ある程度社会経験を積んで様々なスキルを身に着けている方であれば、自分で何かを始めたいと考え始める方も多いと思います。

もちろん、はじめから将来的に自分自身で何かを始めたいと志して仕事をしている方もいるかと思いますが、自分自身で何かを始めるとなると、やはりスキルや営業力などが求められるので難易度としてはかなり高く感じられます。

ある程度のスキルや人脈があれば営業スキルはそこまで問われないかもしれませんが、顧客がいなくなってしまった時に新しく獲得するためには営業力は必須なので、やはり持ち合わせていないといざという時に厳しい状況になってしまう事は明白です。

自分一人で何もかもしなければいけないという事もあってか、一人で何かを行うという考えはどうしても壁が高いように感じられますが、考え方次第では誰からも指示されないで自由に仕事を行えるという利点があるのも事実です。

人から指示をされる事を嫌っている方にとってみれば、まさに天職であると判断することが出来ます。

そして、一人では怖いかもしれませんが誰かと手を組んで仕事をする事も可能なので、考え方によってはそこまで恐れる事でもないかもしれません。

誰かとユニットを組んでも会社員ほど縛られる事もないですし、自由度の観点からもそこまで縛りを受ける必要もありません。

なので、今回はそんな自由に働くという事に重点を置きフリーランスをテーマにして、ユニットを組んでフリーランスで働く事をお勧めする理由についていくつかご紹介していきます。

️働き方が多様化している現代

今現在フリーランスで働いている人はいると思いますが、将来的にフリーランスで働きたいと思っている人もたくさんいると思います。

そもそも昔と比べて現在はフリーランスで働く人が多くなっています。

これはまさに働き方が多様化していると判断することができますが、なぜ昔と比べて今現在が働き方が多様化しているのかということが疑問にわかる方も多いと思います。

これに関してはやはりインターネットが発達してきたことが大きな影響力を及ぼしていると考えられます。

昔のインターネットなどがなかった時代では、人と会う時は電話を使って話をしたり文章で相手とやり取りをして約束をして会っていたかと思いますが、今ではインターネットが発達してメールはもちろんスマートフォンなどの電話やLINEを使ってすぐに相手と言葉を交わすことが出来るようになりました。

当然ながらインターネットを使えば世界中の人とコミュニケーションを交わすことができます。

国内だけではなく、海外だったとしても言語さえ通じればすぐに相手と意思疎通が買わせるような時代になっています。

だからこそインターネット上で仕事に関しても依頼を受けたりその逆に依頼をしたりするなどして、相手と関わりを持てるようになっているからこそ一人で仕事がしやすくなっている、つまりフリーランスとして働く事が出来るようになっているんです。

それにフリーランスとして働く方専用のインターネットサイトなども出来上がっているので、フリーランスとして働く事がとても簡単になったことが最大の原因であると判断できます。

️フリーランスという働き方の提案


フリーランスとして働くという事は、会社員と比べるとかなり自由度が高くなると考えることができます。

なぜかと言いますと会社員として企業に勤めて働いている方の場合はその会社が定めている時間内は仕事に打ち込まなければいけません。

アルバイトなどでもそうですが正社員でも例えば朝の9時から夜の18時までは仕事をしなければいけないと決まっているのであればその時間は仕事に打ち込まなければいけません。

よほどの理由がなければ、仕事を休むこともできませんし決められたシフトを守って決められた日時は会社に自分自身の時間を提供しなければいけません。

さらにもともと決められた時間を超過して残業を行ったりする場合も考えられますので当然ながら多くの時間が会社に奪われてしまいます。

人によっては本来休日がある日も仕事をしなければいけない場合も存在するので、決められた時間よりも多くの時間を消費してしまうということは現実として多くありえていることです。

しかしながらフリーランスで働くということであれば仕事をする時間についても全て自分で決めることができます。

仕事をする時間を自分で決められるということは自分が休みたい時には、自分の判断だけで休むことができます。

会社に所属している会社員からすればこれはまさに夢のような事ですよね。

会社員として勤めているならば、あり得ない事ですし、働き方としては最高だと感じる人もいると思います。

しかし、自分が働いた分、必ず給料としてもらえる会社員と比べて、フリーランスは自分の実力で稼ぐ事になるので、当然仕事の質が悪ければお金は稼げませんし、会社員のように給料が定期的に安定して稼げるかといわれれば、すべての人がそうではありませんので、シビアな世界だと判断せざるを得ません。

メリットもデメリットも存在している仕事だと判断できます。

フリーランスとは

会社員としてしか働いてきたことがない方にとってはフリーランスがそもそもどういう意味なのか把握していない方も多いと思います。

簡単にフリーランスという言葉を説明すると特定の企業や団体や組織に専従しておらず、自分自身の才能であったり技能を提供することにより社会的に独立した個人事業主若しくは個人企業法人のことを指し示している言葉です。

つまりどういうことかと言いますと、会社員の様に会社に所属して働くという働き方ではなくて自分自身のスキルを個人で提供してく働き方だという事です。

だからこそ会社に所属せずに自分で時間を決めて仕事も出来ますし、どういう仕事をするのかという事も自分自身で判断することが出来るという事です。

なので、実力主義の世界だと言えます。

自分に実力がなければ需要はありませんし最終的に淘汰されていきますが、その反対に自分自身が持っているスキルに需要があれば、とことんそのスキルを提供して稼ぐことが出来るという事です。

簡単にいえば自営業とそこまで変わりません。

個人事業主と個人企業法人


先ほどご紹介した通り、フリーランスと呼ばれるのは個人事業主と個人企業法人です。

個人事業主に関しては仕事をしたことがある様な方であれば、ある程度わかると思いますが自分自身で仕事を初めて、会社に所属せずに仕事を行っている人のことを指す言葉です。

