私たちの普段の生活の中で、突然やってくる嫌な事に遭遇したり、悩み事を抱えていると誰でも気持ちが落ち込んでしまうものですよね。

そんな時、上手に気持ちを切り替えられたら良いとは思いませんか。

今回はそんなアゲアゲな気持ちになれる事についてまとめてみました。

落ち込んだらアゲアゲモードに切り変えよう!

落ち込んでいる時に限って、いつまでも気にしてしまってなかなか元の気持ちに戻す事ができないというのもよくありますよね。

しかしながら、毎日そんな気持ちでいたら自分が憂鬱になるだけではなく、周りの人たちもそんな様子を見て心配してしまいます。

悪い事は続くと言いますが、普段は明るい性格の人も、いつもの調子が出せずに余計なトラブルまで起こしてしまいかねません。

また、嫌な事ばかり考えていたら、仕事でも人の話を聞いていなかったり、ミスをしてしまう可能性もあります。

そんな事態にならないようなるべく早く、アゲアゲモードに切り替えられるように気持ちをコントロールする事を意識してみましょう。

アゲアゲな気持ちになれる15個のこと


このままではいけないと思っていても、自分の気持ちをコントロールするという事はなかなか上手くいかない事もありますよね。

それでは落ち込んだ気持ちを切り替えるには一体どのような事をしたらよいのでしょうか。

ここからは具体的にアゲアゲな気持ちになれる事についてご紹介します。

どれもそれ程難しい事は無く、誰でも簡単にできるものばかりなので気になるものがあったら是非試してみて下さいね。

1. アップテンポの音楽を聴く

落ち込んだ気持ちを手っ取り早く切り替えたいなら、アップテンポの音楽を聴くのがオススメです。

失恋して落ち込んでいる時などは、思いっきり泣ける音楽を聴くのも良いのですが、明るくてアップテンポな音楽にはそんな気持ちを吹き飛ばす効果があります。

また、アップテンポの音楽を聴いていると頭の中や体でリズムを取り易く、自然と落ち込んだ気持ちも明るい気持ちになってくるはずです。

アップテンポの音楽のCDを持っていないという人も、音楽ダウンロードサイトなどをチェックして、とりあえず視聴するだけでも構いません。

勿論、プライベートであればカラオケに行って思いっきり明るいアップテンポの曲を歌うのも効果的です。

また、人間の脳とリズムには深い関わりがあり、テンポの良い音楽を聴く事によって、気持ちが良いと感じると脳内からドーパミンと呼ばれるホルモンが分泌されると言われています。

ドーパミンは物事に対してやる気が出てくる作用があるので、気持ちも前向きになれるので、仕事や勉強を始める前に聴くのも効果があります。

2. ダンスを踊る

気持ちが落ち込んでいる時にとてもダンスを踊るなんて考えられないと思ってしまう人も多いのではないでしょうか。

しかしながら、真剣にダンスを踊っている人を見てみると、カッコ良く見えるだけではなく、その姿や表情からやる気を感じますよね。

実際にダンスを踊る事によって、気持ちを切り替えたり脳にも非常に良い効果をもたらすと言われています。

その秘密は人間の脳内にある、エンドルフィンの分泌によるものです。

体を動かすだけならトレーニングやエクササイズでもエンドルフィンは分泌されるのですが、ダンスには音楽に合わせる事で気持ちが良くなり、人との繋がりを持てる事によって更に効果が高まると言われています。

また、気持ちも明るくなってストレス発散にもダンスはオススメです。

上手く踊れなくても構わないので、自分の好きなように踊ってハイテンションになってしまいましょう。

3. テンションの高い人と友達になる


自分一人ではなかなか気持ちを切り替えられないという人は、自分の身近にテンションが高い人がいないか探してみてはいかがでしょうか。

テンションが高い人には、一見ふざているように見える事もありますが、その場を和ませたり、周りの人たちの気持ちを明るくさせてくれるまさにムードメーカー的な存在でもあります。

