お金を貯めたいという気持ちは誰でもあると思います。

例えば何かゲームを買いたいというのは学生さんではよくあるでしょう。

マイホームを買いたい、車を買いたいという人は社会人の方々で多いと思います。

ではお金を貯めるとなると方法がいくつかあるのですが、どの様にして貯めたりしていますか?例えば何かを買いたいと思っていても少しだけ節約しようと思い買わなかったり、普段の家での食事を極限にまで安くした物でお金を貯めたり、電気やガスなどもあまり使わないようにしたりという方法もあるでしょう。

業務用スーパーなどに行って安く大量に購入しそれを使い続け、無くなるまで何も買わないという人もいるのではないかと思います。

でも人というのはどこかでお金を多く使ってしまうこともあると思います。

例えば友達と遊ぶ時についお金を使ってしまった、何か欲しいものがあってそれと一緒に別の物まで買ってしまった、お金が無いのに旅行などを計画してお金を大きく消費してしまった、など様々な原因があると思います。

特に欲しい物などに関しては、興味や趣味である物を見るとつい「これが欲しい」と思ってしまい買ってしまう人もいるのではないでしょうか。

この様につい買ってしまうというものの積み重ねでお金が無くなっていくという人もいるのです。

更につい買ってしまったものを何度も使うというのは良いですが、1度や2度使ってもう使わないとなる人が多いのではないでしょうか。

それは無駄使いになっていませんか?洋服や趣味などで買った物は無駄使いになっている人は多いのではないでしょうか?お金を貯めるには無駄使いというものをやめなければなりません。

ではどの様なことを辞めればよいのでしょうか。

基本的にはお金というのは貯金をしようと思えば誰でも貯金することができるものです!

お金が貯まらないのは無駄使いが多いから

お金が貯まらない原因の最大の理由は先ほども言ったように無駄使いが多いからです。

計画的にお金を使っていく人であれば、いくら消費していくら貯金してとその目標の額を達成することができます。

ですがお金を貯めようと思っていても貯まらないという人は多くないはずです。

この原因は無駄使いです!無駄使いというのでよくある話が服やズボンを買ったが1回しか着なかったというパターンです。

またはずっと着ないという人もいるのではないでしょうか。

それだと何のために買ったのか解らないという状態になりませんか?お金がある人であれば大丈夫でしょうが、お金を貯めたいと思っているのにその状況だと「本当にお金を貯める気あるのかな?」と周りから思われても仕方ありません!更に食材などを買っていてお弁当なども作れるという状況の中で節約するためにコンビニで安く済ませるという方法も「お弁当を作れば良いのに何故コンビニ?」という考えになってしまうかもしれません!節約というのは少ない費用でやりくりすることで、何かを貯めたり成果を得るものだと思います。

お金に関して言えば、様々な所での費用を減らし、お金を貯金するということになりますが皆さんはどの様になっていますか?お金を貯めたいという人はちゃんと節約などはできていますか?お金が貯まらないという人はさき程言った様な無駄使いがとても多く見られます。

ずっと使う物なら大丈夫でしょう。

ですがこの様な状況の物が多くある人は気をつけるようにしましょう。

これは無駄使い!


無駄使いというのは様々な所で見られます。

例えばコンビニで買うということは無駄使いの1つで、食材などを作れば安くすむはずなのに、コンビニで時間と手間をお金で買うという行為はお金を貯めるという方法には向いていません。

他にも旅行などでのお土産などもそうです。

必要最低限のお土産以外にも食べたいものがあるから、いろいろな物を買うというのは無駄使いになってしまいます。

この様にいくつもの無駄使いがあるのです。

人は目標を設定するとその目標に向けて努力などをしてきますが、その努力の1つの例として節約というのが出てくるのではないかと思います。

ですが節約というのは人によってはとても苦しい物だと思います。

例えばいつもコンビニなどで済ませている人にとっては節約をするとなると自分自身で料理をしなければならないということになるからです。

今まで料理などをせずにコンビニで買ってきたという人にとってはとても苦しいものになるのではないかと思います。

他にもいつも欲しい物を買ってきたという人にとっては、貯めるというものは苦痛に感じるのかもしれません。

直ぐに買えるという物などがあるのにも関わらず、買わずに我慢しなければいけないからです。

我慢というものはとても苦痛なもので、欲求を満たされなくなるため、我慢し続けることは悪いことです。

ですが、週に1回、その様な日などを設けることで、普段とは消費が違うような生活ができるのではないかと思います。

仮にどうしても無理だという人がいれば他のことで節約をすれば良いのです。

「無駄使い」というのは買ったにも関わらず何もしない、得が得られないことを無駄使いとも言います。

お金を貯めるにあたって苦痛なことも多くあるとは思いますが、何か我慢をすることも大切です。

仮に我慢できなかった場合は、他の節約を考えてみてはどうでしょうか。

でも節約と言ってもどのようなものがあるか解らないという人もいるでしょう。

いくつか紹介して、節約できる方法を探してみてください!

