あなたは動物は好きですか?
世のなかにはたくさんの動物を飼っている人が存在しています。

動物を飼うという事は昔から行われている事です。

特に動物の中でも人間と犬の関係はとても深い歴史があります。

考えてみると人間が犬を飼っていたのは五万年前頃からと言われています。

それだけ昔のことですのでどの様な趣旨で飼っていたのかはわかりませんが、一般的には狩りなどの場面で役立っていた存在ではないでしょうか。

実際にペットとして人間が犬を飼い始めたのは大体二万二千年前からといわれています。

人間と動物はそれぐらい深い歴史が存在しているのです。

しかし今の時代はペットといえば犬だけではありません。

犬以外にも猫やうさぎ、ハムスター、カワウソなどたくさんの動物を自宅で飼っている人はたくさんいます。

動物は見ているだけでも楽しいですし、触れ合う事でとても癒されますよね。

動物を飼うという事は命を預かるという事でもありますので、簡単な事ではありませんが、私たちにたくさんの事を気づかせてくれる素晴らしい存在です。

そんな動物を飼っている人達に考えて頂きたいのは動物の餌です。

餌にもたくさんの種類が存在しており、それぞれ特徴を持っています。

今回は動物の餌をテーマにして、犬や猫が喜び餌についてご紹介していきたいと思います。

餌の種類を知ってペットをもっと喜ばせよう!

動物を飼うということは動物の命を預かる行為であると先ほどご紹介しました。

もしも自分が動物の立場に立ってみれば人間の都合によって飼われていると考えることもできます。

動物は言葉を喋りませんが感情は持っているはずです。

だからこそ人間に比べたら短い一生かもしれませんが、動物が少しでも喜んでくれるような付き合い方をしていかなければいけません。

その点を踏まえた上で動物を飼うということの難しさとすばらしさを同時に考えて頂きたいと思います。

そこで、考えて頂きたいのが動物の餌です。

人間が食事をすることをとても楽しみに感じているように動物からしても食事をすることは一番の楽しみであると考えることができます。

実際に犬を飼っている方や、動画投稿サイトなどで動物の動画を見ている方は分かると思いますが、餌を食べている時の動物は尋常ではなく嬉しそうですよね。

特に犬は餌と聞けば目の色を変えて喜びます。

それだけ動物は餌に対して高い関心を寄せているのです。

だからこそ動物にあげる餌の種類をペットにもっと喜んでもらいたいと思うのは当然のことですしむしろ考えてあげなければいけないことです。

しかし動物の餌についてはたくさんの種類がありますのでなかなか把握できていないかの方が多いです。

動物を買うのであれば最低限動物の餌ぐらいはじっとして蓄えておかなければいけませんのでこの機会に動物名産にはどういう特徴がありどんな餌があるのかと言うことを改めて知っていただいており動物のことを考えてあげるきっかけに繋げていただきたいと思います。

1. 犬や猫の餌はドライフードだけじゃない!


これから犬を飼うという方や、もしくは犬をまだ飼ったことが無い方については餌の種類をあまり把握している人はいないと思います。

しかし、これから犬を飼うのであればある程度知って頂く必要性があります。

まず、一つの概念としてペットフードはドライフードだけであると思っている人がたくさんいます。

ドライフードといえばその名前の通り乾燥している餌のことを指し示しています。

と言っても水分が全くないわけではなく、水分含有量が10%程度であり、またはそれ以下のフードのことを指し示している言葉です。

よくペットに餌をあげている場面を見たことがある方はわかると思いますがガリガリと音を立てながら食べているのがドライフードです。

ペットの餌といえばドライフードだと思っている方の割合の方がかなり多いのですがドライフードだけではなくウェットフードというものも存在しています。

そしてドライフードとウェットフードの間にあるセミモイスト、ソフトドライフードなどの存在しています。

それぞれ特徴がありますので全て同じというわけではありません。

それは水分の量以外にも様々な特徴がありますのでこの機会にペットの餌についてはドライフードだけではなく様々な種類があると言うことを理解していただきたいと思います。

2. ドライフードのメリット

犬や猫にあげる餌の種類はたくさんの種類があるということを簡単にご紹介していきました。

様々な種類があり様々な特徴があるということを把握いただいた上でまずはそれぞれのフードがどういう特徴を持っているのかと言うことを説明する前にドライフードを上げることのメリットについて簡単に触れていきたいと思います。

