やる気というのは人それぞれ違うものだと思いますが皆さんはどう思いますか?例えば「今日は休日出勤だ…」と思う人や「今日も仕事だ…」と思う人もいるとは思います。

ですがこの中で大事なことは、その時のやる気だと思うのです。

気力というものは自分の行動にとても有力な力を与えてくれるものだと思います。

ですがそんな時に「今日は何もできない…」と思うこともあるでしょう。

その日の体調次第で人のやる気というのは大きく変わってきます。

昨日は「明日は頑張るぞ!」と思っていても翌日になり「だるい…」と思う人も少なくないのではないでしょうか。

中には休む、という人もいると思います

嫌々仕事に行ったり何かするというのは自分自身にとってはストレスでしかありません。

ですが他の人に迷惑などもかけることができません。

アパレル業などの人は特にそうですよね。

でも事前に休みを伝えるということは可能です。

いきなり休むということは少し厳しいと思いますがやる気が本当に出ないという人は会社や仕事に行かないという人もいるのではないでしょうか?その様になった時はどのようにすれば良いのかいくつか見てみたいと思います。

普段はいつもやる気が出ているのに途端にやる気が出ない人や、いつもやる気が起きないという人にはとてもオススメできることもあります。

ではどの様なことがあるのか見てみたいと思います。

一番大事なのは何もしない、という状態ではなく何かをしてみるということが大事になるのです。

やる気がでない時どうすればいいですか?

やる気が出ない時はどのようにしていますか?一番は気分転換に何かをするという方法です。

気分転換というのは人それぞれ違うと思います。

例えば「今日は仕事を休んでカラオケに行って発散するぞ!」 と日頃のストレスの発散をする人もいます。

気力が出ないのは何かの原因があることが一番です。

原因が解らない状態でやる気というものが出ない、という人は疲れから出ていることが多いと言われています。

身体の疲れもそうですが疲労を感じるということは日常茶飯事です。

ですがこの疲労に関して毎日寝ても疲労が取れないとなった状態が続くと身体が疲れてしまってやる気が出ないというマイナスな考えにも繋がってしまいます。

健康な身体であればあるほどやる気というのは出てくるのでまずは健康を第一に考えると良いでしょう。

また、健康であっても心の疲労を抱えているという人もいます。

この様な人は日頃の生活でストレスを抱えて生活をしている人に多いと思います。

ストレスというのは必ず向き合うものであり、無くなるということがあっても、また違うストレスが発生するという形になります。

この様なことがおこると、どんどん心が疲れてきてしまって体調にも変化が出てしまう恐れもあります。

ストレスと上手く付き合うことも大事、という言葉をよく耳にしますが、ストレスの解消の仕方にも関わってきます。

カラオケで気分転換というのはまさにストレス解消に繋がるために、とても良い効果だとも思われます。

人により気分転換の方法というのは様々です。

他にも「ジョギングをする」「趣味に没頭する」など子の様なことをすることでやる気が出るようになるかもしれません。

仕事や他のことを何もかも忘れるという1日がとても大事になります。

この様な積み重ねでやる気というものが上下するので、生活の仕方についても気をつけるべきことが多くあります。

やる気が出ない時は何より好きなことをするのが一番です。

でも好きなことが無い、という人にとってはいつもとは違うことをすることで刺激になり、気力にも繋がってくるのではないかと思います。

やる気がでない時の対処方法


やる気が出ない時の対処法というものはいくつかあります。

例えば好きな物を食べたり、軽い運動をしたりすることで気力を出させることもできます。

仕事などでは納期というものがありそれを早く終わらせないといけないという人もいるでしょう。

工事や工場などで働く人達にとっては毎日同じ物を見つつ不備が無いか、異常が無いかを見るという仕事をすると思います。

その様ないつも同じような仕事をしていると人というのは飽きがきてしまいます。

どんなに好きなものでも、ずっとやる気があって仕事ができるという人は少ないと思います。

時にはやる気が出なくてあまり集中ができないという人もいるのです。

その様な状態の時に皆さんはどのようにして対処をしていますか?よくある例としては、先ほどいった好きなものを食べるというのがやる気をおこさせてくれます。

これは脳を活性化させることで、好きな物に対して更に興味を持つようになるので、嫌で仕事をしていないよという人にとっては気力に繋がるかもしれません。

また軽い運動というのは、モヤモヤした気持ちなどをサッパリした状態にすることもできます。

身体を動かすことで嫌なことを忘れるという人も中にはいるのではないでしょうか。

スポーツなどを定期的にしているという人は身体を作るのと同時に精神的な疲労も防いでいると言われています。

身体を動かすことが楽しいという人は是非、軽い運動などをしてやる気を出すようにしましょう。

他にも様々な方法があり、やる気というのは自分自身がどう思うかで左右してくるものだと思います。

他にもやる気が出ないという状況になった時に、様々な方法でやる気を出すことができます。

これはその日の気分や体調、ノリなどでも変わってくるので必ず皆がこの方法をして気力を出しているという方法はありませんが、独自の方法でやる気を出させる人だっています。

