アクティビティという言葉を良く聞きます。

最近ではTwitterなどでも聞くようになりましたね。

ですがアクティビティというのは別の意味でもあります。

それは遊ぶ、活気などをする意味であり、外で何か遊んだりする事に関して言われるものでもあります。

そんなアクティビティの遊びというのは様々な種目があり、やったことが無い!という人もいるのではないでしょうか?例えば最近ではロッククライミングなどが人気なアクティビティだと思います。

少し気になっているという人、いつもやっているという人もいるでしょう。

今回はそんなアクティビティについての変わり種18選についてお話したいと思います。

普通とはちょっと違う、そんな遊びを皆さんもしてみてはどうでしょうか?

アクティビティに挑戦しよう!

常日頃家にいたりする人も多いのではないでしょうか?たまには動かしてテンションをあげたり、ストレスを解消したりしたくなりませんか?アクティビティは外で遊ぶということでもあり交流なども深まることでしょう。

旅行に出てその現地でサーフィンをしたり、パラグライダーをしたり、様々なアクティビティで遊ぶことができるのです。

日本ではできる場所は限られますが、海外旅行などで行うアクティビティにはいろいろな種類のものがあります。

代表的なものから、こんな変わったものまであるのかと驚く人もいるかもしれません。

家に出ないという人がいるのであれば是非アクティビティに挑戦してみてはいかがでしょうか?

1. アクティビティとは?


アクティビティと聞いてピンと来ない人が多いと思います。

最近ではTwitterでも聞くようになりましたがその意味とは違います!アクティビティというのはTwitterなどであるリアルタイムで近況が解るというものではありません!外で遊んだりするレジャーなスポーツのことをアクティビティと言います。

正確には「アウトドアアクティビティ」という言い方をしますが、ロッククライミングからスカイダイビング、セグウェイから犬ぞりまで、全てアクティビティな物になるのです。

レジャー体験をするという意味でも使われることが多く、旅行先などではアクティビティな物が多く存在します。

よく海外旅行でスキューバダイビングをしたりするという人もいるのではないでしょうか?それも1つのアクティビティに入ります。

種類は多くありますが、普段の日常では体験することができないのもアクティビティの特徴になります。

2. 非日常の活動

普段の日常で身体を動かすというのはジョギングや軽いスポーツをやる程度です。

ですがアクティビティの物に関してはその普段でできるような物ではなく、非日常を味わうことができるものばかりです。

例えば海に潜って魚と触れ合ったり、空からパラシュートで落ちたりと普段の日常ではできないものばかりですよね?それに加えて、同じような人達との交流もできるので、とても楽しいと思いますし、テンションもハイな状態になることだってあります。

非日常の感覚を味わってみたいという人にはこの様なものがとてもオススメです!

3. アクティビティの目的


アクティビティというのはどの様な目的があるのでしょうか?例えばストレスを解消したいから派手なことをしてみたい!という人もいるのではないでしょうか?アクティビティというのは先ほども言ったように非日常的なことをすることが多いです。

その刺激が欲しいという人も中にはいます。

他にも人との交流を深めるためにアクティビティをしている人もいるでしょう。

同じような仲間を探すというのは難しいようですが、交流をするということに変わりはありません。

声をかけて友達になった、発展をすれば恋人や、将来の結婚相手なんていうロマンチックなこともあると思います。

アクティビティをするのは似たような境遇の人達もいますし、お互いを理解しあうことでも良い方法となっています。

少し刺激が欲しくて、でも新しい友達が欲しいという人にはオススメです。

他にも今までの体験をもっと違うようなことをしたいと思いアクティビティに積極的に参加する人もいます。

今の生活に慣れてしまったがために少し違ったことをしたいのでアクティビティをしているという人もいるでしょう。

何かの刺激が欲しくてそれにはまってしまった、という人もいます。

様々な目的があってアクティビティをしている人が多いので、もし気になるという方がいれば是非1度でも何かの活動をしてみてはいかがでしょうか?では今アクティビティをしている人達はどの様な目的があるのか、細かく見て行きましょう。

新しい体験をして世界を広げるため

非日常に繋がるところでもありますが、新しい体験をして世界を広げるということでアクティビティをしているという人もいます。

これは今までの自分の生活だけではなく、全く違った世界、景色や全貌を見たいと思い挑戦をしているという人です。

アクティビティは種類も豊富であり、季節にあった物もあります。

その季節にあった物を1つずつ必ずしているという人もいるでしょう。

夏にはダイビング、冬はスノーモービルといったアクティビティをする人もいます。

普段とは違った新しい体験をして、世界というものを味わいたいという人も多いのです。

人との交流を深めるため

アクティビティをする人達は様々な人達がいます。

例えば旅行先で同じようなことを考えている人も多くいるのです。

その様な人達と交流をすることができるというのは、とても良いことであり、仲間を作ったり、アクティビティが終わった後でも連絡をしているという人もいるのではないでしょうか?積極的だと思う人もいるかもしれませんが、外国の人達ではこの様なことが日常茶飯事の状態です。

つい同じグループになってしまい、会話をすると盛り上がってしまったという人もいるのです。

その後も連絡を取り合ったり、また集まろうと約束をしたりすることもできます。

積極的な人が多いのもアクティビティの特徴になりますが、交流を何より楽しんでいるという人もいるそうです。

ストレス解消のため

例えばダイビングなどは海の絶景を見ることができ、とても癒されることがあると思います。

スカイダイビングでは空から大声を出して落ちたりするととても気持ち良いと言われています。

この様なことをすることでストレス解消をするという人もいます。

日頃の疲れや仕事での鬱憤を晴らすためにアクティビティなことをしてストレスを解消するという人も少なくないのです。

テレビなどで見たりしたことはあると思いますが、その時の迫力というのはやっている本人にしか解りません。

気持ちが良いとコメントを見ても本当だろうか?怖いのでは?と思う人もいるかもしれませんが、そうではありません。

本当に気持ちの良いことだってあります。

それぞれ好みのアクティビティを見つけて日頃のストレスを解消してみてはいかがでしょうか?

