人生をより良くするには様々な事が大切であり、求められます。

例えば、生きる上では人との関わりは欠かせません。

一人で生きていくという寂しい人生よりも、たくさんの人と楽しく関わりを持っていられる人生の方がはるかに楽しい人生である事は明白です。

プライベートはもちろんのこと、プライベートだけではなくても仕事の面でも役に立ちます。

仕事をしていると様々な人との関わりはを持ちます。

コミュニケーションスキルや人と繋がりを持てるような性格をしていれば様々な人脈が作れると思いますし、コミュニケーションスキルがあるだけで周りの人と良い関係が築けるので人生を充実させるのは必要なスキルです。

このように人生においてはたくさんの身に着けておくべきスキルが存在しています。

もちろん絶対にそのスキルがなくてはいけないというものではないのですが、ある程度そのスキルがないと困ってしまうような物にもなります。

なので、早い段階で社会に出る前にいくつか必要なスキルをマスターしておけば、きっと良かったと思えるはずです。

なので、今回はスキルをテーマにして、身に着けておきたいことや資格などについてご紹介していきたいと思います。

スキルは多ければ多いほど良い!?

人生ではプライベートの時間と仕事に携わる時間が主になると思いますが、その二つの時間を考えるのであればその二つの時間に共通して良い影響を与えてくれるスキルをたくさん持っていれば持っているほど、あなたの人生がより華やかになり楽しい人生として演出してくれるはずです。

例えば先ほどご紹介しておに人と仲良くするスキル、いわゆるコミュニケーションスキルを持っているか持っていないかでその人の人生は全く変化するようになります。

友達が100人いる人と友達が数人しかいない人とでもやはり友達が100人いる方が様々な楽しい経験をすることが出来ますし自分の人生がより充実したものになるのは少し考えればわかることですよね。

それ以外にも何か自分だけの特別なスキルを持っていればそれをきっかけにしてたくさんの人脈を作ることが出来ますし、何かしら人生を楽しくさせるためのイベントに参加することができるかもしれません。

また当然ながら仕事に関する何かしらのスキルを持っていればそのスキルを持っているということにより会社から重宝してもらえることも考えられます。

そのように考えれば、当然スキルがたくさんあればあるほど貴重な人材として必要にしてくれる人が増えますし、可能性が増える結果となります。

可能性を増やすも減らすもすべて自分次第ですし、自分のスキルによって大きく何もかも変化するという事に気づく必要があります。

なので、若い時からスキルを増やす事に意識して意欲的に取り組むことが求められると考えて間違いないです。

1. スキルとは?


いかにスキルが様々な場面で必要であるかと言うことを簡単にご紹介して行きましたが、そもそもスキルとはいったい何なのかという方がいるかもしれませんね。

もちろんスキルという言葉の意味が分からない方もあまりいないと思うのですがスキルということの定義についてしっかりと理解している方はあまりいないかもしれません。

なんとなくスキルといえば技というような印象だけで終わってしまっており、スキルという言葉の本来の意味が抜けてしまっている場合なども考えられますので、ここからは簡単にスキルという言葉がどういう意味を持っているのかという事について簡単にご紹介していきたいと思います。

1. 訓練が必要なもの

まずはじめにご紹介するスキルという言葉の意味ですがスキルという言葉の意味は「訓練を通じて身に着けた能力」の事を指し示している言葉です。

なので、技といえば技なのですが、細かく考えると訓練を通じて身に着けるという部分が大事になります。

例えばあなたが何かスキルを持っているのか自分なりに考えてみてください。

おそらくあなたが自分自身で何かスキルを持っていると感じているのであればだいたいが自分の大切な時間を消費してそのスキルを習得するためにいくどとなく練習を行った経験があると思います。

もちろんスキルがすべて時間を消費して身につけたものなのかと言われればそうではないかもしれません。

例えばコミュニケーションスキルの様に普通に生活をしているなかで自然と培って行った様なスキルであれば特に自分の時間を割いて勉強したと言うものではないので訓練をしなくても自然と身につけていた力である場合は当然あります。