ではそのやる気を出すというのはどの様な方法があるのか見てみたいと思います。

とにかく始めてみる

とにかく何か物事を始めてみるという人もいます。

やる気が出ないので会社を休んだという状態になった時に何もしないで日が過ぎたら少しもったいなく感じませんか?その様な時に何か物事を始めてみるのが良いかもしれません。

とにかく気分転換をしようと様々なことに挑戦しても良いのではないかと思います。

例えば「普段していない盆栽などに興味を持とうかな」という考えも1つの方法ではないかと思います。

今ある趣味ではなく全く違った新しい物に手をつけるという方法があります。

この様な方法により気分転換になってやる気が出るということもあります。

仮に仕事中などの場合は、とりあえず目の前にある物を作業しつつ、時には別のことを考えて少し休憩したりするのも良いのではないかと思います。

また、仕事の効率や質問など、疑問に思ったことを上司に言ってみたりすることでも気力に繋がるのではないかと思います。

疑問や質問などは仕事のことに関わらず他のことでも良いと思います。

プライベートについて質問したり、上司に質問する場合は自分の歳の頃には何をしていたのか、何故この仕事選んだなのかなど普段聞けないようなものを聞くというのも良いと思います。

これは刺激を見つけるための方法の1つであり、刺激を見つけることでやる気を出させるというものです。

とにかく動いてみたり、とにかく行動してみたり、発言をしてみたり、様々な物事を始めてみることでいろいろな情報を取り入れることができ、自分自身のためになるようなことも聞くことができるので、気力に繋がるのではないかと思います。

普段はそういう人に見えない、と思われていても良いです。

何かを始めて刺激を見つけるというのはやる気に繋がる場合もあるので、是非この様な方法を1度取ってみても良いのではないかと思います。

目を疲れさせないようする


やる気が出ない状態の時には身体の疲労が一番に出ます。

全身がだるい、頭が痛いなど様々な疲労から出てくる症状もあります。

その中で一番気にするべきところがあります。

これは気付きにくい場所でもあるのですが、目を疲れさせないようにするというのが一番大事になります。

目というのは常に何かを見ています。

物や、自然、文字、いろいろな物を目で捉えてそれが物に見えるのです。

人間の中で一番酷使して使われている部分として目があげられますが、この目が疲れている状態になっている可能性もあります。

目が疲れると全身の疲れにも現れたりすることがあり、とても大事です。

また何かを見るというのは常に情報を取っているので、目を休ませる必用もあります。

少し湿ったタオルで目に当てたときに気持ちが良いときがあると思いますが、その状態になると目を酷使していると捉えて良いでしょう。

基本的に目を使っていない人にとってはそれをすると冷たいだけで終わるのですが、酷使し続けると冷やすことにより目をリラックスさせることができるので、目というものは適度に休ませる必用があります。

