億劫と聞くとピンと来ない人もいるかもしれません。

億劫というのは簡単に言うとめんどくさくて物事があまり進まないという意味があり、仕事をしたい、掃除をしたい、でもめんどくさい、億劫になってしまうというような人は多いのではないでしょうか?誰しも常にやる気があるという訳ではありません。

時にはめんどくさいなと思いつつも掃除などをしますが、途中で違うことをしたり、何もせずにただ時間を過ごしたりというようなことが多いと思います。

この億劫なことが起こる理由としては楽しむことができないというのがまず1つ挙がります。

ストレスなどが貯まっていたり、時間が無かったりとすることもあるでしょう。

ですが何より同じことの連続だというところが億劫にさせるポイントでもあります!同じことを繰り返しというのは本当に好きなことでもない限り必ず飽きというものがきますよね?それと同じです。

ではどの様なことに対して億劫になることが多いですか?億劫になってしまう10個のことについてみたいと思います。

思い当たることがいくつかあるのではないでしょうか?その気持ちをいかに変換することができるかというところがポイントになります!軽減させる方法などもあるので是非試してみてください!

億劫という気持ちを他の気持ちに変換しよう!

億劫な気持ちというのを他の気持ちに変換をすることが大切です。

例えばめんどくさいと思っていても、楽しんでやるのとそのまま嫌々でやるのでは大きな差が出ると思います。

楽しんでやる場合はゲーム感覚ですることができ、違う感覚でできるでしょう。

自分の中でとあるルールを作りそれに則り作業をするという方法です。

しかしながらこれが嫌々にやってしまうとどうなるかというと、ずっと何をするにしても嫌だ嫌だという状態で作業が進んでしまいます。

どんな時でもめんどくさいと思ってしまい、それでは手がつけられないです。

億劫な気持ちになるかもしれない、もしかしたら途中でなってしまうという人もいるのではないでしょうか?掃除をする時にも他のものを見つけてしまい、ついそれに夢中になってしまうということもあるのではないでしょうか?そんな事が無いようにするためにはその気持ちを他の気持ちに変換する必要があるのです。

ではどの様な気持ちに変換をすれば良いと思いますか?先ほど言ったゲームなどもそうですが、ご褒美を用意したりすると少しやる気が出てくるのではないでしょうか?様々な工夫を用いて、億劫な気持ちを変えるようにしましょう!

億劫とはどういう気持ち?


億劫とはどんな気持ちなのだろうという人もいるでしょう。

億劫というのはとにかく物事をする前からあまり手をつけられずにいてめんどくさいというのが1つあります。

普段から同じことをしていてずっと飽きがきていたり、少し動くだけ、部屋の掃除をするだけでもめんどくさいと思う人も多いでしょう。

何か物事に対してこの様なことになることはありませんか?これが億劫になるということなのです。

その時はもう何をしてもやる気がおきないという人もいるでしょう。

やらなければいけないのに、逃げたくなるような気持ちにもなると思います。

宿題なども良い例ですよね。

小学生や中学生の頃などは宿題が多く出ていたのではないでしょうか。

ですがこの宿題をいつやるのかということが鍵になります。

必ずしないといけないという訳ではありませんが、しなければいけないことを後々でやるからといって、先延ばしになるという人は多いのではないでしょうか?億劫とはその様な気持ちもあるのです。

ではどの様なことが億劫だと思いますか?考えてみましょう!

みんなが億劫だと思う10個のこと

億劫だと思うことってありませんか?例えば部屋の掃除をやろうと思ってもしないという人も多いのではないでしょうか?心あたりあることが多く、宿題や課題を後々にしたり、寒い日だと布団から出るのも辛いですがずっと布団の中にいるという人もいるのではないでしょうか。

休みの日はずっと寝ているという人もいますよね。

物事に対して億劫というのはとにかくめんどくさいという意識が強く、気力が起きないということもあるのです。

今までの日常の中でその様な経験をしたという人もいるのではないでしょうか?また、仕事に行くという日でも移動がめんどくさい、そう思った人はいませんか?どの様なことで億劫だと思うのでしょうか。

その10個のことについて具体的に見てみましょう。

思い当たることがあるかもしれません!

