今、私たちが使っている言葉の中にはたくさんの若者言葉が存在しています。

ある程度年齢を重ねている人からすれば意味が分からない単語ばかりだと思いますが、意味を知ってみると案外使い道が多く、便利な言葉がたくさんある事に気づかされます。

一見してみると意味が分からない単語ばかりなのですが、意味や成り立ちなどを理解してみるとなるほどと思う場面がたくさん存在しています。

しかし人によっては若者言葉を嫌い人がいるのも事実です。

しかし、若者言葉を嫌っている人でも知らず知らずのうちに若者言葉を使っていることは十分考えられ、今ではなくてはならないような存在にもなっています。

例えば、あまり知られていないケースとして、目上の人に対して体育会系の会社の場合は~っす、とよく使われますよね。

これも実は若者言葉なんです。

そして、なるほどね、という言葉がありますが、実はこれも若者言葉なんです。

知らないだけで、案外日常生活で使っている人はたくさんいるはずです。

どうしても若者言葉と聞くと最近できたばかりの言葉が意識されがちですが、案外昔から存在している若者言葉もあると考えると若者言葉に少しずつ興味がわきませんか?
便利な言葉であるからこそたくさんの人に浸透し、たくさんの場面で使われている若者言葉は言ってみれば今の時代に不可欠な言葉なのかもしれませんね。

今回はそんな若者言葉の中から、あーねという言葉をテーマにして、あーねという言葉の意味や使い方などをご紹介します。

️「あーね」って見たことある?

あなたは「あーね」という言葉を見かけた事、もしくは聞いたことがありますか?
年齢を重ねている方であれば、あまり若者と一緒になる機会が少なかったりするので、聞く機会があまりないかもしれませんが、子どもがいる家庭の場合は子どもが親に対して若者言葉を遣ったりする場面などが考えられますので、あながちまったく聞く機会がないわけでもないはずです。

子どもと話している時に子どもがあーねという言葉を使ったり、それを耳にしたりした場面はないでしょうか?
もしくは若い方であれば実際に自分自身が使っていたり、もしくは周りが使っているからそれを聞いている方もいるかもしれませんね。

あなたは「あーね」という言葉の意味を正しく理解していますか?
なんとなく聞き流していたり、抽象的にとられている方もたくさんいると思いますので、若者言葉を知るきっかけとしてまずは「あーね」という言葉から認識を深めていくと、若者言葉を色々勉強するきっかけにつながるかもしれません。

言葉を知るという事は、意味を理解する事に繋がり、思わぬ場面で役に立ってくれる場合もります。

なので、敬遠せずに新しい言葉と思って気軽な気持ちで知ることを初めてみてください。

LINEなどのメッセージで


あーねという言葉を耳にする時にはどの様な場面があるかよく考えてみましょう。

あーねという言葉を耳にするときは先ほどご紹介した様に自分の家族が使っている場合に聴いたりすることがあると思います。

若しくはそれ以外の場合を考えた時に一般的に考えやすいのがSNSなどのメッセージなどで用いられる場合が多いです。

例えば、現在であればメールなどはあまり使われておらず、連絡を取る場合はLINEなどを使って連絡が取られているのが一般的です。

LINEはきちんとメッセージ管理機能が備わっており、それぞれの個人との会話履歴などもみやすくなっていますので、メールなどと違ってわかりやすいのが特徴的です。

連絡を取り合う手段はもはやLINEが当たり前となっています。

だからこそLINEのメッセージなので相手と会話をする時に使われる場面もとても多いと思います。

なぜ若者言葉が行ったりたくさんの人が使ったりするのかということを考えた時に、前提として若い方は新しいことに敏感な方が多いので早く新しいことを取り入れたいという気持ちがそうさせている可能性があります。

しかしそれ以外の大きな理由として若者言葉についてはほぼ全ての言葉が短縮されている言葉になります。

そのまま短縮されているか若しくは上手に表現されて短縮されている場合が考えられるのでいずれにしても言葉を使う時にとても使いやすいというメリットがあります。

長ったらしい文章をたった一言で変換して相手に伝えることができるとなると当然短縮された言葉の方が時間効率の良いわけですしたくさんの方が使うのが当たり前だと考えられます。

