チャンスという言葉をよく耳にすると思います。

チャンスというのは必然的なものではなく偶然巡ってくる、いわゆる運が関わってくると思います。

そのチャンスというのは常日頃の日常の中で多くの存在があると思います。

このチャンスというのは例えば、何かをする時に今やると良いのではないか?と感じさせたり、何か偶然よくできたものがきた時に、より良い物を作ったりすることができるのではないか?とプラスの様なことが働く時に使うものだと思います。

その様なことが今までにあったのではないでしょうか?日頃の生活というのはプラスの思考とマイナスの思考、そしてそのどちらでも無いものの中で成り立っていると思います。

例えばマイナスの思考になってしまうと、「どうせ作っても…」という考えや「何をしてもダメだ…」というマイナス的な考えになってしまうでしょう。

その様に考えて物事を進めてみると全てがマイナスになってしまいがちです。

生活にも影響が出ると言われています。

病は気から、という言葉をご存知でしょうか?この言葉は悪いかな?と思っている場所が本当にどんどん悪くなっていってしまうという言葉で、よく言われている言葉ではないかと思います。

気を持つというのはとても重要なことで、自分自身の活力にも繋がるものだと思います。

何をしてもマイナス思考というのは、何をしてもダメな結果になってしまいがちです。

ですがその様な状況でもチャンスというものはあります。

例えばどうせダメだと思っていてやっていたら、どんどん成功するようになってプラスになっていく、ということもあるのです。

これはチャンスを物にしたと言っても良いでしょう。

しかしながらそのチャンスを無駄にしてしまった場合はどの様なことがおこるのでしょうか?もしかすると日々の生活に関わってくるのかもしれないですよね?チャンスを逃してしまって住みたかったマンションの契約をしそこねてしまったという形であるならば、それは今後の人生の影響を受けるような物になってくると思います。

せっかく、新しくて良い物件が見つかったにも関わらず契約をしそこねてしまっては意味がありませんよね?また良い物件が見つかるわけでもない、その様なことが確定で起こる訳でもないというものがチャンスを逃した未来ということにもなるのです。

マイナス思考を持っているとそのチャンスをも見逃してしまうと言われています。

チャンスというのは機会とも書きます。

少しだけニュアンスが違いますがだいたい同じようなものといっても良いでしょう。

「機会を逃してしまったら、この先どうなるか解らない」という文章でも「チャンスを逃してしまったら、この先どうなるか解らない」という文章でもどちらでも意味は通ると思います。

マンションの場合は「チャンスを逃した」という形になりますが、他の文章では「機会を逃した」という形でも通るのではないかと思います。

マイナスな物は全てがマイナスに働いてしまうと良く聞くので、マイナス思考にはならないように生活などをしていきましょう。

ではどちらでもないという状態はどの様な状態のことを言うのでしょうか。

プラスとマイナスの間というのはどの様に考えますか?プラスとマイナスの間というのは普通の状態のことを言います。

仮に言うのであれば寝起きの状態が一番良い例だと思います。

寝て起きて顔を洗って少しぼーっとするような状態のことをどちらでもない状態と言えるのではないでしょうか。

この様な状態の時にはプラスに働くか、マイナスに働くかでチャンスというものが巡ってきたりこなかったりします。

何も感じないという時でも当てはまるかと思います。

普通に学校に行ったりする時に音楽を聞きながらぼーっと行く、テレビを見ながらご飯を食べるなど、脳がまだあまり起きていない状態の時にはこの「どちらでもない」ということが言えるのかもしれません。

