人間には、様々なタイプがいます。

その中には、自分と合わないと感じる人も大勢居る事でしょう。

子供の頃は、どんな人とでも仲良くしなさいと教えられてきました。

実際、子供の頃から人間の好き嫌いが激しいと、大人になった時に困る事になるでしょう。

その為、子供の頃はまずはとにかく色々な人に関わる事はとても重要な事です。

それによって、新たな発見をする事が出来たり自分の考えを変える出会いを見つけることが出来るかもしれないからです。

ですが、大人になると少々その考え方も変わってきます。

勿論、いくつになっても成長する事は出来ます。

特に、人間として成長して行く力はもしかしたら子供より大人の方が強く備わって居るかもしれません。

その為、常に多くの事を吸収して成長して行く事はとても大事な事です。

ですが、人間関係だけを考えれば大人になってまで無理する必要は無いとも言えるのです。

勿論、自分の好きな人とだけ関わって行く事は出来ません。

多くの人と関り、話をする事でしか解決出来ない事もあるでしょう。

ですが、それは何も仲良くならなくても行う事が出来るのです。

相手の事を完全に否してはいけませんが、かと言って好きでもない人と無理やりに仲良くする必要は大人いなってからはありません。

必要な事を共有する事が出来れば、例え心に壁を作っていたとしても問題無いのです。

ですから、多くの人と仲良くする事が出来ないからと行って気にする必要はありません。

自分が心を許す事が出来人間が、周りに少しでも居てくれるだけで私たちの生活は豊かな物になるのです。

とはいえ、仲良くする必要は無いと分っていても関わるだけで面倒に感じる人は居る物です。

そんな人と一緒に仕事をしなければならない時、いつも以上にストレスを感じてしまう事もあるでしょう。

仕事以外の事にまで気を使いたくは無いけれど、それをしなければいけない状況は誰しも思い当たる所でしょう。

そこで今回は、面倒な性格の人の特徴について分析しどう付き合って行ったら良いのかという点を考えて行きたいと思います。

迷惑な性格にはいくつも種類がありますが、その中から今回は『ナーバス』な人について紹介させて頂きたいと思います。

️ナーバスな人の12個の特徴

『ナーバス』と聞くと、一対どんな人を想像するでしょうか。

一番分かりやすい表現で言うと、『神経質』といった所でしょうか。

細かい所にうるさく、自分の中のルールを曲げることが出来ない。

だからこそ、多くの人から面倒だと思われてしまう傾向にあります。

確かに、ナーバスな人が周りに居ると空気が悪くなったりして楽しく作業を進めることが出来なくなってしまう事もあるでしょう。

他の人とは冗談で済んだ話が、ナーバスな人には話が通じて怒らせてしまったり泣かせてしまう事だってあるかもしれないのです。

そんなことが何度も続けば、付き合っていく事事態面倒に感じてしまう事も納得出来ます。

ですが、ナーバスな人も悪い事ばかりではありません。

物事には、必ずいい面もあれば悪い面もあるのです。

少々扱いにくい性格と言う事もあり、つい嫌われやすい性格のナーバスな人々ですが、良く知れば良い所も必ずあるのです。

その事を知ってさえ居れば、ナーバスな人に対しての意識も変える事が出来るかもしれません。

一つの情報に惑わされる事無く、多くの事を総合して考えて行く事が大事なポイントです。

それをする事が出来るようになれば、今まで苦手だと感じていた人とも上手な距離で付き合う事が出来るようになるかもしれません。

これからご紹介させて頂く特徴をよく見て、今後の参考にしてみてはいかがでしょうか。

些細なことに過敏に反応する


神経質な人というのは、それだけ多くの事に気を張っています。

その為、少しの変化だとしても敏感に反応してしまう傾向にあるのです。

それが例え、自分の事で無かったとしても一度気になるとそればかりが頭の中を支配するようになってしまいます。

そのせいで、つい口うるさくなってしまう事もあります。

些細な事に気が付く事が出来る性格は、決して悪い事ではありません。

