日本人は世界でも長寿の国だといわれているように、長い時間を生きることが出来る人種です。

日本はトップクラスの長寿の国であり、男性も女性も平均年齢はほぼトップです。

日常生活を送っていれば、当然その分たくさんの経験をするはずです。

そして、人生が長ければ長いほど、当然その経験は人よりも多くなるはずですよね。

色んな事を経験して人は時間を過ごしていますが、長い時間を生きていれば経験豊富になり、初めて経験するような出来事はあまり起きなくなります。

しかし、そんな中でも今まで起こりえた事のないような事が起きる場合もあります。

そんな時に、人間は確かな証拠などがない状態で物事を判断しなければいけないと考えた時に、いちばん頼りになるのは自分自身の勘です。

もちろん今ではインターネットなどの便利なツールがありますので、すべてを勘で行うよりも、下調べした方がうまくいく可能性は高いですが、調べることが出来なかったり、調べてもわからない場合は頼りになるのは自分自身の勘です。

これまで様々な事を経験してきたからこそ、自分自身の勘で判断するという事は決して間違っている方法ではありません。

思い返してみれば、自分自身の勘で色々と判断しているような事ってけっこうありませんか?
例えば日常生活でも、仕事の場面でも、そこまで重大な事などでなければ、調べるのも面倒だと思った方はなんとなく勘で適当に判断してしまっているような経験をした方も多いはずです。

今回はそんな誰もが一度は行った事がある勘をテーマにして、ヤマカンを当てるためのテクニックについてご紹介していきたいと思います。

ヤマカンでも絶対に当てる力をつけたい!

あまり何事に関しても自分自身の勘で判断するのは好ましくないと考えている人が中にはいるかもしれませんね。

自分自身の間で判断することがあまり好きではない形は様々なことをきちんと調べてきちんとした判断のもとで決断したいと思っている方がたくさんいらっしゃると思います。

確かにきちんと調べて様々な状況を考慮した上で適切な判断を下すことはとても大事なことではありますがそれは私たちの時間を消費してしまう行動に繋がってしまいます。

もちろん調べるのにそこまで時間がかからなければ調べて判断することが大切かもしれませんが、時には時間を消費することができずに判断をしなければならない状況があるのも事実です。

そのような状況がもしあったとすりならば、やはり一番頼りになるのは調べる能力ではなく、これまで様々な事を経験したきた自分自身の経験や体験に基づく勘であると判断することが出来ます。

勘は人によって様々かもしれませんが、ある程度経験してきた事に対してであれば意外と当たってしまう事はけっこうあります。

慣れ親しんだ分野であれ、これどっちだっけ?と迷った時に、なんとなくこっちかなと思うと意外と当たっている事が多いように、予備知識や経験があればあるほど当たりやすくなります。

しかし、まったく未知の分野だとやっぱり体感としては外してしまうような事はたくさんありますよね。

出来る事ならヤマカンでの判断だったとしても当てる力を身に着けたいと思う人は少なくないはずです。

なぜなら、判断するのにいちいち調べて時間を消費するのも煩わしいですし、外してさらに時間を消費するのも嫌だと思いますので、勘の能力を引き上げるのはとても魅力的な力だと断言する事ができるからです。

ヤマカンとは?

勘の能力を引き上げるといっても、そもそも勘に能力なんてあるの?と思う方もいるかもしれませんね。

結局能力を引き上げるとなると知識を上げるのと同じなので、それはもはや勘ではないような気がしない事もないかと思います。

また、そもそもヤマカンという言葉自体がどういう意味をもっているのかわからないという方もいるかもしれませんね。

ヤマカンの能力を引き上げる方法をご紹介する前に、まずはヤマカンという言葉についてしていただく必要性がありますので、まずはヤマカンという言葉がどういう意味を持っているのかという事などを簡単にご紹介していきたいと思います。

漢字で書くと”山勘”

