社会人になると、髪型や身だしなみについてより周りからの評価や視線が厳しくなり、一層気を使いますよね。

そんな中、自分の職業や会社の服務規程を考慮しながらも「おしゃれを楽しみたい!」と考えている人は多いはず。

更に、年齢によっても目指す方向性や理想とする雰囲気があると思います。

とはいえヘ、アスタイルは一度変えてしまうと簡単に元に戻すことはできず、大きな変化を加えるのは勇気がいるものです。

一度自分の中で定番のスタイルが決まってしまうと、他の髪型にするのをためらってしまったりします。

しかしずっと同じ髪型でいるなんて、モッタイナイ!どんなヘアスタイルにしようか悩んでいる人は、思い切って「やってみたい!」と思う髪型に挑戦してみましょう。

社会人におすすめな髪型12選

今回は“社会人でも楽しめる”という部分にポイントに絞って、おすすめの髪型を紹介していきたいと思います。

男性と女性それぞれのヘアスタイルを色々な観点から紹介しますので、ぜひ参考にご覧ください!

1. 男性編

まずは男性編から!男性の場合、仕事上あまり奇抜な髪型ができないという人も多いと思います。

カラーリングがOKだという職種は少ないですよね。

だからこそ、スタイルを工夫して周りと差をつけるのが大切です。

「上司うけも女性うけも狙いたい!」「できる男に見られたい」「他の人とちょっと違うスタイルになりたい」という人の為に、人気のヘアスタイルを厳選してきましたので紹介していきます。

1. ソフトモヒカン

派手すぎずナチュラルに、でもお洒落を楽しみたい男性はソフトなモヒカンヘアがおすすめ!髪の長さはベリーショートか少し伸ばしたくらいのショートヘアでOK。

前髪もサイドの髪もスッキリとカットして、男らしさと爽やかさが感じられるショートスタイルは、スタイリングがしやすくとても簡単です。

ソフトモヒカンのポイントはトップの毛を持ち上げてクールにセットすること。

ふんわりしたセットではなく全体を立ち上がらせるイメージです。

モヒカンヘアのセットでは、トップへの印象を強めるためにサイドの髪を膨らませないようにすることが重要。

ブローするときにサイドはおさえて、スッキリとさせるようにしましょう。

その分、トップは指や手で挟み込みながら上向きに立ち上げて乾かしていきましょう。

ある程度トップの髪の毛が持ち上がっていれば、あとはワックスを揉みこんで固めれば完璧。

毛足が短ければ全体の流れを作るのも楽なので、パーマなどをかけずともセット可能です。

左右から頭頂部に向けて持ち上げるもよし、つむじの位置に合わせて8:2や7:2で分けて持ち上げるのもよしです!前髪は残しても一緒に立ち上げても良いので、オンオフの気分に合わせてスタイリングするとイメージに変化が与えられて楽しいですよ。

髪をカットしてもらう時はトップの髪の毛だけやや長めに残してもらうとモヒカンスタイルが作りやすいので、美容師さんに伝えましょう。

ガチガチにスタイリングしなくても様になるので、朝時間がない社会人にもピッタリです。

2. ツーブロックショート

女性から人気の高いメンズヘアスタイルの王道と言えばやっぱりツーブロック!サイドから襟足あたりを短くカットして、トップとの長さにメリハリをきかせた髪型です。

ツーブロックにする際、トップの髪の毛をショートにするとスーツなどを着用するビジネスシーンでもビシッと決まりますよ。

なによりツーブロックとショートを組み合わせた髪型は清潔感がありますし「おしゃれな人だな」というような印象になります!
ツーブロックは、刈り上げる範囲によってイメージが大きく変わります。

