世の中に存在する仕事はたくさんありますが、その中でも営業という仕事はかなり所属している人が多く存在し、営業の仕事ほど難しい仕事はありませんが、やりがいがある仕事はありません。

営業という仕事はやればやった分だけそれが成果となって顕著にすぐに現れるからです。

例えばあなたが所属している会社が売り上げが好調だということで今年の黒字は35億円というような数字を発表したとします。

35億円数字は確かにとてつもない金額でありすごいことだと言う事は分かるのですが、35億円と言われても具体的にはなかなか把握しづらい数字で、なんとなくイメージがしづらいと思いませんか?
それよりも例えば不動産なので言えば一億円の物件を販売することに成功したと考えた方が現実味がありすごいことだということが本能ですぐピンと来ますよね。

営業という仕事は行えば行った分だけ自分の売上という数字が加算されていき、大体の会社がノルマという形で自分の売上目標などを数字として管理しているところが多いと思います。

ぱっとしない仕事よりも具体的に数字を打ち出してその数字に満ちてるかみきていないかと言う部分で判断した方が分かりやすいですし、自分はこれだけの数字を会社に貢献したんだとわかりやすく考えることができるので当然ながらやりがいにもつながります。

営業という仕事はどんな仕事を行うにしても一番根幹にある部分で会社の生命線と言っても間違いではありません。

営業部の出した数字がそのまま会社の利益につながるからです。

営業の仕事の方法はたくさん存在しますが、多くの会社がメインで使っている手法としてテレアポという仕事が存在します。

簡単に言えばテレアポを行い、お客様と合う口実を作るという事なのですが、 テレアポ払うことは簡単でも成功することはとても難しいです。

実際にテレビを行った人がいれば、理解できるかと思いますが、 うまくいかないときはずっとうまくいかないので結果が出ずにイライラしてしまったり、難しいなと思い悩んでしまうことも多々あります。

今回はそんなテレアポをテーマにしてテレアポ成功させるためのテクニックについてご紹介していきます。

もし今あなたが営業という仕事に携わっておりのおかずっテレアポを行う機会があるのであれば、勉強することによって必ず何かしらの成果が出せるテクニックばかりなので、この機会に理解してみてください。

テレアポの仕事で行き詰っているあなたへ

現実にたくさんの方々テレアポの仕事を行っておりテレアポの成果が出せずに思え悩んでしまったり時には会社を辞めてしまいたいと思ってしまうほどストレスに感じてる場合が多いかと思います。

テレアポの仕事は一見簡単そうに感じますが実際は奥が深くとても難しい仕事の分類に入ります。

提供するサービスの商材によってもお客様の反応は幅があり、電話口でのコミュニケーションということなので人によっては暴言を吐かれたり心ない言葉を吐かれたりすることも多々存在しています。

なのでテレアポの仕事は難しいのは事実ですが、それと同時にとてもやりがいのある仕事です。

営業の仕事を始める上で一番初めに勉強することではあるので社会人になりたての形だったり、テレアポの仕事を新しく経験するという方は必ずこの部分を理解してテクニックを身につけることで営業カットが段違いに行いやすくなるので、まずはテレアポという言葉の意味について簡単にご紹介していきます。

1. テレアポとは?


テレアポという言葉の意味を簡単にご紹介していきます。

テレアポとは簡単に言えば電話をかけて相手にアポイントを取るという行為のことを指し示す言葉であり、電話勧誘販売なので行われる勧誘行為の一つだと言えます。

テレアポは略称された言葉であり、テレフォンアポイントメントの略称で知られています。

電話をかけてこちらのサービス内容を簡単に伝えた上で一度面会させて欲しいという趣旨を伝えた上で、面会させていただく日時などを決めるまでがテレアポの仕事の一つの流れとなります。

このように聞くとただ電話をかけてサービスの内容を伝えて興味がある人に会うための約束を取り付ければそれで良いと言う単純な仕事に感じるかもしれませんが、テレアポのテクニックを把握していないと百件電話をかけても、一件も面会が取れないという事もざらにあります。

