あなたの住む街に喫茶店はありますか。

美味しいコーヒーを飲むだけでなく、喫茶店にはそのお店特有の雰囲気があり、落ち着いた空間がお気に入りで読書や勉強にも利用している人も多いのではないでしょうか。

喫茶店と聞くと少し大人のイメージがありますが、最近では若い世代の人の間でもおすすめの喫茶店もあるようです。

今回はそんな喫茶店のレトロオシャレなポイントとおすすめなお店についてまとめてみました。

喫茶店は奥が深い!

喫茶店はただコーヒーが飲めるお店だけでなく、実は奥が深いという事をご存知でしょうか。

最近では海外からのカフェやコーヒーショップのチェーン店が全国各地に展開されているのを良く目にするようになりましたが、喫茶店はまた違った種類のお店です。

具体的に喫茶店とはどのようなお店なのか以下を参考に見ていきましょう。

1. 喫茶店とは?


喫茶店とは主にコーヒーや紅茶などのドリンクメニューの他にも、サンドウィッチやパスタ、ケーキなどの洋菓子などを提供する飲食店です。

そもそも、喫茶店とは一体どんな定義があるのでしょうか。

イメージとしては昭和のレトロな雰囲気がありますよね。

しかしながら、近代的な雰囲気の喫茶店も存在していたり、喫茶店によってはメニューも異なるので、喫茶店といっても色々なお店があるのも事実。

お店の外観や内装も洋風のお店から昭和時代を漂わせるお店や、和風の茶屋と呼ばれるタイプもありますが実際のところ、喫茶店には明確な定義というものは存在していないようです。

尚、コーヒー自体は江戸時代にオランダから伝来されていましたが、焦げ臭くてどうも当時の日本人の味覚には合わなかったようですが、その後も徐々に日本でも西洋文化が広まり始め、コーヒーも輸入されるようになった事によって、当時日本でオープンしたレストランのメニューにコーヒーも並ぶようになりました。

そして、現代に見られる喫茶店が世の中に登場したのは、1888年(明治21年)に東京都上野で開店した可否茶館(かひさかん)が始まりと言われています。

日本の喫茶店を思い浮かべると昭和のイメージがありますが、実は明治時代から既に喫茶店が存在していたのですね。

2. カフェとはどう違うの?

古い歴史のある喫茶店ですが、最近よく街で見かけるカフェと喫茶店とでは一体どのような違いがあるのでしょうか。

どちらもコーヒーや紅茶などを飲みながら店内でくつろいだり、軽食やデザートなどのメニューもあるので、一見違いが無いように思いますよね。

しかしながら、厳密には喫茶店とカフェには明確な違いがあるというのをご存知でしょうか。

ここからは具体的にそれぞれどのような違いがあるのか以下を参考に見ていきましょう。

1. 営業許可の取り方が違う!


まず、喫茶店とカフェにはそれぞれ営業許可の取り方に違いがあります。

お店をオープンする為には保健所に営業許可を取る必要があり、業種によってその種類も様々なものがあります。

その中でも喫茶店には喫茶店営業許可、カフェには飲食店営業許可をそれぞれ食品衛生許可申請として行う必要があります。

営業許可によってはお店の設備や客に提供するサービスやメニューが異なり、お店をオープンした後に更に事業を拡大する場合や、新メニューを提供する場合には必要に応じて営業許可を更に取得しなければなりません。

2. 喫茶店はアルコールメニューが無い

それでは喫茶店営業許可と飲食店営業許可にはどのような違いがあるのでしょうか。

それは、意外にもアルコールメニューの有無に大きな違いがあります。

具体的には、喫茶店営業許可に飲み物やデザートなどの提供する事が許されていますが、アルコール類の提供をして営業する事は認められていません。

それに対して、飲食店営業許可は喫茶店営業許可を除く、料理店や旅館、バー、キャバレーなどといったお店で調理した食品やアルコール類の提供する事が認められています。

しかしながら、喫茶店の看板でお店を出しているのに関わらず、メニューを見てみるとモーニングセットやメジャーなナポリタン、アルコール類なども扱っているお店があるのもよく見かけますよね。

このような場合はお店の看板だけは喫茶店であっても、飲食店営業許可を取った営業形態であるからです。

反対に、見た目はカフェに見えても喫茶店営業許可での営業形態である場合は、アルコール類以外の飲み物と、軽食やデザートのみというメニューしか客に提供する事ができません。

あくまで、どちらの営業許可を取っているかで客に提供できるメニューが変わるのであって、お店の名前や看板が喫茶店とカフェどちらであっても、営業形態には関係無いという事なのです。

尚、喫茶店やカフェのカウンターなどで見かける、既に調理済みのビニールなどで包装されているサンドウィッチなどは別途、食料品等販売業という営業許可を取る必要があります。

3. 世間一般の喫茶店のイメージとは?