1. 部屋の掃除

部屋の掃除はよく皆さんすると思います。

年に1回という人もいれば、掃除をしないなんていう人もいるのではないでしょうか?掃除をしなければと思いつつもずっとそのままにしていたり、何かある度にめんどくさくなって部屋の掃除をする気力が起きないといったこともあると思います。

部屋の掃除は最初はやる気があっても続かないという人もいますよね?億劫な気持ちというのは、途中から出たりすることもあるのです。

何かのアクションを起こしていると、その途中で気にかかることや後々で出てくる問題など。

その事に関してとてもめんどくさいと思う人は、よく部屋の掃除をしないという傾向もあります。

めんどくさいから放置をしている、という日が続くことがないように心がけましょう!

2. 宿題や課題


宿題や課題というのも億劫になる原因の1つです。

学校で宿題や課題というのは毎日というほど出ますよね?それに苦手科目のことなら尚更手をつけるということが難しくなると思います。

例えば毎日数学の宿題が出るということであれば、それを繰り返し同じ問題もすれば、違う問題をすることになるでしょう。

ですが人というのはその様なことをすると必ず「飽きる」ということが来るのです。

飽きるというのはとてもめんどくさいと思いませんか?何よりも楽しくないと宿題なども手付かずの状態だと思うのです。

宿題をしないと明日や次の授業にとても響きますよね?時間ギリギリでやってしまうという人も億劫の1つです。

宿題や課題は早めに終わらせて損はないですよ?

3. 髪の毛を乾かすこと

髪の毛を乾かすことがめんどくさいという人もいるでしょう。

女性の中にはドライヤーをかけずにそのまま放置しているという人もいると思います。

ですがドライヤーで髪を乾かすということだけでもめんどくさいと思うのが億劫な人の特徴でもあります。

行動する意思があまり感じられなく、別に乾かさなくても良いだろうという気持ちになるからです。

ですがこれには注意が必要になります。

髪の毛というのは乾かさないでいると傷んでしまう恐れがあるからです。

髪の毛を乾かすことがめんどくさくて、濡れたまま寝ているということになると、次の日の髪の毛は凄いことになっていませんか?それで寝癖直しを使っているという人も中にはいますが、髪の毛は傷む一方になるのです。

髪の毛を乾かすことも億劫になってしまっては傷んで大変なことになるかもしれません。

この様なところにも億劫だと思える場所があるのですね。

4. 寒い朝に布団から出ること

よく冬の時期に寒いからずっと布団にいるという人が多いのではないでしょうか?布団から出ずにスマホをいじっていたり、買い物などに行きたいけど寒いからいいやとめんどくさくなったりする人もいるのではないでしょうか?その様な人は億劫になりやすい特徴でもあります。

例えば買い物に行くには、まず布団から出るというところにめんどくささを感じるからです。

何かの目的をするためには、まず動くことから始めますよね?そこでめんどくさいという人とめんどくさくないという人に分かれるのです。

めんどくさいと思う人はいつまでも布団の中でゴロゴロとしているでしょうし、めんどくさくないという人は直ぐに着替えたり支度をして、買い物へと出かけるでしょう。

行動力は後者の方があり、布団から出られないという人は億劫だなと思うかもしれません。

感じ方は人それぞれですが、思い当たることもあるのではないでしょうか?その時はもしかしたら、その事に対して億劫になっていたのかもしれませんね。

5. 恋愛のかけひき

恋愛のかけひきでも同じようなことが言えます。

恋愛というのは相手の異性と付き合うということもありますし、好きになってしまった、どうしようという考えが出てくるのも恋愛の1つだと思います。

その好きな人に対して何かをしようとする行動はとても素敵なことで、恋愛に積極的になる人もいるのではないでしょうか?億劫の場合はその逆であることが言えます。

例えば付き合っていても「めんどくさいなぁ」と思ったりする人はいるのではないでしょうか?その様な人は基本的にその異性に対してあまり興味が無いのではないかと思う人もいると思います。

