日頃の生活で優越感を感じさせられることは多いのではないでしょうか?例えば自分が相手よりも優れていたり、少し高級なレストランのパーティーに参加したりと、優越感を感じるということは誰にでもあることです。

つい最近でも優越感に浸っていたということがあるのではないですか?カッコイイ、可愛い恋人と一緒に歩いたりすると嬉しく思いますし、何よりも私だと思うことはありませんか?新幹線などのグリーン車に乗ったりするというのも少し高級感が出て優越感に浸ることが多いのではないでしょうか?そんな優越感に感じるということの22個のことについてお話したいと思います。

️優越感の正体は?

そもそも優越感というのは何なのでしょうか?優越感に感じることがあると言っても表現がとてもし辛いと思った人はいませんか?また、優越感はどの様な意味なのかということも説明していきたいと思います。

逆にその意味である劣等感というのはどのような意味なのでしょうか?この2つはどの様にして今まで使われていたのか、どの様なことを優越感と言ってどの様なことを劣等感というのか詳しく見ていきたいと思います。

優越感の意味

優越感というのは簡単に言うと、相手より優れている時の気持ちということです。

例えばテストの時に100点を取りますよね?その時に友達皆は100点を取っていないという状態になると思います。

その時に自分だけが100点となると嬉しく思いませんか?優越感に浸るというのはその様な意味で使われます。

この例では相手より自分の方がテストできるんだという意味で優越感に浸ることができます。

でもこれだけを聞くと悪い意味になるのではないかという人が多いのではないでしょうか?確かに相手より自分の方ができるという気持ちは嬉しいと思いますが、相手からして見ると少し嫌な気持ちにさせてしまうこともあるかと思います。

これは優越感にもそれぞれ種類があると言えるからです。

例えば自分の実力で100点を取ったという場合は自信があってからこその優越感だと思います。

その優越感に浸るまでに様々な努力、勉強をしてきた結果取ったということであれば問題はないと思います。

しかしながら、運がよかった、マグレで100点取って優越感に浸っている人を見ると自惚れている、自慢のような感じがして嫌になりますよね?優越感の意味は人それぞれに使うことが多いですが、よくも取られるし悪くも取られてしまうのです。

他人より自分が優れていると感じる気持ち


ではこの優越感というのは他人より自分が優れているという気持ちではありますが、他にもどの様なことで感じることがあるでしょうか?優越感という言葉は自分がしてきた結果だという人もいますが、たまたまそうなったという人もいるのではないかと思います。

例えば自分が相手を論破したという時になった場合は、相手の意見より自分の意見が勝ったという形になるので自信による優越感を与えるのではないかと思います。

しかしながらこれがマグレで言ってみたら論破できたとなると「どうだ?」と言われて少し嫌になりますよね。

生意気なと思ったりする人もいるかもしれません。

他人より自分が優れているのが優越感という気持ちではありますが、何に対して優れているのか、その事に関して努力などはしていたのかという所に目を向けてみると様々な意味合いで取ることができるのではないでしょうか?

自分が相手より格上だと感じている

ゲームや競い合いの時は物凄い優越感に浸ることは多いですよね?例えば試合に勝つというのはとても嬉しいことです。

相手より強いんだという証明にもなるので、とても嬉しく思うことでしょう。

基本的にこの優越感というのは自分の方が立場は上だ、相手の方が下なんだと解り、その時に嬉しいと思う気持ちのことであり、決して貶している意味では使ったりしないことが多いです。

ですが中には貶して使う人が多いので、自然的に優越感に浸るという言葉を見ると悪い意味に聞こえてしまうという人もいるのではないでしょうか?

対義語は劣等感

優越感の対義語は劣等感です。

劣等感というのは優越感と全く反対で、相手より自分の方が劣っていると感じている時に思う感情です。

例えば「相手との試合に負けた、相手の方が強いんだな」と感じたり相手の方が「お金持ちなのか、良いな」と感じたりすることは誰にでもあると思います。

その時にどう思うかが劣等感の鍵になるのです。

別に何とも思わなければ劣等感を感じることはないでしょう。

では劣等感とはどの様なものなのかというと、相手が優れているということに対して自分は認めていたり、羨ましい、妬ましいと感じて相手より自分は劣っているのだなと思う時に感じることなのです。

学校生活などでもこの様に感じることは多いのではないでしょうか?例えばクラスの中にカッコイイ男の子と可愛い女の子がいるとします。

その時にその男の子や女の子とよく比較をしたりしていませんか?相手はこういう所ができるけれど自分はこういう所ができない、相手は容姿やスタイルが抜群に良いのにこっちはそうでもない、と考えたり感じることがあるのではないでしょうか?その様な状態になった時は劣等感を感じているということになるのです。

