アクティビティという言葉を良く聞きます。

最近ではTwitterなどでも聞くようになりましたね。

ですがアクティビティというのは別の意味でもあります。

それは遊ぶ、活気などをする意味であり、外で何か遊んだりする事に関して言われるものでもあります。

そんなアクティビティの遊びというのは様々な種目があり、やったことが無い!という人もいるのではないでしょうか?例えば最近ではロッククライミングなどが人気なアクティビティだと思います。

少し気になっているという人、いつもやっているという人もいるでしょう。

今回はそんなアクティビティについての変わり種18選についてお話したいと思います。

普通とはちょっと違う、そんな遊びを皆さんもしてみてはどうでしょうか?

アクティビティに挑戦しよう!

常日頃家にいたりする人も多いのではないでしょうか?たまには動かしてテンションをあげたり、ストレスを解消したりしたくなりませんか?アクティビティは外で遊ぶということでもあり交流なども深まることでしょう。

旅行に出てその現地でサーフィンをしたり、パラグライダーをしたり、様々なアクティビティで遊ぶことができるのです。

日本ではできる場所は限られますが、海外旅行などで行うアクティビティにはいろいろな種類のものがあります。

代表的なものから、こんな変わったものまであるのかと驚く人もいるかもしれません。

家に出ないという人がいるのであれば是非アクティビティに挑戦してみてはいかがでしょうか?

1. アクティビティとは?


アクティビティと聞いてピンと来ない人が多いと思います。

最近ではTwitterでも聞くようになりましたがその意味とは違います!アクティビティというのはTwitterなどであるリアルタイムで近況が解るというものではありません!外で遊んだりするレジャーなスポーツのことをアクティビティと言います。

正確には「アウトドアアクティビティ」という言い方をしますが、ロッククライミングからスカイダイビング、セグウェイから犬ぞりまで、全てアクティビティな物になるのです。

レジャー体験をするという意味でも使われることが多く、旅行先などではアクティビティな物が多く存在します。

よく海外旅行でスキューバダイビングをしたりするという人もいるのではないでしょうか?それも1つのアクティビティに入ります。

種類は多くありますが、普段の日常では体験することができないのもアクティビティの特徴になります。

2. 非日常の活動

普段の日常で身体を動かすというのはジョギングや軽いスポーツをやる程度です。

ですがアクティビティの物に関してはその普段でできるような物ではなく、非日常を味わうことができるものばかりです。

例えば海に潜って魚と触れ合ったり、空からパラシュートで落ちたりと普段の日常ではできないものばかりですよね?それに加えて、同じような人達との交流もできるので、とても楽しいと思いますし、テンションもハイな状態になることだってあります。

非日常の感覚を味わってみたいという人にはこの様なものがとてもオススメです!

3. アクティビティの目的


アクティビティというのはどの様な目的があるのでしょうか?例えばストレスを解消したいから派手なことをしてみたい!という人もいるのではないでしょうか?アクティビティというのは先ほども言ったように非日常的なことをすることが多いです。

その刺激が欲しいという人も中にはいます。

他にも人との交流を深めるためにアクティビティをしている人もいるでしょう。

同じような仲間を探すというのは難しいようですが、交流をするということに変わりはありません。

声をかけて友達になった、発展をすれば恋人や、将来の結婚相手なんていうロマンチックなこともあると思います。

アクティビティをするのは似たような境遇の人達もいますし、お互いを理解しあうことでも良い方法となっています。

少し刺激が欲しくて、でも新しい友達が欲しいという人にはオススメです。

他にも今までの体験をもっと違うようなことをしたいと思いアクティビティに積極的に参加する人もいます。

今の生活に慣れてしまったがために少し違ったことをしたいのでアクティビティをしているという人もいるでしょう。

何かの刺激が欲しくてそれにはまってしまった、という人もいます。

様々な目的があってアクティビティをしている人が多いので、もし気になるという方がいれば是非1度でも何かの活動をしてみてはいかがでしょうか?では今アクティビティをしている人達はどの様な目的があるのか、細かく見て行きましょう。