初めて挑戦する人は、ツーブロックの範囲を狭くしてみましょう。

耳の上あたりと襟足だけを全体より短くするだけも印象はガラッと変化するのもです。

耳周りを短くカットしておくと顔全体もスッキリ見えますし、なによりわずらわしさがありません。

短い部分と長い部分の長短の差についても、ベリーショートクラスからやや長めのショートまでさまざまなので、自分の好みに合わせて選んでみましょう。

個性を出したい人は、思い切って長短の差を出してみるのがおすすめです。

全体的に短めにしながらツーブロックにするとワイルドで男らしいイメージになりますし、長めの髪を7:3で流すようにセットするとスマートなできる男風になるでしょう。

ツーブロックの場合、長い髪の部分にパーマをかけるのもスタイリッシュで素敵です。

マイルドな大人の色気を出したい人は、かっちりとしたセットではなくパーマを利用してふんわりと仕上げてみてはいかがでしょうか。

しかしツーブロックの場合、短く刈り上げている部分が伸びてしまうと格好がつかないので、小まめなメンテナンスが必要です。

一度刈り上げた部分が他の長さと一緒に揃うまでには時間がかかるので、メンテナンスが面倒な人はあまり短くせず控えめなツーブロックにして、ナチュラルな印象にしましょう。

ツーブロックは人によって厳つく強面な印象になりかねないので、自分が目指しているイメージを美容師さんに相談しながら決めるといいいですね。

【ツーブロックについては、こちらの記事もチェック!】

3. ベリーショート

どの時代でも好印象な男性の髪型の上位に上がるのがベリーショート。

硬派でマジメな印象に見えるので、ビジネスシーンでも好評です。

なんといってもスタイリングが楽なので何かと忙しい社会人の人から重宝されます。

スタイリング剤の消費も少なく済みますしね!
しかし、ベリーショートはアレンジがしにくく、いつも似たり寄ったりのスタイリングになってしまうこともしばしば…。

そんなベリーショートをうまくアレンジするコツは、前髪と全体のシルエットです。

毛足が短い状態で緩いパーマをかけてみたり、ワックスで全体にニュアンスをつけてみるのがポイント。

ベリーショートだと、毛質によって癖が出やすいのでワックスで整えてあげるとオシャレに仕上がります。

起きたまま、くせ毛をそのまま…なんていうのはNGですよ。

例えば、髪の毛全体にワックスを馴染ませて毛束感を出してあげるだけでもだいぶ印象が変わります。

ぱさぱさとした印象にならないよう、ツヤだし効果のあるスタイリング剤を使うだけでも見た目が大きく違うのでおすすめ!あわせて前髪を立ち上げてみたり、分け目を変えて流してみたりすると、よりGOODです。

ベリーショートは楽な髪型ですが、セットを怠ってペタッと寝ている状態では手抜きに思われてしまいますし、なにより格好がつきません。

全体のシルエットがきまるように自分らしいスタイリングを楽しみましょう。

4. 無造作ショート(頭頂部は長めにして気流れを散らす)

比較的、髪型の自由がきく内勤や販売業などの人は、無造作なショートヘアがおすすめ!無造作なヘアスタイルは、本当にただありのままではなく、無造作に見えるようにセットしたスタイルなのをお間違いなく!無造作ショートの場合は、毛足や前髪が長めの方がセットしやすいのですが、髪色が真っ黒だと少し重めになりがち。

少しカラーリングした方が似合うため、髪型に制限が少ない職場の人に向いています。

無造作に毛足を遊ばせるヘアスタイルは、トップの髪を割と長めにしながらパーマをかけたりするのがポイント。

毛束を意識しながらふんわりとした空気感を出してセットしていきます。

毛足が長い人は、しっかり髪を乾かした後にハードなワックスを毛先全体になじませながら束感を出してシルエットを作るとうまくいきますよ。

最初は思い切ってボリュームを出しながらスタイリングし、全体がまとまってきたらボリュームダウンさせていくといい塩梅に仕上がります。

5. サイドが短いオールバック

サイドを刈り込んで短くした状態でオールバックを作るスタイルは、正にできる男といったイメージです。

芸能人や海外の俳優なども取り入れているヘアスタイルなので、おしゃれ度数は高め!ショートヘアのオールバックとサイドの刈り上げ(ツーブロック)を組み合わせるのですが、トップの毛は比較的長めに残して髪の毛の盛り上がりや流れを作れるようにするのがポイントになります。

