結婚…それは、誰でも一度は「自分が結婚したら、どうなるんだろう?」と考えたことがあるものだと思います。

誰かと付き合うたびに、「この人と結婚したら…」「この人は結婚したらどんなパートナー、子供ができたらどんなパパ(ママ)になるんだろう」と考える人もいることでしょう。

「好きな人(付き合った人)=結婚する候補者」とする人も多く、共に愛を育んだ好きになった人とは一生を共にしたいと考える人も多いのです。

しかし、このような「愛があれば」という考え方は結構危険だったりします。

恋愛は「好き」という心さえあればできますが、結婚は生活もあるし、生涯に関わることなのでそういうわけにもいきません。

今回は、失敗しないために結婚を決める前に注意しておきたい相手のNG行動や発言をご紹介します。

もし結婚したい相手がいるのから、是非参考にしてみてください!

みんなの憧れ、結婚!

女性も男性も、性別問わずに憧れたことがあるである結婚。

結婚とは、愛してやまない人と一生を共にするためのかわす契約です。

自身の両親がとても仲睦まじい場合は、その両親のような夫婦になりたいと思う人もいるでしょうし、逆の場合はそうはなるまいと反面教師的なものを思っている人もいるでしょう。

とにかく理想が盛りだくさんな結婚、ほとんどの人が希望溢れるステキなものを思い描いているのではないでしょうか?

でも、本当にこのひとでいいの…?

「結婚自体はしたいけど、相手はこの人でいいのか悩んでいる…」という人は結構多いはず。

確かに好きで好きでたまらないのだけど、生活力のなさや異性の関係が複雑、たまにフィーリングがあわない、などで今一つ結婚に踏み切れないという人が多いのではないでしょうか。

結婚の決断は一生に関わるので、慎重になるに越したことはありません。

好きな相手でも「今後、一生を共に過ごす配偶者」と考えて悩んでしまうのも無理はありません。

結婚してからでは手遅れ!

好きでやまない相手と結婚して楽しく過ごせるのなら問題はありません。

しかし、みんながみんな「幸せな結婚」ができるわけではないのです。

結婚して一緒に生活しだしてから相手のイヤな部分や問題のあるところが見えてくることだって充分にあるのです。

相手のそういうところが今後正していけることであったり、アナタが目をつぶって飲み込める範囲であれば問題ないのですが、耐えきれないことであったり生活に支障をきたすことであれば大問題です。

そういうことに気づくのが結婚してからでは遅いので、出来るだけ結婚前に気付けるように気を配るのはとても大切です。

結婚前に見極めて!

結婚してからの「こんなはずじゃなかった…」を防ぐには、結婚する前にしっかりと相手の本質を見極めることがかなり重要になってきます。

好きで好きで結婚を考えている相手なので「粗を探すような、悪いふうに見るなんて出来ない!」と思う人もいるでしょうが、結婚するためには相手の欠点を受け止める必要があります。

その上で、それでも愛している、構わないという決断をしましょう。

そして相手をよく見極めた結果、「これは無理」という部分が出てくることもあるでしょう。

そこを見逃さないように、心を鬼にしてしっかりと相手をチェックしましょうね!

結婚前にチェックしたい相手のNG行動・発言

結婚するのにぴったりかどうかを見極めるにしても、一体どんな点をチェックすればいいのかって悩みますよね。

ここでは、結婚前にチェックしたい相手のNG行動や発言についてをご紹介します!

相手のNG行動

とても好きな相手でも、たまに「えっ、なんでこんなことするの?」「私、こんなことしたことないよ…」という行動をすることってありますよね。

1、2回ならまだ目をつぶれてもしょっちゅうとなるとガマンができなるような行動ってありますよね。

しかし相手にとってはそれが「普通」でだったりするのです。

決して誰も悪くはないのですが、何となく自分には合わない…そんなアナタの中での相手のNG行動をしっかりと見極めましょうね。

価値観が合わない

結婚すべきではない理由でよく聞くのが「価値観の違い」。

最初は価値観の違いによって、相手の自分にはない視点や物事の捉え方が新鮮で惹かれたとはしても、結婚するとなると注意する必要があります。

最初は「そういう考え方もあるんだぁ」と思っていたところが、長く共に生活していると「そんな考え方は自分に合わない」とストレスに感じてくることも…価値観が近いもの同士の方が長く生活するには