厳密に言えば株式会社などの法人を設立せずに自ら事業を行っている個人のことを指し示しており、事業主一人や若しくはその家族そして或いは少数の従業員を抱える小規模の経営が一般的であり、特に制限はなく大規模な企業体を経営することもできないわけではないと定義されています。

その一方で法人とは人間以外が法律上の権利義務の主体となることが認められたものであり、法人の場合は個人とは切り離した別の法人格となるので生じる責任に関しても事業主本人とは切り離して法人が負うと定められているような存在です。

️フリーランスならユニットを組むのがおすすめ

フリーランスとして働きたいと思ってる方の中には、いずれ働きたいが一人で何かを始めるのはやはり不安に感じてしまうという方もいると思います。

先ほどご紹介したようにフリーランスとして働くのであれば会社に所属する働き方ではないので毎月の給料が不安定になったりお金が稼げなかったとしても誰にも文句を言えない状況になってしまうので不安に感じるのは至極当然のことであると判断できます。

しかしながら、だからといってフリーランスとして働かない方が良いのか、といわれるとそうではありません。

一人で行うのが怖いなら、二人で働けば良い話です。

例えば、ユニットを組んで働けば、一人でするよりも安心できますし、力を合わせた方が大きな力になり、大きく稼げる可能性も生まれます。

無理に一人で行おうとせずに、誰かと力を合わせればそれだけで大きな力が生み出されるという事をひとつの選択肢として考える事が大事です。

もちろん個人でもフリーランスはできる

ユニットを組んでフリーランスとして働くことによってたくさん得られるメリットがあるのですが、もちろん個人でフリーランスを行うこともできます。

そもそも自由に働きたいと考えてる人は誰かとユニットを組んだりすることによって多少なり面倒が割れる事を嫌う方もいるのでそのような方にとっては自分自身だけで仕事をする方がストレスもなく楽しく仕事を行うことができると思います。

あくまでユニットを組むと言うのは選択肢の一つであり絶対にそうしなければいけないと言うことではありません。

自分自身にとって一番良いと思える選択をしてお金を稼ぐ事が自分自身にとっても充実感を味わえる方法に繋がると思いますので、その点は勘違いされないようにしてください。

️ユニットを組んでフリーランスで働くのをおすすめする10個の理由

フリーランスとして働く上での魅力を簡単にご紹介しましたが、ここからはユニットを組んでフリーランスで働くことをお勧めする理由について具体的にご紹介していきたいと思います。

一人で働きたいと考えてる方は個人的にフリーランスを行えば良いのですが、フリーランスとして働くことに関してどうしても恐怖感があると考えている方はユニットで働くことをお勧めします。

今まで経験したことがないことに対して恐怖を感じるのは人間なれば当然のことですし、自分自身の生活というとても大きなリスクを抱えながら仕事をするわけですから、逆に恐怖感を感じない方がおかしいと思います。

何度もお伝えしますがあくまでユニットを組んで働くと言うのは選択肢の中の一つでしかありません。

例えば最初は初めてだし怖いから、誰かと一緒にユニットを組んで、ある程度仕事の内容が分かってくれば自分一人だけで仕事を行いたいな、と思って選択肢として選ぶのもありですし、新しいジャンルの知識を得たいが自分だけでは役不足なので、誰かと一緒に仕事させてもらって勉強させてもらいたいと考えて選択する事も間違った考え方ではありません。

自分自身のメリットとデメリットを総合的に考えて、メリットが上回れば選択すれば良いだけの話なので、自分にとってメリットが大きい選択肢を判断するようにしてみてください。

その上でこれからご紹介するメリットが自分にとって魅力的であるかどうか考えながら見てみてください。

仕事の幅が広がる

まずはじめにご紹介するユニットを組んでフリーランスで働くことをお勧めする理由は仕事の幅が広がるということです。

これはどういうことかと言いますと、個人でフリーランスとして働く場合は自分にとって知識があることでしか仕事をすることができません。

例えば極端な話プログラミング言語の中でAという言語があったとします。

あなたはAというプログラミング言語が使用できたとしますが、プログラミング言語はAだけではなく、BやCなどの様々な種類がありますので、Aはできても、それ以外のプログラミング言語はあなたは使用できないという状況になります。

しかし、そこで別の人でBとCのプログラミング言語を扱える人に出会えたとします。

そうなった時に、一緒に組めばプログラミング言語がA、B、C扱えるようになるのと同じ状況になります。

そう考えると、当然一人で行うよりも自分が出来ないような事が出来る人と組めば仕事の幅が広がるようになります。

時には、他のプログラミング言語を勉強できる機会があるかもしれませんので、自分自身の成長につなげられるチャンスにもなれるという事です。

労働力が増える

次にご紹介するユニットを組んでフリーランスで働くことをおすすめする理由は労働力が増えるということです。

これはかなり単純な話になりますが人と組むことによって当然ながらその分労働力が増えるということを意味しています。

何をするにしても一人でするよりも二人若しくは三人と人が増えた方がその分労働力が増えますのでより大きな仕事を行うことができるようになります。

冷静に考えればわかることですが従業員が10人に満たない会社と従業員が100人以上の大規模な会社を比べたときに行っている業務内容でスケールが大きいのは当然従業員が100人以上の大規模な会社の方ですよね。

それと全く同じように人が増えれば当然ながら労働力が増えて大きな仕事を行うことができるようになります。

単純に三人に増えれば、労働力が三倍になるということは当然ですがそれぞれの持ち味を活かすことによってそれが三倍以上の価値を生み出すこともありますので、時と場合によっては大きな力を生み出せる可能性に秘めていると考えることが出来ます。