今回は、「そもそも付き合うとは?」の意味についてお話ししていこうと思います。

「私たち、付き合ってるのかな?」
交際中のカップルや、あるいは交際前のカップルがぶつかる「付き合う」問題。

手をつないだら?好きと告白されたら?キスをしたら?
様々な疑問を抱きながら日々悶々とする男女たち。

これを知っていれば、今までのように悩み苦しむことも少なくなりますし、恋愛関係において有利なことも増えることでしょう。

「付き合ってください!」
と告白されてすっきりすることだと思います。

今まで相談する側だったのに、相談される側に立場逆転していい思いができるかもしれません。

しかし逆にこれを知らなければ、いつまでも友人同士で「付き合ってるのかな。」と同じ話題で退屈させてしまいますし、友人関係も殺伐としてきて飽きられてしまうこともあるかもしれません。

相思相愛の彼氏彼女になりきれないまま、ただただ時間の無駄が増えていくばかり。

しまいには、
「付き合うってもうめんどくさい!」
といって恋愛から逃げてしまう原因を作ってしまう事態になりかねません。

そうなりたくないですよね!
そうならないために、疑問をここではっきりさせてしまいます!!

付き合うって一体なんだろう

そもそも、世間一般の「付き合う」とは、「互いをパートナーとして認め合い、互いを幸せにしようと努力すること」です。

どちらか一方だけが付き合っていると思っていても、それは付き合っていると言いません。

互いが思いあっていてこそ成り立つ関係なのです。

そして問題なのが、付き合うということが、婚約のように契約というものが交わされないということです。

「付き合おう」という言葉がなくても、双方がパートナーとして自覚していれば、それはお付き合いのスタート。

手をつないだり、キスをしたり、あるいはセックスしたり。

どのタイミングが付き合うことのスタートになるかは、互いの気持ちによって変わるので、私たちは誤解しやすいんですね。

「これをしたら付き合っている!」
というはっきりとした決まりがないわけなので困惑しても当然です。

しかし、別れる時には「別れたい」という言葉が必要なので余計に大変。

始まりには言葉を必ずしも必要でないのに、別れには言葉がいるなんて不思議ですよね。

どちらがもう付き合っていないと思っていても、別れの言葉が交わされていなければ、それはまだ「付き合っている」ことになってしまうんです。

付き合うって、想像以上に難しいことなんですね。

年齢、世代によって異なる?


付き合うことの始まりが、双方をパートナーとして認めていることとお話ししましたが、これはどの年代でも同じことです。

しかし、付き合う中で果たされる義務や慣行は、年齢によっても異なってきます。

中学、高校生の付き合う

・学校帰りに一緒に帰ったり、彼氏あるいは彼女の部活の応援に行く。

・テスト前には一緒に図書館やどちらかの家で勉強を教えあう。

・学校帰りの公園でこっそりキスをする。

など、義務教育のさなかであるため、学校を中心とした関係になることが多いです。

大学生の付き合う


・旅行やイベントなど、時間を持て余したデートをする。

・どちらかの家に泊まり体の関係が始まる。

・イベント時にはアルバイトで稼いだプレゼントを交換し合う。

人生の夏休みである大学生時代は、自由な恋愛を謳歌する傾向に。

20代社会人の付き合う

・互いの休日にデートに出かける。

・仕事を軸とし、節度のある時間やコストのデートになる
・女性は結婚を意識し始め身を固めだす
学生時代のように時間がないので、限られた時間に充実を求めるようになります。

30代の付き合う

・体から始まる恋愛もありになってくる
・恋愛慣れしてきて、付き合うまでのスピードが上がる
男性は結婚適齢期、女性は勝負の時期なので、互いに焦りだす時期とも言えます。

40代以上の付き合う

・本当にこの人でいいのか、疑いが芽生え始める
・一人でいるのも意外と悪くないと思うようになってくるがまだチャンスがあると嬉しい
若さも徐々になくなってきて、自分に自信がなくなってきますが、まだ恋はしていたいと思う頃。

付き合うために必要なものは?

一言に付き合うと言っても、理想の人と付き合うためには必要なものがあるのが現実。

けれども、いまいち何が必要なのかわからないという人はぜひこれらを参考にしてください!

