誰かとコミュニケーションをとるためには、聴くことと話すことのバランスが重要になります。

このバランスが上手に取れる人はコミュニケーション能力の高い人。

反対になかなかバランスが取れない人はコミュニケーション能力の低い人になってしまいます。

でもコミュニケーションをとる相手によっても接し方は変わってくるので、そのバランスって凄く難しいですよね。

今回はそんな人に傾聴というコミュニケーション方法を紹介していきたいと思います。

傾聴という言葉を聞いたことがありますか?

なんとなく言葉のイメージから、耳を傾けて話を聴くのかな?とイメージする人も多いかと思いますが、実はもっと深い意味のある言葉なんです。

傾聴のメリットや方法を具体的に説明していくので、ぜひ実践してみてください。

傾聴するメリットは沢山!

傾聴することでのメリットはとにかく沢山あります。

これは自分自身ももちろんですが、相手にとってもメリットとなります。

例えば友達が彼氏の不満を言ってきたとします。

「うちの彼はいつも他の女に優しくていて本当に嫌なの。」と。

その一言であなたはいろいろ思うことがあるでしょう。

「それは彼が優しい証拠だよ」「嫌な気持ちを伝えてみたら?」なんてフォローやアドバイスを考えて伝えようとしますよね。

でも本当にフォローやアドバイスが欲しかったら「どうしたらいい?」「どう思う?」と聞くはずです。

そのような質問がなくただ一方的に話している時は、自分のモヤモヤしている気持ちを聞いてほしかっただけなんです。

何も言わずに「うんうん。嫌だよね。」と同調するだけでいいのです。

そうすれば友達の心はすっきりします。

聞いただけのあなたに「本当にありがとう」と感謝を述べる人もいるでしょう。

だから友達関係も良好になります。

信頼関係も深まります。

同調するだけで?と不思議に思うかもしれませんが、実践すると本当にメリットが多いので驚きます。

ここから具体的な傾聴についての説明をしていきます。

傾聴とは?


