社会人として働いている方の中には、ある程度の向上心を持っている方が多いと思います。

女性は結婚をして子育てや家事などがあるので、そのまま退社するという場合なども多いので、男性の方が定年まで働きつづけるという意味で向上心を強く持っている場合が多いです。

向上心を持って今の立場よりももっと上の立場になりたいと思っている方は全員ではないにしても、割合としては多く存在し、それは役職が上がれば自分自身の待遇が上がるという事も理由の一つだと考えることが出来ます。

それ以外にも、仕事に情熱をもって携わるという事で、人生の充実ややりがいなどを感じるために行っている人も多いと思います。

中には管理職になると残業代が出ないし、責任も増えるからやりたくないという人もいるかもしれませんが、割合としてはやはり上にのぼりつめたいと思っている方の方が多いと思います。

男性はいずれ結婚した相手や子どもを養っていかなければいけないという使命がありますので、ある程度お金を稼がなければいけないと思っている方も多いので、当然といえば当然の考え方ですし、やはり目標などを持っていた方が仕事もやる気が出ますので、とても大事な事でもあります。

さて、今回はそんな役職という言葉をテーマにして、あらためて役職にはどういった役職が存在するのか?という事をご紹介していきたいと思います。

️役職ってなに?

社会人としてある程度長く働いている方にとっては役職という言葉は普段から聞き慣れている言葉だと思いますが、まだ社会人として働いたことが無い方が学生の方にとっては役職がどういうものがあるのかあまり分かっていない方も多いと思います。

役職と聞いてあなたが想像することはどういった言葉だと思いますか?
社会人経験がある方は一般的な会社の役職に関しては答えることができると思いますが、まだ社会人経験がなければ社長とか役員、専務といったような比較的上の立場のキーワードくらいしか想像できない方も多いと思います。

会社に入る前にある程度の役職の意味合いくらいは知っておいた方が、実際に会社に入った時に覚えなくて済みますし、どういう立場の人が偉いのか、という事にも関連してその場で適切な行動がとれるようにもなります。

役職を覚えていないと、どちらを立てるべきかという事などもわからないと思いますし、混乱してしまって曖昧な態度を取ってしまうと失礼になってしまいますので、まだはっきりと役職について理解していない方はこの機会にどのような役職があり、どういう立場なのかという事を改めて理解するようにしてください。

役職とは


まずはあまり役職と言う言葉に関して詳しくない方のために役職と言う言葉のそもそもの意味合いについてご紹介していきます。

役職という言葉は役名は職務のことを表している言葉であり一般的に管理職のことを指し示している言葉です。

役職の中には特に組織の最上位の意思決定機関の構成員である場合には役員と呼ばれることも多いです。

例えば取締役会などで発言権を持っていたり、そもそもそこに参加できる人間のことを意味している言葉でもあります。

役職は一般的に何らかの責任と職権を伴うということでも表すことができますがすっかり消えてしまっていてそれらが実際伴っていないようないわゆるお飾りの役職も世の中には存在しているのが事実です。

なので、役職がついていても実際には中身がないような人がいるのも現実的にはあり得ると言うことを理解してください。

しかしながら一般的にはある程度仕事ができる人間であったり仕事についての知識が豊富な人間が役職を与えられてリーダーとなって物事を遂行していく場合がほとんどです。

細い役職の区分もありますが役職が付いていれば自分の名刺にも役職が記載されていたりするなどして周りから見てもある程度責任がある立場の人なんだなと言うことが一目でわかるようになっていますので、その立場に憧れて仕事を頑張っている人も多く存在していますし、単純に役職がつけばそれなりの手当てが追加されたり給料が上がったりするというような待遇の面で意識して役職を目指す方もたくさんいます。

会社にはどんな役職があるの?

