あなたは粗品と呼ばれる品物をもらった事がありますか?

何らかのイベントであったり、商品を購入した時、もしくは契約をした時など、様々な場面で私たちは粗品をもらう事があります。

例えば、ある会社が行うイベントに出席すれば、その会社の品物がお礼としてもらえたり、何かの商品を購入すれば、お礼として細かい商品がプレゼントとしてもらえたりするなど、様々な場面で粗品をもらうことがあると思います。

粗品をもらうと、なんだか得をした気分になってとても嬉しい気持ちになるのは事実ですよね。

粗品を送るのは会社だけではなく、個人でも送る事は十分に考えることが出来ます。

結婚式に参列した時に参加してくださった方々に対してお礼の品として一人ひとりに渡すプレゼントのようなものなどもあったりしますよね。

様々なシーンで粗品を送る機会がありますが、これが想像以上に何を送れば良いのか迷ってしまう方は多いと思います。

もらう時はそこまで意識していないかもしれませんが、その逆に送る時には何が良いのか気を使ってしまうものです。

年代が違えば需要も違いますし、たくさんの人に広く利用されるものは何かと問われれば、考えてしまうのは当然の事です。

そこで今回は粗品をテーマにして、粗品として送る商品の条件やおすすめの品物をピックアップしてご紹介します。

粗品を贈る時、悩みませんか?

粗品を送るとなると当然もらう側の役に立つような品物や嬉しがってくれる様な品物を送りたいと思いますが、中々粗品送るという機会は人生を通してもそう多くはありませんので、どうしても迷ってしまう方は多いです。

当然ながら粗品を送るときの予算も関係していますのであまりにも高価なものを送るわけにもいきませんし、あまりにも低価格すぎるのも相手に失礼に当たるのでは、と勘繰ってしまってなかなかすぐに決めることが出来ない場合が多いです。

しかし、あくまで気持ちなので、そこまで悩む必要はありません。

例え役に立たないようなものでも、感謝の気持ちを表すものなので、文句を言われるような事はないはずです。

しかし、それでも相手からの評価などが気になってしまうのが日本人です。

ある程度は気を使ったものを送りたいという事は誰しもが考えてしまう事です。

なので、粗品選びに悩んでいる方のためにある程度送られる事が多い商品や、需要の高い商品などをまとめて今回はご紹介します。

悩んで決めきれないという方には、ある程度考えられる人気の商品の中から選んだほうが決まるのも早いですし、変な商品を選ぶ可能性も低いので、おすすめの商品、そして粗品を送る時の注意点や条件などを参考にして最終的に決定してみてください。

粗品の条件

粗品を送ったことが無い方や、粗品がどういうものなのかという事を調べた経験がない方にとっては粗品の条件についてもあまり把握していない方が多いと思います。

しかしながら粗品にはある程度条件が存在しており、粗品で送る商品を考える時の助けになるような指標が存在しています。

粗品を何を送るのか延々と悩んでしまう人もいるかと思いますので、悩んでしまう方は、粗品がどういう品物である場合が多いのか、その条件などを把握しておけば悩む時間も減るかと思います。

まずは粗品として何を送るのかではなく、粗品と呼ばれるものはどういう物が多いのか、どういう条件下でたくさんの人が選んでいるのかという事を把握するところから初めてみましょう。

