ライバルという字は漢字で表す時に好敵手と書かれることが多いですよね?何かの漫画でも「ライバル!」と書くのではなくあえて「好敵手!」と書いてライバルと読むところもあると思います。

ライバルというのは誰しもいるものだと思います。

中にはそのライバルを超えてしまい、今はライバルがいないという人もいるでしょう。

ライバルというのはそれほど自分自身に影響を与える存在だと思っていてください。

ではどの様な時にライバルという言葉を聞きますか?または自分自身が言うようになりましたか?例えば自分自身で言うのであれば学校の部活動、バスケ部だったとして「あの高校の4番のキャプテンは私のライバルだ!
絶対に負けないぞ!」という表現もできるでしょう。

成績を競い合うライバルがいる、何かの技術に関して競い合うライバルがいる。

様々な形でライバルというのはいるのです。

このライバルという言葉は既に小さい頃から言ってきているのではないでしょうか。

小学生の頃とかでも友達と遊ぶときに使ったり、テレビゲームなどをしている時にもライバル!という言葉は出てくると思います。

今あなたにライバルはいますか?常にライバルがいるという人はスポーツ選手であったり、競う友人がいたりする人なのではないかと思います。

ですが今生きている人達の中の多くがそのライバルの為に腕を競い合い、時には力をつけるために努力をしてきている人達が多くいるのです。

切磋琢磨をしてそのライバルに勝ちたいがために努力して腕を磨くスポーツ選手もいれば、ライバルはいたとしても自分は我が道を行くという人も中にはいるのです。

様々な形でいろいろなライバルというものがいるという人もいるでしょう。

勉強のライバル、部活のライバル、恋のライバルなど、様々なライバルに勝つには努力とそれなりの力が必要になるのです。

ですがそれはどの様にして自分を磨き上げるかを考える必要があります。

1人でどうにかするという人もいれば、仲間の力を借りて自分を磨き上げるという人もいるでしょう。

その中でもライバルというものは、向上心などをあげてくれるのにとても重要な存在になります。

自分を磨き上げる存在にとってライバルというものは必要な存在になるのです。

ですが、最初は無我夢中で物事に対して熱心に取り組んでいたり、好きな人に対しては好意を寄せるだけだったという人もいるでしょう。

ですがふとしたきっかけで、無我夢中になった物事に対して負けたくないと対抗してライバルを作ったり、好きな人には他に好きな人がいる、またその好きな人を思う人が他にもいると知った時に負けないと思い対抗をするといった形を取るのではないでしょうか。

その様なことがライバルを多く生む形になるのです。

ですがそのきっかけは自分自身にとってとても良い経験にも繋がるのです。

その経験を積むことで次に新たなライバルがいた時に更に負けないという気持ちが多くなるのです。

これは負の思いから出るのではなく、新たにライバルが存在することによって更に自分を磨くことができるということになるので、多くの成長を見ることができます。

経験によっては自分を更なる高みへと連れていってくれることだってあるのです。

それほどライバルという存在は自分自身を切磋琢磨して成長をする重要な存在になるのです。

ライバルがいなくなるとどうなる?

ライバルがいなくなるとどうなるのでしょうか?最初は競い合った人達がいたけれども、その事が終わり決着がついてしまった、ということが漫画であることだと思います。

漫画の場合はまた新たなライバルの出現があり、更に自分自身ももっと強くなっていくという描写が多いと思います。

ライバルの存在というのはいないようで常にいるものだとも思っています。

ですがその様な存在が急にいなくなり、ライバルがいなくなると自分自身はどうなると思いますか?今までに磨き上げたものに更に自分1人で磨きあげていくのか、はたまた満足してしまってその事から離れていってしまうのか、もしかしたら今までの教訓を誰かに伝えているという人もいるかもしれません。

この様にライバルがいなくなると自分だけの時間というものが存在していくようになります。

何かの目標の為に日々頑張ったりする人、部活などで負けたくない相手がいる人など、スポーツに関しては勝ち負けというものが存在し、はたまた恋愛などに関しては好きな人と付き合うことができた!という状態になるのであればその後の生活というものが待っています。

