自分の考えや感性がどこから来たのかはご存知ですか?
 人間は誰もが感化を受けて育ってきています。

自分一人の考え方だと思っているものも、色々な影響を受けたうえで作られた「自分」が考え出したものでしょう。

生きていく上では色々な物事や色々な人に出会い、それが影響を及ぼして人間を作っていくのです。

そうでもなければ、人間はなかなか成長することができませんよね。

これは、人間の形成過程でも起こりますが、ある程度自分の考えというものを持ってしまった大人になってからも怒るでしょう。

自分の考えがある物事に影響を受けて変わることを感化されるといいますが、それでは、この感化とはどのような瞬間に起こるのでしょうか。

また、感化されやすい人というのはいるのでしょうか。

感化することに対する悪影響はあるのでしょうか。

人間が生きていく上では切っても切り離すことのできない「感化」について詳しく見てみることにしましょう。

️感化されるとは

 物事に感化されやすい人間はどこにでもいます。

感化されるというのは悪い意味で言われることもありますが、良い絵京を感じることもよくあるでしょう。

それでは、そもそも感化されるというのはどのような状況になるのでしょうか。

自分という人間を成長させる上に置いて、感化の影響というのはどのよなものがあるのでしょうか。

人間は誰でも、多かれ少なかれ色々なものに感化されて生きています。

生きているうえでは欠かせない「感化」という現象について、まずは詳しく見てみることにしましょう。

影響を受けて自身が変わること


 感化されるというのは、影響を受けて自分自身が変わってしまうことを言います。

良い物事であれ、悪い物事であれ、強烈に心が動いたとき、そこに影響が発生します。

それはとても大きなエネルギーですし、時には人間を変えてしまうほどのものもあるでしょう。

これには例えば、芸術品のようなものもあれば、周囲の人間の行動で会ったりもします。

こうした強いエネルギーを持った物事に接した時に、変わらずにいられる人間はそう多くありません。

多かれ少なかれ、何かに接して、それに対して心が動いてしまうと、そこで影響され自分がいることに気付くのではないでしょうか。

ここで影響されて変わってしまうことを「感化」と言います。

物事に「感」じ入って感動して、それによって自分自身が変「化」勘するのですから、「感化」と呼ぶのです。

考え方が変わる

 感化によって変わるものはたくさんありますが、まず変わりやすいのは考え方ですね。

物事に対する考え方は日々変化しています。

昔は受け入れられなかったものが、ちょっとずつ受け入れられるようになるということもありますよね。

また、子どものころには純真だった考え方が、だんだんと擦れて物事を斜に構えてみるようになってしまったということもあるのではないでしょうか。

自分自身の中でも、色々な物事に接していると考え方はどんどん変わっていきます。

子どもの内は頭が柔らかいので、周囲の様々な物事に感化されて考え方が日々変わっていくのが第三者の目線から見ると分かるでしょう。

大人になって、若干頭が固くなってしまった状態であったとしても、強烈なエネルギーを持った物事に出会うと、感化されてしまうのは子供のころと変わりありません。

物事に対する考え方というのは、すぐに変わってしまうものなのです。

価値観が変わる


 価値観は考え方よりは変わりにくいものだといわれていますね。

ですが、それでも、やはり強く心が動いてしまったときには、感化されて変わってしまうもののうちの一つです。

物事に対する価値観は、人の行動を決めるものですから、そう簡単に変わってしまっては困るはずです。

ですが、一晩にして価値観が変わるほどの強い感化を受けることも、そう珍しいことではありません。

価値観が変わってしまうと人間が変わったように思えてしまいますが、強い影響力を持ったものに出会ったのなら、それも仕方ないのでしょう。

この価値観には色々なものがあり、例えばお金に重点を置いて生きてきた人間が、ある物事に出会ったことで、いきなり愛に重点を置いて生きるようになることもあります。

また、強い政治観に晒されたことで、大事に思っていたものが全く異なってしまい、価値観が変わってその政党を支持するようになるということも十分に考えられるでしょう。

感性が変わる

 感性が変わるということもあります。

感性とは言葉では説明できない人間の好みなどを指しますよね。

言葉では説明できない人間の好みというのは、言葉では説明できるレベルではないという分だけ、変わりにくいものだといわれています。

ですが、これもやはり、色々な物事に感化されて変わってしまうのです。

例えば、今まで赤を好んでいた人間が、赤を嫌う人間に出会う、もしくは強烈にモノクロのものを使いこなしている人間に出会うことで、感化されてモノクロばかりを好むようになるというのはよくあります。