特に皆さんは寝る時にはどの様にして寝ていますか?例えば何かを聞きながら寝ている、動画やテレビを見ながら寝ているという人がいるのではないかと思います。

その様な人は、常に目を瞑っていても光が目に当たっているので、目をあまり休ませていることができないのです。

なので寝るということを取るときはなるべく暗い部屋で寝るようにしましょう。

例えば音だけという形であれば、大丈夫ですが、基本的には部屋を暗くして目を休ませる意味でも寝るということを忘れないようにしましょう。

またデスクワークなどの事務作業、プログラミングの作業をしている人は目を酷使すると思います。

この場合は常にパソコンを見ているのが原因になります。

目が悪く眼鏡をかけるようになった原因の1つにもパソコンというものがあがってくると思います。

パソコンをしていると肩がこってしまい目を疲れさせる原因にもなるので、デスクワーク等をしている人はまず適度に運動をすることが大切になります。

肩を軽く動かすだけでもだいぶ違います。

肩がこってしまうと目にかかる負担が大きくなってしまいやる気にも繋がらなくなってしまいます。

なので適度に肩を動かして運動をしたり、少し目を瞑って休んだりするなど、その様な工夫をして目を疲れさせないようにしましょう。

また、パソコン用のメガネというものもあります。

これは光を軽減させてくれるメガネなので、もし予算などがあれば購入して使うだけでも目の疲れを軽減させることができます。

この様な方法をすることで、身体の疲労によりやる気がでないというものを防ぐことができます。

寝る

とにかく寝るという人もいるでしょう。

これは身体が疲れていてやる気が出ないという人にとってもオススメなものであり、精神的にも辛いという人にとって寝るということはとても効果的なのです。

寝るといっても座りながら寝たり、何かをしている時に寝るというのではなく、少しの時間でも横になって寝ることで疲労が取れたりするのです。

皆さんは睡眠時間を適度に取れていますか?基本的には8時間などとも言われていますが、睡眠時間というのは人それぞれです。

仮にいつも寝不足状態になっているとやる気が出ないのも頷けます。

寝るというものはリラックスできる状態であり、心も落ち着かせることができます。

よく泣いて寝てしまう人がいますよね?泣いてストレスや嫌なことが全部出てしまって、安心してしまったため寝てしまうというのがよくドラマであると思います。

この様なことは本当で、寝るというのはリラックスしている状態を一番引き出してくれるものなのです。

疲労で疲れている、何かしようとしても眠いという状態であればいっそのこと数分寝てみても良いと思います。

ですが仕事中などの場合は休憩時間の時に寝る、他の作業をしている場合は30秒でも目を瞑って寝る状態になるととても気分が楽になるのです。

よく授業中に寝ている人とかいるかもしれません。

リラックスしすぎて寝てしまうという人もいるので、時と場所を考えて寝るという方法を取るようにしましょう。

また会社を休んでいるという人に関しては、いつもより少し長めに寝ても良いと思います。

普段あまり寝ていないから寝まくるという寝だめというものがありますが、これはあまり効果がありません。

適度な時間、適切な睡眠時間を毎日心がけるようにして、休日の日は少し1時間程度長く寝るということをすれば、よりやる気というものを出してくれるのではないかと思います。

リラックスをして寝るということが大事です。

軽い運動をする

いつも同じ作業だと疲れることがあると思います。

また同じようなことの繰り返しで少し違ってもまた同じだという人にとってはとても退屈に感じてしまうかもしれません。

そういう時に軽い運動をすることで、やる気を出してくれると思います。

いつも同じ作業の繰り返しというのは最初は面白くて刺激があってもどんどん薄れていくものです。

そうした場合に気分転換に身体を動かすということはとても効果的なのです。

例えばジョギングやランニング、筋トレなども軽い運動に入るでしょう。

休憩時間などに少し身体を動かすだけで気分転換になり、次第に「次も頑張るか」という前向きな気力が出てくるようになります。

活発化することにより人というのはもっと頑張ろうという気持ちがあるのでやる気に繋がるのです。

そのやる気の土台となるものがしっかりしていれば尚更やる気は出てくるでしょう。

例えば何かの仕事をしたいと思っていてもその土台がしっかりしないと意味がありません。

軽い運動をするということでその土台の方針をしっかりと定めてやる気を出すという方法もあるのです。

運動というのはそれほど人を元気にしてくれるものでもあります。

本気で身体を動かすと疲れが出てしまうだけなので、まずは軽い運動から始めてモチベーションなどを保つと良いでしょう。

そこから仕事をしていくことで何かあってもやる気が出ないという状態ではなく対処しなければという気持ちに変わると思います。

普段同じ仕事を毎日しているという人は休憩時間にこの様なことをして、気分転換をしてみてはどうでしょうか。

もしかするとやる気というものが出てくるかもしれません。

また、軽い運動と少し同じですがラジオ体操を朝からやるというのも効果的だと思います。

一度やってしまうと今日も頑張るか!と1日の始まりのように感じることができるのがラジオ体操です。

休憩時間があまりないという人や既にやる気が…という人であれば朝一からラジオ体操をしてみてはどうでしょうか。

チームで取り組む

仕事というものは基本的に1人でやるものと2人以上のチームでやることが多いです。

1人の場合は全て何もかも自分1人でやらないといけないので、何かあると上司などに相談しますがその時ですら少し気がひけますよね。

やる気があるけれど上司にいろいろと注意されてしまいやる気が出なくなったという人もいるのではないでしょうか。

そういった場合に仮にチームで取り組むことでやる気というものが出てくるのではないかと思います。

もしくは友達や同期がいるのであればその人と一緒にするという方法でもよいでしょう。

チームで協力して取り組むというのは皆が団結して取り組む形になります。

ブレインストーミングなどの方法を使い仲間と話し合うというのはとても面白いものだと思いませんか?1人の場合は全て何もかも考えなくてはいけませんが、チームというのは人と喋るだけでも楽しく感じると思います。