例えば2人で話しをしている時にその様に感じてしまった場合、もしかしたら相手は逆に優越感に浸っている可能性もあります。

本人にしか解らないことですが、優越感が出たということであれば劣等感を覚える人もいるということになるのです。

羨ましがったり、自分はという考えになると直ぐに劣等感を出してしまいます。

️優越感を感じられる22個のこと


では優越感を感じられることの22個についてお話をしたいと思います。

優越感に浸りたいと思う時はたくさんありますよね?どんな日常でも1回は優越感に浸りたいときというのもあります。

例えば男性にチヤホヤされたり、映画の真ん中の席に座ることができたり、得をしたと思うことがあれば全て優越感に変わったりする人もいるのではないでしょうか?優越感というのは自分にとっては嬉しいことですよね。

ちょっとした特別なことがあったり、少しでも嬉しいと感じると1日ずっと同じようなことを考えてしまいがちです。

ですが考えすぎにも注意が必要ですよ?優越感に浸りながら誰か会社の同僚や友達と話すと相手から少し敬遠されてしまうかもしれません。

相手はあなたの優越感を聞いて「私もこういうことあったよ!」と言ってくれるのか、それとも「良かったね」と言ってくれますが、内心は劣等感を多く感じてしまっているという人も多いのです。

この様な話を友達とする時は注意しましょう!へたすれば喧嘩の発展になりかねません。

では、優越感を感じられる22個とはどのようなものがあると思いますか?もしかしたら同じ経験をしているという人もいるかもしれません。

詳しく見てみたいと思います。

かわいい/かっこいい恋人と一緒に歩く

かわいい人やかっこいい恋人と一緒に歩くというのはとても優越感に浸ることが多いのではないでしょうか?例えば好きな人と付き合うことになった時にその人がとてもカッコイイ、可愛いとなると凄く嬉しくなりますよね?デートをしたり一緒に遊んだりするときもあるでしょう。

その時に相手がカッコイイ彼氏だったり、可愛い彼女だったりするのであれば他の人より自慢の彼氏/彼女ということになるので、優越感に浸ることが多いのではないでしょうか?一緒に歩いているだけでも周りの人達から「あの人可愛い!」「あの人カッコイイ!」と言われるのを耳にしたこともあるのではないでしょうか?また「あのカップル美男美女だな」なんて言われたりしたらもっと優越感に浸ることになるのではないでしょうか?いつも恋人と一緒に歩いているという人がいるのであれば、もしかしたらこの様なことがあるかもしれませんね。

そして手を繋いで歩くということもどうでしょう。

更に優越感というものが増し、幸せになれるのではないでしょうか?

ライブや舞台で関係者席に座る

ライブや舞台というのは席が決まっていますよね?例えば見やすい席もあれば見難い席というのもあります。

その時に関係者席に座るというのは何か特別なものを感じたりしませんか?いつもはライブとかでは前の席ではなく後ろの席だったのにたまたま関係者席に座ることができた、チケットを取ることができたとなった時に嬉しく思いますよね?そして当日にその関係者席に座って観るというのはとても優越感に浸ると思うのです。

他の人達とは違って近い場所で見たり、大物アーティストが近くで歌っているのを聞いたりするなど、ライブや舞台での関係者席に座るということは滅多にないのです。

よほどそのアーティストの友人であったり、家族であったり、他にも様々な理由があると思いますが関係者席で座って観るというのはとても嬉しいですよね。

相手を論破する

相手と口論をしていた時に相手を論破することができればとても優越感に浸りますよね?様々な理由があって言い合いをしていると思いますが、その時に相手との口論で論破をするというのはとても勝ったという気持ちになり、気持ちが良いですよね。

その時に優越感というものが発生するのです。

相手の言っていることを全て論破していって自分の持論を展開して口論をするというのはカッコイイことでもありますが、相手はとても悔しいと思うことが多いのではないでしょうか?その時に相手より私の方が優れている、と最も感じやすい優越感の1つなのではないでしょうか。

相手を論破するというのはあまり経験をしたことがないという人もいますが、喧嘩での口論や、弁護での言い合いなど、様々な所で論破というものがあります。

その様な経験、ありませんか?

