リミットという言葉をご存知でしょうか?

よく聞いているという人みいますが、時間に追われる時にリミットが、リミットがここまでだけど突破できるのかなどその様な使い方をしていると思います。

ゲームなどで始めて聞いたという人もいるのではないでしょうか?

リミットというのはいつの間にか自分の中で考えていたルールに近いようなものを感じるという人はいませんか?

限界や境界が解ってしまいそれ以上のことをしないという人もいるのではないでしょうか?

ですが限界などを知らずに物事を打ち込む人というのは成功することが多いのです。

それは自分の力はまだ伸びるということを確信しているからこそリミットを作らないということになるのです。

ではリミットを作らずにチャレンジする人が成功するといえる理由についてお話をしたいと思います。

普段皆さんは知らずしらずのうちにリミットを、制限をかけていたりしていませんか?

これ以上したいのに自分はここまでだな、と諦めつく人も多いのではないでしょうか?その壁を乗り越えてこそ成功に近づく鍵にもなるのです。

リミットは必要か

ではリミットというのは必要と思う人はいますか?限界を超えて何かを越えれるというのはとても嬉しいことですし、自分の能力というものを引き伸ばすには十分だと思います。

ですが今の自分に満足をしているという人もいます。

限界を決めておくことで、他のことはせずにいられるという範囲を決めておくこともできると思います。

例えば仕事などでは1日で全部が終わるということはありませんよね?ですが何時までに終わらせるという納期というものが存在して、その納期までに提出をしなければいけない、完成をさせなければいけないということが多いのではないでしょうか?

範囲を決めておくことで今日はこれをしよう、次の日はここまで進めよう、というようなことを考えて計画性を持って生活することができるので決してリミットは必要かと言われると、どちらでもないというのが答えです。

ですが何かチャレンジ精神があり、新しく物を作る、今の自分よりも成長をしたいとなるとそれなりの時間や能力が必要になりますよね?その時にはリミットというものがいらないという状態になります。

リミットを制限してしまうとそれ以上のことをしなくなってしまうおそれがあるからです。

リミットというのは人それぞれに自分にあったものを不意に設定していると思います。

ですがチャレンジ精神があるという人はその設定しているリミットを外すともしかすると自分の限界以上の力や出来事がおこるかもしれません。

時にはこんなこともできてしまった!と自分で驚くようなこともあると思います。

必要な時とそうでない時と使い分けることが必要になるでしょう。

リミットとは?


ではリミットとはどの様な意味なのでしょうか?リミットというのは仕事をする範囲や、自分の能力の限界などを決めてしまうことです。

いわゆる「もう限界…」となる時があるでしょう。

マラソンなどをしていると走っていて必ず疲れが出てくると思います。

長距離を走った時は物凄い疲れますが個人差もあると思います。

数キロメートル走るだけでも「へとへとでもう無理だ…」と言う人と「まだまだいける!」という人で分かれると思います。

その時の上限が解っている「へとへとで無理だ」という考えになることをリミットと言っても良いでしょう。

リミットというのはそれ以上は無理だと思わせるような事があった時に自分の力を知ることができるというメリットもありますが、それ以上しても無理だというデメリットにさせることもあるのです。

リミットは限界や範囲などを設定してしまうことでそれ以上の行動を起こさせないようにするというのもあります。

人によりリミットの違いはありますが、何かを作る、もっと上手くなりたい!と思った時はリミットという存在はいらないかもしれません。

限界、境界、範囲

限界や境界、範囲というものがリミットの中にはあります。

自分の力の限界、仕事の範囲などリミットを設定してしまうことが多いと思います。

それ以上のことを特別に求めないという人もいるでしょうが、中にはマラソンとかでももっと早く持久力をつけたいという人は日々練習を重ねて自分の限界を知って超えようとします。

スポーツマンはこの様なことが多いように思えますが、普段の人は限界を設定してしまっているので、あまりその限界まで近づきたくないという心で動いていることが多いです。

例えば掃除をする時や人との関係なども境界を張ったりしますよね。

これ以上はやめておこうと話しこんでいたりするのをやめたり、時間に追われてしまったりということがあると思います。

この様に日頃のリミットというのは常にどこかで設定しているのです。

リミットを設定しがちなこととは?


リミットというのは設定しがちになることが多いですが、どの様なところでリミットを決めていたりしますか?