感性自体はそう簡単に説明することができませんが、「それを好む理由」を与えられると、好みはすぐに変わります。

感化されるのは自分の感性であり、さらに「好む理由」を与えられているからだと考えると、何となく完成までも変化してしまうという現象を理解できるのではないでしょうか。

行動が変わる

 感化されることによって、価値観や考え方、そして完成までもが変わってしまうものです。

これらは人間のアイデンティティを作るものでもありますよね。

アイデンティティが揺らぐ、自分の性質を作り出すものが変わってしまうということは、それに伴う行動も変わるということになります。

ある日いきなり行動が変わった人間のことを見たときには、何かに感化されて、行動よりも深い部分での変化があったので花井かと思って見ると面白いですね。

ただし、行動の場合には、表面的にそれを真似してしまうということも考えられるでしょう。

例えば、好きな人の持っている癖や、映画の中で見たカッコいい主人公の仕草というのは、すぐにまねできる部分ですよね。

そうしたものに影響を受けて、小さな仕草が感化されて変わるというのは、自分自身でも何となく自覚があるのではないでしょうか。

人生が変わるような出来事

 大きく感化されるような物事というのは、人生が変わるような出来事と考えることもできますね。

極端に感化されやすい人を除いては、人はそう簡単に変わることはできません。

小さくは日々変化していくものではありますが、自分自身の根幹を買えるほどのことは、子どもでもなければそう簡単に起こらないのです。

人間は年を取れば歳をとるほどに、頭が固くなっていってしまいます。

そのため、自分の考え方を変えられなくなるからです。

ですが、成人してだいぶ自分という人間が出来上がってしまってから大きく感化されるようなことがあれば、それは、もう既に人生が変わるような出来事があったと考えるべきでしょう。

振り返ってみても、それが自分のターニングポイントだったと思えるような出来事に違いありません。

感化されるというのは口で言うのは簡単ですが、人間をも変える力を持っていますし、ある人の人生を大きく変えるような出来事にもなるのです。

怖いと感じる方ももしかしたらいるかもしれませんね。

️感化されるきっかけになる10個のこと

 人の人生を変えるほどのきっかけとなる出来事に関しては、どのようなものが考えられるのでしょうか。

人の考え方も価値観もすべてを変えてしまうためには、とても大きな出来事が必要になりますよね。

感化されるきっかけになることについてまとめてみました。

本やマンガを読んで

 本や漫画を読んで人生を変えられたという人はとても多いように思えます。

本や漫画の中にはメッセージ性が強いものがとても多くあります。

人に影響力を与えようとして書かれている本もありますから、それに心が共鳴してしまえば感化されてしまうこともあるでしょう。

そもそも、ペンは剣よりも強しと言われるように、言葉の力にはとても大きなものがあるのです。

言葉で世界を変えられるように、本や漫画の言葉に人生を変えられる人が多くてもおかしくはありません。

もちろんそれは、心の琴線に触れた場合だけですが、登場人物の生きざまに共感してつい、表面的にも真似をしたくなってしまうというような感化のされ方はよくあるのではないでしょうか。

もちろん、人間的な生き方に感化されて、自分の将来の道を決めてしまうという人もいるでしょう。

【本を読むことについては、こちらの記事もチェック!】

ドラマや映画を見て

 ドラマや映画もメッセージ性がとても強いですね。

人の心を動かすものを作ろうと思っている人がたくさんいますから、そういったものに共鳴してしまうと、その映画に感化されることがよくあるでしょう。

言葉の力もとても強いですが、視角から入った情報というものもとても大きなものとなるはずです。

映画の中で登場人物がしていたようなしぐさを真似したり、生き方の見本を得たりと、人によって感化のされ方には違いがありますが、多かれ少なかれ影響を受けるということには違いありません。

よく「人生を変える一本」というように映画を紹介しているコラムなどがありますが、実際に映画やドラマに人生を変えられたという経験をしたことがある人は少なくないのではないでしょうか。