好きなのは好きだけれど、行動が億劫だという人もいるのです。

何かデートの時でもめんどくさいと思いつつ、その場を凌いだり、逆に恋愛に全く興味が無くなるなんていうこともあります。

恋愛に億劫だという人は結構多いのではないでしょうか?それよりも他のこと、と考える人もいると思います。

周りの人達に恋愛に対して億劫だと思う人もいるのではないでしょうか?

6. 回覧板を回すこと

回覧板というのは地域でよくあることです。

知らないという人のために言うと、地域での情報を他の一軒家の家に回すというものです。

地域により区切りもされており、その組で分かれていたりすることもあります。

引越しをしてきたということであれば、その地域の情報を知るのにも便利です。

ですがポストなどに入れてそのまま放置するというのは危ないので基本的に手渡しで渡すことが多いです。

回覧板を回すというのは周ってきたのであれば次はこの家だという風に回さないといけません。

それは例えば月に2回ということもあれば、1週間ごとに回ってくるという地域もあるでしょう。

情報を見る上ではとても良いことなのですが、回覧板を回すというのはとても億劫になったりしませんか?めんどくさいなと思いつつもポストなどに入れているという人もいるのではないでしょうか?ですがそこで回さないとなると少し問題も出てきます。

回覧板というのは誰もが見ることができるので、もしかしたら見たいという人もいるかもしれませんよね?その時に回さないというのはとても失礼だと思います。

めんどくさいと思うかもしれませんが、回覧板を回すようにしましょうね。

7. 肌の手入れ

肌の手入れをするのも億劫だという人は多いのではないでしょうか?例えば出かける前に化粧をするかどうかという点でもあります。

女性で多いですが、化粧をせずにスッピンで歩くというのは恥ずかしいですよね?あまり他の人に見られたくないという人もいると思います。

ですが肌の手入れをせずとも、スッピンでいいという人も中にはいるのです。

化粧なんてめんどくさい、時間が取られるだけだという人もいるのです。

軽く化粧をするくらいの人もいますよね?一応化粧をしているけどめんどくさいということもあるでしょう。

肌の手入れは化粧だけではありません。

例えば顔を洗うということも肌の手入れに入ります。

朝起きて顔を洗うのがめんどくさいという人もいるでしょう。

肌の手入れをしなければ肌がボロボロになっていきます。

めんどくさいと思っていても大事に手入れをすることが必要になるのです。

それもめんどくさいと思ってしまうと老いてしまったときに大変なことになるかもしれません。

注意をするようにしましょうね。

8. 満員電車やバスに毎日乗ること

満員電車やバスに毎日乗ることも億劫になってくる原因にもなります。

これは通勤や学校に行く時などによく起こることです。

毎日電車に乗っている、しかも満員でずっと立ちっぱなしだという人もいるでしょう。

席が空いたけれど座れないという人も中にはいるのではないでしょうか?毎日乗るというのはそれほど日常に刺激が無くなるというものになります。

常に同じことの繰り返しというのは億劫になりやすく、直ぐにめんどくさいと思いますよね。

車で移動をしても移動がめんどくさいと思って違う方法で行くとなるともう徒歩などでしか方法が無くなるため、仕方なく乗るという人もいるのではないでしょうか?会社が近くにあれば良いのにと思う人もいるかもしれません。