しかし、それに対して怒りだしたりイライラしてしまう事によって、相手に不快な思いをさせてしまう事もあるのです。

その為、例え気が付いたとしても、それほど大ごとにしない事が需要なポイントです。

更には、人に伝える時は出来るだけ冷静に、きちんと話をする事を心がけましょう。

いきなり怒り口調で話しかけた所で、素直に受け入れてくれる人は居ないでしょう。

その事をしっかりと考え、行動しましょう。

ちょっとした発言に心が揺れ動く

ナーバスな人は、とても繊細であり他人からの評価をとても気にします。

その為、相手が全く悪気なく言った言葉に対しても、傷ついたり怒ったりする事があるかもしれません。

相手にしてみれば、言った事すら忘れているような、たわいもない会話だったとしてもナーバスな人にとってはそれが忘れられない言葉になる事もあるのです。

ですから、普段から他の人に会話の内容に対してもとても敏感になってしまっている所があり『今悪口を言われたかもしれない』とドキドキしている事もあるでしょう。

周りの人からすれば、気にしすぎ・めんどくさいと感じる事もあるかもしれません。

ですが、それを一番感じているのはもしかしたら本人なのかもしれません。

常に人からどう思われて居るのか、自分は嫌われてしまってはいないか。

それを気にしながら生きる事は、本人が一番辛いでしょう。

本来であれば、そんな事を気にせずに過ごす事ができたらどれほど良いだろうと思っているかもしれません。

ですが、それをする事が出来ないからこそ、悩んでいるのです。

一見めんどくさく見える相手であったとしても、実は本人が一番その事を考えて居るのかもしれません。

相手を断片的に見るのでは無く、多くの事を意識して相手と接するようにする事によって、今まで見えて居なかったものが見えるようになる事もあるかもしれません。

いつも表情が曇っている

ナイーブな人は、常に色々な事を考えて居ます。

その中には、悲しい事や辛い事もあるかもしれません。

そんな事を考えて居れば、多くの人がつい表情が暗くなってしまう事もあるでしょう。

誰に迷惑をかけるわけではありませんが、くらい顔をしている人が近くに居るとついうっとおしく感じてしまう事もあるかもしれません。

自分だけの問題だとたかをくくっている人も、自分の行動によって不快に感じて居る人が居るかもしれない事を忘れてはいけません。

誰にも迷惑をかけて居ないと思っていたとしても、いつの間にか迷惑になってしまっている事だってあるからです。

自分本位にならないように、相手の気持ちも考えて行動をするようにしていきましょう。

落ち込みやすい

多くの事を考え、周りからの視線をきにして生きているナイーブな人は、より他人からの評価をきにして居ます。

その為、さほど気にする必要が無いような事柄出会ったとしても相手の言葉に傷ついたりすることが多くなります。

結果として、落ち込みやすい性格になってしまうのでしょう。

明るく前向きに生きることが出来れば、どれほど素晴らしいかは本人が一番分って居る事です。

ですが、それをする事が出来ないからこそ落ち込んだり悩んだりしているのでしょう。

周りの人は、その人の繊細な性格を理解してサポートしてあげてみてはいかがでしょうか。

排除する事は簡単ですが、一緒に過ごす事を考え行動する事によって新たな一面を発見する事が出来る事もあるかもしれません。

心配事が多い

多くの事を考え、行動していると言う事はそれだけ多くの問題点に気が付く可能性があると言う事です。

その結果、心配事も増えて行く事でしょう。

心配事が多いと心が不安定になり、イライラしたり周りに対して無意識に敵意を示したりしてしまう事もあるかもしれません。

心配事を減らしていく為には、とにかく自分の経験値を挙げて行くしかありません。

これだけやったのだから大丈夫という自信も自分自身に持たせるのです。

それをする事が出来れば、物事を少し前に進めることが出来るかもしれません。

自分の中でのみ悩みを抱えていても、それが解決する方法は少なくなかなか思い通りに行かない事もあるでしょう。

