世のなかの人は様々なコンプレックスを持っている事が多いです。

例えば、一般的にコンプレックスとして考えられがちな事は身長や顔といった身体的な悩みであったり、考え方、能力、経験などの内面的なコンプレックスなど様々な事が考えられます。

そんな内面的なコンプレックスには学歴コンプレックスという言葉が存在しています。

学歴コンプレックスとはその名前の通り学歴に関するコンプレックスを抱いているという事です。

例えば、一般的には高校までしか卒業していない事に対する周りからの学歴に対する見られ方を意識したものであり、そのほかには一流大学に入学、卒業できなかったコンプレックスなどが考えられます。

大学を卒業するという事は人によってはとても大事な考え方であり、学歴が重要であるという考えの元形成される考え方です。

学歴がすべてではないと考える方やと学歴がすべてであると考えている方の考え方の違いによるものですが、なぜそこまで学歴にこだわる必要があるのかわからない方も多いと思います。

それは学歴によって最終的に大きな差が生まれるからです。

それは例えばお金であったり社会的な身分、周りからの印象など様々な面を指し示しています。

しかし、本当に学歴がすべてなのでしょうか?
それを踏まえた上で、今回は高卒をテーマにして、高卒でも社会で活躍する方法をご紹介します。

高卒、大卒の学歴って関係するの?

高校卒業するということと大学を卒業するということ、この二つの学歴はどのようなるで関係があるのかわからない方もいると思います。

一般的に考えるならばまず高卒と大卒の違いとしてはお金の面がとても大きな差が生まれると考えられます。

まず、高校卒業と大学卒業では賃金の差が発生するという点に着目していただきたいと思います。

会社によって違うかもしれませんが一般的に高校卒業の学力を持って就職される方と大学卒業の学力を持って就職される方は雇用される際の最初の賃金が違う場合が多いです。

実力主義の会社であればそんなことはないかもしれませんが、それ以外の会社は明確に賃金に差を出している会社が多いです。

そしてそれが一生続くということを念頭において考えた時に生涯年収として考えるとかなり収入が変わってくるという事がわかるはずです。

例えば、あくまで平均ですが、調査結果として高卒は生涯年収が42年勤務で2億4000万円であるのに対し、大卒は生涯年収は38年勤務で2億8000万円であると結果が出ています。

大卒は在学していた時期を除外して4年も勤務年数が少ないのに生涯年収ではなんと4000万円以上も多く稼いでいる事がわかります。

そして、お金の面以外でも、一概にすべてではないですが大卒しか雇用条件に含まれていない会社があり、大卒限定の会社の方が賃金なども高卒を募集している会社よりも恵まれている場合が多かったりします。

当然一流企業に就職するには有名大学を出ていなければ雇ってもらえないというような暗黙の了解などもあったりするので、大卒の学歴があるという事は将来良い会社に就職できる可能性を秘めており、お金の面でも社会的な立場の面でも有利に働くからという見解ができるのです。

世間がみる高卒の印象

では高卒と大卒を一般的に世間の目線から紐解いていくとどのような見られ方をされているのでしょうか。

今は少なくとも昔と比べて時代が変化しており、お金を稼ぐという面においては意見がわかれつつあります。

結局はその人の考え方次第といった所にはなってしまいますが、それでも一般的に見て高卒の方が大卒に比べて劣っていると考えている人は少なくありません。

具体的にどういう風に見られているのか、意見が多いものなどをピックアップしてご紹介します。

教養が低い

まず世間が見る高卒の印象の1つとして教養が低いということが挙げられます。

そもそも教養とは何かと考えた時に、教養は人間の精神を豊かにして高等円満な人格を養い育てていく努力、そしてその結果を指し示す言葉として用いられています。

高校を卒業しただけの人間と大学を卒業した人間を比較した時に高校卒業しただけの人間の方が教養が低いと思っている方は多いです。

厳密に考えて大学を卒業した人でも教養が低い人は教養が低いと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、世間的に多い声としてはやはり高校を卒業した人のが教養が低いという印象を持っている場合が多いです。