ドライフードは先ほどご紹介した様に水分の保有量が10%程度若しくはそれ以下のフードであり未開封の状態であればかなり長期保存ができるように水分量を低くしてある特徴を持っています。

つまりドライフードであればある程度の長期間保存することができるので災害にあった時でも犬の餌などを保存しておく事ができますし、単純にまとめ買いをする事も可能であるという事です。

毎回上げるのに購入しなければいけないのは手間がかかってしまいますので、ある程度まとめて購入できる方が餌をあげる側としても楽ですよね。

もちろん、これは一つの特徴でありそのほかにも様々な特徴が存在しています。

なので、ドライフードのメリットを項目別にご紹介していきたいと思います。

1. 安い


まず一番最初にご紹介するドライフードのメリットはとにかく価格が安いということがメリットの一つとして挙げられます。

犬を飼うだけでも様々な飼育費用がかかったりしませし犬本来の値段もある程度する場合がありますのでランニングコストの名はできるだけ低くしておきたいと考える方はたくさんいると思います。

もちろんあまりにも価格が安すぎると逆にドライフードの品質が悪いということを恐れてしまう方もいるかもしれませんが、様々な餌の種類がある中でドライフードは比較的価格が休みに設定されているので積極的に購入されている方もたくさんいると思います。

もちろん餌の種類にもグレードがあり、高い餌もあれば安い餌もあるのですが、これは人間でも同じですよね。

高級なお肉が売ってあれば、安いお肉も売ってある、これは同じ事です。

安い餌であったとしてももちろん毒をあげているわけではないので犬の体に悪影響を及ぼす被害はないので、安心していただきたいと思いますが、インターネットでも口コミが悪い餌などはありますので、その点は事前に確認しておいた方が無難だと思います。

価格については様々な価格帯がありますので一概に説明するのは難しいのですが本来であれば3kgで5000円の金額の餌もあればドライフードの中には6kg入っていて1000円弱の金額の餌もあります。

なので、これを比較するだけでも量は倍違うのに金額は五分の一という驚きのコストパフォーマンスです。

あまり金額的に余裕がないという方にはまずおすすめの大きなメリットであると思います。

2. 長期保存ができる

次にご紹介するドライフードのメリットは長期保存ができるということです。

これは先ほど冒頭でもご紹介したと思いますがドライフードに関してはある程度長い期間保存をすることができますので、大量購入しても問題なく餌としてペットにあげることができます。

何度も頻繁に買いに行くのがめんどくさいと思いますのである程度大量に入っていた方が一回一回買いに行く負担が無くなりますのでかなり便利良いですよね。

しかし長期保存ができるからといって雑に保存しているとデメリットになってしまう場合もあります。

ドライフードの中には保存料や添加物などが入っているドッグフードもたくさんあり保存料がたくさん入っているほど製品の消費期限は長くなるのですがしかしどんなフードにも含まれている脂肪分が時間とともに酸化して行ってしまいますのでドライフードの匂いが変わったりドライフード自体が湿気てしまったり、栄養価が低下してしまう恐れがあります。

匂いが変わることによって食いつきは悪くなるような事もあったりしますので、長期保存できるからといって雑に保存しているとペットにも健康被害が出る場合がありますので、かならず適した保存方法で保存をする必要がある事を守ってください。

それさえ守っていただければ長期保存できる便利な餌として利用する事が出来るはずです。

3. 噛む力が付く

次にご紹介するドライフードのメリットは噛む力がつくということです。

これは具体的にどういうことかと言いますと、ドライフードは先ほどご紹介したように水分の量が少なくなっているのでわかると思いますが、ある程度硬い状態になっています。

それもその通り、水分が少ない物に関しては乾燥しているので当然固くなります。

しかしながらこれは人間も同じなのですがすでに柔らかいものばかりを食べていると自分の顎が発達しなくなってしまいます。

人間に関しても昔と比べて現代人は噛む力が弱くなっているという言葉よく言われています。

人間の前であれば噛む力が弱まってしまうと顎が悪くなってしまい何らかの悪影響が及んでしまうと考えることができますがこれに関してはペットも同じです。

なのであえてドライフードをあげることによって硬いものを噛む力をペットにつけさせることができますのでドライフードをあげることによって健康面においても良いメリットがあると言うことは理解いただければ幸いです。