旅行でのお土産

よく家族の皆や友達の皆、会社での旅行というものがあると思います。

年に数回、どこか遠くの場所に行って観光を楽しんだり料理を楽しんだり、その県の特色を味わうものが旅行だと思います。

その旅行で節約というのは旅行に行った後の帰り際のお土産です。

例えば郷土品などがあったりするとします。

その郷土品はいくつもありどれも美味しそうに感じますし、置物などの有名な物まであるとします。

その時にどれほどのお土産を買うかというのが重要になるのです。

例えば好きな物や気になる物を買い、お土産として家族や同僚、友達にも同じようなものを買うということになると、とても費用が多くかかると思います。

これを仮に自分だけの物を買わずに家族や友人、同僚だけとなった場合はどの様になるでしょうか。

自分の物を買わないというだけで数千円も節約することができるようになるのです。

お土産というのはその時に行っていなかった人達のために買うもので、自分自身に買うということはあまりしないです。

思い出として買うことは良いでしょう。

美味しいからと言って買うのももちろん大丈夫です。

ただし、買う量などを決めておくのが一番の節約での近道になるのではないかと思います。

一番は自分自身のお土産を買わないことです。

ですが自分自身でも欲しいものがあるというのであれば、お土産で買う合計の金額をいくらまでと考えて買うと良いでしょう。

そうすることで節約をすることができます。

また、お土産などもいろいろな人達に渡すのではなく、会社に1つ、知人に1つという少ない個数でも良いのではないかと思います。

旅行に行ってきたからと言って頼まれた物を買うこと以外では、多く買わなくても大丈夫だと思います。

買い物

買い物をする時は何を想像しますか?食材を買う、服やズボンを買う、雑貨を買うなど様々な買い物がありますが、つい欲しいと思ったものを買ったりしていませんか?買い物をする時には計画的に買わないと節約をすることができません。

欲しい物をつい買ってしまう、見た物に惹かれて買ってしまったということもあるでしょう。

その買った物は今どうしていますか?買っても使わないということになっていたりしていませんか?無駄使いというのはこの様なところでも発生してしまいます。

その時は欲しいと思っていても冷静に考えるとやっぱりいらなかったと後悔する人もいます。

その時の感情任せで買うのではなく、本当に欲しい物を買うようにしましょう。

また食材などに関しては賞味期限などもあります。

ずっと放置しているということが無いように気をつけることで無駄使いを減らすことができます。

コンビニ


コンビニでよく弁当を買うという人も注意が必要です。

コンビニというのはお手軽でかつ料理などを作らなくても弁当を買うことで直ぐに食べることができます。

また様々な場所にもあるので、何か困った時に必要な物を買うということをしましょう。

例えば外出先などで何か忘れ物をした場合にコンビニに行くという方法もありますよね。

その様な方法を取ることでコンビニでの買い物を減らすようにしていきましょう。

コンビニで買えるものは比較的に他のスーパーやドラッグストアなどで買うことができます。

価格もコンビニは少し高めですがスーパーやドラッグストアなどで買うものに関してはコンビニと比較しても安めに買うことができるのです。

コンビニはお手軽に何かあった時に買えますがお金が少し割高になります。

歩いていける距離にコンビニとスーパーがあるとなった場合はなるべくスーパーで安い物を買うことをオススメします。

スーパーなどの利点は時々、安く売られているという所が特徴であり、野菜や飲み物なども安く買うことができます。

コンビニなどでも買うことができるかもしれませんが、少し値段が高くなってしまうため、節約をするという形になってもコンビニで物を買うということはお金がついてしまいます。

