これからどんな仕事につこうか悩んでいる、しかし出来れば自分の好きなことを仕事にしたい!

そのように考えている人もいるのではないでしょうか?

そう・・好きなことを仕事に出来るとして、ひそかな人気を集めている職種があるんです!それは「インストラクター」!

既にインストラクターになるたえに専門学校や通信教育などで勉強をなさっている人もいるかもしれませんね♪

しかし、インストラクターといってもさまざまなインストラクターがあるのをあなたはしっていましたか?

または、インストラクターという言葉に憧れているけれど「そもそもインストラクターってなんなの?

カッコイイ仕事にはまちがいない!」なんて思っている人もいるのではないでしょうか。

そんなあなたのために、この記事ではインストラクターとはいったいどのようなお仕事なのか?

また実際に存在しているのはどのようなインストラクターの仕事なのかなどご紹介していきます!

これから転職する方も、就職する方も、第2の人生を楽しむ方もぜひ参考にしてみてくださいね♪

あなたの夢を応援しています。

インストラクターになりたいあなたへ

「インストラクターになりたい!」あなたはそんな気持ちを抱えているのですよね。

どのインストラクターになりたいだとか実際にイメージできている人は、その中でも少数なのではないでしょうか。

身近になにかのインストラクターの人がいれば、実際にインストラクターとはどのような仕事をする人でどんな人がやっているのかをイメージしやすいものです。

しかし、あまり身近にインストラクターがいる人って少ないですよね。

ずばり、インストラクターになりたいと感じていても具体的にインストラクターがどんなお仕事なのかを理解できている人は少ないということなんです!

きっとあなたも例外ではないはず。

そんなあなたのために、まずはここでインストラクターとは基本的にどのような仕事をしている人たちなのか、どんな仕事をするのかをチェックしていきましょう♪

イメージできるようになると、その仕事をしている自分の姿を思い浮かべることが出来るようにもなるので、もっと「インストラクターになりたい!」と感じられるようになるはずですよ!

では、さっそく見て生きましょう!

インストラクターとはどんな職業


あなたは”インストラクター”ときいて、どんな仕事だと思いますか?または、どのような仕事を思い浮かべますか。

実際にインストラクターのもとで何かを学んだり、勉強したことがある人にとってはたやすく思い浮かべることが出来るのではないでしょうか。

しかし、詳しく知らない人のためにここでは、4つにわけて詳細にインストラクターという仕事についてご紹介していきます!いわば”先生”と思ってもらっても構わないかもしれないです♪

1. その分野をマスターしている人

インストラクターとは、特定の分野に特化している人のことを言います。

マスターしている、ってことですね。

マスターするとは、できないことはないし、それを全て熟知しているということになります。

そのため、インストラクターとはその分野について知らないことがありません。

そのため、つねに最新情報を学んでおかなければなりませんし、間違いを教えないためにもつねに学習する習慣を身に付けていることが多いんです。

2. 人に自分の技能や知識を上手に教えられる人


あなたは、誰かになにかを教えたことがありますか?それは学生時代に数学の問題の解き方をおしえた、などでもかまいません。

そんなときに、なかなか上手に教えることが出来なくて悔しい思いをしたことがありませんか?そうなんです。

自分は100%理解していることであっても、誰かにそれを教えるのってとても難しい物なんです。

それは教えられた側の人間でも感じたことがあるかもしれませんね。

相手は必死に教えようとしてくれているし、きっと100%理解しているのだろうけれど自分の心には響かない、それどころか複雑すぎいて何を行っているのかわからない!なんてことも。

それは、お互いに温度差があるんです。

出来ない人というのは、出来る人には分からない”できないドツボ”にはまっているもの。

それを理解した上で相手の段階にたって、同じ目線で教えてあげることがとても重要になるんです。

インストラクターは、その特定の分野について熟知しているだけではなく、誰かに上手に分かりやすく教えてあげることが出来る人なんです。

そのため、知識を理解しているだけでは立派なインストラクターになったとはいうことはできないんですよね。

あなたは、誰かに教えるのが上手だと思いますか?もしも、まだそのように感じなくても大丈夫!常に相手の立場になって考えることが出来るようになれば、あなたも上手に教えることが出来るようになります