テレアポの仕事は確かに涼しい部屋で電話をかけ続けるばいいだけの単純な作業だよに感じるかもしれません。

電話越しで相手にサービスの良さを伝えて、尚且ついきなり電話をした身でありながら会う時間を取り付けなければいけないという様々な、難しいハードルを乗り越えて要約たどり着ける精華になるので、簡単とは言いにくく様々なテクニックが必要になります。

上手な人は100件かけて1件も取れないところが、100件かけて3件も5件もアポを取ることができる場合もあるので、テクニック次第で大きく結果が変わりやすい仕事であるともいえます。

テレアポを成功させるための6個のテクニック

テレアポの言葉の意味をご紹介したところで具体的にテレアポ成功させるためのテクニックについてご紹介していきます。

テレアポを行ったことが無い方や、テレアポに興味がない方についてはテレアポのテクニックについて当然把握していない方が多いと思います。

しかしながら営業活動を行うことにおいてテレアポは必ず必然的に必要な営業活動になります。

テレアポができなければそもそもアポイントが取れないという状況になってしまうので、今後の人生で営業を行うときに大きく苦労してしまうと思います。

だからこそ早い段階で営業の基本となるテレアポの技術を身につけておくことで、営業活動が段違いに行いやすくなるので、営業の仕事に携わっている方、もしくは今後携わりたいと思っていることには必須のスキルであることを理解してください。

1. 滑舌良くハッキリとしゃべる


テレアポ成功させるためのはじめのテクニックとして滑舌を良くはっきりとしゃべることが大切であると言えます。

例えばあなたが電話をかけられた側として考えてみてください。

いきなり電話をかけてきて、何を言っているかわからないようなボソボソ声だったり早口でまくしたてて喋られたとしても、意味が分かりませんし不快な気持ちになってしまいますよね。

だからこそ電話をかける時には滑舌を良くしてはっきりと相手に聞き取れる用に喋ることが大切であり、相手が安心感を覚えるように話すことが大切です。

ゆっくりと滑舌よく喋ることによって、相手は安心感を覚えて興味がある商品であれば話を聞いてくれるようにもなります。

興味がなかったとしてもとりあえず話だけでもと言うことで聞いてくれるように相手の心の準備を整えさせる上でも効果があるので、喋り方をまずは意識してください。

【滑舌を良くするには、こちらの記事もチェック!】

2. 詳しく説明し過ぎない

次にテレアポ成功させるためのテクニックとして詳しく説明しすぎないということが挙げられます。

まず、理由としてはテレアポの段階では説明するとしても電話上での説明になるので、 電話口で沢山の説明を行ったところでなかなか説明が身に入らないので相手と同じ認識を持つことが難しくなります。

単純に考えてもらえればわかるとおり実際に会って話をするのと電話で全てを話しをするのでは実際に会った方が分かりやすく相手にも理解をしてもらえますよね。

電話で何十分も話を聞いていても疲れますし分かりづらいので実際に会った時に詳しく説明をすることが初めてできるようになるので電話上ではあまり詳しく説明しないようにすることが大切です。

電話上で詳しく説明しようと心がけたとしても相手が興味がなければ苦痛な時間になってしまうのでガチャ切りされたり、文句を言われたりして終わってしまうことにつながりかねません。

またもし説明が上手でどれだけ詳しく説明することができたとしても、電話で全て簡潔に説明してしまうと結局そこで押し付けられたくないと言う思いが働いてしまい断られてしまったら何も言い返せませんよね。

全て話して相手に判断を委ねるよりは相手が興味がありそうなことだけを離して話の核心は言わないようにすることで実際にあった時に全て話しますという風にアポを取ることができやすいので、あくまでアポを取るためのテレアポと考えた時にとても大事なテクニックの1つになります。

相手の手元に資料がないので声だけでは伝わり切らない

営業経験がある方ならある程度想像しやすいかもしれませんが、アポを取得して面談に行った際に必ず商品に関する資料であったり分かりやすく説明するための資料を準備して持って行きますよね。

電話口だけで商品の説明をしても相手は十分に理解することはできませんし、必ずその都度疑問点が生じてきます。

だからこそ面談をした時に資料をもとに説明しながら相手にサービスの内容を話す方が十分に理解してもらえまし購買力も高まります。

だからこそ電話だけで全てを説明するのは不可能であり意味がないことだと捉えることができますので、テレアポをする際には重要なことだけを簡潔に述べるようにして、興味付けをさせてアポを取るというところまでを重要視することが大切です。

