人生をより良くするには様々な事が大切であり、求められます。

例えば、生きる上では人との関わりは欠かせません。

一人で生きていくという寂しい人生よりも、たくさんの人と楽しく関わりを持っていられる人生の方がはるかに楽しい人生である事は明白です。

プライベートはもちろんのこと、プライベートだけではなくても仕事の面でも役に立ちます。

仕事をしていると様々な人との関わりはを持ちます。

コミュニケーションスキルや人と繋がりを持てるような性格をしていれば様々な人脈が作れると思いますし、コミュニケーションスキルがあるだけで周りの人と良い関係が築けるので人生を充実させるのは必要なスキルです。

このように人生においてはたくさんの身に着けておくべきスキルが存在しています。

もちろん絶対にそのスキルがなくてはいけないというものではないのですが、ある程度そのスキルがないと困ってしまうような物にもなります。

なので、早い段階で社会に出る前にいくつか必要なスキルをマスターしておけば、きっと良かったと思えるはずです。

なので、今回はスキルをテーマにして、身に着けておきたいことや資格などについてご紹介していきたいと思います。

スキルは多ければ多いほど良い!?

人生ではプライベートの時間と仕事に携わる時間が主になると思いますが、その二つの時間を考えるのであればその二つの時間に共通して良い影響を与えてくれるスキルをたくさん持っていれば持っているほど、あなたの人生がより華やかになり楽しい人生として演出してくれるはずです。

例えば先ほどご紹介しておに人と仲良くするスキル、いわゆるコミュニケーションスキルを持っているか持っていないかでその人の人生は全く変化するようになります。

友達が100人いる人と友達が数人しかいない人とでもやはり友達が100人いる方が様々な楽しい経験をすることが出来ますし自分の人生がより充実したものになるのは少し考えればわかることですよね。

それ以外にも何か自分だけの特別なスキルを持っていればそれをきっかけにしてたくさんの人脈を作ることが出来ますし、何かしら人生を楽しくさせるためのイベントに参加することができるかもしれません。

また当然ながら仕事に関する何かしらのスキルを持っていればそのスキルを持っているということにより会社から重宝してもらえることも考えられます。

そのように考えれば、当然スキルがたくさんあればあるほど貴重な人材として必要にしてくれる人が増えますし、可能性が増える結果となります。

可能性を増やすも減らすもすべて自分次第ですし、自分のスキルによって大きく何もかも変化するという事に気づく必要があります。

なので、若い時からスキルを増やす事に意識して意欲的に取り組むことが求められると考えて間違いないです。

1. スキルとは?


いかにスキルが様々な場面で必要であるかと言うことを簡単にご紹介して行きましたが、そもそもスキルとはいったい何なのかという方がいるかもしれませんね。

もちろんスキルという言葉の意味が分からない方もあまりいないと思うのですがスキルということの定義についてしっかりと理解している方はあまりいないかもしれません。

なんとなくスキルといえば技というような印象だけで終わってしまっており、スキルという言葉の本来の意味が抜けてしまっている場合なども考えられますので、ここからは簡単にスキルという言葉がどういう意味を持っているのかという事について簡単にご紹介していきたいと思います。

1. 訓練が必要なもの

まずはじめにご紹介するスキルという言葉の意味ですがスキルという言葉の意味は「訓練を通じて身に着けた能力」の事を指し示している言葉です。

なので、技といえば技なのですが、細かく考えると訓練を通じて身に着けるという部分が大事になります。

例えばあなたが何かスキルを持っているのか自分なりに考えてみてください。

おそらくあなたが自分自身で何かスキルを持っていると感じているのであればだいたいが自分の大切な時間を消費してそのスキルを習得するためにいくどとなく練習を行った経験があると思います。

もちろんスキルがすべて時間を消費して身につけたものなのかと言われればそうではないかもしれません。

例えばコミュニケーションスキルの様に普通に生活をしているなかで自然と培って行った様なスキルであれば特に自分の時間を割いて勉強したと言うものではないので訓練をしなくても自然と身につけていた力である場合は当然あります。