4. 歯石が取れる

次にご紹介するドライフードのメリットは歯石が取れるということです。

人間であれば食べ物を食べたら後は歯磨きをすると思いますが毎日歯磨きを綺麗にしているつもりでも歯の間に溜まってしまった汚れなどがしだいに固まっていき歯石となってしまうことはよくありますよね。

歯石になってしまうとそこから歯が悪くなってしまう可能性があり、最終的に歯周病になってしまう可能性があります。

歯周病になってしまうとはが悪くなってしまうだけではなくそこからさらに悪化してしまうと歯を抜かないといけなくなってしまうこともあります。

それと同じようにペットに関してお食事をすれば当然歯石がたまります。

歯石を放置していると病気になる可能性もありますのでドライフードなどの硬いものを上げることによってそれを噛んだりする時に歯に付着した歯石が自然と落ちたりする可能性も高まります。

実際に歯石を取る歯磨きおやつのようなものも販売されていたりしますが、それもあるていど硬度のある餌だったりするので、硬いという事はそれだけ歯石取りや歯に関して良い効果を持っている事が多いです。

なので定期的にドライフードをあげて歯石を取ってあげるように工夫する事はとても大切な事であると理解してください。

5. 添加物が少ない

次にご紹介するドライフードのメリットは添加物が少ないということです。

そもそもペットフードと添加物の関係性について簡単にご紹介をしていきますと、ペットフードはペットが一定の栄養を安定的に撮れる様に工夫されておりフードを通じてペットの健康に役立っている存在です。

安定的に栄養を提供するためのビタミンやミネラルやアミノ酸などの栄養添加物そしてペットフードの品質を一定に保つために使用されるような添加物であったりペットの食欲を増進させる様なフレーバーなどの添加物が存在しています。

これだけ聞くと添加物は良いものではないのかと考える方がいるかもしれませんが先ほどご紹介したように添加物の中には酸化防止剤であったり合成着色料なども入っているものがあります。

あまりにも大量に摂取してしまうと問題があったりする場合などもあるので、極力添加物などが少ない物の方が餌としては適しているのです。

ドライフードに関しては全く無いとは言い切れませんが他のものに比べて比較的添加物が少ない傾向にありますのでペットに安心して餌をあげたいのであれば添加物の少ないドライフードを選んでいただくとペットの健康にもつながりますよ。

6. 総合栄養食として栄養価が高い

次にご紹介するドライフードのメリットは総合栄養食として栄養価が高いと言うことが挙げられます。

そもそも知らない方もいるかもしれませんがペットの餌の中では総合栄養食と一般食と2つに分かれています。

どういう違いがあるのかと言いますと総合栄養食は新鮮な水と共に餌を与えることによってペットの健康と生命の維持ができるように理想的な栄養バランスが整ったものであると言われています。

つまりドライフードは総合栄養食として栄養価が高いものになっています。

それに反して一般食は総合栄養食とされていないその他のもの全てを指し示している言葉です。

一般的にはおかずタイプやトッピングなどの副食であったり、サプリメントや療養食の目的食そしておやつなどの嗜好品があげられる場合が多いです。

よく犬におやつとしてジャーキーをあげたりしている人もいると思いますがドライフードが総合栄養食でジャージが一般食と考えていただければわかりやすいと思います。

ペットに餌をあげるのであれば当然ペットの健康に気を使ってあげる食事を提供してあげることが飼い主としての責任です。

あまりにも飼っているペットが可愛いからといっておやつばかりあげてしまうと健康面に悪い影響が出てしまったり太ってしまったりすることになるので必ず注意していただく必要があります。

