都内には幅広い年齢層、通いたい時間帯、どれくらいの価格帯のところにしたいのか、等々人々のニーズに合わせた様々な種類のジムが揃っています。

東京でおすすめのジム8選

東京ならでは、色んな人の嗜好に合う、今最もおすすめのジムを8選ご紹介します。

1、LIVERTYHILL CLUB

LIVERTYHILL CLUBは、東京・自由が丘にある高級スポーツクラブです。

エントランスはホテルをイメージして作られているだけあってとってもゴージャス、欧風の優しいインテリアが会員を出迎えてくれます。

ヨガは「dojo」と呼ばれる和をイメージしたおしゃれな空間で行うなど、LIVERTYHILL CLUBならではのエクササイズが味わえる場所です。

洗礼されたスポーツクラブ


LIVERTYHILL CLUBは、まさに「洗礼されたスポーツクラブ」という言葉がぴったりで、こだわりの施設にはプライベートビーチをイメージしたプールが完備されています。

ここの天上は、時間の流れとともに色が変化するのがとても素敵、天上の色が変化するなんて他には中々ないシステムですよね。

またプールの水は独自の濾過システムを採用することにより、プール独特の塩素臭がありません。

その他にも、自宅のリビングルームをイメージしたラウンジや、高い天井でゆったりとしたジムなど、クラブ内はどこに行ってもリラックスできるようになっています。

屋上テニスコートを完備

会員になれば、ジム、プールで実施されるバラエティ豊かなフィットネスプログラムをはじめ、屋上に完備されたテニスコートではテニスを、他にもゴルフ、タッチスパ(コンディショニングサロン)、イベント、パーティーまで、様々なアクティビティを楽しむことができます。

更にラウンジでは美味しいお食事、チェンジングルームでは雑誌を、ゆったりとくつろぎながらの風呂やサウナ、ジャクジーまで、ありとあらゆるラグジュアリーなアイテムや空間が揃っています。

レギュラーメンバーになるには、入会費が216000円、年会費は259200円とかなりゴージャスな価格になっていますが、頑張って奮発しても行きたいくらい素敵なジムです。

基本情報

・店名:LIVERTYHILL CLUB
・住所:東京都目黒区八雲3-26-6
・電話番号:03-5731-5731
・URL:http://www.libertyhill.co.jp/

2、東急スポーツオアシス

東急スポーツオアシスは都心でも高級住宅街と呼ばれる青山にあるフィットネスクラブです。

「ここもやはり凄くお高いのか?」と思いましたが、通常のジムの価格とほぼ変わりはありません。

最寄り駅は東京メトロ 外苑前駅 3番出口 、東急スポーツオアシスはそこから徒歩4分の場所に立地しています。

シニアの健康管理に力を入れている

東急スポーツオアシスは、一人でも多くの人が健やかでいきいきとした生活が送れるように、60歳以上の人を対象に「健康づくりプログラム」を積極的に提供しています。

「パワトレ」というコースでは、立つ・歩くなどの機能が低下しないように筋力アップに取り組むプログラムがあったり、若い人のようにマシーンをやったりプールでガシガシと泳ぐだけでない、シニア向けのプログラムが豊富です。

器具とプログラムが豊富


マシーンフロアは天上が物凄く高いので、おしゃれな雰囲気はもちろんなんですが、広々とした空間の中でリラックスしながらトレーニングに励むことができます。

それぞれのマシーンの向きが絶妙な角度で会員同士、顔を合わせなくていいようにバランス良く配置されています。

プールは大きい・広いとはいえませんが、狭さを活かした設計になっていて、とても泳ぎやすい空間です。

基本情報

・店名:東急スポーツオアシス
・住所:東京都 港区北青山2-8-44 TEPIA B2F
・電話番号:03-5770-6109
・URL:http://www.sportsoasis.co.jp/fitness.html

3、ルネサンス

スポーツクラブ・ルネサンスは、他社を買収したり、譲渡などを積極的に行って店舗数を増やし、現在ではスポーツクラブ業界で第三位の地位まで上り詰めた、スポーツクラブ界のドンといえる存在です。

会員プランが細かく負担なく通える

ルネサンスは、その第三位のノウハウを活かして、会員プランを細かく設定しています。

会員になる人が負担なく通えるよう、期間限定のスターター会員(月会費5000円)を用意したり、マンスリーコーポレート会員、正会員、平日会員、月4会員、ナイト会員、ホリデー会員などなど、通いたい分だけを支払えるよう、細かく配慮されています。