しかしながらスキルといえば他の人が持っていないような自分だけのものである場合が多いので他の人が身につけておらず自分だけが身につけているという状況を考えればやはり特殊な環境下で身につけたか自分だから身につけられたと考えることができます。

いずれにしても特別な力である事に変わりはありませんし、スキルを持っているという事はとても素晴らしい事なので、誇りに思うべきです。

2. 他の人にはなかなかできない特技


次にご紹介するスキルという言葉の意味ですがそもそもスキルというものは他の人にはなかなかできないような特技のことを指し示している場合が多いです。

例えば私達は日本人なので日本語を喋れて当たり前です。

今私たちが住んでいるのは日本なので当然身の回りにはたくさんの日本人が存在しておりほぼ出会う人の9割が日本人だと思います。

そのような環境下であなたは人に対して私は日本語を喋れるスキルを持っていると話をしますか?
おそらくそのような話をしたところで周りにいる人たちからすれば意味がわからないと判断されてしまいますよね。

それもそのはず日本人として生まれたらならば、日本語を喋ることができるのは当たり前ですし、スキルという言葉を使っているので、特殊な物かとおもいきや誰にでもできているような内容でもありますので、これまた意味がよくわからない話になってしまいます。

なので、スキルという言葉は広くたくさんの人が一般的に使えるようなものを指し示している言葉ではなく、他の人になかなかできないような特技の事を指し示していると認識する必要があります。

例えば、私はバク転が出来ると周りに言えば、それは周りの人が全員できるものではないので、特技となり、れっきとしたあなたのスキルとして認めてもらう事が出来ます。

スキルの見えない前提には、(他人ができないような特技である)という意味が含まれている事を知ってください。

3. 身体を使うものと知力を使うものがある

次にご紹介するスキルという言葉の意味ですがそもそもスキルというものは大きく2つに分けることができます。

具体的にどういうことかと言いますと、まず身体を使う特技と自分の頭の知力を使って行うスキルを二つの種類が存在しています。

例えば先ほどご紹介したバク転をすることができるという特技をあなたが持っていただきます。

バク転をすることができるということは他の人には出来ない様な進退能力が身についており上手に身体を使うことができるスキルを身につけているということです。

つまりバク転をすることができるという特技は身体を使う特技と考えることができます。

それに反して、あなたが持っている別の特技として弁護士の資格を持っていたとします。

弁護士の資格を持っているという事は、弁護士になるための必要な知識を身に着けており、史上最大の試験といわれる司法試験を合格するだけの知力を持っているという事の照明にもなります。

つまり弁護士の資格を持っているということはそれに準じた知識を持っているということでもありそれに伴った法律についても熟知しているという考えができますので、弁護士の資格を持っているという事は自分の頭の知力を使うスキルを持っていると考えることができます。

このようにして人間が持っているスキルは身体的なものと知力的なものとに分けることができるということは理解してください。

難易度は関係しているかもしれませんが、これらはどちらもすごい事です。

どちらが劣っているとか、どちらの方が優れているというものでもありません。

これも個性であり、違いです。

希少価値の高い人間になりたいのであれば、スキルをたくさん身に着けて需要の高い人材になれるように日々努力する事が求められるという事を認識してください。

4. 資格認定されているものも

次にご紹介するスキルという言葉の意味ですが、スキルには資格認定されているものをたくさんあります。

これに関しては今更かもしれませんが先ほどご紹介したように、例えば弁護士の資格を持っていたとするならば、それは弁護士になることができる資格を有していると言うことに他なりませんので資格認定されているものに含まれます。

そして方やバク転をすることができるというスキルに関してはこれは一般的に資格として認められている様なものではないので資格認定はされていないと判断することができます。

資格として認められている物はたくさんありますが、資格として認めていないような事もたくさんあります。

一般的には資格として取得できるものに対してはそれに準じた分野での貢献をすることが出来る事と同一に考ええることが出来ます。

つまり、資格を取得していなければある分野で仕事をすることが出来ない、携わることが出来ないという風になっている場合が多いです。

例えば、行政関係の手続きの代行をしている行政書士など、その資格を有していなければできないような仕事が多数存在しています。

資格を取得するのは、資格自体の難易度にも関わってくるので、内容によって難しさや日数などは異なりますが、専門分野に特化した資格を取得している人間は需要も高く、なおかつ仕事をする上で困る事が少なくなります。

