「今月お金がピンチなのに、急な出費が必要になって困っている!」「どうしても欲しいものがあって、でもお金が足りない・・。」「今月の生活費が払えなくてどうしよう・・・!」など、お金が必要なのに、どうしても足らなくて困ってしまったことがある人や、現在進行形で困っている人もいると思います。

自分の手元にお金がなければどうにかして作り出すしかない、でもローンは金利が高そうで不安だし、そもそもどうやって借りたらいいのかも分からない・・そんな人のために、急いでいる時にこそおすすめの、3個の借入方法についてご紹介します!ぜひご参考になさってみて下さい。

お金を借入する3個の方法

何もない状態からお金を借入しようと思うと、とても難しい印象がある人も多いと思います。

また、お金を借入したことのない人にとっては、借入自体があまり良くない印象があるかもしれません。

しかし実際には、お金を借入すること自体はそこまで難しくはありません。

問題なのは、借入を行った後のしっかりとした返済計画が立てられるかどうかということです。

例えば一度に10万円借入を行った場合に、毎月いくらずつ返していくのか、ローン会社であれば毎月最低限の決まった返済金額を契約する必要があります。

しかし身内や友人に借りるのであれば、借入の際にきちんとした取り決めをしておかなければ返済がうやむやになってしまい、相手との関係にヒビが入ってしまう可能性もあります。

よくローン会社のCMで「ご利用は計画的に」というフレーズを耳にすることがありますが、これは正しくきちんとした返済計画を立てた上で借入をしましょうねといった意味合いが含まれているのです。

予めしっかりと返済計画を立てた上で、以下に具体的な借入方法を3個ご紹介していきます。

1.知り合いにお金を借りる


知り合いにお金を借りる方法は、借入の中でも最もリスクは低いですが、その分相手から自分自身への信頼度が著しく変化したり、場合によっては周囲の人まで巻き込んだトラブルになったりする可能性があります。

特にお金に関することでは誰もが必死になったり、考え方がシビアになったりすることも少なくはありませんので、そもそも「お金を貸して欲しい」と頼まれた時点で嫌な顔をする人もいることでしょう。

また、どんなに日頃は仲の良い友人同士だったとしても、片方が借入の話をした途端に、急に相手が距離を取ったり、疎遠になられてしまったりすることもあります。

それはその人がお金の貸し借りに関して嫌悪感を抱いている場合や、それだけお金に関して厳しい考え方を持っている場合に多く、「例え友人の頼みであってもお金の貸し借りだけはしたくない」と断った上で、二度と同じことを頼まれないように自然と距離を取ってしまうのでしょう。

それだけ「お金の貸し借り=トラブルの火種となるイメージ」が世の中には定着してしまっているのです。

例え知り合いから借りる金額が、数百円や数千円程度であったとしても、それが何度も回数重なっていくことで、相手からの印象は少なからず悪くなります。

また、毎回きちんと直ぐに返済をしていても、やはり何度も借りてしまうと「この人ってお金の管理きちんと出来ていないのかな?」「次に会う時にもまた貸してって言ってくるかもしれない」と相手に警戒心を抱かせたり、信頼関係を揺らがせたりする原因となってしまうことでしょう。

知り合いにお金を借りるということは、それだけ周囲の人間関係にヒビが入るリスクがあることを予めきちんと理解しておく必要があります。

その上でどうしてもお金が必要な場合には、知り合いであってもきちんとした手順を踏んでお金を借り、きちんと返済するようにしましょう。

2.カードローンで借りる

現在ではたくさんのカードローン会社があります。

有名な会社で言えばアイフルやアコム、プロミスなど、CMで一度は見たことがあるという人もいることでしょう。

ローンと聞くとあまり良い印象を抱かないかもしれませんが、きちんと返済を行っていれば、決して怖い存在ではありません。

むしろ、私たちが「ローン会社って何だか取り立てが怖そう」と悪い印象を抱くよりも、ローン会社の方が見知らぬ相手にお金を貸す立場にあるのですから、会社側の方が余程リスクを背負っていると言えるでしょう。