なのでコンビニで買わずに他の安いところでなるべく物を揃えるということがコツになります。

居酒屋

会社の人と仕事終わりに飲みに行ったり、友人達と飲みに行ったりすることがあると思います。

ですが居酒屋というのはお酒を飲む場所で、宴会などをして楽しむ場所です。

常日頃、何かがある度に居酒屋に行くという人は気をつけるようにしましょう。

無駄使いになっている場合もあります。

例えば月に数回であれば問題ないですが、1週間に1回から2回と多くなると居酒屋で飲むということはとてもお金がかかってしまうのです。

例えばビールでも居酒屋で飲むビールは美味しいと思います。

皆で話しながらワイワイとするのが居酒屋だからです。

ですがこの居酒屋を頻繁に行くことでお金がかかってしまうことがあります。

平均的には4000円ほどくらいでしょうか。

その回数が増えれば増えるほどもっとお金がかかってしまいます。

特に何も無いという時は居酒屋に行くことを止めて、例えば家でビールなどを買って飲んだりするだけでとても安上がりすることができます。

この様にして節約をすることで居酒屋などの消費を抑えることができます。

仮に2次会という形になる場合もありますが、これも頻繁に行ってしまうとお金が貯まる所か減る一方になってしまいます。

なのでもしお酒を飲みたいと思ったのであれば、ビールなどを買って飲むということをオススメします。

会社の宴会などでは行くのは構いませんが、頻度が多ければ多いほど無駄使いになってしまい、マイナスになっていきます。

貯金をしようと思っていても、誘われたりして断れないということがあると思います。

ですがその時はちゃんと「お金を貯めたくて今お金が少ないのです」と伝えることが大切です。

無理やり着いていくということはないと思うので、ちゃんと意思を伝えれば無理に行かなくても大丈夫になるでしょう。

セール

セールというのをよく耳にすると思います。

例えば今これが50%OFFになっている!という物や、今だけの期間限定という形で安くをするということがあると思います。

人はこの様な限定という言葉に弱いと聞いたことがありませんか?普段の物よりとても安いと聞くだけで少し見たくなったりすると思います。

興味を惹かれて買ってしまったというものもあるでしょう。

服などでは季節によって安くなったりする物もあります。

ですがそれを実際に着るのであれば良いのですが、着ないまま放置をしてしまっているという人にとっては無駄使いになってしまいます。

セールというのは安くてつい衝動買いなどをしてしまうかもしれません。

ですがそのセールという言葉に惹かれるのではなく、我慢をすることも大切なのです。

我慢をすることで、またいずれその商品が出ていたときに、本当に欲しいと思うのであれば買うことができると思います。

時間が過ぎて、あの商品まだ売られていると思い欲しいと思わない限りは、買わないようにすることで節約ができるのではないかと思います。

衝動で買ってしまうことも悪くはありませんが、後悔をしないようにすることが貯金などをしていく上での大事なことになります。

お金を貯めるというのはときには我慢をすることも必要 になります。

よく考えてセール品を買うようにしましょう。

飲料水

飲料水を買う時はいつもどこで買っていたりしていますか?例えば自販機などで買うという人もいるでしょう。

また2リットル入りのペットボトルで買う人もいます。

その飲料水をどこで買うかという所がポイントになります。

例えば自販機などでは100円前後します、2リットルの物だとコンビニなどでも最近では100円ほどで買うことができます。

家で飲むという場合は自販機よりコンビニやスーパーなどで安く買った方が節約できますよね?またスーパーで買うという人は、無料で飲料水を組むことができる機械もスーパーのどこかにあるのではないでしょうか。

少し不安という人もいるかと思いますが、基本的にはその様な水に関してはキレイにしてあるので飲みやすいものだと思います。

水道水などで水を飲むというのは少し気がひけるかもしれません。

その様な人にオススメなのがその機械ということになります。

飲料水を入れるためのボトルは少し500円と高いですが、そのボトルを使うことで水を無料で入れることができるのがポイントになります。

水をいつも買っているという人にとっては、水でも節約したいと思う人にとってはとても助かるものだと思います。

どこか外出などをしているという場合は、ペットボトルや水筒などを持ってでかけることで、水を買うということも節約できると思います。

毎日水などを飲んでいる、水道水では嫌だという人にとってはオススメです。

節約もできます。

タバコ

タバコを普段から吸っている人はタバコを止めることでも節約に繋がります。

近年、タバコの料金はどんどん値上がりをしている傾向にありますが、タバコは健康に悪いということも言われています。

その影響により値上がりをしているということになります。

タバコの吸いすぎで病気になるといったこともあるでしょう。

ですがタバコというのは吸ってしまうと止められないという症状が出たりすることもあります。

普段から吸っている人は何本のタバコを吸っていますか?1日に1箱という人でも半分に減らすだけで節約ができると思います。

何本も多く吸ってしまうというのは無駄使いにもなってしまいます。

タバコを止めようと思っている人にとっては良いかもしれません。

お金を貯めたい、タバコも止めたい、という状況の人にとっては今直ぐにでも始めれるかと思います。

例えば1ヶ月にどのくらい吸うかを計算してそれを半分にするだけでもタバコを買う回数が減ることになりますよね?そのタバコを買うお金を減らすことができるのでお金も次第に貯まっていきます。

