私たちが使っている日常の言葉の中にはとても便利な言葉がたくさんあります。

私たちは日本人なので、当然日本語を話していますが、日本語だけを話しているわけではありません。

今はグローバルな時代となっていますので、世界共通語である英語を喋る機会などもたくさんあります。

例えば、日常生活などで英語を用いて話をするという事はもはや欠かせない事になっています。

大人の方もそうですが、子どもたちでさえ英語を使って喋るのは当たり前です。

例えば、今の子どもたちに対しておっけーという言葉を言ってわからない方はあまりいませんよね。

おっけーとは、私たちにとっては了解、了承というような意味を持って使われていますが、これはもともとアメリカから来た言葉です。

OKという単語があるわけではありませんが、アメリカからもたらされた言葉であると認識することが出来ますので、日本語というわけではありませんよね。

このように日常の様々な場面で使用されている言葉がたくさんあります。

実際にテレビ番組でも見た事がある方も多いと思いますが、英語禁止ボウリングなどがありますが、無意識のうちに私たちはたくさんの英語を喋っている事がこの結果を見ても物語っていると思います。

英語は今ではビジネスの場面でも広く用いられる機会が多いのですが、英語の中で比較的用いられる頻度が高い言葉としてボーダーラインという言葉が存在しています。

今回はボーダーラインという言葉をテーマにして、ボーダーラインがどのような状況で使われるのかという事についてご紹介していきたいと思います。

ボーダーラインとは

ボーダーラインという言葉は先ほどご紹介したように、ビジネスの場でも広く用いられている言葉です。

社会人として働いてる方があれば一度くらいは仕事場でボーダーラインという言葉を聞いたことがあると思います。

あなたはボーダーラインという言葉がどういう意味か知っていますか?

もちろんビジネスの場として使われることも多いのですが日常生活なので使われることも当然起こりうるので、ある程度用いられる頻度が高い言葉は知っておいて損はありません。

比較的年齢が幼い方や、社会的な経験を積んでいない学生の方などは分からない方も多いと思いますので、ボーダーラインが使用される場面などをご紹介する前に、まずはボーダーラインという言葉がどういう意味を持っているのかという事についてご紹介していきたいと思います。

知らない言葉を知ることによって自分自身の知識としてその意味をインプットし適切な状況でアウトプットできるようにすれば話をすることが上手になりますし、その場その場で適切な言葉を自分の頭の中で考えてチョイスして引き出すことができるようになります。

たくさんの言葉を知っている人は当然ながら話をするのが上手ですし、話をするのが上手な人は様々な場面で有利な立場に立つことができます。

ボーダーラインと言う言葉を知らない方については、この機会にボーダーラインという言葉をマスターできるように言葉の意味や使い方などを学んで下さい。

境界線のこと

まずご紹介するボーダーラインという言葉の意味は「境界線」という言葉の意味を持っています。

ボーダーラインという言葉の意味を既に知っている方や、普段日常会話などで使用している方はすぐに理解いただけると思いますが、ボーダーラインという言葉は境界線という意味で広くビジネスの場面でも日常生活の場面でも使用されています。

よく考えてみればある程度の物事については全てボーダーラインという言葉に関係して考えることが出来ます。

例えば、一般的に広く使われる場合としては、何かの物事に対して一定レベルから先は区別して相手に伝える必要があると説明する場合です。

例文としては、ここから先のボーダーラインを越えてしまうと、犯罪になってしまうという例文があるとします。

これはどんな意味を表しているかと言いますと、ある一定の境界線から先を超えてしまうとそれは犯罪になってしまうという意味として使われています。

文字通り、境界線と言う言葉を使って明確な区分を行うために使われていると考えることが出来ます。

考え方によっては全ての物事に対してボーダーラインを設定することもできますので、広く用いられる場合が多いと考えることが出来ます。

物事の境い目

ボーダーラインという言葉の意味は境界線であるとご紹介しました。

では境界線と言う言葉はどういう言葉の意味を持っているのかと考えた時に、境界線という言葉は「土地の境目の線、物事の境目」などの意味を持っています。

土地の境目の線とは、文字通り隣に接している隣の家や道路家敷地との境のことを意味しています。

それに反して物事の境目に関してはその名前の通りある物事などにおいて、様々な設定された事柄における区分を意味しています。

ちょっと難しい言葉に感じるかもしれませんが、先ほどご紹介した例文を考えていただければすぐに意味がわかると思います。

例えば先ほど紹介した犯罪のボーダーラインという言葉がありますが、コンビニなどにあなたが立ち寄ったとして、ある商品がとても魅力的に思えて購入したいと思ったとします。

