誰にでも緊張という場面があると思います。

一番最初に緊張したことというのは覚えていませんが、年に数回はその様な場面があると思います。

何かトラウマなようなことがありそれで緊張をしてしまう人、あがりしょうで人の前にでたりすると頭が真っ白になってしまう人、発表をする前の待ち時間など、様々な場面で緊張というものを体験すると思います。

武者震いとは違い、怖いという気持ちや不安だという気持ちから緊張をしてしまうということも多いのではないでしょうか?ではその緊張、特に手が震えるほど緊張してしまうということはありませんか?何かのキッカケでトラウマになっていた物や、お化け屋敷などの前、ジェットコースターなどの前など、緊張をしてしまい手が震えるということはありませんか?その様な時にやるとリラックスできるという事があります。

そのリラックスできる10個のことについてお話したいと思います。

リラックスというのは常にできるような状態にしておくと、どんな時でも落ち着いて対処をすることができるでしょう。

しかし、緊張で頭が真っ白になってしまう前に、前日からやっておくと安心するかもしれません!対処方法は様々ですが具体的に見てみましょう!

緊張したら全力を出し切れない

緊張というのはどういう時に出ますか?緊張をすると普段の力が出ないということもあるのではないでしょうか?例えば仕事で言うのであればプレゼンテーションが良い例です。

他の会社の方々や上司の人達にプレゼンテーションをするというのは緊張しますよね?折角面白い企画で資料なども作っているのに緊張をしていざ喋れないという状態になるととても悲しく思いませんか?いつも練習していたのに緊張で言えないということもあるでしょう。

また、手が震えるほど緊張をしてしまうと今までの全力というのを出せないときもあります。

スポーツなどでの試合が良い例でしょう。

武者震いとは違い緊張というのは体が強張ることが多いです。

その影響により筋肉があまり動かなくなり、動きが硬いという状態にもなるのではないでしょうか?緊張というのは今までの練習の成果を出そうとする時に邪魔をしてしまう傾向もあります。

スポーツなどではよく緊張をしているのかということを聞かれたりしますよね?誰でも緊張はしますが試合前日に眠れなくなるといったような事が、当日緊張してしまうということにも繋がります。

緊張というのは様々な弊害が出ることあり、当日ずっと力を出せないまま終わってしまったということもあるでしょう。

それほど身が高ぶるということにもなるのです。

でもこういう時にリラックスできると良いですよね?そのリラックスできるという方法はいくつかあるのです!何時でもどこでもできるというのがリラックスのポイントです。

手が震えるほど緊張する時にやるとリラックスできる10個のこと


手が震えるほど緊張をしてしまい、思った以上にいつも力が出せないという人は多いのではないですか?誰でもその様な場面に直面することはあります。

滅多に無い機会に出場をする甲子園などはとても緊張しますよね。

また試合で全国にいけるとなった部活動時代はとても緊張したのではないでしょうか?当日あまり力が出せずに結果が出なかったという人も多いのではないでしょうか?様々な原因が考えられますが、手が震えるほど緊張するときにやるとリラックスできることがあります。

その10個の方法について説明をしたいと思います。

いざという時に緊張がほぐされ、試合などではいつも以上の力が出ることもあるかもしれませんよ?

1. 深呼吸する

緊張をするというのは気分が高まっている状態になっているとも言えます。

何か気になることがある、頭が真っ白になってしまいそう、様々なことを考えてしまっているなど、この様なことが起こります。

そうした時に効果的なのが深呼吸なのです。

深呼吸をするというのは自分自身を落ち着かせる行為でもあり、瞑想をするかのようなこともすることができます。

目を瞑って深呼吸するだけでも落ち着いたりすることがあるでしょう。

自分自身を見つめなおしたりすることで、その場を落ち着かせることもできます。

気持ちが高ぶっている分、深呼吸をすることで呼吸も整えることができ、普段の落ち着きに戻ることもあるでしょう。

いつも高ぶってしまうという人はまずは落ち着いて深呼吸をすると良いです。

深呼吸というのはそれほど効果が高く、どんな所でもリラックスすることができる方法の1つです。

先ずは深呼吸から始めてみるようにしましょう。

2. ゆったり行動する


緊張をしていると焦ったりすることが多いはずです。

準備をしている時でも焦ってミスをしたり、まだ発表前だというのに気持ちが高ぶり落ち着きがないといった状態になることが多いです。

そこからまたミスを生み出す恐れもあります。

本番や試合中などでも落ち着かずミスをしたということはありませんか?普段と違うような行動をしてしまうという人もいるのではないでしょうか?そんな時にオススメなリラックス方法として物事をゆっくりと行うというものがあります。

例えば準備時間の時は時間を精一杯使って準備をする、ゆっくりと自分のペースで準備をすることがコツにも繋がります。

ゆったり行動するというのは、ゆっくりと落ち着いて行動をするという意味でもあります。

物事を常にゆっくりと行うことで、日頃の焦りや緊張なども解れるのではないでしょうか。

いつも焦ってしまうという人にピッタリのリラックス方法だと思います!