休会制度で無駄払いしなくて良い

急に仕事が忙しくなったり、出張で海外に行かなければならなくなった時など、ジムに通えないのに会員費だけを支払わなければならない時って、凄く勿体無いと感じますよね。

ルネサンスなら、最長2ヵ月の間、ジムをお休みすることが可能です。

休会日は無料、手続き締切日は前月10日までになりますので、お間違いないようご注意下さい。

また会員種別によっては料金・休める期間等が違う場合がありますのでご注意下さい。

基本情報

・店名:ルネサンス
・住所:東京都墨田区両国2-10-14
・電話番号:03-5600-5400
・URL:http://www.s-re.jp/club/

4、スポーツスパ・アスリエ

スポーツスパ・アスリエは、株式会社文教センター(ぶんきょう)が運営する日本のスポーツクラブです。

アスリエの特徴は、運動施設とリラクゼーション施設の両方があるところで、主に水回りには力を入れています。

アカデミックなスポーツ指導が魅力

アスリエとは、英語の「ATHletic」「LIfe」「Enjoyment」の最初の部分をつなげて作った造語です。

その言葉通り、充実した水中プログラム、エアロビクスなどを行うホールでは、最近新しいプログラムとして、バーベルを持ってエクササイズするレッスンなどもスタートしています。

的確なアドバイスやレッスンを受けられる

アスリエでは、その人その人にあった的確なアドバスやレッスンを受けられるようにと、長い時間運動できない人の為のショートプログラムを用意したり、浮力にカラダをまかせるとほどよいリラックス効果が期待できることからプールでウォーキングプログラムを取り入れるなど工夫しています。

ジム終わりに使いたいマッサージチェアは高機能なものが揃っているのでこれも楽しみの一つです。

基本情報

・店名:スポーツスパ・アスリエ
・住所:東京都品川区旗の台3-14-12
・電話番号:03-5702-4848
・URL:http://www.athlie.ne.jp/

5、CREBIQ

クレビックは、女性専用パーソナルトレーニングジムです。

女性目線でのトレーニングを受けられる

フィットネスフィギュアチャンピオンになった経験がある豊島香奈子さんがプログラムを監修していて、科学的根拠に基づいて最も効果的なトレーニングプログラムを作っているのがとても魅力的です。

マンツーマンでの指導

クレビックでは、トレーナーとマンツーマンによる個人指導で身体を絞っていきます。

女性の身体を知り尽くしたプロフェッショナルなトレーナーが女性目線でサポートしてくれるのが嬉しいポイントになっています。

短期のボディメイクプログラムを終了した後も、トレーニングを無理なく続けていける「継続プラン」や管理栄養士がメールで質問に答えてくれる体制が整っています。

ジムは最寄り駅から徒歩5分の好立地にあるので是非一度見に行ってみて下さい!

基本情報

・店名:CREBIQ
・住所:東京都港区六本木1丁目6-1
・電話番号:03-5570-2225
・URL:http://crebiq.com/

6、24/7 work out

24/7 work outは「ダイエット」と「ボディメイク」に特化したパーソナルトレーニングジムです。

全額返金保証付き、完全個室なので、ダイエットも運動も素人という方でも安心できるはずです。

しっかり食べながらダイエットできる

パーソナルトレーニングジムと聞くと、ライザップのCMのように「会員になればなんとか痩せられるでしょ!」と思う人と、「高いお金を払っても自分だけはあんまり成果がでなかったらどうしよう」と心配する人がいると思います。

たった2ヵ月で10キロ前後も落とすなんて素人一人では中々成功できることではありません。

24/7 work outは、そんな不安を持っている人、今まで一人では中々痩せることができなかった人に来てほしいパーソナルトレーニングジムだといいます。

24/7 work outでは、2ヵ月で10キロ近くも体重を落とすのに、毎日3食きっちり食べるというのですから、最初はとても不思議でした。

目標達成の成功例が多い

でも、3食きっちり食べる献立の一部、トレーニングの一部を確認してみると「あれ?」「あれれ??」これなら無理なく2ヵ月続けられるという内容だったのです。

食べられるメニューには、ステーキ、焼肉、焼き鳥、すき焼き、パスタ、お米、お蕎麦、パン、和菓子が含まれています。

ここ最近の情報ではダイエットにはお肉はOK、炭水化物はNGという話は良く聞きます。

でも、和菓子!?がラインナップされていることには思わず「二度見!」自分の目を疑ってしまった程でした。

結論、24/7 work outは、できるだけ多くの種類の食べ物を少量選んで食べながら、無理し過ぎないことで、成功することができるパーソナルトレーニングジムだと判断しました。