ですから、私たち人間は知恵を使い他の人に相談するなどして視点を変えて見るのです。

それをする事によって、新たな視界が開ける事もあるでしょう。

打たれ弱い

ナイーブな人は、他人にも自分にも厳しい傾向にあります。

その為、冷酷な印象をもたれる事も多々tある事でしょう。

ですが、こういった性格の人の場合自分が相手を責める事にはたけている物の、相手に何か言われると途端に落ち込み、戦意を喪失してしまう傾向にあります。

自分のしていることが100%ただしとおもっているからこそ、それを否定されると立ち直る事が出来ないのです。

本来であれば、お互いの主張をぶつけ合う事によって、意見をまとめたり新しい考えを生み出す物です。

その為、ディスカッションをする事は必要な事であり、例え自分の考えを否定されたとしても、なんら落ち込む必要は無いのです。

ですが、それを割り切る事が出来ないからこそ、落ち込んでしまうのでしょう。

ディスカッションの度に落ち込み、自分の殻に閉じこもっているような人は他の人がとても気を使います。

次第に話し合いに参加すること自体を嫌がられるようになってしまう事もあるかもしれません。

そうなってしまって人間として成長するチャンスを無くしてしまう事にもなりかねません。

そうなってしまわない為にも、自分の考えを否定されたとしてもイチイチ凹まないだけの強さを身に付けることが重要です。

扱いが面倒くさい

感受性が強く、相手の言葉によって傷つきやすいナイーブな人達。

そんな人たちと付き合う事は決して楽な事ではありません。

その為、扱いがめんどくさいと感じる人も多々居ることでしょう。

出来る事なら関わりたくないと感じるのも、普通の事なのかもしれません。

ですが、本人の意思とは関係なくかかわらなければいけない場合と言うものもあります。

仲良くなる必要はありませんが、一緒に何か行動をする事だってあるかもしれないのです。

そうなった時、最初から心に壁をつくっていては相手のいいところも見つけることも出来なくなってしまうかもしれません。

どんなに面倒な相手出会ったとしても、必ず少しはいい所がある物です。

そこを見つける事が出来れば、相手に対する考え方も少し変える事が出来るかもしれません。

どうせ関わって行かなければならないのであれば、少なくとも嫌いになるよりは普通になった方が良いでしょう。

情緒不安定

周りからの意見を常に気にしおり、自分の言動・行動にも常に気を使っているので少しでも何かいつもと違う事があると、途端に不安な気持ちに襲われる事があります。

その不安は、自分が作りだしているものなので、他人から理解されない場合が多々あります。

その結果、他の人から見ると情緒不安定と言われてしまう事もあるかもしれません。

情緒不安定な人を相手にする事は、大きな負担になる事もあるでしょう。

怒ったり泣いたりと、喜怒が激しすぎると、関わることすら嫌になってしまうのも分ります。

しかしながら、本当に大変なのは、本人なのです。

自分でもどうする事も出来ない感情と、どうにか折り合いを付けて過ごしているもののそれが時々爆発してしてしまうのでしょう。

そんな人の事を全て理解しろとは言いません。

ですが、少しだけ考え方を変えてみてはいかがでしょうか。

相手も何か辛い事があるのかもしれないな。

悩みがあるのかな。

そんな風に、気持ちに寄り添う事が出来れば、世界はもう少し優しくなるのかもしれません。

【情緒不安定な人の特徴については、こちらの記事もチェック!】

完璧主義者

細かい所に良く目が行くと言う事もあり、ナイーブな人は完璧主義者が多いと言われて居ます。

このような性格の人の場合、自分に厳しいだけでは無く相手にたいしても厳しい傾向にあります。

その為、一緒に仕事をしていると息が詰まるような感覚になる事もあるかもしれません。

ですが、ここで一つ考えてみてください。

物事にもよるとは思いますが、多くの事を完璧にこなそうとする事は悪い事でしょうか。

全てを適当にこなしていく人と比べれば、確実に信用する事が出来る人だとは思いませんか?