音楽を聴いて

 音楽を聴いて、その感性に感化されたということがある人もいるでしょう。

音楽も人の心に直接的に届くものがあります。

自分の感性に合わない音楽があるのは事実ですが、その一方で、ビンビンと心が震えるような音楽に出会うこともあるでしょう。

そのメロディもそうですし、歌詞に感化されて何となく自分の生き方が変わってしまうということもあるかもしれませんね。

音楽には具体的な生き方が表示されていることはないかもしれませんが、心に届く力が大きいので、人の人生を変えるほどの影響力を持っているといえるのです。

人の意見を聞いて

 人の意見を聞くことが人生を変えるきっかけになることもあります。

もちろん、アドバイスという形もありますが、誰かが意見を語っている姿や声も含めて影響を受けて感化されるということがあるでしょう。

そうした人の意見を聞くことで変わるのは、主に考え方の面です。

誰かの意見を聞いて考え方が少しずつ変わるのはよくあることですが、一気に変わってしまった場合にはやはり、「感化している」という言葉で表現されることが多いのではないでしょうか。

人生論を聞いて

 誰かの語る人生論というのはとても重みをもった話であることが多いものです。

作られたお話ではなく、誰かが経験してきた人生を聞き、その上で得たものを聞くというのは、人間にとっては大きな影響力を持っています。

人間は未来を先取りすることができませんから、参考にすることがあるとしたら、先を生きた人間の言葉であるはずなのです。

そのため、誰かの作ってきた人生論とは、自分の人生を変えるほどの缶火力を持っている可能性がとても高いですね。

特に、その人が生きてきた人生観が同じで会ったり、境遇が同じ場合には感化されてしまう人も増えるのではないでしょうか。

人生論を下さらないと思っている人もいますが、少なからず人間には影響があるものですし、関係ないと思って聞いていた人生論に魂を揺さぶられるという経験をしたことがある人もいるようですよ。

お説教されて

 お説教されて感化されてしまう人も少なくはありません。

お説教されると腹が立ってしまうという人もいるかもしれませんが、上手なお説教をされた場合には、思わず自分の人生を振り返ってしまうということもあるでしょう。

思わず、お説教してくれた言葉に感化されて自分の人生の航路を変えてしまうという人もいるでしょう。

 さらに、お説教はお説教でも周囲の人の善意からくるお説教だけではなく、宗教的なお説教もありますよね。

宗教的なお説教の場合には、その人を導こうというエネルギーがありますから、それに感化されてしまう人はとても多いのではないでしょうか。

お説教はその人を感化しようとして言葉を出している分だけ、感化しようとするエネルギーが大きくなっているのではないでしょうか。

ビジネスで稼いでる人を見て

 ビジネスで稼いでいる人を見ると、思わずそちらに感化されてしまう人もいるでしょう。

やはり稼いでいる人というのはすごく輝いて見える人ですし、稼いでいるという結果が出ていることがまずすごいと考えてしまう人が多いのです。

やはり見える結果が表れていることが一番ですよね。

さらに、自分も稼ぎたいと思っている人なら、その人の生き方を真似たいと思ってしまうでしょう。

ビジネスで稼いでいるというのは、分かりやすく目標としやすい分だけ感化されやすいのではないでしょうか。

感化されて、その人が取っているようなビジネスの戦略をなぞってしまう人もいるかもしれませんね。

だからこそ、啓蒙書のようなものが現代には流行っているのかもしれません。

オリンピックを見て

 オリンピックなどを見て分かりやすく感化される人もたくさんいるようですね。

オリンピックは、天才的な能力を持っている人が、さらにその能力を常人には理解できないような辛い努力で磨いて、それを競っているような場です。

当然のように場も緊張しますし、世界トップレベルの人が自分の能力で戦っているところを見ると、血が燃えない人はいないでしょう。

そういった、人が努力している姿を見て感化される人は多いでしょう。

自分も自分のできることを頑張ろうと思うことができるようになるのです。

人が頑張っている姿を見ると、良い方向に感化される人が多いというのは魅力的ですね。

友人が結婚して

 友人が結婚したことに感化されるのは、どの年代でもあるのではないでしょうか。

自分にはまだ早いと思っていても、同じ世代の友人が結婚している姿を見ると、どうしても焦ってしまうでしょう。

結婚願望がゼロの人にとってはそれほど影響はないかもしれませんが、やはり結婚願望がある人にとっては、その感化され方は嫌なものかもしれませんね。

年齢的な亜s利を感じることもあるかもしれませんし、羨ましいと思ってしまう人もたくさんいます。

最近では晩婚化が進んでいるといいますが、それを必ずしも受け入れている人ばかりではありません。

焦りを抱く人がたくさんいる中で、友人の結婚というのは、焦りを増長するような影響力を持っているはずです。

友人が出産して

 友人が出産した時に、その姿に感化される人は多いようですね。

この感化は色々な方向に行くようです。

まずは、自分も母親になりたいと思う人が多いでしょう。

女性としては、やはり、女性にしかできないことをしてみたいと思う人が多くいます。

また、母性本能を刺激されて、自分も子供を持って家族を増やしたいと考えてしまうのではないでしょうか。

他の方向としては、子どもの持つエネルギーや、自分の友人が母親になったというところから、命の繋がりを感じて、それに感動してしまう人もいるでしょう。

命の誕生を見届けると、自分が生かされている事実に気づいて、色々なものに感謝したくなってしまう人もいるのです。

どちらにしても、ポジティブな方向への缶かだということが分かりますね。

️感化されやすいのってどんな人?