前髪を全て後ろに流すので、おでこやフェイスラインも抜かりなくケアしなくてはいけませんよ。

髪の立ち上がりを良くしたい人は、トップの髪の毛にレイヤーを入れて軽くすることで、まとまりやすくなります。

ニュアンスパーマをかけてウェット感をだすのもあり!ワイルドながらどこかロイヤルでクラシックな大人の男といった気品が作り出せます。

髪型だけでなく立ち居振る舞いも紳士的になるよう努めましょう!

セットの際は、ドライヤーで前髪を立ち上げて後ろに流すように癖をつけながら乾かします。

真後ろに流すのは意外と上級者テクなので、最近流行りのネオ七三を意識して7:3の割合でバックに固めていくとセットしやすいでしょう。

6. ビジネスショート

ビジネスショートは、スーツに似合うショートヘアのこと。

フレッシュな印象を与えること、好印象を与えることを第一に意識した髪型なので新入社員などにおすすめ!あまりベリーショートは似合わない…難しいセットはできない…というような人は、ナチュラルで自然体を意識しつつ毛足を長めにしたショートヘアでも十分素敵に仕上がります。

ベリーショートやツーブロックに比べて、比較的全体の毛足が長めで前髪やサイドを残したショートスタイルは、眉やフェイスラインが隠れないようにセットするのがポイント!目が隠れたりするのはNGです。

正面からだけでなく横顔の見え方なども意識して前髪の長さや流れをセットしましょう。

毛足が長いと重さで髪の毛がセットしづらい人は、軽くミックスパーマをあてるとセットしやすくなりますよ。

爽やかで優しい印象を作って、頼れる男性像を目指しましょう!

2. 女性編

さて続きまして、今度は女性の髪形について紹介していきます。

女性の場合、比較的に男性よりも髪型の自由がきく職場が多いのではないでしょうか。

内勤の人や事務職の場合、過度でなければカラーリングがOKの所もありますし、長さについては飲食店などの場合に限り「長い人は束ねておく」というようなルールはあると思いますが、あまり厳しく長短の指定まではないはずです。

ぜひ自分らしいスタイルでヘアアレンジをしておしゃれを磨きましょう!

1. ロングストレート

清楚かつ女性らしいスタイルといえば、やっぱりロングのストレートヘア。

真っ直ぐ癖のないキレイな髪はまるでその人の性格を表しているようにも思います。

胸元に届くくらいのロングは、顔周りやファッションも女性らしく引き立ててくれるうえ、アレンジもしやすいのでおすすめです。

しかし、ロングのストレートヘアは、なんといってもお手入れが大変!いくらロングでもツヤとキューティクルが無い髪は魅力に欠けてしまいますから、毎日のケアが重要なんです。

とはいえ髪が長いと寝ぐせやうねりなどを直すのも一苦労ですよね…。

そうなった時にオススメなのが縮毛矯正です!ツヤを出しながら真っ直ぐのストレートヘアを維持できるので、セットが楽になると多くの女性たちから支持されています。

毎日ヘアアイロンで伸ばすとダメージが蓄積されますし、なにより時間もかかります。

その点、矯正縮毛をかけてしまうと毎日のセットがらくちん!