コミュニケーション能力が低い

次にご紹介する世間が見る高卒の印象の1つとしてはコミュニケーション能力が低いということが挙げられます。

これに関しては異議を唱える方もいるかもしれませんが、コミュニケーション能力に優れている人間は高卒の人間でも十分存在していると思う方もいると思います。

一般的に考えれば高校と大学を比べると大学の方が在籍している人の数のははるかに多いです。

学校にもよりますが、大学に在籍している人間は何万人を超える学校などもざらに存在しています。

なので、人と関わるという点においては高校よりも大学の方が圧倒的に多くなるという事が理解いただけるはずです。

大学になれば、当然高校と比べて行える事の規模なども大きくなったりして、よりたくさんの人と関わる事が多くなります。

サークル活動やイベントなども大規模になり、常にたくさんの人と接する日常を送る事が多いので、高卒と大卒を比べるとどうしても場数が大きく変わってきます。

そういった意味でも、大卒の人間の方がコミュニケーション能力が高いと判断する要因へと繋がっていると考えることが出来ます。

知識がない

次にご紹介する世間が見る高卒の印象の1つとしては知識がないということが挙げられます。

これはかなり単純な意見かもしれませんが高校まで勉強してきた人と大学まで勉強した人間はやはり学力に差が出てしまいます。

当然勉強する期間が大学に在籍をしている分多くなるということも一つの理由ですが、大学生に関しては学校の勉強以外にも様々なことに興味を持って勉強できる環境が整えられています。

高校と比べて大学の方が学びという点においてはやはり考え方やその規模などもまったく違ってくるので、大学を卒業した人間の方が知識があると判断されてしまうのは当然だといえます。

また、大学の勉強内容の方がもちろん高校レベルの勉強と比べると圧倒的に難易度が異なります。

なので、大学の学力の方が総合的に高いと判断せざるを得ません。

しかし、考え方によっては大学の勉強が社会でどのように役立っているのかと問われると明確に答えられる人間が多くないのも事実です。

しかし、学んできた姿勢であったり、学ぶ方法、勉強に対する意欲という点では後々社会で勉強をする時の役に立っていると考える方もいます。

一概に役立っていないとも考えられますので、判断が難しい部分にはなります。

高卒のメリット

世間一般の人が見ている考察に対する印象としてはあまり良いものではないという結果がわかりいただけたと思います。

もちろんあくまで一般的な考え方であり人によって細い考え方は異なります。

例えば大学を卒業しているような人でも高卒に対してできる人間はできるし、学歴は関係ないと思っている人もいれば、高校卒業した学歴の人からすればやはり高卒ではまともな仕事につけるに、大卒にはかなわないと感じている人もいるかもしれません。

結局はその人の考え方次第という部分にはなりますが、後からは高校卒業ですぐに社会人となることのメリットについてご紹介をしていきたいと思います。

ここまでは高卒についてはあまり良い印象を持たれていない意見ばかり紹介しているので、メリットに感じる部分がないと考える方もいるかもしれません。

しかし、よくよく考え方を変えてみると高卒だからこそ得られるメリットは少なくとも存在しています。

何が正しいのかという答えは存在していませんので、自分なりに高卒のメリットと大卒のメリットという部分を比較して、自分にとってどちらが良いメリットの部分が大きいのかということを判断する方がより自分なりの正解を導き出す正しい判断であると考えることができます。

自分自身はどの様に考えるのかということを踏まえながらこれからご紹介するメリット確認してみてください。

早い段階で社会を経験ができる

まずはじめにご紹介する高卒のメリットとしては早い段階で社会を経験することができるという点です。

一般的に考えて高校を卒業してすぐに働き出した人が社会人としての経験を大学に通っている方と比べると4年も早く経験することができます。

4年間と言うと人生においてはあっと言う間だと考えることもできますが、ある程度社会に慣れてから経験する4年間と全く社会を知らない状態で仕事を行っていく4年間と比べたときにおそらく後者の方がとても濃い時間を過ごせるはずです。