何かにお金を使うということは良いことですが、貯めるということも重要です。

タバコはどんどん値上がりをしている傾向にあるので、貯金をしたい、でもタバコを吸っているという人がいるのであれば、少し控えてみてはいかがでしょうか。

そうすることにより、少しでもお金を貯めることができるかもしれません。

外食

外で遊んだり、どこか出かける時など外食をしたりすると思います。

ですが外食というのは美味しい物ばかりで行きたくなるお店などが多いですよね。

その時に家に帰って作るか、という状態と外食で済まそう、という2つの考えが出るとします。

この場合は家に帰って作る方がとても節約になるのです。

外食をする時には1000円以内が平均と言われています。

ですがこれを家に帰って食べるとなった時に、家にある食材で料理をすることになるので実質の料金は0円になります。

外食の回数などを減らすことで無駄使いをするということを抑えることもできます。

また、昼ごはんを外食で済ませるという人でも、節約のために弁当を作るという方向に変えることで出費を抑えることができます。

1週間の間に朝、昼、夜のご飯の食材を一気に買い、その食材を消費していくことで外食などで食べるということを止めることができます。

最初は少しめんどくさいと思う人も多いかと思います。

料理が苦手という人も多いのではないでしょうか。

ですが冷凍食品やレンジで作る物も最近は多くなっており、とても便利になってきています。

お昼の弁当を作るだけでも費用としては安くなり、外食を控えることでそのお金を貯金に回すこともできるのです。

何か友達と遊んでいる時や、旅行中などは外食をしても大丈夫でしょう。

ですが、1人で外食をするというのは高くなることが多いです。

同じ物を自分で作って食べるという方法の方がまだ安くなるかもしれません。

外食を毎日してしまうという人がいるのであれば、週に1回か2回までに抑えておき、外で食べる回数を減らしてみてはどうでしょうか?弁当を作ったり、夜ごはんなどを家で作るということをすれば、節約をすることができるかもしれません。

お菓子

お菓子を多く買ってしまうという人もいるでしょう。

食材だけではなくお菓子を多く買い、それを間食として食べているという人もいます。

ですがこのお菓子も控えることで出費を少なくすることができるのです。

間食というのはあっても良いですが、お菓子を買いすぎるということを無くすようにすることが大切です。

例えば1つや2つを買うことは良いですが、一気に5個と買ったりすると少し出費が大きくなります。

その5個を1日1個ずつ消費するのではなく1週間から2週間で5個という形を取ることでお菓子を食べつつも節約をすることができるので、無駄使いをすることを減らすことができます。

お菓子は様々な種類があり、飴やポテトチップスなどありますが、お腹に貯まらない物ばかりです。

仮にお腹を満たすためにお菓子を買うということであれば、ご飯を多めに取ることをオススメします。

そうすることで間食などのお菓子を食べることが少なくなるからです。

ご飯を多く食べて他の物を食べないという方法を取ることで、普段からその様にしている人はダイエットの方法にも繋がるのではないでしょうか。

身近なところから節約をする方法というのがあります。

この様な食べる物に関しても無駄使いというものがあり、節約をすることができるのです。

光熱費

常にコンセントを刺していたり、水などを出していたりしていませんか?この様な場所でも無駄使いというものが発生しています。

例えば寝る前に使わない物のコンセントを抜くことでも光熱費を抑えることができます。

また水に関してはシャワーなどを長く当たっていたりしていませんか?その様な状態が多いのであれば、お風呂に貯めるという方法もあると思います。

食器を洗い、洗剤で汚れを落とす時に水を流している状態にしている人も多いのではないでしょうか?食器を洗うときは、水を止めて洗剤で汚れを落とすことで水の無駄な出費も抑えることができます。

