人生の中で絶対に一度人間ならやってしまうのが落とし物です。

普段気を付けていても、絶対にいつかやってしまいますよね。

落とし物をした時には、大事な物であれば大事なものであるほど後悔しますし、次は絶対にしないようにしよう心に決めていたとしてもだんだんと気を付ける気持ちが薄れてしまって気づいた時にはまた同じ失敗をしていたという事は経験がある方もたくさんいると思います。

落とし物をしてしまうものとしては、いちばん後悔する事が多いのはお財布だと思います。

お財布に関しては現金ももちろんですが、お金以外にもたくさんの大切な物をお財布の中に入れていることがあると思います。

例えば、その中でも面倒なのがクレジットカードやキャッシュカード、そして免許証などの身分証明書だと思います。

クレジットカードに関しては不正利用の恐れなどがありますので、すぐにカードを止めなければいけませんし、新しくカードを発行してもらうにしても数週間はかかりますので、どうしてもカードが届くまでの間お買い物などができなくなってしまいます。

また、キャッシュカードに関しても新しい物を発行してもらわないといけないですし、免許証なども新しく発行してもらうのに面倒な時間と手間がかかってしまいます。

もちろんそのほか大事な物はたくさんあると思いますが、一番良いのはすぐに見つける事と対策を考えて日常的に行う事ですよね。

今回は落とし物をテーマにして、落とし物をした時に行うべき方法などをケース別にご紹介していきたいと思います。

️何かを探すときにやるべきこと!

落し物をしてしまった時に関しては必ずやらなければいけないことが複数存在しています。

やらなければいけないことを把握しておかなければ落し物をしてしまった後に必ず困ってしまう事態になりますので、必ず落とし物をしてしまった時には複数の確認事項を頭に入れておく事が大切です。

どんな確認事項があるのか、という事についてはのちほどご紹介していきたいと思います。

また、確認事項以外にもどういう場所で落としてしまったのかという事によっても対象方法などが大きく変わってくる場合があります。

落とし物と一言にいっても状況や物によって対応方法や考えるべき事などは大きく変わります。

なので、まずは落とし物をしてしまった時には適切な対処ができるように心構えをしておく事が大事です。

大事であれば大事であるものほど、便利な物であれば便利であるほどパニックになってしまいやすいので、まずは心構えとなり最低限確認していただきたい事、やるべき事について理解する事から始めましょう。

️まず確認すべきこと


落し物をしてしまった時には、先ほどご紹介した様にどうしてもパニックになってしまいやすいです。

しかしパニックになってしまっても問題は解決するわけではありません。

パニックになってしまうと正常な考え方が出来なくなってしまいますので、どうしても解決方法が考えられなくなってしまいます。

もちろん落し物をしてしまった時の気持ちはざわざわした気持ちになって常にそのことばかり考えてしまって落ち着かないのは十分わかります。

しかし起きてしまったことを悔やんだり後悔してしまうのは後からでもできることです。

まずは落し物してしまったという事実を正確に受け止めることが大切であり、その事実を受け止めた後はほんの少しでも自分に負担がかからない様にするためにどうすれば良いのかと考えて行動することが大切です。

なので冷静になって考えたときにまず一番初めに確認すべきことが必ず存在していますのでここからご紹介する各項目について落し物してしまった時の確認事項として頭の中に入れておいてください。

全て自分を冷静にするためにまたは現状を把握するために必要なことになりますので、面倒くさがらずに全て細かく確認するように意識してください。

いつ無くしたのか?