そこで何かの題があったとしてそれについて取り組むというのは競い合う仲間でもあり、協力しあう仲間でもあるのです。

やる気というのはこの様な仲間の存在によって出るものもあります。

チームで取り組まずに1人でやる場合は、全てが自己満足で終わってしまうことが多く、何かを完成させるにしても、オリジナリティはあっても達成感は人それぞれになってしまいます。

また、やる気が出なくなってくるという原因の1つに1人で取り組む場合は全て1人で考えないといけないという点があるのです。

それをふまえて、チームで取り組むという方法はとてもやる気を出すものの1つであり、仲間というものに出会えるので気力を出すきっかけにもなる良い方法だと思います。

1度に1つのことしかしない

1度に多くのことをすると疲れたりやる気が出なかったりすることがあると思います。

そういう時には1度に1つのことをすることによって、それに集中することができるのでやる気を出すことができます。

例えばあれもこれもと多くのやることを同時にこなすという人は少ないと思います。

逆に同時にこなそうとしてもやる気が出ないという状況になるのではないかと思います。

そうした場合に必要になるのが、1つのことに集中をするということです。

これは例えば何か物事の順位を決めてその物事を順番にこなしていくというものです。

これをすることで集中して物事に取り組めるのでそのことしか考えられなくなります。

人というのは順序にやることで次のもの!という形でやる気が出るのではないかと思います。

いわゆるゲームで言うとレベルのようなものです。

レベル1はこれをやる、クリアできたらレベル2はこれをする!といったような形で物事をこなすことができるのです。

中には一遍にした方が集中できるという人もいるかもしれませんが、もし集中できないという人がいるのであれば、1つ1つ物事を片付けることで集中することができるかもしれません。

朝ごはんをしっかり食べる

朝ごはんをしっかり食べることで脳が活性化します。

仮に朝ごはんを食べないでいると寝たままの状態になり、全てに対して気力というものが出なくなるのです。

この様な状況の場合は朝ごはんを食べて脳を活性化させて起こすということが必要になります。

脳が起きる状態になると1日の始まりとして、何かをするぞ!という気持ちに切り替わるのでやる気へと繋がるようになるのです。

よく寝坊をして朝何も食べないという人がいると思います。

中には遅くまで仕事をして、朝寝坊をするという人もいるでしょう。

ですがその様な人ほど朝ごはんを食べることでより集中して取り組むことができる人なのです。

朝ごはんはどんな時でも食べることが大切です。

仮に時間が無いという人はチョコレートなどの甘い物を食べることでも脳が活性化します。

朝にチョコレート?という人もいるかもしれませんが、糖分などを含んでいるため、とても脳を起こしてくれる良い食べ物なのです。

朝に食べ過ぎるということは逆効果になり、チョコレートの場合は糖分の取り過ぎにもなるので注意が必要ですが、やる気を出すにはまず1日の始まりを大事にしなければなりません。

朝ごはんを食べないという人でも食べることで1日の目標というものが決まるのかもしれません。

それがやる気にも繋がるので、朝ごはんはしっかり食べるように心がけましょう。

通勤中に食べる人もいるでしょう。

電車の待ち時間などで食べても良いと思います。

それほど朝ごはんというものは重要になるのです。

目標を分割する

目標を大きく持つことでやる気が出ます。

ですがその目標が大きすぎて逆に無理だという人がいるのではないでしょうか。

その目標の大きさにやる気が出ないという人もいると思います。

その様な人は目標を分割することでやる気を出すことができるかもしれません。

分割と聞くと分ける?という意味にも聞こえると思いますが、目標を分割するというのは小さな目標に分けていくということです。

例えばAのことをする!という目標に対してその目標までの小さな目標を決めていくのです。

Aのことをするにはまず、今日の仕事でBを完成させなければならない、Bを完成させるには今日何時までに何を終わらせなければならない、といった形で1つ1つ小さく分けて考えることでやる気を出すようにするのです。