その時にどの様に思うかで人もまた変わっていくものではないでしょうか。

例えば好きな人と付き合うことができた!という人はその人といる時間がもっと増えていくことになります。

ライバルという競う人がいなくても、もしかしたらまだその好きな人の事を諦めていない人だっているのです。

自分自身はそう思っていなくても相手から自分を見た時に「この人はライバルだ!」と思われている人もいるのではないかと思います。

それほどライバルというのは途絶えないものなのです。

自分はそう思っていなくても、相手からして見た自分はライバルだと思われている人は結構いるのではないでしょうか。

気づかなかったという人もいるかもしれません。

知らず知らずの内にライバルを増やして行っていることもあるかもしれません。

スポーツなどではこの様な例も挙がっています。

バスケでそれなりのプレイができてシュートもできて満足をしているけれど、周りはその人のことを目標として日々頑張っているという状況です。

周りの人達数人はその目標の人のようなプレイがしたいと思い、その人の事を研究し始めるのです。

そしてその人といざ一緒にプレイをした時に学ぶ物や他の物を得るようになり、闘争心を燃やし再び超えようと努力するのです。

この様なことがあるのは、目標となる人物、ライバルの様な関係を保てたから言えることでもあります。

ですがこのライバルがふといなくなると、ライバルの存在を超えてしまった場合は更なる高みへと目指すのがスポーツマンです。

誰にも負けたくないという気持ちから自分を鍛え成長させていくものだと思います。

これはスポーツに限らず他のことでも同じです。

恋愛の場合は付き合ってからライバルがいなくなると同時に「好きな人のことを他の人に渡したくない!」という気持ちで溢れかえっているのではないでしょうか。

その様な場合は自然と他の人が皆ライバルに見えてしまう、というパターンもあると思います。

この様にライバルの影響というのはすさまじいものなのです。

ですがそのライバルがいなくなった場合、その様に考えることができなくなり満足感だけで終わってしまうものでもあるのです。

もう誰にも渡さないという気持ちがありますが、熱というものが薄れてくるようになるのです。

それが続くと平和で穏やかな生活というものが待っているものだと思います。

その様に考えるとライバルというのは青春の1部ではないかとも思います。

ライバルの存在があるからこそ、自分自身も燃えることができる!その様な関係なので、ライバルがいなくなるということは、青春の終わりと言ってもいいかもしれません。

ですがあなたが気づいていないだけで、周りからはライバルと呼ばれているかもしれませんよ?よくあたりを見回してみると良いでしょう。

ふと気づいていないうちに、何人もライバルがいるかもしれません。

それは悪いことではないということです。

また新たに燃える様なことができる予兆でもあるかもしれません。

青春の1ページという言葉をよく聞くと思いますが、誰にとっても青春という1ページを書くことができ、新たに増やしていくこともできます。

ライバルの存在はそれほど自分自身に影響があるものだと言えることができるのです。

好敵手と言われる理由とは?


これはラテン語からきているrivusという小川という意味から取られているそうです。

1つのことを求めて競い合うということで好敵手、いわゆるライバルと呼ばれるようになったのです。

今でもその意味は通じるものがあると思います。

何か目標としている物がある、部活動の退会などで優勝を目指すとなればライバルは多くいることになります。

そのライバルとは他校のことです。

他校も同じように優勝を目指してトロフィーを勝ち取ると考えています。

この時に初めてライバルという存在ができるようになります。

同じ目標を持った人同士で競い合うというようなことはこの時始めてできるようになるということですね。

中学校や高校の部活動がとても良い例です。

優勝を目指すために努力をする、野球部であれば最初は甲子園を目指しますが、その後は甲子園での優勝を皆で目指す形になります。

1度ライバルたちに勝ち甲子園の出場をしたいという同じ目標から、次なる甲子園での目標に変わるのです。

その時は1つの物、同じ場所にいるところから始まり、勝ち取った後はまた新たに同じ場所に立つ者達が現れるということになるのです。

これはとても面白い仕組みだとも思っています。

野球部の場合は最初の目標は甲子園で優勝、ではなく甲子園に出場をする、というのが最初の目標によくなっていませんか?それは甲子園に立つためには、同じ様に出場したいと思っている他校に勝たないといけなくなるのです。