役職の意味合いについて簡単にご紹介しましたが具体的に役職と言っても様々な立場が存在するのでとても幅広い意味を持っている言葉としても用いることができます。

役職について詳しくない方はどのような役職があるのかと言うことがわからないと思いますので実際に存在してある役職についてもこれから詳しくご紹介していきたいと思います。

ある程度の役職を知っておけばそれなりの上下関係についても把握することが出来ますし、自分が最終的にどの位の役職に就きたいのかという目標を定める事にも繋げることができますので、知っていて損になるようなことは絶対にありません。

むしろ社会人として活躍するのであれば基本的には知っておかなければ恥ずかしいようなことでもあります。

例えば自分自身が社外に出てたくさんの人と交流をしていく中で時には役職を与えられている人間と接することもあると思います。

その時に相手の役職について把握しておかなければ時には相手に失礼な言葉を投げてしまうこともありますので会社員として働くのであれば必ず知っておいてください。

️実際にある役職14個


ここからは具体的にどのようで役職があるのかということをそれぞれの役職別にご紹介していきたいと思います。

しかしながらここからご紹介するものはあくまで一般論であって実際の会社や会社の規模によって全く内容が違う場合などもあります。

例えば従業員が何千人もいるような大企業と従業員が10人程度にしか見てない小規模な会社を比較したときにそれぞれの役職がご紹介されないように当てはまるかといえば大きく違ってくる面も存在するからです。

なのであくまで一般論として物事を受け止めて実際に自分が所属している会社の規模によってその役目などは異なってくる可能性があるということは十分に理解した上で確認してみてください。

そして、ここからご紹介する役職の中には小規模な会社ではそのポスト自体が存在しないということなどもあります。

なので、自分の会社がどういう役職があって、どういう役目をしているんだろう、という事なども考えながら見てみるとより詳しく理解できるようになるかと思いますので、想像しながら確認してみると良いと思います。

取締役会長

まずはじめにご紹介する役職は取締役会長です。

取締役会長とあなたはどういう立場の人間を想像しますか?
おそらくその名前からかなり上の立場の人だろうと想像することは簡単に出来ると思いますが、取締役会長はその名前の通り会長なので会社の中でも強い決定権を持っている人間になります。

言ってみれば会社を代表する必要的調節器官であると言うことが理解いただきます。

取締役とは会社において内部的な業務執行を行うという立場も存在しており、内部的職制を有する取締役として認識することができます。

よくドラマの中でもある程度年配の男性が周りの会社員から会長と呼ばれて崇められている姿を見かけることがあると思いますがまさにそれが取締役会中であり会社のトップであるということを想像することができます。

会社のトップなのでどのように今後会社を展開していき会社を潤していくかということを常に考えながら仕事を行って行く一番責任が存在している立場であると考えることができます。

代表取締役

次にご紹介する役職は代表取締役です。

代表取締役については取締役会設置会社と任意に代表取締役設置を決めた取締役会非設置会社において内部的な業務執行を行うとともに対外的に会社を代表する機関であると言われています。

取締役会を設置しなければいけない会社にとっては設置が義務付けられている必要的除雪機関であり、その一方で取締役会非設置会社においては原則として各取締役が会社の代表権を有しています。

なので代表取締役については定款に定める事で任意に設置をすることができるという解釈をすることができます。

つまり会社によっては代表取締役を立てなくても問題ないと言う会社が存在するということです。

また委員会設置会社においては取締役には業務執行権がなく代表権は代表執行役が有しているため代表取締役は設置できないと言う事も存在しています。

代表取締役という役職を与えられている人間は基本的には社長や会長や副社長や専務そして常務などの肩書きを有している取締役や、役付取締役は代表権を持っていることが多いです。

これらの役職名は法律上に規定されたものではなく必ずしも代表取締役という言葉で表現されるわけではないので会社によっては様々な呼び名が存在しているということも理解しておいてください。

会長が存在している会社では、会長の次に決定権を持っていると考えることが出来るポジションです。

多くの男性がこのポジションに対して憧れを持っている方も多いと思いますが、この立場になると図り切れない責任が伴いポジションでもありますので、精神的に相当な辛さが伴う事も覚悟しておかなければいけないポジションだと認識してください。

取締役

次にご紹介する役職は取締役です。

もともとは取締役に関しては基本的に全ての株式会社に必ず置かなければいけない機関でした。

なので株式会社においては取締役が存在しない会社というものは存在しませんでした。

取締役が何らかの責任によって解雇されたり立場を消されたりした瞬間はポストが空いたとしてもすぐにそのポストは次に任命される人間が就かなければいけないポジションであるという事が判断できると思います。

取締役会非設置会社においては対内的に会社の業務執行を行う対外的に会社を代表するものであり取締役会設置会社においては会社の業務執行の決定機関である取締役会の構成員であるという考えを持つことができます。

しかし、2006年5月に施行された会社法により取締役会の設置が原則として任意になり機関設計により取締役の権限が異なるようになってからは一義的な定義はとても困難になっています。