勘という言葉は時にはヤマカンという言葉で表現することが出来ます。

人によって違うかもしれませんが、純粋に勘で判断するという表現をする人もいれば、勘の事をヤマカンと表現している人もいます。

なぜ違いが生まれるのかよくわからない方がたくさんいるはずです。

そして、ヤマカンという言葉に関しては漢字で書くことが出来るのですが、感じで書くとヤマカンという言葉は山勘という感じになります。

元々言葉を漢字に直した時にその漢字はその言葉が持っている意味を顕著に表している場合が多いです。

例えばよくある話では人と言う漢字の成り立ちについて説明する先生の描写がよくドラマなどで取りざたされたりしていると思いますが、それと同じで漢字には適当に割り当てられるものではなく、ある程度考慮されて作られています。

なので、この山勘という言葉に関してもある程度意味が備わっていると考えることが出来ます。

しかし、勘と山勘という言葉を比較した時にどうしても山の存在が意味が分からない方もたくさんいると思います。

具体的にどういう事なのかこれから詳しくご紹介しましょう。

山を当てることから

どうしてヤマカンという言葉が山勘になっているのかという疑問ですが、まず、日常会話などで山を当てるという言葉を耳にした事がある人はいませんか?

どちらかといえば、男性の方が耳にする機会が多いような気がします。

山を当てるという言葉の意味は、一般的に二つの意味を持っています。

例えば、「①鉱物を埋蔵している山を掘り当てる②万一の幸運をねらって行ったことが成功する」という二つの意味を持っています。

なかなか①の表現では現代の日常会話などでは使用しませんよね。

なので、普段日常的に使用される頻度が高いのは②の意味です。

そして、使われる状況などに関して考えてみると、ギャンブルなどを行う時によく用いられたりする場合が多いです。

例えば、競馬などでもそうですが、競馬では馬がゴールに到達する順番などを当てたりしますよね。

そんな時にわからなかったり、悩んでいたりする時に山をはれ、山を当てる、というような表現をする場合があります。

「山をはれ」は、勘で予想しろ、賭けるというような意味で、「山を当てる」は勘が当たったというような意味です。

つまり、山とは勘のような事を意味している言葉なんです。

そこに本来の勘がついて山勘という言葉で広く親しまれるようになりました。

当然ギャンブル以外でも使われるような言葉でもありますので、様々な場面で使用される場合があります。

しかし、利用頻度がそこまで多くないので、ギャンブルをしない女性の方などはちょっと意味が分からない方もいるかもしれませんね。

山勘の由来の2つの説

山勘という言葉が山を当てるという事に関連しているという事を簡単にご紹介していきました。

日常生活で使っている方からすればなんとなく先ほどの説明で把握できた方もいるかもしれませんが普段この言葉を使っていない方かすればやはり山という漢字がどうしてここで用いられるのか全く意味が分からないと感じている方もいらっしゃると思います。

そもそも山勘という言葉に関しては、2つの由来があると言われています。

この二つの由来を理解すれば山という漢字がどうして用いられているのかある程度把握することができると思いますので、この機会に山勘という言葉の詳しい成り立ちについてもう少し理解を進めていきましょう。

山師の勘のこと

まずはじめにご紹介する山勘という言葉の由来の一つの説は山師の勘であると言われています。

山師の勘と言われても全く意味が分からないと思いますので、まずは山師がどういう事を行っているのかという事から理解する必要があります。

山師がどういう仕事をしている人で、どうして勘と関わってくるのかという事を理解すれば、よりこの言葉を理解できるようになりますので、ひとつひとつの意味を正しく理解する事が大切です。

鉱山の採掘をする人

山師という仕事がどういう仕事なのか現代の方にとってはなかなか分かりづらいと思いますので説明をすると山師という仕事は鉱山技師であったり、伐採を請け負う人のことを指し示している言葉です。