グリーン車に乗る

グリーン車に乗ると優越感にい浸ることができます。

というのは普通の席とは少し違った待遇がされているからです。

例えばですが、新幹線でのグリーン車は少し席と席の間が広く、とても快適に過ごしやすいです。

寝れるスペースなどもあり、時には機内食を味わったりといったこともあるでしょう。

グリーン車というのは電車にもありますよね?電車でのグリーン車の場合は普通に誰もが座れる、新幹線のような形になっています。

どんな時でも混雑をしている時でもグリーン車であれば快適に座ることができるというのはその席を購入したという特権であり、優越感に浸るのではないでしょうか?居心地が良いというところも1つのポイントで座席がソファーの様な感覚なので、とてもくつろぐには申し分ないほどのものです。

もしグリーン車に乗るというような事がないという人がいれば、是非1度でもグリーン車の席を購入して移動をしてみてはいかがでしょうか?普段とは味わえない優越感に浸ることができます!

映画館でど真ん中に座る

映画館というのはどの場所にもありますよね?人気のある映画は必ず並んでいたりもします。

ですが映画館のど真ん中に座るというようなことはあまりありませんよね?映画館の真ん中というのは一番見るにあたってベストなポジションであり、音響の入り具合もベストな位置にいると思うのです。

基本的にどの時間でも真ん中の席で見るということがなく、必ず誰かしら席をもう既に取っているというようなことが多いです。

映画館の真ん中というポジションはそれほど争いも激しいので、席が取れたとなったら優越感に浸っても良いくらいです。

人が少ない状態で真ん中の席を取るというのは快適に観る方法の1つでもあるので、是非映画館のど真ん中に座って映画を鑑賞してください。

優越感が溢れて出ると思います。

平日に昼から飲む

いつもお酒を飲むというイメージは夜であるということが多いのではないでしょうか?ですがお昼から飲むとなると少し優越感に浸ることありませんか?最近ではお昼にビールが安くなるというようなお店も増えてきています。

そこでゆっくりとビールを飲んで楽しむといったこともできるのです。

お昼から飲むというのは、皆が仕事をしている中、自分だけ飲んでいるという少し特別な感覚になりますよね?その気持ちが優越感なのです。

皆が仕事をしている中1人で飲んだり、友人達とはしゃぎながら飲むということもあるでしょう。

平日の昼に飲むというのがポイントになります。

早めに宴会気分を味わうこともでき、酔って話が盛り上がったりすると思います。

その時はとても楽しく過ごすことができるのではないでしょうか?

得意なスポーツでの勝負

得意なスポーツでの勝負というのも優越感に浸ることがあります。

相手より得意だというものは、相手に負けないという自信があるからです。

スポーツをする上で駆け引きなども必要になりお互いが熱くなると思います。

その時に得意なスポーツなので絶対に負けないという自信と終わった時の相手より自分の方が上手いという優越感を得ることができるのです。

得意なスポーツで勝負をするというのはとても面白く、楽しくできますよね?それと同じような感覚で優越感に浸ることも少なくないのです。

自分の子どものかわいさ

自分の子どもというのは他の子と違ったかわいがありますよね?親バカになってでも自分の子は可愛いと言えるような日がきっときます。

その時に他の子よりうちの子の方がかわいい!となった時に優越感に浸るのではないでしょうか。

また、自分の子供というのはどんなことがあっても他の子より負けない可愛さというものを持っています。

それに幸せを感じている家族も多いでしょう。

子供の可愛さというのは親にしか解らない、他の子にはない可愛さというものが秘めています。

もしかすると、他のママ友達や地域の人達、友人からも可愛いと言われるのではないでしょうか?自分の子供のかわいさというのはそれほど特別に見えるのと同時に優越感に浸ることになるのです。

高級車で走る

普通車ではなく高級車で走るというのはとても優越感に浸りますよね?例えば有名な高級車に乗って運転をするというだけでも、周りから凄いという目で見られるかもしれないですし、逆に運転をしていて高速道路などでは道を譲ってくれたりすることもあるかもしれません!その様な時に少し優越感を感じるといったようなことがおこります。

普通車とは味わえないスピードや性能を堪能をすることで、他の車とは違うものを持っているという考えになるので高級車で走るというのも優越感を感じることになります。

なかなか入手できない限定品をゲット

限定品というのは皆さん1度は聞いたことがあるのではないでしょうか?例えばこのブランドの限定品を持っているとなると凄い!と思いませんか?お金持ちだなと思わせたりすることもあると思います。

なかなか入手ができない限定品というものは数多くあり、ブランドにより数百万とするようなものもあると思います。

ですがこの限定品を持っているというだけでとても周りより優越感に浸ることはありませんか?少し自慢などをしたくなる時もありますよね?そのような時に湧き上がってくる気持ちが優越感なのです。

