あなたは普段ぐっすり眠ることが出来ていますか?

夜しっかり寝ることって大切なことですよね。

次の日に疲れを持ち越さないためにも、また心を休めるためにも睡眠は大切なものです。

そんな睡眠に実は悩まされている人もいるのではないでしょうか?

不眠。

それはとっても辛いもので私生活に様々な影響を及ぼしてしまうものです。

体が上手く動いてくれなかったり、心がすさんでしまったり。

本当はしっかり睡眠をとりたいのに、なかなか寝付けなかったり、夜に目がふとさめちゃったり。

そんな不眠はあなたにとって不必要なもので、すぐに改善したいものです。

今回はそんな不眠について詳しく説明していますよ!

さらにそれを改善する「不眠で悩んだ時にやると効果がありそうな13個のこと」を紹介していきます。

不眠で悩んでいるあなた!

これを読んで、これから不眠と上手く付き合ってみたり、不眠を解消して、心と体をしっかり休めさせる睡眠をとっていきましょうね♪

️不眠は不健康でとっても辛いもの

いわずとも知れた、不眠は不健康でとっても辛いものなのです。

あなたも不眠に悩まされていませんか?

なんといっても夜寝たいのに寝れない!といったことが辛くてどうしようもないですよね。

そんな心が続くと、体も不健康になってしまいますし、なにより睡眠時間が足りてなくて、体に明らかに悪いのです。

今回はそんな不眠は辛いものといったことを説明していくので、あなたも共感できると思いますよ!

まずはそんな不眠は辛いものというものをあえて思い出しておいて、そこから改善する気持ちを持って行きましょう!

不眠の症状


それではここからは実際の不眠の症状を紹介していきます。

きっとあなたも一度は経験したことがあると思うので、共感できると思いますよ。

自分ではあまり意識していないことも、実は不眠だったなんてこともあります。

まず自分がどれくらいその不眠の症状に当てはまっているのか、整理して心を落ち着かせてみましょう。

現状を分かりやすく把握することで、すこし心に落ち着きを得ることができますよ!

それでは実際の不眠の症状を見ていきましょう。

寝つきが悪い

不眠の初期的な症状として、まず寝つきが悪いことが挙げられます。

さあ、今日も疲れたから寝ようと思ってもなかなか眠りに入っていけないのですね。

気付いたら何時間もたっていたり、携帯をいじっていて時間がたっていたり。

そんなことは誰しもが経験したことがあると思います。

寝よう、寝ようとすればするほど目が冴えていったり、考え事をしてしまったり。

それが何度も続くようであれば不眠の初期段階だと言っても良いでしょう。

こんな時間だから寝なきゃと思うと余計に寝れなくなるのですね。

そしてもう時間は良いと思ってしばらくすると寝ていた、眠くなっていた。

と経験する人は多いと感じられます。

何度も目が覚める

何とか寝つけたものの、夜中に何度も目が覚めることはありませんか?

眠りが浅いのか、寝ているのか起きているのか際どい感覚で、パッと目が覚めてしまう。

それは不眠の症状といっても良いでしょう。

きっと仕事やプライベートの緊張が取れていないまま、寝ているのです。

その緊張が、眠りを浅いものにしていて、すぐ目が覚めてしまう原因なのですね。

仕事ですっきりしなかったり、嫌なことや嫌な人がいたり。

またプライベートで上手く行かなくて、緊張していたり。

そして毎日が充実していないことも何度も目が覚めることの原因となっています。

こちらも一時の緊張した日の夜に起きることがありますが、頻繁に続くようになれば不眠といっても良いでしょう。

きっと毎日あなたは何かに気を使ったり、意識し過ぎている傾向がありますよ!

