日常生活の中で抑えきれないほど自分自身の思いがあふれ出る事はありませんか?
ある程度年齢を重ねれば切実に感じていても表面に出してしまうような事はなくなるかもしれませんが、年齢が幼かったり、あまりにも強い思いだった場合はそれが表面に出てしまう事はあると思います。

日常生活の中ではそのような思いをする場面はたくさんあると思いますが、例えばよくあるのが恋愛面における切実な思いです。

特に、どちらかといえば男性よりも女性の方が切実な思いを持つ場合は多いです。

例えばあなたが大好きな人がいたとして、その人から別れを切り出されたとします。

しかし、大好きな人なので当然別れるなんていう事は想像したくないですよね。

これこそが切実な気持ちです。

これは恋愛に限らず、様々な場面で利用できる言葉です。

そして、切実であればあるほど相手にそれを伝えるのはとても勇気がいる事ですし、こちらも辛い場面が多いです。

今回はそんな切実な気持ちをテーマにして、切実な気持ちを伝えるための方法についてご紹介していきたいと思います。

切実な気持ちを抱いているあなたへ

今もしかしかすると、あなた自身が切実な気持ちを抱いているのかもしれませんね。

切実な気持ちを抱いている時には悲しい気持ちや辛い気持ちなど、様々な状況が考えられます。

また、それが純粋なただの願いであるのか、もしくは誰かに伝えないといけない事なのか、それも人によって違いますので、一概に何が正しいとは言えません。

心に秘めておくのが良いのかきちんと伝えた方が良い気持ちなのか、それも結局は自分次第です。

でも、切実な気持ちほどそれは自分自身がそうであってほしいと強く思っている気持ちです。

それをもしも相手に伝える種類の気持ちだった場合、伝えないでそのままというのはあまりにももったいない話ですよね。

状況によっては伝えにくい事だったりするかもしれませんが、伝えたい気持ちを胸の奥にしまっていてももやもやして何も解決しません。

人によっては必要以上に傷つきたくないと思っているからこそ伝えたくないと思っているかもしれませんが、今生きているのはあなたの人生です。

あなたの人生なのですから、人がどうとかこうとかいう前にまずは自分の人生を生きなければいけませんよね。

なので、あなたが後悔するならば必ず伝えるべきですし、いちばん後悔しない選択を取り続けながら生きていくのが一番良いと思います。

切実な気持ちとは?


切実に強く願っている気持ちほどなかなか相手に打ち明けるのは難しかったりするものです。

どうでも良い事をする時には大して何も感じないのに、意識してしまうと妙に緊張してしまったりするものです。

人間は精神的な部分に強く影響される生き物ですので、伝えなければと思えば思うほど緊張してしまったりするものです。

切実な気持ちほど強い願いですので、それは至極当たり前の事かもしれませんが、切実な気持ちを伝えるという事をお話しする前に、もしかすると人によっては切実な気持ちがどういう気持ちなのか理解していない方もいるかもしれませんね。

どちらかといえば普段日常会話などでは用いる頻度は少ないですし、本を読んだりしている人であれば知っているかもしれませんが、あまり触れる事がない人もいるはずです。

なので、切実な気持ちを伝える方法をご紹介する前に、まずは切実な気持ちがどういう意味を持っているのか、そしてどういう事を指しているのかある程度知っておく必要がありますので、切実な気持ちという言葉をまず正しく理解できるようにしましょう。

本気と同じ意味?

あなたは切実な気持ちと聞いて具体的にどういう意味を想像しますか?
おそらく全く人生で聞いたことがない言葉ではないと思います。

見かけるとするならば、何らかの本や文章を読んでいる時に見かけたりすることが多く存在していると思います。

もしくはインターネットのサイト上の文章などで見かけた事もあると思います。

日常会話でも全く使用しないというわけではなく、使われる事は使われますが少し言い方が改まっているような感じがするので、そこまで使われる機会はすくないかもしれません。

