世の中に存在する仕事はたくさんありますが、その中でも営業という仕事はかなり所属している人が多く存在し、営業の仕事ほど難しい仕事はありませんが、やりがいがある仕事はありません。

営業という仕事はやればやった分だけそれが成果となって顕著にすぐに現れるからです。

例えばあなたが所属している会社が売り上げが好調だということで今年の黒字は35億円というような数字を発表したとします。

35億円数字は確かにとてつもない金額でありすごいことだと言う事は分かるのですが、35億円と言われても具体的にはなかなか把握しづらい数字で、なんとなくイメージがしづらいと思いませんか?
それよりも例えば不動産なので言えば一億円の物件を販売することに成功したと考えた方が現実味がありすごいことだということが本能ですぐピンと来ますよね。

営業という仕事は行えば行った分だけ自分の売上という数字が加算されていき、大体の会社がノルマという形で自分の売上目標などを数字として管理しているところが多いと思います。

ぱっとしない仕事よりも具体的に数字を打ち出してその数字に満ちてるかみきていないかと言う部分で判断した方が分かりやすいですし、自分はこれだけの数字を会社に貢献したんだとわかりやすく考えることができるので当然ながらやりがいにもつながります。

営業という仕事はどんな仕事を行うにしても一番根幹にある部分で会社の生命線と言っても間違いではありません。

営業部の出した数字がそのまま会社の利益につながるからです。

営業の仕事の方法はたくさん存在しますが、多くの会社がメインで使っている手法としてテレアポという仕事が存在します。

簡単に言えばテレアポを行い、お客様と合う口実を作るという事なのですが、 テレアポ払うことは簡単でも成功することはとても難しいです。

実際にテレビを行った人がいれば、理解できるかと思いますが、 うまくいかないときはずっとうまくいかないので結果が出ずにイライラしてしまったり、難しいなと思い悩んでしまうことも多々あります。

今回はそんなテレアポをテーマにしてテレアポ成功させるためのテクニックについてご紹介していきます。

もし今あなたが営業という仕事に携わっておりのおかずっテレアポを行う機会があるのであれば、勉強することによって必ず何かしらの成果が出せるテクニックばかりなので、この機会に理解してみてください。

テレアポの仕事で行き詰っているあなたへ

現実にたくさんの方々テレアポの仕事を行っておりテレアポの成果が出せずに思え悩んでしまったり時には会社を辞めてしまいたいと思ってしまうほどストレスに感じてる場合が多いかと思います。

テレアポの仕事は一見簡単そうに感じますが実際は奥が深くとても難しい仕事の分類に入ります。

提供するサービスの商材によってもお客様の反応は幅があり、電話口でのコミュニケーションということなので人によっては暴言を吐かれたり心ない言葉を吐かれたりすることも多々存在しています。

なのでテレアポの仕事は難しいのは事実ですが、それと同時にとてもやりがいのある仕事です。

営業の仕事を始める上で一番初めに勉強することではあるので社会人になりたての形だったりテレアポの仕事を新しく経験するという方は必ずこの部分を理解してテクニックを身につけることで営業カットが段違いに行いやすくなるので、まずはテレアポという言葉の意味について簡単にご紹介していきます。

1. テレアポとは?


テレアポという言葉の意味を簡単にご紹介していきます。

テレアポとは簡単に言えば電話をかけて相手にアポイントを取るという行為のことを指し示す言葉であり、電話勧誘販売なので行われる勧誘行為の一つだと言えます。

テレアポは略称された言葉であり、テレフォンアポイントメントの略称で知られています。

電話をかけてこちらのサービス内容を簡単に伝えた上で一度面会させて欲しいという趣旨を伝えた上で、面会させていただく日時などを決めるまでがテレアポの仕事の一つの流れとなります。

このように聞くとただ電話をかけてサービスの内容を伝えて興味がある人に会うための約束を取り付ければそれで良いと言う単純な仕事に感じるかもしれませんが、テレアポのテクニックを把握していないと百件電話をかけても、一件も面会が取れないという事もざらにあります。

