世の中には沢山の人が居ます。

その中には、自分と似ていると感じる人も居れば、全く理解出来ないような人も居る事でしょう。

人の気持ちを100%理解する事は、おそらく不可能です。

例え家族出あってもそれは無理な事であり、個々の人格があるからこそ私たちは恋をしたり友情を深めることが出来るのかもしれません。

多くの人が居る中には、『敏感』な人もいます。

敏感と聞くと、何だか神経質そうなイメージをもつ方も多い事でしょう。

確かに、何に対しても敏感な人は、それだけ多くの事を考えたり感じ取ったりしています。

その為、神経質そうに思われてしまっても仕方がない部分もあります。

しかし、敏感な人の中には自分がしたくて敏感になってしまっている訳では無いという人も居るのです。

昔は『変わった人』で済まされていたような人々が、今ではきちんと病名が付き治療法や対象する為の薬などが使われている事もあります。

その中には、特性として敏感になってしまう方もおり、その症状を抱える人々は大変な思いをしながら、生活している事もあるのです。

私たち人間は、自分に関係ない事を余り学ぼうとはしません。

その為、ADHAなど敏感を特徴としている症状についても自分に関係が無い事であれば興味をもたずに知ろうともしない事もあるでしょう。

世の中の人が、そういった症状を持つ人たちに対して開かれた心をもっていないからこそ、彼らはより社会の中で生きにくく、住みにくいと感じてしまう事もあるでしょう。

他人と関わる事はただでさえ面倒な事です。

そのなかに、変わった特性を持つ人が居れば
わざわざ関わる事を止め、さけてしまう人も居るかもしれません。

ですが、多くの人々が少し考え方を変え、それらの特性を持つ人々の行動や言動に理由がある事を学び前向きに捉えてくれさえすれば、状況は大きく変わる事があるかもしれません。

最初は全く理解する事が出来なかったとしても、相手の特徴を知りその原因となっているメカニズムを知る事によって相手と上手く付き合っていくきっかけを探す事が出来るかもしれません。

敏感な人の6個の特徴

『敏感な人』と一口に言っても、その内容は様々です。

相手の心の変化など内面的な部分に対して敏感な人も居れば、聴覚・視覚・嗅覚などが敏感な人もいます。

それらの特徴は見た目では判断する事が出来ず、つい自分と同じような感覚では無いかと錯覚して接してしまう事があります。

その為、自分としては全く悪気の無い行為だったとしても相手にとってはとても苦痛を伴うものであり嫌な思いをさせてしまう事もあるかもしれません。

その為、他人と接する時は相手がどんな人なのかを先入観を持つ事無くしっかりと観察する事が重要です。

観察だけで全てを知る事が出来れば一番簡単ですが、そうそう人の特徴を見抜く事は簡単な事ではありませ。

かえって勘違いをしてしまって相手を困惑させてしまう事もあるでしょう。

その為、観察をしたとしてもわからない場合などは、相手と会話を進める事で自分なりに考える以外に方法がありません。

自分の事を相手が知らない様に、相手の事もまた知るすべが無い時は会話をする事が一番です。

相手の気持ちを理解したいという思いが根底にあれば、例え相手が敏感に感じてしまう何かをやらかしてしまったとしても相手の人も嫌な気持ちになる事無く心を開いてくれる事もあるかもしれません。