新しい体験をして世界を広げるため

非日常に繋がるところでもありますが、新しい体験をして世界を広げるということでアクティビティをしているという人もいます。

これは今までの自分の生活だけではなく、全く違った世界、景色や全貌を見たいと思い挑戦をしているという人です。

アクティビティは種類も豊富であり、季節にあった物もあります。

その季節にあった物を1つずつ必ずしているという人もいるでしょう。

夏にはダイビング、冬はスノーモービルといったアクティビティをする人もいます。

普段とは違った新しい体験をして、世界というものを味わいたいという人も多いのです。

人との交流を深めるため

アクティビティをする人達は様々な人達がいます。

例えば旅行先で同じようなことを考えている人も多くいるのです。

その様な人達と交流をすることができるというのは、とても良いことであり、仲間を作ったり、アクティビティが終わった後でも連絡をしているという人もいるのではないでしょうか?積極的だと思う人もいるかもしれませんが、外国の人達ではこの様なことが日常茶飯事の状態です。

つい同じグループになってしまい、会話をすると盛り上がってしまったという人もいるのです。

その後も連絡を取り合ったり、また集まろうと約束をしたりすることもできます。

積極的な人が多いのもアクティビティの特徴になりますが、交流を何より楽しんでいるという人もいるそうです。

ストレス解消のため

例えばダイビングなどは海の絶景を見ることができ、とても癒されることがあると思います。

スカイダイビングでは空から大声を出して落ちたりするととても気持ち良いと言われています。

この様なことをすることでストレス解消をするという人もいます。

日頃の疲れや仕事での鬱憤を晴らすためにアクティビティなことをしてストレスを解消するという人も少なくないのです。

テレビなどで見たりしたことはあると思いますが、その時の迫力というのはやっている本人にしか解りません。

気持ちが良いとコメントを見ても本当だろうか?怖いのでは?と思う人もいるかもしれませんが、そうではありません。

本当に気持ちの良いことだってあります。

それぞれ好みのアクティビティを見つけて日頃のストレスを解消してみてはいかがでしょうか?

4. アクティビティをする時の注意

アクティビティをする時の注意点はいくつもあります。

このアクティビティの全般に関わることですが下手をすると命に関わることが多いです。

インストラクターの教えをしっかりと守るということが大事になります。

常にインストラクターが一緒についているので安心だから何かをしていいということではありません!絶対に注意をするようにしましょう!他にもテンションが上がりすぎないようにする、逆に緊張しすぎないようにすることも大切です。

どちらも気持ちが挙がってしまい、インストラクターの言っていることなどを忘れてしまうこともあります。

また、緊張やハイテンションな状態で動くというのは今から未知の体験をする上でも後々に響くことが多くなります。

必ずルールと教えを守るというのがアクティビティをする上での注意点となるのです。

ではどの様なことを具体的に注意すれば良いのは見てみましょう。

インストラクターの教えを守ること

これは必ず守るようにしましょう!インストラクターの教えというのはその種目をする上でのルールであり、この様にすれば良いという安全策を教えてもらうことでもあります。

しっかりと聞いて、しっかりと覚えなければいけません。

やってはいけない事というのもあります。

何かがあった時の緊急用はどれなのか、ボタンなどもありますが押さないようにするボタンはどれなのか、どこまで行って良いのかというインストラクターはきちんと説明してくれると思うのです。

この様な説明を聞くというのは大事なことです。

絶対に守るようにしましょう!