この部分を勘違いしてしまうと、何百件電話をしてもアポは取れませんので、注意してください。

3. メリットをしっかり具体的に伝える

テレアポ成功させるテクニックとして相手側のメリット具体的に伝えることが大切だと言えます。

何をするにしても大事なのは、相手の立場に立って物事を考える、そして説明するという技術です。

例えばあなたが営業マンだったとしてどういう風にして相手に興味を持ってもらえますか?
勘違いしている営業マンであれば単純に自社の商品のメリットを淡々と伝えて相手の反応を伺わずに購入してもらえませんかという風に話を突き進めていく場合があります。

こんな営業の仕方では商品を買ってもらうどころか二度と来るなと叱られてしまう結果になってしまいます。

本当に相手に興味を持ってもらうには相手の立場に立ってどういう部分がメリットとして成り立つのかということを具体的にかつ簡潔に伝えることがとても大事です。

自社の商品のメリットをある程度把握した上で、お客様がどういう風な使い方をするのかということを想定した上でメリットを把握しておけば電話をした時も落ち着いて話せます。

こういう状況で使えば金額や時間にしてこれくらいの差が生まれる、という風に時間や金額で比較する場合もあれば、その商品カテゴリの誰もが知っているような商品と比べたり、使用用途や利便性を把握して簡潔に説明する事で、お客様のニーズに合った場合興味を持ってもらえるようになります。

なので、メリットを120%把握して、説明できるようにしておく準備をすれば、テレアポの成功率はぐっと上がるといえます。

具体的な数字を示す

相手に対してメリットを伝えるときにはただ特徴となるメリットを説明するだけではなく具体的に何かと比較したり数字を示すことが大切です。

先ほどお伝えした例で言えば、例えば弊社の商品を使ってもらえれば一般的な商品◯◯を使うよりも、電気代がこれくらい安くなり年間にして◯◯円安くなります、という風に説明をした方がわかりやすいですよね。

メリットを伝えるのが下手な人の場合はうちの商品を使えば電気代安くなりますよ!という中身のない結論だけをお客様に押し付けてしまい、結局理解されずに終わってしまうという事です。

具体的な数字を絡ませることで話の信憑性を上げることもできます。

明確に相手に伝わるようになるので、そこから少しでも興味を持ってもらえればあとは相手が色々聞いてきたりするのでそれに応えていくうちに、電話だと限界があるので、一度お伺いしてもいいですか?という風に自然とアポを取れる話に繋がっていきます。

ある程度道筋を想定して話をすると簡潔で、スムーズにコミュニケーションをとることができますし、興味付けなどもある程度上手になるので、話を上手に行えるように自社の製品の特長をしっかりと勉強しておく事が大切だといえます。

成功した具体例を話す

相手に対してメリットを伝える場合は第三者トークなどもとても有効になります。

第三者トークとは自分とお客様以外の別のお客様のことを話しに引き合いに出して、そのお客様も悩みを持っており弊社の商品を使うことによって悩みが解決したということを引き合いに出す方法です。

ここで話をする際の注意点としてその成功した具体例をわかりやすく相手に説明してあげることが大切です。

ただ単に同じ悩みを持っていた人が悩みが解決したということだけを聞いてもいまいちピンと来ませんよね。

例えば、電気代が高くて、毎月の出費がかなり大きくなっているという悩み対しては、他のお客様の同じような悩みを仰っており、弊社の商品を購入いただいた事により、毎月の電気代が◯◯円安くなり、悩みが解決したとおっしゃっていただきました。

という風にわかりやすく簡潔に説明する事で、理解が深まります。

そこで、弊社の商品は一般的な商品よりも◯◯%電気代を節約できる商品なんです。

という風に説明を付け足せば、より理解が深まり、興味を持ってもらえれば、他にもメリットがあるんで、資料を持参してお伺いさせてください、という風に持っていく事が出来ます。