何せ貸した相手の返済がもし滞れば会社側の赤字になるわけですし、自己破産をされようものなら、借入を行った相手からの取り立ても出来なくなってしまいます。

全く見知らぬ、顔も見ないような相手に数十万円、多い時で数百万円単位のお金を貸すわけなので、当然審査もある程度厳しいものとなります。

きちんとした身分の証明や会社に勤めているかどうか、勤めているのであればその会社への在籍確認や年収の確認などをすべて行った上で、信用出来そうだと判断した相手にのみお金を貸しています。

貸す側にとってもリスクが高いため、当然それなりの金利が加わります。

それらを理解し、また審査に通って初めてお金を借りることが出来ます。

最近ではインターネットで申し込みを行い、簡単な電話連絡のみで直ぐに審査の結果が出ることも多いため、急に数日以内にお金が必要になった場合でも、短時間で借入が出来るかどうかを確認することが可能です。

また、お金を借りる立場の人では会社側と直接顔を合わせたくはないという人も少なくはありません。

借入をすることを少なからず恥ずかしいと思っている人ほどその傾向が強いです。

そのため、あちこちにローン会社の無人機が設置しており、誰もいない空間で手続きを進めることが出来るようになっています。

カードローンの場合には返済期日が決まっていますので、毎月最低限の決まった金額を返済し続けることで、時間はかかっても返済することが出来ます。

また、返済が滞れば自分の勤務先や自宅などへも連絡がいってしまうため、そのリスクもあり嫌でもきちんと返済しようという気持ちになれます。

3.銀行カードローンで借りる


ローンをする場合には、先に挙げたようなカードローン会社の他に、銀行カードローンで借入を行うことも可能です。

銀行カードローンでは、予めその銀行の口座を持っている人は、手続きを多少スムーズに行うことが出来ますが、反面審査が他のローン会社よりも厳しくなります。

その理由として、一般的なローン会社よりも借入限度額が高い設定になっていることが多いからです。

アコムやプロミスといった一般的なローン会社では、借入限度額の上限が最大500万円程度までですが、銀行カードローンの場合では最大で800万円や1000万円までの借入を行うことが出来ます。

そのため、当然審査は厳しくなりますし、きちんと返済出来ると信用された人でなければ借りることは出来ません。

しかし銀行カードローンで借りることが出来れば、他のローン会社よりも低金利で借りることが出来ます。

また、他のローン会社の場合には本人がきちんと働いていなければまずお金を借りることは出来ませんが、銀行カードローンの場合には配偶者に収入があれば借りることが可能です。

そのため、夫婦で旅行するために資金が必要な場合に、ローンの手続きをするのが専業主婦の妻であっても問題はないわけです。

このように、銀行カードローンで借入を行う場合には、身分や勤務先がしっかりとしており、厳しい審査に通りさえすれば比較的余裕を持ってお金を借りることが出来ます。

【お金を借りる方法については、こちらの記事もチェック!】

知り合いに借入を頼むときの注意点

知り合いに借入を頼むときには、いくつかの注意点が必要になります。

その注意点をきちんとしておくかしないかで、その後の人間関係が大きく変わってきます。

何せ、100円であっても貸すことに対して抵抗のある人はいますし、実際に貸していなくても、「お金を貸して欲しい」と頼まれた時点で嫌悪感を表す人もいます。

それだけお金に関しては、シビアな価値観を持っている人は多く、むしろ喜んで大金を貸してくれる人などほとんどいないと言ってもいいでしょう。

仮にあまりにも簡単に貸してくれる人がいた場合には、借りる側の人間がある程度の警戒心を抱く必要があるでしょう。

無償で簡単にお金を貸す人ほど、自分が困った時には当たり前に過去の恩を盾にして迫ってくる可能性もありますし、お金を貸したことを弱みにして何かしらの要求をしてくる場合も考えられます。

