生活をしていると当然出てくるのがごみです。

生きていれば、たくさんの物を人間は消費します。

例えば、一般的な生活をしていれば出てくる家庭ごみなどがあると思います。

物を購入した時のパッケージや袋、ティッシュや紙などを捨てる事もあるでしょう。

それ以外には料理をする時も食べられない物などは捨ててしまわないといけないので、生ごみなどが出てくると思いますし、コンビニなどで購入したペットボトルのジュースなどは飲み切ってしまったら燃えないゴミとして処理をする必要があります。

そして、自宅には様々な家庭用品があると思います。

例えばソファーなどのインテリア、そして電子レンジなどの家電製品であったり、時と場合によってはいらなくなった自転車など、様々な種類のものがごみになりうる可能性があります。

家庭ごみや生ごみ、燃えないごみなどは普通に生活をしていれば出てくる物ですし、たまれば簡単に捨てることが出来ます。

しかし、先ほどご紹介したような比較的大きな物、インテリア用品や家電製品、そして大型のごみなど、こういったものは俗に「粗大ごみ」として分別されています。

粗大ごみに関しては簡単に捨てることが出来ませんので、一人暮らしを初めて行って間もない方などは対処方法に困ると思います。

なので、今回は粗大ごみをテーマにして、粗大ごみを回収してもらう方法についてご紹介していきます。

️粗大ゴミってどう処理するの?

一人暮らしを初めてから、まだ一度も粗大ごみなどを捨てる経験をした事がない方や実家暮らしでごみに関してあまり知識がない方については捨てる方法自体がわからない事も多いと思います。

当然、これまでにごみを捨てる事がなかったでしょうし、行うとしても親が行っている事が多いので、知らないのも無理はありません。

しかし、必要な知識ですし、大人になった時に知らないという状態は恥ずかしい事でもありますので、粗大ごみの捨て方についてくらいは知っておく必要があります。

粗大ごみを回収してもらう場合はいくつか方法があります。

後ほど詳しく説明させていただきますが、簡単に言えば勝手に捨ててはいけません。

捨てる前には必ず行わなければいけない事があり、それは電話をするという事です。

各自治体で決められた場所に電話を行い、許可を取る必要があります。

具体的な方法については後ほど詳しくご紹介させていただきますので、まずは粗大ごみの種類についてよく知っておく必要があります。

️粗大ゴミの種類


そもそも粗大ゴミを捨てたことがない方についてはどういうものが粗大ゴミに当たるのかよくわかっていない方も多いと思います。

もちろん粗大ごみと呼ばれるものがある程度大きいものであるという様なニュアンス程度であればたくさんの方が知っているかもしれません。

しかし、具体的な定義について知らない方はとても多いと思います。

そもそも人によっては定義がある事自体を知らない方もいるほどなので、間違った認識が生まれやすいです。

若い時であればしょうがない部分がありますが、将来的にかならず粗大ごみを出さなければいけない時がやってきます。

粗大ごみを出そうと思った時に絶対に困ってしまうことになりますので、早い段階で粗大ゴミがどういうものであるかという定義を知っておけば後々の人生で絶対に役に立ちます。

特に実家を出て一人暮らしをしている方については、比較的近い未来でそれが必要になる可能性はとても高いのでこの機会に粗大ごみの種類がどういうものがあるのかとううことや、その定義について詳しく理解してください。

粗大ゴミの大きさ

最大の辺または径が30cmを超えるゴミ

まずはじめにご紹介する粗大ごみの種類についてですが、まずは粗大ゴミの大きな特徴であるゴミ自体の大きさについて着目していただきたいと思います。

粗大ゴミはその名前の通り比較的他のゴミよりも大きいものを指し示している場合がほとんどです。

だからこそ粗大という名前がついているのですが、具体的にどれぐらいの大きさが粗大ゴミに当たるのか定義がわからない方が多いと思います。

粗大ゴミに関しては厳密に大きさが決まっており、高さと幅と奥行きなどのいずれかの辺が30cmを超える場合は粗大ゴミに分類すると言われています。

つまりどこかの長さが30cm 超えてしまえばそのゴミは粗大ゴミとして分類されると言うことです。

この定義については知らなかった方がとても多いと思いますが、ものによっては30センチメートルを超えたとしてもなんとなく粗大ゴミではなく燃えないゴミだろうな、と勘違いしたりする方もよくいらっしゃいますので、間違ってしまうと不法投棄になってしまう事が考えられます。