自分の周りに敏感な人が居るかもしれないと感じる人は、その仮説が正しいのかどうかじっくりと向かい合ってみてはいかがでしょうか。

また、自分自身の特性として敏感だと感じている人は他人に伝える努力をするべきです。

相手に気が付いてもらう事ばかり求めて居てはなかなか前に進む事は出来ないでしょう。

人によってはなかなか理解されにくい特徴のせいで誤解をされてしまう事もあるかもしれません。

しかし、真摯に伝えrる気持ちがあるのなら、必ず分ってくれる人も居る事でしょう。

敏感な人の特徴やメリット・デメリットを知る事によって更に深く『敏感な人』について学んでみてはいかがでしょうか。

メリット


『敏感な人』と聞くと、神経質なイメージを強くもたれます。

その為、どちらかというと、マイナスな方で使われる場合が多く余り褒め言葉としては使う機会が少ないかもしれません。

ですが、物事には必ず裏と表があり、良い部分もあれば悪い部分もあるのです。

それは敏感な人でも同じ事です。

つい、悪いイメージを持ち過ぎる余り良い部分を忘れがちですが敏感な人には敏感な人なりの良い部分が必ずあります。

その事に気が付く事が出来るかどうかだけでも、『敏感な人』に対する考え方が変わって来ることもあるでしょう。

敏感な人と付き合う事は難しい所もあるでしょう。

時には面倒に感じて、関わる事を辞めたいと感じる事だってあるかもしれません。

しかし、そこですぐに関係を断ち切ってしまってはその人の本当の良さを知る事が出来ないかもしれません。

人間には必ず良い所があります。

それが分かりやすい人も居れば、分かりにくい人も居るのです。

付き合いにくい人からと言ってすぐに関わる事を辞めるのでは無く、良い部分を知ったうえで考えてみてはいかがでしょうか。

細やかさ

繊細な人と呼ばれる人は、それだけ多くの事に気が付く事が出来る人とも言えます。

その為、他人が気が付かないような些細な出来事に気が付く事が出来ます。

それは自分の事は勿論、相手の事に対してもです。

その為、誰かが困っていたり悲しんでいたりした場合にはそこに寄り添い慰める事が出来るかもしれません。

他人の痛みが分かる人に、悪い人は居ません。

自分が傷つき易いからこそ、敏感な人は他人に対して優しくする事が出来るのです。

敏感な余り、ときには気が付いて欲しくないようなことまで気が付いてしまう事があるかもしれません。

それによってトラブルを引き起こしてしまう可能性が無いとは言えません。

しかし、それは不可抗力として捉えて上げる事も必要な部分では無いでしょうか。

自分の心は勿論、相手の気持ちに寄り添い考える事が出来る能力は決して悪い事ではありません。

敏感な人は、是非自分の長所として自信をもってはいかがでしょうか。

空気が読める


敏感な人というのは、それだけ多くの物ごとに気が付く事が出来る人の事を指します。

その為、他の人が気が付かないような僅かな変化に敏感に気が付く事が出来ます。

それは、人の心に対しても同じ事が言えるのでは無いでしょうか。

人の心は実に繊細です。

口で話している事が本心かどうかは誰にも分かる事では無く、実際は本当の気持ちとは真逆の事を話している事もあるかもしれません。

正に本音と建前。

人間はそうやって自分の心を守っているのかもしれません。

敏感な人たちは、そんな隠された心の奥の心理に気が付く事が出来るのです。

その為、誰よりも優しく相手の事を考えながら生活する事が出来ると言われています。

最近では『空気が読めない』という人の事をKYという言い方をする事もあります。

コミュニケーション能力が低い人は、相手の気持ちを考えて話をする事を苦手としています。

その為、相手の気持ちを考えて行動する事が出来ないので大きな問題を起こしてしまう可能性もあるのです。

それに比べて、空気の読める人は周りに居る人と上手く付き合って行く事が出来ます。