具体的に切実な気持ちとはどういう意味かといいますと、もし解釈するなら「本気」という言葉と同じような意味を持っていると解釈していただくと分かりやすいかと思います。

例えば、切実に願っているというような言葉があると思います。

この文章にもしも本気という言葉の意味が当てはまるとするならば、本気で願うというような意味合いとして成立しますよね。

このように大体の場合が本気という言葉を代入すれば理解できるようになりますので、切実=本気という風に関連して覚えるようにしてください。

なので、日常生活であなたが感じている切実な思いとは、つまり強い思いという事です。

切実な気持ちの例


切実という言葉が本気という言葉の意味として訳すことができるとお伝えいたしました。

切実と言う言葉があまり普段から聞こえれ慣れていないこともあり漢字自体もその意味を把握するような漢字ではありませんので、意味を理解する上で人によっては分からなくなってしまう事が多い言葉です。

なので、正しく覚えておかないと間違った意味として解釈してしまい、意思疎通が取れなくなってしまう可能性もありますので、十分注意してくださいね。

その上で、切実という言葉に慣れて頂くために、切実な気持ちという言葉を使ったいくつかの例文について考えて頂きたいと思います。

切実な気持ちという言葉はとても利便性が高い言葉です。

なぜなら、先ほどご紹介したように切実な気持ちを持つ事は日常生活においてたくさんあります。

という事は、たくさんの場面で切実な気持ちという言葉を表現することが出来るという事です。

たくさんの場面で表現出来るという事は、日常生活でも広く使用することが出来るという事です。

言葉は学習と同じで、何度も反復j練習したり、繰り返したりして次第に自分の知識として定着し、自分自身のスキルとして自分のものになります。

だとすれば、頻繁に使っておかないと人間は使わない知識は忘れていく傾向があります。

なので、記憶に定着させたいのであれば積極的に言葉を使用するようにしてください。

それを踏まえた上で、切実な気持ちという言葉をつかった例文を勉強してみてください。

1. 恋人が欲しいという切実な気持ち

まずはじめにご紹介する切実な気持ちという言葉を使った例文は「恋人が欲しいという切実な気持ち」です。

この例文を見てまずは自分の頭の中で例文の意味を考えてみてください。

まずおさらいとして切実という言葉は本気という言葉に変換することができるとお伝えしました。

では、例文の中の切実という言葉を本気という言葉に変換するところから考えてみましょう。

そうすると言葉の意味は「恋人がほしい本気の気持ち」という言葉の訳すことが出来ますよね。

つまり、本気で恋人がほしい時などに使う事ができる言葉です。

しかし、よく考えてみると日常会話などで恋人がほしい切実な気持ちという言葉を使ったりはなかなかないですよね。

会話としてなら恋人ほしい~くらいのノリで話したりするので、どちらかといえば本や文章などで見かけることが多い例文かもしれませんね。

2. 子供の病気が治って欲しいという切実な気持ち

次にご紹介する切実な気持ちという言葉を使った例文は「子供の病気が治って欲しいという切実な気持ち」です。

この例文に関しても先ほどご紹介したように同じ方法でまずは自分の頭で意味を考えてみてください。

先ほどと同じように文章の意味を考えてみると「子供の病気が治って欲しいと本気で思っている気持ち」と訳すことが出来ます。

子どもが風邪や病気、もしくは怪我などをして不自由な思いをしている場合、子どもに対しての親の気持ちを表現している例文ですね。

子どもを持つ親の方ならわかると思いますが、子どもはとてもかわいい存在であり、いつまでも大事に大事にしていたいと思うのは当たり前です。