傾聴とはケイチョウと読みます。

とにかくじっと黙って相手の話を聞くこと。

というのでも間違いではありません。

傾聴とは、相手が話している時に無駄なことを言わずに話を聞くことです。

ただ大切なポイントとしては「相手の話をそのまま受け止めながら話を聞くこと」なんです。

相手が全てを話し終わった時に「自分の話をこの人に受け止めてもらえた」と思ってもらうことが必要です。

「綺麗な虹を見た」と相手が言ったとすると。

どこでどんな虹を見たのか知りたくなるでしょう。

でも傾聴では、このような質問はしません。

相手が綺麗な虹を見たと話したのであれば、どこかで綺麗な虹を見たのだとそのまま受け止めてあげれば良いのです。

それが傾聴です。

「綺麗な虹を見たんだね」と返してあげるのが正解です。

意味

傾聴とは、もともとはカウンセリングにおけるコミュニケーション技術の一つです。

耳を傾けて熱心に話を聞くことという意味があります。

人の話をただ聞くのではなく、注意を払って深く丁寧に聞くこと。

自分が相手に聞きたいことを聞くのではなく、相手の話したいことを真摯に聞く技法です。

傾聴の目的は相手を理解することで、それによって相手が自分自身の理解を深めて建設的な行動がとれるようにサポートすることです。

傾聴は言葉を受け止める他にも、その姿勢や表情や声の調子などにも注意を払い、相手のすべてを理解しようという思いで話を聞くことが大切です。

先ほどの「綺麗な虹を見た」という言葉も目をキラキラさせて嬉しそうに話しているのか。

もしくは切なくて悲しそうな表情で話しているのか。

これによっても受け止め方は変わってきますよね。

それらのすべてを含めて話を聞いて受け止めることが傾聴なのです。

使い方


会話の中では傾聴という言葉を使うことってほとんどないですよね。

「私はあなたの話を傾聴するね!」なんて断言してから聞く人なんていません。

使い方としては「それは傾聴すべきお話しです」といったり行動を示す言葉として「静かに傾聴しました」なんて伝えたりすることがあるでしょう。

類義語

傾聴の類義語は「聞く」「聴く」の他に「ご清聴」「拝聴する」という言葉があります。

・ご清聴
ご清聴は聴く人のことを敬う表現の言葉です。

スピーチや発表などで、自分の話を聞いてくれた人に対して「ご清聴ありがとうございました」と述べることが多いです。

単に「静聴」という言葉だけだと、静かに聞くことを意味しています。

同じ読み方ですが、漢字が異なるので注意してください。

・拝聴
拝聴とは聞くことの謙譲語です。

聴くことをへりくだって使います。

使い方としては「ご意見を拝聴いたしたく伺います」というように目上の人などの話を自分が聞かせてもらうという表現となります。

対義語

実はこの傾聴には辞書に登録されているような対義語は存在しません。

ただ対義語に近いと考えることのできる言葉を紹介していきますね。

まず傾聴とは耳を傾けて深く話を聞くことです。

つまりこの対義語とは、軽く話を受け流すことですね。

それを表現する言葉としては、そのまま「聞き流す」あるいは「無視」という言葉が出てきます。

他にも四文字熟語にはなりますが「馬耳東風」という言葉が傾聴の類義語に当てはまります。

馬耳東風とは、人の話をまともに聞こうとしないこと。

まさに傾聴する姿勢とは反対といえるでしょう。

傾聴のメリット

最初に傾聴することには聞き手にも話し手にも大きなメリットがあることをお伝えしました。

では具体的にどんなメリットがあるのでしょうか。

ここからは傾聴することで得られるメリットを聞き手と話し手とそれぞれの立場で紹介していきたいと思います。

聞き手

まずは聞き手、つまりは傾聴する側の人に得られるメリットです。

聞き手は傾聴をします。

相手が話していること、そしてその姿勢や表情から、何を話していて何を受け止めてほしいのかを深く丁寧に受け止めます。

決して話を遮ることはせず、また否定もせず、質問をしてもいけません。

ありのまま話していることを受け止めるのです。

これによりどんなメリットがあるのでしょうか。

相手を理解できる

傾聴をすることは、相手を知ろうとすることです。

今までは相手の表面的な部分だけしか見えていなかったかもしれません。

しかし傾聴することで相手の本質まで見えることも多々あります。

例えば相手の失恋話を傾聴したとします。

普通に聞いているだけでは「失恋して可哀想」くらいにしか思わないでしょう。

しかし傾聴することで相手の痛みまで感じることができます。

「すごく好きな人がいたのね」「とてもいい恋愛ができていたんだな」「この恋を失ってつらいだろう」と相手の背景も含めた色んなことを理解することができます。

また傾聴をすると、話している方が必要以上に話しやすくなります。

きっとその雰囲気に話をもっと聞いてほしいという気持ちになってくるのでしょう。

通常であれば人には話さないような深いことまで心を開いて話してくれるようになります。

そこでより相手のことを深く知り、理解することができるのです。

人間関係が良くなる

傾聴することで相手との人間関係はとてもよくなります。

ただの仲良しという関係から信頼という強い絆も生まれます。

まず話を聞いてもらっている相手は傾聴してくれた人に対して心を開きます。

「この人は私の話を真剣に聞いてくれる」「この人は私の意見を受け止めてくれる」「また何かあった時にはこの人に私の話を聞いてほしい」「この人に何かあった時には私が助けになってあげたい」
このような色んなプラスの感情が出てきます。