優越感というのはこの様なことでも感じられることが多いのです。

略奪恋愛

略奪恋愛と聞くとあまり良い聞こえではないと思いますが、相手に恋人がいるのにも関わらず自分のものにできた!となると、相手より自分の方が良かったんだ!という意識になるのでこの様な所でも優越感を感じることができます。

略奪恋愛とは相手に恋人がいたとしてもアプローチして自分の恋人にするというようなことです。

基本的にその様なことはありえないという人もいるかもしれませんが、その様な人も中にはいるのです。

不倫とは少し違いますが、アプローチをかけて相手が別れて自分と付き合ってくれるというようなものなので、よく学校での恋愛ではこの様なことが多いですよね?付き合う人がコロコロ変わるというような人もいるのではないでしょうか?もしかしたらその人は略奪恋愛をして今付き合っているという可能性が非常に高いです。

その様な経験はもうないという人はどの様な感じだったのか友人などに聞いてみてはいかがでしょうか?

満員電車で座席を確保

満員電車の中でも座りたいと思いますよね。

仕事の終わり、アルバイトの終わり、夜遅くまで仕事をしていて疲れているというのにも関わらず満員電車に乗るというようなこともあるでしょう。

その中で、目の前の席が空いて座るとなった時に、一安心すると同時に良かったと思うことはありませんか?その様に思ったのであればそれが優越感に感じているということになるのです。

他の人は立っているけれど、自分の目の前の席が空いたという偶然から座ることができたのでとてもラッキーと思いますよね?それが優越感にも繋がるのです。

年上と付き合う

年上の人と付き合うというのは少し優越感に浸るという人もいるのではないでしょうか?例えば同い年や年下と付き合うというのではなく、年上の人と付き合うということで、人生の先輩でもあり、いろいろと甘えたりすることもできると思います。

付き合うというのは恋人になるということなので、その相手がとても可愛く思えるのではないでしょうか?その人も仕事でお互い仕事終わりに会ってデートをするというようなこともあるでしょう。

最初は緊張でいっぱいになると思いますが、慣れてくると甘えたくなったり、時には引っ張ったりとすることもできます。

それを通じて他の人よりも可愛い、カッコイイと思えるような感覚になるのであればそれが優越感です。

恋愛の感情の中にはその様な優越感の固まりでいっぱいになっていることが多いということを忘れないようにしましょう。

集合写真で自分が一番かわいい

集合写真で自分が一番かわいいと思っている時も優越感に浸りませんか?例えば友達の男の子に「この中で誰が可愛い?」と聞いた時に「君が可愛い」と言われたら凄い嬉しく思いますよね?他の男の子たちも同じような意見だった場合「自分は他の子より可愛いんだ」という自信にも繋がり優越感に浸ると思います。

相手より劣っていないという証拠にもなり、自分自身は他の人より優れているんだという考えになると思います。

その様な考え方があるとすれば優越感に浸った瞬間でもあるのです。

スタイルを褒められる

スタイルについて褒められることもありませんか?キレイだね、とか足がスラッとしてて羨ましい、体が細いと思われたりすると凄い嬉しく思いますよね?他の人よりそう思われているという認識をしてしまうため、スタイルを褒められると直ぐに嬉しくなります。

その時に出る優越感というのは「相手の人より私の方がスタイルが良い、他の人達より私の方がキレイだ」という気持ちになるので、褒められたりすると一時はずっとそのことで考えがいっぱいいっぱいになるでしょう。

それは今まで努力してきた形が体に表れているのかもしれません。

もし仮に努力をしてきた上での結果なのであれば、その優越感に浸っても良いでしょう。

ただし、その様な努力をせずに他より凄いんだ!とアピールをするのは少し他の人からして見ると嫌な気持ちにさせてしまうかもしれません。

男性にチヤホヤされる

男性にチヤホヤされるというのもこの時にしか味わえないというようなことがあります。

よくオタサーの姫という言葉を耳にしませんか?オタサーの姫というのは自分1人が女の子で他の人が男の子という形で、チヤホヤされているオタクのサークルの女の子という意味で使われていました。

ですが最近ではその様な人達のことを「姫」という感覚で使われていることが多いです。

男性にチヤホヤされるとその「姫」になったような感覚になりませんか?まるで私が中心でいるような感覚になっているというようなことを経験したことはありませんか?その時の気持ちはまさしく優越感そのものではないかと思います。

