社会人としてある程度経験を積んでくると、次第に考え出す事が転職です。

ずっと同じ企業で働いていると、行っている事がルーティンになってくるような感じがして、新鮮味がなくなってしまい、向上心がなくなってしまうという感覚に襲われる事などもあります。

働いている中で、次第に別にやりたい事がみつかってしまったりする事もあるでしょうし、今の給料や待遇に満足できないので、転職して良い条件の会社に移動したいと考えたりする方がかなり多いかと思います。

今回はそんな誰もが関心がある転職ですが、しっかりと考えて行動をしないと転職に失敗してしまう事も十分に考えられます。

なので、転職して失敗をするパターンについてご紹介していきたいと思います。

これから転職を考えている方、将来的に転職を考えている方は必見の内容となっています。

転職を決意するきっかけ

転職を考えてる方は様々な理由から転職を考えるきっかけが生まれるかと思います。

人によって転職を考えるきっかけは様々存在しますか、考えられる理由としてはある程度共通する場合が多いです。

転職を考える理由によってこれからの転職の目標であったり目的などが変わってくるので、自分が転職を決意するきっかけについてよく把握しておくことはとても大事なことです。

そもそもの転職を考える理由についてはっきりと理解しておかなければ、転職した後に失敗してしまう可能性に繋がってしまうからです。

何を行うにしても自分の目的を明らかにして目標を立てなければ理想の状況にはつながらない場合が多いので、まずは転職を決意する多いきっかけについて簡単にご紹介していきます。

職業に対する理想と現実

転職を決意するきっかけとして比較的多く挙げられる理由は職業に対する理想と現実の差です。

例えば今勤めている会社で行っているあなたの業務は本当にやりたい事ですか?
今自分が行っている業務が本当にやりたいことで楽しくて仕方がないと思うのであれば当然ながら転職を考えると言う事は考えづらいのです。

いま自分が行ってる事に対して満足して楽しく行っていれば今の仕事を今後も続けていきたいと当然思うからです。

しかしながら実際に今自分が行ってることはやりたくないことであり、仕事内容に全く満足していないという状況があるのであれば、今後は自分が満足いく仕事内容を行うことができる会社に転職したいと思い立つきっかけに繋がると言えます。

今世の中で働いているすべての人に今の仕事に満足しているかと質問をした場合、おそらく満足していないと答える形の割合の方が多いかと思います。

本音としては転職したくても年齢的な問題があったりすぎるの問題などがあったりして転職ができない方もたくさんいますし、家族を養っているので自分が本当にしたいことをできないよな状況にある方も当然いらっしゃいます。

実際、自分がこういう仕事をしたいと思って会社に入社しても、実際はまったく理想の仕事ではなかったり、想像していた仕事内容をやらせてもらえずに、今は我慢しているという方もかなり多いと思います。

もちろんどんな状況でも、自分が満足できるように行動する打開策はあるかもしれませんが、安定が何よりも優先的な事だと考えてる方はなかなか行動するきっかけができないのも事実です。

だからこそ自分自身が転職が行いやすい状況にあるのであれば失敗しないように行動することが大事であると言えます。

雇用のミスマッチ

転職を決意するきっかけとして挙げられるのが、雇用のミスマッチです。

雇用のミスマッチとはいわゆる求人する側と求職者側のそもそものニーズが一致しないということを表している言葉です。

例えば景気を回復や団塊世代が退職することそして労働市場などが変化したことに伴い、あらゆる企業がこの数年で人手不足に陥っている状況になっています。

いわゆる需要と供給のバランスが取れているにもかかわらず求人と求職者側の 水が一致しないということから失業者が発生してしまうという状況が生まれています。

これこそが雇用のミスマッチと言う意味であり、 求人する側も本当はもっと良い人材が欲しいのに人がいないからこそ多少を条件に満たないような人材でも雇ってしまったりすることによってそこから亀裂が走ってしまったりお互いの意見が食い違ったりしてしまい良い職場環境になり得ていない状況が生まれています。