少しわかりづらいかと思いますが、まず鉱山は資源として有用な鉱物を採掘、選鉱、精錬しおもとして工業用の原料として供給する事業所のことを指し示している言葉です。

つまりどういうことかと言いますと、基本的には日本の鉱業法に基づく鉱物を採掘する事業所に石切場などを加えたものが広い意味で鉱山と言われています。

そして鉱山技師とは具体的に言うと鉱山保安技術職員国家試験に合格した物のことを指し示している場合などもあり、正式名称は鉱山保安技術職員と呼ばれています。

具体的な仕事の内容は高山での安全管理などの業務を行う責任者として活動したり、もしくはそれに準じて働く方の事を指し示している言葉です。

しかし、一般的には鉱山の発掘や開発、鉱脈の発見をすることを仕事としている人のことを指し示しており、大体はこちらの意味を指し示していることが多いです。

簡単にいえば鉱山などを発掘する事を目的として働いている人の事を想像してもらえればわかりやすいかと思います。

そして伐採を請け負う人の意味に関しては当然ながら山を開拓していく場合、山に生えている気などが邪魔になりますよね。

山に生えている木をまずは伐採する必要があるのでその伐採を行う人のことを指し示している言葉でありそのような人たちも山師という言葉で呼ばれていました。

なので、山林の買い付けや伐採を請け負う人は山師と呼ばれており、かなり広義的な意味合いで用いられている事が理解いただけると思います。

しかし、山勘という言葉を考えて頂くにあたっては、この場合鉱山の採掘をする人の事を想像していただけると理解しやすいです。

当たり外れが多く勘が頼りだったことから

では、鉱山の採掘を行う人と山勘という言葉がどういう関連性があるのかと気になると思います。

具体的に説明をすると現代においては当てはまらないかもしれませんが昔は鉱山の採掘を行う場合どの場所が当たりなのかという事をすべて勘で行っていたとされています。

なので、変な話選んだ場所がはずれであった場合、当然鉱物はゲットする事はできませんが、当たりの場所を選んだ場合はたくさんの鉱物に巡り合ることが出来ます。

ある程度想像する事はできたかもしれませんが、何のデータなどもない場所であった場合は、判断基準が何もないので自分自身の勘でしか物事を進めることが出来なかった事から、山師の勘、つまり山勘という言葉に結び付いた説が濃厚であると言われています。

勘だよりの職業といえば、それはそれでとても難しそうですよね。

当然結果がでなければお金なども入ってこないわけですから、そう考えるとかなり難しいシビアな仕事であったと想像する事が容易に出来ます。

嘘つきや詐欺師のことを山師と呼んだ

ちなみに山師という言葉に関しては先ほどご紹介した鉱山技師や伐採を請け負う人のことを指し示す言葉以外にも嘘つきや詐欺師のことを山師と呼んでいたとされています。

どうして嘘つきや詐欺師のことを山師と呼んだのかと考えるとある説が存在しており、山々を渡り歩いて地下資源を探す山師の歴史は古く、当時は技術者や科学者でもあったのですが、時代が変化する事で山師という職業はだんだんと一発屋という風な認識に変わっていきました。

先ほどご紹介したように、自分自身の勘を頼りにしてあてないとお金が入ってこないという現実を突き付けられていたためです。

そして、最終的にお金が入ってこない事から、猟銃などに少量の金を入れて、それを岩に放って金が出てきたと嘘をつくようなものが出始め、それを信じた人達がその人にお金を渡して詐欺的な行為を働いたとされていますので、そこから山師が詐欺を行った→山師は嘘つきであり、詐欺師であるという風な言葉が広まったとされています。

また、当たれば一発、当たらなければ損というような状況でもあったので、あまり山師という職業が良い職業ではないと世間から思われていた印象も相まって悪い印象を持つ言葉に変化していったのも関係しているとされています。

真面目に仕事をしている人からすれば本当にとばっちりでしかありませんが、そこから生まれた言葉であると認識してください。

武田信玄の参謀の山本勘助

ここまでは山師という職業が山勘という言葉になったと言われる由来についてご紹介しましたが、これはまだ一説にすぎません。

もう一つ山勘という言葉の語源になった由来が存在しており、それは武田信玄の参謀の山本勘助が影響していると言われています。

歴史が好きな方であれば、知っている方も多いと思いますが、歴史を知らない方でも武田信玄くらいは知っていると思います。

武田信玄は戦国時代の武将であり甲斐の守護大名や戦国大名です。

武田信玄といえば有名な言葉が存在しており風林火山と書かれた軍旗はとても有名になっています。

武田信玄は人々を大切にした深い心で戦略を立てることに長けており戦いを勝ち抜いた姿は現在まで尊敬されていることからたくさんの方が武田信玄と言う人物について知っている1つの理由だと考える事ができます。