光熱費というのは身近なものから抑えることができ、無駄使いというものを無くすことができるのです。

普段意識をしていないと少し難しいことも多いと思いますが、光熱費は身近になりながらも出費を抑え、節約をすることができるものなのです。

無駄使いをしない方法

無駄使いになってしまう例をあげましたが、しないような方法もあります。

例えば必要な物を作るリストを作るというのはとても計画的です。

また安いものを買わないということも必要なことです。

安いものといのは、無駄に多く買ってしまうことが多いため、比較的に少し値がつくものだと慎重に使うことが多いからです。

無駄になってしまうものを買わないようにするために少し高めの物を購入することがオススメです。

他にも様々な方法があります。

無駄使いというのは気をつけるだけでしないようになり、お金を貯める上で大事なことも多いのです。

身近にあるものから気をつけるだけでもお金を貯めることができるようになります。

セールに釣られない

セールには釣られないようにしましょう。

その時は安いと思って買っていても本当に使うものかというものが解らなくなるからです。

例えば「セールで安いからこれを衝動買いしてしまった!」ということがあるのではないでしょうか?それを実際に使っていたりしていますか?気をつけるべきことは、その時にセールをしていても本当に自分の欲しい物なのかを見極めることが大切です。

見極めることができずにその時に欲しい物を買い続けてしまうとどんどんいらないという物が貯まってしまい、最終的には使わずに売ってしまう、捨ててしまうということがあると思います。

1度しか着なかったという物に関しても注意が必要です。

服などではよくありますが、可愛いと思って買った物を1度しか着ていないという状況になることが多いです。

セールなどで安いから買ってしまった、着てみて1回でもう着なくなったということが無いようにするためには、まず衝動買いの気持ちを抑えることも必要になります。

そのためセールなどの安いというものに釣られないようにすることが大切になるのです。

必要なものリストを作る

必要なものリストを作るようにしましょう。

これは節約をする上でとても大事なことであり、お金を貯めたいと思っている人にとってはこれが第一歩になると思います。

お金を貯めて必要なものだけを買うようにするということが重要になるのです。

例えば食材や雑貨などもそうですが、タオル、食材が必要なのであればそれだけを買うように心がけるのです。

他にも様々な物があり、目移りしてしまうことも多いと思いますが、それを我慢して堪えるのも大事になります。

「これ以外は絶対に買わない!」という気持ちが大切です。

リストを作ることでこれ以外は大丈夫だという認識になり、他の物を見ても我慢することだってできるようになります。

必要なものは何か、予め出かける前に何を買うかを決めておくことが大切です。

よく食材などを買う時にメモをしたりしますよね?忘れないように何を買うかメモをしたりすることがあると思います。

それと同じようなことをすれば良いのです。

何を買うかを前日などにメモをしておいて、それ以外の物は買わないようにする。

この様に必要なものリストを作ることで無駄使いしないようにすることができます。

節約というのはこの様な所からもできるのです。

安いものは購入しない

安いものは買わないようにすることも大事です。

少し難しいですが、本当に必要な物を買うので安いからと言っていろいろな物を買わないようにすることが大事になります。

例えば買うリストを作っていて、決めていたにも関わらず「他の物が安いからこれも一緒に買おう」という考えを止めるようにするのです。

そうすることで必要な物だけを買うことができるようになります。

人は「安い」という言葉に弱いとよく聞きますが、特売などその様な特別な言葉で惹かれないようにすることも大事です。

つい買ってしまうということもあるのではないでしょうか。

それは本当に必要な物なのか、安いからと言って買ってしまっては節約の意味がありません。

少し高いもので必要な物だとすればそちらをまだ買っている方が無駄使いにならないのです。

少し値段が高くてもずっと使い続ける物、無くなるまで使う物に関しては買う意味があります。

ですが安くて使わないという状況になるのであれば話は別になるので、安いからと言って買うことをしないようにしましょう。

何にお金をを使っているか明確にする

何にお金を使っているかを明確にする必要があります。

これはお金がいつの間にか減っているという状況を防ぐためにする方法でもあります。

例えば今日は何にお金を使ったのか、家計簿というものがありますよね?それと同じ様に、何にお金を使って何を買ったのか、何をしたのかをメモすることも大事です。

そうすることでお金を計画的に使うことができ、貯金などもすることができるようになります。

たまに「何でこんなに減っているの?」と解らなくなる人が多くいます。

その様な人たちは計画的に使っていない状態であり、何に使ったかすら考えられていない人達になります。

その様な状況になるのは貯金をしたいと思っていても無駄使いしてしまい貯金ができませんよね?お金を明確にするということは、あまり気にしない人が多いと思いますがとても大事なことなのです。

例えばレシートなどを常に取っておいて貯まったらメモをするという形でもよいでしょう。

そうすることで何にお金を使っていたのか明確にすることができます。