その為、自分にはそんな力が無くても、テンションが高い人の近くに居るだけで気持ちを切り替える事ができます。

自分にはそのような人とは合わないと思う人も、先入観は一旦捨てて、一度テンションが高い人の力を頼ってみましょう。

友達になれれば、普段は行かないような場所に一緒に出掛けたり、もしかしたら自分では思いつかなかったアドバイスを聞けるかも知れませんよ。

【ハイテンションについては、こちらの記事もチェック!】

4. 食べ放題飲み放題の店に行く

自分の好きな食べ物や飲み物を好きなだけ味わえる、食べ放題や飲み放題のお店に行ってみるというのも気持ちを切り替える方法の一つです。

ストレス解消法として、そのようなお店に行くという人も多いかと思いますが、自分の欲求を満たす事は実際に幸福感を得られ、嫌な事も忘れさせてくれる効果があります。

言わば、嫌な事を好きな事で塗り替えてしまう方法です。

お一人様でも良いですし、気の合う仲間と一緒にそのようなお店に出掛ければ、ワイワイと楽しく盛り上がる事もできます。

但し、幾ら食べ放題や飲み放題だからと言って、頻繁に利用しては余り効果がありません。

暴飲暴食は体にも良くありませんし、お金も掛かってしまいますので計画的に利用するようにしましょう。

5. お祭に行く

日本人は祭り好きとは良く言いますが、祭りとは元々は人々が神様を祭り、仕える為に行われている儀式に用いられる言葉です。

現在では、日本全国に様々なお祭りが行われていますが、実際に足を運んでみるとやっぱり気持ちも和みますし、いつの時代も風情を感じるものですよね。

嫌な気持ちを切り替えるくらいで神様の力を借りるのは少々気が引けますが、たまには神頼みをするのも良いのではないでしょうか。

お祭りには他にも、その地方独特の催し物や、踊りなどが行われていますし、見ているだけでも日本人の血が騒いでくるものです。

また、普段は見る事がないものを見たり聞いたりする事は、良い気分転換にもなります。

お祭りと言っても、最近では色々な事にも使われるようになりましたが、特に野外の音楽フェスなども一つのお祭りです。

観客も一丸となって参加すれば、嫌な気分も一気に忘れてしまう事ができるでしょう。

6. 旅行の計画を立てる

気持ちを切り替える為に旅行の計画を立ててみてはいかがでしょうか。

以前からずっと行きたいと思っていた場所や、今人気となっている話題の観光地など一つくらいは心当たりがあるのものですよね。

また、自分の好きな場所へ旅行に行くのも良い気分転換になりますが、実際に目的の場所へ行く事ができなくても、ただ旅行の計画をあれこれ考えるだけでも気分がワクワクしてくるはずです。

旅行へ行ったらまず何をするか考えたり、買いたいお土産や現地ならではのグルメなど、考えられる事はたくさん浮かんでくればそれだけでも気持ちを切り替える事ができます。

一人で行く旅行も良いですし、気の合う仲間や家族と一緒に出掛ければ良い思い出にもなるでしょう。

7. 宝くじに当たった妄想をする

誰でも宝くじが当たったら何をしようかと一度は考えた事があるのではないでしょうか。

勿論、一等で何億円もするような大金を手にするには並大抵の運の持ち主でなければ叶いませんが、それでもつい妄想してしまうのは仕方が無いのかも知れません。

しかしながら、そんな宝くじに当たった妄想をしているだけでも、色々と自分の欲しいものややりたい事に頭が働く為、気分を切り替える事ができます。

たかが妄想と思わず、あくまでいざという時の準備として、普段から色々と欲しいものや、これからやりたい事などを考えておくのも夢が膨らんで楽しいと感じる事ができるのではないでしょうか。

8. スポーツの試合を観に行く

気持ちが落ち込んでいる時は、思い切ってスポーツの試合を観に行くというのも気持ちを切り替える為の方法の一つです。

プロ野球やサッカーなど、白熱する試合を実際に自分の目で見たり、スタジアムで盛り上がっている観客の中で一緒に応援をする事で、そんな気持ちも切り替える事ができます。

スポーツをして体を動かすと、興奮状態になるのは人間の脳内にあるアドレナリンが分泌される為であると言われていますが、実際にスポーツをしていなくても、ただ白熱したスポーツを観戦をしているだけでもアドレナリンの分泌を促す作用があります。