まず確認していただく大切なことの1つとして無くしものをしたのであればそれをいつ無くしたのかと言うことを考えることが大切です。

まず大前提として普段日常的に使う様なものをなくしたのであればおそらく無くしたのは当日である可能性がとても高いですよね。

例えばお財布などは1日に必ず1回程度は使う場面が存在しているはずです。

なのでお財布がなくなってしまったと気づいた場合は当日である可能性が高いと考えることができます。

その逆に普段あまり使わないようなものをなくしてしまう場合も考えられます。

普段あまり使わないようなものをなくしてしまったのであれば当然ながらなくしてしまって数日経ってから気づいてしまったと言う様な状況も十分に考えられることができます。

なのでいつ無くしたのかということを考えるときに使用頻度なども合わせて考えることで、何時頃なくしてしまったのかと言うことをある程度予測することができるようになります。

どうしてもいつ無くしたのか分からない状況なのであれば、失くしたものの利用頻度からある程度の日数を辿って行くことを必ず行ってください。

日にちと大体の時間


何かをなくしてしまった場合はまず必ずいつ無くしたのか把握することから始めてくださいとご紹介しました。

基本的には無くしたものに関して気づくということは定期的に利用する習慣があるようなものをなくした可能性が高いですよね。

なぜならば普段全く使わないような自宅に置きっぱなしにしてる様なものであればなくしてしまってもすぐに気付く様なことはないはずです。

しかしなくしものに気づくと言う言葉その品物を使う場面が日常生活の中で存在していると考えることができますので、当然使用していないものをなくすという状況はあまり考えられませんよね。

だとするならばなくしてしまったものは定期的に利用している習慣があると考えることができ、さらにその点を突き詰めていくと最低でも何時頃最後に使ったのかと言うことを自分自身が記憶している品物である場合が高いですよね。

なので何時頃なくしてしまったのかと言うことを把握するためには最後に利用した日にちと大体の時間などを計算する必要があります。

その日にちと時間を計算できるのであればその時点ではまだその品物を持っていたと判断することができますので、それ以降の様々な場面でいつ無くしてしまったのかということをある程度予測することができます。

確かに日常生活の中で様々な行動を行っている場面があると思いますのでピンポイントでわかる可能性は絶対とは言えませんが、必ず自分の行動を振り返った時に心当たりがある場面が一つか二つは考えることができると思います。

その場面が思い浮かべることができれば足を運んで確認することも出来ますし、もし分からないのであれば、警察等に相談した時に明確な日にちと時間までは持っていたという事を伝えられますので、まずはこの点を自己分析して把握して、忘れないように紙などに描いておく事をお勧め致します。

何を落としたのか?

次にご紹介する確認していただきたい大切なこととしては、何を落としたのかということを確認していただくことです。

ごくごく当たり前のことかもしれませんが当然落し物したのであれば何をなくしてしまったのかということは必ず把握できているはずです。

例えば財布を利用しようと思って財布を取り出そうとしたら財布が見当たらなかったとするならば当然財布をなくしたとあなた自身もわかっているはずですよね。

何を失くしたのか分からないが何かを失くした気がするという曖昧な状況でなくしたという字に気づくのはあまり普通ではありませんよね。

まずは何を失くしたのかしっかりと確認をすることが大切です。

時々ポーチに入れていた物が無くなった気がするけど何をなくしたのかわからないという方などもいますが、まずは何をなくしたのか明確に把握しておかないと何も始まりませんので、思い出すところから始める必要があります。

それがわからないと探しようもありませんし、過去の思い当たる場面なども想像することが出来ません。

何を失くしたのか把握しておけば周りに相談することも出来ますし、それを最後に使った日にちなども思い出すことができますので、必ず何を落としたのかまずは明確に把握することから始めてください。

特徴も思い出す

何をなくしてしまったのかということを確認することがとても大切なことだとお伝えいたしましたが、なくしてしまったものを思い出せる様になれば次に大切なのはなくしてしまったものの具体的な特徴を把握しておくという事です。

なくしてしまったものが物であるならば必ず何かしらの特徴が存在しているはずですよね。

例えばあなたがいつも大事にしていた財布を気付いた時に無くしてしまったとします。

当然財布をなくしたという事実に気づけばあなたが普段使っている財布の特徴を思い出すことはとても簡単なことですよね。

買ったばかりの財布だったとしても買った時のこと思い出してどういう形状の財布でどういう色の財布であるのかということなどはある程度はすぐにわかるはずです。

例えば、どこのブランドの財布でどういう色をしていてどういう素材を使っていてどういう場所にポイントがある財布なのか、という事などを詳しく伝える事によってもしかしたら親切な人が交番などに届けてくれて、見つかる可能性などもあるわけです。