結論として、成功した具体例を話すことよってテレアポの成功確率を上げることができる理由に繋がります。

4. あまり自分の話をせず相手の話をよく聞く

テレアポを成功させるテクニックとして自分の話ばかりせずに相手の話をよく聞くことが大切です。

どうしてもテレアポ行う側の心理としては、 相手から嫌がられたくない、断られたくないと言う心理が働いて相手が発現する機会をかぶせて自分の言葉で申し込んでべらべらと喋ってしまいがちになります。

確かにこちらがマシンガントークで相手の言葉に被せれば相手が発言する機会を失わせることができるかもしれません。

そもそも本来の目的としては相手に興味を持ってもらってあっていただく約束を取り付けることです。

こちらが短いことに対して話をかぶせて聞かないようにしてくる人に対して会いたいとは思いませんし信頼できるわけないですよね。

それに元々人が話をして満足するのは自分の意見をしっかりと聞いてもらって初めて満足できるようになります。

プライベートの話でもそうですがあなたが誰か友達と喋っている時に、自分の話をする時は楽しそうにしているのに、こちらの話を聞く時にはつまらなさそうにしていたり、流すようにして話を聞かれていた場合は気分が悪くなりますよね。

テレアポでも結局は人と話をして約束を取り付けるということに変わりはないので、 むしろ相手が断り文句を言ったり何か質問をしてきた時には、相手の言葉の中からメリットを伝える用に仕向けたり、質問をしてきた時には興味を持っている証拠だと判断して、もっと具体的に相手が興味を持ちそうなキーワードを話すことができればテレアポの成功率が上がる可能性が高まります。

だからこそマイナスに捉えるではなく、全てをポジティブに捉えて相手にたくさん話をさせることで、テレアポを成功させるテクニックの1つとして用いることができます。

5. マニュアルを読んでいるような話し方をしない

テレアポを成功させるテクニックの1つとして必ず相手と喋る時にはマニュアルだったとしてもマニュアルを読んでいないよな話し方をすることです。

手元にマニュアルがあったりどうしても仕事をし始めの時には内容をあまり把握していないことが多いので、マニュアル通りに話を進めてしまいがちになります。

マニュアル通りに話を進めているとマニュアルをそのまま棒読みしてしまう様な話し方で会話をしてしまう方もいるので必ずこの電話注意して、マニュアル読みではなく人と会話をするようにして話を持っていくようにしてください。

どんなにわかりやすい説明であったり、聞き取りやすいスピードで相手が話をしてくれていたとしても、まるでロボットのように感情がないマニュアル通りのしゃべりをしていた場合はどうしても興味が薄れてしまいがちですよね。

人間同士で会話をしているわけですから当然ながらあいりに感情込めて話をして言葉を選ぶようにすることが大切であり、コミュニケーションが取りやすい方法になります。

電話をする時にマニュアル読みになってしまう方は、何度もマニュアルを読んで内容を覚えて自分の言葉で感情を持って話をできるまで練習することが大切です。

6. キーマンが電話に出なくても丁寧に話す

テレアポを成功させるテクニックの1つとして、キーマンが電話に出なかったとしても人によって態度を返す丁寧に話をするということです。

個人に対する営業でも、法人に対する営業でも電話をした時には必ずしも直接的に話したい人が出ない場合は多く存在します。

いわゆる決裁権を持っているキーマンと呼ばれる存在ですが、例えば一般家庭であればお父さん、企業であれば幹部や社長を指し示す言葉ですが、たくさん電話をしていれば、 お母さんや子供、人事部や経理部、総務のようないわゆる事務員の方が対応してくれる場合もあります。

テレアポを行っている身としてはこれらの方が電話に出た場合に話が進まないことが多いので残念に感じてしまいがちですが、キーマンが電話に出なかったとしても丁寧に話をすることが大切です。

時々決裁権を持たない人と話す時は横着な話し方をしてしまう方もいますがこれは人間として信頼を損ねる行為であり絶対にしてはいけない行為です。

もしもどれだけ良いサービスだったとしてもその悪い印象を決裁権を持っている人が聞いてしまった場合は、信頼できない相手だと思われてアポが取得できない可能性もあります。