一回目が覚めると寝付けない

夜寝つけたものの、一回目が覚めると寝付けない。

そんな事を経験する人も多い中、それは一時のものが一般的ですね。

しかし、先程の症状の後に寝つけなくなるとそれは不眠の症状です。

やはり何かに緊張していることが多い、または嫌な気分でいることが多いと言えるでしょう。

しかし、中には一日にそもそも体力を使っていないこともあるので、例えば就活中、再就職中で働いていなかったりすると、そもそもそこまで疲れていないので、目が覚めたり、そこから寝つけなかったりは、現実的にしょうがないことなのです。

なので、不眠と断定することはしなくても良いかもしれません。

しかし、体が疲れているのに、一日しっかり仕事をしているのに一回目が覚めるとなかなか寝付けない人は不眠だと言っても良いでしょう。

恐らく体や心が緊張状態に入っている、または起きたらすぐに入ってしまうということが、日常の生活の中で染みわたっているのでしょう。

朝早く目が覚める

それほど歳をとっているはずでもないのに、朝早く目が覚めることがあります。

それは夜早く寝たときなどはよくあることだと思いますが、それほど早く眠りに入っていのに朝早く目が覚めることはありませんか?

それは不眠と言える傾向にあります。

体が心が休む状態に入っていなくて、すぐ何かしなくちゃいけないっといった状態に入っちゃうのですね。

それはきっと忙しい毎日というよりは、人に気を使い過ぎていることが原因になります。

また、失敗が許されないような環境で仕事などをしている人は、すぐに目が覚めてしまう傾向にあります。

つまりそんな状況から緊張が取れずにいて、熟睡ができていないのですね。

寝た感じがしない

睡眠時間は取れている、寝つきは体が疲れているので自然と寝てしまうので大丈夫。

しかし、起きてもあまり寝た感じがしない。

それは不眠の中でも、眠りが浅い不眠の傾向にありますね。

寝ているのですが、恐らく夢を見ていたり、眠りが浅くて脳が起きている状態だったりするのです。

そうなると意識がなくなるといった感覚が睡眠中に取れていないので、起きても寝た感じがしない。

昨日の感覚が続いているといったことになるのですね。

不眠になるとどうなる?

不眠の症状については良く分かりましたよね?

またあなたも一度は経験したことや今まさに悩んでいる症状があったのではないでしょうか?

しかし、いったいそんな不眠になっている時にはどうなるのでしょうか?

私生活に及ぼす影響や体や心に与えてしまう影響などはどんなものがあるのでしょうか?

つまり不眠には弊害があり、寝れないことの辛さだけではないのです。

ここからはそんな「不眠になるとどうなる?」について詳しく説明していきます!

しっかりその特徴や症状を読んで理解して、不眠に対して改善する気持ちを持って行きましょうね!