テレビ中継などを自宅で見ている時にも、自分の応援しているスポーツチームや選手が活躍しているシーンを観ると、つい興奮して声を上げたりするのも同じ事ですが、せっかくなら生で試合を観戦してみるのもたまには良い刺激になって良いかも知れませんね。

9. ペットショップに行く

動物が好きという人は、ペットショップに行ってみてはいかがでしょうか。

ペットショップにいる可愛らしい動物たちに触れ合えればとても癒されますし、落ち込んだ気持ちも忘れさせてくれるかも知れませんよ。

それに動物園とは違って、ペットショップで動物たちを見るだけならお金も掛かりません。

生まれたばかりの仔犬や仔猫などはとても無邪気ですし、そんな姿をただ見ているだけでうっとりして時間を忘れてしまいます。

仕事や学校の帰りなど、落ち込んだり元気が出ないという時には是非ペットショップに立ち寄ってみましょう。

実際に動物には人間を癒す事ができる力を持っているので、きっと元気をもらえる事でしょう。

10. 常にニコニコする

どんな事があっても常に顔がニコニコしている人っていますよね。

そんな人を見ているだけでも、何だかこちらも気分が良いですし、親しみやすい印象も受けるのではないでしょうか。

会社の受付や、販売業などをしている人にとっては慣れている事なのかも知れませんが、嫌な事があった時にも常にニコニコしているというのは実際にやってみようと思っても、なかなか難しく感じるものですよね。

しかしながら、そんな顔の表情も日頃から意識をするようにしていれば訓練する事も可能です。

腹が立つ事や、嫌な気分になるとすぐに顔に出てしまうという人は、顔の表情には出さないよう意識してみましょう。

最初はどうしても顔に出てしまう事もありますが、どんな時もニコニコできるように表情をコントロールする事が出来れば、そうしているだけで嫌な事も忘れてしまえるようになれるかも知れませんよ。

11. 声をワントーン高くして話す

気持ちが沈んでいる時は、どうしても普段よりも元気が出ず、声のトーンも低くなってしまいがちですよね。

また、周りの人たちにも、そんな気持ちが声のトーンで伝わってしまうものです。

もし自分で「少し声のトーンが低いな」と感じたら、そんな時こそ声をワントーン高くして話す事を意識してみましょう。

本当は、心の中で嫌な気分であったとしても、声のトーンを少し高くするだけで相手に与える印象だけでなく、自分の気持ちも前向きになれるようになりますよ。

まるで自分に言い聞かせるように、落ち着いて少し高いトーンを心掛けるようになれば、突然嫌な事があった時にも慌てる事無く対処する事ができます。

12. ジェスチャーを大げさに付けて行動する

人と会話をしている時など、大きく頷いて相槌を打ったり、自分が話をする時は身振り手振りでジェスチャーを取り入れている人を見た事はありませんか。

このような人は、自分の気持ちを上手にジェスチャーを使う事によって周りの人たちへより伝えたいという印象を受けますよね。

そして、そんな人は大抵、何事もプラス思考だったりするものです。

それとは反対に、自分の気持ちを上手く外側へ吐き出す事ができない人は、どうしても周囲に暗い印象を与えたり、行動も消極的になりがちです。

その為、もし自分でそのような状態になっていると気付いた時は、少し大げさにジェスチャーを付けて行動をしてみましょう。

ジェスチャーを付ける事で「自分は今こうしたいんだ」という気持ちを表現する事ができますし、溜め込んでしまっている嫌な気持ちも一緒に吐き出す事ができるので、気持ちを切り替える事にも繋がるのです。

13. 感情表現や表情を大げさにする

ジェスチャーと同じように、何かを見たり聞いたりした時はいつもより感情表現や表情を少し大げさにしてみてはいかがでしょうか。

何か嫌な事があったり、気持ちが落ち込んでいる時になると、誰でも感情表現や表情が薄くなってしまうのも仕方のない事です。

しかしながら、そんな時こそ少し無理をしてでも、感情表現や表情に意識を向けてみましょう。

本当は今そんな気持ちになれないという時でも、感情表現や表情を大げさにして見せる事で、周囲の人たちにも伝わりますし、自分自身も気持ちが前向きになれるようになるはずです。

