みなさんは、暗記は得意でしょうか?
暗記は勉強で不可欠なことですよね。

語学の勉強や歴史などを学ぶことは、特に暗記が主な勉強法となります。

でも、一度勉強したら大体暗記できる、という天才以外は暗記に苦労しているのが事実ですよね。

人はすぐに忘れてしまうから、何度も繰り返し勉強しないといけなくて、暗記勉強に挫折してしまう人も少なくありません。

勉強は暗記だけでなくて、今勉強していることのポイントをしっかりと押さえ、それを自分のものにすることも必要ですよね。

ただただ教科書を読んでいるだけでは、頭に入らないので、自分なりにしっかりと理解し、まとめながら勉強する必要があるでしょう。

それで、ちまたには効率的な勉強法というのがいろいろと紹介されています。

頭のいい人、いい大学に進学できたという勉強の成功者から、その勉強法について学ぶのもすごくいいことでしょう。

もし、これだけで暗記力が抜群に上がる!と言われたら、実践してみたいと思いませんか?
それも、難しいことは全然なくて、今から誰でも実践できる方法だったら知りたいと思いませんか??
そんな勉強方法があるんです。

それが、青ペン勉強法です!
主に、暗記するために効果的だといわれている勉強法なのですが、みなさんは試したことありますか?
「青ペン勉強法って何?」って方のために、その勉強方法とその効果について、ここでご紹介していきたいと思います♪

青ペンを使った勉強法

みなさんは、「青ペン勉強法」って聞いたことありますか?
もしかしたら、「頭のいい人はみんな青ペンを使っている」とか、「青ペンを使うと頭が良くなる」ということを耳にしたことがあるかもしれません。

ちょっと伝説的な話になっているけど、多くの学生たちが青ペンを使って勉強したことで、いろいろな有名大学に進学することができた、ということが一時期話題になったこともありました。

今でも、ペンは黒と青の両方を使っている、という学生たちは多いようです。

さらに、ビジネスマンになっても青ペンは絶対に外せない、という人たちもいます。

では、青ペン勉強法っていったいどんな勉強法なのでしょうか?

1. 覚えたいことを青、重要でないことは黒にする


青ペン勉強法に不可欠なのは、青ペンを持つことです。

当たり前ですね・・・。

では、どうゆう時に青ペンを使うのかということですけど、ある人たちは覚えたいと思う大事なポイントや語句、さらに単語などを青ペンで書き、その他のそれほど重要ではない部分は黒ペンで書く、ということをしています。

つまり、頭の中に絶対に残しておきたいポイント、まとめ、語句などは青ペンで書くわけです。

1. 色分けは一気に暗記の効率アップにつながる

昔から、ノートを色分けすることが進められてきましたよね?
小学生の時から、ペンの色を何種類か用意して、要点やまとめ、重要語句などを色分けしてノートをまとめていた人たちは多いのではないでしょうか?
でも、どうして黒一色でノートを取るよりも、色分けすることが効率的な勉強法と言えるのでしょうか?
ちょっと調べてみたところ、色が持つ効果が関係しているようです。

赤は気持ちが高揚したり、血流が良くなるといわれている色です。

黄色は、注意喚起に適した色と言われています。

だから、道路標識でも注意するべきところは黄色が使われていますよね。

そして、交感神経を刺激するといわれています。

青は、気持ちを静めてくれる色です。

そして、心を冷静に落ち着かせてくれるといわれていて、集中力も高まる色と言われています。

それで、ノートは黒一色ではなくて、色を使ってうまく使い分けることで、重要なポイントを覚えやすくなると言われているのです。

色の持つ力を利用していたのですね。

しかし、いろいろなカラーをたくさん使ってしまうと、ノートが逆にごちゃごちゃして、見にくくなったりすることもありますよね。

それに、いろんな色を使って書くとなると、それだけ面倒もあります。

それで、重要なポイントについては青ペンを使い、その他は黒ペンを使うというシンプルな方法がおすすめです。

それも、そのようなノートのまとめ方をするだけで、暗記力がアップした、暗記しやすくなったという人がたくさんいます。

なぜ、覚えたいところを青ペンで書くことで暗記がしやすくなるのか、ということは後ほど紹介していきたいと思います。

しかしながら、黒一色では大事なポイントを見落としたり、たくさんの情報の中から覚えたい点が引き立たなかったりすることがありますけど、シンプルに青と黒で色分けするだけで、効率的に大切なポイントを暗記することができるなら、すごくやりやすいですよね。