3. ドライフードのデメリット

ここまではドライフードのメリットについてご紹介していきました。

しかし、注意していただきたいのはメリットがあるものにはデメリットも存在しているという事です。

デメリットの部分も知って頂いた上で、メリットとデメリットを天秤にかけてどういう部分に優れてどういう部分が劣っているのかという事を比較して考える必要があります。

なので、ドライフードのデメリットについてここから詳しくご紹介していきたいと思います。

1. すぐ飽きられる可能性がある

まずはじめにご紹介するドライフードのデメリットについてはすぐにペットから飽きられてしまう可能性があるということです。

先ほどご紹介したようにドライフードは総合栄養食なので健康であったり栄養面に関しては優れているのですがどうしても缶詰タイプのものでありその他のウェットフードに比べて添加物などが少ないのでその分ペットからすれば物足りなく感じてしまう場合が多いです。

それ以外にもドライフードが大量にストックすることができますのでついつい大量に買ってしまいがちです。

大量に購入した分、購入した分だけ使わなければいけないという概念が働いてしまうので、ペットの餌が常にドライフードばかりになってしまうということも考えられます。

私たち人間もたとえどんなに食事が楽しいものであったとしても毎回毎回同じものを食卓に出されたらさすがに飽きてしまいますよね。

ペットも人間と同じで同じものばかり食べていれば当然飽きてしまうのは当たり前です。

なのでドライフードのデメリットとしてはすぐに飽きられてしまう可能性があるということはよく考えておかなければいけないことなのです。

毎回ドライフードだけをあげるのではなく少し工夫をして餌を提供してあげたりすることによってベッドがドライフードに飽きてしまうことを防止することもできますので何かしら工夫をすることが大切であると理解してください。

2. 歯が悪い子は食べにくい

次にご紹介するドライフードのデメリットは歯が悪い子は食べにくいということです。

これはどういうことかと言いますとドライフードの性質として先ほどご紹介した様に水分の保有率があまり高いものではありません。

なのでドライフードに関してはある程度硬さがある食べ物になりますので、噛む力を鍛えたり歯石を取ったりするというメリットがあるのに反してある程度年齢を重ねたベッドの場合は噛む力などの筋肉が衰えてしまっている場合がありますので肌悪い子に関しては食べることがうまくできない場合があります。

重ねてお伝えしますが、ベッドは何よりも食事をすることが楽しみなのです。

歯が悪い子に固いものを出すという事は何よりも楽しみな食事を奪ってしまうことにつながってしまいます。

ペットを飼うのであれば自分のペットがどういう状況なのかという事や、ペットが何を求めているのかということなどは常に把握してあげる必要性があります。

自分の子供を気にかけてあげるのと全く同じでペットも大切な家族なのでペットのことを理解してあげられる様に常にベッドに寄り添ってベッドの立場で物事を考えるようにしてください。

3. 便が固くなる

次にご紹介するドライフードのデメリットは便が硬くなるということです。

ドライフード自体があまり水分を保有していない食べ物になりますので当然ながらドライフードをあげているとペットが出す便は固くなってしまいます。

その逆にウェットフードをあげればペットが出す便は柔らかいものになるはずです。

便が硬くなってしまうことによって何かしらの問題を引き起こす可能性もありますのでドライフードをあげる場合は十分に水を一緒に与えてあげる必要性があると言うことを理解してください。

逆にきちんとペットに対して水をあげてさえいれば上手に調整してくれる可能性が高まりますので水をあげることを忘れないように工夫するなど考えればできるような言葉ペットに対してしてあげる様にしてあげてください。

ドライフード以外の犬猫が喜ぶ餌2選!