4. アクティビティをする時の注意

アクティビティをする時の注意点はいくつもあります。

このアクティビティの全般に関わることですが下手をすると命に関わることが多いです。

インストラクターの教えをしっかりと守るということが大事になります。

常にインストラクターが一緒についているので安心だから何かをしていいということではありません!絶対に注意をするようにしましょう!他にもテンションが上がりすぎないようにする、逆に緊張しすぎないようにすることも大切です。

どちらも気持ちが挙がってしまい、インストラクターの言っていることなどを忘れてしまうこともあります。

また、緊張やハイテンションな状態で動くというのは今から未知の体験をする上でも後々に響くことが多くなります。

必ずルールと教えを守るというのがアクティビティをする上での注意点となるのです。

ではどの様なことを具体的に注意すれば良いのは見てみましょう。

インストラクターの教えを守ること

これは必ず守るようにしましょう!インストラクターの教えというのはその種目をする上でのルールであり、この様にすれば良いという安全策を教えてもらうことでもあります。

しっかりと聞いて、しっかりと覚えなければいけません。

やってはいけない事というのもあります。

何かがあった時の緊急用はどれなのか、ボタンなどもありますが押さないようにするボタンはどれなのか、どこまで行って良いのかというインストラクターはきちんと説明してくれると思うのです。

この様な説明を聞くというのは大事なことです。

絶対に守るようにしましょう!

ハイになり過ぎないこと

ハイテンションにならないようにしましょう。

楽しみであり、早くしてみたいという気持ちはありますが、基本的にはインストラクターの人と動くことが多いです。

テンションなどが上がり、先行をしてしまう、他の場所へ行ってしまうということが無いようにしましょう。

また必ず話を聞くようにするのも大切です。

ハイになり過ぎて「何だっけ?」と後々でならないようにしましょう。

緊張し過ぎないこと

緊張し過ぎないようにするのも大事なことです。

例えばアクティビティ中に何かをしなければいけないのにそれが緊張しすぎてできないという状態になることが多いと思います。

また、緊張で手が震えるということであまり力が出なかったりという状態になることも多いです。

常にアクティビティをする上では平常心を保つようにして、発散するところは発散をするようにしましょう。

緊張してしまうのも無理はありませんが、何よりも落ち着くことが大切です。

ルールなどを守っていれば安心なので、緊張し過ぎないように気をつけるようにしましょう。

アクティビティの変わり種18選

今まではアクティビティの事について話をしました。

アクティビティは非日常のことを体験できるレジャーな物であり、普段からできるというものではありません。

ですが必ず覚えておきたいのはインストラクターの話を聞くということです。

これをふまえた上で、どの様なアクティビティが存在すると思いますか?種類は多く増えており、また新たに何か追加されているというのもあります。

時期によっては今年は厳しいというものもありますが、その時期でしかできないアクティビティのような物もあります。

夏限定、冬限定というようないくつもの種類があります。

今回はそのアクティビティの変わり種18選について見てみたいと思います。

もしかするとやったことがある物や、こんな物もあるのかと驚くことが多いかもしれません。

海外などではこのアクティビティが日常的に流行っている物もあります。

ではどの様なものがあるのか見ていきましょう。

1. スキューバダイビング

スキューバダイビングというのは立派なアクティビティの1つであり代表的な物と言ってもよいでしょう。

これは背中に空気のタンクを背負い海の奥深くへ潜るというものです。

テレビなどでよく芸能人の人達がやっているのを見ていたという人も多いのではないでしょうか?身近にできる場所があるという人もいると思います。

このスキューバダイビングは海の奥深くに潜ることができるという所にポイントがあり、海の神秘的な景色はとても絶景とも言えると思います。

非日常を味わう形ではとっつき易いものでもあるので初心者の人にもオススメと言えます!

2. カヤック

カヤックと聞くと少し解らないという人もいると思うので解りやすく説明をするとカヌーの1種になります。

小さい1人用から2人ほどの船に乗り川を下る時にパドルを使いで漕いで下りますよね?その事をカヤックと言います。

カヌーとそこまで違いがなく、どちらの認識でも構いません。

カヤックは川や海などを小船で漕いで見て周るというものです。

よく川くだりをする時にやったことがあるという人もいるのではないでしょうか?一見簡単に見えますが難しいのが特徴であり、夏の季節になるとちょうど良い気持ちよさになります。

これも初心者にはオススメのアクティビティだと思います!

3. ジェットスキー

ジェットスキーも夏で行われるアクティビティの1つです。

海などでボートの様なものに乗りスピードを出しながら移動する乗り物です。

海を爽快に走る姿はとてもカッコイイと思いませんか?乗っている本人は潮風に当たり気持ちが良いそうです。

家族で乗ったり恋人と2人で楽しみたいという人にはオススメです。

夏の海で使える地域とそうでない地域があるので十分に注意して使うようにしましょう。