今まで学生として過ごしてきた時間と社会人として過ごす時間は全く違うものです。

少なくとも社会人として働いている人間の方が社会人としての自覚も高まりますし、自分で働いてお金を稼いでいる分、考え方などは大人びたものに変化するはずです。

人生の早い段階で社会を経験することができるということはとても大きなメリットであると考えることができます。

高卒の人の中には社会を知り、社会の厳しさを知ることでより自分自身の価値を高めるために行動できる人もいます。

確かに行動出来ない人はいつまでたっても行動できないかもしれませんが、その社会としての厳しさや現実を目の当たりにして会社の社長としてバリバリ働いて稼いでいる人はたくさんいます。

結果として考えれば、高卒で社長をしている人間と大卒で一般企業でもくもくと働いている人を比較すれば、年収に関しても社長の方が上回っている場合は多く考えることが出来ます。

社会を経験することによってその経験を最大限に生かせる人間は高卒であったとしても、伸びる可能性が秘められていると考えると、高卒でも劣っているわけではないと考えることが出来ます。

自立できる

次にご紹介する高卒のメリットとしては自立することができるという点です。

先ほどご紹介したように大卒の方と比べて4年も早く社会人としての経験を行う中で社会人としてお金を稼ぐ大変さを身に染みて感じる事が出来るようになります。

社会人として働く大変さを実感し、お金を稼ぐ事の大変さを知るという事は、 今まで自分を育ててきてくれた親に対する感謝の気持ちを持つことにもつながります。

初めて社会人として働き出した時は自分の想像を上回るような大変さや悩みなどが生まれることもあると思います。

しかしながらおそらく大多数の方は自分自身の親が仕事に対して文句を言ったり、子供を心配させる様な言動を見せている人はあまりいなかったと思います。

働くことの大変さを知った上で親の責任の強さという面を理解した時、かならず親に対する感謝の気持ちや偉大さを理解する事に繋がるはずです。

それは大人びた考え方が出来るようになった証拠でもあり、成長している証です。

この点においては少なくとも高卒の人と大学に在籍している当時の人を比べると高卒の人間の方が上回っている部分になります。

自立した考えを持つことによって今までの自分よりも何倍も成長できる可能性が生まれてくるので、早い段階で自立した考え方や行動ができるようになるということは人生においてもより大きなメリットをもたらしてくれると考えることができます。

稼げる

次にご紹介する高卒のメリットとしては稼げるという点です。

考えてみればものすごく当たり前のことかもしれませんが大卒の人と比べて早くに仕事を行うという事は、その分大学に在籍している人勉強している時間を高卒は働いている時間に充てているという事です。

つまり、早い段階でお金を稼ぐことが出来るという事です。

もちろん大学に在籍している人も働いている人はとても多いと思います。

しかしながら大学に在籍している人が働くと言えば土日などの休みの日にアルバイトを行ったり、平日の学校が終わった後に数時間ほどアルバイトをしたりするということぐらいしか出来ない限界があると思います。

アルバイトは基本的には時間給が支払われているので、大学に在籍している人の忙しさを考えるならばある程度がんばったとしても月10万円程度が限界である場合が多いです。

しかしながら高卒でも正社員として働いている人は20万円近い金額を稼いでる場合も多いです。

なので高校卒業した時点ですぐに正社員として働いている人はその分お金を稼いでると言う事は一つのメリットとして考えることができます。

高卒でも社会に貢献できる方法

ここまでは高卒のメリットについてご紹介をしていきました。

しかしながら先ほどご紹介したメリットの中において、早くから社会人の経験ができるということ以外の面は最終的に大卒の人に追い抜かれてしまうという間も存在しています。

例えば大卒の人でも大学を卒業して就職をした後は自分自身で働いていくことになるので自立心は遅かれ早かれ身に付けるものになります。

稼げるという点においても冒頭でご説明した通り大学卒業した人の方が4000万円も生涯年収としては差が出ている結果が現れています。

単純に考えてみると大学の人が働いていない4年間の合計年収が4000万円に満たない場合は、結果的に高卒の方が生涯年収ではを追い抜かれてしまうということが考えられます。
メリットとして考えても良いのだろうかという疑問が浮かぶ方も多いと思います。

