰囲気の中で気まずさを感じていると、その雰囲気の中にいるだけで疲れてどうしようもなくなるはずです。

人間関係もピリピリしますから、同僚ともトラブルを起こさないようにしていなければいけません。

こういったことまで原因となるので、あまり重大な仕事をしているわけでもないような下っ端の社員まで、繁忙期が終わるころには疲れ切っているでしょう。

4.社員の士気が上がる

 これまでは、繁忙期のネガティブな内容についてご紹介してきました。

ですが、実は、働く立場から見てみても、繁忙期がポジティブな効果をもたらすことがあります。

それは、社員の士気です。

勤めている社員にとってみれば、繁忙期に忙しくなることは、もう既に習慣となって分かっていることでしょう。

だからこそ、繁忙期の前には、社員の士気が高まるのです。

「やってやろうじゃないか」というような強気で繁忙期に向かっていく人が多くなるでしょう。

忙しくなるということを分かっているのなら、最初から負けてはいけないということで、思いきり死期を上げようとする人が多くなるのです。

そうでもなければ、精神的にも疲れ切って負けてしまうからです。

その時期には士気を高めている人が多くなって、会社全体が一体化しているようなムードを感じる人も多いのではないでしょうか。

逆にやる気が上がる

 忙しいことが分かっていると、逆に人間はやる気が上がります。

いわゆる武者震いをするような状態になっているということですね。

このやる気がいつまでも続くというわけではないですが、繁忙期の後半くらいになってくると、またやる気とテンションが上がる時期が訪れます。

今度訪れてくるのは武者震いではなくてランナーズハイですね。

あまり辛いので、それを脳が楽しいと解釈してしまうようになるのです。

この時期には、疲れているはずなのになぜか仕事を楽しいと思うようになりますし、仕事に対するやる気もみなぎっているでしょう。

あまり疲れを感じないようになっている状態かもしれません。

客としての立場

 次に、客の立場として繁忙期を見てみることにしましょう。

繁忙期は人の出入りと深く関係していますから、客の立場から見てみると、繁忙期の大変さを深く齧ることになるでしょう。

客の立場から見てみると、繁忙期というのはどのような特徴を持った時期になるのでしょうか。

5.普段より値段が高い

 客の立場から繁忙期を見てみると、普段より値段が高いということに気づくのではないでしょうか。

色々なものが高価になってしまい、買い物の時に辟易とすることがあるでしょう。

ただのスーパーマーケットであったとしても、値段が高くなって大変でしょう。

これは繁忙期に会社の方が強気になるからです。

繁忙期には人がたくさん集まっているので、物が不足がちになります。

多少高い値段でもみんながかってくれるでしょう。

そう言ったことから、少しでも高めに設定しようとしているのです。

客の心理をしっかりと分かっているということですね。

大型連休など

 大型連休などには、普段よりもものが高くて大変な思いをしている人が多いでしょう。

大型と連休というと、たとえばゴールデンウィークや、盆休みですね。

また正月もそうでしょう。

正月の値段の高さは、想像するのも嫌になるくらいだという人が多いのではないでしょうか。

大型連休に色々なものが高くなるのは、上述の通り、強気な企業が多いからです。

また、親戚などが集まってきて、普段よりもものを必要とする家庭が多いからなのです。

そして、ご馳走を作るということも分かっていますから、多少年だを吹っかけても良いものが欲しいという人が多くなるでしょう。

これらの高価な値段を見ていると、悲鳴を上げそうになりながらも、だからと言って何も買わないわけにはいかずに買ってしまうという消費者が多いのです。

普段は、消費者の態度を窺っている企業が多くても、繁忙期で大型連休の時には消費者に対して強気に出ることができるというわけですね。

6.待ち時間が長い

 すべての待ち時間が長くなるとうのも、繁忙期に客の立場の人は考えているのではないでしょうか。

待ち時間としては、例えばレストランなどを考えることができるでしょう。

繁忙期のレストランのディナーなどは、どれだけ待たされるかということを考えると、かなり嫌な気分になってくるのではないでしょうか。

最も、繁忙期のレストランなどの場合には予約をしなければ入ることさえもできないということが多いでしょう。

お店が繁忙期の時は客が多い

 待ち時間があまりに長くて嫌になる人も少なくないですが、だからと言っていつまでも待ち時間が減ることがないのは、それでも待つ人がいるからです。

繁忙期には多くの人が集まっています。

当然、店にも人が集まるでしょう。

消費者の立場としても、かなり待つということが分かっていながら、それでもそこに行くことをやめられないのです。

そこに行く必要があるからです。

必要というものは大切なもので、待ち時間にうんざりしていながらも、繁忙期の店には向かうのです。

外出しているときなどは、行かなければ必要なものが手に入れられないのですから、仕方ありませんよね。

店としてはそうした繁忙期に人が集まらなければ困りますから、待ち時間が長いことに対してもあまり対策はしないでしょう。

ただ、あまり待たせることもできないので、予約を取ることを勧めることしかできないのではないでしょうか。

7.旅行などの計画が立てづらい

 繁忙期を客の田立場から考えてみると、旅行などの計画が立てづらいという特徴もありますね。

旅行などの計画を立てるにしても、どれくらい混んでいるかの予測を立てることができないのです。

どれくらい混んでいるかが分からなければ、どこに行って良いかも分からないでしょう。

客の立場からしてみれば、できる限り混んでいないようなところに行きたいと思っていても、繁忙期なのでどこも混んでいるように思われる、でも休みはここしかないしどうしようと言ったところでしょうか。