3. マッサージをしてもらう

誰かに頼むという方法もあるでしょう。

軽くマッサージをしてもらうのも緊張を解すコツでもあります。

1人では届かない所は友達などに頼むと良いでしょう。

会社の場合はプレゼンテーションをする前に同僚に時間をもらって少し頼んだりしてもらうのが良いと思われます。

マッサージをすると全身の筋肉を解すことができ、快適な状態になります。

緊張というのも筋肉が強張るのでそれを防ぐことができるのです。

そしてリラックスしている状態で試合などに挑むということもできます。

試合前などでよくマッサージをしている選手などもいるのではないでしょうか?緊張を解すのには身体を動かすという人もいるでしょうが、マッサージをするのでも大丈夫なのです。

気持ちよくて寝ないように注意することが必要ですが、マッサージのしすぎにならないように注意しましょうね。

仮にマッサージ中に寝てしまうということになると試合中に起き始めることになり、最初はあまり自分の力を出せないということにも繋がります。

眠気というのも緊張に入り、なおかつあまり力が出ないものと同じになるので、緊張などをしている場合は程よいマッサージをすることでリラックスすることができるようになるのです。

4. 誰も自分のことなんか見ていないと思い込む

誰も自分のことなんか見ていないと思い込むというのも1つのリラックス方法です。

これは何か発表などをする時は視線が皆こちらに向きますよね?その緊張からくるという人にオススメなリラックス方法です。

誰も自分のことなんか見ていないと考えると少し気が楽になりませんか?よく緊張したときは別の物としてみると良いと言われていますよね。

あれと同じ要領で、誰も気にしてないかなと思いながら今までどおりの自分を出してみましょう。

そうすることで緊張をせずに、いつもと同じ力でプレゼンテーションや試合などに挑むことができると思います。

5. 全く関係のないことをわざと考える

全く関係のないことをわざと考えるのもリラックスする方法の1つです。

緊張をしているとその事しか考えられなくなりますよね?例えば失敗できないとか、大丈夫なのだろうかとか様々あると思います。

そんな時にいかに関係のないことを考えて緊張を解すことができるのかというのもポイントになります。

不安になったりするのは当然のことで、本番の前というのは誰もが気持ちが高ぶってしまうことも多いです。

ですが全く違うことを考えることで、リラックスをするという方法もあるのです。

別のことを考えると自然と緊張も無くなるかもしれません。

その事に対して考えるというのは良いことですが、緊張のしすぎというのは全力を出し切ることができなくなります。

関係の無いことについて考えて、気持ちをリラックスさせるようにしましょう。

6. イメージトレーニングをする

イメージトレーニングというのは本番に向けてどうするかということを考えてくれるものです。

例えば段取りや方法など、その時にどうするかというのを頭で先に考えてしまうことはありませんか?これもリラックスさせる方法の1つでもあるのです。

イメージトレーニングをすることでこの先の展開というのを予測することもできます。

予測ができると万が一想定した内容が起きた場合にどうするかということも考えることができるので、いわゆる行動に対して保険というものをかけることができます。

イメージトレーニングと同じような動きをすることで普段と同じような力を出すこともできるでしょう。

そして何よりも落ち着いて対処をすることができるというのもこのイメージトレーニングの特徴です!既に予習をしているということになるので、その通りにすれば問題ないと思いますよね。

その様に考えると自然と気持ちが楽になりリラックスできるというものなのです。

先のことを考えることもリラックスの方法に繋がるのです。

7. 太陽の光を浴びる

太陽の光というのは身体を起こす意味でもあります。

人というのはサイクルがあり、ちゃんと寝てちゃんと起きるということが大事です。

太陽の光を浴びることでそのサイクルをしっかりと回すようにしましょう。

また、本番前の時も1度太陽の光を浴びることをオススメします。

これは身体を活性化させるのにも効果的だからです。

下手に緊張をして動けない、というよりも太陽の光を浴びることで段々とリラックスができるようになります。

太陽は存在もでかいですよね?全てを受け止めてくれる感覚にもなるのでオススメです!