だからこそどんな人が電話に出たとしても必ず丁寧に話す言葉心がけて行うようにしてください。

テレアポに向いている人とは

ここまではテレアポ成功させるテクニックについてご紹介していきましたが、ここからはテレアポに向いている人の特徴についてご紹介していきます。

ここまでご紹介した通りテレアポの仕事に関してはとても大変な仕事であると言うことが理解していただけたと思います。

普段からあまり電話をすることがない方についてはテレアポの仕事を行った場合に電話をすることも慣れていないのにその中で相手と短い時間でコミュニケーションを取ってなおかつ興味付けをさせるというところがとても難しく感じると思います。

また扱っている商材の内容によりますが、電話をかけた相手から精神的にストレスにかかる様な言葉を吐かれる場合もあるので、多くの方が自分はテレアポに向いていないんじゃないかと勘違いしてしまいやすいです。

しかしながら向き不向きはあったとしても努力次第で大きく自分を変えることができます。

だからこそテレアポに向いている人の特徴を把握することでなるべく自分がテレアポに向いている人の環境に近づけることができるようになるので、全てを前向きにとらえて成果が出せる様に自分の中で工夫してみてください。

1. 気が弱くない人

テレアポに向いてる人の特徴としてまず気が弱くない人ということが特徴としてあげられます。

なぜならばだいたいのテレアポはいつも大事ですが量も大事です。

そもそもテレアポを行う上で、アポを取らせてくれる確率と言うのは極端に低いです。

なぜならば法人向けでも個人向けだったとしても、会社に所属して電話を取っている方なら分かるかもしれませんが営業の電話と言うのは大変多いです。

毎回毎回丁寧に対応していては時間にキリがないので営業と言う言葉を発した時点で電話を貸し切りしてしまう場合もありますし暴言を吐かれてそのまま説教されて電話を切られてしまうということも当然ながら存在します。

しかしそんなことをいちいち気にしていては電話がかけられないので、嫌なことがあったとしてもそれを流す力が必要ですしそれを受け止めながら1日100件以上の電話をかけ続けることだテレアポの極意だと言えます。

なのでテレアポを行う上で必要な特徴としては気が弱くない人が絶対的に挙げられます。

テレアポで数字を出している人はそのようなことは一切気にせずに、流しながら1日何百件以上も電話をかけ続けてたくさんのアポを取っています。

真剣に受け止めずに精神的に強くなり受け流すことが大事です。

2. 人と話しをするのが好きな人

テレアポに向いてる人の特徴として人と話すことが得意だったり、好きだと言う方が向いているといえます。

テレアポは電話口だとしても結局は人と人が話すという行為に他なりません。

テレアポの仕事上をあまり長い時間の話はできないので短い時間の中でどれだけ相手と仲良くなり相手にこちらのサービスの興味づけを行うかということがとても大事になります。

なので普段から人と話すことが好きな人が自然と相手と仲良くなれるように自然な感じで話すことができます。

しかしながら人とのコミュニケーションなどがあまり上手くない人は電話上だったとしても緊張してしまったり、どういう風にして相手と仲良くなれば良いのか分からなかったりするので人と話をするのが嫌いだったり苦手な人にはあまり向いていない仕事だと言います。

もちろん意識すれば改善できる点にはなるので、難しく考えずにコミュニケーション能力を向上させる練習を普段から取り入れることで、大きく改善することができます。

3. 落ち込みにくい人

テレアポに向いてる人の特徴として精神的に落ち込みにくい人が向いているといえます。

先ほどご紹介した気が弱くない人に多きく該当する内容かもしれませんが、テレアポは1日に何百件も電話をかけ続けるのでいちいち落ち込んでいたらきりがいません。

時にはテレアポ何百件かけても1件もアポが取れないということはざらにあります。

テレアポ営業会社である場合が多いので、営業会社である場合はどちらかといえば体育会系の風潮があるので、取れる人間には優しくして取れない人間には精神的に詰められるような状況が生まれたりもします。