ここまではドライフードのメリットとデメリットについて簡単にご紹介をしていきました。

今までペットの餌に関して考え方ことがなかったからすれば食事ひとつに関してもこれだけ考えてあげるべきことがあるという事がお分かりいただけたと思います。

ペットの餌なんて全部一緒だよと思っていた方もいるかもしれませんが様々な特徴してペットの状態を把握してあげることによって自然とペットがどういう餌を求めているのかと言うことやペットに対してどういう餌をあげれば良いのかと言うことなどもあるけど考えてあげることができるようになります。

ペットの餌に対する考え方が身についたところでここからはドライフード以外のペットが喜ぶ餌について簡単にご紹介をしていきたいと思います。

今までペットにドライフード以外のものをあげたことがない方については新しく餌に対する考え方を変えるきっかけにつなげることができますのでこの機会に正しい知識を沢山身に着けてください。

1. ウェットフードが好きな子は多い

まずはじめにご紹介するのはドライフードに対照的な餌であるウェットフードです。

一番初めの部分で少しウェットフードに忘れましたが改めて説明させていただきますと餌の種類にはドライフードとセミモイスト、ソフトドライフードそしてウェットフードが存在しています。

ドライフードの水分保有率が10%程度であるのに反してセミモイスト、ソフトドライフードは水分の保有率が10%から35%程度となっておりウェットフードに関しては水分保有率が70%程度となっています。

つまりウェットフードはかなり水分が多い食材であると分かりいただけると思います。

ウェットフードにはさまざまな商品が存在していますが一般的には加熱殺菌工程を経て充填されたフードなので、袋に密閉されているものもあれば缶詰に入っているようなものなどもあります。

ウェットフードに関しては実はべちゃべちゃしているからあまり好まれていないと考えている方もいるかもしれませんがどちらかといえばドライフードよりもウェットフードの方が人気な場合がかなり確率は高いです。

なのでドライフードばかりあげるのではなく時々ウェットフードをあげたりすることで食べ物に飽きたりさせない様に工夫してあげることができます。

しかしウェットフードばかりあげてしまうとペットがウェットフードに慣れてしまい、ドライフードが物足りなく感じてしまうこともありますので、あげすぎには十分注意をした上でウェットフードを選んであげることが大切です。

1. 値段が高いのが難点

ウェットフードをペットにあげる場合に注意していただきたい点がウェットフードの価格です。

ウェットフードに関してはドライフードよりもある程度手間がかかっている商品になりますので手間がかかっている分価格帯は高くなってしまいます。

当然ながら加熱殺菌工程もありますしドライフードに比べて個別のパッケージなども必要になりますし、商品自体の内容もドライフードよりも手間がかかりますので、高くなるのは仕方はない事です。

具体的にどれぐらいの価格なのかと言いますと例えば有名な商品としてはペディグリーチャムなどは犬の餌に詳しくないからでも知っている商品だと思います。

ペディグリーチャムに関しては400g 入ってだいたい150円程度の金額で販売されています。

先ほどご紹介したドライフードと比べると金額的にはかなり割高になってしまう可能性があります。

ドライフードは6kgで1000円程度ですが、ウェットフードはそれなりにしますし、保存もきかないので一食分となります。

金額的に余裕がある方であれば問題ないかもしれませんが毎回ウェットフードをあげるのは予算に合わないと考える方であれば1週間に1回はウエットフードあげたりするとか自分なりに何か工夫をしてあげることが大切です。

2. 便が柔らかくなってしまうことも

ウェットフードをペットにあげる場合に注意していただきたい点がウェットフードばかりペットにあげてしまうと便が柔らかくなってしまうことがあるということです。

先ほどドライフードのデメリットの件でも少し触れましたがドライフードばかりあげてしまうと便が硬くなってしまう様にウエットフードばかりかけてしまうと水分量が多くなってしまい便がふやけてしまい水っぽくなってしまう場合があります。

便が柔らかくなってしまうと処理をする時にも大変ですし、犬にとっても不快感を感じさせてしまう様なことになりかねませんのであまりにも毎回ウェットフードばかりあげたり水を多くあげすぎたりするという事は十分注意していただく必要性があります。

3. ゼリー入りやとろみタイプもある

ウェットフードの良い点としてはペットにあげるときにペットがもしも年齢を重ねている場合には、向いている場合があります。

例えば年齢を重ねてしまったペットは先ほどご紹介しましたが噛む力が衰えてしまっていたりあまり乾燥させたものよりも水分量があるものの方が食べやすい場合などがあります。