基本的な知識が身に就けば、粗品として送るものがある程度見えてくるはずです。

日常で役に立つもの

まずはじめにご紹介する粗品の条件としては日常生活で役に立つものが挙げられます。

まず知っていただきたいのは粗品という商品の基本的な意味合いを考えて頂きたいのですが、粗品は名前の通り、粗末な品物という意味を持っています。

つまり、 贈り物をする際の謙譲語として使用されている言葉です。

なので本来は持っている意味と考えてみると自分の贈り物は大層なものではないという意味合いを持っています。

ここには日本人ならではの気持ちが含まれておりこの贈り物に対してあなたはあまり気を使う必要がないですよという、相手を気遣う優しい気持ちが含まれている言葉です。

なので、そこまで高価なものを送る必要はありません。

なので高価なものではなく普段私たちの生活の中で使うような日用品の中の消耗品などが送られることが多いです。

日常生活でよく消費するものであったり役に立つようなものが粗品として送られると意外と主婦の方だったり家庭を持っている方であればかなり喜ばれます。

特に一番嬉しいのが日常生活の中で消費する品物の中でもある程度普段は選択することがないちょっとだけ高価なものなどが喜ばれる事が多いです。

なぜなら、普段は安いしか購入しないのに、こういう機会にちょっと高価な物をもらえると得をしたような気分になるからです。

日常で役に立つものを送れば必ずといって良いほど使う機会に恵まれていますので、結局もらっても使用しなかったという事はありません。

なので、粗品として送るものは日用品がベストであると考えられています。

長く使えるもの

次にご紹介する粗品の条件としては長く使えるものが挙げられます。

粗品を送るときに相手にとって長く使えるようなものをプレゼントする場合がよくあります。

長く使用することができる者ほど喜ばれるものはありません。

もちろんあくまで気持ちなので何をもらっても嬉しい気持ちにはなると思いますが、日常生活の中でよく使うものや長く利用できるものをプレゼントされると当然使う機会に恵まれますし、長く使用できる分ありがたみがとても大きいです。

どうせ何かをもらうのであれば、使えるものをもらった方がもらった側も使用することが出来ますので、便利な物をもらってありがたいと思われます。

誰もが日常生活で長く使えるようなものは意外とたくさんあります。

長く愛用してもらえるような品物が粗品として送られる事はかなり多いので、この特徴をコンセプトに考えて粗品選びの参考にしてもらえると意外と粗品選びがすんなり決まったりする場合が多いですよ。

相手にとって必要なもの

次にご紹介する粗品の条件としては相手にとって必要なものを送るということが挙げられます。

粗品送る上で大切なことは相手にとって必要なものを送ってあげるという事であり、なるべく相手が使用しないものは送らない方が良いという事です。

もらっても使用しないようなものをもらってしまうと、もらう側ももらった側に対して申し訳ないと思ってしまいますよね。

それよりも、普段使用するようなものをもらった方が利用するシーンが恵まれている事に感謝の気持ちを覚えるとともに、せっかくもらったから使おうという気持ちになります。

相手にとって必要なものを考えた時には自然と生きる上で必要なものが思い浮べますので、日用品などがまさに適していると考えることが出来ます。

相手にとって何が必要なのかという事は考えすぎたり、悩みすぎたりすると迷走してしまう可能性がありますので、あまり悩みすぎるのもいけません。

ある程度さっぱりとした考え方の方が純粋にもらって嬉しい物を選ぶ事も出来る場合が多いので、悩みすぎないようにする事も大切ですよ。

高すぎず、安すぎず

次にご紹介する粗品の条件としては高すぎず安すぎずということが大切だと挙げられます。

粗品は先ほどご紹介した通り粗末な品物という意味が込められている商品なのでそこまで高価なものを送る必要はありません。

逆にあまりにも値段が張る様なものを粗品として送ってしまうと相手に対して気を遣わせてしまう様なことになりかねません。

なのである程度の金額のもので問題ありません。

しかしながら、あまりにも安すぎるような粗品であると本当に粗品になってしまうので、ある程度利便性が高く、ちょっとだけお値段がするようなものが喜ばれたりします。

こうして考えると粗品選びが難しく感じてしまいますが、コツをつかめばそこまで難しくはありませんので、安心してください。

平均は3,000〜5,000円程度

粗品の条件として高すぎず安すぎずということが特徴だとお伝えしましたが具体的に金額にして考えるとどのくらいなのか気になる方も多いと思います。

粗品の平均的な金額を考えるときに一般的に指標とされるのは3000円から5000円程度が粗品の指標であると言われています。

なのであまり金額的に余裕がない場合は3000円程度のものを送ることを考え、金額的に余裕がある場合は5000円程度のものを送る様にすれば粗品として十分成り立つことができます。