本来であればその商品を持ってレジお金を支払ってお買い物をするのですが、もしもその商品をレジに通さずにそのまま持った状態でコンビニの出口を通ってしまうとそれは犯罪のボーダーラインになってしまうと表現することができます。

物事に対しては自分自身で自由に設定することができますので、幅広い状況でボーダーラインという言葉を使って物事を説明することが出来ます。

あらゆるものにボーダーラインがある

先ほどご紹介したように世の中に存在しているあらゆるものの中にはボーダーラインが設定されていますし、することが出来ます。

何かに対して説明をする時に明確に区分をする時には必ず存在しますし、一般的にボーダーラインが設定されていないようなものでも自分の裁量次第で設定することが出来るからです。

ボーダーラインという言葉さえ知っていれば、そのような状況や説明をする際にとても便利であり、聞く側としてもある程度わかりやすく物事を判断できるようになります。

なので、この機会に知らなかった方はボーダーラインという言葉を自分なりに理解し、日常生活の会話の中で利用できるシーンがあれば積極的に利用してみてください。

ボーダーライン4選

ここまではボーダーラインという言葉がどういう意味を持っているのかということについて簡単にご紹介していきました。

意味を理解すればとても便利な言葉であるということも同時に理解いただけると思いますが具体的にボーダーラインが設定されているものやボーダーラインと言う言葉を使って説明をできる状況にはどういう場があるのか気になる方もいると思います。

ボーダーラインという言葉の意味を知っていても、より適切な場で使えなければ結局使えない、理解できてないという事と全く同じです。

せっかくボーダーラインという言葉を知って頂いたので、世のなかに存在しているボーダーラインについて簡単にご紹介していきたいと思います。

結婚に関するボーダーライン

まずはじめにご紹介する世の中に存在しているボーダーラインの1つとして結婚に関するボーダーラインがあります。

ボーダーラインという言葉は「境界線」という意味の言葉なので、結婚に関する境界線という意味合いになります。

でも結婚に関する境界線というのは具体的にどういう意味なのか考えてみてください。

結婚に関するボーダーラインと考えると自然と結婚をする年齢について説明している内容と結びつくと思います。

当然ながら人によって結婚する年齢は様々存在しています。

本来であれば何歳までに結婚しなければいけないという決まりはありませんので、逆に言えば結婚をしても良い年齢を過ぎれば、いつでも自分自身の判断で行っても良いという事です。

ちなみに今現在の日本に関しては男性であれば18歳、女性であれば16歳を超えた時点で結婚することが可能となっています。

しかし、成人の年齢を引き下げる民法改正案などの影響もあり、結婚できる年齢を男女とも18歳に統一するという方向に現在は検討になっています。

いずれにしても設定された年齢を超えればすべては個人の自由です。

にもかかわらず結婚に関するボーダーラインがあるというのも少し不思議な気持ちがするかもしれませんね。

しかしながら物事にはいくつかのパターンが存在しており、そのパターンに基づいてボーダーラインが設定されていることも多いので、結婚に関するボーダーラインもいくつかのパターンをもとにして考えられている事が基盤になっています。

結婚のボーダーラインは何歳?

あなたが考える結婚のボーダーラインは何歳だと思いますか?