集中力の低下

そもそも、睡眠がしっかりと取れていないと集中力が低下してしまいます。

脳が十分に休息を取れていないので、休もうとしていて、上手く働かないのですね。

そこから集中が続かず、また集中していないことに繋がっていきます。

ボーッとしてしまっていたり、眠気が襲ってきて、仕事に集中できなかったり。

そんな集中力の低下は不眠からくる弊害の一つとされています。

集中力の低下は仕事へのミスなどにも繋がりますが、運転中や仕事で危険な目にあったり、それを回避しずらかったり、そんな危ないことにもなってしまうのですね。

疲れが取れない

睡眠というものは疲れを取るためにあります。

その睡眠が上手く取れていないと、疲れというものはとることができないのですね。

体を揉みほぐしたりして疲れを取ることもできますが、根本的な疲れは睡眠でないと取ることはできないのです。

不眠が続くと疲れも蓄積されていって、どんどん元気がなくなっていきます。

これはかなりまずい症状で、疲れが取れないと本来の実力が発揮できなくて、仕事で悔しい思いをしたり、また疲れからくる、新しい病気などにも繋がってしまうのです。

さらに恐ろしいことにその疲れが続けば、心がすさんでしまって、イライラしたり、心の病気になる事もあるのです。

それほど疲れというものは睡眠によって取っていかなければならないものなのですね。

日中の眠気

夜はそんなに眠くならないし、目が冴えていたり、目が覚めてしまったりすることは不眠の人にはありますが、逆に日中になると急激に眠気が襲ってくることがあります。

体の作りからして、それは当たり前のことで、夜に取れなかった睡眠を日中に取ろうと体は働くのですね。

そんな日中の眠気は非常に危険なもので、あなたが危険な目にあってしまうことも。

一番怖いのは運転中に眠気が襲ってきて、事故を起こしてしまうことですね。

そんなことになる可能性は十分にあるので、不眠というものは確実に改善しなければなりません。

また電車で通勤している人も、電車の中で寝過ごしてしまって、降りる駅をとおり過ぎてしまって、会社に遅刻するなど、身近なところで不眠の弊害は起こってしまうのです。

憂鬱な気分

不眠が続くと、まず寝れないことへのストレスに繋がります。

そのストレスが体の血のめぐりを悪くして、体がだるくなり、さらに憂鬱な気分にまでさせているのです。

そして、不眠が続いて体や脳が休まらないと、疲れが取れず、疲れが取れないと憂鬱な気分になっていくのです。

本当に長いことそんな不眠が続いて、まして仕事場での時間が長かったりして休みの日も寝て過ごしたり、そんなリフレッシュすることができずにいると、最悪鬱になってしまうこともあるのです。

基本的にそんな不眠はもしかしたら、あなたが働きすぎていることから来ているかもしませんよ。

一度体を休めるためにも、心を静めるためにも、仕事を早く切り上げたり、残業をし過ぎないように会社に頼んでみたりすることをおすすめします!

不眠はすぐさま解消すべし!

こんな不眠による弊害があなたにも起こっている可能性があります。

そんな不眠は体や心にまで影響を及ぼしてしまうものなので、すぐさま解消するべし!です!

今この記事を読んでいるあなたはそんな不眠を少しでも解消してしたくて読んでいるのではないでしょうか?

また自分の症状を整理、そして理解できたことによって解消したい!と思えているのではないでしょうか?

ぜひ今回の記事をきっかけに不眠を解消してください!

あなたが不眠を改善することはあなたの人生にとって大切なものです。

何かを気にし過ぎていたり、毎日をそんな不眠の中で過ごしているのは実にもったいないです。

心と体、そして脳をしっかりと休ませてあげて、本来のあなたに戻ってください!

️不眠改善に効果がありそうな13個のこと

それでは不眠を改善しようと思っているあなたに、不眠改善に効果がありそうな13個のことを紹介していきます!

不眠を改善するには効果があるとされていることが13個あります。

早速試せるものが多いので、ぜひ身近なことからその方法を実践してみましょう♪

周りの人や大切なひと、家族が不眠で悩んでいるのであれば、このことを教えてあげましょうね!

それでは実際の方法を紹介していきます。

自分に合った寝具にする

自分に合った寝具にすることは、最近では当たり前となっていますね。

しかし、実際に試している人は多いとはいえず、みな自然といつも通りの寝具を使っているのです。

確かに布団を見直すことってなかなかしないですし、疲れて帰った来たらそのまま横になっちゃいますよね。

変えた方が良いのは分かっているけど、いつもそのままにしていたりなんてことはしょうがないですし、よくあることだと思います。

でも、もしあなたが不眠で悩んいるのであれば、改善することをおすすめしますよ。

寝具を選ぶ、自分に合ったものを選ぶことはかなり大切なことで、良質な睡眠をとるには欠かせないものなのです。

実際にどんな寝具を変えていけば良いのかを見ていきましょう!

枕の高さ

実は枕の高さというものは、あなたに合った高さがあります。

当たり前ですよね。

人によって骨格も違いますし、頭の大きさや形も違います。

そんなオーダーメイドとまでは行かずとも、家具店などには色々な種類の枕があります。

そこから実際にお店で試せると思うので、頭を載せてみて心地よいと思えたものを選んでみてください♪

まくらが変わると意外と夢をよくみたり、眠りが浅くなるということがあります。

しかし、逆に今自分に合っていない枕を使っているとそれが起こっているのです。

枕はそれほど高価なものではないので、早速家具店に行って選んでみましょう♪

ベッドや布団の柔らかさ

ベッドや布団の柔らかさはどうですか?