その為、相手の人に不快な思いをさせる事無く平和な時間を築いて行く事が出来るでしょう。

思考が緻密

敏感な人というのは、人が気が付かないような些細な事にまで目が向いています。

その為、多くの事に気が付きそれを自分の中で処理しながら過ごしています。

その為、他の人に比べてもより多くの事を考えている事が分かるでしょう。

何も考えずに、思った事をばんばん口に出す人もいますが繊細な人程、自分が話す内容が相手をどんな気持ちにさせるのかと言う事をとても気にします。

その為物事を深く考えながら話をするようになるでしょう。

それは思考回路が緻密ということであり、多くの事を考えていると言う事でもあります。

人の気持ちを考え出すと、きりがない部分もあります。

その為、繊細な人はそれだけ多くの事を考え悩んでいるのかもしれません。

本人はそれで生きにくさを感じる事もあるかもしれませんが周りに居る人たちからすると、とても信頼できる素晴らしい人間と感じる事が出来るのではないでしょうか。

共感力が高い

繊細な人は、それだけ相手の気持ちの変化に気が付く事が出来ると言われています。

心の中を想像して動く事が出来るので、相手がして欲しい事や助けて欲しい事・困っている事などを敏感に感じ取る事が出来、手助けをする事が出来るようになります。

また、悲しいと感じている気持ちにもそっと寄り添う事が出来ます。

人の心は、外からではなかなか見る事が出来ます。

その為、その人本人がどんな事を考え行動しているのかは誰にも分からない部分ではあります。

しかしながら、その中でも自分の考えや行動を重ねる事で、相手の気持ちに寄り添う事が繊細な人には出来るのです。

繊細な人は、自分の事だけでは無く相手に対しても繊細な考え方をする事が出来ます。

例え全く同じ経験をする事が出来なかったとしても、同じように考え心を痛めてくれる人がいるのであれば、それだけでも救われるような気持になる事があるかもしれません。

その為、繊細な人が周りに居てくれるだけであなたの痛みに気が付き支えとなってくれる事もあるでしょう。

発想力が豊か

多くの事に気が付く事が出来る性格なので、その気が付きからその後どうして行ったら良いのかという先の事もまた考える事が出来るという長所があります。

目の前で起きた事にしか興味が無い人は、行き当たりばったりの行動しかとる事が出来ません。

その為、準備をしたりすることも出来ず、自分の力を発揮する事が出来ない事もあるでしょう。

ですが、繊細な人は先の先まで考えて行動する事が出来ます。

その為、不測の事態でも焦る事無く対応する事が出来るのです。

人生には色々な事が起こります。

良い事もあれば悪い事もあるでしょう。

本来であれば良い事だけが起こってくれたら嬉しいと感じる事もあるかもしれません。

ですが、良い事ばかりが起こっているとそれが良い事なのかどうかが分からなくなってしまいます。

その為、人間が成長して行く為にも試練も時には必要です。

その試練を自分の物にして行く為には、きちんとした準備が必要であり、豊かな発想力を持っている敏感な方はより多くの気づきを得ることが出来ると言えるでしょう。

多くの出来事を考え、発想を膨らませる事は今後の長い人生において必ず役立つ時が来ることでしょう。

自分の人生は勿論、大事な人のピンチの際に手助けする事が出来る力になってくれるかもしれません。

その為、常に多くの事を考え想像する事はとても大切な事です。

繊細な人は、どうしても先の事を考えすぎず余りつい心配性になってしまう事があります。

予想しすぎる余り前に出ることが出来なくなってしまう事もあるかもしれません。

しかし、そこで立ち止まっていても何も得る事は出来ません。

自分の性格を長所としてとらえ、役立ててみてはいかがでしょうか。

デメリット

物事には必ず2面性があります。

どんなに良い事ばかりが目に付くような出来事出会ったとしても、必ずデメリットは存在するのです。