完璧主義者の人が嫌われる傾向にあるのは、おそらく仕事の結果では無く過程なのでしょう。

言葉の使い方や中止の仕方によって相手を怒らせてしまう可能性が多々あるのです。

その為、自分の意見を相手に伝えたいという思いがあるのであれば、まずはきちんとした話し方を意識する事が重要です。

それを行う事が出来れば、完璧主義であったとしても周りから嫌がられる事無く、物事を伝えることが出来るかもしれません。

価値観を押し付ける

失敗したくないという気持ちから、ナイーブな人はつい自分が正しいと思っているやり方を相手に押し付けてしまう傾向があります。

その教えている相手が、あなたの部下や弟子のような人であるのであればその関係では成立するのかもしれません。

しかしながら、それが友人や同僚など同等の立場の人であれば、相手が不快に感じる事も十分に考える事が出来ます。

人間には様々な人がおり、考え方もまた人それぞれです。

あなたがどんなに正しいと感じている方法であっても、相手からすれば受け入れられない物もあるかもしれません。

そこを無理に押し通そうとしてしまうと、相手との関係性に歪みを生み出す原因になる事もあるかもしれません。

自分の意見を持つ事は重要な事ですが、他人の意見をを聞き入れる事もまた大事なポイントです。

多くの意見を聞き、自分の物にする事が出来れば人間としてさらに成長する事が出来るかもしれません。

相手の意見を聞き入れないと言う事は、そんな成長のチャンスすら無駄にしていると言う事なのでしょう。

人間としての深みを出す為にも、多くの意見を聞き入れる事が出来るだけの心の広さを持つ事が需要です。

人の目を気にする

ナイーブな人は、他人からの評価を大変気にします。

相手から、自分はどう見えて居るのか。

嫌われて居ないか・他の人から浮いては居ないだろうか。

考え出したらきりがないのかもしれません。

確かに、他人かから嫌われたいと考える人は少ないでしょう。

出来る事なら、多くのひとから好かれたい。

そう思ってるのではないでしょうか。

それは健全な考え方であり、どこもおかしい事はありません。

ですが、何事に対しても限度は必要です。

他人からの評価を気にしすぎる余りに、本来の自分を見失ってしまうようであれば、正に本末転倒では無いでしょうか。

本当の自分を出さずに他の人から評価を受けたとしても、その評価に意味はありません。

自分の本音を出す事が出来て、はじめて意味があるのです。

他人の目を気にする事無く、自分に自信をもって生きる。

それをする事が出来れば、どれほど幸せだろうと思います。

ですが、それが出来ないからこそ、ナイーブな性格なのでしょう。

いきなり性格をがらりと変える事は出来ませんが、考え方を少しづつ変えていく事は出来るかもしれません。

今までの自分を変えたいと思うのであれば、自分に自信を持つ事が出来るように行動してみてはいかがでしょうか。

うつ傾向がある

ナーバスな人は、多くの事を考え行動しています。

その慎重な性格が役に立つ場合も多々ある事でしょう。

仕事などで考えれば、ミスが少なくなるので良い同僚と言う事も出来るかもしれません。

ですが、多くの事を常に考えて居ると言う事はなかなか心が休まる時が無いと言う事です。

自分の中で、前向きに考える事が出来て居るのであればそれもまた生きる活力になるかもしれませんが、心配事が沢山ある場合には、不安な気持ちがドンドン増殖してしまう結果になる事も十分に考えられます。