テレアポの仕事は確かに涼しい部屋で電話をかけ続けるばいいだけの単純な作業だよに感じるかもしれませんが、電話越しで相手にサービスの良さを伝えてなおかついきなり電話をした身でありながら会う時間を取り付けなければいけないという様々な難しいハードルを乗り越えて要約たどり着ける精華になるので、簡単とは言いにくく様々なテクニックが必要になります。

上手な人は100件かけて1件も取れないところが、100件かけて3件も5件もアポを取ることができる場合もあるので、テクニック次第で大きく結果が変わりやすい仕事であるともいえます。

テレアポを成功させるための6個のテクニック

テレアポの言葉の意味をご紹介したところで具体的にテレアポ成功させるためのテクニックについてご紹介していきます。

テレアポを行ったことが無い方や、テレアポに興味がない方についてはテレアポのテクニックについて当然把握していない方が多いと思います。

しかしながら営業活動を行うことにおいてテレアポは必ず必然的に必要な営業活動になります。

テレアポができなければそもそもアポイントが取れないという状況になってしまうので、今後の人生で営業を行うときに大きく苦労してしまうと思います。

だからこそ早い段階で営業の基本となるテレアポの技術を身につけておくことで、営業活動が段違いに行いやすくなるので、営業の仕事に携わっている方、もしくは今後携わりたいと思っていることには必須のスキルであることを理解してください。

1. 滑舌良くハッキリとしゃべる


テレアポ成功させるためのはじめのテクニックとして滑舌を良くはっきりとしゃべることが大切であると言えます。

例えばあなたが電話をかけられた側として考えてみてください。

いきなり電話をかけてきて、何を言っているかわからないようなボソボソ声だったり早口でまくしたてて喋られたとしても、意味が分かりませんし不快な気持ちになってしまいますよね。

だからこそ電話をかける時には滑舌を良くしてはっきりと相手に聞き取れる用に喋ることが大切であり、相手が安心感を覚えるように話すことが大切です。

ゆっくりと滑舌よく喋ることによってあいては安心感を覚えて興味がある商品であれば話を聞いてくれるようにもなります興味がなかったとしてもとりあえず話だけでもと言うことで聞いてくれるように相手の心の準備を整えさせる上でも効果があるので、喋り方をまずは意識してください。

2. 詳しく説明し過ぎない

次にテレアポ成功させるためのテクニックとして詳しく説明しすぎないということが挙げられます。

まず、理由としてはテレアポの段階では説明するとしても電話上での説明になるので、 電話口で沢山の説明を行ったところでなかなか説明が身に入らないので相手と同じ認識を持つことが難しくなります。

単純に考えてもらえればわかるとおり実際に会って話をするのと電話で全てを話しをするのでは実際に会った方が分かりやすく相手にも理解をしてもらえますよね。

電話で何十分も話を聞いていても疲れますし分かりづらいので実際に会った時に詳しく説明をすることが初めてできるようになるので電話上ではあまり詳しく説明しないようにすることが大切です。

電話上で詳しく説明しようと心がけたとしても相手が興味がなければ苦痛な時間になってしまうのでガチャ切りされたり、文句を言われたりして終わってしまうことにつながりかねません。

またもし説明が上手でどれだけ詳しく説明することができたとしても電話帳で全て簡潔に説明してしまうと結局そこで押し付けられたくないと言う思いが働いてしまい断られてしまったら何も言い返せませんよね。

全て話して相手に判断を委ねるよりは相手が興味がありそうなことだけを離して話の核心は言わないようにすることで実際にあった時に全て話しますという風にアポを取ることができやすいので、あくまでアポを取るためのテレアポと考えた時にとても大事なテクニックの1つになります。

相手の手元に資料がないので声だけでは伝わり切らない

営業経験がある方ならある程度想像しやすいかもしれませんが、アポを取得して面談に行った際に必ず商品に関する資料であったり分かりやすく説明するための資料を準備して持って行きますよね。

電話口だけで商品の説明をしても相手は十分に理解することはできませんし、必ずその都度疑問点が生じてきます。

だからこそ面談をした時に資料をもとに説明しながら相手にサービスの内容を話す方が十分に理解してもらえまし購買力も高まります。

だからこそ電話だけで全てを説明するのは不可能であり意味がないことだと捉えることができますので、テレアポをする際には重要なことだけを簡潔に述べるようにして、興味付けをさせてアポを取るというところまでを重要視することが大切です。