これは結局人によって考え方が違うので正しい正解はないと答えるのが普通ではあります。

しかしながらそれでは話になりませんので、一般的にたくさんの方は考える結婚に関するボーダーラインは何歳なんだろうという事に着目して考えて頂く必要があります。

一般的に考えてみると結婚すると言う事は夫婦になり二人で生活をしていくという単純な話だけではなく、結婚生活に関して様々な苦難を乗り越えていく事を考えると、いくつか必要な物が存在しています。

まずは、ある程度大人としての自覚や相手を思いやる気持ちの余裕や気遣い、そして金銭的な余裕であったり、お互いの結婚に対する真摯な気持ちなどなど、様々な事を考える必要があります。

もちろんそのようなことを考えずに結婚をすることも出来るのですが、何も考えずに結婚してしまうと最終的に相手と上手くいかなくなってしまい離婚してしまうという最悪の結末を迎えてしまう場合があります。

最初から最悪の結末を考えてしまう考え方自体がおかしいと考える方もいるかもしれませんが、現実を見るとある程度考えた上で行動しなければ失敗してしまうのは目に見えています。

なぜ結婚のボーダーラインと言うことを前提に考えてみるとこの様ないくつかの要素をクリアすることができるような年齢が望ましいと誰もが感じるはずです。

その点を考えてみたうえであなた自身が結婚のボーダーラインとして設定するのはいくつ何歳が適齢なのかという事を考えてみてください。

女性は35歳

先程ご紹介した様々な様子をある程度自分なりに考えてみた上でボーダーラインを設定すると、一般的にたくさんの方は女性であれば35歳ぐらいと考えている結果になります。

35歳という年齢を考えてみたときにまずある程度年齢を重ねていることによって当然大人としての自覚が芽生えているはずですし、様々なことを経験しているので当然ながら35歳になるまでに恋愛の経験もたくさん積んできていることが予想されます。

なので相手を思いやる気持ちであったり気遣いに関しては若い年代よりも上手になっていると考えることができるはずです。

そして社会人として働いていく中で、35歳になれば当然就職し働き初めた年齢の時よりもある程度収入面では安定した生活を送り、貯蓄なども存在していると考えることが出来ます。

そして35歳になれば結婚に関する意識も若い時よりもかなり高くなっていることが考えられますので安心して結構迎えられる年齢であるとたくさんの方が想像することができるという結果につながっています。

もちろん人によって答えは違いますのでもう少しあとの年齢をボーダーラインとして考える人もいれば、逆に30歳になるまでに結婚することがボーダーラインだと自分なりに考えている人など、様々意見が分かれるはずです。

一番初めにご紹介した通りボーダーラインという言葉は境界線という言葉を意味していますので、逆に考えればこの年齢を過ぎてしまうと私は結婚できないかも…と考えている危惧するような年齢であると判断する事もできます。

人によってはあまり細かく想像したくないし、線引きして物事を考えるのが嫌いな人もいるかもしれませんが、何かを行う場合は目標をもって行うことが大切であり結婚のボーダーラインに関しても自分なりに設定しておくことで、自分なりに人生設計を考えながら行動することができますのである程度は自分なりに考えておいた方が後々の行動に良い効果を与えてくれるという事を理解する必要があります。

高齢出産は35歳から

女性の結婚に関するボーダーラインを説明しましたが、結婚という面で考えてみるとどちらかといえば男性と女性を比較した時に女性の方がシビアな考え方や現実的な考え方を持っている傾向があります。

もちろん人によって考え方の大小はあるかもしれませんが、総合的に見て女性の方が高いと言う意味です。

なぜ女性の方が結婚に関してシビアに考えているのかと不思議に思う方もいるかもしれませんが、女性に関しては子供を産むということを前提に考えている方が多いからです。

男性は出産をしないので結婚に関する意識が女性と大きく異なります。

女性の場合はそのおなかのなかに子供の命を宿して自分の体に負担をかけながら生きていく必要がありますので、当然出産をする際は痛みも伴いますし場合によっては命をかける必要もあります。

そのことを考えた時に当然ながら子供を出産する時には相当な体力を使うひつようがありますし、体力がなければ安全に子どもを産むことができないかもしれません。

なので、子どもを産むという事を前提に考えると早い段階で結婚をした方が良いという考え方をしている方が男性に比べて多くなっています。

一般的に高齢出産になる年齢は35歳からと言われているので、そのような影響もあり結婚に関するボーダーラインが35歳と自分なりに設定している方が多いのです。

人によって違うかもしれませんが子供を産むことや結婚する事を夢だと語っている女性はたくさんいます。

それに反して男性で結婚をする事を夢だと語っている人は少ないです。

これも結婚に対する意識の違いや、子どもを産むという強い責任感や役割などを理解した上で発言している女性が多い証拠です。