あなたは人に対して期待した事はありますか?

おそらく、世界に存在している誰もが期待した事があると答えるはずです。

他人に対して期待する場面は様々な状況が存在します。

日常生活においてもありふれすぎているので、全てを例に出すことはできませんが、例えばあなたが何か用事があって家を出ないといけません。

しかし、外に出ている時間にあなたが観たいテレビ番組が放送されます、なので家族に対してテレビの録画をお願いしました。

考えてみれば、これも他人に対して期待している事と同じです。

一般的にはテレビの録画をお願いしているだけの話ですが、根本的な気持ちの部分には、家族のお願いした人に対してこの人なら伝えた事を問題なく行ってくれるだろう、という考えがあるので、それは期待しているという事と全く同じ意味で考えることが出来ます。

この考え方を元にすると、普段から他人に対してお願いをしている人や指示をしている人は他人に対してたくさんの期待を行っている人だと判断できますね。

仕事の場面や、プライベートの場面など、それは様々な状況があると思います。

普段から他人に対してこのような場面になる事が多い方に今回は一つの考え方をご紹介したいと思います。

それは人に対して期待しないという考え方です。

なので、今回は人に対して期待しないという考え方をテーマにして、期待しない事のメリットのついてご紹介していきたいと思います。

期待しない考え方、どう思う?

あなた自身人に対して期待しない考えをどのように想像しますか?

人によってはそんな考えは間違っていると指摘される方もいると思いますし、ある人はその考えについて大いに賛成してくれる場合もあります。

人によって答えが違いますので何が正解かとおう事は存在していません。

あくまでこれが一つの新しい考え方であるということを念頭においた上で考えていただきたいと思います。

相手に対して期待しない考え方は言葉にすれば簡単ですが、実際考えてみるととても難しいことです。

信頼関係を結んでいれば結んでいるほど相手に対して知らず知らずのうちに期待してしまう場合があります。

なので、自分でも気づかないうちに期待してしまっていたという事はよくある話です。

逆に、あまり相手の事を知らない関係であれば、そこまで期待するという事はあまりないと思います。

だとすると、どうしてそこまで無理をしてわざわざマイナスな考え方をするのかという事を指摘される方もいると思いますが、これは考えようによってはプラスになるような考え方なのです。

この考え方がマイナスであるという風にしか判断できない人は一つの方向からしか物事を考えられない可能性が高いです。

それが悪いわけではありませんが、様々な角度から物事を考えたりする事で、より良い結果が出せる可能性があるという事を理解してください。

期待の2つのパターン

相手に対して期待しない考え方のメリットをご紹介して行く前にまずは期待ということについて少し考えていただきたいと思います。

期待という言葉の意味が分からない方はいないと思いますが、念のために定義をご紹介していきます。

期待は「何らかのことが実現するだろう、と望みを待つこと」を意味している単語です。

つまり簡単には自分がこうなって欲しいと想像している様な状況や結果が導き出されることを希望している状態のことを指し示している言葉です。

基本的な意味合いを理解したところで私たちが日常生活で期待を寄せている場合は二つのパターンに分けることができます。

普通に生活していると期待が二つのパターンに分かれているということを自体考えることはないと思いますので、この機会に新しい考え方に触れてみて、新しい目線での考え方を採り入れてみてください。

相手に対する期待

まずはじめにご紹介する期待のパターンは相手に対する期待です。

要するに、相手に対する期待を日常生活や仕事などにおいて行なっているということです。

一般的に期待するという言葉を用いる場合は誰かに対して期待している場合が多いのでこの意味が一般的に使わている場合が多いです。

例えば先ほどご紹介したように家族に対してビデオの録画をお願いするときも自分ではなく家族である相手に対して期待をしているという状況なので、まさにこちらのパターンの期待の種類に含まれるという事です。

普段から他人に対してお願いをしていたり、困った事があった時に助けて求めたりする人は相手に対して期待をしている機会が多い人間であると判断することが出来ます。

あなたは普段から他人に対してよく期待していませんか?
あなたが日常生活で行っている事をよく思い出してみてください。

例えば、今日取った行動を思い出して、他人に対して期待を抱いた瞬間はなかったかどうか考えてみてください。

もしも今日の一日の終わりに考えて頂いているなら、一度くらいは当てはまる場合があるはずです。

こうしてくれたらいいのにな

相手に対して何かを期待する時の気持ちを考えてみてください。

おそらく相手に対して何かを期待している時は心の中で相手がこうしてくれたら良いのになぁ、とあなたは思っているに違いありません。

相手に対して何かを期待する場合は当然期待する何かが存在しているわけです。

例えば、あなたが学生だったとして、授業でテストの時に消しゴムを忘れてしまったとします。

そんな時に誰かが消しゴムを貸してくれないかなぁと思うのも行ってみれば一つの期待ですよね。

このように相手に対してこうしてくれたら良いのにな、と少しでも思っているのはそれはあなたが相手に対して期待をしているということの証明に他なりません。

普段の生活を考えると心の中でこのようにつぶやく機会は人によって違うかもしれませんが少なくとも一日一回くらいは存在していると思います。

きっとやり遂げてくれるだろう

相手に対して何かを期待する時の気持ちのもう一つの種類としてきっとやり遂げてくれるだろうという考え方も当てはまります。

例えばあなたが会社員だったとして、役職についてある程度の部下を抱えている状態だとします。

当然ながら管理職になれば基本的には下の人間に対して何らかの指示を与えたりする場合が多くなります。

下の人間を育てるという意味でも時には怒ったり時には相手を褒めたりして成長させていくのが大切な仕事の一つですが、相手を成長させる過程の中で何かの仕事をお願いしたり任せたりする機会がたくさんあると思います。