なので、取締役会を設置するのか設置しないのかということによって大きくその立場や権限なども変わってくるものなので定義を述べることがとても難しい部分にはなります。

とても複雑な役職になりますので基本的には取締役という肩書きを持っている男性は役員として相当なお偉いさんである、という気持ちをもって接するようにすれば間違いは起きないと思います。

執行役員

次にご紹介する役職は執行役員です。

会長や代表取締役という役職に関してはある程度聞いても想像することが簡単に出来ると思いますが取締役や執行役員と言う言葉に関してはどちらも似ている言葉だったりするのでなんとなく区別がつかなくなってしまう方も多いと思います。

簡単に取締役と執行役員の違いを述べるとすれば取締役は会社の重要事項や方針を決定する権限を持っているのに比べて、執行役員と言う役職はその名前の通り何かを執行するという意味を持っているので、会社の中で決定した重要事項を実行する役割を持っていると認識する必要があります。

つまり重要事項や方針を決定する権限は持っていないということが判別できます。

つまり取締役と執行役員を比べると取締役の方が決定権を持っている分立場としては偉いということがわかります。

そして意味を理解すればわかると思いますが取締役が決めた事を執行役員がその後手足になって行動するため完全に下の立場であるという事も理解いただけると思います。

そして執行役員と言う言葉に関しては法律上の明確な位置付けは存在していません。

つまり意外かもしれませんが、結果的には単なる敬称であり従業員であるということになります。

そもそも役職には3種類存在しており会社法や商業登記法で定められている役職である場合か、単なる社内外の敬称として用いられてる場合か、法人税法で定められている役職の3種類が存在しています。

なのでこの場合は単なる社内外の敬称として用いられている言葉であると判断することができます。

しかしながら執行役員が他社の従業員であるから来ないのかと言われればそんなことはありません。

一般的に存在している役職である本部長や事業部長、部長、次長、課長、係長、主任といったそれぞれの役職のトップである存在と考えることもできます。

社長

次にご紹介する役職は社長です。

社長という呼び名は会社や社団における最高責任者の呼び名です。

社長と言う言葉は一般的には会社が定める職制において第三者に対して会社を代表するとともに、会社内部で業務執行を指揮する役職のことを意味しています。

社長や副社長の肩書は会社が定める植生に基づく名称であるため会社法には社長の設置等選任及び解任や役割権限義務なのに関する規定はありません。

かなり複雑な定義なので、わからないという方も多いと思いますが、社長が業務執行ラインのトップで会長は業務遂行にならない場合もあれば、会長が業務執行ラインのトップであり社長が次席となる場合もあったりするなど会社によって結局は全く違う状況になってしまうと言うことを理解する必要があります。

CEO

次にご紹介する役職はCEOです
ある程度を会社員としての経験がある方はCEOという言葉を聞いてぱっと思いつくと思いますが社会経験がない方にとっては全くわからない言葉だと思います。

そもそもCEOと呼ばれる人間は最高経営責任者として認識されています。

なぜCEOと呼ばれるかについてはそれはリアクションされた言葉であり chief executive officer という言葉でCEOと呼ばれています。

元々はアメリカ合衆国内の法人企業においての呼び名であり、アメリカ合衆国内の法人において理事会の指揮のもとで法人全ての業務執行を統括する役員と執行役員又は執行役の名称若しくは最高経営責任者として選任された人物のことを意味されている言葉です。

なのでCEOという言葉でも、役員なのか、執行役員なのか、執行役なのかは会社によって変わると考えることが出来ます。

最高経営責任者であるCEOを決定するのは先ほど述べたように理事会によって選任される場合もあったり、社員総会で選任される場合もあったりするなど様々な状況が考えられます。

元々はアメリカから来た言葉ですが今の日本でもCEOと言う言葉を使ってその立場を表している会社はとても多いです。

会社法349条の規定によってあくまでも会社の代表権を持っているのは取締役又は代表取締役委員会設置会社については代表執行役として定められており、最高経営責任者であるCEOや最高執行責任者であるCOOそして最高財務責任者であるCFOなどの名称の役員の権限や責任法的な裏付けは何もないということになっています。