満員電車やバスに毎日乗るというのはそれほど飽きてしまうと同時に、乗るのがめんどくさいから学校や会社にも行かないでいいやという気持ちが出てくるのです。

マイナスな思考になってしまいがちな原因にもなるので、めんどくさいと思っていても乗るようにしましょう。

億劫だと思うというのはこの様な所からも発生しているのです。

【満員電車の快適な過ごし方は、こちらの記事もチェック!】

9. 白髪染め

年を取ってしまったという人は白髪染めをしたりすると思いますがそれもめんどくさいと思う人も多いでしょう。

特にお年寄りというのはワガママなイメージがあると思いませんか?めんどくさいことはしない、でもやる時はやる、その様なイメージが強いと思います。

白髪染めなどに関しても億劫になるということがあるのです。

また、別に白髪があったところでという人も多いと思います。

白髪が気にならないという人は億劫ではありませんが、白髪が気になってなおかつ白髪染めをするのがめんどくさいという人は億劫であること間違いないです!

10. 歯磨き

歯磨きもめんどくさくてしないという人がいるのではないでしょうか?歯磨きというのは毎日しなければ汚れなどが溜まり、歯周病などの原因にもなります。

ですが最初は毎日やっていても、だんだん忙しくなってきたり時間が無いという人は歯磨きをする時間が無いのですすぎだけという人もいるのではないでしょうか?めんどくさくていつもしないという人がいるのであれば、注意することが必要です。

しかしこの様な歯磨きをするというのは、一般では常識になっています。

この様な常識もめんどくさいと思う人が中にはいるのです。

歯磨き以外でも同じようなことが言えます。

何か行動を起こすのにも億劫だという人は様々な場面でめんどくさいと思ってしまうでしょう。

億劫な気持ちを軽減させるためには

億劫だと思う10個のことについてあげてみました。

心当たりがあるという人も多くいたのではないでしょうか?誰でも経験がありますよね?でも億劫な人というのは常にそのことに対してめんどくさいと思っているのです。

挙げた例を含めて全てに言えますが、億劫な人というのは何か原因があって億劫な状態になっている場合もあります。

例えば日頃のストレスや、物事から逃げているという人など、性格も似たようなところが多いでしょう。

目の前にあることから避けようとするとめんどくさいからやらないという状態になるのです。

本人たちもやらなきゃとは思いつつも途中でだれてしまったり、めんどくさくなったりすることが多いと思います。

ですがこんな億劫な気持ちを軽減させることもできるのです。

ではどの様なことがあげられると思いますか?億劫な気持ちを軽減させるための方法をいくつか教えようと思います。

常日頃から悩んでいるという人も、治したいという人も意識をすることで軽減させることができるのです。

どの様なものがあるのか見てみたいと思います。

1. 億劫なことも楽しんだもん勝ち!

億劫なことも楽しむと思う気持ちが大切です。

めんどくさいと思うのではなく、思考を変えることが大切です。

めんどくさいから「楽しむ」という方向に考えるようにしましょう。

例えば部屋の掃除もめんどくさいと思うのではなく、もしかしたら昔のものが見つかるかもしれないという考えで動くのでは全然気持ちの持ちようが違うと思うのです!目的があって動くにしても更なる目標を立てることで行動することができると思います。

最終目標は掃除をすることであっても小さな目標に、例えば昔の物を見つける、印象に残るものは別で分けてみようと考えるととても気持ちが楽になりませんか?億劫なことも楽しんだもん勝ちです!発想の仕方を変えるだけでも、もしかしたら億劫な気持ちが不思議と消えていくのかもしれませんよ?