 感化されるのはとても良いことである一方で、あまり良くない影響もうけてしまうということもあるため、必ずしも良いことではありません。

その一方で、感化されることによって本当に良い影響を受けることもあるので、何かに感化されることができる人がうらやましいということもあるようですね。

ですが、全員が全員、感化されてしまう人ばかりというわけではありません。

中には、全く感化されずに自分の道を行ってしまう人もいるでしょう。

それでは、どのような人が色々な影響を受けて感化されてしまうのでしょうか。

感化されやすい人に共通するような特徴について詳しく見てみることにしましょう。

流されやすい人

 流されやすい人は何かに感化されやすい人ですね。

そもそも、あまり流されない人はほかの人の生き方に対して流されるようなことはありません。

流されなくては、自分の生き方を変えることは難しいのです。

性格を変えるのは難しいといわれていますが、それは自分を変化させることがいかに難しいかということを表しています。

ですが、流されやすい人なら、その場の雰囲気や、良いと思ったものに流されて簡単に意志を変えてしまうことができるのですから、感化されて影響を受けてしまうというのも納得できるでしょう。

流されやすい人の場合には、それが良いかどうかも分からずに「何となく」で流されてしまうことが良くあります。

何となく流されるようなことになるのは避けて、しっかりと生きている人の場合には、相当に意識しないと良い方向からの影響でさえも強く受けることができないような印象がありますね。

信念が弱い人

 信念が弱い人も喧嘩されやすい特徴があるようです。

信念が強い人「自分の信じているもの、目標を常に頭において行動することができる」というような意味になりますよね。

きちんと信念が強い人は、自分の信じているものが正しいと思っていますので、どこか頑固にそれを譲ることがありません。

一方で、信念が弱い人の場合には、信念が強い人に比べて、自分のやり方を譲ってしまうようなことが多くあります。

特に信じているものや、目標がはっきりしていないような場合にも、流されやすくなっているのではないでしょうか。

信念が弱い人の場合には、これが良いと信じているものがないというようにも考えることができますので、要するに、良いと思うものがあれば簡単にそちらの方向に行ってしまうことができるということにもなりますね。

信念が弱いというとネガティブな意味になりますが、ある意味で、良い影響を受けてすぐに変わることができる人だという解釈をすることもできるかもしれません。

一方で、信念が弱いために、すぐに悪い影響を受けて道を誤ってしまうということも言えるかもしれませんね。

柔軟性のある人

 柔軟性のある人も、とても感化されやすい性格をしているということができるでしょう。

感化されやすい人は、柔軟に物事を考えて発想を変えることができるために、すぐい良い方向に向かって自分自身を変えることができるのです。

それに対して、頑固な人の場合には、自分のやり方に固執しているようなところがあるため、そう簡単に感化されてやり方を変えるようなことはできません。

柔軟性のある人なら、そうではありませんよね。

感化を受けて考え方を変えると、それに即した方法をすぐに取ることができます。

そもそも、感化されるということには、受け入れるということが必要です。

それが良いものであると心の中で認めることが必要なのです。

この「認める」ということは意識的に行われるのか、無意識に行われるのかは分かりません。

どちらにしても、心の憶測で認めていなければ、そちらの方向に変えようとは思えないはずです。

それを考えると、心の中が柔らかい人でなければ感化されることはできないのではないかと言うことが分かりますね。

感受性が豊かな人

 感受性が豊かな人も感化されやすい人だということができるでしょう。

その理由の一つ目としては、感受性がとても豊かなため、人よりもずっといろいろなことに気づいてしまうからです。

感化されるポイントが人よりも多いために、そこに引きずられてしまう確率が上がってしまうということになりますね。

また、理由の二つ目としては、感受性が豊かで他の人よりも感動しやすい体質であるために、その物事に対して「良い!」と思う気持ちが大きいからです。

影響を受けるためには、その物事について心が動いていなければいけません。

感受性が豊かな人は、色々な物事を知って心がたくさん大きく動いているので、その分だけ感化されやすい状態になってしまうのです。

感受性が豊かで、その上に流されやすい性格をしているのなら、色々なものに感化されてしまうというのは当たり前のことなのではないでしょうか。

【感化されやすい人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

️感化されるのは良いことばかり?