この部分を勘違いしてしまうと、何百件電話をしてもアポは取れませんので、注意してください。

3. メリットをしっかり具体的に伝える

テレアポ成功させるテクニックとして相手側のメリット具体的に伝えることが大切だと言えます。

何をするにしても大事なのは、相手の立場に立って物事を考える、そして説明するという技術です。

例えばあなたが営業マンだったとしてどういう風にして相手に興味を持ってもらえますか?
勘違いしている営業マンであれば単純に自社の商品のメリットを淡々と伝えて相手の反応を伺わずに購入してもらえませんかという風に話を突き進めていく場合があります。

こんな営業の仕方では商品を買ってもらうどころか二度と来るなと叱られてしまう結果になってしまいます。

本当に相手に興味を持ってもらうには相手の立場に立ってどういう部分がメリットとして成り立つのかということを具体的にかつ簡潔に伝えることがとても大事です。

自社の商品のメリットをある程度把握した上でお客様がどういう風な使い方をするのかということを想定した上でメリットを把握しておけば電話をした時も落ち着いて、こういう状況で使えば金額や時間にしてこれくらいの差が生まれる、という風に時間や金額で比較する場合もあれば、その商品カテゴリの誰もが知っているような商品と比べたり、使用用途や利便性を把握して簡潔に説明する事で、お客様のニーズに合った場合興味を持ってもらえるようになります。

なので、メリットを120%把握して、説明できるようにしておく準備をすれば、テレアポの成功率はぐっと上がるといえます。

具体的な数字を示す

相手に対してメリットを伝えるときにはただ特徴となるメリットを説明するだけではなく具体的に何かと比較したり数字を示すことが大切です。

先ほどお伝えした例で言えば、例えば弊社の商品を使ってもらえれば一般的な商品◯◯を使うよりも、電気代がこれくらい安くなり年間にして◯◯円安くなります、という風に説明をした方がわかりやすいですよね。

メリットを伝えるのが下手な人の場合はうちの商品を使えば電気代安くなりますよ!という中身のない結論だけをお客様に押し付けてしまい、結局理解されずに終わってしまうという事です。

具体的な数字を絡ませることで話の信憑性を上げることもできますしし、話が明確に相手に伝わるようになるので、そこから少しでも興味を持ってもらえればあとは相手が色々聞いてきたりするのでそれに応えていくうちに、電話だと限界があるので、一度お伺いしてもいいですか?という風に自然とアポを取れる話に繋がっていきます。

ある程度道筋を想定して話をすると簡潔で、スムーズにコミュニケーションをとることができますし、興味付けなどもある程度上手になるので、話を上手に行えるように自社の製品の特長をしっかりと勉強しておく事が大切だといえます。

成功した具体例を話す

相手に対してメリットを伝える場合は第三者トークなどもとても有効になります。

第三者トークとは自分とお客様以外の別のお客様のことを話しに引き合いに出して、そのお客様も悩みを持っており弊社の商品を使うことによって悩みが解決したということを引き合いに出す方法です。

ここで話をする際の注意点としてその成功した具体例をわかりやすく相手に説明してあげることが大切です。

ただ単に同じ悩みを持っていた人が悩みが解決したということだけを聞いてもいまいちピンと来ませんよね。

例えば、電気代が高くて、毎月の出費がかなり大きくなっているという悩み対しては、他のお客様の同じような悩みを仰っており、弊社の商品を購入いただいた事により、毎月の電気代が◯◯円安くなり、悩みが解決したとおっしゃっていただきました。

という風にわかりやすく簡潔に説明する事で、理解が深まります。

そこで、弊社の商品は一般的な商品よりも◯◯%電気代を節約できる商品なんです。

という風に説明を付け足せば、より理解が深まり、興味を持ってもらえれば、他にもメリットがあるんで、資料を持参してお伺いさせてください、という風に持っていく事が出来ます。

結論として、成功した具体例を話すことよってテレアポの成功確率を上げることができる理由に繋がります。