3. 資格が必要なものも多い

インストラクターには、さまざまな種類があります。

水泳の先生としての水泳に特化したインストラクターということもありますし、犬やネコなどのインストラクターともなれば命に関わる事項を扱うことになりますよね。

どんなインストラクターであっても、その対象に対して責任を負わなければなりません。

そういうときに資格となっていれば、責任感も増大しますし、そのインストラクターという仕事に対して重みを感じることが出来ますよね。

また、とても大切なもの(命、病気)などを扱うこともあるので資格となっているものが多いんです。

とはいってもその資格試験の難易度というのは、それぞれです。

きちんと専門学校などに通って指定された科目を受講し、さらにその上で最終試験をするところもあれば、ただの筆記試験でおわるところ、ネットの選択問題だけで取得できるものなどあります。

ネットや筆記だけで回等できるものは、独学でも知識を取得するもので勉強し、受験することはできるので手軽に取得できるというのも魅力のひとつですよね。

しかし、やはり専門学校など人のいる講師のもとで学ぶことによって、実技の勉強をし実践することができるので専門学校などがある場合はそれに通った方がいいでしょう。

特に人とのコミュニケーションをとるのが苦手でインストラクターを目指しているのであれば、通信教育などに逃げがちですが人とかかわりながら学んでいくことで、そのコミュニケーション術を学ぶことも出来るんです。

4. 指導者用の教育を受けている

インストラクターとは人に教える先生です。

そのためにその分野のことは全て熟知し、しっかりとやさしく上手に教えることが出来ます。

しかし、普通の人に急に上手に教えなさいなんていっても難しいだけです。

あなただって、急に小学生の前にたって勉強を教えなさいなんていわれても困惑してしまうはずです。

そのようにならないために、インストラクターの専門学校や通信教育などでは「指導者」としての勉強もすることになります。

指導した側にたったことがある方は分かると思うのですが、指導者だからこそ気をつけておきたいこと、指導者だからこそ分かることがあるんですね。

それを知らなかったら生徒さんの心を傷つけるかもしれないですし、分かりにくい説明をしてしまうかもしれないのです。

そのため、しっかりと指導者用教育も行なわれているのでこれまでに人に教える立場にたったことがない人やたったことはあるけれど自信がない人ちでも安心して勉強することが出来るんです。

新しい自分になるためには怖いことに乗り越えなければなりませんよね。

インストラクターに向いている人

インストラクターとは、人になにかを教える立場の職業だとお伝えしてきました。

ただ教えるだけではなく、できれば分かりやすく教えてあげたいですよね。

だって、あなただって分かりにくい説明をされっぱなしで理解できなかったらとても嫌な気持ちになってしまうはずですから。

実は、そのインストラクターには向いている人と向いていない人がいるっていうのを知っていましたか?これからインストラクターに向いている人の特徴をご紹介していきます♪
しかし、ここで注意していただきたいのが”向いている”だけです。

向いているけれどもインストラクターが性に合わない人もいれば、これらの特徴にはあてはまってはいないけれどインストラクターとして活躍している人はたくさんいるんです。

ですから、ここにあなたの性格の特徴が載っていなかったり、性格の特徴と正反対の性格をしていても決して諦める必要はありません。

どんなときでも努力をすることによって、そのような人に”なっていく”ことができるのですから。

1. 人に教えるのが好きな人

あなたは、人になにかを教えるのがすきですか?この世界には、なんでも誰かに教えるのがすきでおせっかいといわれてしまうような人がいます。

そのようなタイプであると、少しでも分かったふりをしている生徒さんい執着して分かるまで一生懸命教えて上げられることができますよね。

また、すきこそものの上手なれなんて言葉があるように、人に教えるのが好きだとやっぱり人に教えるのが上手だったりします。

さらにその分野に特化していたり、その分野のこともだいすきであれば愛とともにその生徒さんに伝えることが出来るので、相手の生徒さんもすんなりと受け入れることが出来るようになるんですよね。

学生時代は誰かに勉強を教えていたとか、今の仕事でも誰かに教えるのが楽しい、教えた相手が理解してくれたと笑顔になってくれるのが嬉しいと感じているのであれば、あなたはきっと誰かになにかを教えるのがすきなのでしょう♪

2. 人柄が良く好かれるタイプ

あなたは、周りの人からどんな印象をもたれていますか?

または、あなたは自分自身ってどんな性格の人だと思っていますか?学生時代に分からない問題があったとき、いつも怒るような、話しかけるとあしらってくる先生よりはいつも笑顔で優しい先生に質問をしたいと感じたものです。

あなたもそうではないでしょうか。

誰だっていつも怒っているよな、気難しい人にはあまり近づきたくないもの。

だって何を考えているのか分からないし、いつも嫌そうに質問に答えてくるのでもしかしたら「心のなかで悪口をいってるかも」なんてネガティブな人であれば消極的にマイナス思考に陥ってしまいます。

しかし、どうみても人柄がよく性格がいい人であれば、そんなことは感じませんよね。

それどころか、[いい人だなぁ」なんて感じるようになって、近づきたくなるものです。

要するに、人柄がよければ、人にすかれている人であれば、教えられる人もそれをうけいれやすいっことなんです!