武田信玄といえば戦略に長けている人物であると考える事ができますが、それは山本勘助の存在も大きな存在になっています。

これが山勘という言葉の由来に関係しているのですから、詳しくこの辺りを理解していきましょう。

彼が計略に長けていたことから

元々山本勘助については武田信玄の参謀として大きく活躍をしていましたが、武田信玄の軍がどうして戦略に長けていたのかと言われると山本勘助の存在があってことです。

この山本勘助の戦略はたくさんの人が認めている程で有り、山本勘助の実力を認めたからこそ、ごまかすことを山勘と言う様になったと言われています。

つまり、山本勘助の名前から取られて言葉が出来たのではないかといわれています。

それだけ人を欺ける能力が高いと認められた証拠でもありますから、その当時では誇り高い言葉であったのではないかと想像することが出来ます。

カンを鍛える9個のテクニック

ここまでは山勘という言葉の意味や、山勘がどのようにして生まれたのか、という事について詳しくご紹介していきました。

普段私たちが使っている言葉もこのような背景があって生まれたと考えるととても感慨深い気持ちになりますよね。

先ほどご紹介した由来を考えてみると武田信玄の山本勘助の摂津を考えてみるとどちらかといえば勘という言葉は当てずっぽうではなくよく考えて計算された考えの意味も持っていると考えることができます。

なので、現代においてはちょっと意味が変わってきているのかもしれませんね。

由来について理解頂いたところで、ここからは普段日常生活の中で勘を使う場面でいかに自分自身の勘を鍛える事ができるかという事についてご紹介していきたいと思います。

勘を鍛えるという事自体、出来ないと思っている方もいるかもしれませんが、ここからご紹介する事を試していただければ、勘がさえる事間違いなしです。

普段から自分自身の勘を信じて行動している人には絶対に行っていただきたい方法ばかりですので、実践してみてください。

勘の存在を信じる

まずはじめにご紹介する自分の勘を鍛えるテクニックの1つは自分自身の勘の存在をまずは信じる事です。

人によっては自分自身の勘の存在を信じていない方がいるかもしれませんが自分の勘を信じずに勘を当てようと思っているのは間違いです。

まずは自分自身の勘を信じることから始めなければいけません。

人間は思っているよりも、自分自身が信じる力がとてつもなく大きな影響力を持っています。

例えば、良くある話ですが、自分自身ができると本気で信じていることであれば不可能なことも可能になるという話がよくありますよね。

あれはある意味正しい話で、もちろん現実的に不可能なことは出来ないと思いますが、ちょっと困難なぐらいのことであれば本気で自分のことを信じて行ってみれば意外とできたりする事が多いです。

その逆に普段からできている様なことでも自分ができないと考えてしまうと、以外とできなくなってしまったりするものです。

これは一種の精神的な話になるのですがプロ野球で阪神で活躍している藤浪投手に関しても最近かなりデッドボールが増えてきており、以前まではそこまでデッドボールは多くなかったのに、今では毎試合必ずデッドボールがあるほど症状がひどくなっています。

しかし、これはれっきとした精神的な病気の症状が出ていると言われており、イップスと表現されています。

精神的な緊張が伴えば伴うほど発病する可能性が高いと言われており、これもすべて精神的な所から来ていると言われています。

話が若干ずれましたが、信じる力というものはそれだけ人体や精神的に大きな作用をもたらしています。

なので、まずは勘という存在を強く信じて疑わない心を持つ事が大切だという事です。

自分の勘に自信を持つ

次にご紹介する自分の勘を鍛えるテクニックの1つは自分自身の勘に自信を持つということです。

これは先ほどご紹介した勘の存在を信じるという話と似ているかもしれませんが、まず大前提として自分の勘の存在を信じ、そこから自分自身の勘について絶対的な自信を持つという事です。