なので、その点については十分に注意した上でゴミとして捨てていただく必要性が存在します。

棒状で1mを超えるゴミ


粗大ごみの具体的な定義について簡単にご紹介をいたしましたが、例えば棒状のもので1メートルを超えてしまう様なごみも中には存在します。

このようなごみも基本的には粗大ゴミとして分類されます。

全体的に大きさがあるものであれば粗大ゴミとしてなんとなく考えることができる場合が多いのですが、棒状で1m を超える様なものに関しては、人によっては燃えないゴミとして処理をしても問題がないように認識してしまいやすいです。

しかしながらこの点を勘違いしていると、もし周りにその事実が判明してしまった時に叱られてしまうことになりますので必ず注意が必要です。

しかしながら、裏技とまではいきませんが先ほどご紹介したようにそもそも粗大ゴミの定義は最大の辺または径が30cm を超えるゴミと定義されていますので、1m の棒状のものを半分に切断して30cm 以下にすることによって普通ゴミとして出すことができるようになります。

あまり知られていませんが、このように多少工夫する事によってごみの種類を分けることが出来るようになります。

しかしながら物の性質によっては素人が簡単に切断できない様なものなどもあったりするので、実際は切断できない場合も多いので、しょうがなく粗大ごみとして分類しなければいけない場面なども比較的多くなると思います。

なので可能な範囲であれば工夫する、という認識を持っていただければ問題ないと思います。

粗大ゴミになるものの例

具体的に粗大ゴミの定義についてご紹介していきましたのである程度粗大ゴミの定義は理解いただけたと思います。

普通に生活していてもある程度大きなゴミが出てくることは多々存在しています。

毎回毎回粗大ゴミが出た時点でひとつひとつ捨てるのは面倒なので、ある程度粗大ゴミが溜まってきた時点で一気に捨てるという方の方が割合としても多いと思います。

粗大ごみを捨てる時はある程度労力がかかってしまいますので、その作業自体を面倒に感じている人はたくさんいると思います。

そのため、一人暮らしを始めて一度も粗大ごみを出した経験がない方はたくさんいると思います。

しかし、一人暮らしをある程度経ち、そこから初めて引っ越しなどをしたりする際には粗大ごみはどうしても出てきてしまいやすいので、ある程度知識としてインプットしておく必要があります。

粗大ゴミがどういうものがあるのかという事について知って頂くために、ここからは粗大ごみとしてよく出されるような商品を簡単にご紹介していきます。

具体的にどういうものがあるのかこの機会によく理解しておいてください。

家具

まずはじめにご紹介する粗大ゴミになるものの例の一つとして家具が挙げられます。

自分自身の自宅の部屋を想像してみてください。

おそらくよっぽどのことがない限りは自宅に家具が様々存在していると思います。

あまり物を持たない主義の方であればそこまで家具を用意していない人もいるかもしれませんが、一般的には自宅には便利な家具が複数存在しているはずです。

例えばよくある家具の1つとしてはテレビの前に大きめのソファーを設置されている方は多いと思います。

ソファーに関してはベッドの次にゆっくりできる憩いの場所として必要なものですし、テレビの前に設置することによってテレビを見るときに便利が良いですし、来客があった時には重宝する家具であると判断できます。