2. 大きめの文字でゆったりと余裕を持って書く


青ペンで暗記力をアップさせる勉強法では、覚えたい語句やまとめ、単語などを青ペンをつかって大きな字で書きます。

できるなら、ペンはノック式がいいそうです。

キャップ式だといちいちキャップを取ったり、キャップが外れたりする行為がめんどくさいですもんね。

ノック式なら、そのようなめんどくささがなく、書きたい時に一瞬で書き始めることができます。

それも、おすすめは0.7ミリの太さだそうです。

0.7ミリってけっこう太いですよね!?
普段皆さんが使っているボールペンは何ミリでしょうか?
一般に0.5ミリを愛用している人が多いかもしれませんけど、ちょっと太めの青ペンで、しっかりと記憶に刻むように、ハッキリとした字で書きましょう。

3. 覚えるまで書きなぐる

きれいにノートをまとめる、というよりも、とにかく書きまくるというのが、青ペン勉強法みたいです。

ノートをきれいにまとめてあとで見返せるようにするのはいいことなのですが、シャープペンでノートを書き、間違えたところはちゃんとキレイに消して、もう一度書き直すということよりも、消せないボールペンで書き、間違えたという記憶も暗記の助けとして残すという作業が言いそうです。

確かに、ボールペンでミスをしたところは書き直したくても書き直せないから、印象に残りますもんね。

そして、とにかくこの書くという作業は、デジタル社会に生きている人たちにとって、アナログなやり方に感じるかもしれませんけど、それが暗記に役立つということです。

何度も同じことを勉強して覚える、というよりも、一度で多くを覚えるというほうが、確実に時短になりますよね。

時短が実現すれば、それだけ自分の持っている同じ時間の中で、より多くを覚えることができる、ということです。

なので、難しいことは考えず、とにかく暗記したいころは青ペンでノートに書きなぐってみる、複写する、ということをしてみましょう。

ここでの暗記法は、きれいにノートをまとめるということではなく、とにかく記憶の定着のために書きまくるということなので、キレイな字ではなくても高速でも書きなぐる作業です。