つまり相手の存在意義を認めて必要であり大切な人となり信頼関係が生まれるのです。

自分が真剣に話しているのに、携帯をいじりながらなんとなく聴く人。

一方で目を見て理解しようしながら聞く人。

どちらが信頼できるかといえば一目瞭然ですよね。

親身になることでどんどん人間関係が良くなるのです。

適切なアドバイスができる

傾聴することはアドバイスは必要としません。

ただ聞いてあげることが目的ですので、そこでアドバイスをしてしまうと傾聴ではなくなってしまいます。

しかし相手があなたに「どうしたらいい?」とアドバイスを求めてきた時には、あなたが考えるアドバイスを返してあげることが必要になります。

先ほどの失恋話で考えてみましょう。

ただ失恋したという話をなんとなく聞いていた場合は、そのアドバイスなんて人並みのことしか言えないですよね。

「時間が解決してくれるよ」「男なんて他にもいっぱいいるよ」「たくさん泣いてすっきりしてね」なんて、誰にでも当てはまりそうなことしか言えないですよね。

でも傾聴していたらどうでしょうか。

この人はどんな恋愛をしてきたのか。

そしてどんな別れ方をしてしまい、今どんな気持ちでいるのか。

これらを理解しているわけです。

失恋にも様々な形がありますが、この場合の形をきちんと見極めることができているのです。

だから相手にあった適切なアドバイスができます。

「まだ諦めないでもう少し頑張ってみてもいいと思う」「あの彼は今は何もしないのが一番だと思う。

その間にあなたも少し視野を広げてみて1年たっても好きだったらもう一度アタックしてみるのはどうかな」など。

具体的で適切なアドバイスが浮かんでくるのです。

もちろんそれが正解かどうかはわかりません。

しかしありきたりではない具体的なアドバイスができるのは良いことですね。

信頼関係ができる

先ほどの人間関係が良好になることでもお伝えしましたが、傾聴することで信頼関係ができます。

そしてそれは深いものとなるでしょう。

信頼とは、字の通り相手を信じて頼ることです。

自分の話を自分のことのように真剣に聞いてくれる人に対して信頼感を抱くのは当然ですよね。

この人なら自分の話を真剣に聞いて受け止めてくれる。

少し恥ずかしい話でも、情けない話でも話してみよう。

信じてみよう。

そう思うことができるのです。

今までは上辺だけの付き合いであった人とも、傾聴することで関係は深くなります。

そしてお互いの信頼関係がうまれて良好な関係を築いていくことができるのです。

話し手

続いては話し手のメリットです。

傾聴してもらう側にも大きなメリットがあります。

傾聴してもらうことでどんな良いことがあるのでしょうか。

具体的なメリットについてみていきましょう。

自分自身に対する理解が深まる

傾聴をしてもらうと、一人で考え込むよりも自分自身を理解することができます。

これは一度誰かに話すことで物事を客観的に考えることができるからです。

考え事をする時って頭の中がごちゃごちゃしていますよね。

だから解決策が見つからずに余計に混乱してしまうことがあるのです。

でも人に聞いてもらう時って上手に頭の中を整理しながら話すことができるのです。

さらに傾聴とは、相手が自分の言葉を繰り返して聞いてくれる場合が多いので、自分で言った言葉を相手がもう一度復唱してくれます。

そうすることで客観的に整理された状態で話を頭に入れていくことができるので、話し終わった時に自分自身のことをより理解している状態になるのです。

相手が何もアドバイスをしていないのに、話しただけで自分で解決策を見つけることもできてしまいます。

承認欲求が満たされる

誰かに何かを話す時は、誰しもが承認欲求というものを持っています。

これは「自分のことを認めてほしい」という気持ちです。

この気持ちがない時にはそもそも人に話をするということをしません。

今SNSが流行っているのも承認欲求からくるものといえるでしょう。

今日あった出来事などをSNSにアップして人から「いいね!」をもらうことで自分が認めてもらえたような気持ちになるのです。

その欲求を満たすために、カワイイ画像を撮影するのに必死になっている人が多いのです。

傾聴をしてもらうと、自分の話すのすべてを受け入れてもらえます。

そうすると承認欲求が満たされてとても良い気持ちになります。

「私は認めてもらえた」「私のことをわかってくれた」その承認してくれたことが嬉しいのです。

物事が解決していなくても承認してくれる人がいるという事実だけで話し手にはメリットになるのです。

判断力が身につく

頭が整理されてない時や悩んでいる時は、正常な判断ができなくなることがあります。

あとで落ち着いて考えた時に「なんであんなことしたんだろう」と自分でも不思議になることってありますよね。

