よく仕事でチームで動くという会社があると思います。

1人1人の個人の仕事ではなくチームで動くことによって、何か作ったり、仕事をこなしたりとするのではないでしょうか。

このチームで仕事をするというのは、会社全体での友好を良くしたり、チームでのまとまりなども重要になってきます。

ですがそれと同時に全く新しい人とチームを組むことで得られるものもあると思います。

有名な企業は常にチームで動いているというようなところもあるでしょう。

チームでの仕事というのは初めて得られるもの、逆に自分の持っている技術や特技を相手に見せることで相手にも教えることができます。

また、逆に吸収をするといったような形も取ることができるでしょう。

チームというのは仕事をする上で学びや生産性が高くなるといわれているのです。

ではその22個の理由についてみてみましょう。

チームでの仕事は1人で仕事をするよりとても効率よく、そして解らないことがあればチームでという団結力、会社への貢献なども増えて良いことづくしになるのです。

会社で企業を起こしたてだという人も是非チームでの仕事を増やしてみてはどうでしょうか?団結力をしたチームでの仕事というのはとても会社にとって良い貢献もしますし、本人たちも成長ができて、何より仕事を楽しいと感じることも多くなるのではないかと思います。

️チームでの仕事は得られるものは多い

チームでの仕事というのは個人でするのとは違い得られるものが多いのが特徴です。

例えば1人の場合だと競う相手という人達は多いように思えますが、技術力の向上などはその人たち本人次第になるのです。

本人に意欲があれば技術力なども向上でき、生産性などもあがると言えるでしょう。

しかし1人でする場合に向上心というものが無ければどのようになると思いますか?仕事をしていても全く力などがつかず、いつまでも上にあがれないという状況になりかねません。

それでは仕事ということをしていないということにも繋がりますよね?ではチームではどの様なことが得られるのでしょうか?これはほぼ全てのものが得られると言っても良いでしょう。

チームというのは人数により様々ですが4人ほどのチームで動くというのがベストだと思います。

チームで学びあってチームで効率よく仕事をこなす。

また、企画などもチームでするというようなこともあるでしょう。

その中で1人でするのとは違いチームですることにより競争心も出たり、お互いに教えあうといったこともあると思うのです。

そして成長をすることができます。

成長というのは人としてもそうですし、今働いている会社にも貢献できるということになるのです。

それはとても嬉しく思いますよね?ではどの様なものを得ることができるのか具体的に見て行きましょう。

学び


1人で仕事をこなすのとは違い学ぶことができます。

これはチームのメンバー同士で教えあったり学んだりするというものです。

時間がある時に4人で集まって勉強会をするというようなこともあると思います。

勉強会はとても参考になることが多く、成長できる時間でもあるので時間があるという人は是非勉強会などに出席をしてみてください。

また、チームで集まるときには必ず時間を作るようにしましょう。

細かい時間でも教えあうことができますが、仕事終わりの後や休憩時間を使って聞くということも忘れないようにしましょう。

ですが休憩時間を全て削る必要はありません。

仕事というのは適度に休憩を取ることも大事なのです。

生産性

生産性も向上します。

生産性と聞いてあまりどの様なものか思い浮かばないという人もいるでしょう。

例えば何かを作るとなった時に数時間で10個と数時間で20個とでは、後者の方が生産性が良いということになります。

生産性というのはこの様な認識で大丈夫です。

時間が設けられているのが仕事の特徴なので、例えば何かを作るとなった時に1人でするよりチームでした方が捗りますよね?その様に生産性も向上するので1日の間で作れるものがどんどん増えて会社での利益にも繋がるのです。

効率性


効率性というのもあがります。

これは1人で仕事をする量とチームで同じ仕事をする量ではチームの方が圧倒的に効率が良いですよね?解らないことがあるとなった時でも1人で別々のことをしていると聞く人がいないと思います。

その時にチームの誰かに聞くというのもありでしょうし、また仕事をする時に1人1人が別々のことをするのではなく、チームの人数が4人だとすれば4人で1つの仕事を順当に片付けるという方法を取ればとても効率性も挙がり仕事をする回転率もあがります。

これは人が多ければ多いほどあがる、というものではありません。

チームでの団結力が必須になります。

例えば知らない人達同士と、知っている人同士で同じものを作るとどちらの方が早く思えますか?知っている人同士の方が早く感じませんか?相手のことを知るというのはそれほど相手の特技などを知ることになりますし、任せれることができます。

また、効率性をあげることで仕事の手際の良さも向上することができます。

これは生産性に繋がるものですが、得意な分野を生かして仕事をすることができるので自然と仕事も早くなるのです。

この様に効率性というのはチームで長年しているところがあるととても早く捗り、より多くの仕事や、企画などに携ることができるのではないでしょうか。

人間力

人間力と聞くと難しいと思う人もいるかもしれません。

人間力というのはどれほど自分のことを解っていて相手のことが解るかということに繋がり、対人関係も良くなります。

人間力は1人でいる場合では自分の力しか計ることができず、どんなことも1人でしなければいけません。

ですがチームでは別です。

1人1人に得意なことや苦手なことがあるでしょう。

「相手これができるからこれを任せよう。その代わり自分はこの仕事をしよう。」というように相手とのコミュニケーションも取りつつ、自分の力が解ったり、相手のことも解ってくるのです。