子どもを思う親の気持ちはいつまでも変わりませんね。

そんな大事な子どもを心配している親からの愛情を表現したような例文として解釈することが出来ます。

3. 次こそは失敗したくないという転職時の切実な気持ち

次にご紹介する切実な気持ちという言葉を使った例文は「次こそは失敗したくないという転職時の切実な気持ち」です。

この例文に関しても先ほどご紹介したように言葉の意味を代入してみてください。

そうすると、この例文の意味は「次こそは失敗したくないという転職する時の本気の気持ち」と解釈することが出来ます。

状況としては転職を今行っている人の心情を表した言葉です。

そして、文章の内容からは、幾度となく失敗して、転職活動がうまくいっていないような状況なども見通すことが出来ますね。

転職活動はとても難しい事ですよね。

企業と働きたい人がうまくマッチングしないと雇用契約は成立しませんし、今は人材不足という状況ではありますが、人材であればだれでもよいというわけでもありません。

何社も面接に通ってまったく採用してもらえないという事はザラに起こっていますので、人によってはうんざりしている人もいるかもしれません。

しかし、そんな状況でも自らを奮い立たせるような強い言葉ですね。

そして、転職活動などの社会的な活動に関する状況を表した例文として、広く活用いただけるという事も理解してください。

4. 戦争反対を願う切実な気持ち

次にご紹介する切実な気持ちという言葉を使った例文は「戦争反対を願う切実な気持ち」です。

この例文に関してもまずは本気という言葉を代入してみてください。

そうすると、文章の意味としては「戦争反対を願う本気の気持ち」という言葉で訳すことが出来ます。

戦争に対して反対の気持ちを示した例文として使用することができます。

今の若い方に関しては知らないかもしれませんが年配の方々は戦争を経験した方もまた存在しています。

戦争経験した方はその悲惨さを理解しているので戦争が絶対に避けなければいけない存在であるということをその身をもって体験しています。

実際にその現場に立った人間が言うのですから現場に立ったことがない人間が簡単に推し量れる様な気持ちではありません。

特に日本は原爆を落とされた唯一の国であり、戦争に対しては断固反対の意思が強い国です。

今では北朝鮮がミサイル発射などを行ったりしていて危機的な状況ですが、戦争になる事を望んでいる人は少なくともそこまで多くありません。

平和でありたいと願うのはみんなの願いであり、そんな心境を言い表したような言葉でもあります。

切実な気持ちを伝えるのはなかなか難しい

切実な気持ちを取り入れた例文についていくつかご紹介をしていきました。

たくさんの例文を見ていく中で、ある程度切実という言葉の使い方などが理解いただけたと思います。

切実な気持ちという言葉も様々な状況で使用することが出来ますし、単純に考えれば本気という言葉が日常生活でも多用出来るのですから、切実という言葉も多用出来るととらえる事が当たり前だと思います。

しかし、現実として切実な気持ちを伝えるという事はとても難しい事です。

これまでの人生で少なくとも幾度となく切実な気持ちをその胸に秘めてきた経験はたくさんの方があると思います。

しかし切実な気持ちがより深い気持ちであればあるほど相手に対して打ち明けたり使えたりすることがとても困難に感じることがあると思います。

こちらが真剣になればなるほど相手に対してその気持ちを伝えるのは緊張が伴います。

先ほどご紹介したように緊張が伴えば人間は精神的なバランスで保たれている生き物ですので精神的なバランスが崩れて、冷静に伝えられなくなってしまうことなども時にはあります。