現代においても資格を取得するために学校に通ったり、プライベートの時間を犠牲にして頑張っている方はたくさんいます。

なので、何か自分の武器となるような資格をひとつでも取得していれば自分を助けてくれる場面があるかもしれませんよ。

2. スキルの身につけ方

ここまではスキルというものがどういうものなのかということやスキルがどのような種類があるのかという事に関してご紹介していきました。

簡単に数日で身に付けられる様なスキルもあれば、何日は何年もかかって初めて身に付けられる様なスキルも存在しています。

スキルの内容によって当然難易度が変わるのでこれは当たり前の話です。

例えば日商簿記3級を取得しようと思えばおそらく1ヶ月ほどの時間があれば難なく資格を取得することができる場合が多いのですが、会計士の資格の最高難易度の公認会計士の資格を取得する場合は2.3年かかる場合があります。

難易度によって身に着けるまでの時間が違うという事は最低限スキルを身に着ける上で理解しておかなければいけません。

そしてさらに理解していただけなければいけない点が存在しておりそれはスキルの身につけ方です。

スキルを身につけている方がすべて独学で自分で学んでいるのか、と言われればそうではありませんよね。

スキルを身に付ける方法は様々な方法が存在していますので、自分に合ったスキルの身に付け方を選択する必要があります。

なので、ここからはスキルの身に付け方についていくつかご紹介をしていきたいと思いますので、これから何かのスキルを身に付けたいと思っている方や将来的に何らかのスキルを身に付ける予定があるという方については、様々なスキルの身につけ方を正しく理解してください。

そして、自分に一番合った方法のスキルの身に付け方を選択して後悔がないようにこれからの人生を歩んでいけるように考えてみてください。

1. 習いに行く

まずはじめにご紹介するスキルの身につけ方はそのスキルを習いに行くと言う方法が存在しています。

これに関しては広く一般的に知られていると思いますが、例えばあなたが子供の時にいくつか習い事をしていたという方はたくさんいると思います。

例えば子供の頃の習い事としてよくあげられるのは男の子であれば水泳や器械体操などのスポーツ系が多く、それ以外にもサッカーや野球やバスケなども当てはまる場合が多いです。

女の子であれば、ピアノやバレエ、器械体操などが多いと思いますし、男女共通として習字などを習ったりする場面が多かったりすると思います。

これらに関しては全て習い事でありある場所に集まって指導してくれる先生の指示のもと様々なことを勉強して自分のスキルとして身につけるための訓練を行っていたと思います。

このようにスキルを身に着ける一般的な考えられる方法としては誰かにそのスキルを教えてもらうということが考えられます。

習い事に関しては必ずしも子供が行くものではありません。

大人になってからでもたくさんの方が沢山の先生のもとに習いに行くと言う事は普通に起こり得る話ですし向上心が高ければ高い人ほどこのような行動をとっていることが多いです。

よく考えてみれば子供の頃から勉強する時もそうですが何時に学校の先生と言う立場の人がいて何かを教えてくれていましたよね。

何かを学ぶ上で、教えてくれる人がいるという事はとても大事な事です。

独学よりも自分のペースを大事にできないかもしれませんが、迷うことなく正しい知識を与えてくれますので、迷っている時間が無駄にならずに済むからです。

幼少期から何か習い事をしている場合は身につくスキルが高い物になりますので、早い段階から興味がある事を伸ばすような育て方をしてあげると良いかもしれませんね。

2. 見て覚える

次にご紹介するスキルの身につけ方は見て覚えるという方法です。

これに関しては現在では比較的少ない傾向がありますが、少し昔の時代にはよくあったことです。

例えば具体的にどういうことかと言いますと、あなたが専門性の高い仕事に就職をしたとします。

例えば、いわゆる技術職と呼ばれるようなもので、職人さんと呼ばれるような人と現場で仕事をしている時を想像してみてください。

今では普通に教えてくれるかもしれませんが、人によっては技は見て盗めといって何も教えてくれないような事があったりします。

自分なりに考えて、実践していきながら技を磨かせるという方法であり、何度も何度もそのスキルを身近で見ながらこうではないか、ああではないかと自分なりに試しながら行って、見て覚える事によって最終的にそのスキルを身につけることができるという風になったりする場合があります。