リミットという言葉はどこで聞くことがありますか?ゲームでのリミットは限界という意味がありますが、日常的にも同じようなことで使うことがあると思います。

例えば時間は良い例で、いつまでにこれをしなければいけない、何時までに帰らなければならないといったようなリミットが設定されると思います。

これは会社でもそうですし、日頃の生活でも何時までに寝ないとというリミットを決めますよね?でもたまにそれを過ぎてしまうこともあります。

時間で言うのであればタイムリミットという言葉をよく聞くでしょう。

時間の限界は何時までだというように決めやすいのです。

また自分の能力や努力の限界も決めてしまうことが多いです。

自分はここまでやったから満足をした、自分の能力はここまでなんだと決め付けてしまうこともあるでしょう。

今の自分がいかに解るかを設定するためにリミットをつけるというようなこともあります。

仕事もこれ以上のことはしないで帰ろうと範囲を設定しますよね?それもリミットになるのです。

リミットというのは細かにいろいろなところで見られます。

では具体的にどのようなリミットというものがあるのでしょうか?

1. 時間

よくタイムリミットと言いますよね?それは時間の限界というものであり、この時間までに提出をしなさいとよく学校で言われたりしていませんでしたか?

その時、言われた日からその提出までの時間の間がリミットになるのです。

時間はそれ以上待たないということもあるので、提出期限などは皆きちんと守っていたかと思います。

遅れそうな人はこうすると良いなど途中で伸びる場合もありますが、基本的に時間のリミットというのはそれ以上になるともう無理だということになるのです。

時間というのは常に日頃過ぎていくものですよね。

過去に戻るということは無理なので、人は制限などをつけて行動をすることが多いのです。

2. 人間関係

人間関係でのリミットと聞くといまいち解らないという人もいるでしょう。

人間関係というのはその相手により好みや苦手かが解ると思います。

その様な境界をつけるのを人間関係のリミットと言います。

人と仲良くできる境界はここまでだと決めておくと友達が次第に増えていきますよね。

その境界の幅を広くすればするほど友達や友人は増えていきます。

ですが幅が狭ければせまいほど人間関係というものはとても小さくなるのです。

それは「自分はこういう人としか仲良くなれない」という境界を張っているからなのもあります。

好きや苦手という意識には誰もがあり、どのような人に対しても友好的に接するというのは厳しいと思います。

そこで人というのはリミットをつけることになるのです。

そしてどのくらい仲が良いかということも見ます。

本当に仲が良いと家族のような形で接する人もいるでしょう。

それは友達というリミットから少し超えたということになり、リミットを突破したということになります。

この様に人間関係というのも、リミットで成り立っているということが解ります。

少し難しいと思いますが、リミットというのはこの様なところでも発生しており、誰もが設定している唯一のことなのです。

3. 自分の努力

努力という言葉は何時使いますか?例えば「努力をしてここまで這い上がってきた!」と漫画のセリフなどでよくあると思います。

努力をして自分のリミットを知ることができたという意味でもありますし、それを乗り越えれるようになったという意味でも取れることができます。

自分の努力というのはどれだけ努力をしたかというのが自分自身にしか解りません。

例えば努力している姿を見られていたとしても、それ以上のこと、1人でしていたということに関しては本人にしか解らないことです。

ですが自分の努力というのは、不意に決められていることが多いのも特徴です。

ここまで努力すれば大丈夫だろう、とりあえずここまでやれば後は大丈夫だという制限をかけていることもあります。

リミットを外したいという気持ちから「もっとできる!」と思う人がいたとすれば、それは限界を超えたのではなく知ってそう思ったということになるので、これからどの様にして努力をしていこうという考えが出てくるのです。

人というのはその積み重ねで成り立っています。

努力を積み重ねて成長していくものなのです。

4. 自分の能力

自分の能力を知るのも1つあると思います。

その時にリミットを制限してしまうということがあるからです。

限界を知るというのは、自分の今はどれくらいのものなのかを知ることができます。

その限界を知ってどの様に思うかは本人次第です。

「まだ自分は上に登れることができるから自分はもっと努力をして練習をしよう!」と思う人もいれば「これが自分の限界であるなら、これ以上のことはしないで今後は限界に近づきないように調整をしよう」と思う人もいると思います。

限界というのは本当にもう無理だと感じることを限界と言います。

その時にまだいけるという前向きな向上心がある人はリミットを越えれる素質があり、リミットを無くして様々なことにチャレンジをして成功をするでしょう。

しかしながら限界を知って調整をするという人は、同じようなことがあれば何とかなりますが、自分以上の仕事などをしている時に「それ以上は無理だからやめておこう」という考えになるのです。