2. 出来るところから片付ける

出来ることから片付けるというのも大事です。

例えば何かしようとする時にいかに楽にして終わらせるかと考えてしまうことが多いのではないでしょうか?しかし学校の課題や宿題などに関しては簡単な物もあれば難しい物もあります。

そういう時にはまず簡単な物から片付けていくという方法が億劫にさせないようにする軽減方法でもあります。

めんどくさいと思うのは簡単なのは解けますが、何より難しいものもあるからめんどくさいと思う人が多いのではないでしょうか?その様なことがあった場合はまず簡単なほうから片付けるというやり方をオススメします。

こうすることで自然と物事について取り組むのではないかと思うのです。

3. 頑張った自分に時々ご褒美を準備する

物事を取り組むというのは非常にめんどくさいです。

ですがそのめんどくさいけど頑張った自分に時にはご褒美というものが必要になります。

例えばこの仕事が終わったら、今日は飲むぞ!ということや、この仕事はめんどくさいけど片付けたら、今日はデザートを食べようというようなご褒美を自分に準備することが必要になります。

何か得をすることがあるのであれば、どんな事に対しても頑張ってこなしたいですよね。

自分自身を物で釣るということにもなるかもしれませんが、億劫な気持ちを軽減させるためには一番の方法とも言われています。

よく小学生などがテストで100点を取ったら、という事を耳にしませんか?あれと同じ要領を自分自身に与えることで、億劫な気持ちを脱することもできるのではないでしょうか?

4. 自分ひとりで抱え込まない

一人で抱え込んでしまうという人も多いと思います。

めんどくさいからもういいやというのではなく、めんどくさいけどどの様にすれば良い?と友人や家族に聞くことが大切です。

いつも1人でしようとするという人もいますが、こういう時に友人たちや家族を頼ってみても良いと思います。

どうすれば良いのかという相談をするだけでも、その助言を聞いてやる気が出るかもしれません。

少しでも億劫な気持ちを軽減させるためには、まず話すということも必要になります。

ひとりで抱え込まずに、時には誰かに頼るような行動をすることも大事なのです。

5. 他の人のやり方を真似してみる

他の人のやり方をそのまま真似をしてみても良いでしょう。

例えばよく「効率の良いやり方」などその様な言葉を耳にしませんか?簡単にできるという方法を真似て実践してみるのです。

本当に楽なのかという好奇心と、めんどくさいけどとりあえずやってみようという気持ちで行動をすることができると思います。

億劫な人はきっかけがあれば行動できるというのも特徴の1つです。

他の人がこの様にやってたのかというやり方を是非真似てみてください。

もしかすると、そのやり方が定着していき、今後も同じように対処をしているかもしれません。

6. ゲーム感覚でこなしちゃおう!

ゲーム感覚でこなすことも大事です。

例えばこれができたら何かをもらえるといったご褒美に似たような感覚でするのも良いでしょう。

何かを片付けるたびに「経験値をいくつもらった」とRPGの様な考えをしながら動くのも良いと思います。

子供の頃はそのような遊びばっかしていたという人もいるでしょう。

ゲーム感覚でこなすというのは時間があっという間に経って、いつのまにか物事を終わらせているという可能性もあるのです。

逃げてばかりでは成長できない

逃げてばかりでは成長というものはできません。

嫌なことやめんどくさいことがあっても時には乗り越えなければならない時が来ます。

それをしておかないと後々に後悔をしてしまう、なんてこともあり得ます。

いつもめんどくさいからと言って逃げてきていたという人は時は立ち向かう姿勢が必要になるのです。

逃げるだけでは何も得られるものがありません。

立ち向かうということが大事になります。

なぜ億劫に感じるのか?

なぜ億劫に感じてしまうのでしょうか?それには様々な原因があるのです。

例えばめんどくさいと感じる理由で最も多いのが時間が無いということ、性格的な問題というのもあります。

仕事などの内容は人それぞれ違いますが、他の人より大変だから億劫になってしまうという人もいるのではないでしょうか?必ずその億劫になることがあるというのは、何かの原因があるのです。

いつも同じことをしているから、複雑だからなど様々な理由があります。

では具体的にどの様な理由で億劫に感じてしまうのでしょうか?もしかしたら知らないうちに自分自身を甘やかしていたりしていませんか?