しかしながらスキルといえば他の人が持っていないような自分だけのものである場合が多いので他の人が身につけておらず自分だけが身につけているという状況を考えればやはり特殊な環境下で身につけたか自分だから身につけられたと考えることができます。

いずれにしても特別な力である事に変わりはありませんし、スキルを持っているという事はとても素晴らしい事なので、誇りに思うべきです。

2. 他の人にはなかなかできない特技


次にご紹介するスキルという言葉の意味ですがそもそもスキルというものは他の人にはなかなかできないような特技のことを指し示している場合が多いです。

例えば私達は日本人なので日本語を喋れて当たり前です。

今私たちが住んでいるのは日本なので当然身の回りにはたくさんの日本人が存在しておりほぼ出会う人の9割が日本人だと思います。

そのような環境下であなたは人に対して私は日本語を喋れるスキルを持っていると話をしますか?
おそらくそのような話をしたところで周りにいる人たちからすれば意味がわからないと判断されてしまいますよね。

それもそのはず日本人として生まれたらならば、日本語を喋ることができるのは当たり前ですし、スキルという言葉を使っているので、特殊な物かとおもいきや誰にでもできているような内容でもありますので、これまた意味がよくわからない話になってしまいます。

なので、スキルという言葉は広くたくさんの人が一般的に使えるようなものを指し示している言葉ではなく、他の人になかなかできないような特技の事を指し示していると認識する必要があります。

例えば、私はバク転が出来ると周りに言えば、それは周りの人が全員できるものではないので、特技となり、れっきとしたあなたのスキルとして認めてもらう事が出来ます。

スキルの見えない前提には、(他人ができないような特技である)という意味が含まれている事を知ってください。

3. 身体を使うものと知力を使うものがある

次にご紹介するスキルという言葉の意味ですがそもそもスキルというものは大きく2つに分けることができます。

具体的にどういうことかと言いますと、まず身体を使う特技と自分の頭の知力を使って行うスキルを二つの種類が存在しています。

例えば先ほどご紹介したバク転をすることができるという特技をあなたが持っていただきます。

バク転をすることができるということは他の人には出来ない様な進退能力が身についており上手に身体を使うことができるスキルを身につけているということです。

つまりバク転をすることができるという特技は身体を使う特技と考えることができます。

それに反して、あなたが持っている別の特技として弁護士の資格を持っていたとします。

弁護士の資格を持っているという事は、弁護士になるための必要な知識を身に着けており、史上最大の試験といわれる司法試験を合格するだけの知力を持っているという事の照明にもなります。

つまり弁護士の資格を持っているということはそれに準じた知識を持っているということでもありそれに伴った法律についても熟知しているという考えができますので、弁護士の資格を持っているという事は自分の頭の知力を使うスキルを持っていると考えることができます。

このようにして人間が持っているスキルは身体的なものと知力的なものとに分けることができるということは理解してください。

難易度は関係しているかもしれませんが、これらはどちらもすごい事です。

どちらが劣っているとか、どちらの方が優れているというものでもありません。

これも個性であり、違いです。

希少価値の高い人間になりたいのであれば、スキルをたくさん身に着けて需要の高い人材になれるように日々努力する事が求められるという事を認識してください。

4. 資格認定されているものも

次にご紹介するスキルという言葉の意味ですが、スキルには資格認定されているものをたくさんあります。

これに関しては今更かもしれませんが先ほどご紹介したように、例えば弁護士の資格を持っていたとするならば、それは弁護士になることができる資格を有していると言うことに他なりませんので資格認定されているものに含まれます。

そして方やバク転をすることができるというスキルに関してはこれは一般的に資格として認められている様なものではないので資格認定はされていないと判断することができます。