自分のことを考えれているということにもなりますが、少しネガティブな思考にもなってしまいがちなのが特徴です。

5. 仕事の範囲

仕事の範囲を設定してしまうというのも特徴です。

仕事の範囲というのは今日はどのくらいまでやろうという目標を決めることではなく、何時までにこれを終わらせようということを決めるのを仕事の範囲と言います。

これを設定することで効率よく仕事を進めたりすることもできるのが特徴です。

仕事は人により違いますが、例えば事務処理などでは「いつまでにこの資料を打ち込まないと」と制限があることが多いです。

ですがその日までに打ち込むということで、それ以上のことをあまり望まない傾向があります。

例え早く終わるものをしても期限いっぱいまで使ってそれを終わらすという傾向にあるのです。

ですがチャレンジをして成功をしている、どんどんいろいろな仕事をしている人というのは、その日までに時間をいっぱい使って終わらせるのではなく、早く終わらせて次の新しいことへと直ぐにしたいという気持ちからその様な向上心が出る傾向にあるのです。

仕事の範囲は設定をすればするほど自分にセーブをかけた形になりますが、チャレンジして成功をしたという人はその様なセーブをかけず、常にリミット以上のことを求めようとするのです。

リミットを作らずチャレンジする人が成功すると言える理由

リミットを作らないということははどういうことでしょうか?

例えば何か目標とある物があったとしてそれに近づいて達成をしたとします。

その時に自分は限界だと思うのかそれ以上のことを求めて努力を続けるのかという時にリミットというものがありますが、それを作らないということは限界をまだ知らないということになり、上を目指せるようになるのです。

リミットを常に作っていないという人は何事をするにもチャレンジということになります。

それでも成功をするのが特徴であり、それには様々な才能を開花させているということにもなります。

自分はここまでだと決めつけるのではなく、もっと上のレベルまで行けるという目標があるからこそ成功をさせていくのです。

そして成功するという人には必ず理由があります。

それは自分に自信があるから、諦めないポジティブな思考を持っているからなど様々な理由があるからこそ成功をさせるのです。

ではどの様なことがあるのか見てみましょう。

1. 更にレベルの高い領域にまで行ける

今の自分の力より更に高い領域まで行けるという理由があります。

リミットを設定しているといくつもの限界というものを感じますよね?ですがリミットを設定しなければ、更にもっと上へ目指したいという気持ちが強くなるというのが特徴の1つです。

例えばスポーツをしている人や、ゲームなどのランキングで1位になりたいからこそ日々努力をしている人達が多いです。

その中で、自分の限界の力というものを考え、更に上へと目指すこともできるのです。

よくその専門に特化した人などもいますが、その様な人はトップになっていても常に維持をし続けるために様々な努力をしているのです。

リミットを決めるのは自分で自分の芽を摘むこと

リミットを決めるというのは自分で自分の芽を摘むことになります。

どういうことかと言うと、リミットを決めるというのはその限界を知ると同時にそこでもう終わりなんだということを考えてしまうからです。

なので限界を感じることがあれば自分で自分の芽を摘むということになり、それ以上のことを考えられなくなります。

なので高いレベルまでいくというのはリミットを決めても良いですが、それ以上にならなければいくことができない領域となっています。

2. 自分に自信を持てる

リミットを制限しないというのは、自分自身に自信が持てるという意味でもあります。

例えば成長をしている自信や向上心など、様々なことを経験して学んで上達をしていくと思います。

その際に一緒にポジティブな考えやもっと上へ行きたいという気持ちが強くなり、次第に自信を持てるようになるのも1つの理由です。

自分に自信があるからこそもっと上を見ることができる。

限界などを超えることもできるかもしれません。

よく漫画のような世界では「自信の無い人は止まるが、向上心のある人だけが上へ行く」というような表現を使うのではないかと思います。

この様な言葉というのは自信は無いというのはこれ以上上にいけないという限界のことを表す言葉でもあるのです。

自分に自信を持てるという人はまだ自分の底を見ていないと思い、まだいろいろなことを学んで上へ行くという気持ちが強いのでこの様な言い方もすることもあります。

常に向上心を保つことができる

常に向上心を保つことができるのも特徴の1つです。

自信があるというのはそれだけ何をしても上達をしようという心があるからです。

向上心を保つというのは難しいことなのです。

例えばふとしたキッカケで心が折れてしまうということもあるでしょう。

また上へ行こうとするにも壁が高くその壁を超えれないという人もいるのではないでしょうか?

