リミットという言葉をご存知でしょうか?よく聞いているという人みいますが、時間に追われる時にリミットが、リミットがここまでだけど突破できるのかなどその様な使い方をしていると思います。

ゲームなどで始めて聞いたという人もいるのではないでしょうか?リミットというのはいつの間にか自分の中で考えていたルールに近いようなものを感じるという人はいませんか?限界や境界が解ってしまいそれ以上のことをしないという人もいるのではないでしょうか?ですが限界などを知らずに物事を打ち込む人というのは成功することが多いのです。

それは自分の力はまだ伸びるということを確信しているからこそリミットを作らないということになるのです。

ではリミットを作らずにチャレンジする人が成功するといえる理由についてお話をしたいと思います。

普段皆さんは知らずしらずのうちにリミットを、制限をかけていたりしていませんか?これ以上したいのに自分はここまでだな、と諦めつく人も多いのではないでしょうか?その壁を乗り越えてこそ成功に近づく鍵にもなるのです。

リミットは必要か

ではリミットというのは必要と思う人はいますか?限界を超えて何かを越えれるというのはとても嬉しいことですし、自分の能力というものを引き伸ばすには十分だと思います。

ですが今の自分に満足をしているという人もいます。

限界を決めておくことで、他のことはせずにいられるという範囲を決めておくこともできると思います。

例えば仕事などでは1日で全部が終わるということはありませんよね?ですが何時までに終わらせるという納期というものが存在して、その納期までに提出をしなければいけない、完成をさせなければいけないということが多いのではないでしょうか?範囲を決めておくことで今日はこれをしよう、次の日はここまで進めよう、というようなことを考えて計画性を持って生活することができるので決してリミットは必要かと言われると、どちらでもないというのが答えです。

ですが何かチャレンジ精神があり、新しく物を作る、今の自分よりも成長をしたいとなるとそれなりの時間や能力が必要になりますよね?その時にはリミットというものがいらないという状態になります。

リミットを制限してしまうとそれ以上のことをしなくなってしまうおそれがあるからです。

リミットというのは人それぞれに自分にあったものを不意に設定していると思います。

ですがチャレンジ精神があるという人はその設定しているリミットを外すともしかすると自分の限界以上の力や出来事がおこるかもしれません。

時にはこんなこともできてしまった!と自分で驚くようなこともあると思います。

必要な時とそうでない時と使い分けることが必要になるでしょう。

リミットとは?


ではリミットとはどの様な意味なのでしょうか?リミットというのは仕事をする範囲や、自分の能力の限界などを決めてしまうことです。

いわゆる「もう限界…」となる時があるでしょう。

マラソンなどをしていると走っていて必ず疲れが出てくると思います。

長距離を走った時は物凄い疲れますが個人差もあると思います。

数キロメートル走るだけでも「へとへとでもう無理だ…」と言う人と「まだまだいける!」という人で分かれると思います。

その時の上限が解っている「へとへとで無理だ」という考えになることをリミットと言っても良いでしょう。

リミットというのはそれ以上は無理だと思わせるような事があった時に自分の力を知ることができるというメリットもありますが、それ以上しても無理だというデメリットにさせることもあるのです。

リミットは限界や範囲などを設定してしまうことでそれ以上の行動を起こさせないようにするというのもあります。

人によりリミットの違いはありますが、何かを作る、もっと上手くなりたい!と思った時はリミットという存在はいらないかもしれません。

限界、境界、範囲

限界や境界、範囲というものがリミットの中にはあります。

自分の力の限界、仕事の範囲などリミットを設定してしまうことが多いと思います。

それ以上のことを特別に求めないという人もいるでしょうが、中にはマラソンとかでももっと早く持久力をつけたいという人は日々練習を重ねて自分の限界を知って超えようとします。

スポーツマンはこの様なことが多いように思えますが、普段の人は限界を設定してしまっているので、あまりその限界まで近づきたくないという心で動いていることが多いです。

例えば掃除をする時や人との関係なども境界を張ったりしますよね。

これ以上はやめておこうと話しこんでいたりするのをやめたり、時間に追われてしまったりということがあると思います。

この様に日頃のリミットというのは常にどこかで設定しているのです。

リミットを設定しがちなこととは?


リミットというのは設定しがちになることが多いですが、どの様なところでリミットを決めていたりしますか?リミットという言葉はどこで聞くことがありますか?ゲームでのリミットは限界という意味がありますが、日常的にも同じようなことで使うことがあると思います。

例えば時間は良い例で、いつまでにこれをしなければいけない、何時までに帰らなければならないといったようなリミットが設定されると思います。

これは会社でもそうですし、日頃の生活でも何時までに寝ないとというリミットを決めますよね?でもたまにそれを過ぎてしまうこともあります。

時間で言うのであればタイムリミットという言葉をよく聞くでしょう。

時間の限界は何時までだというように決めやすいのです。

また自分の能力や努力の限界も決めてしまうことが多いです。

自分はここまでやったから満足をした、自分の能力はここまでなんだと決め付けてしまうこともあるでしょう。

今の自分がいかに解るかを設定するためにリミットをつけるというようなこともあります。

仕事もこれ以上のことはしないで帰ろうと範囲を設定しますよね?それもリミットになるのです。

リミットというのは細かにいろいろなところで見られます。

では具体的にどのようなリミットというものがあるのでしょうか?