人に好かれるような性格を今はしていなかもしれないですが、性格なんてあなたが変わろうと思えばいくらでも変わることが出来るのですから諦めないでくださいね。

3. 人当たりが良い

何かを誰かに伝える時に、あなたは優しく伝えることが出来てますか?

または誰かの話をきくときにあたりが強くなっていませんか?

あなたみたいに強い性格であれば問題ないのですが、世の中にはあなたが考えられないような弱い人だっているんです。

そのような人が強くあたられてしまうと、それだけでその道を諦めてしまう事だってあるかもしれません。

最近では会社でも「新卒には怒ってはいけない」なんて思われているくらいに、怒られるのを苦手としている人がたくさんいるんです。

怒られているだけならいいのですが、それだけなく普通の会話でもちょっと暴言をはかれたりするだけで落ち込んでしまうガラスのハートの人がふえているんですよね♪

ずばり人当たりが良いと、そのように強くあたることもなくやんわりと相手に伝えることが出来るので、伝えられた相手である生徒さんも嫌な気持ちを感じることがないのです。

最近ではクレームに特化している会社が多いので、一発でもあなたにクレームが入ればせっかくインストラクターになることができたのにその仕事を諦めなければならなくなるかもしれないんです。

そうしないためにも、またお互いに気持ちの良い状況を整えるためにも人あたりがよい人のほうが向いているんですね。

4. その分野を魅力的に伝えられる人

インストラクターには、さまざまなものがあります。

さきほどお伝えしたようなヨガ、水泳、パソコンだけではなく動物に特化しているインストラターもありますよね。

どんなインストラクターになっても、やはりその魅力を伝えることが出来るのか出来ないのかによって全くその先の教え方に差が出てしまうといわれています。

インストラクターの話はさておきましょう。

あなたは好きなアーティストはいますか?

そのアイーティストについて説明せよといわれたら、だいすきだからこそ知っている知識だとか愛情を込めてたっぷり魅力を伝えることが出来ますよね。

しかし、ちょっとでも嫌いなところがあるとそのようにしっかりと魅力を伝えることが出来なくなってしまいます。

インストラクターのもとで勉強をしたいと思っている人は、少なからずその分野に興味を持っている人が大勢いますよね。

その道の勉強が楽しくなるような、あなたが持っているその分野への愛情を伝えることによってその人たちももっとその分野を好きになってくれるのです。

あなたも実感したことがあるかもしれませんが、その魅力をしっているからもっと好きになることが出来るんですよね。

その気持ちを生徒さんたちにも伝えて上げられるインストラクターこそ、素晴らしいインストラクターということができるでしょう。

5. 生徒を増やすための営業力も必要

インストラクターの資格を取った初めの頃は、どこかのグループや企業に所属して働くことが出来るかもしれません。

そのままずっとどこかに所属して働くこともできるのですが、できれば自分で教室を開いてみたい!という夢を持っている方も多いのではないでしょうか。

それぞれのどれくらいのレベルを持てば教室を開くことが出来るのかどうかは、それぞれのインストラクターによって異なります。

しかし、どんな場合でも教室を開くことになったのであれば、自分で生徒さんを集める努力をしなければならないんです!それは”営業力”なんですね。

近くの駅でチラシを配るだけではなく、そのチラシを手に取ってくれた人に短時間で魅力を伝えられるようにするチカラだったり、「この人のところで学びたい!」と思わせるような気持ちをもたせることがとても重要です。