ロングのストレートヘアは、その日の気分によってニュアンスを付けて楽しみやすいのもポイントですね。

仕事用とプライベ―ト用で内巻きや外はねなど変化をつけて、ファッション感覚でアレンジしましょう。

男性はフェミニンに毛先をふんわりと内側に丸めたスタイルが好みみたいですよ。

仕事用の時も、あまり重めな印象にならないように、ナチュラルなラフ感を出すのも大切ですね。

【ストレートヘアにする方法は、こちらの記事もチェック!】

2. お団子(下のほうで)

低めのお団子スタイルは、簡単で仕事中に邪魔にならないのに、どこかドレッシーでおしゃれな印象になります。

ビジネスシーンでも使いやすく、アレンジの幅も広いのでおすすめです!
高い位置にお団子を作るのは、意外と手間ですし、うまくできないことが多いですが低い位置ならちょっと不器用な人でもやりやすいですよ。

ただお団子を作るだけじゃ味気ないので、ヘアゴムとピンを使ってこなれた感を出しましょう!

例えば、髪をねじりながらおだんごを作ってみるアレンジは、寝ぐせも隠せて一石二鳥!わざと無造作にしているように見せるのがコツです。

髪を三つ編みにしてからお団子にするのも、寝起きの髪のうねりや、まとまりのなさを誤魔化せちゃいます。

ミディアムの人もバレッタを活用したり、最近はやりの“くるりんぱ”などを取り入れればシンプルながらに一味違うお団子が作れますよ。

お団子にするとうなじが見えて横顔もスッキリ見えるので、男性うけも狙えますね。

3. ショートボブ

ふんわりとしたショートボブスタイルは、20~30代からミドルやマダム世代まで年齢問わず人気のヘアスタイルです。

特に丸みがあるボブは優しく女性らしい印象を与えられる髪型ですよね。

顔周りにふんわりと髪がかかるボブは輪郭を隠してくれるので小顔に見える効果もあります。

フェイスラインに沿って前下がりになるボブなんかも人気が高めです。

さらりと流れる髪で横顔がとてもセクシーで色っぽい印象に!サイドの髪を耳にかけてみたりするだけで、大人っぽい印象になるなど、ショートと言えどスタイリングの方法はさまざま!最近では大人ボブと言って、ナチュラルでざっくりとしたショートカットも流行っていますよ。

ボブは髪を乾かすのもカンタンなうえ、スタイリングも難しくないので、社会人向きの髪型ともいえます。

ショートヘアは女性らしくも爽やかな印象になるので、同性うけもバッチリです!

4. ワンカールストレート

ワンカールストレートは、ストレートヘアで毛先をくるんと内側にワンカールさせたヘアスタイルです。

ミディアムスタイルの定番ともいえますね。

ただ切りっぱなし、伸ばしっぱなしではなく、毛先にちょっとニュアンスがあるだけでナチュラルながらに女性らしい柔らかさを演出できます。

派手すぎず、地味過ぎず、髪質を問わず、誰にでも似合いやすい髪型と言えるでしょう。

ふわっとした印象になるよう、毛先にパーマをかけるとスタイリングが楽になります。

社会人だし、あまり過度なパーマはできない…という人もこれならOK!愛され系の大人可愛い雰囲気を目指したい人におすすめです。

5. ミディアムレイヤー

鎖骨にかかるか、かからないか位のミディアムヘアにレイヤーを加えてちょっとアンニュイな雰囲気を出した髪型も社会人におすすめ。

派手ではないものの、大人っぽくスタイリングできるので20代はもちろん、30代や40代くらいの人からも選ばれている髪型です。

重くならないようにレイヤーを入れているので、セットの時にもニュアンスが付けやすく、コテなどを使わずともドライヤーひとつで形が作れるのがポイントです。

ミディアムヘアはどうしても、ショートとロングの狭間で“伸ばしかけ”という印象になってしまいがちですが、こういったアレンジで一気に雰囲気が変わります。

髪全体をひし形にするようなイメージでセットするとまとまりが良くなります。

透明感のあるカラーリングとの相性がバッチリ!

6. エアリーボブ

ショートボブスタイルにエアリー感をプラスしたエアリーボブは、キュートで近づきやすい優しい雰囲気を作れます。

くしゅっとしたパーマをかけて、大人っぽいゆるめのカールで顔周りをふわふわに!立体的なシルエットは小顔効果もあります!仕事中には低い位置でゆるく結んでおいても綺麗に決まります。

オフにはピンやバレッタを使って前髪やサイドの髪をアレンジすると一気に華やかな印象に大変身しちゃいます。

社会人は髪型にも気を遣おう!