デメリットがある事が悪いと言う事では無く、デメリットの存在を知らない事が問題なのです。

デメリットを元々知っていれば、それが実際に起きたとしても焦る事はありません。

しかし、知らずに過ごしてしまっているといざその状況になった時に対処する事が出来なくなってしまうのです。

知っている事と知らない事とでは大きな違いがあります。

実際に起きてから考えるのでは遅い場合も多々あります。

その為、私たちは事前にどんなことになるのかをきちんと考えておく必要があるのです。

良い事もあれば悪い事もある。

当たり前のことですが、ついつい忘れてしまいがちな事です。

その事を考えてしっかりと行動して行きましょう。

それは人の性格に対しても同じことが言えます。

良い事ばかりが目立つ性格の人であっても必ずいい面もあれば悪い面もあるのです。

自分の都合の良い所ばかりに目を向けるのでは無く、冷静に分析しておく事が大きな失敗をしないコツと言えるでしょう。

繊細すぎる

繊細な人は、それだけ多くの事に気が付く事が出来ます。

気が付く事は決して悪い事ではありません。

それによって、相手の気持ちを考えて行動する事が出来たり問題が大きくなる前に対処する事が出来るようになるからです。

ですが、何事にも限度があります。

気が付く事が良い事だとしても、気が付き過ぎる・繊細過ぎるとまで言われてしまう事は決して良い事だとは言えないでしょう。

自分の事だけならまだしも、相手の事に対してなど他の人が関わる部分で繊細過ぎる対応をしてしまうと周りに居る人々が過ごしにくいと感じてしまう事もあるかもしれません。

多少細かい分には性格として受け入れて貰う事は出来るでしょうが、度を越えてしまうと周りから人が居なくなってしまう事もあるでしょう。

人と人とが関わると言う事は、とても難しい物です。

自分には悪気が無かったとしても、相手に不快な思いをさせてしまう事があるかもしれません。

そのせいで、大事な友人を無くしてしまう事だってあるのです。

どんなに仲の良い相手だとしても、距離感と言うものは大事にして行かなければなりません。

例え、気になる事があったとしても気が付かない振りをしたり、それを指摘する事によって相手にどんな思いをさせてしまうのかをきちんと考える事が重要でしょう。

空気を感じ取りすぎて疲れる

繊細な性格の人は、自分の事だけでは無く相手の事に対しても敏感に感じ取ることが出来ます。

その為、関わる人全ての心の変化を読み取るような所がありそれに合わせて自分の行動や発言を変えると言う事もあるかもしれません。

自分の思った事をそのまま口に出す事は、良い事とは言えません。

素直な気持ちを相手に伝える事は必要な事ですが、考えなしに話を続けてしまっては相手に嫌な思いをさせる事もあるかもしれません。

自分に悪気が無かったとしても、相手を怒らせてしまったりする事だってあるかもしれません。

その為、大人になればなる程話をする時は一度考えてから行う事をおすすめします。

ただし、考え過ぎるのもまた問題です。

繊細な人は、相手の反応が気になる余り自分の気持ちをきちんと伝える事が出来ない所があります。

相手がどんなことを考え、行動するのかと言う部分を考え過ぎる余り、自分自身が行動する事が出来なくなってしまうのです。

知らず知らずの内にがんじがらめになってしまい、人と関わること自体が苦痛となってしまう事だって十分に考えられるのです。

人の気持ちを考え、行動する事はとても大切な事です。

それによって、あなたの性格を優しいと感じ心を開いてくれる人も現れるかもしれません。

ですが、自分の心を押し込めてばかりいてはいつかそれがストレスとなり、他に支障をきたすこともあるかもしれません。

自分の心の負担を減らす為にも、多少は思った事を話してみる事も大事事です。

敏感ってどんなこと?

どんな人がそうなるの?