金銭感覚

結婚とお金はとても深くリンクしています。

恋愛はお金がなくてもできますが、結婚は生活がかかっているのでどうしてもお金が必要になってきます。

そんなお金の価値観、金銭感覚が自分と相手に違いがあるととても苦労します。

例えば、アナタが「高い」と感じているものを相手が「安い」と感じていたとします。

そんなものを相手が日頃から値段を気にせず買ってきたりするとイライラしますよね。

逆に、相手の金銭感覚がガチガチだとお金の使い方が制限されてアナタはものすごくストレスを感じることでしょう。

時間の使い方

時間の使い方は本当に人それぞれです。

ゆっくりまったりとのんびり動くことが好きな人や、テキパキと動いてとにかく効率的に動くことに重点を置いている人など色んな人がいるでしょう。

夫婦になると共有する時間が大幅に増えます。

自分はテキパキ動きたい人なのに相手がまったり派だと「ダラダラしている」「時間を有効に使えない」などイライラしてしまうこともあるでしょう。

逆にまったりしたい派だと「せかせかして落ち着かない」「何に追われて急いでいるんだ…」と自分のペースで動けないことにモヤモヤしたり…些細なことですが、これが積み重なるといつか大きな切亀裂を生むことだってあります。

また、休日の時間の考え方も確認が必要です。

自分は仕事が休みの日は家族と過ごしたいと考えていても、相手は仕事の整理や体調管理のためにスポーツがしたいと思っていたり、趣味や友達との交友に休日を使いたいと考えている人だっています。

結婚前に時間の使い方についてしっかりと確認しておかないと、結婚してからケンカしてしまうので気をつけましょう。

食事の好み

人はそれぞれの家庭でその家での「家庭の味」を舌に覚えているものです。

「目玉焼きは塩派だった」「我が家は醤油派だった」など、小さなことでも結構あるものです。

食事の好みが合わないと、一生一緒にいるのになかなか苦痛になってしまいます。

和食党の人が毎日のように洋食を出されると「もっとあさっりしたものが食べたい」と思うでしょうし、朝食にはパンが食べたいのにご飯ばかりだとウンザリしてしまいますよね。

自分の好きな食事が食べられないというのはかなりのストレスです。

結婚前に「いつもどんな朝ごはん食べているの?」「和食って好き?」などを、何気ない会話で相手の食の好みをちょっとずつ調査しておきましょう。

喧嘩後の対応

どんなに仲のいい夫婦でも、ときにはケンカをしてしまうことだってあります。

些細なケンカでも、ケンカ後の対応というものはとても大切で、ちゃんと対応することによってさらに絆が深まったりするものです。

ちゃんと「ケンカに発展する原因はなんだったのか」ということを話し合う場を設けたり、「お互い悪かったね。

ごめんね」と相手から謝ってきてくれて、こちらも折れる機会を与えてくれるとスゴクやりやすいですよね。

しかし、逆に夫婦仲を冷めさせるようなケンカ後の対応というものもあります。

ケンカ後、露骨にアナタを無視したり、「お前が悪いんだから、お前が謝るまで許さない」と冷たい態度をとったり…そんなことをされてはますますケンカは深刻になってしまいます。

付き合っている段階でこのような対応をとってくる場合は注意しましょう。

子どもについて

結婚すると、誰もが1度は考えるのが「子供はどうするか」ということです。

「自分が1人っこで寂しかったから、兄弟を育てたい」「出来れは女の子が2人欲しいな」など希望があるでしょう。

また、「最初は夫婦2人の時間が欲しいから、子供は結婚してから3年後くらいにほしい」「自分の年齢的にりリミットが近づいているので、結婚したらすぐに妊活がしたい」など時期に関しての希望などもあるでしょう。