つまり社長や会長と同様に会社の内部的植生の名称でしかないということが判断できます。

実際に取締役会長をCFOが、社長をCOOが行ったりしているケースなどもアメリカではあるそうです。

副社長

次にご紹介する役職は副社長です。

副社長という言葉を聞けば単純にその名前から社長の次に偉い人というイメージを持っている方も多いと思います。

確かにその名前の通り社長の次に社長のポストに一番近い人間として認識されていることが多いです。

元々副社長と言う言葉は会社において社長に準ずる地位やポジションにあるものを指し示す言葉でありあくまで会社が定める植生の故障であり株式会社などの会社組織において専務より上で社長より下のポジションを有する役職のことを指し示している言葉です。

つまり整理すると社長 副社長 専務という順番で偉いという事が一般的に判断できます。

そして通常は取締役(代表取締役)や執行役(代表執行役)であることが多いです。

大規模な企業では2人以上置いている場合などもありますが、小規模な会社であればそもそも存在していないという事などもあり得ます。

なので、会社の規模によって変わるという事を覚えておいてください。

外資系企業などにおいては副社長の役職をexective vice president という言葉で表現することができますが、実際は日本においての副社長の役職よりも下の立場である事などが多いといわれています。

会社によって結局大きく変わるという事を念頭にして理解してください。

COO

次にご紹介する役職はCOOです。

COOは先ほどご紹介したCEOという言葉と似ていますが、CEOが最高経営責任者であるのに対し、COOは最高執行責任者という意味合いを持っています。

COOは Chife Operating Officer の略称として用いられています。

CFOやCOOは会長や社長とは異なるものですがアメリカでは会長がCEOを社長がCOOを兼務しているケースがとても多く見られています。

日本でも取り入れてる企業はありますが先ほどCEOの項目でもご紹介した通り、会社の代表権はあくまで取締役会代表取締役若しくは委員会設置会社においては代表執行役が有しているので、単なる会社内での呼称に過ぎないということを覚えておいてください。

専務

次にご紹介する役職は専務です。

よくドラマなどでも専務というポジションの人間が存在して会社のお偉いさんを演じていることがあると思いますのでたくさんの方が専務という言葉について知っていると思います。

頭の中が混乱している人も多いと思いますので、簡単に言えば、会長、社長、副社長、専務、常務…という立場の人間が役員と呼ばれるポジションになり、それ以下の従業員の中では執行役員、本部長、部長…という風に役職が与えられているという事を理解してください。

なので、専務は役員の中でも比較的下のクラスの役職であるという事が理解いただけると思います。

しかし、単純に従業員にとっては雲の上のような存在である、相当なお偉いさんである事に変わりはありませんので、その点は勘違いしないようにしてください。

なので結論から言えば役員は従業員ではありません。

従業員から叩き上げで上がって行った役員も一般的ですが実際は彼らも役員になるにあたっては一度その会社を退職する必要があります。

これが意外かもしれませんが、役員とは会社経営や執行についてその法人と準委任契約を締結した出入り個人事業主という位置づけとして考えてください。

専務という言葉自体も単なる順序づけの言葉にすぎないので、会社によっては専務や常務を置かないような会社もあります。

常務

次にご紹介する役職は常務です。

常務という役職については先ほどご紹介した専務と言う言葉と似ている言葉なので混合してしまいやすいかもしれませんが専務と常務と言う言葉を考えた時に専務の方が立場が上です。

つまり常務は専務の下に位置している立場であり、明確な違いを考えるとすると、専務は会社の意思決定などにおいて社長補佐したり会社の管理や提督業務を行ったりすることが多くなっており、常務は日常的な業務執行を行いつつ経営幹部として社長補佐する役割を行っています。

つまり、日常的な業務内容を遂行していると考えると、役員の中ではかなり下の地位に存在するポジションであるという認識を持つことが出来ます。

ここまで何度もご紹介した通り、会社の組織が会社法という法律に基づいた組織にする必要があり取締役や執行役などに関しては法律的根拠があるので法律に則ってそのポジションが存在していますが、専務屋常務と言う言葉に関しては法律的根拠があるわけではないので設定している会社と設定してない会社に分かれます。

あくまで会社内の呼び名であるという言葉理解するようにしてください。

部長

次にご紹介する役職は部長です。

部長という言葉は子供ながらにしても部活などでリーダーを務める人を部長と呼んだりすることもあって比較的慣れ親しみのある意味だと思います。

これと同じように、会社組織において部と呼ばれる組織または部に準じて設立・設置される組織の長のことを指し示している言葉です。

部によって異なるという意味合いとしては例えばあなたが所属している会社でも様々な部が存在すると思います。

例えば、経理を専門に行っている経理部、そして営業活動をメインで行っている営業部、そして商品を開発する商品開発部など、様々な部署が存在しており、それぞれが行っている業務内容は会社組織の中の一部分だけを担っているような状態です。