これは子供に限らず商品に関しても便利な商品でたくさんの人が使っていれば自分の家庭も欲しいと思うのが当たり前ですよね。

それと全く同じで今ではメッセージ機能の付いたアプリを利用する際には若者言葉を使う場面がとても多いということを理解してください。

Twitterのやり取りで

あーねという言葉を耳にする時には先ほどご紹介したようにLINEなどのアプリで耳にすることがあるとご紹介しました。

しかし、それ以外にもたくさんの場所で見かけることが十分考えられます。

例えば、今現在若者たちが使っているアプリなどはLINE以外にも様々なSNSが存在しています。

例えば、SNSで今人気なのはTwitterやインスタグラムなどが大人気となっています。

特にこの二つが主に人気になるのですが、Twitterに関しては別の個人と話をする機会がインスタグラムよりも圧倒的に多くなっているので、どちらかといえばTwitterなどのやり取りで「あーね」という言葉が使われる場面が多くなります。

TwitterやインスタグラムなどのSNSは若い方であればやっている人の方がはるかに多いので、たくさんの人が交流の場として利用しています。

今は面と向かって相手としゃべる事以外にもネット上で繋がりを見出してコミュニケーションを図ったりする時代です。

ある程度年齢を重ねている人からすればちょっと寂しい現実かもしれませんが、今現在の若者たちにとっては当たり前のことであり、時代に変化によるものなのでしょうがない部分はあるかもしれませんね。

️「あーね」の意味


ここまではあーねと言う言葉がどのような場面で使われるのかという事についてご紹介しました。

たくさんの場面で使われる機会があり、現在の特徴にも触れた上でネット上などでも多用されるという事をご紹介しましたが、あーねという言葉が使われる場所を理解したところで、ここからは具体的にあーねという言葉がどのような意味で使われてるのかという事をご紹介していきたいと思います。

若者言葉に疎い方などは意味が全く分からないと思いますので、この機会にあーねという言葉を正しく理解するきっかけとして活用してみてください。

意味を知ってもあまり使う場面などは少ないかもしれませんが、知っているだけでも時には思わぬ場所で役に立ったり、コミュニケーションを作るきっかけになる可能性もあります。

なので、敬遠せずに好奇心をもって言葉の意味を知ることから始めましょう。

「あーね」は略語!

まず知って頂きたいのは、あーねという言葉は略称されている言葉だという事です。

若者言葉がたくさんの言葉があり、たいていの場合は略称されている言葉だと先ほどお伝えいたしました。

なので、あーねという言葉のたくさんある若者言葉のうち、略称された種類の言葉であるとまずは知ってください。

では、具体的にあーねという言葉がどういう風に略称されているのかといいますと、あーねという言葉は「あー、なるほどね」「あー、そうだね」という言葉の略称として一般的に知られています。

もうこの時点で説明しなくてもたくさんの方が理解いただけたと思いますがこの文章の最初と最後の文字を切り取ったと考えると「あーね」という言葉が自然と出てくると思います。

そこまで長い文章ではないですので特に略称する必要性がないようにも感じる方もいますが、なんとなくかわいい印象なども与えられたりするので若者の中にはよく使っている人などが多いのが事実です。

この意味さえ知っておけば様々な場所であーねという言葉を聞いたとしてもすぐに意味が理解いただけると思います。

意味を知らなければまったくもって理解できない言葉ですが、よく意味を知ってみると便利な言葉だったり、なるほどと思えるような言葉である場合がとても多いと思います。

意味を知ってみると若者言葉に対してさらに興味を持って知れるようになりますよ。

相槌や納得の意味で使われる

あーねという言葉が持っている基本的な意味合いをご紹介いたしました。

あーねという言葉の意味を知れば日常生活における様々な場面で用いることができる言葉であると考えることができますね。

一般的によく使われる場面をあなた自身も想像してみてください。

本来持っている意味を考えるとするならばこの言葉が使われる場面は相槌や納得の意味で使われるということがすぐに理解いただけると思います。

では具体的にどういう風な形で会話が形成されていくとかと考えた時に、例えばあなたがどうしても考えてもわからない様な問題を友達に対して教えてもらうようにお願いをしたとします。

そして友達がその問題が意味がわかるように解説をしてくれたとして、ようやく問題を理解したとします。

相手が説明してくれることに対してきちんと理解をすることができれば本来であればなるほどねと思うと思いますが、そのなるほどねを「あーね」という言葉に置き換えたりして使えると考えることが出来ます。

意味だけを知っていても、実際に使う時にはちょっと考えなくてはいけない場合もありますので、きちんと使用されり場面などを想定しておく事で間違った使い方を防ぐことが出来ます。