固いものを使っている人も結構多いです。

ベッドや布団が固いと体の緊張が続いてしまい、眠りが浅くなってしまいます。

体を寝たときに柔らかいものにゆだねる感覚ができれば、ゆっくり体を心を休めることができ、緊張を取っていくことができますよ。

一度家具店に行ってみて、新しいベッドや布団を試してみてください。

不眠の人は今まで固いものの上で寝ていたことに気付くことも十分にありえますよ!

ベッドは少し高価なものですが、あなたがこれから不眠を改善する、そして安眠できると思えば、これから使っていくものとして決して無駄な出費ではないはずです。

あなたに必要なものであると言えるので、ベッドと布団は柔らかいものにすることをおすすめします。

着心地の良いパジャマ

枕やベッド、そして布団を選び直すことも大切ですが、体に一番接するもの、パジャマを選ぶことも安眠へと繋がります。

普段着のような恰好だと、なかなか眠りのスイッチを入れづらいこともあるのです。

着心地の良いパジャマを着ると、感覚が心地よくなり、パジャマらしいものを着ることによって自然と脳が眠るというスイッチを入れてくれるのです。

逆にそのパジャマが心地良いのであれば、起きたらなるべく早めに着替えましょう。

休みだといってそのパジャマを着ていると、眠りのスイッチが弱くなってしまいます。

つまり、寝る時にはそんなスイッチを入れてくれるものも必要で、メリハリが不眠を解消してくれるきっかけになります。

睡眠環境を整える

寝具を見直すことも大切ですが、肌に密接に触れるものでなくても変えていくことは不眠を改善することに効果があります。

自分の不眠というものは、なかなか自分の意志だけでは変えられないものです。

しかし、そういう時は周りの環境を整えて、睡眠環境を作っていく、整えていくことで不眠を改善していくことができます。

そんな眠りを邪魔するものを無くしていき、そして眠りにつきやすい環境にすることで不眠を治療するきっかけになりますよ♪

それでは実際にはどんなものがあるのか見ていきましょう!

部屋の温度

部屋の温度は寝る前どんな感じでしょうか?

何度としっかり固定しているのではないでしょうか?

それは体に合った温度なら良いのですが、この温度が良さそうと思う温度を選んでいる場合があります。

そうではなく、まず寝る前に少し落ち着いて呼吸などを整えて、しばらく体の温度を下げて、そしてそこから心地が良いと感じる温度を選びましょう。

何度と決めるのではなくて、その時に心地よいと感じられる温度を選んでいきましょう。

そうすることで体の温度調節が少なくなり、体も休む態勢に自然と入っていきます。

部屋の音

部屋の音はどうでしょうか?

鳴ってしまっている音をそのままにしていませんか?

それはあなたにとって心地良いものなら良いのですが、気になるけど時計だからしょうがないか、またそれが心地よくないことに気付いていないことがあります。

一度寝ている時に何か音が鳴っているか聞いてみて、それが心地よいかどうか確かめてみましょう。

もし、心地が悪くうるさく感じたりするのであればただちに撤去しましょう。

無意識の内にそんな音も眠りを妨げていたりします。

逆に音がまったくしなくて、それに落ち着いていないこともあります。

それは部屋を真っ暗にして、寝ているときに少し意識してみてください。

音が無いことが孤独を感じさせていたり、張り詰めた空気になっていると思ったら、時計でも良いですし、ヒーリングの音楽でも良いですし、何か音を足してみると良いと思います。

基本的には人間は水の音が落ち着くと言われています。

それは生まれてくる前に、母親の中で水に包まれているなど色々な説がありますが、水が流れる音は確実に癒されますので、ぜひ動画サイトなどから選んでみてください。

部屋の湿度

部屋の温度もそうですが、湿度はどうでしょうか?