これがいわゆる1回目のライバル達になりますね。

ライバル達に勝つために努力をして練習をしてきた!という人たちが多いでしょう。

ですが相手も同じ様なことを思っているはずです。

それほどライバルというのは相手にとっても自分にとっても影響を与えるものになるのです。

そしてそのライバルに勝つと次は新たなるライバルが出てくるようになります。

昔で言うのであれば、小川を1つ取った後に更に上のキレイな小川を取りにいくために競い合う、といった形でよいと思います。

この場合は次になるライバルたちは甲子園での優勝です。

出場という目標は達成して、これまでのライバルたちに勝ったのです。

ですがここから新たなライバルの出現という形になります。

甲子園の優勝をかけて競い合うという全国の他校の選手達が多く入るような場所です。

それほど甲子園というのは年に1回あるにも関わらずとても大きく、熱中させるようなものになりますよね。

この時の熱中さはプロ野球以上にもなると言われており、それほど皆熱い青春というものを送っているということになります。

皆が皆、同じ目標に立つということをライバルと呼んで間違いないでしょう。

ですが競い合うだけではありません。

一緒に頑張る人たち、チームを組んで競い合うという人たち、チームプレーも大事ですがその1人1人もライバルとして見ている人は多いのではないでしょうか。

いかに他の人達より上手くなるかということを考えて行動をしている人は多いと思います。

その中でも密かに闘争心を燃やしている人だっているでしょう。

それほどライバルというものは漢字で好敵手と書きますが、まさに好む敵、好む相手と言っても過言ではないと思うのです。

若い間は様々な好敵手が来ることになるでしょう。

ですがこの好敵手たちと競い合って、初めて得られるものもあります。

嬉しさや涙、様々なものを得ることができますが、ライバルというのはそれ以降も続くということを覚えておきましょう。

常日頃青春を送ることだってできるということです。

好敵手とも書かれて言われたりしますが、それはまさしくライバルということになるのです。

ライバルはいますか?


今あなたはライバルという人がいますか?言える人がいますか?例えば目標にしている人がいるとします。

その目標にしている人はライバル、とは言い辛いですが、いずれその目標に達して超えたいという気持ちになった瞬間に、その人はライバルとして認識しても良いと思います。

ですがライバルというのは気づかない間に現れ、いつの間にか抜かされているなんていうこともあるのです。

この世界には何をしても上手いという人がいますが、その人を超えたいという人は何百人といるのです。

目標にしている人はずっと目標ではなく、超えるものだと思います。

その人を超えるか否か、解らないという状況になった時、初めて目標になる人がライバルへと変わるのです。

「今では立派なライバルになってしまった」とよく漫画などで見たりしませんか?最初は目標であっても、いずれはライバルになるということが解るような言い分でもあります。

ライバルというものは競い合うだけでなく、お互いのことを切磋琢磨して成長していく存在でもあるのです。

あの人に勝ちたい、あの人を超えたいという存在でも、ライバルになるということはそれほどの実力をつけたという証でもあります。

その時は自信を持って良いでしょう。

ですがライバルというのはそこから競い合い、通りこした後にいなくなってしまうものです。

これは自分自身が思うことでもあります。

ライバルという存在を超えてしまい、いなくなったという訳ではないのです。

周りがあなたをライバルと思っている人が少なからずいるということです。

言うのであれば、目標となる人があなたのことをライバルと思っているかもしれません。

また、目標の人物を超えた場合、つい昔までいた自分の実力と同じ様な人たちがあなたのことを目標とするかもしれません。

これはスポーツ界などではよくあることですね。

抜かしていった人々が、次の目標としている人はと聞くと必ずあなたになる、ということになるのです。

自分自身は目標となる人物を超えて満足をしていますが、ライバルというのはふと見ると多くいるのです。

それは自分と同じ立ち位置の人だけではないということになります。

もしかするとライバル意識というものがその様にさせるのかもしれませんが、ライバル意識を持つというのも立派なことであり、恥ずかしいことではありません。

その様な人がいればいるほど、相手も、そして自分自身も磨きあげることができるでしょう。

あらゆるライバル

ライバルというのはどこでも存在します。

例えば会社で働いているのであれば会社でのライバル、友人であれば友人など、いかなる場所にも存在していると考えてよいでしょう。

「自分はその気ではないけれど相手が…」という人もいると思います。

ですがそれに対して鬱陶しいなど思うのではなく、自分自身も頑張らないと!といプラスの思考でいれることがライバルの特徴でもあるのです。

最初は「えー…」と思っていても後々で、負けたくないという気持ちが多くなっていくのではないでしょうか。

また、ふとした短い時間でもその様に思うことがあるのではないでしょうか?例えば何かの抽選会などで列に並んでいる際は、当てたいという気持ちがありますが、他にも同じように思っている人たちがたくさんいるということになります。