一つ一つの細かい動作をよく観察してそれを覚えて実際に自分の動きと当てはめてできるようにするという事は、昔と比べると効率が悪いという事で少なくなっているかもしれませんが、極めるくらいまで技のレベルをあげるならば必ずここで学んだ知識は生かされます。

しっかりと内容を詰めて120%のスキルとして身に着けたいと思うのであれば、自分なりに考えてそのスキルを知り、向き合う事がとても大事な事だと理解できるはずです。

3. ひたすら経験を積む

次にご紹介するスキルの身につけ方はひたすら経験を積むという方法です。

先ほどご紹介した様に見て覚えるという方法もありますが、見て覚えるだけでは限界があります。

見て覚えるだけですぐに分かるのであれば、苦労はしません。

だからこそ見てしっかりと覚えた上で、それを幾度となく自分のものにするためにその動作を繰り返したりすることによって、ひたすら経験を積んで自分のものにできるようになります。

どれだけその物事に対する知識を身につけていたとしても、実際に行なってみろと言われた時に自分のイメージ通りに実現できる人はあまり多くはありません。

だからこそ知識を身につけた上で自分のイメージ通りに行うために実践を行うことが大切になります。

その点を踏まえるとひたすら経験を積むという事は、スキルを身につける上で非常に重要な要素であると考えることができます。

人によっては見て覚えるということと、ひたすら経験を積むということが因果関係に存在している、つまりセットで行っていると考える方もいるかもしれませんね。

スキルとして身に付けておきたい6個のこと

ここまではスキルを身につける方法についてご紹介していきました。

スキルを身につける方法も複数ありますが、考えてみれば私たちが日常生活で自然と行ってるようなことであったりする場合が多いです。

分からない事や出来るようになりたい事が無意識のうちに頭の中でイメージしたり
練習したりする事は当然のこととして行っているはずです。

あとはそれが難易度が高いか低いかの違いだけです。

スキルを身につける方法を正確に理解いただいたところで、ここからは実際にスキルとして身につけておきたいことや、資格について簡単にご紹介をしていきたいと思います。

世の中に存在しているスキルついては様々な種類が存在しており、どんなものを身につけるのかという事は自分の意志によります。

何を身につけるべきなのかという事は自分の頭の中で考えて自分が身につけたいと思ったものを選択して取得する必要性がありますので、人から何が良いとか何をすべきなのかと指示をされる様なものではありません。

しかしだからこそ需要があるものや自分が必要だと思うことを知ることが大切なのです。

なので一般的に身につけておきたいスキルについて知っておくことで、そのスキルに対しての理解を深めて、あとは自分が納得できるようであれば身に付ければ良いという考え方につなげることができますので、あくまで参考としてここからご紹介する内容をまずは知識としてインプットしてみてください。

その上で必要であれば、取得できるように自分なりに工夫してみてください。

1. コミュニケーションスキル

まずはじめにご紹介する身につけておきたいスキルは、コミュニケーションスキルです。

コミュニケーションスキルの重要性については冒頭でも簡単に触れましたが、コミュニケーションスキルがあることによって人との人間関係が円滑に行うことが出来ますし、たくさんの人と仲良く接することができます。

たくさんの人と仲良くすることができるということは、たくさんの人に恵まれるということが考えられますので、自分の長い人生においてたくさんの友人がいれば、当然楽しいことにも呼んでもらえますし、様々な場面で友達と楽しい時間を過ごすことによって自分の人生が充実していると感じることができます。

そして、コミュニケーションスキルがあるのかないのかという違いによって、仕事によっては非常に大きく結果が変わることも考えられます。

例えば外部の人間とよく接する様な職業にある人であれば、コミュニケーションスキルを持っていないとまず仕事になりませんし、高いコミュニケーションスキルを持っていれば高い実績を打ち出すこともできます。