しかしながら向上心を保つ人の場合は、その壁を更に乗り越えようとします。

心が折れそうなことを言われても諦めずに頑張るという向上心があるからこそ、リミットを作らずチャレンジをしても成功できる理由なのではないでしょうか?

ポジティブで充実した人生を送れる

ポジティブで充実した人生を送れるというのもあります。

常に向上心があり、自分に自信があるというのはそれほど生活にも影響が出てくるのです。

例えば何があっても困ったりしたことがあっても「何とかなるだろう」と考えながら生活をしている人はとても前向きな人です。

人生は楽もあれば苦もありますが、どんな事があっても前向きに考えて、解決などをしたり自分で導いたりするような人生を送ることができると思います。

常にポジティブでいる、常に向上心を保つ、自信を持つというこの3つを常に持って生活をするというのはとても難しいことです。

ですがこの3つがあるからこそ、ポジティブで充実した人生が送れる人なのではないかと思うのです。

3. 燃え尽き症候群にならない

例えば趣味に対してひたすら勉強をして、ゲームなどではランキングの上に行きたいと思いますよね?仮にそこで目標を決めたとしてその目標に達したとします。

そうした場合に更に上へ行こうと思うのか、もうここで終わりにしようと思うのかのどちらかを選ぶことでも成功する理由が変わります。

例えば限界を知らないという人は、更に自分を極めようと努力をすることが多いですが、限界を決めてしまう人はここで満足をしてしまい、今まで頑張っていたものが全て思い出となり燃え尽きるという状態になるのです。

しかし、限界を決めていない人は例え熱かった、燃え尽きたと思っていてもその先を考えて更なる自分を高めようと努力します。

燃え尽き症候群にならないというのは、成功させることができる秘訣なのかもしれません。

リミットを決めると燃え尽きがち

リミットを決めると燃え尽きがちになることが多いです。

先ほども言ったように、制限を設定してしまうとそこで満足をしてしまうからです。

仮に設定をしていたとして、達成したときは非常に嬉しく思うことでしょう。

ですが、それ以上のことを何も求めなくなるのです。

4. 人脈がより広がる

人脈が広がるというのも1つの特徴です。

チャレンジしようとするということは、同じように思っている人達もたくさんいます。

そしてその人達と仲良くなれたり、様々な意見やアドバイスを聞くようになるのです。

人脈というのは自分のリミットを超える上で大切なことであり、チャレンジをして成功をしているというのは自分だけの努力ではなく、人脈が多くあるおかげで様々な意見を聞くことができてここまで来れたという形になります。

有名なスポーツ選手は、その努力とアドバイスのおかげで登りつめたといってもよいでしょう。

人脈というのは成功をさせるための大きな鍵となるのです!

努力し続ければそれだけレベルの高い人に会えるようになる

努力をし続けて上にあがると、それだけレベルの高い人と会えるようになります。

例えば交流会などをしているところもあれば、勉強会をしているという人もいるでしょう。

高い人同士でお互いの限界を超えようと頑張っていたり、時間を有効的に使って何かをしたりするというような人が多いです。

努力し続ければそれほど高い人達と会うことができるので、仮に興味があったり、その立場まで行きたいという人がいるのであれば、是非頑張って努力してみましょう!

人を見る目が養える

人を見る目が養えるという点もあります。

これは人の見方が徐々に変わってくるということでもあるのです。

人の目というのはずっといればその人のことが解りますが、どの様なレベルなのかということを見抜くということは厳しいように感じます。

ゲームなどではよくオンラインと呼ばれる様々な人とチームを組んで対戦をしたりしますが、その時の動きを見ただけでどの様な人なのかということが判断できるようになるのです。

上級者であればこの様な動き、初心者であればこの動きといったようなことまで見て解るようになってきます。

5. 諦めなければ叶うということを実感できる

何よりもチャレンジを成功している人というのは、成功をするまでに諦めません。

自分の底力を知らないという人は特にこの傾向があり、何があっても諦めない努力をしています。

リミットという制限をかけていないので、自分はどこまでもいけるという向上心にも繋がり、どんなことがあっても諦めない心を持つのです。

それを曲げないことで達成ができるということを過去にしているからこそ、叶うということを実感できるというのがチャレンジを成功させる理由となっています。

努力は人を裏切らない

努力というのは人を裏切りません。

何かしらで努力をしているのであれば、どこかでその力を出せるときがきっと来るはずです。

例えばその人独自にしかない練習方法だったり、その人でしか知らない秘密の特訓というのもあるでしょう。

努力をすればするほど力がついてくるというのが解り、それでも頑張って上に登ろうとするという人はこのことをずっと考えているのです。

「例えそれがどんな目標だったとしても、努力をすれば必ず力がついてくる、力がつけば目標に近づける」というような思考で日々動いているので、リミットを作らずに努力をしているという人も多くいるのです。

6. 妥協せず極められる

妥協というのはこれでいいやという満足感を得られますが、基本的に妥協をしません。

常に上を見る上で「ここまででいいや」という考えを持っていないからです。

納得がいかない場合は更に上に行くための壁として、その事について納得をするまで努力も止めないでしょう。

リミットを作るメリットは?