しかしながら様々な事情があったりして大学に通えないと言う人もいたりするので一概に高卒であるから悪だというわけではないのです。

そもそも有利と不利という点に分ける事ができても、優れているとか劣っているという点で判断する事は人間としてもモラルを含めるとあまり良い考え方ではありません。

言い訳と思う方もいるかもしれませんが、高卒の人間でも真面目にしっかりと働いてる人はいますし、大卒の人間でも真面目に働いていない人はたくさんいます。

最終的にはその人自身によって何もかも変わってくると考えることができます。

そして、たとえ高卒だったとしても社会に貢献できることはいくらでも存在しています。

具体的に高卒が社会で貢献できる方法についてここから簡単にご紹介していきたいと思います。

学歴不問の会社で結果を出す

まずはじめにご紹介する高卒でも社会に貢献できる方法として学歴不問の会社で結果を出すということが挙げられます。

世の中に存在している職業の中には、給料がだんだんと上がっていく年功序列のシステムを採用している会社もあれば、自分が結果を出した分だけ給料が増えていくというシステムとに分けることができます。

例えば公務員に関しては働いていけば働いていくほど年々給料が上がっていく職業の代表例として考えることができます。

そしてその反対に保険の営業マンや不動産の営業マンなどは、自分が出した結果の分だけ給料をもらったりする場合が多いです。

これは営業マンの仕事内容にかかわると思いますが、一般的に保険や不動産に関しては個人いよって売り上げが大きく変わってきます。

不動産は特に販売している商材の価格がかなり大規模なので、ひとつ売るだけで何千万円もの売り上げといった大規模な金額になるのです。

なので、冷静に考えれば何千万も売り上げているのにたった数百万円しか売っていない他の営業マンと同じ金額しかもらえないと不公平だと感じ、優秀な人が辞めてしまいますよね。

そういった意味も含めて自分の売上に比例して給料もらうというシステムを採用している会社がとても多いです。

しかし冷静に考えればこれはとても当たり前のことで、会社に貢献している人間が高い給料もらうことは何の違和感も感じることはありません。

高い売上を出すと言うことはその分会社にとって必要な存在であり会社としてもそれなりの価値を持っていると認めざるを得ないからです。

このような結果重視の仕事に関しては、大学を卒業しているとか高校卒業しているという事は全く関係がありません。

なぜなら大卒だから高い売上を誇ることができるという確証がないからです。

このような世界では大卒の人間が高卒の人間に売上で負けているということは普通に存在していることです。

なので、高卒の人間が社会に貢献する方法としては実力重視の学歴不問の会社で結果を出すということが一つの方法として確立されるはずです。

若者にしかできない仕事を引き受ける

次にご紹介する高卒でも社会に貢献できる方法として若者にしかできない仕事を引き受けるということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、仕事の内容によってはある程度年齢が上がってしまった場合はその職業に就くことができないような仕事を早い段階で経験することができるという意味合いです。

もちろん大卒の時点でもまだまだ若い年齢なので、大卒の人が該当しないと考えられるわけではありませんが、なるべく早い段階で若い力を欲しがっている企業というのは想像以上に多く存在しています。

なので、高卒だったとしても、大卒よりも早く入社してくれるなら早く若い人材が欲しいと言ってくれる会社はたくさんあります。

大学を卒業して教養や知識を身に着けてから来るよりも、その4年間を学業に費やすのであれば、その4年間お仕事を通じて仕事において大切なことだけを専門的に学ぶ時間にして欲しいと考えている企業がたくさんあります。