粗品はものによって全くに何が変わってくるのでどの様なものを選ぶかによって金額も様々です。

基本的には3000円程度のものでもかなり喜ばれる様なものがたくさんありますのでそこまでわざわざ高価なものを選択する必要もありませんので、あくまで気持ちであるということを念頭においた上でたくさんの方に喜んでもらえる商品を選ぶことが大切です。

粗品を贈る時の注意点

ここまでは粗品の条件についてご紹介をしていきました。

粗品と呼ばれるようなものがどういう条件なのか、という事を理解いただければ、ある程度どんな商品が該当するのかという事が考え付くようになったと思います。

しかしながら、粗品を送る時には商品選び以外にも注意する点がいくつか存在しています。

何を送れば良いのかと言うことだけではなくその他にも細かい注意すべき点が存在していますので、これからご紹介する注意点を守って頂いた上で、粗品を送るようにしてください。

手紙を添えて

まずはじめにご紹介する粗品を送る時の注意点の一つとしては手紙を添えてあげるということです。

粗品送る時には、ただ商品を送ると言うだけではなく送る粗品と一緒にお礼の気持ちを書いた手紙も一緒に渡すことが大切です。

例えば面識のない相手に対して粗品を送ったりする場合も考えられますが面識のない相手に対しては自分自身を紹介するためのものとして、よろしくお願いしますと言う意味を込めた手紙も同封してあげるととても親切です。

そしてもしも普段からお世話になっているような面識のあるような方に対して渡す場合はお礼のしるしに心ばかりの品をお送りしますというような内容の手紙を渡す事が大切です。

結婚式などに参列した時や会社のイベントなどに出席された時に実際に見かけた方も多いと思いますが、拝啓~ 格別のお引き立てを賜り~というような文章の記載の手紙があると思います。