リミットというのは制限がかかるため、デメリットの様なものが多いように思えますがメリットもあります。

例えばどれだけ自分には力があるのか、どれほどの範囲を見ることができるのかなどのようなことも解るし、計画的に物事を進めることができるという利点もあるのです。

ではどの様な利点があるのか詳しく見ていきたいと思います。

1. 進行具合がある程度読める

進行具合がある程度読めるというのはリミットを設定しているからこそです。

というのは例えばタイムリミットというものがあって、その時間までに何をするかというのを決めると思います。

その時間までに皆がどのくらいできるのか、またどのくらいのスピードで自分は作業をしているのかということがある程度読めるという利点です。

これは物事を把握したりすることにも使われ、基本的にその進行具合で仕事の進み具合が決まるのではないでしょうか?他にもまとめ役をする上でリミットをつけたりするという人もいます。

全体の把握をしておきたいのでこれをするといったようなことが解るようになるので、この様なことに関してはメリットと言えるでしょう。

2. 力のかけ具合がつかめる

自分の限界というのを一番に解るのは自分自身です。

なので力のかけ具合がつかめるというのもあります。

例えば自分は今この状態だから、これくらいで仕事をすれば大丈夫だろうという考えにもなり、自分の実力というのを再確認することができるのです。

力のかけ具合で物事を進めることができ、無理をしないというような行動もできるのでリミットを自分に設定しているという人も多いのではないでしょうか?

3. 疲れにくい

疲れにくいというのはとても良いことですよね。

仕事中などでも力仕事をしている場合は、無理に動かしていたりすると痛めたりすることがあると思います。

ですが疲れにくいというのは、そのリミットが解るので、これ以上やると疲れるだろうなと思うことを回避できるメリットがあります。

常に上へ登りたい、就任したいという気持ちが出てくるので、リミットを設定しない人は疲れていたりしてももっと上へと思うでしょうが、リミットを解っているという人の場合は、疲れにくい行動を日々取ることができるのです。

4. ストレスが少なくて済む

ストレスが少なくて済むというのも1つのメリットです。

自分の力以上のことはせずに、それ以下のことをすればとても楽ですよね。

仕事でも同じことで、めんどくさい、難しいと思っている仕事はせずに、自分の力を見てこれならできるという仕事をしている方が楽ではありませんか?

他にも日常的に何か行動するにしても「これ以上のことはやめておこう」と直ぐに歯止めが利くので、ストレスが基本的に少なくて済むというメリットがあります。

5. 自分に失望する機会が少なくなる

自分の限界を知るというのは悔しいときもありますよね。

もっと上へ行きたいのにここまでなのかと落胆する人もいるのではないでしょうか?

ですがリミットを設定しているとその失望をするという所までを知っているので、そこまでしなくてもという気持ちになり、失望する機会が減ります。

悔しいと思ったり競争心が無くなることが少なくなることがあると思いますが、これもメリットの1つになるのです。

6. ダラダラせず計画的に前進できる

ダラダラせずに計画的に進むことができます。

前が見えないものとは違い考えて行動をすることができるので、物事をチャレンジする上で着実にペースを進めていくというのがメリットに繋がります。

仮に「リミットが解らないからとりあえず先が見えないけどやろう!」と思うのか「とりあえずここまでやってから、次はこれをしようか」と考えるのであれば、後者の方が圧倒的に計画性があると思いますよね?

この様にダラダラと進めるというのではなく、計画性を持つことができるというメリットもあるのです。

リミットはいらないかも!

リミットというのは自分に制限がかかってしまいます。

例えばスポーツやゲームをしていて登りたいけど苦労をしているという人がいるのであれば、リミットというものを除けて考えると良いかもしれません。

まだ上に行けるという確信にも変わるキカッケになることになるでしょう。

チャレンジを成功させている人というのは、この様にして日々努力などをして向上心を持つようにしているのです。

様々な理由がありますが、一番は自分に自信があるからなのではないでしょうか?