会社で凄く嫌な上司がいて、傷つくことを言われたとしましょう。

家に帰って悔しくて涙しますよね。

そうするとすべてが嫌になってしまい、勢いで辞表届を書いて提出してしまったりします。

ついでに社内恋愛していた彼とも別れたりと思い切った行動に出てしまうこともあります。

これは正常な判断ではないですよね。

勢いでしてしまったもので、判断力がなかったのです。

もし傷ついた日に傾聴してくれる相手がいたらどうでしょうか。

嫌な上司のことや、言われたことを聞いてもらうのです。

一通り話すとすっきりしますよね。

そして「あんな器の小さい上司の言うことなんて受け流せばいいんだ」と思えます。

今は会社を辞めるべきではないこと。

つまらない人のせいで大切な彼と別れる必要はないことに気付くことができるでしょう。

これが正常な判断です。

傾聴してもらうことで判断力を身に付けることができます。

だから間違った判断で後悔することもなくすことができるのです。

考える力の強化

人に話すのって凄く脳を使います。

特に傾聴してもらう時は、相手は黙って聞いてくれているので基本的には自分から話を発信していかなければいけません。

話の順序を組み立てて、相手が聞きやすいような構成で伝えていくのです。

考える力をフルに使って話すことになるでしょう。

だかたこそ傾聴をしてもらうことで考える力を強化することができます。

誰にも話さずに一人で考え込んでいるだけでは、実際は脳をあまり使っていない状態になってしまうので考える力を衰えさせてしまいます。

どんどん人に傾聴してもらい、自分の考える力を強化していきましょう。

傾聴で必要なスキル

傾聴することのメリットを知ったところで、実践編です。

傾聴の意味とは「相手の話を真摯に深く丁寧に受け止めること」ですが、そのために必要なこととは何でしょうか。

考えるのは簡単ですが、実際に傾聴してみようと思うとなかなか難しいものです。

そこで傾聴に必要なスキルを紹介します。

ペーシング

ぺーシングとは、相手に「私はあなたの味方です」と効果的に伝えることのできるコーチングスキルです。

ぺーシングをすることで立場の違いなどを気にせずに話しやすい関係にもっていくことができるのです。

ぺーシングの方法は話し方や身振りなどを相手に合わせることです。

具体的には相手が笑えば笑う。

驚いた時には驚く。

悲しそうにしたら悲しそうにするということです。

同じような言葉をつかったり、口調や話のテンポを合わせることも大切です。

声の大きさやトーンも合わせましょう。

また反対に相手が怒っている時には、あえて萎縮したように振る舞うこともぺーシングの一つです。

このようにすることで話し手は「自分の意見に同調してくれている」「自分の話に理解を示してくれている」と思うことができるのです。

例えば悲しそうな顔で悩みの相談をされた時は、同じように悲しそうな顔をして話を聞きましょう、相手がゆっくりと話しているのであれば、相槌も同じようなスピードで「うん。うん。」とゆっくりしましょう。

相手が水を飲んで休憩した時にはあなたも水を飲みましょう。

相手が暑いそうに汗をふいていたらあなたも汗をふきましょう。

口調や動作を何気なく合わせることで、仲間意識や信頼関係、それに安心感が生まれます。

それがぺーシングという方法です。

オウム返し

オウム返しとは、オウムのように言った言葉をそのまま反復させることです。

よくキャバ嬢なんかはオウム返しをしておけばナンバー1になれるとも言われています。

それくらい相手の心をつかむのに効果のある方法なんです。

例えば「今日は仕事で嫌なことを言われたんだ」と相手が言った時。

「仕事で嫌なことを言われたんだ」と繰り返します。

「お前はダメな奴って言われた。ひどいと思わない?」と相手が言った時。

「お前はダメなやつって言われたのね。それはひどい。」と。

とにかく相手の言葉を復唱するようにして伝えるのです。

オウム返しには3つの種類があるので簡単に説明していきますね。

・そのままオウム返しパターン
これは相手が言ったことをそのまま復唱する一般的なオウム返しです。

「うちの旦那は家事しないからストレスがたまる」
「旦那さん家事しないなんてストレスたまるね」
まさにそのまま共感しているタイプですね。

・変化球型オウム返しパターン
そのまま復唱してしまうと、オウム返しとバレバレなので少し変化球をつけたオウム返しにするものです。

「うちの旦那は家事しないからストレスがたまる」
「家事してくれない旦那って嫌だよね」
結局は同じ意味なんですが、表現方法を少し変えることで自分の意見だけどあなたと同じことを思っていますということをアピールすることができます。