当たりが少ないという中で他の人より当てたい!と思うのであれば、他の人たちは全員ライバルという形になります。

これは考え方の違いにもなりますが、ライバルというのは同じものを競い合う、と先ほど言いました。

この様な抽選会などにも同じようにライバルと言える存在になることが多いということです。

他にも学校の提出物や評価などでも他の人に成績を負けたくない!と思う人がいるのであれば、その人は他の人達が全員ライバルになることは間違いないでしょう。

この様なことが起こる際に、ライバルではないけれど負けたくないと思う人もいるかもしれません。

ですがそう思うからこそ、あなたは相手のことをライバルとして見ているという証拠になるのです。

他の人のことを少しでも気にかけたり、負けたくないという意識が出るのであれば、その人はまぎれもなくライバルと言える存在になるでしょう。

では具体的にどの様な状況の中でその様なことが言えるのかを見ていきたいと思います。

会社

会社というのは立場により身分が違ってくると思います。

まず社長がいて秘書がいて、副社長がいて…といった形で上下関係がはっきりとしている場所でもあります。

ですが社員から部長になり、社長になるといったケースも少なくありません。

そうなった場合のライバルは一体誰になるのでしょうか?社員の状態の時は同じ同期の人たちがライバルになることは間違いないでしょう。

例えば営業などでは成績も反映されどれだけ売れたかなど見られることがあると思います。

同期より営業が少ないと悔しいと思ったりすることがあるのであれば、その人は自動的にあなたから見てライバルという形になります。

相手はそう思っていなくても、あなたからライバルとして見るのであればれっきとした好敵手になるのです。

そこから更に翌月、翌々月と成績を見る時にその人を超えていたら喜んだりしますよね?誰でも嬉しいと思います。

何故ならその人を超えたいという目標から見事達成したということになるからです。

それほど目標というのは自分自身を成長させるために必要なことだと思うのです。

目標を立てることで自然とライバルというものができますが、会社の場合はこの様なことがあげられるでしょう。

そして社員の状態から部長クラスにあがり、更に部下を持つようになるということがあります。

その中で部下に教えていくことは、当時営業として周っていた社員の時の時代の経験が挙がるのではないでしょうか。

その時のことを思い出すととても充実をしていたと感じる人も多いのではないでしょうか?それもそのはずです。

目標にしているライバルの存在があったからこそ、その時が充実していたと言えることができますし、部下にちゃんと教えることもできるようになるのです。

よく部下から聞かれるという人は、部下にとってはあなたを目標にしているという意味にもなるのかもしれません。

気になるという人は一度部下の目標というものを聞いてみても良いのではないでしょうか。

そして社長クラスになるとどの様なことがおこるでしょうか。

皆をまとめる、会社全体をまとめるような人になるということです。

ライバルはいない、と思うかもしれませんが、会社というのは同じようなことをしている事業がたくさんあります。

このたくさんある中、我が社を選ぶというのはとても嬉しいことですが、他の会社の社長も同じようなことを思っているはずです。

売り上げの関係など、他の会社に負けたくない、という気持ちから自然とライバルに変わっているはずです。

それほど社長クラスになってもライバルというものは尽きないのです。

競う相手がいるということは必ずその人がライバルになるということでも間違いありません。

今いないという人でも、いずれもしかすれば目標になる人ができてライバルになる可能性もあるかもしれませんよ?

個人

個人のライバルというのは様々な形でいます。

例えば一緒にゲームをして1位を取りたいと思っている自分自身含めて他の3人はライバルと言ってもよいでしょう。

よくテレビゲームでは4人で対戦をするゲームというものがありますが、その中で1位になりたいと思って対戦をする人もいるのではないでしょうか。

子供の頃は純粋に強い、弱いという形で表現をしましたが、強くなるために、という努力だけはしてきたと思います。

これを中学生の頃とかにやるとライバルだと思う人もいるのではないかもしれません。

あの当時は皆がライバルだったという人もいるのではないでしょうか。

ゲームで競い合ったり、小学校の頃だと徒競走、縄跳びなどでも競い合うことが多くあったのではないでしょうか。

どれだけ何か物を集められるか、なんていうこともやったのではないかと思います。

その時は純粋に楽しかったという思い出だけで終わるかもしれませんが、その時のライバルはその事に対して参加していた全員になるのです。

友達と思っていて一緒にしていてもふとライバルになっているということが多いのです。

よくあるのは恋に関してのエピソードが多いですね。

好きな人がいるけれど他の友達もその人のことが好きだったと聞いた時にどの様に思いますか?少し落胆する人もいれば、あきらめるという選択肢を取った人もいるのではないでしょうか。