親切な方は手書きなどで参列してくれた方に感謝の気持ちを伝えたりするなど、人によって様々です。

品物だけではなく、感謝の気持ちを伝えるために言葉も同時に送ってあげるとさらに喜んでもらえますので、感謝の手紙も忘れないようにしてください。

受け取り時間にも考慮する

次にご紹介する粗品を送る時の注意点の一つとして受取時間にも考慮するということです。

これはどういう意味かといいますと、粗品を送る状況の時には、 引越しの挨拶も含まれています。

最近は引っ越しをして挨拶をしないことも多いかもしれませんが、以前は引っ越しをすればご近所さんに挨拶をしたりすることを当たり前に行われていました。

今でも気を使ってご近所さんに挨拶をされる方もいらっしゃると思いますが、挨拶をする際には、相手に粗品を渡す時間にも当然配慮が必要です。

まず平日に挨拶に行く言葉貴方は遠慮しましょう。

平日は基本的に旦那さんが仕事で居ないことが多いので週末に一緒にいる時を見計らって挨拶をする必要性があります。

そして挨拶をする時間に関しては朝早い時はお昼時などは遠慮する必要があるので基本的には午前11時くらいには午後の2時から6時の間をめがけて挨拶を心がけましょう。

6時以降になると夜遅くなるので夜分に失礼にあたってしまいます。

もしも平日などにご近所さんに会ってしまったら、週末に挨拶にお伺いいたします、と一言添えれば丁寧な対応ができると思います。

このように相手に贈り物をする際、挨拶を兼ねている時には時間をある程度相手の立場に立って考えて行動するようにしてください。

相手に気を使わせない程度のものを選ぶ

次にご紹介する粗品送る時の注意点の一つとして相手に気を使わせない程度の品物を選んで送るという事です。

これはどういうことかと言いますと、先ほどご紹介したように粗品は粗末な物ですが、という意味合いの元送るものです。

これは相手に対して粗末な物ですから、気を遣わないでください、という意味が隠されています。

もしも高価な物などを送ってしまった場合、送られた側は必ず気を使ってしまいます。

高価なものをもらってしまったから、こちらもお礼をしないとと気を使わせてしまうのは、粗品の本来の意味とは若干異なってしまいます。

あくまで粗品という事でお送りするのであれば、相手に気を遣わせない程度の品物を送るように心がける必要があります。

金額は先ほどご紹介した通り、3000円~5000円程度のものなどを送るようにすれば気を遣わせずに済みますので、ある程度考えて品物を送るようにしましょう。

おすすめの粗品ランキング

ここまでは粗品送る際の注意点についてご紹介いたしました。

粗品を送るという単純な行為に関しても様々なルールであったり考え方があることがわかりいただけたと思います。

それではここから実際に粗品を相手に送る時におすすめの粗品のランキングについてご紹介していきます。

先ほどご紹介した粗品の条件をクリアできるものはたくさんありますので何を作ろうか迷ってしまう方もたくさんいると思います。

もちろん考える方の中庭少し他の人と違ったような品物を送ってあげたいと思う方もいると思いますが悩んでしまう方は基本的には一般的に考えられるものを送るのが無難で失敗はありません。

チャレンジしたいという方は自分なりに選んでも楽しいと思いますが、失敗したくないと思う方はここからご紹介する品物を選んでみると、より良い選択が出来ると思いますので、検討してみてくださいね。

ミニタオル

まずはじめにご紹介するおすすめの粗品はミニタオルです。

ミニタオルに関しては生活用品としてもある程度需要が存在しており様々な場面で用いることができる便利な商品です。

タオルは必ずといって良いほど生活の中でも使用する頻度が高いです。

顔を洗顔した時に使用しますし、お風呂に入ったりするときにも使用できますし、夏の暑い時期にはタオルがあれば持参した汗を拭きとったりするときにも使用できます。

まさになくてはならない物であり、長く使っていると生地が傷んで使えなくなってしまったりするものもありますので、あればあるだけ便利ですし、ダメになっても雑巾として使用する事もできますので、十分活用方法があり、長く使える商品です。

なので、ミニタオルはある程度需要もありますので、必ず失敗しない商品だと判断できます。

さらに、例えばフェイスタオルなどに関してはインターネット上でも粗品を発注できるサイトがあり、2枚セットで単価が145円とかなり安い金額で仕入れる事が出来ます。

単純計算、100人に用意したとしても14500円しかかからないので、費用もそこまで発生しません。

送る側としても負担が少ないですし、意外とちゃんとしている箱に入っていたり、タオルもラッピングされていたりするので、見栄えもかなり良いので安物だと認識されなくて済みます。

経済事情なども考慮すれば、とてもおすすめな粗品のひとつです。

カットケーキタオル

次にご紹介するおすすめの粗品はカットケーキタオルです。

カップケーキタオルは粗品の中でもかなり定番として人気の商品です。

カットケーキタオルはその名前の通りまるでケーキをカットした断面のような柄のタオルです。

特に女性から人気で可愛らしい見た目になっているので、たくさんの方から需要があるタオルです。

無地のタオルよりも柄があった方が華やかですし、見た目も良くなりますので、贈り物として幅広く用いられています。

カットケーキタオルの嬉しいところはまずコストが低いという事です。

コスト的には先ほどご紹介したタオルと同じかそれ以下の金額で販売されています。

粗品専門のサイトなどでは一枚99円となんと100円を切るような価格で販売されていたりします。

なので、まとめて購入したとしても、一人頭約100円程度で用意することが出来ますので、比較的たくさんの方が集まる場などではとても重宝出来ます。

少ない人数の場合であれば、もう少し価格を上げても良いかもしれませんが、たくさん集まるとどうしても予算などもあると思いますので、安価な商品があると安心できますよね。

状況を考えて、相手に送る品物などを考えるようにしてください。

エコスポンジ

次にご紹介するおすすめの粗品はエコスポンジです。

スポンジも生活用品の中では消耗品であり必ず必要になる商品なので主婦の方なのにお送りすると必ず喜んでもらえる粗品の一つです。

粗品として送る場合はもしも予算に余裕があるならば普通に使うスポンジより少し質の高いものを送ったりすることでスポンジを普段使うからすればとても喜んでもらえる場合が多いです。