部屋の大きさによるかもしれませんが、ある程度広い家に住んでいる方であればソファーが2つあってもそこまで不思議ではありませんよね。

ソファーに関しては大きさは様々ですが大体の商品は30cmを超えている商品が主になるので、粗大ゴミとして広く認定されています。

最近人気のソファーとしてL字型のソファーなども人気が出ていますが、かなり大きさとしては大きいので、粗大ごみとなると捨てるのも一苦労です。

もちろんソファー以外にも様々な家具は存在しており、 収納家具などもその一つとして含まれます。

収納家具はある程度たくさんのものを収納できるように大きく設定されている場合が多いので、高い確率で粗大ごみの規定である30cm を突破する可能性があります。

あなたの自宅にある身の回りの物の長さを確認してみると30cmを超えてる様な家具はたくさん存在すると思いますので、30cmを超える数は全て粗大ゴミであるという認識を持つ必要があります。

寝具類

次にご紹介する粗大ゴミになるものの例の一つとして寝具類が挙げられます。

寝具といえばあなたはどんなものを想像しますか?
これはそこまで難しくない質問だと思いますが一般的には寝具といえば眠りにつく時に体を休めるベッドの事を差し示されることが多いです。

人によっては敷布団で寝ているという方もいるかもしれませんが、一般的にはベッドを用意して休んでいるからが多いと思いますので、ベッドとして理解してください。

ベッドに関しては当然寝るために必要な物なので、人間が寝ても収まる大きさである場合が多いので、人間の身長などを考えてみるとすぐに30cmを超えるような大きさであると判断することが出来ますよね。

なのでベッドは粗大ゴミとして該当します。

寝具に関しては捨てる時にとてつもなく労力がかかるものとして知られています。

そもそもベッド自体がかなり大きい商品であり、とてもではないですが一人で持って歩くことはできませんので、業者さんにお願いしたり、友達を呼んでみんなに助けてもらったりする必要があります。

力自慢の方は俺なら持てると思うかもしれませんが、ある程度大きい上にバランスよく持つことが難しいので力任せに持とうしても難しい場合が多いです。

だからこそ粗大ゴミとして捨てるのが億劫に感じて、めんどくさくなりがちになるのですが、今回は運ぶ事の大変さよりも、寝具類が一般的に粗大ごみに該当するという事実を知っておいてください。

自転車

次にご紹介する粗大ゴミになるものの例の一つとして自転車が挙げられます。

ある程度地方に住んでいる方であれば、就職して社会人となれば自分の車を購入していることが多いと思います。

地方であればあるほど交通機関などがあまり発達していない場合などが考えられますので、自転車よりも車を所有している方の割合が多いのでそこまで自転車が粗大ごみとなることに対して困ることはないかもしれませんね。

しかしながら比較的都会に住んでいる方に関しては、都会は交通機関などが便利なものが多いですし、広い距離を移動する田舎に比べると移動に関して不便に感じることはあまりないと思います。

なのでむしろ車があるとお金もかかるし、邪魔だと認識される人の方が割合としては多いので、たくさんの方が自分用の自転車を持っている場合が多いです。

自転車も大切に乗ればある程度長い期間乗ることは出来るのですが、雨に濡れて自転車が錆びてしまったり、長年の使用によってケアを怠ったために使い物にならなくなってしまう様なことなどもたくさんあります。