年齢別に餌なども分けられている場合が多くあり例えば10歳以上のペットに対してあげるものだったり13歳以上にあげるものなど年齢によって分けられて販売されている商品はたくさんありますので、よく自分のペットのことを考えてあげながら商品を購入してあげることが求められます。

またそのような商品に関してはゼリーが入ってる様な商品だったりとろみが付いている様なタイプなども販売されていますのでペットがより食べやすい様になっている工夫がなされている商品がたくさんあります。

人間も年齢を重ねればあまり脂っこいものが食べられなくなるようにペットに関しても年齢を重ねることによって食事を変えてあげる必要性があります。

ペットの事をより考えてあげるためには餌もその都度変えてあげる必要がありますので注意してください。

2. ジャーキーも立派な餌になる

ウェットフード以外にもペットが大好きな餌が存在しています。

それはおやつとしても立派な食べ物になってくれるジャーキーです。

一般的にジャーキーは餌として用いられるわけではなくおやつとしてペットにあげる場合がかなり多く存在しています。

しかしながらジャーキー自体も立派な餌になることができます。

もちろん毎回ジャーキーだけになってしまうと栄養面で悪い影響が出る可能性もありますので、注意しなければいけませんが、時々食欲不振になったり、ドライフードを食べなくなってしまった時などにあげたりすると今までの食事とは違った楽しみを見出してくれると思いますので、食欲が戻ったりする場合があります。

ジャーキー自体はその噛み応えや味などがペットから大人気なのでジャーキーに目がないようなペットなどもたくさんいると思います。

どうしてもペットのことが可愛いからといってジャーキーをたくさんあげてしまうとジャンキーはカロリーが高いので太ってしまう場合があります。

なのであげすぎには注意していただく必要があるのですが、ジャーキーによっては高タンパクで低資質でヘルシーな物も存在しています。

例えば鹿肉ジャーキーなども販売されており、値段はちょっと高いですが健康面での懸念もなくペットにたくさん上げる事も出来ますので、ちょっと奮発してあげたい時には 良いと思いますよ。

必ず守って欲しいこと

今回は様々なペットフードについてご紹介をしていきましたが、ペットフードも様々なジャンルがありたくさんの特徴があるということがお分かりいただけたと思います。

自分がペットの立場に立ってみれば、きちんと自分の事を把握してくれて、エサなども気を使ってくれるような飼い主さんに飼われたいと思うはずですよね。

なので、忙しかったりするときには億劫に感じる事もあるかもしれませんが、きちんと餌やペットの体調などは管理してあげるようにしてくださいね。

そして、最後に二つ守っていただきたい事について簡単にご紹介していきたいと思います。

1. 適切な量を与えること

必ず守って欲しいこととしてペットにあげる餌の量は適切な量を与えてあげる必要があるということです。

人によってはペットがついつい可愛いからといってたくさん餌をあげてしまう場合がありますがそれは絶対に間違っています。

特に犬を飼っている方に関しては、犬は餌に対してかなり強い気持ちを表します。

なので、時には足りないからもっとほしいと行動してくる場面がありますが、適量を守らないと太ったり、健康被害が出てしまう場合があります。

可哀そうかもしれませんが、それは一時の感情であり、長く健康に苦しまないように生きてもらうには食事の量は管理してあげないといけない事を理解してください。

2. 体調の変化を見逃さないこと

最後に必ず回って欲しいことはペットの体調の変化は必ず見逃さないということです。

人間が病気をするのと同じようにペットも病気をします。

ペットを飼っている方であれば定期的にワクチンを打ったり予防接種などをしたりすることがあると思いますがそれだけでは不十分な場合もあります。

ペットが普段取らない様な行動を取っていたり、食事を全く食べないとかどんなことでも結構ですので普段と違う様な体調の変化などがあった場合は必ず動物病院に運んだりとか医者に診てもらったりするなどの対処が必要です。

人間の病気もそうですが深刻になる前にわかっていれば改善の必要がありますが、処置が遅れてしまえば手遅れになる場合もあります。

きちんと見ておけば手遅れにならずに済んだのに、という場合などもありますので、十分注意が必要です。