これはスポンジに限らず他の日用品などでも一緒ですが、普段使っているものが例えば100円程度の商品だったとするならば粗品として送る際は例えば200円や300円するような商品を送ってあげるだけで安い金額ながらも良いものをもらえたと思って嬉しがってくれる方がかなり多く存在しています。

しかしながらスポンジ自体は粗品を販売しているサイトなどでもかなり安い価格で販売されておりスポンジ1つ安いもので20円程度のものもあれば150円近い金額を出せばある程度しっかりしたものが購入することができます。

ある程度しっかりしたものでも150円程度の金額なのでたくさんの人数に送るとしてもそこまで費用がかかるわけではありませんので送る側としても安心できますし、もらう側ももらって嬉しい物なので、みなさんがハッピーになれる商品です。

ステンレスポット

次にご紹介するおすすめの粗品はステンレスポットです。

ステンレスポットは携帯するボトルとしても利用価値があり、例えば職場に行くときや家族でピクニックに行ったりする時などにステンレスポットがあれば飲み物などを持ち歩くことができるようになります。

ステンレスなのである程度保温性の高いのでその機能の高さから粗品として送る際にとても人気の商品です。

日用品は必要だから購入する人がかなり多いのですがそれ以外の商品に関しては持っているかと思っていない方と別れてしまいますので、欲しいけどあまり利用頻度が高くないから今度にしようと考えがちな商品が多いです。

そんななかなか購入できないような人からすれば、もらえると思うととても嬉しいはずです。

また、ある程度個数があれば、洗うのが面倒な日の翌日などには予備のものを使用する事もできますので、数があっても困る事はありませんので、すでに持っている方にとっても嬉しいものです。

現在販売されているステンレスポットは価格としては1000円あればお釣りが返ってくるような価格帯のものがかなり多いので、予算としてもある程度安く見積もって粗品として活用することが出来ます。

またステンレスポットでも、お湯を沸かすために使用するようなタイプのものもありますが、こちらも品物によっては同じような値段で購入する事が出来ますので、どちらのタイプでもそこまで金額はかかりませんので、安心してその場の状況で粗品を選ぶことが出来ます。

暑い夏場には携帯用を、寒い冬にはお湯をわかせるような商品を選ぶとなお良いでしょう。

トートバッグ

次にご紹介するおすすめの粗品はトートバッグです。

トートバッグはお買い物をしたりするときやちょっと外でお出かけをする時などに利用することができる利用頻度の高い生活用品です。

あまり高価でないほうが外で持ち運んだりする時にそこまで注意しなくても気軽に用いることができる商品でもありますので、比較的幅広い世代の方が使うことができる商品です。

その利用頻度の高さとコストの安さが人気の理由として挙げられる商品であり、粗品の中でも比較的高いランクを誇っています。

粗品として購入出来るサイトであれば、エコトートバッグなのはひとつ83円程度で販売されている鳥をするのである程度の商品がひとつの単価で100円を切る様な価格で購入することができますのでかなりおすすめの商品です。

ナチュラルなものが多く男性でも女性でも使うことができますしちょっと高いものに関しても150円程度のものを見積もって頂ければある程度しっかりしたものが販売されていますので、大量に送る際にも便利です。

しかし、インターネットサイトなどで購入する場合はもし名前などを入れる場合は最低ロットが決まったりしている場合があるのでその点は注意して購入する必要があります。

ちょっと個性を出したいのであれば、名入れなどを行ったりする事によって特別な贈り物としてもらう側も認識できますので、ちょっと工夫を加えるだけで思い出の品として愛用してくれますよ。

ミストクーラー

次にご紹介するおすすめの粗品はミストクーラーです。

ミストクーラーは一般的にはガーデニングなどで用いられるようなアイテムだと認識している方も多いですが最近のアイテムは手で持ちながら使えるような携帯用のタイプが販売されています。

なので暑さ対策として利用することができるとても便利なものであり、なかなか浸透していないので始めてみかけるような方も多かったりするので粗品として送る際には優秀な品物です。