気持ちのバランスはとても大事なものでそれが崩れてしまうと普通にしていることさえ辛くなってしまいます。

だからこそ精神的な緊張を伴う切実な気持ちはなかなか相手に対して伝えづらいのです。

しかし、だからといって伝えないわけにもいきませんし、伝えるべき事は伝えないとあなた自身が後悔してしまう事になってしまいます。

日頃の人間関係やあなたの人間性が影響する

切実な気持ちを相手に伝える時に、大事になってくるのが日頃の人間関係やあなたの人間性です。

日頃の人間関係やあなたの人間性が影響して、相手の返事に関連すると考えて当然だと思います。

例えば、あなたが誰かに対して何らかの切実な気持ちを抱いていたとします。

それを相手に伝えた時に、その返事は当然日頃の人間関係やあなたの人間性が影響した返事が返ってくるはずです。

もちろんそれが全てではありませんが、日ごろから人間関係を大事にしていればいるほど良い結果が生まれるのは目に見えています。

逆に、日ごろから人間関係や相手に対する態度などが悪い場合はそれなりの返事しか返ってこない場合がほとんどです。

相手を大切に思う気持ちに比例して、相手からも自分に対して大切い思う内容が返ってくる事を理解してください。

気持ちが届けば相手の心も動く

相手に対して気持ちを伝えるときに大事なことは相手に対してまずは自分の言葉にして気持ちを伝えると言うことです。

相手に対して何らかの気持ちを持っていたとしても考えているだけでは相手に伝わるわけがありません。

相手に対してどんなに強く思っていても思うだけでは伝わらないですし、超能力者ではない限りあなたの気持ちに気づいてさえくれません。

なのでまずは自分の言葉で相手に対して真正面から気持ちをぶつけることを第一に考えてください。

相手に対してその気持ちがしっかりと届けば相手の心は必ず動いてくれるはずです。

もちろん自分の気持ちが良い相手の心に近づくためには先ほどご紹介したように日頃の人間関係やあなたの人間性が影響するという事は理解しておかなければいけません。

日頃から相手との接し方や人間関係の形成の仕方について少し改めて考えるようにすれば、良いよい人間関係が生まれやすいと思いますよ。

切実な気持ちを伝えるための4個の方法

切実な気持ちを伝えるためには自分の言葉に出して相手に伝えなければいけないと言う事をご紹介しましたが切実な気持ちを伝えるときはどうしても緊張したり、うまく自分の言葉にまとめられなくなったりして、失敗したらどうしようと感じてしまう方が多いです。

緊張する場面では事前に考えていた言葉も頭から消えてしまったりする場合が多いです。

なので、相手に上手に伝えらないという心配や不安があるかと思いますが、いつまで悩んでいても解決はしてくれません。

なので、ここからは相手に気持ちを伝える際により上手に相手に伝えられる方法についてご紹介していきたいと思います。

相手に気持ちを伝えるのは難しいですが、大事なポイントさえ押さえておけばそこまで難しくはありませんし、いざ実際に伝えた時にはそこまで心構える必要がなかったという事も良くある話です。

なので、切実な思いを今伝えられなくて困っている方はここからご紹介する方法を理解して、相手に気持ちを伝える際には上手に利用してみてください。

1. 現状を正直に包み隠さず話す

相手に対して切実な気持ちを伝えるための方法の一つとして現状を正直に包み隠さず話すということです。

まず相手に切実な気持ちを打ち明ける場合、当然ながら相手に話す内容は様々な事があると思います。

しかし全てに共通するのは相手に対して話をする時は話しを偽らないということです。

相手に対して話を偽るのではなくいま自分の気持ちや起こっていることを正直に全て包み隠さず話すことが一番大事なことになります。

話の内容によるかもしれませんが、話の内容によっては正直な事を言うと相手が怒ったり悲しんだりすることがあったりするので、優しい人や弱気な人は話の内容を自分に都合が良い様に変えたり相手が必要以上に傷つかない様にしたりする工夫をして話をする場合があります。

しかしこれは余計な配慮です。

たとえ相手が悲しむ様な状況だって本当のことを話さなければ何も解決しない場合が多いですし、それに自分が悪い立場になる辛いつわりをするというのはまるで論外です。

なので相手に対して話をする時は正直に包み隠さず話すように意識してください。

相手に対して思いを伝えるときには正直にまっすぐに伝えることが大切なので、この点は一番大切なことなので絶対に踏み外さないようにしてください。

話の中に嘘がひとつでもあれば信用を失う

なぜ現状を正直に包み隠さず話すことが相手に対して切実な気持ちを伝えられるのかと言いますと、あなたが切実な話をされる立場として考えてみてください。

当然切実な話をする場面は本気で考えていることを話す場面なので中途半端な状態で話を聞いたりすることもありませんよね。

笑い話をするときとは状況が違いますので相手が話していることをこちらは本気で受け取めようと覚悟して話を聞いているわけです。

そんな中で後から話の中に偽りがあり、相手が自分の立場をよくするように見せていたという事がわかればあなたはどう思いますか?
人によって反応が違うかもしれませんがほぼ90%の方は相手に対して怒りますし嘘をついたということで相手に対して信用しないと思います。