営業なんかでも使える手法ですね。

・実は違う意見だけど不快にならないオウム返しパターン
「うちの旦那は家事しないからストレスたまる」
「旦那が家事しないとストレスたまるよね。

でも無駄に手を出されてもイライラしちゃうけどね」
これは結局は旦那が家事をしなくても良いと考えているので反対の意見なんです。

でも最初にオウム返しをして相手に共感をすることで反対の意見でも同調しているように感じます。

だから相手も妙に納得してしまうというわけです。

あなた自身がどんな意見を持っていても否定から入ることは相手に不快な思いを与えます。

特に傾聴する場合には向いていません。

傾聴とは相手の話をそのまま受け止めることです。

つまりここでいうオウム返しはそのまま復唱する方法を使ってください。

相手の話をそのまま復唱することで、話している本人も自分の話の理解を深めることができるでしょう。

パラフレーズ

パラフレーズとは、原文の語句を別のやさしい言葉に置き換えることをいいます。

つまりは別の見方で物事をわかりやすく表現して言い換えることをパラフレーズというのです。

「彼は彼女と結婚をした」という言葉は「彼と彼女は夫婦になった」と置き換えることができますね。

同じ意味で同じ現象を表現しています。

相手が「彼は彼女と結婚したのよ」と話した時に「そうなんだ!彼と彼女は夫婦になったのね!」と言い換えて答えることができれば、「そうそう!夫婦になったのよ」と話し手も聞き手も理解を深めます。