そのような時に自転車を捨てようと考えた時には自転車が粗大ゴミに該当するという事をまず考えなければいけません。

自転車をそのまま道端にポイっと捨てているような人は普通はいませんよね。

自転車は粗大ゴミであり勝手に捨ててはいけないので、これまでご紹介してきた他の粗大ごみと同様にしっかりとした手順を行った上で捨てる必要があります。

大型家電

次にご紹介する粗大ゴミになるものの例の一つとして大型家電が挙げられます。

男性の方については家電製品などを見るのが好きな方が多いと思います。

大きな家電に囲まれながら最新の設備の家電を見ているだけで楽しい気分になりますよね。

家電製品はとても便利なものが多く生活する事においてある意味必需品として考えることができます。

なぜなら、生活をする事において様々な利用シーンがあり、家に大型家電がないという方はほぼいないと思います。

購入したお茶や飲み物などをそのまま置いていてはすぐにダメになってしまいます。

なので、保管する場合は冷蔵庫が必要になりますよね。

大型家電は一般的に一つの家庭にたくさんのものが存在していますが、冷蔵庫がない家庭などは基本はありえませんよね。

よっぽど自炊をしていなかったり普段から外食ばかりで自宅で食事をする習慣がないという方であれば問題ないかもしれませんが、一般的には家に冷蔵庫があるのが普通です。

もちろん大型家電は冷蔵庫以外にも様々なものが存在しています。

例えば自宅で使っているパソコンに関しても、30cmを超える大きさなのであれば、当然粗大ごみにに分類されると思う方も多いと思います。

それ以外にもパソコンにつけているプリンターなどもある程度大きさがあると思いますので、当然粗大ゴミです。

扇風機やヒーターなどに関しても30cmを超えるのであればそれはれっきとした粗大ゴミなのです。

しかし、ここで紹介したテレビとパソコンなどは実は粗大ごみではありません。

しかし扇風機やヒーターは粗大ごみです。

後ほど詳しくご紹介する予定ですので、混同しやすい部分なので順番に読み進めて頂きたいと思います。

大型家電製品は自宅に一つぐらいは必ずありますので、破棄したいと考えている方については粗大ゴミとして出す場合の知識が必要になりますので注意してください。

️粗大ゴミの対象外のゴミ

ここまでは粗大ゴミになるものの例について簡単にご紹介をしてきました。

30cmを超えるようなごみであれば粗大ゴミになるということは、先ほどご紹介いたしました。

では、具体的にどういうものが対象になるのかということを、例に挙げて説明をすることによって、粗大ゴミなのか粗大ゴミではないのかという判別方法がより深く理解いただけたと思います。

なので、さらに具体的に粗大ゴミがどういうものであるのかという事を知るために、逆に粗大ゴミには当てはまらないものについてもご紹介していきたいと思います。

一般的に粗大ゴミだと勘違いされやすいようなものなどもたくさん入っていますので、ここからご紹介するものに関しては粗大ごみの対象外となっているということを間違わないようにしましょう。

これを機会に正しく粗大ごみと、そうではないものに対する知識を身に着けておきましょう。

資源化可能な古紙

粗大ごみの対象外のゴミはどういうものがあるのかという事をまずは理解することが大切です。

そもそも対象外のものがあるということ自体知らない方が多いので、どの様な判断基準で対象外なのか分からないのは当然の事だと思います。

なのでわからない方については、この機会に正しい認識を持てる様に詳しく一つ一つ自分の頭の中にインプットしておいてください。

まずはじめにご紹介する粗大ごみの対象外のゴミは資源化が可能な古紙です。

昔と比べて、今の時代はとてもエコに関して意識が高くなっている時代だと考えることができます。

少し前までは地球のことを考えずに自分たちのことだけを考えていれば良いという様な考え方でしたが、昔と違って今は地球温暖化などの問題も発生し始めているのでよりエコに関して高い意識を持つ必要があると一人一人が認識をしています。

だからこそ資源化できるものに関しては、極力資源化して必要のないものを処理することを防ぐ効果が得られています。

よく耳にする人も多いと思いますが、紙なども木でできており、再生紙などを使っていますという文言などを見かけた事がある方もいると思います。

資源を無駄なく利用するという事はとても大事な事でもありますので、今の時代だからこそ考えなければいけない課題でもあり、新しく定められている基準の1つであると考えることが出来ます。

なので、資源化可能な古紙は粗大ゴミではありません。

家電リサイクル対象品

先ほどご紹介した古紙については、大きさなども特に大きくありませんので、粗大ごみではないと考える事は簡単だと思いますが、粗大ごみだと一見感じてしまいそうなのに、実は違うというような商品が実はたくさんあります。

それは、家電リサイクル対象品です。

そもそも家電リサイクル対象品とはどういう意味なのかと考えた時に、粗大ごみの中では大型で重く非常に硬い部品が含まれているため、粗大ごみ処理施設で処理をすることが困難であると判断されているものが主にここからご紹介していく商品です。

家電製品に関しては大体の商品が処理をするのが困難であると言われている場合が多いので、自宅にあるたくさんの家電リサイクル対象品になっている場合が考えられます。

この事を知らなければ絶対に勘違いしてしまう商品がたくさんありますので、一人暮らしをしたばかりで全く知識がない方については、ここからご紹介する内容は覚えておいてください。