目標達成の成功例が多いジムだからこそ、和菓子をokにできたり、ノウハウをどんどん活かして成功し続けられるのだと思いました。

ダイエットは無理し過ぎないで痩せたいという方は24/7 work outがオススメです。

基本情報

・店名:24/7 work out
・住所:東京都港区西麻布3-1-9 k’ビル3階301
・電話番号:03-3288-0247
・URL:http://hu-gym.com/

7、コナミスポーツクラブ

コナミスポーツクラブは正統派のスポーツジムでありながら、ここ最近はボルダリングを取り入れる施設を完備するなど、ユーザが欲しい新システムをどんどん取り入れる柔軟性を持っているジムです。

設備、スパのレベルが高い

マシーンエリアには最新のトレーニング機器が所狭しと並べられ、ここ数年ジムに通っていなかった人が見れば「また新しくなったね」というアイテムが多数ラインナップされています。

そんなマシーンエリアでは今、「V-BODY」というメリハリのあるボディを目指すワンオンワン=個別指導型のトレーニングプログラムがスタートしています。

他には「エンダモロジー」というエステを導入、ほぐす×運動で魅せるカラダを作るボディトリートメントシステムが体験できます。

エンダモロジーでは、セルライトに働きかけ、身体のサイズダウンを図るとともに、滑らかな肌作り、たるんだ肌の引き締めにも効果的です。

幅広い年代が通いやすいクラブ

コナミスポーツでは、現在60歳以上の大人世代を対象とした、生き生きとした毎日を新たな仲間と過ごすことで若さを取り戻す新プログラム「OyZ」オイズがラインナップされています。

運動に不慣れな人も、体力に自信がなくなってしまった人も、少人数制で無理せず続けられるので、家族に運動したいけれどどこにいったらいいか迷っているシニア世代の方がいらっしゃったら是非オススメしてみて下さい!

基本情報

・店名:コナミスポーツクラブ池袋
・住所:東京都豊島区東池袋3-1-4 サンシャインシティ文化会館5階
・電話番号:0120-919-573
・URL:http://information.konamisportsclub.jp/004486.html

8、ジョイフィット

スポーツクラブジョイフィット(JOYFIT)は、北海道帯広市に本社を置くオカモトグループがフランチャイズ方式を主体に全国展開するフィットネスクラブです。

北海道の会社が経営するスポーツジムとはどんなものか、気になるところなので早速ご紹介します。

24時間営業のジム

スポーツクラブジョイフィットは24時間365日年中無休のスポーツジムです。

24時間営業のジムだというのに、月会費はなんと¥7618なのが驚きの低価格です。

施設内のカラーは赤と黒、思わずやる気が出てくる色使いです。

価格以上の設備

この時間帯と低価格で一体どんな設備があるのかというと、マシンジム・シャワー・更衣室・水素水サーバー・パーソナルメニュ・ロッカー・ドライヤー・無料wifiが利用可能です。

但し、スタッフが常駐していない時間があるのでご注意下さい。

スタッフが非常勤の時でも、ジムではセキュリティシステムの「セコム」が24時間完備されているので安心です。

基本情報

・店名:ジョイフィット
・住所:東京都港区赤坂3丁目13-14 赤坂313ビル3,4階
・電話番号:03-5797-7747
・URL:http://joyfit.jp/akajoy/

無理なく通えるジムを見つけて運動不足とおさらばしましょう

ジムトレーニングは数日やって終わり、というものではありません。

短い人でも数ヵ月、長い人なら数年も通う可能性がある場所です。

最初から「やるぞ!」という気持ちになるのも良く理解できますが、最初から飛ばし過ぎるのは禁物です。

無理なく通えるジムを見つけて運動不足とおさらばしてしまいましょう!

【おすすめのボクシングジムは、こちらの記事もチェック!】