ですがあきらめずに頑張った人もいます。

その様な人は好きな子に全力で振り向かせるために努力をしたのではないでしょうか?他の人に取られたくないという気持ちが、ライバル心に火をつけたのです。

よりその目標に対して熱くなれるということは、それほど好敵手、好きな子のことを同じ好きな同級生に負けたくない!とその気持ちで頑張ってアプローチなどをかけていたのではないでしょうか。

その当時はとても熱く、ライバルに勝った際はとても嬉しく思ったのも思い出になっている人が多かったはずです。

学校で1番可愛い子と付き合うことができた、 と自慢気に言う人はもしかしたらその様な努力があってからこそ辿りついたものかもしれません。

誰しも何かに熱中して我慢をすることがあります。

その目標にはライバルがとても多いですが、時には苦しいといったこともあったのではないでしょうか。

ですがその目標を達成したときは、それはとても心地の良いものだったと思います。

嬉しくて飛び跳ねるようなこともあったのではないでしょうか。

ライバルというのはこの様に熱くさせることもできるので、昔の頃を思い出す際にライバルがいくつか出てきているのではないでしょうか?

自分

自分自身がライバルだ、と思う人もいるかもしれません。

これは少し難しいと思う人もいるかもしれませんが、自分自身というのは過去の自分と当てはめてみても良いでしょう。

また今現在の自分自身に勝つためには、という考えでも良いと思います。

例えば過去の記録を塗り替えたいとなった時にその記録を抜かすには自分自身を超えなくてはいけません。

その目標こそが自分を好敵手、ライバルとして見ているという証拠でもあります。

少なからずその様な場面にあったという人は何人もいるのではないでしょうか?例えば今の自分の記録を抜かしたい、今の自分より更に高めたい、と思った時にこのままではダメだと思う人が多くいると思います。

過去の自分はと悔やむ人もいるでしょう。

この様な中で自分自身をライバルとして見る場合は、今の自分自身に納得がいかないと思っている人たちです。

なので自分自身を変えたいと思っている人、超えたいと思っている人は少なからず自分をライバルと見ているといって良いでしょう。

ライバルの存在で成長できる理由

ライバルの存在で成長ができると実感することができると思います。

例えばそのライバルに負けないようにそのライバル以上に練習をするというのが良い例です。

例えばバスケで言うとドリブルをひたすら300回行っていますが、ライバルはその倍をやっていると聞くと悔しく思いますよね?自分は更にその倍以上のことする!と決めるとなるととてつもない量になると思いますが、同時に自分の能力を高めていくことになります。

これにより高い持久力やドリブル力を得ることができたと考えるとそうなったおかげはこのドリブルにあると言えます。

ですがその影響を与えてくれたのはライバルの存在であるということでもあります。

仮にライバルという存在がいなければこの様なことはしなかったのではないでしょうか。

相手に負けたくないという気持ちから、特訓をしていくのではないでしょうか。

その努力の積み重ねが多いとライバルの存在がより大きく見えるのではないかと思います。

それほど成長をするということは何かのキッカケというものの影響を受けるということです。

その影響によりより自分のやる気も出すことができるようになるのでモチベーションの向上にも繋がります。

相手がいることで負けないという気持ちが自然と出るようになるのです。

そしてその中で更に成長をできるようになります。

例えば相手のことをよく見るようになったり、スポーツなどでは油断、ミスなどを減らすことだってできるようになります。

ミスをしてしまった場合はそのミスから何かを学び取ることだってできるのです。

そして何よりもライバルの真似をすることでライバルと似たようなこともできるというのが1つ大きな力の原因となっています。

これは相手に負けたくないと同時に、相手はどのようにして動いているのかというのが瞬時に解ってくるようになるのです。

なので目標としているライバルが高い位置にいればいるほど、その真似をすることでより高い技術を得ることができるようになるのです。

相手をより研究することで自分の技術を向上させるというのはとても大事なものであり影響力というものを与えてくれます。

ではライバルがいることで具体的にどの様な成長ができるのかを見て行きましょう。

ライバルがいないという人でも、よく考えて見るといるかもしれませんよ?ライバルの存在はこれまで話しをしてきた通り影響力があると言いましたが、どの様な影響を与えるのか見てみましょう。