私たちが考える世間一般の喫茶店のイメージとはどんなものなのでしょうか。

実際にはそのお店の独特な雰囲気があったりするものですが、何となく共通したイメージが喫茶店にはありますよね。

上の記事でもご紹介したとおり、喫茶店の歴史は案外古いものです。

実際に老舗の喫茶店が現在でも多くの近隣の住民から愛されていて、常連客が通っているのもよくある光景ですよね。

ここからは具体的に喫茶店のイメージについてまとめてみました。

1. 昭和な感じ

喫茶店のイメージと言えばやはり昭和な感じを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

木造の外観やアンティークがレトロ感を更に醸し出して、ノスタルジックな気持ちにさせてくれるのもそんな昭和なイメージととても合っていますし、どこか優しい雰囲気もありますよね。

喫茶店は駅前などに多く見られますが、少し離れたところの路地裏や、住宅街の一角などにも隠れ家的な喫茶店もあったりして、カフェとはまた違った雰囲気が味わえるのも喫茶店ならではなのかも知れませんね。

2. 店内が暗い

喫茶店を実際に利用した事がある人であれば、店内が暗いと感じた事があるのではないでしょうか。

これには幾つかの理由があると言われており、少し店内の照明が暗めの方が精神的にリラックスできる、自然と会話の声のボリュームが小さくなって他の客に迷惑にならない、仮眠を取るのに最適、照明を暗くする事で店側のコスト削減になるなど諸説あります。

真偽のほどは分かりませんが、喫茶店のような落ち着いた空間で一息つきたいという人にはありがたいと感じる人も多いかも知れませんね。

3. ワインレッドの絨毯とダークブラウンの壁

喫茶店の内装と言えばワインレッドの絨毯とダークブラウンの壁を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

そんな内装が暗めの店内との雰囲気とも良く合っていますよね。

老舗の喫茶店では創業当時のものを使用しているお店もあり、オーナーの強いこだわりも感じさせられますし、店内に流れているBGMのジャズとも相性バッチリです。

そんなレトロな雰囲気がを気に入っている常連客が多いというのも頷けますよね。

4. 喫茶店と言えば名古屋?!

日本全国の中でも名古屋は特に喫茶店で有名である事をご存知でしょうか。

名古屋では喫茶店の数が多く、全国平均利用者数でもトップであると言われています。

尚、一世帯あたりにおける年間で喫茶店で消費する金額も1万円を超えるのもごく当たり前なほどで、これは他県に比べておよそ2倍にあたる金額なのだとか。

そして、都心部である名古屋では喫茶店の
激戦区でもあり、現在でも多くの喫茶店で賑わっているのだそうです。

1. 名古屋の喫茶店文化はなぜ発展した?

元々、愛知県では古くから茶道が盛んであり、江戸時代から抹茶とお茶菓子で一服するという風習があったと言われており、西尾市では現在でも抹茶の生産地としても有名です。

その為、愛知県に住んでいる人たちにとってお茶は一つの生活の中の文化として愛され続け、現在では喫茶店文化として発展してきました。

名古屋で見られる多くの喫茶店には、現在都心部などでよく見かける有名コーヒーチェーン店などではなく、喫茶店が殆どです。

また、コーヒーの消費量は全国と比べてそれほど多くなく、喫茶店の消費量が高いのが名古屋の特徴です。

この事からも名古屋人はあくまでコーヒーが好きなのではなく、喫茶店が好きだという事が分かりますよね。

江戸時代から続いたお茶を楽しむ文化が名古屋では現在でも喫茶店としてしっかりと受け継がれているのです。

2. コーヒー一杯の金額でサービス満点のおまけが

名古屋の喫茶店ではごく当たり前になっているお店のサービスですが、知らない人にとっては驚いてしまう内容のものがあるようです。

喫茶店と言えばモーニングサービスを提供しているお店も珍しくありませんが、名古屋の喫茶店では何とコーヒー一杯の金額だけでトーストやゆで卵が選べたり、名古屋の名物である小倉あんなどといったサービス満点のおまけがついてくるのだとか。

尚、名古屋に本店をおいているコメダ珈琲でもモーニングサービスとしてドリンク一杯で定番ゆで卵か手作り卵ペーストか小倉あんの中から一つと焼きたてトーストがついてきます。

名古屋は喫茶店の激戦区だけあって、とっても太っ腹なモーニングサービスを提供しているのですね。

最近喫茶店が若者にも人気な理由とは?