例えば営業職などに配属されている方であれば、当然様々な人と話をして自社の商品やサービスの良さを相手に伝えていく仕事であると同時に、相手とコミュニケーションを図っていくことが絶対的に求められるので、仕事においても絶対的に必要な力であると考えることができます。

もちろん仕事以外の場面でもプライベートの面で大きく活かすことができるスキルなので、様々な分野で活躍できるということを踏まえると、身につけておきたいスキルであると判断することができます。

2. ビジネススキル

次にご紹介する身につけておきたいスキルは、ビジネススキルです。

ビジネススキルも仕事をする上で、必ず身につけておかなければいけない様なスキルです。

しかしビジネススキルと言っても、具体的にどの様なスキルのことを指し示している言葉なのか分かりづらいので、理解できていない方も多いと思います。

簡単にビジネススキルがどういうスキルなのかということをご紹介すると、ビジネススキルは3つのスキルに簡単に分けることができ、テクニカルスキルとヒューマンスキルとコンセプチュアルスキルと3つに分けることができます。

この3つのスキルについてですが、テクニカルスキルは業務遂行能力と言われています。

そしてヒューマンスキルは対人間能力であり、コンセプチュアルスキルは概念化能力と表現されています。

一般的にビジネススキルがテクニカルスキルと捉えられていることが多く、ビジネス関連の資格を取得するとスキルが上がると勘違いされがちですが、本来の意味は ビジネススキルは仕事内容によって変化するものであり、統一の意味を持っているものではありません。

なので今あなたが行っている仕事に関するビジネススキルは他の人と全く違うものであり、このビジネススキルをあなた自身がどういうものなのかと理解しておかなければいけません。

これが無ければ会社で生き延びるのは難しい

ビジネススキルを身につけておかなければ、会社で長く生き残っていくということはとても難しくなります。

なぜならビジネススキルが伴っていない人は能力が低いとみなされて、もしも会社の業績が悪くなってしまった時にクビにされる場合も考えられますし、仕事ができていなければその分周りの人間から叱責されることもありますので、自分の仕事に関するモチベーションの低下にもつながってしまいます。

なので、まずは自分が行っている仕事の最低限必要なスキルとして、どんなスキルが必要なのかと自分なりにビジネススキルについて考えを巡らせてみることが大切です。

技術職なのであれば、まずは技術を身に着ける事からすべてが始まりますし、サービス業なのであれば、ビジネスマナーやそのサービスに関する知識、経験、技術は最低限必要でしょう。

営業職ならサービスの知識、後は話術、コミュニケーションスキルなどなど、自分の仕事において必要なスキルの高い割合を占めているものから完璧にマスターしていけば必ず生き延びることができるはずです。

3. パソコンスキル

次にご紹介する身につけておきたいスキルは、パソコンスキルです。

パソコンスキルは現代にとっては絶対的に必要なスキルです。

なぜなら、今はパソコンがあって当たり前の時代であり、パソコンがないと仕事ができないような事はたくさんあります。

例えば、たくさんのデータなどを保存する場合、いちいち紙に描いたり、紙ベースの書類などを持参していたりする事はとても大変な事です。

営業の場などで必要な事だけを説明するだけなら問題ありませんが、書類を作ったり、管理するときには職場にパソコンは必要ですし、大元のデータなどを入れておかなければいけません。

このようにパソコンがないと出来ないような事や不便に感じるような事はたくさんありますので、ある程度パソコンを扱えるスキルを身に着けておかなければ社会でやっていけない可能性が高いです。

なので、スキルとしては高い優先度を誇っているスキルだと考えることが出来ます。

子供の習い事としても上位

パソコンスキルは、今では子供の習い事としても上位に入るほど人気があります。

それもそのはずで、社会に出た時に社会人としてパソコンを扱うことができない人はパソコンを覚えることから始めなければいけないので、パソコンが使える周りと比べると圧倒的に不利な立場に立たされてしまいます。

もちろんパソコンで何かのアプリを作ったり、プログラミング言語などを組むという話になると話は別ですが、基本的な操作方法であったり考え方などについては知っておかなければ今の時代はついていけません。