自分の話をパラフレーズしてくれたことで、受け止めてくれたと感じることもできるでしょう。

パラフレーズは相手の話を深く理解しないとすることはできません。

だからこそ傾聴することが必要となるわけです。

「睡眠不足なのは、前の彼のことを考えてしまうからなの」という言葉をパラフレーズするのであれば「前の彼のことを考えると眠れないのね」と言い換えて伝えましょう。

理解を深めて言い換えるのは傾聴のポイントとなるのです。

傾聴力を高めるコツ

傾聴力を高めていくにはコツがあります。

傾聴しようと思ってもなかなか上手にできないという人はこのコツを抑えてくださいね。

聞くことに時間を割く

傾聴は思いのままに話してもらうことです。

それは5分で終わる話かもしれませんし、1時間かかる話かもしれません。

話しているうちに長くなることも考えられるので、その時間は予測できません。

つまり傾聴しようと思った時に時間を気にしてはいけません。

何時間であろうと満足するまで話してもらうために時間を割くことが必要です。

予定があるからと時計ばかり気にしているようでは、話している相手も申し訳なく感じて話をやめてしまうでしょう。

傾聴する時には時間を気にせずに時間を割くことが必要です。

視線を合わせる

人が話をしている時に別のところを見ているなんて有り得ませんよね。

例えば聞いていたとすてもテレビや携帯を見ながら相槌をされては、話し手は話す意欲がなくなってしまうでしょう。

必ず相手と視線を合わせてください。

その目の動きや表情からも読み取れることはたくさんあります。

ずっと視線を合わせるのは疲れてしまうという場合は、時折視線を落としてみたり首元に視線を送るのでも良いでしょう。

とりあえず姿勢は相手の方を向くことです。

横並びに座っている場合でも、身体の向きはなるべく相手の方を向けて視線を合わせるようにするのが傾聴するときのコツとなります。

頷いたり、相槌を打つ

深く丁寧に相手の話を聞くあまりに相槌や反応を忘れてしまう人がいます。

そうすると相手は自分の話に自信がなくなってしまい、最後まで話すのをやめてしまう場合があるのです。

必ず話の途中で相槌を打ちましょう。

特別なことを言う必要はありません。

「うん。うん。」とうなずくだけでも十分です。

相手が少し悩んで言葉につまっているようであれば「ゆっくりでいいよ」と促してあげるのも良いでしょう。

息継ぎもなく一生懸命に話を続けているのであれば頷くだけでも良いです。

相手の目を見打て目を伏せながらゆっくり頷いて話を聞いてください。

それだけで話し手は安心して話を続けることができます。

「ちゃんとあなたの話を聞いているから安心してね」というメッセージにもなるので忘れないようにしてください。

先読みしない

相手の話を聞いていると先が見えてくる時ってありますよね。

ネタでいうところのオチがわかってしまうような・・。

わからない場合は推理小説でも読むように続きの話を予想してしまうこともあるでしょう。

でも相手の話を先読みしてしまうと、あなたの頭の中では先読みの色んな想像でいっぱいになります。

つまりはその時に話している相手の話は意識半分で聞いている状態になってしまうのです。

相手の話は推理小説ではありません。

先読みをする必要はないのです。

その時話している一言一言を漏らさずに聞いてあげることが傾聴です。

余計な詮索は傾聴には必要ないのです。

話を遮らない

相手の話を聞いていると「?」と感じることってありますよね。

そうするとつい相手の話を遮ってその疑問を伝えようとしてしまいます。

例えば「昨日は雨が降っていたのに傘を持っていなくて・・」なんて話があった時、あなたは「昨日は一日晴れていた」と感じたとします。

その場合相手に「昨日は雨降っていないよね?」と言いたくなってしまうでしょう。

もしかすると日付を勘違いしているのか、違う地域にいたのかもしれません。

しかしそれは遮ってはいけません。

傾聴とは、相手の話をそのまま受け入れることです。

話している人が雨が降っていたと話し手いるのであれば、あなたは雨が降っていたのだとそのまま受け止めましょう。

それぞれの場面で小さな疑問を見つける必要はないのです。

疑問が出るから相手の話を遮ってしまうのです。

相手が言ったことをそのまま自分の中にインストールするのが傾聴です。

それを忘れずに話を聞くようにしましょう。

考えを押し付けない

あなたにはあなたの考えというものがあるでしょう。

その考えは話し手とは正反対の場合もあります。

「僕は仕事では上司の意見だろうと無視して自分の意見を貫き通したい」とあなたが考えているとします。

でも話し手は「仕事では上司の意見を聞き入れる」タイプだとします。

そうするとあなたは「上司の意見なんて聞く必要ないよ」と主観的な意見を述べてしまうでしょう。

しかしそもそもの考えが違うのですから、あなたの意見を押し付けられると話し手は自分の考えを否定されたような気持ちになります。

そうするともうあなたに話すことをやめてしまうでしょう。

傾聴とは、自分の考えを押し付けることではありません。

新しい意見を述べることでもありません。

話し手の考えや意見を受け止めて聞くことです。

たとえそれが自分の意見とは異なる場合でも、否定してはいけません。

その考えをそのまま受け止めてあげましょう。

話し手が仕事では上司に逆らうことはしないというのがモットーであれば、そのまま受け止めれば良いのです。

否定しない

これは傾聴をする上で一番してはいけないことです。

話をしているのに否定されてしまうと信頼関係が築けるどころか、壊れてしまうでしょう。

99%その人の考えが間違っていると思っていても、否定するような発言をしないでください。

あくまでも行っているのは傾聴です。

相手を正すことが目的ではありません。

よく妻の愚痴を聞く旦那が、妻の話を否定して喧嘩になるということがあります。

妻はただ聞いてほしくて話しているのに、それを否定されてしまうともう話す気が失せてしまいます。

例えば子供が悪戯をして怒ったという話を旦那にしたとします。

ただ聞いてほしかったのに旦那が「それはお前が目を離していたからじゃないの?」なんて言われたり「でもそれくらいの悪戯なら怒らなくてもいいんじゃない?」なんて否定するのです。

そうすると妻は自分のことをすべて否定されたような気持ちになりますよね。

「だったらあなたが子育てしてよ!!」と怒り爆発となり、夫婦関係は悪化してしまいます。

「悪戯して怒ったんだね」とオウム返しをしておけば、妻は満足するのです。

それが傾聴なのです。

余計な意見や否定する発言は絶対に口に出さないようにしましょう。

傾聴力を向上させて信頼関係を築こう!(まとめ)

傾聴力は話し手にも聞き手にもメリットがたくさんのコミュニケーション技術ということがわかりました。

難しいことのようにも思えますが、大切なのは相手の話を聞こうと思う気持ちです。

その強い気持ちが傾聴につながるのです。

相手のことを大切に思っていない人は、その人の話も大切にできないでしょう。

そうすると受け流すように話しを聞いてしまい関係も悪化してしまうのです。

傾聴力を向上させることは多数の人とコミュニケーションをとるのに必要なことです。

また信頼関係も築くことができます。

傾聴で信頼関係を築けるようになっていきましょう!