ではこの時にチャンスが巡ってきたとなった時はどの様になるのでしょうか。

この場合はチャンスと気づかずに行動をするということが多いのです。

例えばそれをチャンスではなく、普通だなと思ってしまうのが特徴になります。

「今はバスが空いているからチャンスだ!座れる!」と思うのが「バス空いてるのか」というだけになってしまうということになります。

これはチャンス意を逃してはいませんが、物にしているというのは言い辛いです。

気づいていない状態でもチャンスを物にすると言うことはありますが、この様な状況ではあまり物にしているとは言い辛いでしょう。

ではどの様な時のことを言うのかというと、本当に機会が変わると思っていたものがチャンスになるのです。

よくあるゲームなどでは、確率で大当たりするものに関してチャンスタイムというものがあります。

これはチャンスを物にできるかどうか!というものであり、必ずしも生かせるというものではありません。

どちらでもない状態の時はまさにこのチャンスタイムというものをしている状態で、チャンスを物にできるか否かを迷っている状態になっているとも言えます。

物にできた場合はプラスの思考になり、チャンスを得ることができる。

物にできなかった場合はマイナス思考になり、更にチャンスなどがきても気づかずに素通りすることが多いという悪循環になってしまう可能性もあります。

ですが基本的にはどちらでもないという状態になることは少ないのです。

人というのは何も考えていないという状態が少ないからだと言えます。

常に何かを考えて生活をしているのですが、気付いてないという人が多いのではないかと思います。

マイナスの思考の場合、どちらでもない場合ときて最後はプラス思考についての話です。

チャンスがきた場合は基本的にその物を生かすことができるのがプラス思考の特徴でもあります。

何かふとしたきっかけにも気付きやすく「こうすれば良いのでは?」という閃きにも繋がるのです。

この様なプラス思考の人は何があっても前向きで常に明るいことを想像している人に多いと言われています。

仮にチャンスがきてもそれをちゃんと「絶好の機会だ!」と受けることができてそれを物にすることができるという人を「チャンスを物にする」というのではないでしょうか?そのチャンスを見逃すことなく、自分にとって良い機会に回していけるような人は多そうで実は少ないです。

人口の半分以下の人はこの様なチャンスを取ることができますが、半分以上の人たちは不意にチャンスを逃すことが多いのです。

でもこれは悪いことではありません。

チャンスというものは準備をしておくことで今まで見逃してきたものや事を逃すことなく自分の物にできてしまうからです。

それほど準備というものは貴重であり、重要なことだと思います。

気をつけることでも自然とプラス思考になり、様々なチャンスが巡りめぐってくるのではないかとも思います。

ではどの様なものをチャンスと呼ぶのか、チャンスを物にするためにはどの様なことをして逃さないようにするか、気をつけるべきことはあるのかなどを見ていきたいと思います。

基本的にはチャンスというものは誰にでも巡ってくるもので、それを逃しているかどうかでこの先の未来も変わってしまうのです。

チャンスとは?


具体的にチャンスとはどの様なことを言うのでしょうか?よく聞く言葉で「ピンチをチャンスに!」という言葉も耳にすると思います。

この言葉は少し面白い表現だなと思いませんか?ピンチというのは何か自分にとって危ないことが起こるようなことをピンチと言います。

「バスに乗り遅れた!会社に遅刻してしまう!ピンチだ!」という状況が一番良い例なのではないでしょうか。

電車に乗り遅れてしまうと次の電車が30分後という所もあるでしょう。

その時は本当にピンチだ!と思う人もいるかもしれないですよね?その時をチャンスに変えるというのはどういうことなのでしょうか?チャンスというのは先ほども言った通り何かの機会を得ることができることをチャンスと言います。

このピンチをチャンスにというのはいわゆる見方を変えることによってチャンスに変わるのではないかということなのです。

では具体的にどの様な点を見ればよいでしょうか?ようはピンチになったのは何故かという所を見れば良いのです。

今回の場合は「バスに乗り遅れた」からピンチになったというのが正しいでしょう。

ですが見方を変えてみたらチャンスに変わるかもしれません。

ピンチになったのはバスに乗り遅れたからだと考え、だったらもう少し早めに家を出れば良いのではないかという遅れた理由を見ることができるチャンスに変えれるということになります。

これは見方をちょっと変えるだけで全てチャンスに変えることができるようになるのです。

今回の場合は「自分の問題点を見ることができたチャンス」と言っても過言ではないでしょう。

他にも様々なようなことがあがると思います。

例えば「生活習慣が乱れていて寝坊をしてしまう!ピンチだ!」ということでも見方を変えると生活習慣が乱れているという自分を知ることができた!というチャンスに変わりそれを改善できるのではないかという思考に移ることになります。