1. 時間

よくタイムリミットと言いますよね?それは時間の限界というものであり、この時間までに提出をしなさいとよく学校で言われたりしていませんでしたか?その時、言われた日からその提出までの時間の間がリミットになるのです。

時間はそれ以上待たないということもあるので、提出期限などは皆きちんと守っていたかと思います。

遅れそうな人はこうすると良いなど途中で伸びる場合もありますが、基本的に時間のリミットというのはそれ以上になるともう無理だということになるのです。

時間というのは常に日頃過ぎていくものですよね。

過去に戻るということは無理なので、人は制限などをつけて行動をすることが多いのです。

2. 人間関係

人間関係でのリミットと聞くといまいち解らないという人もいるでしょう。

人間関係というのはその相手により好みや苦手かが解ると思います。

その様な境界をつけるのを人間関係のリミットと言います。

人と仲良くできる境界はここまでだと決めておくと友達が次第に増えていきますよね。

その境界の幅を広くすればするほど友達や友人は増えていきます。

ですが幅が狭ければせまいほど人間関係というものはとても小さくなるのです。

それは「自分はこういう人としか仲良くなれない」という境界を張っているからなのもあります。

好きや苦手という意識には誰もがあり、どのような人に対しても友好的に接するというのは厳しいと思います。

そこで人というのはリミットをつけることになるのです。

そしてどのくらい仲が良いかということも見ます。

本当に仲が良いと家族のような形で接する人もいるでしょう。

それは友達というリミットから少し超えたということになり、リミットを突破したということになります。

この様に人間関係というのも、リミットで成り立っているということが解ります。

少し難しいと思いますが、リミットというのはこの様なところでも発生しており、誰もが設定している唯一のことなのです。

3. 自分の努力

努力という言葉は何時使いますか?例えば「努力をしてここまで這い上がってきた!」と漫画のセリフなどでよくあると思います。

努力をして自分のリミットを知ることができたという意味でもありますし、それを乗り越えれるようになったという意味でも取れることができます。

自分の努力というのはどれだけ努力をしたかというのが自分自身にしか解りません。

例えば努力している姿を見られていたとしても、それ以上のこと、1人でしていたということに関しては本人にしか解らないことです。

ですが自分の努力というのは、不意に決められていることが多いのも特徴です。

ここまで努力すれば大丈夫だろう、とりあえずここまでやれば後は大丈夫だという制限をかけていることもあります。

リミットを外したいという気持ちから「もっとできる!」と思う人がいたとすれば、それは限界を超えたのではなく知ってそう思ったということになるので、これからどの様にして努力をしていこうという考えが出てくるのです。

人というのはその積み重ねで成り立っています。

努力を積み重ねて成長していくものなのです。

4. 自分の能力

自分の能力を知るのも1つあると思います。

その時にリミットを制限してしまうということがあるからです。

限界を知るというのは、自分の今はどれくらいのものなのかを知ることができます。

その限界を知ってどの様に思うかは本人次第です。

「まだ自分は上に登れることができるから自分はもっと努力をして練習をしよう!」と思う人もいれば「これが自分の限界であるなら、これ以上のことはしないで今後は限界に近づきないように調整をしよう」と思う人もいると思います。

限界というのは本当にもう無理だと感じることを限界と言います。

その時にまだいけるという前向きな向上心がある人はリミットを越えれる素質があり、リミットを無くして様々なことにチャレンジをして成功をするでしょう。

しかしながら限界を知って調整をするという人は、同じようなことがあれば何とかなりますが、自分以上の仕事などをしている時に「それ以上は無理だからやめておこう」という考えになるのです。

自分のことを考えれているということにもなりますが、少しネガティブな思考にもなってしまいがちなのが特徴です。

5. 仕事の範囲

仕事の範囲を設定してしまうというのも特徴です。

仕事の範囲というのは今日はどのくらいまでやろうという目標を決めることではなく、何時までにこれを終わらせようということを決めるのを仕事の範囲と言います。

これを設定することで効率よく仕事を進めたりすることもできるのが特徴です。

仕事は人により違いますが、例えば事務処理などでは「いつまでにこの資料を打ち込まないと」と制限があることが多いです。

ですがその日までに打ち込むということで、それ以上のことをあまり望まない傾向があります。

例え早く終わるものをしても期限いっぱいまで使ってそれを終わらすという傾向にあるのです。

ですがチャレンジをして成功をしている、どんどんいろいろな仕事をしている人というのは、その日までに時間をいっぱい使って終わらせるのではなく、早く終わらせて次の新しいことへと直ぐにしたいという気持ちからその様な向上心が出る傾向にあるのです。

仕事の範囲は設定をすればするほど自分にセーブをかけた形になりますが、チャレンジして成功をしたという人はその様なセーブをかけず、常にリミット以上のことを求めようとするのです。

リミットを作らずチャレンジする人が成功すると言える理由

リミットを作らないということははどういうことでしょうか?例えば何か目標とある物があったとしてそれに近づいて達成をしたとします。

その時に自分は限界だと思うのかそれ以上のことを求めて努力を続けるのかという時にリミットというものがありますが、それを作らないということは限界をまだ知らないということになり、上を目指せるようになるのです。

リミットを常に作っていないという人は何事をするにもチャレンジということになります。

それでも成功をするのが特徴であり、それには様々な才能を開花させているということにもなります。

自分はここまでだと決めつけるのではなく、もっと上のレベルまで行けるという目標があるからこそ成功をさせていくのです。

そして成功するという人には必ず理由があります。

それは自分に自信があるから、諦めないポジティブな思考を持っているからなど様々な理由があるからこそ成功をさせるのです。

ではどの様なことがあるのか見てみましょう。