働く側が良い環境と思えば仕事を転職したいとは思いませんが、働くが少しでも違和感を感じて働いているのであれば、当然転職をしたいと言う気持ちを持つきっかけに繋がると言えます。

時代の状況なども考慮すると仕方がない問題ではあるかもしれませんがそれでも雇用のミスマッチが広がってたくさんの方が転職したいと悩んでいる状況があると言え、転職を決意するきっかけの一つになっています。

業務内容

雇用のミスマッチが起こり得る理由のひとつとしてまず業務内容のミスマッチが考えられます。

例えば先ほどお伝えしたように企業は人が欲しいと思っても応募してくる人自体を選ぶことができません。

あくまで応募してくれた人の中から選ぶことはできても、本当に応募してほしい人材を選ぶ事は出来ないという意味です。

ある程度は応募てほしい人材を求人条件に当てはめる事はできるかもしれませんが、出来るとしたら学校を卒業しているとか、どういう思考を持ち合わせてる人が望ましいといった条件くらいしか設定できない状況になります。

だからこそ企業は優秀な人材を取りたいのに、実際に応募してくれた人が理想とする能力に満たないという事は多く存在してしまいます。

企業によっては、まったく応募をかけても応募してくれないような場合なども存在しており、業務内容が大変な場合には、実際の業務内容と少し違った内容を書いて募集を行ったりする場合なども考えられます。

そうなると、応募してくれて、採用した人材も実際の業務内容とギャップを感じて、辞めるという事を考えてしまいがちで、結局悪循環になってしまう場合が多くなります。

また、入社当時は理想の仕事であり、業務内容も違和感を感じる事なく仕事に従事してきたとしても、ある日から違う業務内容を行ってくれという命令が下された場合、本人の意思とは別にやりたくないような事もやらなくてはいけなくなってしまう可能性も生まれます。

これも業務内容のミスマッチが生じてしまう事になり、転職を考えてしまうきっかけにも繋がってしまいます。

待遇や福利厚生

次に紹介する雇用のミスマッチが起こり得る理由として待遇福利厚生のニーズの違いが挙げられます。

例えば実際に求人なので待遇福利厚生の部分に関して本来の状況よりも良い状況を装って求人をかける場合なども考えられます。

例えば極端な話、月収30万円でも使用していたとしても実際に面接に行って合格し、入社した後に 給料は21万円からスタートというような話になってしまうことも十分考えられます。

多くの人はそこで我慢して働いてしまうの選択をしてしまうのでそうなってしまうとだんだんと何かしらの企業に対する不満が募っていき、最終的に不満が募るごとに何かと給料や待遇の話などを思い出してしまって、耐えられなくなってしまうという場合もあります。

それ以外にも土日は休みで祝日も休みだと求人の内容には書いてあったとしても、実際に感謝に入ってみると土曜日に出勤日があったり、休みの日でも出てこないといけないような風潮がまかり通ってしまって休みたくても休められないよな状況で不満を抱える場合も存在します。

残業代を全て支払うという風に書いてあったとしても実際はサービス残業がまかり通っていたということなのも考えられるので台風で福利厚生の部分でギャップがあり転職をするきっかけにつながってしまったということも十分考えられます。

人間関係

雇用のミスマッチが起こり得る理由のひとつとして人間関係のミスマッチもあげられます。

例えば、本当は有名大学を卒業した人しか雇いたくないと思っていても、求人内容に書けないような条件は設定できません。

しかしながら、 人手不足で悩んでいる企業は是が非で人が欲しいと思っているので、 多少条件にそぐわなかったとしても少しでも見所があるならば雇って見ようかなと思ってしまう状況です。

また雇ってほしい側も、本当にこだわりを持って仕事を探している方ならば話は別かもしれませんが、とりあえずどこかに就職してお金を稼がないといけないと考えている人からすれば、本当の意味でその企業に入りたいと思っていない状態で面接を受ける場合もあります。