資格として認められている物はたくさんありますが、資格として認めていないような事もたくさんあります。

一般的には資格として取得できるものに対してはそれに準じた分野での貢献をすることが出来る事と同一に考ええることが出来ます。

つまり、資格を取得していなければある分野で仕事をすることが出来ない、携わることが出来ないという風になっている場合が多いです。

例えば、行政関係の手続きの代行をしている行政書士など、その資格を有していなければできないような仕事が多数存在しています。

資格を取得するのは、資格自体の難易度にも関わってくるので、内容によって難しさや日数などは異なりますが、専門分野に特化した資格を取得している人間は需要も高く、なおかつ仕事をする上で困る事が少なくなります。

現代においても資格を取得するために学校に通ったり、プライベートの時間を犠牲にして頑張っている方はたくさんいます。

なので、何か自分の武器となるような資格をひとつでも取得していれば自分を助けてくれる場面があるかもしれませんよ。

2. スキルの身につけ方

ここまではスキルというものがどういうものなのかということやスキルがどのような種類があるのかという事に関してご紹介していきました。

簡単に数日で身に付けられる様なスキルもあれば、何日は何年もかかって初めて身に付けられる様なスキルも存在しています。

スキルの内容によって当然難易度が変わるのでこれは当たり前の話です。

例えば日商簿記3級を取得しようと思えばおそらく1ヶ月ほどの時間があれば難なく資格を取得することができる場合が多いのですが、会計士の資格の最高難易度の公認会計士の資格を取得する場合は2.3年かかる場合があります。

難易度によって身に着けるまでの時間が違うという事は最低限スキルを身に着ける上で理解しておかなければいけません。

そしてさらに理解していただけなければいけない点が存在しておりそれはスキルの身につけ方です。

スキルを身につけている方がすべて独学で自分で学んでいるのか、と言われればそうではありませんよね。

スキルを身に付ける方法は様々な方法が存在していますので、自分に合ったスキルの身に付け方を選択する必要があります。

なので、ここからはスキルの身に付け方についていくつかご紹介をしていきたいと思いますので、これから何かのスキルを身に付けたいと思っている方や将来的に何らかのスキルを身に付ける予定があるという方については、様々なスキルの身につけ方を正しく理解してください。

そして、自分に一番合った方法のスキルの身に付け方を選択して後悔がないようにこれからの人生を歩んでいけるように考えてみてください。

1. 習いに行く

まずはじめにご紹介するスキルの身につけ方はそのスキルを習いに行くと言う方法が存在しています。

これに関しては広く一般的に知られていると思いますが、例えばあなたが子供の時にいくつか習い事をしていたという方はたくさんいると思います。

例えば子供の頃の習い事としてよくあげられるのは男の子であれば水泳や器械体操などのスポーツ系が多く、それ以外にもサッカーや野球やバスケなども当てはまる場合が多いです。

女の子であれば、ピアノやバレエ、器械体操などが多いと思いますし、男女共通として習字などを習ったりする場面が多かったりすると思います。

これらに関しては全て習い事でありある場所に集まって指導してくれる先生の指示のもと様々なことを勉強して自分のスキルとして身につけるための訓練を行っていたと思います。

このようにスキルを身に着ける一般的な考えられる方法としては誰かにそのスキルを教えてもらうということが考えられます。

習い事に関しては必ずしも子供が行くものではありません。

大人になってからでもたくさんの方が沢山の先生のもとに習いに行くと言う事は普通に起こり得る話ですし向上心が高ければ高い人ほどこのような行動をとっていることが多いです。

よく考えてみれば子供の頃から勉強する時もそうですが何時に学校の先生と言う立場の人がいて何かを教えてくれていましたよね。

何かを学ぶ上で、教えてくれる人がいるという事はとても大事な事です。

独学よりも自分のペースを大事にできないかもしれませんが、迷うことなく正しい知識を与えてくれますので、迷っている時間が無駄にならずに済むからです。

幼少期から何か習い事をしている場合は身につくスキルが高い物になりますので、早い段階から興味がある事を伸ばすような育て方をしてあげると良いかもしれませんね。