折角の休みなのに、なかなか計画が立てられなければ、楽しむこともできませんよね。

宿や観光など予定が立たない

 宿や観光などの予定が立たないというのは、繁忙期の客にとっての悩みの種になるでしょう。

とても混んでいる時期なので、自分の望んでいるような場所に宿を取ることができるかが分からないのです。

旅行会社に頼んでみても「本当に取れるか分からない」と言われることもあるのではないでしょうか。

また、観光地を混んでいない時期に廻ろうと思っていても、繁忙期にはどこも混んでいそうだということも簡単に予想がつくでしょう。

観光地を巡るのにどれくらいの時間がかかるのかが分かっていないので、一日に回ることができる観光地の数の予測がつきません。

そのため、旅行の計画を立てようと思っても、その計画をきちんと全て終えることができるかどうかが予測できないのです。

これは、旅行の計画を立てる上ではとても面倒くさい問題になってしまいますよね。

8.人混みが多い

 人混みが多いというのも繁忙期の特徴です。

普段は会社に行っているような人も休みを取っているのですから、街には普段以上に人が溢れていることになります。

そのため、街に出ていくと、どこでも人ごみに遭遇することになるでしょう。

普段はあまり混むことのないような沿線でも混んでいるかもしれません。

人ごみの密度としても、普段の休日よりもずっと密度が高いのではないでしょうか。

そのため、繁忙期に外に出るのが嫌になってしまう戯消費者の方も多いかもしれませんね。

普段の休日なら、混んでいなさそうなところを探すこともできますが、繁忙期にはそういったこともできなくなってしまうのです。

人混みが苦手な人は苦痛になるかも

 人混みが苦手だと感じている人は、とても苦痛に思えてしまうのではないでしょうか。

特に、都会に暮らしている人では、耐えられないほどの人に見えるでしょう。

い中であったとしても、やはり普段よりはずっと人が多くなります。

いつもと比較してみるので、どこに行ったとしても人ごみに遭遇する状態になるでしょう。

普段は田舎に住んでいるという人が、繁忙期を利用して東京などの都会に行こうと計画している人は、かなりの人に大変な思いをすることは間違いありません。

人酔いしてしまうこともあるはずです。

予想しているよりずっと多い人がいるので、うんざりして返りたくなってしまうことも多いでしょう。

実際に、旅行や買い物に行くのなら繁忙期を避けようとしてしまう人もいます。

繁忙期というのは、お店にとっても客にとっても大変な時期だということですね。

人混みを避けようとして、繁忙期の休みを少しずらして取っている人もいます。

9.安売りなどが多い

 ものが高くなるのと反対に、安売りが多くなるという特徴もありますね。

高いものはさらに高くなりますが。

安売りを全くしないというわけではありません。

むしろセールのような売り方をするということもあるでしょう。

安売りは何に対しても行うわけではありません。

高いものは高いままであることが多く、さらに高くなってしまうことも多いですね。

一方で、少しでも多く打った方が儲けが出ると感じたものに関しては、安売りをするのです。

たくさん安く仕入れて、大量に売り出すのです。

それでも商売が成り立っているのは、人が集まる繁忙期だからこそでしょう。

売れるという確信があるからこそ、そういった売り方をしているのです。

また、安売りをして人を集めることで、その客にさらに買い物をさせて高いものさえも売ってしまうという作戦を立てているところもあるのではないでしょうか。

高いものが高くなって言う一方で、安売りをしているのが不思議に思われるかもしれませんが、全ては商売なのです。

お店側は掻き入れどき

 繁忙期は、一般人にとっては、人のたくさん集まるお金の出ていく時期かもしれません。

お金が出て行って、大変な思いをすることもあるでしょう。

ですが、それは逆に言えば、お店側にとって掻きいれ時だということです。

お店は、その時期にきちんとお金を稼がなければ、儲けを出すことができません。

その時期の売り上げが年間の売り上げを左右することだってありますから、しっかりと稼がなければいけないと思っているでしょう。

そのため、繁忙期には売るためのたくさんの策略を考えています。

安売りや、高価なものの値を吊り上げているのは、全てそのためです。

少しでも店が利益を出すように、強気で商売に掛かっていると考えることができるでしょう。

繁忙期は業種毎に違う!?