子供の頃から習い事として、ある程度パソコンと触れ合っている人はパソコン操作において自信を持って行うことができますので、苦手意識を払拭する意味でも今では子供の習い事としてかなり人気があります。

4. ヒューマンスキル

次にご紹介する身につけておきたいスキルは、ヒューマンスキルです。

先ほどビジネススキルの項目でもご紹介した通りですが、ヒューマンスキルは対人間能力の事です。

ヒューマンスキルに関しては、どちらかといえばコミュニケーションスキルとかなり近い存在であると認識いただければわかりやすいと思います。

コミュニケーションスキルとヒューマンスキルの違いに関しては、もし挙げるとすればヒューマンスキルがビジネスの場において求められる能力であり、例えばマネジメントの視点で考えると「統括する組織の業務が滞りなく遂行されるように個人や集団を導くような能力である」とも解釈することができます。

なので、より仕事の分野において特化した対人間能力と考えていただければ理解しやすいですよね。

人を観察したり分析できるスキル

ヒューマンスキルに関しては一言に言っても様々な能力が求められます。

例えば人を観察して分析をすることが求められる場合もあり、時には他人に対して自分自身が魅力的に見えるような工夫を行うことができる能力であったり、相手に対して上手に話を伝えることができるような能力であったり、相手に対して上手に交渉することができる能力を備えているかどうかという様々な能力を求められます。

人を観察して分析することによってその人に対して責任な仕事を割り振ることが出来ますし、自分自身が魅力的に見えるような立ち振舞いを知っておくことで、周りにいる人たちから一目置かれたりリーダーとして認めてもらうために必要だったりする場合もあります。

相手に対して上手に話を伝えることが出来る事は、相手との意思疎通が円満に測れますし、誤認識を防ぐことが出来ます。

相手に対して交渉する能力に長けているのであれば、様々な営業活動において成功する力を秘めています。

ヒューマンスキルは身に着ける事で、様々なことに対してメリットが存在しています。

それと同時に簡単に身につけられるようなものでもありませんので、ある程度継続して工夫と意識の高さが求められます。

しかし、身に着けておけばいつか必ず役に立つ能力なので、早い段階で身に着けておくように努力してみてください。

5. 語学スキル

次にご紹介する身につけておきたいスキルは語学スキルです。

語学スキルと言えば、例えば一番思いつきやすいのは英語だと思います。

英語に関しては今では世界共通語と言われている通り、どこの国でも用いる事ができれば困る事は少なくなります。

日本においても英語は日常生活で話したりしている事は一般的です。

また、グローバルな時代になっていますので、英語を用いなければ仕事ができないような職種なども存在しています。

知っておいて損はありませんし、誰でも身に着けている能力ではないので、大きな武器として自分自身の魅力として周りに知ってもらう事もできます。

まさに身に着けておけば様々な分野であなたの力になってくれますので、英語などの語学スキルは興味があれば身に着けておくといいと思います。

6. コンセプチュアルスキル

次にご紹介する身につけておきたいスキルは、コンセプチュアルスキルです。

先ほどご紹介したビジネススキルの項目でも触れましたが、コンセプチュアルスキルは概念化能力と表現されています。

概念化能力と聞けば少し難しく考えてしまうかもしれませんが、簡単に言えば論理的に考えることができるスキルであると認識することができます。

物事を論理的に考えられるかどうかという言葉ビジネススキルとしてもかなり重要なスキルであり、ビジネスに携わった事がある方であればわかると思いますが、MBAを取得するときにも論理的な思考方法はとても大事なもので根幹に位置する考え方です。

ビジネスの場面でもより活躍することが出来る思考方法として広く認知されており、アメリカなどでも一流の人間はMBAを持っていて当たり前と言われているくらい知られているスキルです。

概念化能力を身に着けておけば、物事の考え方もスムーズにいきますし、論理的に考える事ができれば相手に対して説明をする時にわかりやすく話をすることが出来ます。

これだけでも様々な場面で大きな効果がありますので、様々な場面に応用出来るスキルとして身に着けてみてください。