そして、実際に会社に入ってみると自分が想像してたよりもレベルが高くついていけないと理想と現実のギャップを感じざるを得ない状況になってしまいます。

また、今まで有名大学を卒業してきたある程度頭の回転が速く仕事がバリバリできるような人ばかりを採用してきた企業が、人手不足で良い求人が集まらなかったことを理由に、条件に満たなくてもとりあえず若い人を入れようとした場合、入ってくれた人材が周りと自分のレベルの差を感じて、仕事がしづらいような状況が生まれてしまったりも原因の一つです。

それと同時に、周りと自分の違いをネガティブに感じてしまい、仲良くなれないと一方的に考えてしまい、人間関係をおろそかにして、結局なじめなくなってしまったという事も起こりかねません。

また、入社してみると、周りと自分の年齢の差が激しくて、上手くコミュニケーションを取れなかったり、フレンドリーな職場だと聞いていたのに、実際は無口な人や愛想が悪い人がたくさんいたりなど、事実と異なるような書き方をして求人を出している事なども感がられるので、人間関係もミスマッチが生じると今の職場を辞めて、別の場所に転職したいと考えるきっかけに繋がってしまいます。

ブラック企業

雇用のミスマッチが起こり得る理由の一つ自分が入社した企業がブラック企業であるということも考えられます。

これに関しては先ほどご紹介した待遇と福利厚生の部分でも重なる部分があるかもしれません、ブラック企業の場合はブラックであることを当然ながら求人内容には書きませんので、あたかも自分の会社はホワイト企業であり雇う人のことを考えてますと言う様なニュアンスで求人を出したとします。

その求人を見て魅力に感じてくれた人が応募してくれたとして、良い人材であれば当然雇いますが、雇われた実際に入社してみると自分が教えられていたことがまったく違う職場環境だったとします。

すぐに行動できる人はそうこの時点で止めたい話が違うという風に話を通すことができますが、自分の経歴を傷つけたくないと考える人だったりお金が必要だから、とりあえずは数ヶ月働かないといけない、と我慢して仕事を行ってしまう状況につながってしまいます。

そこからずるずると働いてくれればブラック企業からすると大満足かもしれませんが、働いている人の身からすると早く辞めたいと心の中ではずっと思い続けてしまうことは変わりません。

結局はいつかタイミングを見計らって転職をしようと心の中で思っていることにもつながるので、ブラック企業という性質を見ると転職を考えるきっかけに繋がると言えます。

後発的な事情の変化

雇用のミスマッチが起こる原因の一つに後発的な事情の変化ということが考えられます。

難しい言葉ですが簡単に言えば入った時には特に何の違和感もなく過ごしていても、働き続けているだから事情が変わって自分のニーズと合わなくなってしまったと言うことです。

これに関してはどうしてもしょうがない部分は存在します。

意図的に何か考えたわけではなく仕事を続ける上で自分の考えが変わっていくことは当然ながら誰しもありますし、環境の変化によって当然ながら求められることも変わってくるので、自分の考え方だけではどうしようもない部分なども存在するからです。

では後発的な事情の変化とは具体的にどういうことがあるのか簡単にご紹介していきます。

スキルアップ

後発的な事情の変化のひとつの理由として、スキルアップが考えられます。

あなたが会社で働いている中で、仕事を行い続けていると今の自分のままでいいのかな、と不安に思う事もあるかもしれません。

例えば給料の面であったり、自分のスキルの度合などが不安視するひとつの理由に繋がると思いますが、 このまま平凡に今の仕事をずっと続けていくよりも新しく自分のスキルアップのために資格を取得して新しい仕事に転職した方が良い人生になるのではないか、と考える方も大勢存在します。

会社員として働き続けている中で、初めて気付ける事にもなるので、どちらかといえば後発的な事情の変化でスキルアップを元に転職をしたいと考えるきっかけにつながることも当然あると思います。

なので、スキルアップが転職を決める一つのきっかけになってしまうといえます。

キャリアアップ

後発的な事情の変化のひとつの理由としてキャリアアップが考えられます。

例えばある会社に就職してそこからずっと働き続けていたとして、最初のうちは全く違和感なく働いていたとしても、働き続けてある程度の年代になった時に周りと比べて自分の給料が少しばかり低い様に感じてしまったとします。