目標にする物は大きくても大丈夫です。

それまでの土台としての目標を小さくすることでその目標にむかって1つ1つを丁寧にこなしていくことができるようになります。

お金持ちになる!という目標はとても大きいです。

ですがこの大きな目標のためには何かをしなければいけません。

その何かというのは働くということです。

では働くというのはどこで働こう、貯金をどれだけ始めよう、といった小さな目標を積み重ねることで大きな目標に近づくという方法です。

これは大きく設定してしまうと遠すぎて無理だ、やる気が出ないという考えになると思いますが、分割をすることで、小さな目標をこなしてその積み重ねで大きな目標へと達成できるかもしれないという考えになります。

塵も積もれば山となるということわざをご存知でしょうか?まさにその様な考え方で目標を分割すればよりやる気というものがでるのではないかと思います。

いちばん身近な目標から達成する

いちばん身近な目標から達成していくことが大事です。

先ほどでも話をしましたが、目標というのは大きく持って良いですが小さくすることでこなしていけるのです。

例えば身近にできる目標があってそれを何時でもできるから後回しにする、という考えではなく、早くその目標をして違う目標へと進むという考えにすることでやる気が出てくるのではないかと思います。

やる気が出ない状態だとどの目標もできない、という状態になるかもしれませんが、身近にできるものを後回しにするとかえってやる気が出なくなるのではありませんか?身近にできるというのはそれほど簡単にできるということで後回しにする必要は全くありません。

逆に後回しにするほうがめんどくさいと感じてしまいかえってやる気をおこさせなくなります。

なので身近な目標から達成をしていくことで、少し遠い目標もしなければ、というやる気に変わるので、段々と気力が出て行くようになります。

どうしても出ない時は一旦忘れるのも良いでしょう。

ですが再びこの目標へと戻ることになる場合は、遅かれ早かれ、もっと早くしておけばよかった、という考えになるのではないかと思います。

言われると難しいかもしれませんが、達成する時の喜びを1度味わうとまたその快感というものを味わいたくなるのが人なのです。

積み重ねで大きな目標へと近づくことができるので、あきらめずに頑張りましょう。

幸せのふりをする

幸せのふりをすることで幸せを呼び起こすというものです。

人というのは気力で何もかも引きつけたりすることができるとも言われています。

病は気からとあるように、幸せなども気力からという形になります。

やる気が出ないというのはしなくても良いという人もいれば、しなければいけないけどやる気が出ないという2つのパターンに分かれると思います。

幸せのふりというのは自分自身は幸せだと感じることで、プラスの気力を出すことができるのでそこからやる気が自然と湧いてくるようになるというものです。

幸せのふりでなくても前向きな考えというのは基本的にプラスの力が働きます。

なのでプラスの力を考えるというのは少なくともやる気に繋がるものなので仮にやる気が出ないという人がいれば、プラスの考えをするようにしましょう。

幸せのふりをすると本当に幸せになっていくようにもなります。

前向きな考えというのはその人を裏切りません。

積極的な人は何もかも積極的にやり、どんなことがあっても振り向かず前を向いていると思います。

目標に向い熱くなっても良いでしょう。

熱意というものも人を裏切りません。

仮に達成できなかったとしてもまた次の目標へと考えさせてくれるものでもあります。

前向きに考えてやる気を出すようにすることで、プラスの力が働き、自分自身を幸せにもしてくれます。

思っきり手を抜く

何もかも集中して仕事をするというのは無くても良いのです。

たまには手を抜くことだって必要になります。

ですが手を抜くところを間違えると取り返しのつかないことにもなります。

適度に手を抜いて集中を切らし、少し休む時間を作るというのはとても必要なことです。

集中しすぎるとかえって身体を悪くしてしまい、疲労で病院に行くことになったという人もいるのではないかと思います。

確かに仕事というのは大事なことであり、ミスなどは許されないと思います。

ですがミスというものが無ければ、手を抜くという行為はして良いものであり、継続してやる気を出させるには、適度な休憩なども必要になります。

そのため、手を抜くという行為があるのです。

時には休んでも良いです。

休んでいてもやる気があるのであれば「よしやるか!」という気持ちで仕事に取り組むことができます。

体調というのはどこにでも響くものであり、体調が悪くなってしまうとやる気にも関わってきます。

健康な身体というのはとても大事なことであり、人のやる気にも関わってくるものなのです。

いつも集中して仕事をしている、という人は良いですが、たまには手を抜くことで集中というものがいつでも継続できるようになるかもしれないですし、やる気というものも継続して出るかもしれませんよ。