8. ストレッチ運動をする

ストレッチ運動をするということもリラックスさせる方法の1つです。

緊張をしていると筋肉が強張りますよね?その時に運動をするというのはとても効果的な方法の1つであり、緊張を同時に解してくれます。

その理由として、緊張というのは必ず緊張をしてしまう原因があるのです。

その緊張してしまう原因を頭で考えてしまうから緊張をしてしまうということになります。

なのでそれをストレッチなどの運動をして考えないようにするという事が1つ挙げられます。

身体を動かしているとそのことについて時には忘れることもあるので、自然な態勢で本番などに挑むことができるのです。

よくスポーツ選手が試合前に身体を動かしますよね?あれは身体を温めると同時に緊張なども解しているのです。

常に万全な状態で挑みたいと誰もが思います。

なのでストレッチ運動などをしてリラックスさせているということもあるのです。

9. プラスの言葉を連呼する

プラスの言葉を連呼するというのはリラックスできる良い方法の1つです。

緊張をすると常にマイナス思考の言葉しか考えられなくなります。

例えば「大丈夫かな?」と思ったり「出来なかったらどうしよう…」など常に前向きなことではなく、ネガティブな考えになったりすることが多いです。

当日になるにつれてどんどん焦り始めてマイナス思考になってしまうという人も中にはいるのではないでしょうか?そんな時にこそプラスの言葉を連呼するように言うことが大切です。

プラスの言葉を連呼するように言うのは自分の気力さえもどんどんプラスにさせるような言葉ばかりです。

思う気持ちというのは本当にその通りになるとよく言いますよね?緊張をしていても「やればできる!」と思っていれば本当にその通りにもなります。

「大丈夫だ」と思い込むこともリラックスできる方法の1つです。

ネガティブな考えになりがちですが、こういう時にこそポジティブな考えを持つことでプラスの言葉を連呼して自分自身もプラスに動かすようにしましょう!

「大丈夫!」

「大丈夫!」という言葉は何より自分自身を安心させることができる言葉です。

緊張で失敗をしないかという考えを「大丈夫だ!」と思い込むことで緊張を解すことができます。

積極的に物事に取り組む姿勢も大事ですが、何よりも失敗が不安になるという人もいますよね?その様な人にオススメな言葉です。

きっと大丈夫だと思えるようになればどんどん緊張も解れると思います!

「簡単だ!」

「簡単だ!」と思うのも1つのリラックス方法であり、プラスの言葉でもあります。

物事を難しく捉えていませんか?本番だから難しいのだろうと思っていたりする人もいませんか?

そんな時は今までの自分の力を信じて「簡単だ!」と思うようにしましょう。

緊張というのには必ず原因があります。

その原因で難しくなるということもあるでしょう。

あまり力を出し切れないということもあると思います。

そんな時にこの「簡単だ!」という言葉を使い、自分自身をリラックスさせるようにしましょう!

「出来ないわけがない!」

他の人も同じ立場にいると考えると「出来ないわけがない!」と思ったりしませんか?例えば試合などの時は皆同じ立場に立っているのです。

皆は緊張をしていない状態なのに、自分1人だけ緊張をしていては恥ずかしいと思ったりすることもあるかもしれません。

ですが自分1人だけではないので「出来ないわけがない!」と考えることによってリラックスすることもできるのです。

皆が同じ様な内容でその場にいるのです。

それは皆同じ条件ということになりますよね?その中で1人だけこの様なことになっていると、周りにも申し訳なく思ったりもするかもしれません。

なので「自分でも出来るんだ!」という意識を常に持つことが必要になります。

これは緊張しすぎる前に、自分自身で言い聞かせるのも大事です。

緊張というのは目の前に大きなことがあり、それで緊張をしてしまいがちです。

ですがそうなる前に、緊張を解すという方法も中にはあります。

前日や2日前などから「出来ないわけがない!」と考えることが大事なのです。

その考えが当日にも影響をしてとてもリラックスできる状態で本番などに挑むことができるでしょう!手が震えていてもそう思うだけで解れることもありますよ!