辛いと感じる時は、当然誰とも話したくない時もありますし、笑顔になんてなれないとは思いますが、自分の感情に流されていたら、いつまでも気持ちを切り替える事はできません。

少しだけ頑張ってみたら、案外気持ちも軽くなるかも知れませんよ。

14. 家族や友人に自分の長所を言ってもらう

仕事でミスをしてしまったり、好きな人に突然フラれてしまったりした時などは、とても落ち込みますし、自分の事ばかりを責めてしまいがちですよね。

頭の中ではもう終わった事だと分かっていても、そんな過去を思い出す度に後悔をする事もある人も多いのではないでしょうか。

そんな時は、家族や親しい友人などに自分の長所を言ってもらいましょう。

一見、甘えているようにも感じるかも知れませんが、親しい間柄であれば気にする事はありません。

家族や友人であれば自分の事をよく知っているはずなので、長所だって言ってくれるはずです。

時には無理をせず人に相談をしたり、指摘をしてもらう事も人間関係では必要な事です。

自分の長所に自信を持てるようになれば、上手く気持ちを切り替えられるでしょう。

15. ガッツポーズをして上を見上げるのを癖にする

人が落ち込んでいる時に、ガッツポーズを取る事なんて普通は考えられない事ですが、このようなポーズをして上を見上げるだけでも、案外気持ちを切り替える事ができたりするものです。

ガッツポーズと言えば勝負事に勝った時や、気合を入れる為に取ったりする事がありますが、いずれもポジティブ思考から生まれたものです。

自分が笑顔ではなくても、周りに笑顔の人がたくさんいたら、なんだか自分も自然に笑顔になってしまうのと同じような事がガッツポーズにはあるのです。

辛い時こそガッツポーズをして上を見上げるのを癖にしてしまう事で、気持ちもポジティブになれれば、色々な場面で役に立つ事があるかも知れません。

アゲアゲな気持ちにするメリット

嫌な事があってイライラしたり、落ち込んだりしている時は他人や物に当たったり、自分の殻に閉じこもってしまったりと、何かとマイナス思考になりがちですが、気分がアゲアゲになると一体どんな気持ちになるのでしょうか。

ここからは具体的にアゲアゲな気持ちにする事で得られるメリットについてまとめてみました。

いずれも良い事ばかりなので是非チェックしてみて下さいね。

1. ネガティブな気持ちを切り捨てられる

アゲアゲな気持ちになる事によって、それまでネガティブだった気持ちを切り捨てる事ができるようになります。

人は誰でも気持ちが沈んでいて不安定な時などは、頭では気持ちを切り替えたいと思っていても、なかなか自分の感情や考え方をコントロールする事は難しい事です。

また、そうやって考えれば考えるほど、余計に益々気持ちが焦ってしまったりするのもよくある事です。

そんな時、上の記事でご紹介したような方法を試してみましょう。

上手く自分の気持ちをアゲアゲにする事ができれば、自分の感情もポジティブに変える事ができます。

いつまでもネチネチとした気持ちも消し去る事ができ、頑張ろうという気持ちになったり、自信もつくようになれば、きっと周囲の人たちもホッとするでしょう。

2. 嫌なことを忘れられる

あまりにもショックな出来事というものは、時間が経っても苦い思い出として何度も蘇ってくるものですよね。

そのような事がある度に、また嫌な気持ちになってしまい、トラウマとなってしまう経験がある人も多いのではないでしょうか。

しかしながら、そんな思い出したくない嫌な事も、アゲアゲな気持ちになれば忘れる事ができますよ。

根本的な解決にはならないまでも、ふと嫌な事を思い出した時はアゲアゲな気持ちに切り替える癖をつけておきましょう。

それができるようになれば、今後も何か嫌な経験をした時に自分の力で嫌な事を忘れる事ができます。

アゲアゲな気持ちになって自分自身を励ましてあげましょう。

3. 周囲に強い人だと思われる

仕事やプライベートなどでどんなにピンチな状況に陥ったり、苦しい状況に遭遇する事があってもくじける事なく立ち直れる人っていますよね。

そんな人はまさに周囲の人から精神的にとても強い人だと思われる存在です。

もし、自分の身の回りでもそのような状況になった時は、強い人を見習って気持ちをアゲアゲに切り替えられるように努力してみましょう。

自分も周囲の人から強い人だと思われるようになれば、それだけ信頼もされますし、自分にとっても精神的にタフになってピンチになっても慌てたりする事も無くなる事でしょう。