女性であれば結婚をして退職する人ならそこまで深く考えたりしない場合もあるかもしれませんが、男性の場合はずっと働き続けて家族ができた場合は養っていかなければいけません。

そのため、当然ながらどんどんお金を稼いでいかなければいけないと考えてしまうのが普通です。

同年代で会社員として働いてる知り合いの話を聞いてみると、年収の話になる場合も多く、その時に自分と相手の給料を比較してしまったりすることもあるかと思います。

そういったことがきっかけで、ずっと働き続けてきた今の会社に対して少し疑問に感じる部分が出てきてしまいます。

そのまま働き続けて役職が与えられ、給料が上がるのであれば多少なり我慢ができるかもしれませんが、働き続けても給料のアップが見込めない場合は、自分のキャリアアップを優先すべきであると結論に至る場合もあります。

キャリアアップするために他の企業で対応が良い会社に転職しようかなと考えるきっかけにも繋がるので、キャリアアップを考えた上で後発的な事情の変化による転職を考えてしまう場合は十分考えられます。

プライベートの変化(結婚や出産)

後発的な事情の変化の一つにプライベートの変化も考えられます。

プライベートの変化とは、例えば結婚や出産が大きな理由になり得ます。

例えば男性であれば結婚したことを機に、子供が出来てこれから新しい家族を養っていかなければいけないと考えると、今の仕事の状況で将来的に家族を養っていけるのかどうか不安に感じる部分はあると思います。

おそらくその理由として大多数が給料の面をあげるかと思いますが、今までよりもたくさん給料もらわないと生活ができないと考えた場合に、今の仕事よりももっと条件の良い仕事を探したいと思い転職を考えるきっかけに繋がると考えられます。

そして女性からすると、結婚しても仕事を続けていこうと思っても、ある日妊娠した事が発覚する方も多くいらっしゃると思います。

妊娠したばかりであれば仕事を続ける方もいるかもしれませんが、妊娠してある程度の月日が経つと出産に向けて準備しなければいけないので、会社を辞めなければいけないと決断する方もいます。

出産後に戻る事も出来る場合がありますが、子供を育てながら仕事と両立するのが難しかったりするので、勤務時間の融通が利く、もっと条件の良い会社で入り直そうかなと考える方もたくさんいます。

これらは一例に過ぎませんが、プライベートの変化によって後発的な事情の変化がうまれる事はたくさんあると思います。

そして、それらが転職をしようと思うきっかけとして十分な理由になるとも言えます。

【転職のタイミングについては、こちらの記事もチェック!】

転職して失敗するパターン

ここまでは転職を決意するきっかけについてご紹介してきましたが、転職して失敗するパターンについてもご紹介します。

転職を決意するきっかけを把握して自分自身の最終的な目的を明らかにすることで、より転職活動が有意義な物に変化し、転職活動を成功させることにつながりますが、転職活動が失敗してしまうパターンについても把握しておくことで未然に失敗を防ぐことができます。

まさか自分がと思っていたとしても、どんなに注意していたとしても状況によっては失敗してしまうこともあるので、ある程度を把握しておくことが成功させる確率をさらに上げることにもつながります。

現実逃避型転職

まず転職で失敗してしまうパターンとして現実逃避型転職が挙げられます。

例えば転職を考えるきっかけとしてポジティブなものではなく、ネガティブなものとして今の現実から逃れたいから転職したいと単純に思っている方も多く存在しています。

人間ならば誰しもその気持ちは分からないでもないですが、今の現実から逃げるためだけに転職を行っていても結局自分の成長にもつながりませんし、転職先でも同じような悩みが生じてしまった場合に、また逃げなくてはいけないという悪循環に陥ってしまう可能性もあります。

転職して失敗をしないためにも、現実逃避型転職は望ましくないと判断することができます。

人間関係を避けたはずが

例えば、現実逃避型転職のひとつの理由として人間関係がうまくいかないから転職したいと考える場合もあります。

いま自分が所属している職場の人間関係があまり好ましくなく、自分が嫌いな人ばかりいて職場の環境がストレスにしか感じないという場合が該当すると思います。

確かに人間関係は大きなストレスになってしまいがちですし、なかなかすぐに改善しない問題でもあるので難しく捉えてしまいがちになりますが、人間関係がうまくいかないからと言って、毎回毎回職場を転々としていてもきりがありません。