一番大事なのは清潔さ!肌が綺麗だと男女ともにウケがいいです。

表情が豊かで笑顔だとさらに好感度アップ!
第一印象はやはり顔、表情からなので、せめて挨拶の時くらいはニッコリ笑えるように、鏡の前で練習してみてもいいかもしれませんね。

女性のメイクなら、眉にこだわるのも一つの手です。

鼻の頭と目じりの延長線に眉尻がくるようにすると、顔立ちがはっきりして印象に残りやすくなります。

男性も同様、つながりそうなボーボー眉毛は女性から敬遠されますので、不自然にならない程度に整えましょう。

性格

これは相性によるのでこの性格だと良いということは一概には言えません。

好きな相手の性格と似ていて二人が心地よければオーライですし、性格が真逆でも、二人が良ければそれでいいのです。

性格が原因でぶつかることがあったとしても、それを修復できる関係を作っていけるかどうかの問題なので、臨機応変に対応するのがベストと言えるでしょう。

ですが、人によって態度を変えない、最低限の礼儀(お礼が言える、いただきますやごちそうさまが言える)がなっているなど人として当たり前のことはできるようにしておきましょう。

身体

女性であれば、ガリガリすぎるのは好ましくありません。

モデルのような体型を目指して、過剰なダイエットをしたりエステに通ったりする女性がいますが、まるで棒のような脚を見てそそられる男性は少ないです。

ふわふわで丸い胸、張りのあるぷるんとしたヒップ、手を回したくなるようなくびれたウエストなど、メリハリのある曲線美を意識するようにしましょう。

第一条件は、男性が触りたくなるか否かです。

塗りたくったファンデーションやリップグロスもも良くありません。

作り上げた顔は不自然さも作ってしまい、男性からキスしたいと思ってもらえなくなります。

「この人とキスしたらグロスがつきそう・・・」
「なんかグロス塗りすぎて唇てんぷら油みたいになってない・・・?」
と男性から敬遠されがちです。

化粧でカバーしようと必死になるより、化粧が薄くても美しいと思ってもらえるような美肌作りに力を入れた方が良いでしょう。

と言われると、張り切って高い化粧品を奮発して買う人が多いですが、違います。

高い化粧品を使ったら良いというわけではなく、食事を見直すことだったり、睡眠時間や入浴時間の見直しだったり、美肌になるためのエッセンスは普段の生活に隠れているのです。

お金をかけて失敗したときかなり頑張る気が萎えてしまうので、まずは身近なことから始めていきましょう。

服装としては、露出しすぎない品の良い服装だと男性からも良い評価をもらえますよ。

色気は、露出すれば出るというものではありません。

言葉のチョイスであったり、知識であったり、ふいに見せる優しさ、見えそうで見えない胸の谷間、うるうるな唇など、少しのところをケアしていけば自然と出てくるものです。

露出のし過ぎはむしろ下品な女性のイメージを抱かせるので、寄ってくる男性も従って下品な男性になるので要注意です!
男性も同様清潔感重視で、ひげボーボー、寝ぐせがついていては、せっかくの相手も逃げてしまいます。

起きた後、顔洗っていますか?
キスできるように口臭ケアしていますか?
ひげをそった後の肌は荒れていませんか?
ニキビだらけの肌になっていませんか?
ラーメンばかりの食生活になっていませんか?
果たして今の見た目で可愛い女の子を抱けるのかを意識してみてください。

毛玉だらけの服にも注意しましょう。

気づけばお気に入りのセーターが毛玉だらけになることはよくあることです。

パンツも、せっかくのデートなのに学生が履くようなスウェットで出かけては、彼女もドン引きしますし、トータルでバランスがなっているか、鏡の前でチェックしてみましょう。

筋肉は、あれば良いですが、ゴリゴリのマッスルマンは苦手という女性も多いですし、細マッチョくらいがちょうどいいという女性も多数います。

筋肉は、トレーニングすればいつからでも変えていけるものなので、付き合ってみてから理想のボディになるのも遅くないと思いますよ。

地位

女性は地位が高すぎると、男性からは敬遠されがちです。

女医やチーフマネージャー、弁護士など、たとえ若くても職種が男性より年収がいい職業だと、どれだけ
「この子いいな!」
と思っていても、こんないい仕事している彼女のことを幸せにする自信がなくなってくるのです。