つまり、すべてを均等に行っていれば当然知識や行う効率なども悪くなってしまいますので、やるならこれをやる、これはあっちに任せるという具合にした方が効率が良いのです。

いわゆる役割分担であり、何かをするにしてもそこに特化した方がより高い成果を上げることが出来るので、分けているのであり、その分けられた部の中で管理を行っている人間と考えればわかりやすいと思います。

ここまでご紹介してきた役職は様々存在していますが一般的に部長のポストについては国家機関においてはノンキャリアの職員がたどり着くことができる最高位の役職であると言われています。

つまり、ノンキャリアでは部長以上にはなれないが、部長になれればまさに認められた存在であるという人間である証明にもつながるわけです。

あくまで役員ではありませんが、それでも部長という役職は簡単にもらえるものではなく、ある程度評価された人間しか就けないような社会的評価の高い役職であると判断することが出来ます。

次長

次にご紹介する役職は次長です。

次長は民間企業や行政機関などの組織において部門責任者の職務の代理者若しくは実績としておかれる職務や役職の名前です。

一般的な民間企業においては正式な役職名は営業部次や大阪支店次長など部署名をつけることが多くなっており主に部長の下であり課長の上といった立場を指し示している言葉です。

しかしながら会社によってその呼び名は変わっており、例えば副部長や部長代理、支店長代理、課長補佐、課長代理などの呼称で呼ばれていることも存在しています。

あまり知られていない話としてはもともとこの役職が存在するようになったきっかけとしては中高年の役職不足解消のために設けたという背景などもあったりすると言われています。

その逆にあまりにも若くして優秀な人間が部長職に就けなかった場合にこの立場につけさせることによってそれなりの立場として認めてあげるために設けている場合などもあります。

係長

次にご紹介する役職は係長です。

係長は業務を行う最小単位である係において管理的な立場に立っているものを表現する役職です。

通常かかりという言葉は課の下に属しており、係長は課長や課長代理、課長補佐よりも下の立場であり、主任や役職がないいわゆる平社員よりも上位にあたる立場として認識されています。

一般的には中堅であったり若手の管理職に与えられるような役職であり民間企業においては早い方であれば20代半ばから係長に昇進するようなケースも存在しており、逆を考えれば係長のまま定年を迎えてしまうというケースなども存在しています。

なお国の機関によっては係長の下に係員を置かないような部下なし係長と呼ばれる存在もあります。

その他には役職がついていますが部下の業務の監督だけではなく自分自身の業務を遂行するようなプレイングマネージャーとしての役割を期待されている立場がとても多いです。

【係長については、こちらの記事もチェック!】

主任

次にご紹介する役職は主任です。

主任は官公庁や企業などの組織において従業員の中での熟練ものを指している役職であり一般的には管理職には該当しない言葉です。

つまりある程度簡単に言えば仕事ができるような人間ではあるがほかの人間を管理したりするような責任はないということです。

従ってほとんどの企業では労働組合に加入できる役職としても知られています。

年功序列を採用している日本企業にとっては一般的に入社して5年から10年ほどすれば自然とこの職務に就くことは知られています。

それ以外の企業の場合であれば主任者管理職になるために社内独自の試験でそれを受けることができるレベルまで到達しているかどうかを試されている場合が多いです。

人によっては会社で出世することについて興味がない人間もいますがそのような人でもある程度長く勤めることによって任命されたりすることもありますので最終的に立場のまま会社を退職していく人も存在しています。

️社会人として役職はしっかり覚えておこう

今回は様々な役職についてご紹介していきました。

役職と一言に言っても様々な呼び名であったり立場が存在していますのでなかなかすぐには覚えきれないと思います。

しかしながら社会人として働く上である程度は知っておかなければいけない言葉でもありますし、一般的な企業で勤めている場合は当然ながらこのポジションで活躍している人達と多く接することがあると思いますので嫌でも覚えるような内容にはなると思いますので安心してください。

役職がそれぞれがどういう意味合いを持っているのかということを把握することによって自分自身が最終的にどういうポジションを目指したいのかという目標を明確に定めることにもつながりますので知っておいて損はありませんのでこの機会に役職についてより深い知識を身に着けるように勉強してください。