女性の場合は、妊娠出産となると、どうしても生活や働き方が変わるので、結婚したい相手に家族計画について意見を聞いておく必要があります。

また、最近では「子供を持たない」という選択肢もあります。

経済的な事情や、仕事をしっかりしたい、夫婦2人でまったりと余裕のある生活をしたいなど色んな事情からその選択をする人が増えています。

子供が欲しい人と、欲しくない人が結婚してもケンカばかりになるので、結婚を意識しだしたら子供が欲しいかどうかについては必ず聞いておきましょう。

親との付き合い方

結婚するということは、相手1人だけでなく相手の家族や親せきともご縁ができるということです。

2人で幸せな生活を送ることだけを考えるのではなく、結婚によって新たにできた親や兄弟姉妹、親せきなどともうまく付き合っていく必要があるのです。

特に、親とは関係が濃くなるので相手のご両親との付き合いを上手にやっていかなければいけまんせ。

また、相手が自分の両親とうまくやっていけるかもじっくり見ておかないといけません。

結婚すると重視すべきは配偶者ですが、その配偶者の親に対してちゃんと誠意や尊敬の念を持って接してくれるかというのはとても大切です。

自分の両親を大切にしてくれるかどうかというのはよく見ておきましょうね。

自分を蔑ろにする

結婚とは、互いを助け合ったり、尊敬しあったりすることによって長続きするものです。

しかし、長く一緒にいると相手の存在が当たり前になり、扱いが雑になるという人がたくさんいます。

あらゆることでの自分の優先順位が下がり、蔑ろにされてるなと感じることも。

また、相手が自分中心の人だと「お前は自分に合わせてればいい」「夫婦なんだから」とアナタの扱いがどんどん蔑ろになってくることでしょう。

また、蔑ろ具合があまりにも度が過ぎる場合は「モラハラ」のような状態になることも。

常識がない

結婚する相手に最低限あってほしいのが「常識」でしょう。

家族の大黒柱に常識がないと、今後が不安で仕方ありません。

アナタがフォローできる範囲であればいいのですが、あまりにも常識がないとちゃんと仕事がやっていけるのかも不安ですし、子育てに影響しないかなど不安要素がたくさんです。

一般教養

現代社会で生きていくうえで、大人としてそこそこ身につけておきたい一般教養。

最低でもカンタンな計算を頭のなかでサクッとするくらいの教養が欲しいですよね。

また、相手がみんなが知っているような世の中のルール(交通ルールや、買い物のしかたなど生活する上のこと)をちゃんと知っていないと、結婚してから本当に苦労しますよ。

マナーや礼儀

結婚すると、1つの家庭として冠婚葬祭などに出向く機会が多くなりますよね。

そんなときに相手がマナーや礼儀を知らないとギョッとしますよね…最低限のことを知らないと「これまで親には何も言われなかったのかな?」と育ちを疑ってしまうのもやむをえません。

結婚してからアナタが付きっきりでマナーや礼儀を相手に教えるとなるとかなりの負担ですし、もし子供が出来た場合にいいお手本になれません。

借金をしている

結婚するということは、相手の債権債務を一緒に背負うことになります。

もし、相手に借金があったとしたらその借金は夫婦の生活の大きく伸し掛かってくることになるのです。

結婚してから「実は借金が…」なんてなると、「子供は◯人ほしい」「マイホームはいつ買おうか」など夢見ていた計画が崩壊してしまうおそれがあります。

すでに子供がいる場合、借金によって子供にも可哀そうな生活を送らせてしまうことだってあるのです。

また、相手だけでなく相手のご両親にも借金はないかよく確認しておきましょう。

もし、借金のある状態でご両親が亡くなった場合、子供である相手に借金が相続されてアナタの家庭まで巻き込まれてしまうのです。

結婚前には必ず借金の理由や額をしっかり聞いておく必要があります。

ギャンブルをする

パチンコやスロット、競馬、競輪、競艇など世の中にはたくさんのギャンブルがあります暇つぶしや趣味程度にお小遣いの範囲で出来るのならまだしも、重度のギャンブル好きの場合は結婚してから苦労するおそれがあります。

そもそもギャンブルというものが嫌いでお小遣いの範囲でやっていてもイヤだという人もいるでしょう。

そんな人が結婚するまで相手がギャンブルしていることを隠されていて、結婚してから発覚した…となると大きなケンカに発展すること間違いなしです。