つまり、相手に対して切実な話をする時に嘘偽りをつけば相手は絶対にあなたを信頼しなくなってしまいます。

そうなってしまいますと、信頼関係は崩れ去り、話を聞いてもらえなくなります。

切実な話をしたいと思っていたのに、話すら聞いてもらえなくなるなんてまさに最悪の展開ですよね。

なので、いくら自分の都合の悪いような話があったとしても、相手に対して伝える時にはきちんと考えた上で伝えるように注意する必要があります。

どうしてそのように思うのか理由をメインに話す

相手に対して現状を包み隠さず話す時のポイントとして、どうしてそのように思うのかという理由をメインに話す必要があります。

話をする時のポイントとしては必ず理由が必要になります。

なぜなら理由があることによって説得力が増します、話の内容が相手にしっかりと伝わるからです。

どれだけこちらが本気になって相手に話をしようと思っても相手に対して話がうまく伝わらなければそこで終わりです。

いくら本気になったところで話の内容がそれに伴い上手くなるわけではないので、相手に話をする時には冷静にきちんと言葉の組み合わせを自分の頭の中で考えて選択する必要があります。

例えば、簡単な例文としては「今日は学校に行かない」「今日は学校に行かない、なぜなら風邪をひいたから」という例文を二つ見て比べてください。

恐らく、後者の例文の方が現状がわかりやすいですよね。

それに比べて前者の例文は必ずこの後相手からなぜ?と理由を聞かれると思います。

なので、相手の立場に立って相手がわかりやすいように言葉を選ぶ事が大切であり、理由が大切だと理解してください。

抽象的な表現や曖昧な表現は使わない

相手に対して現場を包み隠さず話すときのポイントとして抽象的な表現や曖昧な表現は使わないということが大切です。

例えば先ほどは理由を必ず相手に伝える様にしなければいけないとご紹介しましたが、なぜ理由を説明しなければいけないかと言うとその方がわかりやすいからですよね。

これと全く同じで、 抽象的な表現や曖昧な表現は相手に対して話を分かりづらくさせてしまうことになってしまいます。

話の内容が分からなければ返事の使用がありませんしあなたの気持ちが心に届くことはありません。

またもしも抽象的な表現や曖昧な表現を行ってしまい相手がこちらが伝えたいことを勘違いして捉えてしまったと考えてしまうと全くもって話がややこしくなってしまいます。

話がややこしくなってしまうともはや話の目的が何なのか分からなくなってしまいますので相手に対して惑わせる様な言葉がわかりづらいような表現は一切すべきではないと言うことが理解していただく必要があります。

話をする時は必ず相手の立場になって相手の知っている情報をもとにして話を組み立てていくと分かりやすいと思います。

また、一気に話すのではなく、細かい区切りで話を整理させる時間も設けるとより理解してもらいやすいと思いますよ。

気持ちの出し惜しみをしない

話をする時にもう一つ大事なことがあります。

それは自分自身の気持ちの出し惜しみをしないということです。

これはどういうことかと言いますと相手に対して何かを伝えるときには当然ながら話をしていると興奮したり悲しんだりするなどの自分自身の感情が出てくる場面があります。

人によってはあまり感情を表に出さないように話をするべきだと考える人がいるかもしれませんが、あまり気持ちを出し惜しみしてもいけません。

確かにあまりにも気持ちを前面に押し出し過ぎると話にならなくなってくるような場面がありますので、さすがにそれはNGなのです。

しかし、ある程度気持ちを出すことによって相手に対してこちらの本気具合がわかるようになります。

普通に話をしているだけではなかなか自分の感情が表に出ることはないのですが、大切な大事な話をしているからこそ感情が表に出ることでその話がより相手に対して伝わりやすくなります。

相手にこちらの気持ちを十分理解してもらいたいと思うのであれば必ず自分の気持ちを前面に出して相手に伝えるべきです。

もちろん興奮しすぎて話がまとまらなくなったり、話が出来ないような状況になるのは意味がありませんのでその点は十分注意してください。

2. 感情的にならないこと

次にご紹介する切実な気持ちを伝えるための方法は感情的にならないことです。

先ほどご紹介した気持ちの出し惜しみをしないということと相反する内容の様に感じる方もいるかもしれませんが、感情的にならないと言う事と気持ちの出し惜しみをしないと言う事は似て異なる内容です。

気持ちを込めるのと感情的になるのが違うと言うことはわかりづらいですがよく考えれば理解いただけると思います。

感情的になることは相手こちらの感情を伝えることができるメリットがあるのですが、それと同時に一線を越えやすくなってしまい一線を越えてしまうと相手からすれば全く話が分からなくなったり、徐々にややこしい内容と思われてしまい始める可能性があります。