当然ながら仕事を任せると言うことはその人間に対して仕事をきっとやり遂げてくれるだろうというこちらの期待が存在しているからこそお願いをするのが当たり前ですよね。

どうせこの人にお願いしてもきっとやり遂げてくれないだろうと、思っているのであれば最初からその人にはお願いをするわけがありませんよね。

このように会社なのでも頻繁に相手に対して期待をしている場面が多いと証明することができます。

冒頭で説明したように家族にビデオの録画をお願いすると言うのも家族の人間に対してきっとやり遂げてくれるだろうという期待をしているからお願いをしているわけです。

このようにプライベートなどでも知らず知らずのうちに人に対して期待をしてしまっていると考える事が出来ます。

自分に対する期待

ここまでは人に対する期待についてご紹介をしていきました。

あまり人に対して期待をすることは少ないと思っていた人でも、これまでの話を見て知らず知らずのうちに人に対してたくさんの期待をしていたんだなと自分のことを振り返る場面が多いと思います。

しかしながら期待をする場面は相手に対する期待だけではなく時には自分に対して期待をすることも存在しています。

あなたは自分に対して期待をする場面を具体的にどういう状況で考えることができますか?
一般的には期待するという言葉は相手に対して用いたりすることが多いのですが、自分に対して期待をする場面を想像してみるとなかなか思いつかなかったりする場合が多いです。

しかしながらよくよく考えてみるとかなり自分に対して期待をしてしまっている場面が多かったりするのも事実です。

では自分に対する期待にはどういう気持ちが存在しているのか具体的に考えていきます。

何か報酬が貰えるだろう

自分に対する期待を想像してみた時に考えられる気持ちがあります。

それは何か報酬がもらえるだろうという期待です。

これは具体的にどういう期待なのかといいますと、例えば普段の行いなどから、自分が良い行動をしている、もしくは良いパフォーマンスを行ったと認識した時に、自分を高く評価する場面があります。

それは仕事でもプライベートでも様々な場面があると思います。

そんな時には頑張った自分なのだから報酬が出るだろうという自分に対する期待です。

言ってみれば少し自信過剰であったりナルシストな考え方の1つとして捉えることができるかもしれません。

結局根本的には自分を高く評価しているという事や自分がすごいんだという自分に対する期待が存在していると考えることが出来ます。

きっとうまくいくだろう

その他に自分に対する期待を想像してみた時に考えられる一つの気持ちとして、きっとうまくいくだろうという考え方があります。

これはどういうことかと言いますと何かを行う際に、自分自身ならきっとその物事がうまくいくだろうという考え方です。

これは良く考えてみると、(自分だから)きっとうまくいくだろうという気持ちが見え隠れしています。

結局は自分に対して自信があるということになるのですが、自分に対して自信を持っているということは、自分に対してある程度期待をしていると考えることができます。

なぜなら自分に対して期待していなかったと考えると自分に対して期待していない人間は自分の行動をうまくいくとは思えないからです。

あなたの身の回りにもひとりくらいは常に自信がなさそうにしている人がいると思います。

自信がなさそうにしている人が何かの物事に対してきっとうまくいくだろうと自信を持つ場面はとても少ないです。

その逆に自分に自信を持っている人は何事も堂々と自身を持って行いますよね。

これが気持ちが体の表面にまであふれ出ている証拠です。

きっとうまくいくだろうという考え方は考えてみると、自分に対する期待にほかなりません。

期待しないことの13個のメリット

ここまでは期待する二つのパターンについてご紹介していきました。

期待するということは自分に対する期待や相手に対する期待様々な状況が存在し、心理も複数あるという事に気づけたはずです。

あなたが心の中で感じている期待ということに関して詳しく理解を深めた所で、ここからは期待しないことのメリットについてご紹介をしていきたいと思います。

期待するという事の様々な状況を理解した上で改めてあなたは期待をすることは悪いことだと思いますか?それとも良い事だと思いますか?

おそらくこの時点ではまだ頭書持っていた自分の意見から考え方を変えた方はあまりいないと思います。

ここからご紹介する気体をしないことのメリットについて様々な角度から物事を考えてみれば意見が変わる方もいるかもしれませんので、新しい価値観や味方などを養って、より豊かな考え方ができるようなきっかけにしてみてください。

疲れやストレスが減る

まずはじめにご紹介する期待しないことのメリットの一つは疲れやストレスが減るということです。

まず考えていただきたいのは人に対して期待をするという事は、疲れやストレスが生じる物であると理解する事です。

なぜ人に対して期待すると疲れやストレスが生じてしまうのか?と考えた時に考えられるのはその期待がうまくいかなかった場合です。

当然ながら人に対して期待通りの結果になれば大抵の方は嬉しい気持ちになりますし、期待してよかったと思うはずです。

しかし胸に手を当ててよく考えてみてください。

あなたがこれまでの人生で人に対して期待して、その期待が叶わなかった時のことについて思い出してみてください。

相手に対して期待していたのに期待を裏切られた、若しくは頑張ってくれたが期待通りの結果にはならなかった、このような様々な場面があると思います。

おそらく期待通りの展開にならなかった場合少なくとも多少の疲れやストレスを感じてしまったことがあると思います。

人によって感情は違いますので捉え方も違うと思いますが、感情を表に出さないにしても心の中で期待をして損してしまったと思った経験がある方もいるはずです。

この事を考えると相手に対して期待をするということは、疲れ、ストレスがたまるという事を意味しています。

全ての場合に起こりうる事ではありませんが、少なからず期待をしていなければ必要以上に悩む必要はないのです。

期待をしてしまったからこそすべて起こりうる話だという事を覚えておいてください。