 繁忙期というものが存在する会社は多いかもしれませんが、この時期であると確定しているわけではありませんし、外から見ても繁忙期というものが分からない会社が存在しているのも確かです。

繁忙期が全くないということはありませんが、それによって異なることは確かでしょう。

繁忙期は業種ごとにどれくらい違うのでしょうか。

またとても繁忙期が大変な業種にはどのようなものがあるでしょうか。

繁忙期の「個人差」とでもいうべき、業種によって異なる繁忙期の在り方についてご説明します。

繁忙期が分かりやすい業種とは?

 繁忙期は業種によっても時期が全く異なります。

繁忙期が分かりやすい職業は、国民の休日などと、その商売の忙しさが被っている場合が多いですね。

人の出入りが直接的に業種の職務と関わっている場合、祝日になると人が暇になるのでレジャーなどに乗り出すことになります。

これによって、それらにかかわる職業の人が繁忙期となるのです。

休日や祝日と言ったものが小さな波となって訪れることが多いですが、例えば学生の長期休暇、盆暮れ正月には繁忙期になっていることが多いですね。

逆に、人が忙しくなっているような時期には、閑散期になっていることが多いはずです。

飲食店やレジャー施設など

 飲食店やレジャー施設などは、人の出入りと直接かかわりがありますよね。

観光地にある飲食店などは特に、人の旅行が多くなる夏などには繁忙期と言えるのではないでしょうか。

逆に、人があまり出入りのない時期には閑散期になって、それほど忙しい状態にはならなくなるでしょう。

レジャー施設も同じです。

レジャー施設の場合には、常に忙しくなっているものですが、やはり繁忙期には人が多くなりすぎるということが多いでしょう。

繁忙期と閑散期の差が大きいと、しっかりと繁忙期が分かるようになるのです。

輸入関係

 輸入関係の仕事もかなり繁忙期がはっきりしているようですね。

これらは休日と関係があるわけではありませんが、為替レートと関係があります。

円安になっているときと円高になっている時では忙しさが違うのです。

その業者にとって有利になるレートのうちに取引をしなければいけませんから、いきなり繁忙期が訪れるということもあるでしょう。

これらの場合には、一度に色々な取引を終えようとするので、一気に忙しくなって繁忙期と普段の時期の差が大きくなります。

そのため、繁忙期がかなり分かりやすいですね。

この業種の場合には、いつだということがはっきり分かっているわけではないので、その分だけ繁忙期の忙しさも大変かもしれません。

事前に予測して覚悟しておくことができないので、精神的な疲れがたまってしまいそうですよね。

繁忙期が分かりにくい業種とは?

 繁忙期が分かりやすい業種があるのに対して、繁忙期が分かりにくい職業というのも確かにあります。

繁忙期が分かりにくい職業の場合には、常に一定くらいの忙しさになっているということですね。

これらは、あまり人の出入りと関係のない職業であることが多いはずです。

繁忙期と閑散期の差が少ないのです。

もちろん、これらの仕事であっても、全く人の流れと関係のない職業というのは難しいですから、どこかで繁忙期は生まれるはずです。

ただし、直接的にかかわっているわけではなく、間接的にかかわっているというだけで、随分と繁忙期の忙しさは違ってくるでしょう。

小売業、製造業など

 小売業や製造業などは、人の出入りが直接あるわけではないので、それほど繁忙期と関係がないように思われます。

もちろん、商品を売るようなスーパーマーケットや、飲食店やレジャー施設には繁忙期がありますから、それに伴って忙しい時期があることは事実でしょう。

ですが、直接的なかかわり方ではないというだけで、随分と違ってくるでしょう。

まとめ

 いかがでしたか?
 繁忙期というと、とても儲かる時期でありながら、中にいる人間にとっては死にそうな気になるものです。

繁忙期に生き生きしている人はそれほど多いわけではないのではないでしょうか。

学生でも、自分の親や兄弟の様子を見ていると、繁忙期がどれくらい大変であるのかが分かると思います。

その一方で、繁忙期はやる気がみなぎっている時期だと考えることもできるでしょう。

とても疲れてしまう時期であることには違いがないですが、その時期にきちんと儲けようという意識が生まれているのです。

会社が一体となって繁忙期の忙しさに立ち向かっているので、まるで学生のお祭り騒ぎのような大変さを感じている人もいるでしょう。

もちろん、そんなに楽しいものではないですが、繁忙期があってこそマンネリ化になることなく仕事ができているという側面もあるかもしれませんね。

また、「やり切った!」という意識のために働いている人もいるでしょう。

繁忙期はとても大変なものではありますが、全く嫌われているわけではないのかもしれませんね。

繁忙期の忙しさは業種によっても異なりますが、終わった後の打ち上げ程楽しいものはないでしょう。

繁忙期の社会人にはエールを送りたいですね。