エアコン

粗大ゴミの対象外のゴミとして判断されるものの中にエアコンが存在しています。

なかなかエアコンを捨てる機会はないと思いますが、エアコンが壊れてしまったり新しくエアコンを新調したいと考えている方については捨てる機会が生まれると思います。

エアコンはある程度大きさもありますし、物的にも粗大ごみとして認識されやすいのですが、先ほどご紹介した家電リサイクル対象品として該当しています。

なので、粗大ごみではなく家電リサイクル対象品としてごみに出さなければいけません。

しかしながら間違ってしまいやすい例としては、業務用の天井に埋め込まれた形のエアコンなどを見かけたことがあると思いますが、壁に埋め込むタイプのエアコンは家電リサイクル対象品には含まれません。

一般的な家庭にあるような壁掛け用のエアコンが対象に含まれていますので、業務用など、店舗で使用している物などに対しては注意する必要があります。

冷蔵庫

家電リサイクル対象品に含まれるものとして冷蔵庫が存在しています。

冷蔵庫も家電リサイクル対象品に含まれており、粗大ごみと勘違いして捨ててしまう方はかなり多いです。

なので、この点は間違わないように注意する必要があります。

しかしながら冷蔵庫によっても当てはまるものと当てはまらないものがあり、先ほどご紹介したエアコンと同様に業務用の冷蔵庫については家電リサイクル対象品に含まれません。

あくまで個人宅にあるような冷蔵庫を指し示している場合が多く、その他にはワインセラーなども含まれる場合がありますので、間違わないように正しい知識を身に着けてください。

冷凍庫

家電リサイクル対象品に含まれるものとして冷凍庫も存在しています。

冷蔵庫と同様に冷凍庫も家電リサイクル対象品に含まれており、一般的な引き出し形の冷凍庫などが当てはまります。

業務用の冷凍庫などは当てはまりませんので、業務用の冷凍庫をごみとして出す場合は、間違わないように注意してください。

ちなみに、おしぼりクーラーやショーケースなどの冷凍庫なども家電リサイクル対象品には含まれません。

テレビ

家電リサイクル対象品に含まれるものとしてテレビも存在しています。

一般的にテレビを捨てるとなると粗大ごみと認識をしている方がたくさんいるのですが、テレビに関しても家電リサイクル対象品に含まれるので注意してください。

特にテレビに関してはその区別が難しい部分があり、色々確認していただければ間違ってしまいやすい家電なのです。

例えば、今では扱っている方はかなり少ないと思いますが、地デジになる前はブラウン管式テレビを利用してる方がたくさんいました。

ブラウン管式テレビであったり、液晶プラズマテレビについては家電リサイクル対象品に含まれるのですが、対象外としてディスプレイモニターやパソコン用ディスプレイモニターについては家電リサイクル対象品には含まれません。

違いがあまりわからない方もいるかもしれませんが、ディスプレイ用モニターはある程度テレビに比べて小さく、なおかつ薄いという事もあるので、その点を理解した上で分別するようにしてください。

間違ってしまうと大変な事になってしまいますので、ホームページなどで確認しておけば間違いないと思います。

洗濯機

家電リサイクル対象品に含まれるものとして洗濯機も存在しています。

洗濯機も様々な種類が存在していて、間違ってしまいやすいので注意が必要です。

例えば洗濯乾燥機が全自動洗濯機、二層式洗濯機などが存在していますが、これらは全て家電リサイクル対象品に含まれています。

しかし業務用の洗濯機も存在していますが、業務用の洗濯機衣類乾燥機については対象外となっておりますので、クリーニング屋さんやコインランドリーなどで使用される様なものについては、家電リサイクル対象品としてゴミに出すことはできません。

お店を営んでいる方は、間違ってしまわないように注意しましょう。

パソコン

家電リサイクル対象品に含まれるものとしてパソコンも存在しています。

パソコンについては小型家電リサイクルとして知られており、あまり大きさ自体はないにしても家電リサイクル法で決められている家電になりますので、自分の判断で粗大ごみだと考えないようにしてください。