確かに本当の意味で今の職場が性格が悪い人間ばかりで、仕事もままならなくなり精神的な病になってしまうという状況であるならば、転職をしてもっと良い環境に移動することが好ましいかもしれません。

しかし毎回毎回転職しても人間関係で悩んでしまう人は自分自身に何らかの問題があるのでは?ということを考えることも大切です。

まず一つの考え方として、たくさんの人間がいる全員が自分のことを好きになるとは限らないので、それと同じように自分も嫌いな人間が好きな人間がいるということを受け入れ、割り切る事も必要です。

たくさんの人間すべてに愛されるのは難しいかもしれません。

だからこそ嫌いだったとしても相手に伝わるように嫌うのではなく、表面上だけ仲良くして仕事に支障がないように立ち回ることも一つのスキルです。

嫌いな人間だから素っ気ない態度をとるということでは当然相手からも嫌われやすく、仕事がやりにくくなってしまうので、現実逃避を考えるのではなく、今の状況からどういう工夫をすれば過ごしやすい職場に変化させることが出来るのか問題を乗り越える事を考える事が大切だという事です。

ドン・キホーテ型転職

転職で失敗してしまうパターンとしてドン・キホーテ型転職が挙げられます。

ドン・キホーテ型転職とは、ドン・キホーテを由来にしている転職型ですが、現実的ではなく、空想を好んで正義感にかられて行動する事を意味しています。

つまり、今の自分の実力を十分に判断できておらず、 自分の実力以上の場所に転職しようとしていることを意味しています。

まず前提として転職をするという事は、新卒ではなくある程度経験を積んで別の会社に移動することを意味しています。

なので当然ながら求人をする側もそれなりに社会経験があり、すぐに実力を発揮してくれる即戦力となる人材を募集していることが多いです。

だからこそ実力が伴っていない人が面接に来たところで役に立ちませんので、雇いたくないと思うのが本音です。

ドン・キホーテ型転職を行ってしまう方は、 今の自分が想像以上に実力を持っていると勘違いしている場合が多いです。

同じ会社で長年仕事をしていて、仕事がスムーズに行えるようになると、あたかも自分が仕事ができる人間だと錯覚してしまいやすい状況が生まれます。

もちろん本当に能力が高くて仕事ができている方もいるかもしれませんが、単純に仕事に慣れただけで与えられた仕事だけがスムーズに行う場合も考えられるので、決して能力が高いわけではないということも十分考えられます。

自分の実力を過信してしまい、自分の実力以上の会社ばかり狙っていても転職できるものではないので、結局転職で失敗してしまうというパターンになってしまうということです。

自分はデキると勘違い

ドン・キホーテ型転職で失敗してしまう人は、一番の原因は自分の力を過信しすぎてしまっているという事が挙げられます。

あまりにも自分の力を過信してしまっていては、いつか足元をすくわれてしまいます。

過信する事と、自分を信じる事は紙一重ですが、意味が異なります。

転職をしようと考えるのであれば、まずは時間がかかる事や、自分の年齢やこれまでの職務経験などを踏まえた上で、企業側の立場に立って雇いたいと思える人材なのかどうか冷静に判断する事が大切です。

客観的に自己分析も出来ないような人間が、そもそも自信を持つ事自体が間違った考え方です。

現実を受け入れたくない方もいるかもしれませんが、おままごとではないので、それ相応の覚悟がないと転職は難しいという事を理解しておく事が大事であり、その上で用意周到に準備を進めた人が満足のいく転職が行えるようになるので、自分を冷静に判断するスキルが大事です。

転職するために必要なこと

ここまでは転職して失敗するパターンについてご紹介しましたが、ここからは転職するために必要なことをご紹介します。

転職するために必要なことを言われれば様々なことが考えられますが、その中でもより重要度の高いものをご紹介するので、これから転職を控えている方、将来的に考えている方には参考にしていただける内容ばかりです。