精神的に追い込むことによって必死になり人間の必死の努力でアポイントの数を多くしようという作戦だとはいえます。

このように結果が出せないと怒られてしまい怒られてさらに落ち込んでしまうというループに入ってしまいます。

怒られてすぐに落ち込んだり過剰なまでに自信をなくしてしまう様な人は、テレアポの仕事には向いていません。

前向きで常に明るくいられる人間が勝ち進める仕事であると理解してください。

4. 仕事を楽しめる人

テレアポに向いてる人の特徴として仕事を本当の意味で楽しめる人が向いています。

テレアポの仕事が本当の意味で楽しくなければ電話をかけるのも楽しくなくなり人と話すこと自体も楽しくなくなってしまいます。

自分の気持ちがそのまま電話口の声に現れて話している相手も興味を持たなくなってしまったり結局結果が出ないといった悪循環に苛まれてしまいます。

だからこそ人と話すことが好きであったりアポを取ることに対して執着して心から楽しむことができるような人間の方が、必死になりアポが取りやすくなり、結果的に成果も出せるので、仕事が楽しくなるという良いループに身をおけるようになるともいえます。

テレアポの仕事はアポが取れない時ほど落ち込んでしまうことがありません。

アポが取れないという状況すらもどうすればアポが取れるのかという風に前向きに考えて、ワクワクするような考え方を持っている人の方が結果は必ず出せます。

電話の仕事が好きで人と話すことが好きだと言うように、仕事を楽しめることができる人間はテレアポに向いています。

5. 向上心がある人

テレアポに向いてる人の特徴として向上心がある人が挙げられます。

テレアポを行なっていると必ずどこかのタイミングで数字が飲みたくなったりアポが取得できなかったりして伸び悩んでしまうことがあります。

人間なので当然その様な状況が起きてしまうと自分に自信がなくなってしまったり仕事が嫌だと感じてしまいがちになります。

そのようなことをいちいち考えるのではなく、常にどうすればアポが取れるようになるのか自分のいけないところは何だろう…。

という風に自問自答して向上心を持ち続けて仕事ができるような人間の方が当然アポは取れますし、大きな結果を出しやすいと言えます。

向上心を持って前向きに仕事を行い続けられる人はテレアポでも成功しやすいと言えるので向いている人の特徴としてあげることができます。

6. 明るい人

常に明るい性格の人はテレアポの仕事に向いていると言います。

あなたの周りにもちょっとしたことですぐに傷ついてしまったり後悔してしまう人や、常に前向きでいつも明るい人が存在していると思います。

テレアポを行う上で大切なのは常に明るくいられるかどうかという事です。

例えばあなたがお客様の立場として電話がかかってきて会ったこともない人からある商品について紹介されたとします。

元気がなくぼそぼそと何を言っているかわからないような声で話をされても面倒くさいですし、話をしたいと思わないですよね。

しかしながら明るい声で楽しそうに話をしている人を電話口から想像すると、 ついつい話をしてしまって仲良くなってしまい相手とアポを取ってしまいがちになると思いませんか?

テレアポの仕事はどちらかといえば嫌な経験をする方が多いので、精神的に落ち込みやすいです。

落ち込んでしまったら声色に電話口でも暗い事がわかってしまうので、必ずどんなことがあったとしても常に明るくいられる人間の方が必ず成功する確率が高くなります。

そのため、明るい人はテレアポの仕事が向いています。

まとめ

今回はテレアポというキーワードをもとに、テレアポの意味、そしてテレアポを成功させるテクニック、そしてテレアポに向いている人についてご紹介しました。

営業関係でテレアポの仕事を専門的に行っている人や、営業活動の一環でテレアポを行っている人はかなりの人数が存在していると思います。

電話に慣れていない人や営業という仕事を始めたばかりの人はテレアポの成果がなかなか出ずに自分には才能がないんじゃないかと思って落ち込んでしまってる人も数多く存在します。

しかしテレアポに向いていない人はいてもテレアポができないというわけではありません。

自分が行える努力を継続的に行って考え方を変えることによって、テレアポで成果を今まで以上に出すことは誰でもできます。

できないと思って始めから努力もしないうちは何もできませんので、必ず自分はできるという前向きな気持ちを持って継続した努力を行うことで、違った結果が出るようになりますので、早い段階でテクニックを身に着けて、よりより営業成績を出せるように工夫してください。