なので、パソコンを捨てる際には粗大ごみとして捨てるのではなく、家電リサイクル品として捨てるように注意する事が大切です。

パソコンに関してはある程度種類が存在しており、デスクトップパソコンやノートブックパソコンがありますが、これらは一般的に家電リサイクル対象品に含まれておりますので、注意してください。

️粗大ゴミを回収してもらう3個の方法

ここまでは粗大ごみと粗大ゴミではないものについてご紹介をしてきました。

ものによっては判別方法がとても難しいので、頭が混乱してしまった方も多いと思います。

しかし間違って出してしまっても、知らなかっただけでは済まされませんので、必ず捨てる前に粗大ゴミとして当てはまるのか、当てはまらないのかきちんと考えておくことが大切だということです。

その点を理解いただいたところで、粗大ゴミを回収してもらう基本的な3つの方法について簡単にご紹介をしていきます。

粗大ゴミがある程度出てしまった時に捨てる方法がわからなければ対処の仕様がありませんので、基本的な知識としてここからご紹介する回収方法については理解しておいてください。

自治体の粗大ゴミ回収サービスを利用する

まずはじめにご紹介する粗大ゴミを回収してもらう方法は、自治体の粗大ゴミ回収サービスを利用するという方法です。

これはそのままの意味で、自治体と粗大ごみで検索するとインターネットなどですぐに粗大ごみに関しての記載がある内容が閲覧できるはずです。

例えば福岡県を例にして考えてみると、粗大ごみを捨てる際には、粗大ごみ処理券販売されており、ステッカーのようなものを張り付けて捨てる必要性があります。

ステッカーはそれぞれ価格が違い、捨てる物によって値段が変わるという事です。

三つに分かれており、300円、500円、1000円と分かれています。

またあまりにも重たいものについては、所定の場所まで運ぶことが困難な人向けの持ち出しサービスが一回につき五個まで可能になっています。

引越し業者に回収してもらう

次にご紹介する粗大ゴミを回収してもらう方法は、引っ越し業者に回収をお願いするという事です。

一般的に粗大ごみなどを処理するシーンとしては引っ越しの時などが考えられます。

普段の日常よりも、引っ越しを機に行動する人がたくさんいます。

なので、 引越し業者に回収してもらう場合がかなり多いです。

事前にインターネットで調べておけば不用品の処分に関する見積もりや料金案内の説明を電話をして問い合わせることができますので、具体的に何を処分するのかという事をあらかじめまとめた上で連絡するようにしましょう。

不用品回収業者に回収してもらう

次にご紹介する粗大ゴミを回収してもらう方法は、不用品回収業者に回収をお願いするということです。

よく住宅街などを速度が遅い車がスピーカーを流しながら走っている所を見かける方も多いと思います。

あれが主に不用品回収業者です。

不用品回収業者も様々な会社が存在しており、会社ことによって値段が変わります。

ものによっては1万円程度変わる場合もありますので、不用品回収業者を利用する前に確認するようにしましょう。

ちなみにそれぞれの会社ごとに良い所が違いますので、一概に断定はできませんが、ワンナップは対応も良く、料金も安く、口コミなども多数で丁寧な対応をしてくれたと評価されていますので、粗大ごみなどを出す時にはひとつの選択肢として検討してみてください。

️粗大ゴミの回収には事前に準備が必要

今回は粗大ゴミをテーマにして粗大ゴミとして区別できるものできないものの紹介や、粗大ゴミを回収してもらう方法についてご紹介しました。

普段なかなか粗大ゴミに対して焦点を当てて考えることは少ないと思います。

しかし、いつか必ず粗大ゴミと向き合わないといけない日がやってくるので、あらかじめ知っておく事に越した事はありません。

粗大ごみは間違いやすい部分にもなりますので、必ず正しい方法で捨てておかないと不法投棄になりますので、その点に十分注意して捨てるようにしてください。