インストラクターという仕事を始める前にどこかの企業で営業さんとして働いてきた方は、なんとなくそのノウハウを利用すればいいので安心かもしれません。

でも全くの営業未経験の方にとっては、少し心配になってしまうかもしれないですね。

とはいっても、あなたもそうでしょうが人というのは価格ももちろん大切にしますが、その教室を開いている講師に着目するものです。

最終的には”人情”にいきつくんです。

だからこそ、人当たりがよく人に気に入られる性格だと特だということなんですよね。

6. 何よりもその分野が大好き

あなたは、これから何か特定の分野のインストラクターになってその道を究めようとしているんですよね!そんなあなたに質問です。

あなたは、その分野がすきですか?また、どれくらいすきですか。

インストラクターというのは、その分野を誰かにこと細かく教えていくお仕事になります。

そのため、やはり好きであればあるほどとても有利なんですよね。

有利というか、とても楽しくお仕事することができるんです。

また、何かの壁にぶちあたることがあるかもしれません。

そんなときでもだいすきなことだからこそ「まだまだやれる」「諦めたくない」と思えるようになる物なんです。

これまでの人生の学習面で思い浮かべて欲しいのですが、すきだった科目にはとことん勉強の時間を費やすことは出来ても大嫌いだったり、苦手意識のある科目の勉強ってなかなか進まなかったはず。

進まなかったというか、それ以前に触れるのもいやで吐き気がでてしまうほどにストレスを感じたことのある人もいたのではないでしょうか。

そんなことを仕事にしてしまったとしたら、何かの壁にぶちあたったときに「がんばろう」と踏ん張れるチカラになるものがなくなってしまうんです。

それに誰かに合わせるのが当たり前になっている”右にならえ”の今の社会で、思いっきり誰かの目線を感じることなく「これがすき!」といえるのは、そして思えるのはとってもすばらしいことです。

その気持ちに忠実になり、そしてその分野がだいすきな自分を信じることによってより良いインストラクターに成長していくことができるんです。

これまでにその分野がすきだったことを誰かに伝えるのを恥ずかしがっていた人もいることでしょう。

しかし、資格を取得し、その資格で活動をするようになればあなたはれっきとしたその道の”プロ”なんです。

そうなってしまえば、隠す必要もなにもないですよね♪あなたらしく生きていくことが出来るんです。

7. 一生続けようという気持ちがある

インストラクターだけではなく、さまざまな仕事はやめようと思えば誰だってやめることができます。

だからこそ、インストラクターになるために今やっている仕事をやめる覚悟を決めている方だったり、「こうするべきだ」といわれているような将来の当たり前の道を進むのを辞めようとしている方もいるのではないでしょうか。

ずばり、インストラクターはだいすきなことを仕事にするからといって、誰にとってもとても簡単でやさしい仕事ではありません。

たしかに本当にその分野がだいすきでもともとそちらの才能があるのであれば、壁にぶちあたっても壁だと認識せずに楽しみながら乗り越えることが出来るかもしれません。

しかし、そんなの全ての人にあてはまるわけではないんですよね。

ほとんどの人は、なにかしらの壁に出くわしたときに「イヤ」だとか「やめたい」だとか「やっぱり無理だったんだ」なんて気持ち、ネガティブ思考に陥ってしまう物なんです。

だからこそ、一生続けてやる!と思うくらいの勢いが必要です。

そのように思っていれば、ちょっとやそっとのことでやめようだとか思えませんよね。

手に職をつける・・・とは、まさにこのことをいうのでしょう。

最近の若者は”ゆとり世代”なんてこともあり、すぐに諦めるクセがついてしまっています。

それどころか諦める前にチャレンジすることすら、行なわない人もいるんですよね。

そのような人々だって、夢や目標はあるはず。

でも、そこで諦めてしまったら、なにもチャレンジすることなく「一生続けられないんだ」と思ってしまったらもったいない。

それに一生続けてやる!という決意さえあれば、そのインストラクター人生のなかでたくさんの嬉しいことに出合うことが出来るんです。

幸せや結果というのは、行動した人にだけ与えられる宇宙からのプレゼントなんです♪何事も最後までやりぬく気持ち、それに何かあったとしてもすぐに諦めない気持ちが重要。

だって、あなたがインストラクターになるためにどこかの講座に通っている最中に「私はもうダメ。教えることが出来ない」なんてその担当の先生から言われたらどう思いますか?

「ハァッ?」ばかいってんじゃないわよ!なんて思っちゃいますよね。

あなただって、そのように思わせてしまうかもしれないんです。

そんなのいやですよね。

そんなときこそ「一生続けてやる!」という気持ちがあなたの軸となり、パワーの源になっていくんです

インストラクターの種類を紹介!

この世界には、さまざまなインストラクターがありふれています。

その中には「そんなのあるの!?」なんて驚いてしまうものも。

この世界は進化し続けていますからこれから新しいジャンルのインストラクターがもっと誕生してもいいんですよね。

ここでは、人気を集めていたり、すぐに目指すことが出来そうなインストラクターを集めました!