4. 困難を乗り切ることができる

長い人生の中では、自分の目の前にある日突然困難な出来事がやってくる時があります。

周りの人たちからの助けも得られず、自分の力だけでは到底解決できそうもない状況になった時というのは、誰でも不安になりますし、自信も失くしてしまうものですよね。

しかしながら、そんな困難な状況になった時でも、アゲアゲな気持ちに切り替えれば乗り切る事ができます。

例えば、困難を切り抜けられるという人は、自分自身の気持ちをコントロールする事に長けているものです。

誰もが諦めてしまうような事も、一度冷静に考えてみたり、違った角度から物事を見る癖がついているのです。

そのように気持ちをアゲアゲに切り替えてみるというのも有効な方法の一つです。

アゲアゲな気持ちになるという事は、自分の気持ちを奮い立たせる事だってできるのです。

一度はお手上げ状態になっていた事も、また挑戦しようという気持ちにさせてくれるはずですよ。

アゲアゲな気持ちになる方法を知らないとどうなる?

アゲアゲな気持ちになると色々なメリットが得られるという事をご紹介しましたが、もしアゲアゲな気持ちになる方法を知らない場合は一体どうなってしまうのでしょうか。

ここからは具体的にどのような事が考えられるのかについて以下を参考に見ていきましょう。

1. 状況を改善させられない

私たちの日常生活の中で、ある日突然困ってしまう状況に遭遇するという事は案外よくあったりするものですが、そんな時は誰でもなるべく早く対処をしたいと思いますよね。

しかしながら、そんな時にアゲアゲな気持ちになれる方法を知らない場合は、状況を改善する事がとても困難になってしまう可能性があります。

ネガティブ思考ばかりが働く事になり、状況は変わらないばかりか、益々悪い方向へ進んでしまう事もあるかも知れません。

自分の行いを責めてしまったり、状況を悪くしたのは全て他人のせいにしてしまったりと、余計なトラブルを招きかねません。

そのような事を考えるだけでも、やはりアゲアゲな気持ちになれる方法を知っておいた方が良いのです。

2. 人が寄ってこない

例えば、何かが原因でひどく落ち込んでいたり、怒っている人というのは何となく近寄りがたいイメージがありますよね。

人の気持ちとは自分が感じている以上に、周りの人にも伝わってしまうものです。

その為、そのようなネガティブな気持ちになっていると、周囲の人を不安にさせたり、不快な気分にさせてしまうので自然と人が寄ってこないのです。

気が付いたら、いつの間にか自分だけ一人でポツンとしていたという経験がある人は、気付かない内に負のオーラを出してしまっているのかも知れませんよ。

そのような状況になってしまわないよう、アゲアゲな気持ちにに切り替える方法を知っておきましょう。

そうすれば、周りの人も心配せずに話しかけてくれるようになり、自分だけ蚊帳の外に居るような状況もなくなるでしょう。

3. 人生を楽しめない

ネガティブな気持ちを持ち続けていると、やがてそんな自分に慣れてしまい、何をしていても感情の起伏があまりなくなってしまいます。

その為、表情も暗かったり無表情だったりして、周りの人から何か楽しいと思える事はないのだろうかという印象を持たれてしまいかねません。

しかしながら、そんな自分の気持ちをアゲアゲに切り替える事で、それまで気が付かなかったり、しばらくの間忘れてしまっていた感情が蘇ってくるかも知れません。

人生には自分が想像している以上に、楽しいと思える事がたくさんあります。

同じ出来事でも、自分の気持ち次第で全く別のものに見えたりする事もあります。

せっかくの一度きりの人生なのですから、なるべく後悔のする事が無いよう、世の中にある楽しい事を経験しましょう。

それを実現させる為にも、アゲアゲな気持ちに切り替える事は大切な事です。

4. 時間を大幅に無駄にする