その4年間を育成期間としてしっかり教育してくれる会社に入社できれば、きっとその数年間でものすごい成長が見込めるはずです。

企業からすれば純粋な若い人材は喉から手が出るほど欲しいと思っています。

高校卒業から定年までずっと自分の会社で働いてくれる人間は会社にとっても希少価値がとても高いからです。

なので高卒の人間が社会に貢献する方法の1つとしてより早い段階で企業に就職をすることによって、企業とお互いに良い関係を持ちながらより長く安定的に働くことができると結論づけることができます。

若さを武器にする

次にご紹介する高速でも社会に貢献できる方法としては若さを武器にするということです。

これに関しては一つ前にご紹介した項目と関連していると考えることができますが、若さを武器にすることで様々な場面で社会に貢献できると考えることが出来ます。

若い時に思っている以上に、若いという事は大きな武器になります。

若いということはそれなりにアドバンテージがあるということと考えることができ、例えば何か失敗をしたとしても若いということでそれなりに許される場面があります。

もちろんこれはただ若いという事を理由にして逃げるという意味ではなく、若いということを武器にして様々なことに挑戦することができるということを意味しています。

若い時でなければ大きく挑戦することはできなくなっていきます。

年齢を重ねてある程度経験を積んでくるとどうしてもチャレンジ精神よりも保守的な考え方になってしまいますし、家庭をもって守るものが出来てしまうと挑戦する事へのリスクが高まります。

だからこそ若い時にどれだけ大きなチャレンジをして、失敗し、学ぶかという事は大きな課題であり、成長要素を秘めた大事な事です。

失敗をしてもやり直せば良いのですから、若さを武器にして様々な事を経験し、社会に貢献出来る人間へと成長することが大切です。

高卒でも就職できる職業

ここまでは高卒でも社会に貢献できる方法について具体的にご紹介していきました。

高卒と大卒を比べてみても、確かに大卒が有利ではありますが高卒でしか経験できないような事もあります。

最終的にはその状況から何を学ぶのか、高い向上心を持ち続けてより自分を成長させられる人間が勝つと考える事も出来ます。

勝ち負けではなく、どういう風に成長していくのかが大事だとも考えることが出来ます。

何が大事であるかということを根本的に考えた上でここからは高卒でも就職できる職業についてご紹介をしていきます。

どうしても現実的には大卒でしか仕事ができないような職種は存在しているのが事実です。

なので高卒でも就職できる職業について知っておけばいざ自分自身が働くとなった時の選択肢として頭に思い浮かべることが出来ますので、知識としてこの機会にしっておいて損はありませんよ。

不動産業

まずはじめに自己紹介する高卒でも就職できる職業は不動産業です。

不動産業に関しては先ほどご紹介した通り実力主義の職業として知られています。

高卒だったとしても大卒に比べて何倍も稼いでる人はザラに存在している世界です。

しかしながら不動産業と言っても様々な種類が存在しており、売買の仲介営業であったり賃貸の仲介営業や、住宅販売営業など不動産業と一言に言っても様々な仕事内容が存在しています。