ハイになり過ぎないこと

ハイテンションにならないようにしましょう。

楽しみであり、早くしてみたいという気持ちはありますが、基本的にはインストラクターの人と動くことが多いです。

テンションなどが上がり、先行をしてしまう、他の場所へ行ってしまうということが無いようにしましょう。

また必ず話を聞くようにするのも大切です。

ハイになり過ぎて「何だっけ?」と後々でならないようにしましょう。

緊張し過ぎないこと

緊張し過ぎないようにするのも大事なことです。

例えばアクティビティ中に何かをしなければいけないのにそれが緊張しすぎてできないという状態になることが多いと思います。

また、緊張で手が震えるということであまり力が出なかったりという状態になることも多いです。

常にアクティビティをする上では平常心を保つようにして、発散するところは発散をするようにしましょう。

緊張してしまうのも無理はありませんが、何よりも落ち着くことが大切です。

ルールなどを守っていれば安心なので、緊張し過ぎないように気をつけるようにしましょう。

アクティビティの変わり種18選

今まではアクティビティの事について話をしました。

アクティビティは非日常のことを体験できるレジャーな物であり、普段からできるというものではありません。

ですが必ず覚えておきたいのはインストラクターの話を聞くということです。

これをふまえた上で、どの様なアクティビティが存在すると思いますか?種類は多く増えており、また新たに何か追加されているというのもあります。

時期によっては今年は厳しいというものもありますが、その時期でしかできないアクティビティのような物もあります。

夏限定、冬限定というようないくつもの種類があります。

今回はそのアクティビティの変わり種18選について見てみたいと思います。

もしかするとやったことがある物や、こんな物もあるのかと驚くことが多いかもしれません。

海外などではこのアクティビティが日常的に流行っている物もあります。

ではどの様なものがあるのか見ていきましょう。

1. スキューバダイビング

スキューバダイビングというのは立派なアクティビティの1つであり代表的な物と言ってもよいでしょう。

これは背中に空気のタンクを背負い海の奥深くへ潜るというものです。

テレビなどでよく芸能人の人達がやっているのを見ていたという人も多いのではないでしょうか?身近にできる場所があるという人もいると思います。

このスキューバダイビングは海の奥深くに潜ることができるという所にポイントがあり、海の神秘的な景色はとても絶景とも言えると思います。

非日常を味わう形ではとっつき易いものでもあるので初心者の人にもオススメと言えます!

2. カヤック

カヤックと聞くと少し解らないという人もいると思うので解りやすく説明をするとカヌーの1種になります。

小さい1人用から2人ほどの船に乗り川を下る時にパドルを使いで漕いで下りますよね?その事をカヤックと言います。

カヌーとそこまで違いがなく、どちらの認識でも構いません。

カヤックは川や海などを小船で漕いで見て周るというものです。

よく川くだりをする時にやったことがあるという人もいるのではないでしょうか?一見簡単に見えますが難しいのが特徴であり、夏の季節になるとちょうど良い気持ちよさになります。

これも初心者にはオススメのアクティビティだと思います!

3. ジェットスキー

ジェットスキーも夏で行われるアクティビティの1つです。

海などでボートの様なものに乗りスピードを出しながら移動する乗り物です。

海を爽快に走る姿はとてもカッコイイと思いませんか?乗っている本人は潮風に当たり気持ちが良いそうです。

家族で乗ったり恋人と2人で楽しみたいという人にはオススメです。

夏の海で使える地域とそうでない地域があるので十分に注意して使うようにしましょう。

4. ラフティング

これはカヤックに似ている部分があるのですが少し違います。

上流から下流へと一気に下るレジャースポーツのことをラフティングといいます。

とても水が荒々しく、ラフティングをする時は必ずびしょ濡れになります。

よくツアーなどではラフティングをしている所があり、他の人とも交流できる唯一の機会でもあります。

レジャースポーツと言いましたが、このラフティングはスポーツの1種でもあります。

あまり知らないという人もいるとは思いますが、ラフティングの大会などもあるそうです。

交流と川下りの経験をしたいという方にオススメです!

5. スカイダイビング

スカイダイビングはよくTVを見る際に芸能人の方がしていたりしますよね?高い空の上から一気に落ちるというものです。

空から落ちる時はとても気持ちがよく、「鳥になった気分だ」という言葉を耳にすると思いますが、まさにその通りの感覚を味わうことができます。

スカイダイビングは天候により左右されるため、快晴で風が無い状態でないとすることは難しいです。

スカイダイビングをする際は、十分にインストラクターの話を聞いてルールを守ることが大切です。

インストラクターと一緒に飛ぶことが多いですが、1人でやるという人もいるでしょう。

十分に気をつけて非日常を味わうようにしましょう!スカイダイビング中に他の人と集まって写真を撮ったりすることもできます。

怖いと思う人もいるかもしれませんが、1度体験してみてはいかがでしょうか?

とても楽しく、気持ちが良いですよ!また、空から眺める絶景を楽しむのもスカイダイビングの特徴でもあります。

目を瞑っているのではなく、空高くから見る絶景を楽しみましょう。

6. シュノーケリング

シュノーケリングというのはダイビングとは少し違い、水に浮かびながら水中を見るというアクティビティです。

基本的にはゴーグルとシュノーケルさえあればできるもので、誰でも体験することができます。

例えば綺麗な透き通ってる海で水中も見たいということはありませんか?その様な時に便利なのがシュノーケリングです。

足ひれなどもあると良いでしょう。

水に浮かびながら水中を見るというのはとても気持ちがよく、どの様な魚や景色が見れるのかとワクワクします。

誰にでもお手軽にできるものなので綺麗な海に行った際には是非シュノーケリングを楽しんでみてはいかがでしょうか?