社会人が髪型を決めるには、単に自分の好みだけでなく職場や周りとの調和がとれたスタイルを選ばなくてはいけません。

仕事をするいち社会人として自分が周りからどんな風に見られているか、会社においてどんな立場で活動していくのかというポジションを見極めてビジネス用のスタイルを重視することが大切になります。

1. 社会人の髪型のポイント

では、社会人らしい髪型のポイントはどんな所でしょうか。

具体的なイメージを見ていきましょう。

1. 清潔感があること

まず社会人たる者の基本となるのはやはり“清潔感”。

社会人でなくても、人と接するときに必ずチェックしなければいけないポイントです。

清潔感があるというのは、人として最低条件となるものですから、一緒に居て不快ではない身だしなみのチェックは欠かせません。

ヘアスタイルや洋服を整えることはもちろん、体臭や口臭など細かいトコロにまで気を使いましょう。

2. 信頼感を得られること

働く人にとって信頼感というのは非常に大切な部分です。

互いに心を許し合い、打ち解け、信頼関係を築いていくことで仕事の成果にも繋がります。

ですので、まずは見た目から接しやすさや安心感を与えることが重要。

人柄と言うのは、表情や話し方などから伝わるものですが、やはり髪型やファッションといった部分にも人となりが表れます。

見た目からして「怪しい」「胡散臭い」「信用できない」と思われてしまわないよう、クリーンなイメージを作るようにしましょう。

3. 個性も感じられること

ヘアスタイルはファッションと同様にその人の個性が出る場所です。

それぞれのアイデンティティはもちろん、センスやこだわりが感じられるものなので、ありきたりではない自分らしさを演出したいですよね。

髪のスタイルやアレンジひとつで、周りからのイメージはガラリと変わるはずです。

あなたは周囲からどんな人だと思われたいですか?どうせなら「平凡な人」「パッとしない人」と思われるより、「お洒落な人」「個性のある人」と思われたいですよね。

その方が仕事をする上でも印象に残って、いろいろと新しい結びつきができやすくなりますよ。

4. 手入れが楽

社会人の人は、どうしても仕事を優先しなければならないときがあり、お洒落にまで手が回らなかったりしますよね。

しかし、だからと言って身だしなみが乱れていては仕事にも支障がでます。

忙しい時でも、疲れや乱れを表面に出さずスマートに決められる人こそ、できる大人です!そのためにも、ケアがしやすくセットがしやすいなど、手入れにかかる手間を考えて髪型を選ぶことも大切になります。

服や髪の乱れは、心や生活の乱れとなりかねないので注意しましょう。

「朝セットしやすいようにしたい」「簡単でかわいいヘアアレンジが知りたい」など美容師さんにアドバイスを求めてみるのもありですよ。

5. パサつかせないこと

髪がパサパサだと、手入れが行き届いていないと勘違いされ、美意識が低いと思われかねません。

それに髪のパサつきは食生活の乱れや不健康さを表すものでもあるので、不摂生をしているイメージが付いてしまうかもしれません。

艶やかでハリのある健康的な髪を維持するように気を付けましょう。

2. 定期的に美容室に通おう

いつどんな時でも勝負できる社会人でいるために、美容室には小まめに通って髪の手入れやメンテナンスを行いましょう。

人生何があるか分かりませんから、いつチャンスが巡ってきても万全の態勢で臨めるように、身だしなみも心の準備も常日頃から怠ってはいけません。

3. 職種によっても好まれる髪型が違う

職種によって、求められる雰囲気やイメージは異なります。

自分の立場はお客様に対してどんな存在であるべきなのかというのをよく考えて、職種や仕事内容に合う髪型にしなければいけません。

4. カラーは男性は基本「黒」で

男性の場合は、美容師や販売系、デザイナーなど私服勤務で服務規定が厳しくない職場でもない限りほとんどが「黒」のヘアスタイルでしょう。

黒はシックで男性らしいスタイルなので、社会人の基本でありながらも大人のメンズヘアの定番です。

その中でいかに、スタイリッシュに自分のイメージにあった髪型を探せるかというのは大切なので、自分の理想となるスタイルを一つ見つけて参考にしながらヘアアレンジを楽しむと良いでしょう。