敏感な方は、この世の中に沢山います。

普段は本当の気持ちを上手く隠す事で、何とか乗り越えることが出来る人もおりどの数は一体どれだけ居るのかは見当も付きません。

敏感な所がある方は、いい面も勿論ありますが、生活しにくいと感じる事も多々ある事でしょう。

その為、出来る事なら普通の感覚で生活したいと考える人も居るかもしれません。

敏感になってしまう人々にはある特性があると言われています。

ADHDなどの場合もあり、単なる『性格』とだけで片づけることが出来ない部分も多々あります。

この世の中には多くの人がおり、その中には、付き合う事が難しいような特性もあるかもしれません。

しかしながら、そこですぐに排除してしまっては、何の進歩もありません。

見捨てる事は簡単ですが、理解しようと行動する事で得ることが出来る物も多々ある事でしょう。

様々な原因を知る事によって、今度敏感な人に対する、接し方を学ぶ事が出来るのではないでしょうか。

HSPとは

HSPとは、人一倍敏感な人という意味があります。

心理学者である、エレイン・N・アーロン博士と「いう方が作った定義であり、彼が書いた本にその仮説が記されています。

この本は、世界中で販売されており、ベストセラーとなっております。

この本の中で、「内向的」「怖がり」「引っ込み思案」などと言われていたマイナスイメージをもたれがちだった敏感な人々の性格に光を当てるような考え方をしましました。

それは、敏感な人は、それだけ感受性が高く想像力に過ぐれて居ると言うものです。

これは個性の一つであり、病気などと言うものは無い事をしました。

この特性を持つ人は、天性の物であり、これがある事によって様々な事に気が付き行動する事が出来ます。

敏感な人は、つい内向的な性格だと思われてしまいますが、実はその性格はあとから来たものです。

HSPを持っている人たちの、実に8割は生きにくさを感じています。

本来であれば素晴らしい特性出会ったとしても、事情を知らない人から見れは変わった人として距離を置かれてしまう事もあるかもしれません。

それによて、段々と内向的になってしまうのです。

これは2次被害とも言われており、繊細だからこそ起きてしまう状況も多々あるのでしょう。

HSCとは

HSCはHSPの子供版を指します。

大人の場合は、少し長く生きている分自分が他の人と違う事を良く理解しています。

その為、敏感過ぎる余り不快と感じてしまうような出来事に対しても、どう対処したら良いのかを理解する事が出来ます。

ですが、子供にはまだそれをする事が出来ません自分が何に対して不快に感じたりイライラしているのか分からないのにも関わわからず、歯止めが聞かなくなってしまう事もあるかもしれません。

敏感すぎる性格のせい、他の子供たちと同じように行動する事が出来なくなってしまう事もあるでしょう。

その為、学校で決められた行動を取る事が苦手だと感じる子供も多く、その時期に上手く対処する事が出来ないと引きこもりなどになってしまう事も十分想像出来ます。

ですから、特徴が自分に当てはまると感じる方は子供さんの状態をしっかりと把握して、行動する事が出来ます。

段々と 複雑になっていく世の中ですが、その中でも自分の気持ちを大事にしつつ社会に出る練習として行動しておく事も重要な事でしょう。

ADHDとの違い

ADHDとは、注意欠如多動性障害の事を指します。

これは神経生物学的な障害と言われており、HSCとは全く違った物だと言う事が知られています。

しかしながら、これら二つの状況はとても似てり、つい勘違いしてしまう方も多くいます。

病名を付けることが、問題を小さくする根本的な事ではありません。

しかし、病名を知る事によって、的確な診断を受けることが出来ると言う事も、また事実です。

病名が間違って居れば、対処の方法もまた間違ってしまう事もあるでしょう。

その為、いくつかの症状が重なり合う事で、どちらなのか判断する事が出来ない場合には素人判断する事無く、きちんとした医療機関に向かう事をおすすめします。

敏感を解消するには

敏感な所がある人は、この世の中を生きにくいと感じている方が多々います。

その為、自分の性格を治したいと考えて居る日とも大勢居る事でしょう。

ですが、この敏感な性格は、発達障害などが原因となって起こる場合もあれば、遺伝的な要因で起きる事もあり原因がハッキリと分っていない物です。

その為、これを完治させようと考える事は難しい事であり、おそらく完治する事は出来ないでしょう。

完治しないからと言って、何も諦めろと言ってる訳ではありません。

自分の特性を良く理解して、どうしたら良いのかを考えながら行動して行く事で前に進む事が出来るようになります。

最初は周りからの目線が気になるあまり、自分の思ったように過ごす事が出来なかった人も、知らず知らずのうちに自分の許容範囲を少しずつ広げて行く事が出来るかもしれません。