自分自身の考えによって、多くの不安が生まれ心に多くのストレスが感じると病気になる可能性がぐっと高まります。

心の病気の中で、広く知られているものの中に『うつ病』と言うものがあります。

この病気に一度かかると、再発する可能性も非常に高く人生を大きく変える事になる事もあるでしょう。

常に悲しい気持ちになったり、死にたくなったりする事だってあります。

病気は本人が一番辛いものですが、この病気の場合は支える家族もまた大変な心労がかかります。

その為、2次被害的に家族もまたうつ病になってしまうケースもあり、注意が必要です。

一つの事で悩んだり、思い悩む事によってうつ病が発症します。

責任感が強く、真面目な人程なりやすいと言われて居るので、もし今ストレスを感じているのであれば何か発散出来る方法を探してみてください。

ナイーブな人にとっては、自分でもなかなかコントロールする事が難しい部分なのかもしれません。

しかし、そこで諦めてしまってはそこから先に進む事は出来ません。

自分の性格を変える事が出来るのは自分自信のみです。

もし、少しでも性格を変えたいと思っているのであれば、行動してみてはいかがでしょうか。

️ナーバスの意味

日本語には、様々な言葉があります。

昔から使われていた言葉が変化したものもあれば、海外から入ってきた言葉が、そのまま定着してしまったパターンもあるでしょう。

ナーバスの場合は後者であり、元々は英語の言葉です。

ナーバスという言葉が使われるようになったのは随分前の話です。

その為、多くの方が何気ない会話の中で使う事も十分にあるでしょう。

意味もなんとなく説明する事が出来る方が大半出は無いでしょうか。

決して難しい言葉では無いので、多くの人に気軽に伝わりイメージを共有しやすいという所も良いポイントと言えるかもしれません。

使い安い言葉なので、会話の中で登場する事もあるかもしれません。

その中で、『あなたナーバスになっている』と言われた場合には、大抵褒め言葉出はありません。

『イライラしているよ』『神経質になっている』などの意味が込められている事が大半であり、周りの迷惑を考えてもう少し自粛しなさいとい言った意味がある事でしょう。

内容をしっかりと理解していないと、優しく注意された次点で自分の行動を改める事が出来ない事もあるかもしれません。

相手の気持ちに立って行動する事が出来なければ、自分の周りからいつか人が居なくなってしまう事だってあるかもしれないのです。

その事を忘れずに、もしこの言葉を使われた場合には、自分の行動をしっかりと振り返って見る事が重要です。

英語「nervous」

ナーバスは、元々は英語から来た言葉です。

英語の意味を辞書で調べると『興奮しやすい・いら立つ・神経質・過敏・臆病・気が弱い』などの意味が出てきます。

沢山の意味がありますが、これらの言葉をまとめて、日本語の中では『神経質』という意味が当てられたのでは無いでしょうか。

ナーバスな人は、意味にもあるようについイライラしてしまいがちです。

その理由が、他の人と共感する事が出来なければ気難しく怒りっぽいという印象を持たれてしまう事もあるかもしれません。

ですが、ナーバスな人の場合他人に対して暴力をふるったりする事は殆どあります。

あるとすれば、いきなり切れ出す事くらいでしょうか。

ナーバスな人は、気が小さい人が多く普段は思っている事をなかなか外に出す事が出来ません。

それが出来ないからこそ、ストレスが溜まって爆発してしまうのです。

その為、切れやすい・神経質だと感じる人が周り居るのだとすればそれだけ毎日我慢している結果なのかもしれません。

その事を忘れずに居れば、例えその状況に遭遇してしまった場合でも少しだけ優しい気持ちで受け入れることが出来る事もあるかもしれません

神経質な様子

相手に対して神経質と感じる様子には様々な物があります。

例えば、貧乏ゆすりもその一つです。

何かに熱中している時に、無意識に出てしまう癖のようなものですがこれをしている事によって確実に神経質な印象を与えます。

更には、普段物静かな人があるきっかけに対していきなり怒りだしたり切れたりしてしまう事もまた、神経質な部分を感じさせるポイントでしょう。

『神経質』と呼ばれる行動の多くは、決して良いものとは言えません。

相手に対して不快な思いをさせて居る事もあり、自分本位の行動と言わざるを得ません。

もし、あなたが全くイライラしていなかったとしても相手からみてイライラしているのであればそれは直さなければなりません。