どちらかと言えば、古風な喫茶店よりも今風のお洒落なカフェの方が若者にはウケが良さそうに思えますが、案外最近では喫茶店が若者の間でも人気になっているようです。

一体どのような理由なのか気になりますよね。

ここからは喫茶店が若者の間で人気となっている理由についてまとめてみました。

1. 落ち着く

お好みのドリンクを片手に喫茶店でくつろぐのは、現代の若者にとっても気持ちが落ち着くようです。

喫茶店の店内は何故か客がいてもそれほど騒がしくないというのも特徴です。

また、落ち着いた雰囲気と流れているBGMが更に気持ちをリラックスさせてくれますよね。

そんな落ち着いた喫茶店に一人でふらりと喫茶店に立ち寄るのも良いですし、デートとしても利用している若いカップルも多いのだとか。

お洒落な今風のカフェではちょっと味わえない、喫茶店特有の雰囲気はいつの時代も変わらないようですね。

2. 勉強や読書がはかどる

喫茶店に入ってみると、店内で勉強をしている若い学生や読書にふけっている人をよく見かけますよね。

自宅でもできるものなのですが、実際のところ喫茶店の方がリラックスできたり勉強や読書も集中できてはかどるのだそうです。

これには人間の脳の働きにも関係しており、周囲に雑音が聞こえないよりも、多少他人の話声やBGMが流れている方が実は集中力がアップすると言われています。

また、自宅の場合だと、勉強や読書以外にテレビや趣味など色々な誘惑がある為、つい他の事に気を取られてしまう事もありますが、喫茶店であればそのようなものにも惑わされずに済むというメリットもありますし、せっかくお金を払ってコーヒーを飲んでいるのですから、しっかり元を取りたいという気持ちにもなれます。

それに、自宅では誰にも見られる事はありませんが、喫茶店では他の客や店員の視線を意識する事が適度に緊張感を得られるという人もいるようです。

カフェでも勉強や読書をしている人を見かけますが、喫茶店と比べると少し騒がしいと感じる事が多いというのも理由の一つなのかも知れませんね。

3. ひと昔前よりも価格が抑えられてきた

喫茶店でコーヒー一杯を飲むのと、現在よく見かけるコーヒーチェーン店やカフェで飲むコーヒー一杯とでは価格に差を感じる人も多いのではないでしょうか。

実際に、街で見かける一般的な喫茶店でのコーヒーは一杯400円から500円程度という価格である事に対して、コーヒーチェーンやカフェでのコーヒーは一杯200円から400円程度が現在の相場となっているようです。

この価格を安いと見るか高いと見るかは人それぞれですが、ひと昔前は喫茶店のメニューは現在よりも高額なものでした。

その為、所持金が少ない若者にとっては特に敷居が高いものでしたが、現在では他のコーヒーチェーン店やカフェと比べて差が縮まってきている傾向があります。

勿論、若者にとってお店の雰囲気や場所なども重要なポイントになりますが、どうせなら価格の安い喫茶店を選びたいところですよね。

4. ノマド族が利用しやすい

最近では自宅のみならず外出先でも、手軽に友人や仕事仲間との連絡が取れるようになっていますが、それも携帯電話やタブレット端末などといったIT機器の活躍によるものであり、特に若者の生活では無くてはならないものになりつつあります。

ノマドの語源でもある(nomade)遊牧民のように、彼らは働く場所を自由に選択できるスタイルが特徴です。

IT技術に進化によって近年、ノマド族も増加していると言われています。

そんなパソコンやタブレット端末を用いてライターやデザイナーやプログラマーなどの仕事をしているノマド族にとって、喫茶店はまさに彼らのワーキングスペースです。

その理由として、喫茶店にはノマド族が仕事をするのに必要な環境が整っているという点があります。

パソコンやタブレット端末の電源を確保できるので、バッテリー次第では長時間の仕事も可能ですし、現在では多くの喫茶店にはwi-fi回線の利用可能になっているので、仕事もスムーズに行う事ができます。

但し、喫茶店によっては長時間の利用や、混雑時には制限時間を設けられているケースもあるのでお店や、他の客にも迷惑にならないよう注意が必要です。