私が中心だから何かしてくれたり、気を遣ってくれたりと、男性にチヤホヤされるというような経験があるとすれば優越感に浸る理由の1つにもなるのです。

今月の業績No.1

今月の業務成績が1位だとなった時に優越感に浸ることがあると思います。

ですがこれは素直に他より優れているという考えになるのではなく、今までちゃんとした仕事をしてきたからこそ得られた1位、ということになるので、自分自信の力に浸るということになります。

他の人達からしてみれば、「凄い!」や「よく頑張った!」という感覚になるので優越真に浸っているというような感情は少ないです。

仕事などでの業務というのは成績がとても響くと思います。

特に外での営業などの成績はその人の成果次第で変わるのです。

今月が1位ということは素直に喜ぶべきことであるので、その努力があってからこその優越感に浸るようにしましょう。

自分は優れている、他の人達より仕事をしてきた、という意味あいで自分自身にご褒美などを与えてみてはいかがでしょうか?

カラオケで称賛を浴びる

カラオケというのは歌が上手い、下手より楽しければ良いという人もいます。

例えば女性受けの良い歌などを歌ったり、男性受けの良い歌を歌ったりすると称賛を浴びたりしますよね?しかもその上歌が上手いとなると「美声だ」といような言葉を聞くことができるかもしれません!カラオケで称賛を浴びるときはその優越感に浸ってみてはいかがでしょうか?

エステやマッサージでくつろぐ時間

エステやマッサージでくつろぐ時間というのも優越感に浸ることができる時間なのではないでしょうか?どこか痛いところや気持ち良いところをマッサージしてもらうというのはとても裕福な時間ですよね。

例えば整体などでは痛いところを解してもらって体の状態をよくしたり、エステやマッサージなどは美肌にも効果があるところもあるでしょう。

キレイになっているという感覚にもなり、その時の時間というのはとてもまったりしていると思います。

その時はいま、自分はマッサージをしてもらっているのだという優越感に浸ることができるので、その時間を存分に味わうようにしましょう!

他の兄弟よりお小遣いが多い

他の兄弟よりお小遣いが多いというのも優越感を感じる理由の1つなのではないでしょうか?例えば弟がいたとして兄が優先だという人も多いと思います。

その時にお小遣いで、お兄ちゃんは大人だから多めにという親もいるのではないでしょうか?その時に弟からして見れば「ずるい」と思いますよね?弟からして見れば劣等感を感じているということになります。

ですが兄は弟より多くもらえたことで嬉しく思います。

「当然だろう」と思うので優越感に浸るということになるのです。

上手なウソをつく

上手なウソというのはとても優越感に浸る瞬間でもありますよね。

例えば本当のことのように言って実はウソでした!と言うと相手は驚いたりリアクションを取ってくれたりすると思います。

上手なウソというのをつくことで、相手を騙し取ったという優越感に浸ることができるので、ウソをつくというだけでも嬉しい気持ちになったりするのです。

ウソがバレると今度は逆に劣等感を感じることが多くなり、逆効果となってしまいますが、ばれないウソが多ければ多いほど、相手を信じ込ませることができるので、その優越感に浸るというのもあるでしょう。

ですがウソのつきすぎには注意をするように。

相手を傷つけたりすることもときにはあるかもしれません。

後輩達からの人気が高い

後輩達からの人気が高いというのも優越感を感じる理由の1つです。

先輩として慕われているのだなという感覚になり、後輩からどんどんいろいろな会話をしたり、交流をしたりすることができると思います。

後輩から慕われるというのはとても嬉しいですよね?その時に他の同年代の人達にではなく自分にくるというところに嬉しく思うのです。

️優越感を感じると嬉しくなる

22個のことについて語りました。

もしかしたら心当たりがあるというようなこともあるかもしれません。

優越感というのは悪い意味ではなく、自分にとってはとても嬉しいことという風に捉えてみるようにしましょう。

常日頃から優越感を感じているという人も中にはいると思います。

その優越感に浸るというのは悪いことではありませんが、嬉しいと思うのであれば、自分の中だけに押さえ込むようにしましょう。

でも優越感の浸りすぎには注意!

優越感の浸りすぎには注意が必要です。

例えばずっと優越感に浸っているとまた同じようなことを求めようと行動をすることになります。

この様な優越感というのは日常でいつの間にかきて、いつのまにか過ぎていくようなことなのです。

浸りすぎていると自分を自惚れる状態になってしまい、これを他の人にも伝えるとなるとかえってその聞いている相手は劣等感を覚えてしまう可能性があるからです。

嬉しいという気持ちを他の人に伝えても良いですが、伝わった相手はその話しを聞いて劣等感に感じることが多くなるかもしれません。

優越感には浸り過ぎないように注意をしましょう!