自分の勘を信じる事によって、その勘が当たるようになります。

どうしてもおどおどしながら行ったり、不安そうに考えてしまうと失敗してしまいやすくなります。

思い切って自分を信じて飛び込む気持ちの方が勘は強くなりますし、間違った選択をしない事にも繋がりますので、堂々と自分に自信を持って勘を信じるようにしましょう。

常に五感を意識する

次にご紹介する自分の勘を鍛えるテクニックの1つは常に五感を意識するということです。

五感を意識するといわれると、難しいかもしれませんが、そもそも勘は第六感といわれています。

なので、本来であれば人間には五感が備わっているのです。

具体的に説明すると、人間の各器官の事を指し示しており、目、鼻、舌、鼻、皮膚の事を指し示しており、それぞれ視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚に繋がっています。

おそらく小学校の時にこのような言葉を習った記憶がある方も多いと思いますが本来であれば細かく分類すると20余りあると言われています、がそのうちの代表的な5つを表している言葉です。

なので、五感を意識するという事は、この五感を考えながら自分自身の考えをより明確にするという事です。

そして、ここでなぜ勘が第六感といわれているのか考えてみると、この代表的な五感の次に来ているという事は、この五感の先にあると考えられているからです。

なので、五感を意識して第六感を導き出せというような解釈が出来る事にも繋がっています。

周りをよく観察する

次にご紹介する自分の勘を鍛えるテクニックの1つは周りをよく観察するということです。

なぜ自分の勘を鍛える上で周りをよく観察する必要があるのかと言いますと、正解かどうかわからない自分の考えを導き出す上で周りをよく観察することによって、そこから何かヒントを得ることができる可能性があるからです。

そもそも自分の勘を信じて決断を出すということはその時点で時間がなかったり、もしくは調べることができない、もしくは調べてもわからないといった状況が前提にある場合が高いです。

時間がない中で何かしらヒントになり得ることを収集する必要があり様々な情報を収集することによってより的確な正解を導き出せる可能性が高まります。

だからこそ周りを観察する必要があると断言することが出来ます。

些細な変化にも注目する

次にご紹介する自分の勘を鍛えるテクニックの1つは些細な変化にも注目するということです。

先ほどご紹介した様に自分の勘を信じる場面では情報が圧倒的に不足している可能性が高いです。

何事に関しても情報量が多いに越したことはありませんし情報量が決定的な差を作る場合などもあります。

なので、情報をいかに多く入手する事が出来るかどうかが正しい判断に結び付く可能性が高いです。

なので様々なことに目を向けて些細な変化にも注目をすることによってその変化からある程度様々なことを予測することができる可能性が高まります。

なので様々なことにしてんを向けて些細な変化に注目するように注意することによって自分自身の勘を鍛えることが出来るという事になります。

様々な経験を重ねる

次にご紹介する自分の勘を鍛えるテクニックの1つは様々な経験を重ねるということです。

なぜ自分の勘を鍛える上で様々な経験を重ねなければいけないのかと言いますと、自分の勘を信じるということは自分がこれまでに体験した物事から得たすべての知識などを集めて考える事にもとづいているからです。

自分の勘というものは、よくよく考えてみるとこれまでに経験体験してきた事から得た知識を利用して何が正しいのか導き出す作業にほかなりません。

実際にあなたがこれまで経験してきたことが全く別のことに生きたという体験をした事があると思います。

これはよくある話で、例えば普段から重い荷物などを持っているような職業であれば、自然と筋肉がついたり、重い物を運ぶコツを生み出すことが出来るように、そこで得た筋肉とコツがプライベートの場面で役立つことなどがある可能性があります。

そのようにして考えると、様々な体験をしている人間の方が引き出しが単純に多くなります。

引き出しが多くなると言う事は様々な視点で物事を考えることができるようにもなりますので様々な経験を重ねるという事は自分の勘を鍛える上でとても大事なテクニックであると考えることができます。