相槌や納得した時にはあーねという言葉で代替できるという事を知っていれば間違った使い方は可能性としては少なくなるはずです。

「あーね」の色々

あーねという言葉が相槌が納得の場合に使われる言葉であると簡単にご紹介しましたが、先ほどご紹介したのはあくまで一例であり全ての場面での使い方ではありません。

だからこそしっかりと「あーね」という言葉の使い方について理解するためには様々な例文などをもとにして文章の意味を理解して使える場面を想定することが大切です。

様々な使用する場面を事前に想像して理解しておくことでたくさんの場面で言葉の応用が利く様になりますので正しく言葉を支えるだけではなく適切な状況で瞬時に言葉を変換して口にすることができる様になります。

特に若者とコミュニケーションを取ったりするときに相手に対して理解をする上でも必要なことになりますので若い子供を持っている親や、普段友達と若者言葉を使ってコミュニケーションを取っている方であれば間違えないように注意しましょう。

「あー、そうだね」

まず考えていただきたいのが、あーねという言葉を使ってどういう時に表現できるのかという事ですが、「あー、そうだね」という言葉を使う時には代替することが出来ます。

例えば、相槌などで使われる場面としては、相手と話をしている時に相手が話している内容に同意する場面はたくさんあると思います。

例えば、相手とある物事に対して話をしている時に相手が正しい意見などを話している場合に対してこちらもそれに同意や賛成の気持ちを示す時には、そうだねという言葉を使うと思います。

これと同じようにして用いることが出来ますので、相手が正しい意見を話している時には、相槌で「あーね」という言葉を使えば相手からすれば、「あー、そうだね」という言葉として受け取ってもらえます。

基本的にあーねという言葉は相槌などで全般的に使える言葉なので、相槌として使用する場面では広範囲にわたって使えるという認識を持っておいてください。

一度使ってみるとかなり便利な言葉でもありますので、実際に使ってみるとより利便性が高い言葉である事を理解いただけると思いますよ。

「あー、そういうことね」

次に考えていただきたいあーねという言葉を使ってどの様な表現ができるのかという事ですが、「あー、そういうことね」という意味としても使うことが出来ます。

「あー、そういうことね」という言葉を使う場面を想像してみてください。

相槌といえば相槌ですが、相槌の中でも相手の言っている事が理解できた時に使われるような言葉です。

例えば、先ほどご紹介したようにわからない問題や質問などを相手に対して解説をお願いし、正しく理解いただけた場面でよく使われる言葉だと思います。

今まで知らなったことについての意味を理解した時に使われる言葉として、「あー、そういうことね」という言葉は使用され、それを「あーね」という言葉に変換することが出来る
という事です。

こうして考えてみると、相槌の中でもいくつかの種類に対応している事がわかると思います。

広範囲の意味合いを持っている言葉として使用する機会は当然多い言葉なので、利便性の高い言葉としてこのような意味合が含まれているという事を知っておいてください。

「あー、なるほどね」

次に考えていただきたいあーねという言葉を使ってどの様な表現ができるのかという事ですが、「あー、なるほどね」という意味として使う事もできます。

おそらく、あーねという言葉の基本的な一番有名な意味として「あー、なるほどね」という意味は確立されていると思います。

しかし、考えてみると「あー、なるほどね」も「あー、そうだね」もまったく同じ意味ですよね。

逆にこの言葉の意味が違う事を説明する方が難しいくらい似ている言葉です。

なるほどもそうだねもどちらも納得した時などに使える言葉ですし、どちらも代替できるような言葉です。

なので、そこまで難しく考えずにこのような意味が含まれているんだという事を知っておく程度で問題はないはずです。

特定の言葉の略語ではない

「あーね」という言葉はが持っている意味合いや、代替できる場面に優れた様々な意味を持っている言葉であるとさらに認識いただけたと思います。

特定の言語に対しての略語というものではないので、様々な状況、シーンで利用していただける言葉です。

だからこそ広い人から用いられている言葉であり、利便性が高い言葉として知られています。

先ほどご紹介しましたが、言葉も商品も同じで、便利であればあるほどたくさんの人が利用しますし、需要もありますよね。

それと同じであーねという言葉も便利な言葉でたくさんの場所で使えるので、若者言葉の中でもよりたくさんの人が使っている言葉であると考えることが出来ます。

何かに対する返答で多く使われる

あーねという言葉がたくさんの場面で使用される言葉であると認識いただけたと思いますが、あーねという言葉は基本的には何かの返答で使われる場合が多いです。

だからこそ相槌として使用されたり、相手と会話している時に相手の話している内容に対して納得した時に使われるような場面が多いです。

それ以外の使い方などは逆に存在していませんので、返答する時に使える言葉であると認識すれば間違った使い方はなくなりますし、そもそもあーねという言葉の意味を正しく理解しておけばそのような心配はありません。