実際に暑さ対策のハンディミストクーラーというものが販売されておりポンプで水を霧状に吹き出すことで気化熱を利用して涼しい感じを演出させることができます。

なお商品は電池が不要になっており価格に関しても200円程度の金額で購入することができますので粗品としてたくさんの方に送る場合はとても便利な品物です。

携帯用のものではなくて庭などで使用するようなものに関しても1000円を切る様な金額で購入することができますので来場される方の年齢であったり、趣味趣向などを理解した上で判断すれば失敗なく送ることが出来ると思います。

暑い夏の時期などに送れば、涼感を演出できるアイテムとしてかなり人気なので、おすすめです。

お箸

次にご紹介するおすすめの粗品はお箸です。

お箸は普段日常で使う事が多い日用品でもありますので、必ずあっても損はありません。

無くしたり、かけたりする事もありますので、お箸はストックがあればあるほど嬉しい物でもありますのでもらって困る事は絶対にないので失敗が少ない粗品として人気が高いです。

もしもお箸を送る場合は、お箸自体がある程度安く販売されていますので、ちょっとした工夫をこらしてあげるとかなり喜んでもらえると思います。

例えば最近のお箸に関してはちょっとデザインが入った可愛いものがたくさん存在しており利便性の高い商品などもたくさんあります。

例えば備長炭が入っている超清潔お箸という商品が120円で販売されていたり、今風のお箸であればステンレス製の箸なども販売されています。

さらに名前を入れたりすることも出来ステンレス製の携帯できるお箸であれば、お箸入れなどもついて300円程度で購入することが出来ます。

いずれにしてもかなり低価格で、本来であれば100円以内などで済ませようとする日用品なので、ちょっと高価な物を送れば必ず嬉しがってもらえます。

ステンレスに関しても殺菌効果なども良いですし、壊れにくいので、長く使ってもらうことが出来ますし、男性の方でもかっこよいデザインとして人気が高いです。

お洒落な人からも喜んでもらえますので、ちょっとこだわってみると面白いと思いますよ。

和菓子

次にご紹介するおすすめの粗品は和菓子です。

和菓子は食品なので、あまり日持ちがしないので送る際には注意が必要です。

基本的に商品によって違うのですがひとつの目安としては製造から5日以内に急激に品質が劣化するものは消費期限がついています。

そして賞味期限に関してはおいしく食べられる期間として必ず粗品を送る際にはそのあたりを商品ごとによって確認して発注するようにしてください。

駄菓子に関してはある程度年配の方でも口に合うものが多いのですし、若い方でも甘い物が好きな方は多いので、送られて困るようなものではありません。

特にお子様などはおそらく日用品などよりも食べ物の方が嬉しかったする場合が多いと思います。

和菓子に関しては基本的に値段がバラバラなのですが、安いものであれば800円程度で販売されているものがたくさん存在しており、高かったとしても1500円程度の金額である程度量もあり、見栄えが良い物がたくさん購入できます。

ちょっとおしゃれなものなどもたくさんあり薄皮塩饅頭だったりおかきであったりもみじ饅頭やえび煎餅、紅芋パイ、金時芋饅頭、抹茶わらび餅、栗きんつばなど和菓子以外の者でもすべて1200円以内で購入が可能です。

気になるものがあれば気軽に注文できますので、粗品として送る際には利用してみてください。

粗品はシーンに合わせて選ぼう!(まとめ)

今回は粗品の条件や粗品送る時の注意点そして粗品のおすすめのランキングについてご紹介しました。

粗品と言っても様々なおくりものが存在しますので送る時には迷ってしまう方もたくさんいると思いますが、今回ご紹介した内容を踏まえて悩んでいる方は一つでも良いなと思ったものがあれば選択肢の中に入れていただければと思います。

しかしながら粗品はあくまで送る側の気持ちの品物です。

贈り物をすれば、どんなものでももらって嬉しい物です。

送る事に関して一番意味がある事だという事を忘れずに、品物を送る事だけに注目せずに、日頃の感謝の気持ちを伝える事も忘れないようにしてください。