10. 良い香りをかぐ

香りというのは自分自身を落ち着かせるものでもあります。

例えば果物の香りや花の香りなど様々な匂いというものがあります。

この香りというものをかぐことでリラックスできるという方法もあります。

常に何か匂いになるようなものを持ってきていても良いでしょう。

極度に緊張をしてしまうという人や、手が震えるほど緊張をしてしまうという人にはオススメの方法です。

香りをかぐというのは、鼻から隅々まで体全身で味わうことができます。

その香りをかぐことで全身を落ち着かせるということもできるのです。

例えば甘酸っぱい香りが好きなのであれば、オレンジの香りなど好みによって様々な匂いというものをかぐことになると思います。

その時にいかに落ち着ける香りをかぐのかというのが重要です。

例えばせっけんなどの香りも良いでしょう。

バニラの香りなどが好きだという人もいると思います。

好きな香りというのはそれほど自分自身に影響を受けるものなので、常にリラックス状態でいられることができるのです。

緊張する原因とは?

緊張をしてしまう時の10個のリラックス方法について説明しました。

特に深呼吸などは直ぐにできるし準備することが無いのでとてもお勧めな方法です。

ですが1つ疑問に思うことがあると思います。

それは何故緊張をしてしまうのかということです。

何か不安なことがあるから緊張をしてしまうといくつかお話しをしましたが、その原因となるものが解決をしないとリラックス状態に入ることができないこともあります。

なので常に緊張をするという人がいるのであれば、何故緊張をしてしまうのか、何故頭が真っ白になってしまうのかを考えてみるのが大事です。

緊張というのは様々な原因があります。

例えば過去に嫌なことがあったり、また当日の本番に自信が無かったりなどこの様なことがあるのです。

具体的にいくつかあげたので見てみましょう。

1. 過去のトラウマ

過去のトラウマが本番になって蘇ってしまったというのも1つの原因かもしれません。

過去に嫌なことがあった、失敗をしてしまったということになると、当日も緊張をしてしまうでしょう。

その時はもう失敗は許されないぞという自分を追い詰めるような考え方をしているため、その様な状態になりやすいです。

なので常に前向きな言葉を考える、プラスな思考をすることで、改善されるかもしれません。

常にトラウマについて不安になるのではなく「もうあの頃とは違う!」という所を見せ付けることが大事です。

2. 自信がない

自信がないというのも1つの原因に繋がります。

当日が不安で不安でしょうがないという人もいるでしょう。

緊張する場面になると、とにかく「大丈夫なのだろうか?」という不安が出てきて自分に自信がなくなりがちです。

しかし自信が無いからといって、焦る必要もないのです。

今までの準備というものがあると思います。

その準備を信じることが大事になるのです。

もし仮にどうしても不安だという時は当日前に誰かに見てもらったり、確認をしてもらうなどの方法を取るようにしましょう。

そうすることで自信が無いという状態を、自信満々の状態で挑むことができるようになるかもしれません。

3. 気が小さい

気が小さくて緊張をしてしまうということもあります。

狭い考えをしてしまうというのも原因になります。

当日はとても緊張をするとは思いますが、その時に「自分はどうせ…」というネガティブな思考をすることはやめましょう!そのネガティブさが気を小さくしてしまう原因にもなります。

なので気が小さいと思う人は、常にポジティブにいることが大切と同時に、自分自身を見つめなおすということをオススメします。

そんな時は、深呼吸をしてリラックスをしてみましょう。

4. 準備が足りない

準備が足りないという人も中にはいると思います。

もっと練習をすればよかった、もっとプレゼンテーションを完璧に仕上げるべきだった。

後悔をする人が多いと、この様な考え方になると思います。

ですが、後悔先に立たずということわざをご存知でしょうか?後悔をしても仕方ありません。

後悔をしないように今後は気をつけるということも大事なのです。

逆にもっと練習をすればよかったと思うのではなく、今までの成果を出し切ろうという考えを持つことでリラックス状態になることができます。

緊張すると手が震えるのはなぜ?

緊張をするという原因は様々ありますが、手が震えるまで緊張をするということがあります。

ですが、それは何故なのか考えたことはありますか?それは誰も手が震えるほど緊張をするということで、自分だけ何でこんなにと考えないようにしましょう。

考えられる原因は2つほどあります。

1つは自律神経が乱れるというもの、もう1つは筋肉が緊張をするといったものです。

この2つの影響により手が震えてしまうということがあります。

では具体的に見ていきましょう。

1. 自律神経が乱れる

自律神経が乱れてしまうと手が震えます。

まず自律神経というのはご存知でしょうか?自律神経というのは自分の思いではなく勝手に動く神経のことだと思ってください。

いわゆる体の中で起こっていることはほとんどが自律神経です。

例えば心臓は常に動いていますよね?それも自律神経なのです。

ですがこれが乱れてしまうと焦りや不安などが出てくるでしょう。

それと同時に手も震えてしまうのです。

自分では意識をしていないのに緊張で手が震えてしまうというのは、自律神経が乱れているからなのです。

2. 筋肉が緊張する

筋肉が強張ってしまい手が震えるということもあります。

スポーツ選手などは経験をしたことがあるのではないでしょうか?今までと同じ動きができない、動きが硬いなどその様なことはありませんか?