5. 流行りも大切だけど、自分に似合う髪型にしよう

毎年シーズンごとにトレンドになる髪型がありますね。

流行を取り入れるのもおしゃれの鉄則ではありますが、あまり流行り廃りに左右され過ぎると自分に似合う髪型が選びづらくなります。

まずは、自分に似合うスタイルをきちんと知ったうえで、アレンジする範囲や方法を工夫するように努めましょう。

1. 顔の形で決める

顔が丸いタイプ、四角いタイプ。

目が離れているか、近いか。

頬骨が出ているか、出ていないか。

など顔の形やパーツの大きさなどによって似合うヘアスタイルは変わります。

顔のパーツにコンプレックスがある人も少なくありませんから、そうした部分をうまくカバーしつつ、より自分が魅力的に見えるスタイルを追求していくべきです。

主に顔は、丸型・卵型・四角・ベース・逆三角というベースにわけられます。

自分の顔がどのタイプに当てはまるのか、強みを生かし、弱みを隠すにはどうしたらいいのか考慮すべきポイントは沢山あります。

顔の系統が似ている芸能人を参考にしてみるのが一番手っ取り早いですが、よくわからない人は美容師さんに相談しながら決めていくのもおすすめです。

2. 前髪だけでも印象は大きく変わる

前髪の長さ、重さ、厚み、分け目によって顔の印象は大きく変わります。

額の広さや顔のバランスによって似合う似合わないは異なりますので、いろいろとシミュレーションしながら決めてみましょう。

いつもおでこを出さない人は思い切って出してみる、おでこを出している人は前髪を作ってみるというだけでも、イメージチェンジは可能です。

分け目を変えてみるだけでも結構違いますよ!

3. 髪の量によっても似合う髪型が違う

髪は質や量が人によって全く異なるものです。

髪質ごとにアレンジのしやすさや似合うスタイルも違うので、きちんと髪質と相談しながらスタイルを決めるのも、自分に似合う髪型探しのコツです!
例えば髪質が硬めの人は、アレンジが利きにくく重い印象になりがちなので、透明感のあるカラーリングをしてみたりレイヤーをいれてエアリー感を出してみる。

または、あえて重さを活かしたスタイルにしてみるのも一つの手ですね。

女性ならばボブなどにしてみると、重さを活かして髪がうまくまとまり綺麗なシルエットの髪型になるでしょう。

髪質が柔らかい人は癖になりにくく、ボリュームが出ずにペタッとしがちなので、パーマをかけてボリュームを出してみたり、ワックスで毛束を作るなどすると全体に動きが生まれます。

髪が硬い人よりはアレンジがしやすいので、ブローの方法やワックス選びがうまくできれば綺麗にセットできるはずです。

4. 男性はもみあげも重要

男性の場合はショートヘアで顔の輪郭がハッキリ出る場合が多いので、フェイスラインのケアが一層大切になります。

特にもみあげ部分の手入れを怠ると、ちょっとむさくるしくイケていない印象になるので要注意。

ヒゲを剃るのと同じように、もみあげも毎日手入れしてスッキリとさせておくと好印象です。

社会人らしく、あなたらしく、ヘアスタイルを楽しもう

髪型の理想や悩みなどは人によってそれぞれだと思います。

ぜひ、社会人として楽しく素敵なワークライフを送るためにも、毎日のヘアスタイルを楽しみながらおしゃれな大人を目指しましょう!