部屋の湿度が高すぎると体がべたべたしたり、空気がこもっている感覚にもなります。

また息苦しかったりするので、部屋の湿度を下げることも大切です。

しかもその湿度が高いことに気付かない、そこまで頭が回らないことも、仕事をしていて疲れていたら十分ありますし、仕方がないことです。

そんな時は時計に湿度計が付いたものなどを用意しておくことで、まず湿度が分かりますよね。

湿度が高いと思えば、少しエアコンをつけて除湿したりすることをおすすめします。

また外で雨が降っている場合、窓から湿気がものすごく入ってくるので、そういう時は窓を閉めて熱いならエアコンを活用しましょう。

意外と窓を開けっぱなしなど気づかないことがあるので、頭に入れておいてくださいね。

季節に合わせた寝具

寝具も自分に合ったものを選ぶことが大切なのですが、実は季節に合わせた寝具も大切です。

春はそれほど意識しなくても良いですが、夏などは湿気がたまりやすいので、なるべく風通しの良い布団などにすることが大切です。

湿気はなかなか意識しないといけないもので、湿気がたまっている布団で寝ていると体がだるくなりやすいです。

また冬は下から寒気が来ていて、体を冷やして血流を悪くしていることがあるので、ベッド下からの冷気をシャットできる布団やなどを選ぶと良いでしょう。

寝るときは真っ暗にする

一番落ち着くとされている明るさが、豆電球をつけている薄暗い状態とされています。

それは寝入るときには落ち着くためにはちょうど良い薄暗さで、心を休めることができます。

しかし、そのまま寝てしまうと熟睡できていないのですね。

実は一番落ち着くのと、一番深く眠れるというものは違うのです。

一番深く眠れるのは真っ暗の状態と言われています。

なので寝入る前に落ち着く暗さにして、眠くなったら電気を完全に落として、真っ暗にすることが一番深い眠りへと入っていくのにおすすめです。

寝る前から明かりを暗めにする

人間の体は光や明るさと共に変動していき、一日を過ごしています。

それは自律神経が感知してくれていて、朝日を浴びればどれほど寝ていなくても、体内時計を一度リセットして、体を起こそうとします。

それを知っていれば、まず寝る前に部屋を暗めにすることをおすすめします。

部屋を暗くしていくことで、自律神経が寝る体へと向かわせます。

暗めにしておくと夜が来たんだと体に伝えてくれるのです。

そうすることで眠りへと入っていきやすくなるので、おすすめです!

寝る前に画面を見ない

寝る前にパソコンや携帯を見ない方が良いというのは、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

また寝る前にパソコンで動画を見ていたり、携帯やスマホでSNSを見たりゲームをしたりしていると、なかなか眠れない経験をしたことはありませんか?