普段会話などで相槌が面倒になった時にあーねという言葉を言っておけば問題ないというような場面もありますので、困った時に使える言葉として考えてみると面白いかもしれません。

具体的には、人によってはマシンガントークで一方的にしゃべってばかりの人などもいますので、そのような人に対応するときに便利な言葉です。

いちいち返事をするのが面倒だったり相手の話の内容を理解して返答するときには使えますので覚えておいてください。

️流行語になった「あーね」

ここまではあーねという言葉の基本的な意味や使い方、どの様な言葉が略称されているのかということについて詳しくご紹介していきました。

ここまででかなりあーねという言葉の意味を理解いただけたと思います。

しかし、言葉の意味を理解する上で特に若者言葉はそれが生まれた理由や、流行った経緯についても知っておく事でより言葉を理解できるようになります。

最近作られた言葉という事もありますので、その経緯などは知っておいた方が様々な事を知るきっかけにもなりますので、あーねという言葉を知る上でまずは理解していただきたいことが複数存在しています。

なぜ知っていただきたいことはあーねという言葉は流行語として表彰されたことがあること言うことを知っていただく必要があります。

流行語といえば、毎年流行語大賞などで有名なその年流行った言葉として認められた物だけが受賞出来るイベントなのですが、あーねという言葉はそこで入賞しているので、世間的にも存在をかなり広範囲で認められている言葉であると認識することが出来ます。

女子中高生たちから広まった言葉

元々あーねという言葉がどうしてここまでたくさん広がったのか、ということを考えてみることであーねという言葉の背景を知ることができます。

まずなぜ流行ったのかと考えますともともと女子中高生たちから広まった言葉として広く認識されています。

これに関してはたくさんの方が納得いくと思いますが、そもそも若者言葉を使っている世代を考えた時に使っている年代は女子中高生の割合がかなり高いです。

なぜ女子中高生たちが使うのかと考えてみると先ほどご紹介したように、若者言葉など比較的新しい言葉についてはどうしても若い世代の方が新しいものに敏感で意識的に吸収しているので、世の中に存在しているたくさんの年代の中でも女子中高生が吸収する割合が異常に高いです。

年代として考えるならば男子中高生もそれに該当するのではないかと考える方もいるかもしれませんがもちろん男子中高生が使っていないわけではないのですが、どうしても男子が使う言葉としては少し女々しい印象を与えてしまう場合がありますので、その点を踏まえると女性の方が使う場面としてはかなり多くなります。

また現在の話をするならば、女性の方がSNSなどを使ってコミュニケーションを図ったりすることが上手な特徴がありますので、女性が中心となってつかっていると考えることが容易にできます。

また、昔と比べて情報が回るのが早い時代になっているので、言葉が新しく生まれるのも廃れるのもはやくなっています。

だからこそ、急激にたくさんの人が使いだして、それが世間で認識されて有名になったと考えることが出来ます。

女子中高生ケータイ流行語大賞2011の6位

あーねという言葉は流行語として認められたと先ほどご紹介しましたが、具体的に流行語として認められたのは、女子中高生ケータイ流行語大賞2011の6位に入賞したという実績が元になっています。

そもそも女子中高生ケータイ流行語大賞がわからないという方がいるかもしれませんが、女子中高生ケータイ流行語大賞はピーネストが主催する女子中学生や女子高校生の間で流行った流行語投票によって決定すること賞を意味しています。

元々は2007年に開始されたネット流行語大賞からピーネストが運営協力に入ったことがきっかけで創設されたイベントです。

無料ホームページ作成サイトを利用しているユーザー向けにアンケートを行って女子中高生を対象にしたアンケートの中で投票された結果から決められている内容になるのですがそこであーねという言葉は6位に入賞しているという実績を持っているので、実際に使っている人達から投票された結果なので、やはり利用頻度が高く、たくさんの方が認識している言葉であると考えることが出来ます。

️元は九州地方の方言?