このほかにもインストラクターはありますが、もしも気になった物があれば詳しく検索し、どのように勉強するのか、または資格を取得するのかを確認してみてください♪

そして次の資格試験には受けられるように今からがんばっちゃいましょう☆

これであなたの3年後が変わります!

1. ヨガインストラクター

空前の健康ブームはいまだに続いていますよね。

さまざまなスポーツがある中で体力に自信のない女性やご高齢者もできるというのが”ヨガ”なんです。

腹式呼吸などを使いながら、さまざまなポーズをとって体の筋肉を伸ばします。

書籍やDVD、テレビ番組を見るだけですぐにマスター出来る人もいますが、全てがそうだとは限りません。

また、一人でやるよりは誰かと一緒になってヨガをすることでよりストレス発散できるなんてことも♪生徒さんの前でお手本になってからだを動かすので、美意識にも磨きがかかっちゃうかも!

一緒にきれいになることができるので、女性にオススメのインストラクターです☆

【ヨガインストラクターになるためには、こちらの記事もチェック!】

2. パソコンインストラクター

現代では若者だけではなくご高齢者の方までもパソコンを使う時代になってきましたね。

若者であれば義務教育のなかでパソコンの基本的な使い方を学ぶことが出来るのですが、ご高齢者などはそれができません。

しかし、パソコンは必要!
そんなときにさまざまなパソコンのスキルなどを教えてあげるのがパソコンインストラクターです。

ワードやエクセルなどから、画像編集までさまざま。

ですから、パソコンをいじるのがすきだったり、ホームページ作成なんかを趣味にしている人には向いているかもしれません♪

最初は教室に通ってもらったり、あなたが生徒さんのお家まで教えに行くことも。

慣れてくればスカイプなどの動画で教えることも出来るので、あまり経費がかからないのが◎

3. 食育インストラクター

NPO日本食育インストラクター協会が認めているのが”食育インストラクター”です。

私たちは、生きるためには食べることがとても重要ですよね。

しかし、やみくもに食べていても体に必要な栄養素をしっかりと取り入れることは出来ません。

そんな食育インストラクターは、大きくわけて5段階あります。

通信教育などで基本を学ぶことの出来る”プライマリー”、自分自身の生活でいかすことのできる”4級”、そして自分の生活だけではなく第3者にも食育について教えて伝えることの出来る第3級、2級、1級があります。

この資格を取得するには、国家資格や准教師資格、または栄養士の資格を持っていることをふまえ、そこにさらに筆記試験などを受ける必要があります。

4. 児童英語インストラクター

これからの世界では、日本でも英語を使えるようにしておくと良いなんていわれていますよね。

だからこそ、子供のころから英語を身近に感じられる教育をしたいと思っている保護者さまが増えているんです♪

または、自分が学生時代に英語で苦労した経験から、そんな思いをさせたくない!と思っている人も。

この児童英語インストラクターは、児童を対象に英語を教える英語の先生になります。

そのため、基礎英語を中心に分かりやすく、そして英語を好きになってもらえるように教えていく必要があるんですよね!

歌を歌うのがすきだったり、子供と一緒になって遊ぶのが好きな方には特にオススメかも♪

5. スキーインストラクター

冬のスポーツといえば、スキーですよね。

スキーってどこで習ったか記憶がありませんか?

ほとんどの方は学生時代のスキー教室だとか、体育の一貫で学んだことでしょう。

しかし、それって子供の頃ですからスキーを毎年やるような生活をしていなければ、スキーの感覚は忘れてしまうもの。

でもスキーは楽しみたい!

そんな人向けに行うスキー教室の先生がスキーインストラクターです。

そのため、スキーについての知識を教えるだけではなく、実技演習などをしていく必要があります。

また、スキーコースによっては命に関わることもあるので、生徒さんの命を預かるというとても重要な責任を担うことも。

しかし、最初はスキーができなかった人たちがスキーができるようになり、笑顔になるのはとてもたまりません☆

スキーが好きな方にはオススメのインストラクターです。

6. エアロビクスインストラクター

エアロビクスとは、カラダの柔軟性を生かしたダンスです。

ダンスにはダンスの先生がいるように、エアロビクスにはエアロビクスの先生がいるんです♪

ダンスの基本、そしてリズムの取り方などなど踊りに関することを生徒さんに教えていきます。

しかし、厳しすぎるとその楽しさを知ってもらうことが出来ないため、楽しく元気に教えることが重要です♪

また、あなたが教えた生徒さんがダンサーとしてだデビューしたなんてきいたら、やっていてよかったと思えるかもしれないですね!

そんな夢のある職業です。