7. サーフィン

サーフィンもアクティビティの1つです。

よく海で乗っていたりする人もいますよね。

サーフィンは練習の積み重ねが必要になります。

波に乗るということが初心者では難しく思うのではないでしょうか。

ですが波に乗って移動する姿はとてもカッコよく、気持ちが良いです。

サーフィンには初心者でもできることの1つでです。

夏の時期は海でサーフィンをする!という人もいるでしょう。

海外などでするサーフィンに関しては、特にでかい大波の中を滑るという人もいます。

とても綺麗な場所もあるので、1度旅行したときにサーフィンをしてみるのもありだと思います。

8. カイトボード

カイトボードというものをご存知でしょうか?これはボートに帆をつけて風に乗り水の上を走るというアクティビティの1つでありスポーツでもあるのです。

帆をはりつつ、その風に乗り水の上を走るというのは難しく、風任せで動いてしまうこともあるため、風などがあまりない日にはできないことが多いかもしれません。

ですが、ウェイクボードの様な感覚を味わうことができます。

ウェイクボードというのは、ジェットスキーの後ろにロープの様なものを持ち、ボードに乗って水の上を走るというものです。

スピードもそれなりにありますが、カイトボードもスピードに乗れば早く移動することができるのが特徴です。

9. パラグライダー

パラグライダーは馴染みのある物の1つなのではないでしょうか?

これは高い山などから下へゆっくりと降りるというものであり、そこから見る景色は広大な大地が見えるのではないでしょうか?

初心者の方はインストラクターと共に一緒に降りることになりますが、ルールなどはよく聞くようにしましょう。

また、朝方や夕方に飛ぶとその時の夕焼けや日の出がとても綺麗に見えるという噂も。

パラグライダーは広大な場所でするためできる場所が限られてきますが、体験したことがないという人は是非体験してみてはいかがでしょうか?

10. バンジージャンプ

バンジージャンプというのはよく耳にすると思います。

足を紐でくくりつけて高いところから落ちるというものです。

高いというのにも高さはその施設で違い、数メートルのところからのもあれば、数十メートルの高さから落ちるというものもあります。

叫びながら落ちるとストレス発散にもなりますし、鬱憤を晴らすこともできるでしょう。

しかしバンジージャンプをする際には十分に気をつけて飛ぶようにしましょう。

変な飛び方をすると事故に繋がる恐れがあります。

必ずインストラクターの話をよく聞いて、ルールを守って飛ぶようにしましょう。

11. ロッククライミング

最近ではロッククライミングがどの地域でも流行っているように思えます。

アウトドアのスポーツとしては有名ですが、これが最近屋内でもできるようになりました。

規模は小さいですが、山に登るという本格的なものではなく、体験ができるというものです。

ロッククライミングは年齢層が幅広く、誰にでも体験できるアクティビティの1つです。

屋内の場合は、石のでっぱりにつかまりどんどん上まで登っていきます。

指定された色を登っていくというような遊びもありますが、身体を鍛えるのにロッククライミングをするという人も中にはいるそうです。

ロッククライミングは普段使わないようなところの筋肉を鍛える効果があるので、運動をしたいという人にもオススメのものです。

始めて趣味になってしまったという人もいます。

代表的なアクティビティの1つなので、何かレジャーな物がしたいと思うのであればロッククライミングはオススメです!

12. マウンテンバイク

マウンテンバイクもとっつき易いアクティビティの1つです。

何よりも普通の自転車とは違うのがマウンテンバイクです。

登山などの道をも通れるようにタイヤが太いというのが特徴です。

マウンテンバイクの特徴は、何よりも乗りやすいのと同時にどんな所にでも行けてしまう、デコボコ道に強いというところです。

ツアーやレースなどもあり、幅広く慕われていると思います。

坂道を思いっきり下ったり、または思いっきりかけあがった後の達成感は他では味わえません。

マウンテンバイクに乗って是非その達成感を味わってみてはいかがでしょうか。

13. ホーストレッキング

ホーストレッキングというアクティビティをご存知でしょうか?あまり聞かないという人もいるのではないでしょうか?