あーねという言葉が世間的にも認められた流行語であるという背景をご紹介しましたが、あーねと言う言葉はそもそもどうして使われる様になったのかと考える方も多いと思います。

一般的にインターネットスラングと呼ばれる様なインターネットで発生しだした言葉に関してはインターネット上の掲示板で様々なきっかけで誕生することが多いのですが、あーねという言葉に関しての生まれた意味合いとしては九州地方の方言である可能性が高いと言われています。

方言は皆さんも知っていると思いますがそれぞれの場所によって非常に幅広い表現の仕方がありますので私たちの想像がつかない様な言葉を日常的に使っていることなども普通に存在しています。

特に日本の方言においては東北であったり鹿児島などの方言についてはかなり癖がある生になったりする様な方言が多く存在していますので、その地方の出身者がなければ時によっては本当に何を喋っているのか分からない様な日本語ではない言葉を使ったりすることも考えられますので、方言がもとになっているということを考えるときに考えられない様な言葉が使われていることもある意味納得することができますよね。

具体的にあーねという言葉がもとになった九州地方の方言について少し考えてみましょう。

意味合いは同じ

あーねという言葉に関しては先ほどご紹介したように略称された言葉であるとされているのが一般的ですが、実は九州地方の方言である可能性が高いと言われています。

具体的にどの様に使われていたのかと考えますと、もともと意味合いとしては本来あーねという言葉が持っている意味と全く同じ意味として使われていたそうです。

なので使用されている意味合いが同じであると考えるのならば、元々既に存在していたと言うことを踏まえるとあーねという言葉の語源になっているのは九州地方の言葉であると考えることができます。

少しキツイ意味の場合もある

あーねという言葉が九州地方で使われていたということをご紹介しましたが、九州地方で使われる場合は私たちが一般的に使っているあーねという言葉の意味と少し違う場合も存在している様です。

それはどういうことかといいますと、九州地方で使われている方言としての意味合いを考えてみた時に、もっとキツイ表現をする時に使われる場合があるという事です。

具体的にキツイという事がどういう風に表現されるのかと考えると、例えば私たちがあーねと言う言葉を使う場合は、相手が話している時に対しての相槌としての意味として捉えることができます。

しかし、九州の方言として考える場合は相手の話に対して「わかったわかった」という意味や「もういいよ」という意味合いとして使われている場合が多いので、相槌というよりかはその会話を終わらせる時に使ったりする場面として想像することができます。

なので、方言としての意味と実際に若者言葉として一般的に使用されている場合では使われる感情や意味が若干異なる場合もあるということを認識してください。

️「あーね」の例文

ここまでご紹介した内容を踏まえてあーねという言葉が持っている背景なども認識いただけたと思います。

では、あーねという言葉を理解いただいたところであーねという言葉をより知って頂くためにあーねという言葉を使った例文に関していくつかご紹介していきます。

実際にどのように会話として使われるのかという事などを理解しておけばより実践的な知識として得ることが出来ますので、具体的にどのように使われるのかこの機会に理解してみてください。

「今日仕事で帰りが遅くなるから→あーね」

あーねという言葉を用いた例文として、「今日仕事で帰りが遅くなるから→あーね」という例文が挙げられます。

ここまでにご紹介した内容を踏まえればそこまで難しくない内容だと思いますが、意味合いとしては、今日仕事で遅くなるからね→わかった というような意味として解釈することが出来ます。

あーねという言葉の基本的な意味合いである、相槌や相手の話している内容に対しての納得、了解の気持ちを表している言葉の使い方です。

相手が話している内容に対して純粋に返事をするだけなので、そこまで高度な使い方ではありませんし、広く一般的に使用されている使用例だと判断できます。

「最近彼氏が私の事構ってくれなくてさぁ…→あーね」

あーねという言葉を用いた例文として、次にご紹介するのは「最近彼氏が私の事構ってくれなくてさぁ…→あーね」という例文が挙げられます。

これに関しても先ほどと似た様な意味合いとして解釈することができますのでそこまで難しくはないと思います。

意味合いとしては彼氏がいる女性が愚痴を話している状況が想像することができますよね。

最近彼氏が自分のことをかまってくれないという愚痴を友達に対して話している状況で、相手の愚痴に対して相槌をしている場面や、そうなんだという初めて知った時に使えるような言葉の使い方です。

これは様々な場面で応用することが出来ます。

そして、基本的にはあーねという言葉の使い方はこのような流れでしか使わないので、意味を知ってさえいれば使う場面で悩む事はありません。

この文型を意識しておけばマスターできるはずです。

️若者言葉を使いこなしてみよう!

今回は「あーね」という言葉の意味や使い方、そして流行るまでの拝啓や語源など、様々な事についてご紹介していきました。

あーねという言葉一つとっても様々な意味であったり、様々な場面で使用できる言葉であるという事に気づけたはずです。

いままであーねという言葉を知らなかった方でも、今回ご紹介した内容を踏まえてあーねという言葉が完全に理解いただけたと思います。

日常生活でも使用できる場面はたくさんあると思いますので、是非今回知って内容を活かして活用してみてください。

若者言葉を使いこなせばさらにコミュニケーションの質が上がると思いますし、楽しい物になるはずですよ。