というのも、男性は自分がパートナーよりも劣っていると感じたくないからです。

彼女にとってカッコイイ自分でありたいので、自分より年収が高い女性は、最初の自己紹介の段階で意中から外されてしまうかもしれません。

女性の社会進出が謳われているついこの頃ですが、まだまだ男尊女卑の考えをしている男性は多いと思われます。

結婚したら、家事をして家庭を守ってくれる優しい妻に憧れている男性は多いはず。

地位が高い女性は、同じように地位が高い男性でないと釣り合わないというリスクがあるので注意。

もちろん、彼女の方がバリバリ働いて、旦那が家事をしているカップルだっています。

要は二人が話し合って納得しているのであれば、問題ありません。

男性の場合、地位が高いに越したことはありませんが、結婚適齢期に地位が高い人の方が珍しいですし、高すぎず低すぎず普通くらいが一番女性からも安心されることでしょう。

収入

学生時代の時のように、ただ好きだからという理由で恋愛するのが難しくなってくるのが結婚適齢期。

この時期には、地位だけで飛びついてくる女性だってたくさんいます。

子どもや親を守るため、やはり愛だけでは生活できないと感じてきて、どうせ結婚するならお金がある方がいいと思うようになってきます。

ですので、年収が高い男性は、そういいった女性を見抜く目を持つことも大切です。

お金目当てなのか、本当に自分という存在を好きになってくれているのか、お金がある男性はわからなくなってくるからです。

自分の収入を効率的に二人で使うことができるのか、また彼女の普段の金遣いの荒さをよくよく確かめること!
男性は最低限生活できるだけのお金があれば、あとは性格や外見である程度の女性とお付き合いができるのではないかと思うので、ばりばり仕事に精を出すだけではなく、自分磨きにも時間をかけてみるのもいいかもしれませんね。

付き合うために注意すべきことは?

いざ付き合うとなった時に、注意してほしいことがあります。

これを知っていれば、ひどい振られ方をしてショックで立ち直れないこともなくなりますし、付き合うまでに焦ることなく彼氏彼女の関係になることができます。

「この人、前に付き合っていた人より心地いいかも!付き合ってよかった!」
と容易に思ってもらうことができます。

ドラマで見たありえないようなのろけ話だって、友人にできることでしょう。

逆にこれを知らなければ、
「なんかあの人気持ち悪いんだけど!」
と周囲から気持ち悪がられてモテとは程遠い存在になってしまいます。

人の扱い方がわからなくなって、恋愛だけではなく仕事や友人関係までうまくいかなくなることでしょう。

そうならないために知ってほしいことはこれです!

相手の気持ちを理解する

相手が喜んでくれているのか、嫌がっているのか、これは二人で時間を過ごしていれば徐々にわかってくることです。

自分がされて嫌なことは相手にもしないという教訓があるように、相手の気持ちにたって考えることが大事になってきます。

ついつい恋愛になると、人はわがままになりがち。

自分の「好き」という気持ちが先行して、普段冷静なときなら言わないような言葉で相手を傷つけてしまったり、相手の嫌というサインを見逃してしまいがちです。

そんな時こそ、深呼吸して気持ちを落ち着かせるのがポイント。

また、夜の心身ともに疲れている時に決断しようとするのもNG。

落ち着いて、相手の表情や言葉に注意深く耳を傾けてみましょう。

好ましいオーラか、嫌がっているオーラかを感じ取れるようになってきますよ。

また、もし二人がお付き合いすることができてからの話ですが、お互いの価値観について、話し合う機会を作ってみるのもよいです。

何を大切にしていて、これからの人生どう生きていきたいか。

今の仕事に満足しているか、お互いの会う頻度に満足しているか、どんなお年寄りになりたいかなどなど。

どんなテーマだっていいです。

ただただ近況報告をし、体を重ねデートに繰り出すだけの関係ではなく、さらに互いの深い部分までを理解する機会を作り出すことで、今までにはない安心感を得ることができます。

どんなに歩み寄っても二人が赤の他人であることに変わりはありませんが、考えを共有することでより良い関係を作ることができます。

「なんかこんな話するのも恥ずかしいな・・・」
そう思っているときは、話し合うタイミングがきているという合図ですので、ぜひ二人だけの濃厚な時間を作ってみてください!