さもなければ、知らない人からも常に誤解されてしまう事も十分に考える事が出来るからです。

誤解の多い人生は、損の多い人生です。

出来るだけ、素直な自分を分って貰う為にも時には相手からどうみられて居るのかを意識して行動する事も十分大切な事なのです。

もし、誰かに指摘された行動があるのであれば、それは素直に直して行きましょう。

その忠告を素直に聞き入れる事が出来るかどうかによって、自分の人生をがらりと変える事も出来るかもしれません。

ナーバスな人=神経質な人

ナーバスな人間と言う事は、細かい所が気になりイライラしたり、他人の目を気にする傾向にあります。

この状態を日本語では、『神経質』という表現をします。

その為、ナーバスな人=神経質という法則が成り立ちます。

日本語では、随分昔から神経質という言葉が使われてきましたが、最近ではナーバスという言葉を使用する人が増えて来た事もあり、両方の言葉が使われています。

その為、どちらを使用したとしても意味が伝わらないと言う事は無いでしょう。

本来、英語の意味の中には『臆病』という意味も含まれて居ました。

その為、いつもイライラしたり細かい事が気になてしまうのはそれだけ小心者であり、小物だからという印象を持たれて居ました。

しかし、日本語である『神経質』という言い方をしてしまうとそういった意味が余り伝わらず、単にめんどくな人と言った印象を強く与える事になってしまいます。

その為、言葉を使う際にはその言葉の意味をしっかりと理解した上で使用する必要があるでしょう。

それが出来なければ、間違った印象を相手に与えてしまう事もあるかもしれないのです。

元々神経質=ナーバスな人は他人から誤解されやすい傾向にあります。

その為、その誤解をより増幅してしまわない為にもきちんと意味の伝わる言葉を使用して行きましょう。

️ナーバスな人は面倒だけど少し心配

自分の周りに、ナーバスな人が居るとついつい面倒に感じてしまう物です。

どこで機嫌が悪くなるか分からないと言う事もあり、周りに居る日とは常にその人の事を気にしていなければなりません。

本当に大事な友人なのであれば、それをしてでも一緒に居たいと思う事もあるかもしれません。

ですが、大抵の場合はそんな人と関わる事が面倒になってしまう事でしょう。

その為、ナーバスな人は、周りから自然と人が居なくなってしまうかもしれません。

ですが、ナーバスな人も時には役立つ事もあります。

少しの変化に気が付く事が出来るので、何か仕事でミスがあったとはすぐに気が付く事ができるかもしれません。

臆病者で慎重な性格なので、ミスが少なく、一緒に仕事をしていく上でいい面もあるのです。

勿論、どんなに正確に仕事をしたとしても、そこに不機嫌さがプラスされてしまっていては意味が無いのでは重々分ります。

それでも、人間には色々なタイプが居る物です。

どんなにめんどくさいと感じたとしても、時にはナーバスな性格の人と一緒に何かに向かっていかなければならない時がやってくるかもしれません。

そんな時は最初から、相手と関わる事を止めてしまうのでは無く相手の良い所を探してみてください。

どんなに癖の強い人でも、一つくらいいい所はある物です。

そのポイントを見つけることが出来れば相手に対してちょっとだけ好意を持つ事が出来るようになるかもしれません。

全ての人と仲良くなる必要はありません。

ですが、嫌いになる前に何かいい所はないかと探す事によって、その人の見方をチョットだけ変える事も出来るのです。

どうせ関わって行かなければならないような相手なのであれば、嫌いになるよりは好きになった方がずっと人生は豊かな物になります。

好きになる事が出来なかったとしても、負の気持ちを押さえることが出来るだけでも大事な所でしょう。

今までナイーブな人に対して、嫌な印象を強くもっていた人は一旦そのイメージを捨てまっさらな気持ちで見てみてください。

勿論、面倒な所もある事でしょう。

ですが、どこか一ついいとこをが見つかるかもしれません。

更には、もし見つけることが出来なかったとしてもナーバスな人の特徴を知る事によって『ホントは小心者だからこそ、こんなに吠えているんだな』と相手を冷静に判断する事が出来るようになるかもしれません。

それができるようになれば、自分は同じ土俵に立つ事無く、相手をする事が出来るようになります。

相手が子供の様にムキになったとしても、自分が大人の対応を擦れば良いのです。