 感化されるというのはとても良いことばかりのように思えますよね。

上手な生き方をしている人に感化されると、それだけで生き方が上手くなって人生を楽に生きることができるようになるでしょう。

また、良い影響を受けて自分を変えることができるのは、柔軟でとても良い人であることには違いありません。

ですが、感化されやすい人の特徴を見ていると、良いことばかりではないということが何となく分かるのではないでしょうか。

感化されやすい人というのは、色々な物事に影響を受けやすい人ということになります。

それは、意識的に感化されるだけではなく、周囲に起こった出来事に対して無意識に感化されてしまうことも含まれています。

感化されやすい人の場合には、無意識に感化され過ぎていて自分では自覚がないかもしれませんね。

自覚がない感化は、自覚がないだけ問題を生みやすくなります。

まず一つには、悪い影響もうけてしまうということでしょう。

影響されやすいということは悪いことにも影響されてしまうということですし、自覚がないということは、悪い影響を受けていることが自分では分からないということなので、簡単に悪い影響を自分で排除することができないということになります。

これは問題がありますよね。

さらに、自覚がない影響を受けているということは、元々の相手にとても嫌がられてしまう可能性があります。

例えば、自分が何かを捜索しているときに、無意識にある人の影響を深く受けすぎていて、それを真似したように思われてしまったら、お互いに嫌な思いをしますよね。

感化されるというのはとても良いことである可能性も高いですが、悪いことに繋がってしまう可能性もあります。

感化されやすいという自覚がある方は、何かをするときに自分自身の力で行っていることと、自分の周囲によって変わってしまった部分などの違いをきちんと把握しておくようにしてください。

いつでも無意識に感化されているような様子では、自分の身を守ることもできなくなってしまいますよ。

 また、もう一つ危険なポイントがあります。

それは、色々な物に感化されてしまい、自分の行っていることに統一性が出なくなってしまうというものです。

感化されやすい人は一つの物事にばかり感化されているわけではありません。

感化されてある方向に進もうとしているときに、心が動く他のものを見つけてしまうと、そちらの方向に皿に変わって行ってしまうのです。

そうして色々なものに感化されてしまった結果、自分のしていることに全く統一性がなくなっているということも珍しくありません。

子どもの内はそれでもかわいいかもしれませんが、ある程度の年齢を超えてしまった場合には、それではすまなくなりますよね。

自分の中に一本筋が通ったものを求められることが多いのに、自分の芯がいくつもの管下の影響でぶれてしまっている状態では、良いものを生み出すこともできなくなってしまいますし、人間的なアイデンティティが危うくなってしまうこともあります。

感化されて良い影響を受けることは大切ですが、自分の中にある一番芯の部分までグラグラと変わってしまうようでは、感化されること自体が悪影響になっていると言わざるを得ない状況になってしまいますよね。

️感化される出来事を味方につけよう

 いかがでしたか?
 感化というのはとても面白い現象ですよね。

人間は色々なものに影響を受けて生きていますが、自分が感心したものや接したものに近く変化してしまうというのは、ある意味で模倣をしながら生きてきた人間だからこそなのかもしれません。

影響を受けるというのは自分を成長させるときにも大切ですよね。

何の手本も受けずに成長するよりも、色々な人の影響を受けながら成長する方が、人間的に深みが出てくるはずです。

ですが、感化されることが必ずしも良いことばかりではないというのは、上述の通りです。

悪い出来事に感化されてしまうと、悪い方向に成長してしまうことは事実です。

それならば、きちんと良い方向に影響を受けるように、自分自身をコントロールしましょう。

悪い方向に流されていることが分かったのなら、そこでとどまる意志の強さを持つことも大切です。

感化される出来事を味方につけることができれば成長を望めるのですから、しっかりと何に感化されたいのか、影響されたいのかというのは選ぶようにしてください。

いつでも無自覚に感化されているような生き方では、流されて良い生き方をすることができなくなってしまいます。

難しいかもしれませんが、きちんと自分自身の意思を持った感化のされ方で、自分の人生を良い方向に導けるようにしてくださいね。