筋肉が緊張をしてしまうと同時に手も震えてしまいます。

筋肉が強張るのであまり動けないと同時に動かそうとする影響で震えるということもあると思います。

そういう時にこそストレッチ運動です!それをすることで震えなどが収まり、緊張も体を動かしているので解されると思います。

手の震え以外に起こる緊張のサイン

実は緊張というのは手の震え以外にも影響があります。

例えば心拍数が上がるというのはよくありますよね?ドキドキするのです。

目の前のことに関してとても緊張をしてドキドキするといった表現を聞いたことはありませんか?他にも顔が赤いということも緊張の1つです。

好きな人の前になると顔が赤くなるというのがありますよね?体がどんどん熱くなってきたりすることもあるでしょう。

その様な緊張もあるのです。

ではどの様な緊張のサインというものがあるか、具体的に見てみましょう。

1. 発汗

発汗というものも緊張の1つです。

これは全身が緊張をしているのだと言えます。

例えば何か怖いことがあったりするとよく汗をかいたりしませんか?お化け屋敷や驚くようなことがあった時に冷や汗のように出たりする人もいるのではないでしょうか?それと同じように発汗が出るという人もいるのです。

2. 心拍数が増える

心拍数が増えるというのも1つの特徴です。

緊張をするとドキドキすることが皆さん経験あるのではないでしょうか?

例えば好きな子に告白をしたり、好きな人とデートをしたりする時など緊張でドキドキしますよね。

そのドキドキというのは気持ちの高ぶりから起こることで、冷静だとそんなことないのにドキッとすることだけでずっとドキドキするなんてこともあるのではないでしょうか?

3. 血圧の上昇

血圧の上昇も緊張のサインでもあります。

よく血圧を測っている時に緊張をしていて高い、興奮をしているというようなことでもう1度測ったりすることがありますよね?

それと同じで、緊張をしてしまうと手が震える他に血圧も上昇しています。

体が火照っているような感覚にもなるのです。

これは興奮からくるものですが、落ち着くと元に戻ることが多いのも特徴です。

4. 赤面

恥ずかしくて赤面をするというようなことがありますが、緊張も同じことが言えます。

恥ずかしいと緊張というのは似ていますが、それは同時に起こっているのです。

緊張をして恥ずかしくなるという人はよく赤面をすると思います。

顔に出やすいタイプだと言われたりしたことはありませんか?お酒などを飲んでいたりするとよく赤くなったりもしますよね?

血液の循環が関係しており、赤くなるというのは流れが速くなっているということになるのです。

5. 動悸

動悸が激しいと感じることもあるでしょう。

心拍数が増えるのとは違い、ドックンというような動悸が激しいというのも緊張をしているサインになるのです。

例えば身が高ぶるという状態の時は緊張をしていると思いますが、この状態の時は常に自分の体の音などを感じ取ることができます。

手をあてなくても動悸が激しいということがわかり、目の前のことに対して緊張をしていると同時に楽しんでいる人がなる傾向があります。

6. 顔の硬直

顔の硬直というのも1つの緊張であるサインです。

体が強張るという状態の他に顔が固まると表情があまり変えれず、動かせないというようなこともあるでしょう。

表情が固まってしまいと周りから「大丈夫か?」と試合中などでも心配されたりしませんでしたか?顔の硬直というのは緊張のしすぎでなることが多いのです。

手の震えはおさまります!

手の震えというのは必ずおさまります。

そのリラックス方法は様々でありますが、まずはその原因を考えてみるようにしましょう。

そこから快適なリラックス方法を取ることで万全な状態で本番を迎えることができると思います!手が震えるのは自分だけではないという考えを持つことも大事です。

誰にでもその様な経験はあるし決して病気などでもありません。

緊張をするということは、今までしてきたことに関して誇りに持てることでもあります。

深呼吸をして体を落ち着かせ、時にはマッサージなどをして体の強張りを解し、本番へと挑むと良いでしょう。