あなたも時々喧嘩をしているカップルや喧嘩をしている人達を見かけた事があると思いますが、感情的になって話がまとまらなくなっている場面に遭遇した事はありませんか?
もしくは過去に実際に感情的になられて、面倒くさいなぁと感じた経験はありませんか?
それと全く同じ事です。

感情的になるという事はデメリットもありますし、そのデメリットの方がはるかに大きいので、話をするときには十分注意していただく必要性があります。

3. 一方的に自分の話ばかりしない

次にご紹介する切実な気持ちを伝えるための方法は一方的に自分の話ばかりをしないということです。

これまでの経験体験で相手と話をした時に一方的にしゃべられた経験はありませんか?
こればっかりは人の性格によるところになるかもしれませんが普段から話をする時に一方的に自分の話ばかりをしてしまっている人が時々存在しています。

ちょっとくらいなら一方的に話をされてこちらが相槌を打つことに関してはそこまで抵抗がないかもしれませんが、あまりにも一方的に話をされ過ぎてしまいますとこちらも話したいのに理不尽な内容に付き合わされて次第にイライラしてしまったり、不満が募ったりする場合もありますよね。

切実な気持ちを訴える場合はこちらも当然、普段の話をする時よりも話に熱が入りますのでたくさん伝えたいことがあるのはやまやまなのですがある程度相手の立場に立って考えていただく必要性もありますので、話をする時は一方的に自分の話ばかりしないように心がける必要があります。

相手の意見もしっかり聞くこと

なぜ一方的に自分の話ばかりしてはいけないのかと言いますと、当然話は相手がいて初めて成り立つものですので自分だけが喋っていたところで自分の感情を一方的に押し付けるだけになってしまいます。

話をすると言う事は相手が話を聞いてそれに関して意見を述べてくれるということの繰り返しになります。

なので話をするときには必ず一定の間隔で区切り、話は長くなりすぎない様に工夫した上で相手の意見もしっかりと聞いてあげることが大切です。

途中でしっかりと相手の意見について聞いてあげたりすることでお互いに話を共有しながら同じ目線に立って物事を考えられるようになります。

そうすることで片一方が自分の話ばかりすることを防ぐことができますし、話を聞いている側の認識も深まっていることを確認できますので、必ず話をする時には相手の意見を途中でしっかり聞くことを忘れないようにしてください。

4. 無理に同情してもらおうとしないこと

次にご紹介する切実な気持ちを伝えるための方法は無理に同乗して貰おうとしないことです。

話をする人のなかには自分の気持ちに同調して欲しいがために自分の気持ちをあたかも正当であるかの様に話をする人がいます。

しかし人によっては無理に同情してもらうと言うその魂胆を見透かして相手に対して嫌気がさしてしまう人もいます。

当然話を聞いてもらう時には自分の話に同意してくれた方が嬉しいですしこちらも間違った選択をしていないと安心する場合もあるかもしれませんが無理をして相手に対して同調を求めたところで自分のためにはなりません。

自分が間違っているのであれば、それに気づく必要がありますし、それに気づかせてあげるのは友達や大切な人の役目です。

ただ単純に自分の意見に同調してほしいだけの話を聞かされるのは迷惑な話です。

優しい人は相談にのってくれるかもしれませんが、あくまで同調を求めるだけの話は相談ではなくただ一方的に話を聞かされるのと同じです。

自分が話を聞く側だったら嫌な気持ちになるような話はしないように注意する事が大切です。

切実な気持ちは必ず伝わる

今回は切実な話をテーマにして切実な話をする時の大切なことについてもいくつかご紹介いたしました。

相手に対して話をする時には注意すべき点を考えて守っていただければ必ずその気持ちは相手に伝わるはずです。

もちろん気持ちが伝わるだけであなたの望む様な未来や返答がもらえるとは限りません。

しかしながら、自分の気持ちが間違いなく相手に正しく伝わるだけでもとても嬉しい事ですよね。

結果よりも、自分が行動したかどうかが最終的に後悔しない線引きとなりますので、切実な気持ちほど、注意すべき点を守った上で相手に伝えられるように工夫してみてください。