これはチームだからこそというのもありますが、自分が気付かなかったことを相手が教えてくれる場合もあります。

例えば「ここ凄いねどうしたの?」と聞かれるとするならばそれは他の人にはできない自分の特技なんだと気付くことができますよね。

その様にしてチームを組むことで人間力を向上させることができるのです。

またこの経験を生かし他の所で活躍することもできます。

例えば取引先との相手とのコミュニケーションや、今自分がどれくらいの力があってどのくらいのことができるのかなどの自己診断など、様々な影響を与えてくれます。

チームで仕事をするというのはこの様な人間力も向上させてくれるのです。

企画力

1人で考えて出すときと皆で考えて出すというのはどちらの方が良いと思いますか?企画力というのは何か仕事をする上で意見などを出したりすると思います。

その時に1人だと1人分の知識でしか作ることができない企画になりますよね?ですがチームで組んで皆の意見を出し合って作るというものは、自分1人ではできないということをできるようにしてくれる可能性を秘めているのです。

企画力もつくというのは頭の回転も関係しますが、1人とチームとでは出来の差が大きくでます。

それほど得意な分野を生かして作っているということになるので、企画力というのはとてもチームに影響を及ぼすのです。

成長

チームでの活動というのは様々な影響を与えてくれます。

自分自身を成長させるためにはとても良い環境です。

例えば自分に気付かなかったこと、自分の得意分野が増えたということもあるのではないでしょうか?新しい物に挑戦をしてその特技を身につけることができたという人、人間関係がよくなったという人、チームでの影響というのは1人の時とは違うのです。

1人の時では自己満足で終わってしまったり、何も影響がなかったということが多いでしょう。

自分でできる範囲を見極めることができたという点はあがると思いますが、チームで仕事をする時とは違い、何より団結するということを学んでいません。

1人ではできないということをチームでは教えてくれます。

そしてそのチームはどの様なことがあっても忘れないと思うでしょう。

後々でまた同じチームを組んだりすることもあると思います。

ずっと長年同じチームで行動をしているという人もいるでしょう。

チームでの行動は人としての成長の他、技術力や企画力、生産性なども向上させてくれるので、全ての意味を込めて成長をすることができます。

他の人とは違ったものや才能も開花する可能性があります。

チームで組むということがあれば成長を実感してみてはいかがでしょうか。

️チームで仕事をすると学びや生産性が高くなる22個の理由

チームで仕事をすると学びや生産性が高くなるのには細かくわけると22個もの理由があります。

それは例えば意見を出し合うことでもそうですし、相談やサポートなど様々なことをお互いに共有しながら仕事をするということで高くなるからなのです。

これが1人という状態であれば味わうことのできない経験だと思います。

ではどの様なことがあると思いますか?具体的に見てみましょう。

色んな価値観を知れる

チームといることで色んなな価値観を知ることができます。

例えば私はこう思っていても他の人は全く違うことを思っているかもしれません。

それは個性なので人それぞれですが、仕事にも影響してくることが多いはずです。

例えば企画を出し合っているときに「こう思うのだけれどどう思う?」と話をすると必ず「いあ私は」といったような違う視点から意見を言う人もいると思います。

その様なことがあるように色んなな所から価値観を知れるというのはとても重要なことであり、チームでしか味わえないものなのです。

普段のプライベートでも価値観を共有したりすることがあるでしょう。

しかしながら違った価値観を持っていたりする人も多いのではないでしょうか?チームというのは時間が長ければ長いほどより深い絆を作ることができます。

それと同時に色んな価値観なども共有しあうことができるのではないでしょうか?

意見を出し合える

意見を出し合えるというのもチームでの魅力の1つです。

1人の場合では意見を出す相手もおらず自分自身で考えなければなりません。

ですが意見を出し合えるチームのメンバーがいるとすれば、相手にそのことを伝えて相手のアドバイスや意見を求めることができます。

これは生産性にも繋がりますが、1人の時は行き詰ってしまうことが多く、誰にも相談できないというようなことも多いのではないでしょうか?ですが意見を出し合えるというのは1人ではない、皆がいると思えるので団結力も高くなり、それと同時に効率性なども上がるのです。

気軽に話すことができるというのが一番のポイントになります。

どんな事でも疑問に思えば意見を言って、お互いのことを言い合えるような関係がチームでする利点となり、会社での生産性をあげたり、自分自身たちの効率をあげることになるのです。

相談できる

相談ができるというのも1つのポイントです。

例えば解らないことがあったとなった時に周りに同じ仲間がいると相談がしやすいですよね?チームを組むというのは友達同士でもあり仲間なのです。

同じ仕事をしてきているので、気兼ねなく相談ができると思います。

仕事のことでも「ここはどうすれば良いのだろう?」と聞くだけで答えが必ず返ってくると思います。

チームというのは組んだからといって誰とでも話さずにいるという訳ではありません。

必ず誰かと喋ることになりますし、相談などもするようなことが多いと思います。

折角のチームなので友好を深めるためにも、相談などは気兼ねなくするようにしましょう!チームでのする上でのメリットでもあるので、どんどんチームの人と話しをするようにしましょう。

様々な視点に立てる

例えば1つの仕事を皆でしているとしてその仕事について様々なところから意見を聞くことができるというのがチームでする上でのポイントにも繋がります。

例えば「ここはどうだろう?」と1人が聞くと他の人は「私の場合はこう思う」というように違った意見が出るかもしれません。

この様にさまざまな視点に立つということがチームでする上での生産性などが高くなる理由の1つにもなります。

仮に問題点を見つければ皆で治すこともでき、効率が上がるということにもなるので、様々な視点から見れるというのは向上することに繋がるのです。