馬に乗って様々な場所に行くという乗馬ツアーみたいなもののことをホーストレッキングと言います。

馬と一緒にというのがポイントになります。

普段見ている景色でも馬と一緒に動くことでその自然の見方が変わったり、景色も違ったものが見えてくるかもしれません。

この特徴は初心者の人でも行えるというものです。

様々な場所でツアーなどもあるので、気になるという人は旅行などに行った際に是非体験してみてください。

馬とも戯れることができ、楽しいと思います。

14. スノーモービル

スノーモービルというのはよく冬に聞くような言葉ではないでしょうか?

水上スキーであるジェットスキーの雪の上バージョンと考えて良いと思います。

スノーモービルの特徴は1人から2人用の小型であり、雪の上を素早く移動したり、楽しんだりすることで使われることが多いです。

また子供用のものもあり、家族などで旅行に行く時には楽しんで使うこともできます。

寒い地域などではよく雪が降るので、その時にスノーモービルを借りて楽しむということもできます。

しかし注意が必要なのは、立ち入り禁止区域に行ってしまわないようにするということです。

離れすぎてしまうと、雪の中といえど迷子になってしまう可能性があります。

十分に注意して楽しむようにしましょう。

15. 犬ぞり

犬ぞりもアクティビティの1つなのです。

驚いた人もいるかもしれませんが、犬ぞりというのはスポーツではないものの、移動手段などで使われることが多く、アクティテビィの変わり種でもある1つなのです!

犬ぞりというのは犬を数引き連れて、縄をボートなどにくくりつけて犬で滑るというものです。

犬が数匹いないとできない遊びでもあり雪の上限定になります。

少し不安だという人もいると思いますが、インストラクターの指導でできると思うので体験できる場所があれば是非体験をしてみてください。

スピードはスノーモービルよりは出ませんが、それでも早いと感じるはずです。

とても気持ちが良いので、体験できる場所があれば是非体験をしてみましょう。

16. セグウェイ

遊園地やテーマパークにもあるセグウェイですが、これもアクティビティの1つです。

移動手段として使われることもありますが、感覚的にはスケボーに乗っている感覚と同じです。

コツを掴むことができれば誰でも乗ることができ、一定のスピードで移動をするというのが特徴になります。

様々な場所でできるので、機会があれば1度体験をしてみてはいかがでしょうか?

17. ケイビング

ケイビングという言葉はご存知でしょうか?あまり意味を知らないという人もいるのですが、このケイビングもアクティビティの1つです。

ケイビングというのは洞窟の中に潜って探検をするというものです。

海外ではよく洞窟探検の様なツアーがありますよね?その中で未知の物を見たり、綺麗な石や壁を見たりすると思います。

その洞窟の中での出来事を体験するのをケイビングと言います。

このケイビングは洞窟の中を探検するだけでなく、何があってこうなったのかと知ることもできるので、不思議なことや疑問に思うことが解るようになるかもしれません。

アクティビティの1つとして未知なる世界を見たいという方がいるのであれば、ケイビングはオススメです!

18. 熱気球

熱気球というのは、下から熱でバルーンに空気を入れて飛ぶというものです。

火が原動力になり、下から上にあがり周りの景色を見ることができます。

その景色はとても美しく、体験できる場所も多いと言われています。

熱気球のデザインには様々なデザインがあり、その地域の特産の物や、アニメキャラクターのものまで幅広くあります!しかし近年では少なくなってきているのが現状です。

天候などにも左右され、風が強いと流されてしまうので注意が必要です。

アクティビティ最高!

アクティビティというのは世界各地で体験できるものでもあり、その中にはとても絶景を見たり、ストレスを発散したりとアクティビティを楽しむというのは様々だと思います。

ですがアクティビティというのは、体験をしてしまうと止めることができなくなるというのが特徴です。

もう1度あの経験をしたいという人も多いと思います。

旅行などで1度きりだったけれど、今でも記憶に残っているという人もいるでしょう。

アクティビティにはいろいろな種類があります。

ですが「こんな物もあるのか!」と驚く人もいるのではないでしょうか?

今現在でもアクティビティになりつつある物が増えてきているかもしれません。

世界の未知な体験や非日常的な刺激を味わいたいという人には打ってつけのものになります。

いずれアクティビティが最高!となる日も来るのではないでしょうか。

アクティビティをする場合は存分に楽しんで悔いを残さないようにしましょう!

ですが注意もいくつかありました。命に関わることも多いので十分に気をつけるようにしましょう!

インストラクターの言うことはちゃんと聞く、ルールを守る。この事を守って楽しむようにしましょう!