何かトラブルに巻き込まれたり、物事が上手く進まないような時は悩んでしまう事もありますよね。

しかしながら、悩んでも一向に物事が解決しそうにない時には、気持ちを切り替えた方が良い事もあります。

ただ、がむしゃらに同じ事を繰り返したり、誰にも相談せずにただ一人悩み続けたところで状況が良くならず、結局は時間を大幅に無駄にしてしまう可能性があります。

そのような事になる前に、アゲアゲな気持ちに切り替えてしまえば、焦りや不安も消し去る事ができ、もしかしたらもっと早く状況を良くする方法が見つかるかも知れません。

後になって、自分がどれだけ時間を無駄にしていたのかと後悔する事も少なくなる事でしょう。

5. 狭い世界を生きることになる

ネガティブな気持ちでいるという事は、つまり自分の考え方以外の事に対して否定的になったり、自分の事を客観的に見る事ができない状況にもなりがちです。

その結果、他人の意見を素直に聞き入れる事ができなかったり、意固地になっていつまでも自分の殻に閉じこもってしまうようになってしまいます。

そのような人は、今後も自分だけの狭い世界を生きていく事になってしまう可能性があります。

人は普段それほど意識していなくても、実際は色々な人間関係と関わっていく事になります。

時には、他人の考えや気持ちを汲む事も必要になるものです。

それさえもできない人は、とても孤独で寂しい人生を歩んでいく事になってしまう可能性があります。

6. いつまでも成功できない

誰にでも自分の苦手な事があったり、仕事で大きな失敗を経験する事がありますよね。

そんな時、何とかそのような事を克服して、少しずつ成長をしていくものです。

しかしながら、そのような事が自分の目の前にやってきた時、過去の失敗を思い出して挑戦する事を諦めてしまうような事が続けば続くほど、いつまでも成功する日はやってきません。

自分に自信をつける為には、時には失敗を恐れずに何事にも挑戦しようという前向きな気持ちが必要です。

そんな時、自分の力だけで難しいと感じた時は、アゲアゲな気持ちになって自分をやる気にさせてあげましょう。

スイッチが入って成功に繋がるのであれば、決して知っておいて損をする事はありません。

7. 自信を喪失し精神を病む

あまりにも自分自身を信じられなくなってしまい、誰からも救いの手も無ければ最悪の場合、人の精神状態は病んでしまう事もあります。

そして一度そのような状態に陥ってしまうと、なかなか元の自信を取り戻すのは難しい事です。

そうなってしまう前に、自分に合ったアゲアゲな気持ちになれる方法を知っておきましょう。

現代人は特に、ストレスを抱え易い為、こまめに気持ちを切り替える事は、自分の精神的な衛生管理としても大切な事です。

例えば、その日に何か嫌な事があったしても、翌日にはなるべく引きずらないよう、アゲアゲな気持ちに切り替えてリフレッシュするのが良いでしょう。

また、時には無理をせずに親しい人に気持ちを打ち明けるのも決して悪い事ではありません。

アゲアゲになって人生を楽しもう♪

これまでアゲアゲな気持ちになれる事についてまとめてきましたがいかがだったでしょうか。

今回の記事が少しでも参考になって頂ければ幸いです。

いつも明るい人も、時にはくじけたり、ひどく落ち込んでしまう時もありますが、時間が経てばケロっとしているのは何か自分なりに気持ちを切り替える方法を知っているのかも知れませんね。

普段から、ズルズルといつまでも嫌な気持ちを引きずってしまう事が多いという人も、これを機にアゲアゲな気持ちになれる方法を探してみてはいかがでしょうか。

それは、まるでおまじないのようなものかも知れませんが、自分だけの気持ちを切り替えるとっておきの方法となれば、きっと今後自分の助けになるはずです。

たまにはアゲアゲな気持ちなって、嫌な事は忘れて楽しい人生を送れるようにしていきましょう!