1. 時間がないから

時間がないというのは1つの理由にもあります。

例えばやることが2つあったとして、片方の方をしなければいけないのにもう片方のことも考えて行動しないといけない、という状況になった時に時間が欲しいと感じますよね。

その様なことが多くあると人というのは、億劫になりがちになるのです。

時間に追われれば追われるほど、嫌だという気持ちが強くなり、めんどくさいということに変わってしまうため、追い詰めているような環境を送っているという人はこの様に感じる場合が多いです。

2. 過程が複雑だから

その行動をするにあたっての過程がとても複雑だからという人もいます。

部屋の掃除で例えるならば、その部屋がまずどこにあってどのように掃除をするか、という様なことです。

先に掃除機をかけたら次はモップがけをして、その後に隅々の埃を取って、というような環境になってしまうとその達成するまでの過程が非常にめんどくさいと思いませんか?複雑になればなるほど億劫になってしまうというのも1つの特徴です。

過程というのはとても大事なことなのですが、めんどくさいと感じることが多いでしょう。

3. ハードルが高過ぎるから

その物ごとをすることに当たって自分自身にとってハードルの高いものだったりするという場合はありませんか?例えば仕事で今までしたことないような仕事をするとなった時はめんどくさいと思うことが多いのではないでしょうか?億劫になる原因の中にはハードルが高すぎてついめんどくさいと感じるという人も多いのです。

ですが先ほども言ったようにその様なことは誰にでもあります。

億劫に感じますが、どの様にこなしていくかという所がポイントになるのです。

4. ストレスが溜まっているから

ストレスが溜まっているから億劫になるという人もいます。

他に気になることがあって、今目の前の物がめんどくさいと思う人も、もしかしたら億劫に感じるかもしれません。

ストレスというのは人に様々な影響を及ぼします。

それは気持ちの問題にも繋がるのです。

常にめんどくさいと思っている人は何故かということを考えてみると良いでしょう。

もしかしたら原因が掴めるかもしれません。

ストレスが溜まっていて億劫になるという人も少なくないのです。

5. 性格がネガティブだから

性格がネガティブ思考になってしまうという人も億劫に感じることが多いです。

常に物事をマイナスな面から見ているという形になるので、何かをしようとしても「どうせまた…」という考えをしてしまうのです。

例えば掃除で言うのであれば、掃除をして綺麗にしてもまた汚れますよね?その様に考えてしまいめんどくさいと思う人もいるのではないでしょうか?

6. 他の人よりも大変な内容だから

他の人よりも難しい内容をしてしまっているという人もいるのではないでしょうか?他の人はあれほど楽なのに、何故自分だけと思う人は億劫になってしまいがちです。

仕事などでは皆が同じ仕事をしているという所もあれば、それぞれが自分の仕事を持っているという人もいます。

その人はあんなに楽なのに何故自分だけこの様な仕事をしているのだろうと考えることも多いと思うので、他の人よりも大変だと思うのであれば他の考え方をして乗り切る必要が出てくるでしょう!

7. 毎日繰り返し飽きてしまうから

毎日同じ繰り返しになると飽きてしまいますよね?例えば宿題や課題など、仕事も同じことが言えます。

同じ繰り返しで楽しくない、めんどくさいと思う人は億劫に感じることが多いのではないでしょうか?同じような作業をいかにして楽しむかというのも重要になりますが、その様に考えが回らず億劫になってしまうという人も多いのです。

自分を甘やかすのはやめよう

億劫だと思う10個のことについてや原因についてお話をしました。

必ず億劫になるということはそれほど何か原因があるということになるのです。

それは自分自身にしかわからないこともあれば友人に聞いたりして解決することもあると思います。

もし仮に自分は億劫だと思うのであれば、軽減できるポイントというのを意識して生活を送ると良いでしょう。

また、自分を甘やかすという行為を止めることが最大の目標になります。

めんどくさいからというのではなく、時にはこの様なこともあるから頑張ろうと自分を甘やかさないようにすることが大切です。