この様にチャンスというのは機会を得るためだけではなく、ピンチの状態から何かを得ることができるといういわゆる教訓というものを得ることができるようになるのです。

チャンスというのは機会を得るキッカケということでも良いとは思いますがそれだけではないということを考えておくと良いでしょう。

ピンチのことでもマイナス思考で捉えてしまうと全てがマイナスになっていきます。

プラスの考えがよりよい物にしていくと思うので気持ちの持ちようも大事になってきます。

チャンスというのは心の左右でも変わることであるということを忘れないでください。

今までも、そしてこれからもチャンスというものは常に一緒に歩いてくるということを忘れなければ、どんなことであれチャンスに変えることができるかもしれません。

物事をするのによい機会

チャンスというのは何かの起点でもあります。

何かを始める、何かをするというのによい機会のことをチャンスとも言います。

例えば動画などで見た面白いと思うものを趣味で使うというのは何か物事をするにはよい機会になると思うのです。

新たな自分を見つけることができるかもしれない、今までの自分により特技や趣味に時間をかけることで磨きがかかるのかもしれない。

その様な機会というものがあるからこそチャンスというものがあるのではないかと思います。

何か物事をしたいと思っていても思い浮かばないことがありますよね?ふとどこかのショッピングモールに行ったとして興味がある物を見つけてしまって買うかどうかを迷っているという人もいたのではないでしょうか?欲しい物は無かったのにそれを見るとつい買ってしまいそうなそんなことがあったのではないでしょうか?その様な状況の時に買っておくことで新しい物事に打ち込めるチャンス、機会というものが生まれるのではないかと思います。

少し難しいとは思いますが、思ったら直ぐに行動を移す「思い立ったが吉日」という言葉をご存知でしょうか?これは思ったことを直ぐに行動にして良い日にしようということです。

新たに新しく始めようと思ったことは直ぐに始めるとその日がとても吉な日であるようにという意味でもあります。

この様な形でチャンスというものも巡りこんでくるのです。

狙ってチャンスを出すということもあるかと思います。

普段の生活の中でもふとしたことがチャンスに変わっていた!ということがあるのではないかと思います。

例えば「雨が降っていたけれど少し止んだ。

これはチャンスだ!」と思って行動に移したりしますよね?これも物事のうちの1つだと思っていてください。

これは悪い状態から良い状態へ変わったということで今がチャンスと思い行動に移したという状況になります。

様々な形で機会、チャンスというものはあるのでその見方に気をつけていれば様々なチャンスの巡り合いになるのではないでしょうか。

好機のこと


チャンスというのは好機のことでもあります。

ちょうど良くきた!という表現が一番わかりやすいでしょうか。

例えば曇っているときにお店を出たが、バス停で待っていたけれど雨が降ってきた!でも直ぐにバスがきたという形はチャンスではなくラッキーということになります。

これは偶然おきたことなのでこれはチャンスとは言いにくいのです。

ではどの様なことを言うのかというと、バス停で待っていたけれど雨が降ってきたので雨宿りを近くのお店でした。

そしたらバスが通りかかりそうになったので今がチャンスだ!という表現の仕方がチャンス、好機ということになります。

いわゆる偶然きたものではなく、バスがバス停に着きそうだから動いたというものを好機と読んで行動をしたということです。

ですが偶然性のものというのもあります。

ラッキーとはまた少し違うような表現にはなりますが、その偶然性のものをチャンスに変えることだってできるのです。

この様なことは常にプラス思考を持っている人によく来るとも言われています。

何故ならば、チャンスと直ぐに解るようになってしまうからです。

前向きな人は常に先のことを考えて行動をすることが多いです。

「後悔をしても仕方ない、次に生かそう」という考えの持ち主が多いので、その様な人たちはこの様な好機を逃すことがあまりないです。

仕事などでもそうでしょう。

営業先などで「この商品は…」と売り込みの説明をするとして相手が興味を持ち始めたらそれが好機、チャンスに変わるのです。

「更にこの商品は…」と説明をすることでより相手に興味を惹かせることができます。

なので相手もこんな商品だなんて!と思う人もいるかもしれません。

その説明があり、なら買おう!ということになるので、この様に営業などで成功している人は基本的に相手の好機となるチャンスをうかがって営業をしているものだと思っていてください。

中にはその様なことをしなくても売れるという人もいますが、あくまで1つの例です。

特にチャンスを物にできる人は様々な仕事面や芸術面、生活に対しての好機を逃すということが少ないのではないかと思います。

偶然性のもの

偶然性のものもあります。

例えば偶然できたものがチャンスに変わるという言い方が解りやすいでしょうか。

仮に料理をしていたとして失敗をしてしまった…と思っていて何か他の味付けをしようと思い入れたところ美味しくできた!ということがありませんか?1人暮らしの人は様々な味を試行錯誤して料理をするのではないかと思います。