しかし、何をなくしたのかもわからない、どんな特徴のものだったかも思い出せないでは話になりませんし、なくしたものと本人を繋げるような関連性があるものでなければ見つかったとしても帰ってくるような事はありませんよね。

なので自分のためにも無くしてしまった物をきちんと思い出すようにするのはとても大事な事であり、無くしたものに気づいた段階で行っていなくてはならない事です。

まずは無くしたものについて理解して今後の対応を考える必要があります。

️タクシーに忘れた場合

落し物をしてしまったときにまずはじめに確認していただきたい大切なことをいくつかご紹介していきました。

確認していただきたい大切なことといっても、ごくごく基本的なことです。

そこまで意識しなくても本来であればすぐにわかるようなことでもありますのでそこまで難しく考える必要はありません。

その上でここからは様々な落し物してしまった状況別によって対応方法を確認して頂く方法をそれぞれご紹介していきたいと思います。

落し物をしてしまう状況としては様々な場合が考えられますので様々な場合によって対応方法を変えていかなければいけません。

それを念頭においた上でちょっとずつ確認していただきたいのですが、まずはタクシーに乗った時に落し物をしてしまったという状況からご紹介していきたいと思います。

車を持っていない方やあまり時間がなかったり、雨が降ってしまった時によく利用されるタクシーですが、時にはお酒を飲んで酔ってしまった状況で終電を逃して乗るような場面などもあると思います。

お酒を飲んでしまって酔っぱらってしまっているときは判断能力が低下してしまっている場合もありますので落し物をしてしまいやすくなってしまいます。

タクシーに乗ってタクシーに落し物を忘れてしまったという経験をした方はおそらくかなりの方が経験していらっしゃると思います。

タクシーだから無くなる心配はないだろうと思っている方も要注意であり、次に乗った人が盗む可能性などもありますので、対応は早い方が良いので、これからご紹介する項目を注意して確認してください。

利用したタクシー会社を確認

まずはじめにご紹介するタクシーに落し物をしてしまった場合の対応方法ですがまずは利用したタクシー会社を確認していただくことから始めてください。

タクシーと一言に言っても様々なタクシー会社が存在していますので、自分が乗ったタクシー会社に直接確認をしていただくのが一番手っ取り早い方法になります。

タクシー会社によってはタクシーの車に装飾が施されていたりわかりやすく会社名が記載されていたりしますのでよく自分の記憶を思い出してみればたどり着ける可能性がとても高いです。

そこにたどり着くことができればタクシー会社に電話をして何時ぐらいに乗った人間で何を忘れたということを細かく伝えることができれば運転手さんが忘れ物に気づいていればスムーズに確認していただけることにつながります。

領収書をチェック

もしも利用したタクシー会社がわからなかった、もしくはどうしても思い出せないという様な状況に関しては、必ずタクシーを利用するときに領収書をもらうように普段から注意するか、もらった領収書が手元にあればそれを見てください。

タクシーが発行してくれる領収書に関しては合計金額の下の欄にタクシーの会社名であったり、あなた自身を乗せてくれたタクシー会社の担当の営業所が記載があるのです。

大体の場合はその営業所の下の所に細く電話番号の記載があったりしますので、その電話番号宛に連絡をすることによって落し物をしたことが発覚してタクシー会社が対応してくれる場合があります。

早めに連絡すれば落し物をした事実にすぐに対応してもらうことができますので必ず気付いた時にはすぐに連絡するようにする必要があります。

あまりにももたもたしてしまって別の誰かを乗せた時に撮られてしまったということがあった場合どこに入ってしまったのか全く分からなくなってしまいますし、タクシー運転手の方も毎回座席の後ろまで細かくは見たりしない可能性などもありますので、かならず素早い対応を行うようにしてください。