もちろんそんな人ばかりというわけではなく、中には本当に無償でお金を貸してくれる人もいることでしょう。

しかしそれだけお金を貸す側も借りる側もリスクがあることを理解した上で、ある程度の警戒心は持っておいた方が無難でしょう。

借用書を書いておく

ローン会社と契約を結ぶ際には会社側が契約書を用意してくれるため、その内容を把握して了承すれば良いですが、知り合い同士での貸し借りとなると、何も手元にはない状態で行います。

しかし、口約束や特に返済内容などを取り決めずにお金の貸し借りを行ってしまうと、相手の都合で急に全額返してくれと言われたり、その場その場の都合で返済内容が変わってしまったりすることも少なくはありません。

また、最初から貸す側が「毎月1万円ずつ返して欲しい」と言っていたとしても、こちらがそれをきちんと守れるかどうかは、相手からすれば不安に感じてしまうこともあるでしょう。

そのため、知り合いから借入を行う際には、必ず借用書を書いておくようにしましょう。

出来れば借りる際にお互いの意見を出し合って、納得した内容で借用書を作成するのが良いでしょう。

いつお金を借りて、最終的にはいつまでに返すのか。

また毎月いくらずつ返済していき、最悪返済出来ない場合には代わりに誰から返済してもらうかなど、借りる人間の身内の連絡先なども控えておけば貸す側も多少は安心出来るでしょう。

そこまでしないにしても、きちんと借りる人の署名や母音を控えておくことで、何かトラブルになった際にはそれを持って警察や弁護士に相談することも可能です。

借用書は、お金の貸し借りをする上ではとても重要なものになりますので、どれだけ親しい間柄同士であっても、躊躇せずに借用書を用意しましょう。

もしあなたがお金を知り合いに貸す立場になった時には、相手が借用書にサインするのを嫌がったら、それを理由にして貸すのを断ることも出来ます。

相手が誠実であれば、決してサインを嫌がることはないのですから。

利息はしっかりと払う

ローン会社に借りるわけではなく、知り合い同士での貸し借りなのに利息をつけるのか!と言われてしまいそうですが、お金を借りた場合にはある程度の利息をつけて返した方が、その後の人間関係を良好なものに保てます。

金銭感覚がシビアな人の場合には、お金を貸す際にきっちりと利息分も請求してくることがありますが、大抵の人は気を遣ってそこまで相手に求めることは出来ないでしょう。

しかし、お金を貸すという行為は誰でもそれなりにリスクがあるものですし、本心ではもしかしたら少しくらいの利息が欲しいと思っているかもしれません。

そのため、借りる側は「利息」というよりは、「相手にお世話になったお礼分」として少し多めに返済してあげると良いかもしれません。

とはいえ、もし10万円借りて返す時には倍にして返すようなことをすると、反対に相手は驚いて拒むこともありますので、借りた額に数万円程度色を付けて返すと良いでしょう。

もしそれでも相手が拒んだ場合には、お礼として美味しいものを御馳走したり、遊ぶお金を少し奢ってあげたりすれば素直に喜んでくれることでしょう。

態度が変わるのは否めない

どんなに仲の良い間柄であっても、お金の貸し借りの話となると、少なからず嫌な反応をする人はいます。

それは何も相手に対して不快な感情があるというわけではなく、あくまでも「お金の貸し借りをする」という行為に対して抵抗があるのです。

そのため、自分にとって嫌なお願いをしてきた相手に対しては、やはり多少なりとも幻滅したり、態度が変わってしまったりすることはあるでしょう。

もしどうしてもお金が必要になって誰かに借りたいと思った時には、お金の価値観に対してシビアな人にはまず頼まない方が良いでしょう。

また、仲の良い友人であっても、貸し借り以降関係が微妙に気まずくなってしまう恐れがありますが、それらのリスクを承知した上でのみ行動するようにしましょう。