転職をする前に必ずチェックして転職を成功させる可能性を高めるためにも把握してください。

自分の市場価値を知る

転職するために必要なこととして自分の市場価値を理解しておくことが大切です。

先ほどご紹介したドン・キホーテ型転職にも共通する部分がありますが、今の自分の実力を間違って測ってしまっては失敗する事が目に見えています。

遊びではないので、失敗するという事は避けたい事です。

自分に大きな負担がかかってしまいますので、必ず自分の市場価値を客観的に見つめなおすようにしてください。

具体的にどういう部分を客観的に見ればよいのかご紹介します。

年齢

自分の市場価値を知るために判断できる項目として年齢が挙げられます。

年齢は必ずチェックされる部分であり、雇う側からしても非常に重要な項目です。

なぜならば年齢が若い方が企業としては好まれることが多いです。

理由としては、年齢が若い方が雇い入れた時に長い期間会社に属して働いてくれると考えることができ、人によっては仕事の考え方がまだ形成される前の段階であり、自分自身の会社の風潮やルールなどをよく理解して自分自身の会社の色により染まってくれると考えるからです。

その反面、年齢が上の方は働いてくれる年数が相対的に短くなりますし、 仕事に対する考え方も凝り固まったものになってしまいがちで、自分自身の会社に合わない場合だとも考えられるので、比較的若い年代の方の方が転職には有利であると言えます。

なので、今の自分の年齢を把握した上で転職が有利か不利かどうかをあらかじめ理解しておくことが大切です。

キャリア・スキル

次のチェック項目はキャリアそしてスキルです。

人を雇う側の立場に立った時に気になるのは、その人のこれまでのキャリアだったりスキルです。

ある程度の年齢から転職を行う場合は、これまでどういう仕事をしてきたのか、どういうスキルを持っているのか会社からすると興味があります。

キャリアやスキルの内容によってはすぐにでも雇いたいと思ってもらえるものも存在するので、周りと比べて経験豊富であったり、特殊な資格などを持っている場合は転職が有利になるからです。

なので、自分のキャリアやスキルを考えた時に、企業から雇いたいと思ってもらえるかどうか客観的に判断する事が自分の市場価値を確認する方法であるといえます。

管理能力

ある程度の年代になって管理職の経験がある人は自分自身の管理能力についても自己分析することが大切です。

ある程度の年代から転職する場合は、当然ながら平社員からではなくある程度の役職を狙って転職する場合が多いです。

役職を狙うということは、当然ながら管理能力があるかどうかを見られることが多いです。

これまで管理職の経験があるのであれば、雇い入れる企業としては魅力的な人材に感じるかもしれませんが、管理職の経験がないのにそれなりの役職を狙って転職しようと思った場合は失敗してしまう場合が多いです。

管理職の経験はないけど、これまで頑張ってきたから多分大丈夫だろうという様な安易な考え方では失敗してしまう可能性が高いです。

客観的に見て自分の管理能力があるかどうかということを考えた上で転職をする事が大切だといえます。

まとめ

今回は転職するきっかけ、転職して失敗するパターン、そして転職するために必要な事を簡単にご紹介しました。

ある程度の年齢になると、転職を考える人は多いです。

よっぽど環境の良い企業に勤めていなければ、長い期間働いている中で転職を考えないことはないかと思います。

今回は転職について失敗するパターンであったり、注意しなければいけない事をお伝えしたので転職ということはリスクがつきもので難しいことだと想像してしまったと思います。

もちろん転職は簡単なことではありませんが、考え方によっては今の環境を変える大きなチャンスへとつなげることができます。

何をするにしてもリスクはつきものですから、失敗しないように努力をし続け、初めて成功することにつなげられます。

リスクを把握することは大切ですが、失敗を怖がっていては何も変わりません。

転職をすると決めたのであれば、怖がるのではなく、成功させるためにどうすればいいのか真剣に考えて行動する事が大切です。

なので、逃げずに自分の成長に貪欲に努力し続けてください。