色んな人に出会う

次にご紹介する自分の勘を鍛えるテクニックの1つは色んな人に出会うということです。

これについては先ほどご紹介した様々な経験を重ねるという面と似ているかもしれませんが、様々な人間に出会うという事は、それだけたくさんの経験を積み重ねることが出来るという事です。

例えば、世の中に存在している人間で全く同じ人間はいるはずがありませんよね。

当然生まれも育ちも違いますし、行っている仕事内容も違いはずです。

たくさんの人間が存在しておりますので共通点がある人がいるかもしれませんが人生一から十まで全て一緒の人などがいるはずがありません。

ということは自分と違いなる人間と接することによって様々な刺激を受け取ることができると考えられます。

それは人によって全く違いますのでたくさんの人と出会うことによってより様々な刺激を受けることができ様々な視野で物事を見る事も判断する事もできるようになります。

そう考えると、色んな人に出会うという事は経験と考える事ができ、それは自分自身の勘を鍛える上で大事な事であると考えることが出来ます。

先入観を捨てる

次にご紹介する自分の勘を鍛えるテクニックの1つは先入観を捨てるということです。

どうして先入観を捨てることで自分の勘を鍛えられるのかと言いますと、比較的にたくさんの割合の人は物事に対して先入観を持って考えています。

先入観を持つということは周りの人と同じ考えを共有するという意味では良い考えなのかもしれませんが、それは自然と考え方を狭めていることにつながっています。

例えば一つの見方しかできない人間よりも様々な見方をできる人間の方がたくさんの意見を考えることができより洗練された考え方をすることができるようになります。

例えば、自分の目線でしか物事を判断できない人と、自分と周りの視線、つまり客観的な目線で物事を考える事が出来る人間はその分客観性を取り入れた考え方を持てるようになります。

それは自分だけの目線でしか物事を判断できない人間に比べて有利な立場に立てるという事であり、優れた考え方が出来る人間であるという事です。

それと同様に先入観にとらわれた考え方しかできない人間は柔軟な考え方が出来ない場合が多いです。

なので、自分の勘を鍛えるためには先入観を捨てて、柔らかく物事を考える必要があるという事を理解してください。

【先入観を捨てるためには、こちらの記事もチェック!】

勘を何度も試してみる

次にご紹介する自分の勘を鍛えるテクニックの1つは勘を何度も試してみるということです。

何事においても繰り返し反復して練習を行うことによってその行いはより洗練されたものになります。

これに関してはスポーツを勉強もすべて同じであると考えることができます。

例えばスポーツに関してもいくらプロの方でも基本的な練習は絶対に欠かさず行っています。

例えば野球に関してもそうですが基本的なキャッチボールなどは試合前に行ったりしますし、バッティングの練習なども何度も何度も行っていますよね。

勉強に関しても覚えて、記憶に定着するまでは何度も何度も同じことを書いたり、唱えたりして覚えられるようにしていきます。

これと同じで、勘も常にこれまでご紹介してきた大事な事を考えた上で、何度も繰り返し行う事で考える能力が身に付きます。

確かに、何かについて調べたりすることによって間違いのない情報を得て判断することも大切かもしれませんが、それと同時に自分自身の頭の中で考える能力を低下させてしまっているという事に気づかなければいけません。

毎回勘で行う必要はありませんが、時には自分の力を伸ばす意味でも、勘で考える事によって自分のスキルを伸ばす事に繋がる事を大事に考えてください。

ヤマカンを当てられるようになるには、意外と努力が必要

今回は山勘という言葉についての意味や語源、そして勘を鍛えるテクニックについてご紹介していきました。

想像以上に山勘はとても奥が深い物です。

単なるあてずっぽうなら話は別かもしれませんが、よく考えて経験から導き出すという事を考えるとより基礎的な知識の差が物を言います。

圧倒的な努力を行う事で、より正確な山勘が行えるようになりますので、考える能力を向上させるという意味でも、普段から山勘で物事を判断するという事を取り入れてみてくださいね。