失敗をしたけれどその好機を逃さずに、他の調味料などを入れて味を変えるというチャンスを物にしているということになるのです。

この様なものを偶然性のものと言っても良いのではないかと思います。

偶然性のものは本当に自分が意図していない時に出てくるものなのです。

それを自分の物にしようと考える人は少ないかもしれませんが、中にはもっとやってみようと意欲の湧く人もいるでしょう。

その様な人たちも失敗からチャンスを学ぶことができたので、これも偶然性の物に近いかと思います。

料理というのはレシピがあり、そのレシピから作られるとおりに作るのが普通ですが自分流にすることもできます。

チャンスを使うというのは自分流を試せるということにでもなるのです。

例えば部活動の時、スポーツなどをしている時のフォームというものがありますよね?バレーではトスやレシーブ、バスケはシュートフォーム、サッカーでも同じです。

フォームというものは基礎が成り立って初めて完成されたものになりますが、独自のものを作り上げることもできます。

いわゆるオリジナルというものです。

例えば癖を利用したシュートフォームというのがバスケではありました。

これは変に覚えてしまったせいで変な形のシュートを打つ以外に、普段からの癖でなるものもあります。

これを利用して新たにオリジナルを加えてシュートを打つと入ってしまった!という人もいるでしょう。

この様な状態の時は偶然変えてみたら、ということをチャンスに変えて、少し改良を加えて打つとどうなる?という思考になるのです。

この様なチャンスを物にして入るようになったのであれば、これは偶然性の好機を物にしたということになります。

そのシュートフォームが一番入る!という形になれば尚更です。

ちょっとしたことでも見方を変えるとチャンスに変わります。

それはどの様な出来事でも同じです。

例えばこの記事を見ている時にでも、ふと思うことがあればそれを実行してみてはいかがでしょうか?この記事を偶然見ていたらこんなことを思いついた!といったような形でチャンスを物にしても良いということです!チャンスというものはプラス思考の人に多いと言いましたがマイナス思考の人にももちろんあります。

誰にでも出会うことができるのがチャンスというものであり、偶然というものなのです。

誰にでも出会うことができるもの

チャンスというのは誰にでも経験をしたことがあります。

それに気付いていないという人もいるのではないでしょうか。

ふとしたことに意識を止めるとそれが全てチャンスに変わっているという人もいるでしょう。

中には気にしなかったことが実はチャンスの機会だったかもしれない、という人もいるでしょう。

人は皆同じという訳ではなく、個性があって初めて人だと言えます。

皆が同じであった場合はその様な個性というものがなく、皆チャンスというものを物にできていなかったのではないかと思うのです。

では何故誰にでもチャンスというものが来ると思うのでしょうか。

それは人の個性というものがあるからだと思うからです。

先ほども言ったとおり、もし仮に個性というものが無ければ皆同じ、いわゆるロボットのような形になるので、何かの原因が起こらない限りは同じ行動を永遠と続けるようになります。