一般的には賃貸よりも家をそのまま、まるごと販売する方が給料的にはアップする傾向があります。

不動産業の平均年収は600万円と高めに設定されており、高額の歩合制を採用している企業が多く存在しているので年収1000万以上稼ぎ出している人も少なくありません。

不動産業として働くのであれば事前に確認しておきたいことと言えば、歩合給がどれぐらいのパーセンテージで設定されているのかということです。

一般的には基本給が高ければ歩合給は低く、基本給が低ければ歩合給は高く設定されている場合が多いです。

例えば基本給が25万円で歩合給が8パーセント、基本給が17万円で歩合給が15パーセント、完全歩合給制など様々会社によって特徴が異なります。

自分の実力次第でどのようにでもなれるので、夢がある仕事だと考えることが出来ますが、シビアな世界だという事を念頭に置かなければいけません。

アパレル

次にご紹介する高卒でも就職できる職業はアパレル業界です。

アパレル業界はファッションに関係する業界であり、一般的にはファッションなどの洋服を販売する業務に携わっている人が多いです。

アパレル業界と一言に言っても様々な場合が存在しており、商品開発を主に担当する部署や、商品の生産を手がける部署や販売促進を行う部署など様々です。

一般的には販売の仕事にアルバイトから入り、結果を出せば正社員になるというケースが多いようです。

しかし、会社によってはいきなり正社員として雇ってくれる会社なども存在しています。

しかし、アパレル業界で生きていくには当然服に対するこだわりがないと難しいです。

会社に送る履歴書などでも自分のコーディネートした服を着用した写真を送れという会社なども多く存在しています。

しかしながら、結果を出せば店長になり、店長を経験すれば複数店舗を管理するエリアマネージャーとして採用してくれたり、活躍すれば活躍するほど給料なども上昇する傾向になります。

企業によっては相当稼げる会社も多く存在していますが、下積みが長い場合などもあり、最初のうちは苦労する事もあるので大変な業界だと認識しておく必要があります。

飲食業

次にご紹介する高卒でも就職できる職業は飲食業です。

飲食業に関してもあまり学歴は左右されない傾向が存在しており、アパレル業界と同様に最初はアルバイトとして入社して長く勤務して、様々な知識や経験を身につけることで正社員として働かないかと声をかけられる場合が多いです。

飲食業に関しては会社によって違いますが、大手の企業となると初任給が23万から25万円でスタートする場合などもありますので、ある程度給料面でも優れている場合が多いです。

しかしながら給料が多い分気をつけておかなければいけないのは飲食業はブラックと呼ばれる場合がかなり多く存在しています。

ブラックほどまではいかないにしても良い一日の平均的な仕事時間が10時間を超える様な場合も多く存在しているので、それなりに肉体的にもきつい仕事であるのは変わりありません。

しかし、長く働き店長を経験した後はアパレル同様エリアマネージャーとして活躍できる機会などもあります。

その立場になれば給料もかなり良くなりますので、一般企業よりも稼げる場合などは当然あります。

飲食業をやりたいと思っている方は早めに現場で実力を磨くと後々に強い武器になりますよ。

工業系

次にご紹介する高卒でも就職できる職業は工業系の仕事です。

工業系の仕事と一言に言っても様々な職種が存在しています。

例えば電気や電子分野の仕事であったり、建築や土木分野の仕事であったり、機械や自動車分野の仕事など様々です。

工業系の高校卒業している方であればこの分野の仕事に就職をする場合はそこまで苦労することはあまりないと思います。

そして学歴コンプレックスを抱える方に朗報があるとすれば、工業系の仕事に関してはある程度実務的な学習を経て国家資格を取得している方の場合であれば、大企業の正社員就職への道が存在しています。

また工業系の仕事を経て最終的にメーカー系の大企業へ転職をしたりするのもかなりしやすいといわれているので、たくさんの経験を経て最終的に大企業へ就職するという道も存在しています。

大企業で働くためにまずは若い時に経験をしておきたいと考えている人にはおすすめの職業として考えることができます。

高卒を強みにしよう!(まとめ)

今回は高卒というキーワードをもとに、世間がみる高卒の印象や高卒のメリット、社会貢献する方法や働くことが出来る職業などをご紹介しました。

あくまで今回ご紹介した内容は一般的な意見です。

高卒であるのか大卒であろうが結局はその人の気持ち次第でどのようにでもなることができます。

最終的に一番いけないのは高卒だからダメだとか、大卒だから偉いといった固定観念による自分の実力を抑え込んでしまう事です。

人間には様々な可能性があります。

諦めずに努力をし続ければ大きく現状を変える可能性が常に満ち溢れている事を忘れずに、高卒であれば高卒の強みを活かして自分自身を成長させる事が大切であるという事を常に忘れないようにしてください。

正しいか間違っているかはあなたが決める事です。