完治する事が出来なかったとしても、出来るだけ生きやすくなるようい自分の心を変えて行く事は出来るのでは無いでしょうか。

それをする事が出来れば、今よりずっと良い時間を過ごす事が出来るはずです。

まとめ

今の世の中には、いろいろな特性を持っている人がいます。

それは個性であり、排除されるような事ではありません。

しかしながら、人は自分と違う人の事をどうしても仲間に入れる事が出来ないような傾向があります。

その為、理解する事が面倒な相手とは知らず知らずの内に関わらないようにしている場合が多々あります。

しかしながら、それをしていたからと言って、状況が変わるかと言われればどんな事はありません。

目の前に居る人が消える訳でも無く、その特性がある日突然無くなる訳でもありません。

その為、私たちはそれに向き合う気持ちを作って行かなければならないのです。

自分と全く違う人の心を理解する事は難しい事です。

結局の所、本当に理解する事が出来るかどうかは分かりません。

しかし、理解を使用ともせず関わる事を一切辞めてしまう事と例え最終的に分かる事が出来なかったとしても、分かろうと考え行動する事では結果として自分の中に残る物が全く違った物になるでしょう。

相手も、例え実際には100%理解されていないと分っていても、理解使用と思い行動してくれるだけで救われる思いになる事もあるでしょう。

人と人とが関わって生きていくと言う事は、面倒な事も沢山あります。

良い事と悪い事を比べれば、もしかしたら、悪い事の方が多いかもしれません。

鬱陶しいと感じたりイライラする事だってあるでしょう。

ですが、それが生きると言う事なのです。

多々一人で誰にも関わらずに生きて行く事は、楽かもしれません。

しかし、人間的な成長をする事も出来ず。

代り映えの無い人生を送る事になります。

自分の気持ちをきちんと言葉にする事。

そのうえで、相手の気持ちをきちんと聞き話をする事が何よりも大事な事です。

繊細な性格の人も、自分の性格の長所を生かしつつ欠点を出来るだけ周りの人に理解して貰えるように行動してみてはいかがでしょうか。

弱みを持たない人間はいない

日本人は、基本的に皆一緒が好きな人種です。

人より目立とうとするのでは無く、出来るだけ無難で安全な事を好みます。

その為、自分の中で他の人と違う事があると分かれば不安に感じる人も居るかもしれません。

しかし、人の性格は十人十色。

色々なものがあります。

その中には、良いものもあれば悪い物もあります。

自分の持っている性格が、例え嫌な物ばかりだったとしても、その中には必ず良い所もあります。

悪い事ばかりが目立ってしまっていたとしても、必ずそこにはプラスの場面がありあなたが気が浮いていないだけでそれがあなたの長所になって居る事だってあるでしょう。

何かを苦手とする短所がある人は、それを自分の弱みとして考えるかもしれません。

弱みがあるからこそ、自分自身はダメだと諦めてしまうう事だってあるかもしれません。

しかしながら、どんなに完璧に見える人だって必ずどこかに欠点はあるはずです。

問題なのは、そこに目を向けて居るか、他の事に興味を持っているかの違いだけなのです。

弱みを持っていると、感じるとつい自分の行動が制限されるような思いを感じる事もあるかもしれません。

しかし、この世の中に弱みをもたない人間など居ません。

完璧に見える人でも、必ず何かしらの欠点がある物なのです。

その為、その事にひけめを感じる事無く、前向きに行動してみてはいかがでしょうか。

支え合って生きることは恥ではない

苦手な事がある人は、それを誰かと支え合いながら前をむいて過ごして行けば良いのです。

自分ではなかなか出来ない事であったとしても、誰かが手を貸してくれる事によって解決する事が出来る事だってあるかもしれません。

人の手を借りる事を恥ずかしいと感じている人もいるようですが、それは大きな勘違いです。

人はこの世に生きているだけで、既に誰かの助けを借りながら生活しています。

その為、今更他人の力を借りないと息まいた所で、それは滑稽な宣言でありそんな不可能です。

依存したり、相手にばかり頼る事は良い事とは言えません。

しかし、相手と共に支え合う事は素晴らしい事であり、それをする事が出来れば人生をより良いものに変えて行く事が出来るでしょう。

周りに居る人を大切にしながら、自分の短所を長所を感じる事が出来るように過ごして行く事も大事な事なのでは無いでしょうか。

それをする事が出来るかどうかによって、今後の人生は大きく変わってくると言っても過言ではありません。