4. 単語帳を青ペンで作る

たぶん、みなさんも英語の単語などを覚える際には単語帳などを作ったことがあるでしょう。

電車に乗っているときや、ちょっとした待ち時間などに見返すことで、記憶にとどめていくための物です。

その単語帳も、青ペンで作成してみましょう。

もちろん、ここでもペンなので間違えて書いても消せません。

間違えているところを、修正して書くことが、記憶のきっかけや単語を思い出すきっかけになったりすることもあります。

単語帳にいっぱい、覚えたい単語をひたすら書いて、覚える、ただこの単純な作業だけど、それが効率的に覚える手段の一つだといわれているのです。

5. 自分でやった模擬テストの採点を青ペンでやる

テストの採点では何色のペンを使っているでしょうか?
採点は赤、これは学校でもどこでも決まり事のようになっています。

しかし、採点でさえも赤ペンではなくて青ペンを使うのが、青ペン勉強法なのです。

先ほども少し紹介しましたけど、赤というのは刺激の強い色です。

だからこそ、間違えたところや注意を喚起したいところで赤ペンを使うのでしょう。

しかし、赤はイライラさせてしまう色でもあります。

それで、間違いに対して赤で×をつけて、直すよりも、青ペンで冷静に修正して間違えたところも、落ち着いて正しく暗記する、というのが青ペン勉強法の一つです。

自分で模擬テストの採点をする際にも、赤ではなく、青ペンを使うと、確かに威圧感が少ないです。

でも、冷静に一つ一つの問題と自分の答えに向き合えるような気がします。

とにかく、青ペンで書くことは、暗記するのに効果的ということなので、一度間違えたところをもう絶対に間違えないようにするためにも、青ペンで採点をしてみましょう。

6. 減りが早いものを選び、使い切った達成感を得る

青ペンは、自分の好きなものを使えるようですけど、ペンを選ぶときに欠かせないポイントは、ゲルインキの減りが目で確認できるものです。

そして、減りが早いものがおすすめです。

なぜなら、ペンを一本使いきることで、自分がこんなに勉強したんだ!という達成感を味わうことができるからです。

ペンを一日で使い切るほどまでにノートに書きなぐることができたら、自分の頑張りをすごく実感できるのではないでしょうか?
インクの無くなったペンをとっておいたりして、どれだけ一生懸命にここまで勉強したのか、ということを確認し、自分に達成感とか満足感を与えながら頑張ることが、モチベーションを上げる一つの方法になるかもしれません。

ただただ時間だけが過ぎているのを確認するよりも、自分の目にも他人の目にもはっきりと見える頑張った証拠って、すごく自分の自信にもなるし、喜びにもつながるので大事ですよね!

7. 見開き2ページに1つのテーマをまとめる

ノートに書くときには、見開き2ページに一つのテーマをまとめることが進められています。

そうすることで、後で見返すときに復習しやすくなります。

同じテーマなのに、裏と表にまとめてしまうと、ある事柄と別の事柄を頭の中で関連づけるのに少し苦労するかもしれません。

しかし、見開き2ページでまとめてあると、一目で全体を把握しやすいし、ある事柄とある事柄の関連も考えやすくなります。

勉強は一つの単語だけを覚えるよりも、そのことがどこと繋がっているのか、関連しているのかということを一緒に覚えるほうが、暗記しやすくなります。

そして、関連付けができていると引き出しにしまってある記憶も引き出しやすくなります。

それで、1つのテーマでノートをまとめる、書きなぐるなら見開き2ページを使ってまとめましょう。

8. 教科書にも青ペンで線を引く

教科書の大事なところにも下線を引くことがあるでしょう。

その下線も、青ペンで引くことができます。

でも、ノートに線を引くという作業ですが、どこが重要なのかというと、その見極めが難しかったりします。

だって教科書ですから、全部が重要だったりするんです・・・。

それに、単に線を引くということだけで覚えられる、ということもないでしょう。

一度教科書を読んで、線を引けば覚える、という人は少ないです。

特に危険なのは、線引きという作業が事務的になって、脳はほとんど動いていないという状態です。

脳はあまり考えていないのに、線だけひかれていて勉強した気になっているだけ、あとで思い出そうとしてもほとんど記憶に残っていない、という点です。

なので、線引きを事務的に行うのはおすすめできません。

しかし、教科書を読んでいてどうしても覚えられない単語や、どうしても引っかかってしまうような単語などに線を引く、印をつけることはできるでしょう。

そして、それを青ペンですることにより、記憶に残りやすくする、ということです。

9. 最重要の部分は上から黄色い蛍光ペンを付ける

青ペンで線を引いたり、印をつけたりして、それでも覚えられなかったり、もっと記憶させたいというところ、とにかく最重要だと思えるところには、青ペンの上から黄色い蛍光ペンで印をつけることを進めている人もいます。

そうすることで、より目立たせることができるし、青ペンが見えなくなることはありません。

それに、教科書が黄色だらけになると、もうどこが記憶したいのか、わからないくなるし、教科書がごちゃごちゃして逆に記憶の妨げになるだけです。

それで、黄色のマーカーペンはとにかく最重要なところに、青ペンの上に付ける程度で抑えるほうが、情報を整理するのに役立ちそうです。