それはいったいなぜなのか、その理由はいたって合理的でシンプルなのです。

太陽と似ている光を発しているからです。

パソコンやスマホなどの画面からは、プルーライトというものが発せられています。

それが目に入ると太陽の光を関節的に目に入るのとほぼ同じなのですね。

つまり体は太陽の光と感じると目覚めようとするので、自然と目が覚めてしまうのです。

仮に眠れたとしても、浅い眠りになっていることでしょう。

しかしどうしてもパソコンを見たい、スマホをいじってしまう、むしろそうしなければ寝れないといった人もいますよね。

そんな時はブルーライトカットのメガネが売っていますので、使ってみるのもいいと思います。

寝る前にカフェインを取らない

こちらは基本中の基本で、寝る前にカフェインを取らないことです。

カフェインは知っている人も多いと思いますが、眠気を飛ばす作用があります。

中にはコーヒーを飲んでも全然眠れる人もいますが、それはその人の体質だったりするので自分も大丈夫という思い込みは避けましょう。

仮に眠れたとしても浅い眠りになっている可能性があるので、気を付けてくださいね。

アロマを焚いてリラックス

寝る時にアロマの香りを嗅ぐことは、リラックス効果が大きいと言われています。

リラックスすると自然と眠くなってきますので、アロマのような心地良い香りはおすすめです。

香りを嗅ぐことは脳にもリラックス効果を働かせて、眠りの態勢をとってくれるので、試してみましょう♪

その時は自分が心地よいと感じられるものを選んで、きつい匂いはなるべく避けましょう。

ヒーリングミュージックを聴く

ヒーリングミュージックを聴くことも自律神経を整えてくれて、落ち着きます。

緊張が眠りの最大の敵なので、まず落ち着くことからしていきましょう。

ヒーリングミュージックには必ず眠れるとされるものが動画サイトなどにたくさんあるので、まず眠れるという思い込みから入っても良いでしょう。

さらにヒーリングミュージックは確実に癒しの効果があるのでおすすめですよ♪

瞑想をする

瞑想をすることは自律神経を整えてくれて、そして呼吸を整えてくれます。

その時に何かを考えるのではなく、無心になってみましょう。

自分の呼吸に耳を澄ませるのも良いですし、瞑想をしていると自然と腹式呼吸になっていきます。

そうすると自然と眠気はやってくるので、瞑想は不眠の人にもおすすめなものです。

ストレッチをする

緊張した体をほぐしてリラックスするためには、ストレッチをすることもおすすめです。

ストレッチはしているだけで、少し心が落ち着いてきますし、適度な動きが適度に体を眠気へと誘ってくれます。

眠りの前にはストレッチがおすすめとよく言われているので、こちらも試してみてください。

逆に激しい運動などしてしまうと、自律神経が活性化されて興奮して目が覚めてしまうので、体を労わるイメージでゆっくりと行いましょう。

ホットミルクやハーブティーを飲む

寝る前にホットミルクやハーブティーを飲むことも、効果があります。

ホットミルクやハーブティーは飲むとリラックス効果が生まれます。

寝る前に体に入れるのであれば、このようなリラックスできるものを取り入れてみましょう。

市販の睡眠剤を飲む

どうしても眠れない、もしくは今日は確実に眠らなければ明日に響いてしまう。

そんな時は市販で売っている睡眠剤を飲むのも手ですよ。

睡眠剤を飲むことがあなたのストレスや拒絶したくなることも分かります。

しかしストレス社会の日本はそんなことも本当にしょうがないことなのです。

さらにそうやって寝なければならない時を過ごしている人も確実にいます。

なのであまりネックに思わずに試してみても良いと思います。

布団に入ったら何も考えない

一番シンプルなのが布団に入ったら何も考えないことです。

何か考えていると脳が動いていますよね。

なので寝れない、眠りが浅い、目が覚めてしまうのですね。

なので、布団に入ったら何も考えないように心がけましょう。

しかしそんな心がけはあなたもご存知だと思いますが、なかなか通用しないものなのです。

では心がけだけではなくて、何も考えないで済む方法を使ってみましょう。

それはヒーリングの音楽を聞いたり、水の音を聞いたり、またこんなものもあります。

手を重いと意識するといったことです。

こちらは専門家から簡単に眠れると言われているものです。

手を重いなーとそして手が重い感覚を持ってみることで自然と眠っていることがあるのです。

️不眠が深刻なら、必ずお医者さんへ!

いかがだったでしょうか?

きっとあなたの不眠の症状や原因がはっきりして、少し整理できた心になっていると思います。

そんな症状を改善するためにも、今回の不眠に対しての方法を試してみてください。

また重度の不眠ではないのであれば、きっと効果を実感できることがたくさんあると思います。

しかし、もし不眠が深刻ならお医者さんに相談しているのもありだと思います。

お医者さんからもらった薬だとよく眠れることもあります。

ぜひ軽度の方も重度で苦しんでいる方も、今回の記事をきっかけに不眠を改善してくださいね!