ですが人は違います。

個性というものがあり、感じ方は人次第なのです。

その感じ方は人次第という所にポイントがあります。

ようは同じ体験をしたとしてその体験が良い経験になったか、悪い経験になったか、変わらなかったかは人次第だということになります。

この経験を生かして他のものを作ろう!と考える人がいるのであれば、それはチャンスというものを物にしているのです。

逆に嫌だなと思う人がいるのであれば、それは自分自身のことを知れるチャンスになるということなのです。

自分はこの様な体験が嫌だったのか、なら今後は…といった経験から学ぶチャンスというものもあります。

中には克服をすることができたという人もいるでしょう。

苦手な分野から克服するというのはとても難しいことですが、克服する機会、チャンスというものがあったからこそ克服できたのではないかと思います。

仮に何も思わなかった人にとってはこの様な経験をした。

だけで終わりますが、他の経験をした際に何か芽生えたりするものがあるのかもしれません。

人というのは皆が同じ気持ちではなく誰か1人でも違うことを考えていたり、同感をしたりと個性によって産まれているのです。

なのでチャンスというものも、この個性のおかげで成り立っているのではないかと思います。

ロボットではありません。

誰にでも出会うことができるものではないかと思います。

この様な経験などは他のことをする際にもとても生かせるようになっています。

このチャンスを見逃さなかったから、今回のチャンスをものにすることができた、ということもありえるのです。

最初は難しいことが多いでしょう。

ですがこのチャンスというものをものにすることができれば、明るい未来というものが待っているのではないかと思います。

人の思いというのはとても強いです。

何かが欲しいという物であれば、時には努力をして、後悔をしないように行動に移すと思うのです。

欲しいものがあるからお金を貯める。

仕事をする。

貯金をする。

様々な人がいますが、誰にでもチャンスという機会があることを忘れないようにしましょう。

チャンスをモノにするために

チャンスをモノにするためには大事なことがあります。

それは様々な思考と準備が必要になるのです。

どういうことかと言うと、チャンスとまず解ることが必要になります。

先ほど言ったピンチをチャンスに!というのが解りやすいですが、ピンチだけれどチャンスにもなっているとい考えが必要になるのです。

「今ピンチだけれどこれはある意味良いのでは…?」という考えを持つことでこれが一気にチャンスになります。

また準備をしておくことが必須になります。

これは準備をすることでチャンスがきたという意識を持たせることができるのです。

常に物事に気を配りながら生活をするというのは厳しいでしょう。

時には物事に対して気を配ってみるということが大事になるのです。

常にではありません。

他にも普段とは少しだけ違うことをしてみても良いでしょう。

予め行動に関して準備をすることでチャンスをモノにすることだってできます。

ではどの様なことをすれば良いのかみて見ましょう。

準備をしておく

先ほど言ったように準備をしておくことが必須になります。

常の生活の日々で気を配ることはしなくても大丈夫です。

時々で良いので物事に気を配ってみてはいかがでしょうか?この様なことをすることでチャンスに変えられるものが多くなってくるのではないかと思います。

例えば部屋の掃除などが良い例です。

何か出てくるかもしれないという好機にも関わり、また紛失して無くした!と思っている物も出てくるかもしれません!この時は掃除をしていることをチャンスだと思っていた方が良いでしょう。

チャンスだと思っている物事は他のチャンスの物を引き寄せたりすることだってあります。

物事は新しい物事を取ってくるといったようなことを考えると良いでしょう。

準備をしているとチャンスに気付く

準備をしているとチャンスに気付くこともあります。

例えば気を配るといいましたが、それをしようかなと思っている最中に何かに気付くことだってあるのです。

それは好機と言えるものではないかもしれませんが、チャンスだと思い込むというのも大事なことだと思います。

前向きな人は全て物事に対して後ろを振り返らず、時には悔やむこともあるでしょうが、様々な現状をチャンスに変えていっています。

それは気を配ることも大事ですが、その気を配る前から気付いているものだってあるのです。

これは無意識にチャンスを見つけている場合に限ります。

ですが物事を実行している時には既にモノにしている可能性もあるのです。

その時は「あれ…?」と思うことがあるかもしれません。

これはできるのでは?というもしかして、かもしれないという考えがとても重要になるからです。

急いでいる時や遊んでいる時など、どの様な状況の中でもチャンスに気付くという人は少なくないでしょう。

人は個性で溢れているので、周りの人たちの誰かは物事に気付きやすいだけで終わる人でも全てそれをチャンスに変えているのかもしれませんよ?

リアリティに考えられる

物事をリアリティに考えることができるようになります。

チャンスを準備するというのは先ほども言ったように物事に対して気を配るということです。

ですがこれは同時に見方を変えてみることができるという点でもあります。

リアリティに考えるとこの先のことがよりリアルにあらわすことができます。

よく芸術面の人たちはこの様な思考をするのではないかと思います。

何かを作っている最中に既に完成形が頭の中で浮かんでいる、といった状況です。

この様な人たちはリアリティに物事を考えることができ、自由に思い浮かぶことができる発想、空想などが他の人とは違うようになっています。

これは作業の途中途中で様々なチャンスをモノにした結果生まれてくる1つの作品ということになるのです。

芸術面に長けている人たちは今までの経験を様々なチャンスに変えてきたのではないかと思います。

それはリアリティに考えられるからというものがあるからだとも思います。

このリアリティさというのは誰でも1度は考えたことがあるのではないでしょうか?ふとした時にこの先の未来はこうなるのでは?と思うことがあるのでれば、それがリアリティに考えられているということになります。

その様な思考を常にしている人は物事、様々な出来事があってもそれをチャンスに変えてしまうような人たちなのです。

難しいと思いますが、準備を怠らずに気を配るだけでも見方が変わるので少し違った世界などが見えるのではないかと思います。

その違った世界で普段の物事を見ることで、チャンスというものが出てくるのではないでしょうか?準備というのはするだけで人を変えていったりすることもあります。

チャンスをモノにできる人もいれば、モノにできない人もいるかもしれません。

モノにできる様な人になるには、まずは考え方、見方を変えていくと良いでしょう。

【ピンチをチャンスに変えるためには、こちらの記事もチェック!】