あなたは汗かきな人についてどう思いますか?

特に何も感じないという人もいると思いますが、恐らくたくさんの人が汗かきの人には良いイメージを持っていないと思います。

周りから嫌がられる汗かきな人は、いったいなぜそんなことになるのでしょうか?

そもそも嫌がられることもそうですが、なぜそんなに汗をかいてしまうのでしょうか?

そしてそんな人はケアなどをして、対策を立てることも、周りから嫌がられないために必要なことだと思います。

今回はそんな汗かきの人へ「汗かきな人が周りから嫌がられる8個の理由と対策」を紹介しますよ!

まず何でそんなに汗かきになる理由を知っていきましょう。

自分がよく汗をかいてしまう。

周りからも嫌がられていそう。

そんなことがある人はぜひその理由を知っていきましょう。

また、今回はしっかりとした対策も合わせて紹介していますので、そちらも必ずチェックしてみて、実際に試してみましょうね♪

汗かきを卒業しよう!

普段汗をかくことが多くて、自分は汗かきだと思ってはいませんか?
そんなことからぜひ今回は汗かきを改善して、卒業していただけたらと思います!

正直汗かきなあなたも気付いていると思いますが、周りからあまり良い印象を持ってもらえてないと思いませんか?

体質的なことでしょうがないこともありますが、汗かきになることにはいくつかの理由があるのですね。

今回はそんな理由を具体的にしていますので、ぜひ理解して自分がもっているその理由を改善していきましょう!

もう汗かきは卒業して、自分も過ごしやすく快適に、そして周りの人に良い印象を与えられるようになりましょうね!

汗かきになる理由とは?

それでは実際に汗かきになる理由とはいったいどんなものがあるのでしょうか?

先程通り、生まれ持った体質や育った環境からの体質的なものもありますが、普段の生活から、汗を変にかきやすくなっていることも多くあります。

あなたもきっと当てはまっていることがあると思うので、まず、その理由からしっかりと把握していきましょうね♪

まず、大きく6つに分けることができます。

1. 暑さに弱い


そもそも基本的に暑いから汗はかくものですよね。

つまり暑さに弱いということが、まず理由として挙げられます。

体が暑さに弱いと頻繁に汗をかいて体温調整をし、温度を管理します。

体がもしもっと健康だったり、体力がある。

または暑いことになれているのであれば、頻繁に汗をかくことはしないでしょう。

やはり健康面になんらしかの問題があるので、体は暑さについていかなくて、汗をたくさんかいてしまうのです。

逆に暑さに強い人は、汗はかきますが、だらだら垂れ流すほどかくことはなく、また汗をかく部分も運動不足の人などとは違うのですね。

暑さに弱いあなたはきっと日頃運動をしていないのではないでしょうか?

そんな健康面だときっと背汗をよくかくのではないでしょうか?

背汗をたくさんかいてしまう人は、運動不足からそんな汗をかいてしまうと言われています。

なので健康で運動をしている人は、背中ではなくて、普通に顔に汗をかいたりするのですね。

代謝が良いとその通りに、顔にかいたり、頭から汗が出て、健康的だと言えます。

2. 体温調節機能が低下している

体温調整機能が低下していることも、汗を頻繁にかくことに繋がっていきます。

体温調整機能は例えば、クーラーなど外部からの体温を調整することに頼っていてばっかりだと、なかなかうまく働いてくれなくなります。

あなたもクーラーなどをよく使っているのではないでしょうか?

また寒いときも暖かい外部に頼ってばかりだと、自分で体を暖める昨日も低下していくので、暑い時に体温を上手く調整してくれなくなるのです。

現代病やクーラー病ともいわれるこの症状は、割と多くの人が当てはまっているので、特に温度が変化する時にはそんあ外部のものに頼ってばかりでは、体が弱くなっちゃうのですね。

もちろん、運動や健康面からもそんな体温調整にはかかせないもので、影響が出てきます。

運動しているのであれば、体は自然と、体温を自分で調整しようとします。

また健康であれば、他のところにエネルギーを消費しすぎずに済み、そして体温を調整するためにエネルギーを持って行くことができるのです。

また疲労が重なっていると、その疲労を取るためにエネルギーが行ってしまうので、なかなか体温を上手く調整することに行かないのですね。

また栄養をしっかりととれていない、そもそも食事をしっかりと取れていないとダメなのです。

それは体温を調整するためのエネルギーが足りていないので、体温を上手く調整できずに、汗をかいて、なんとか調整していくのですね。

そんなことから汗を頻繁にかいたり、変に汗をかく感覚になってしまうのです。

3. 太っている


汗かきの人の大半は太っていることが原因だと思います。

これは誰もが分かりますよね?

太っている、つまり脂肪が多いので、体が暑くなり汗を自然をかいてしまうのです。

しかし、太っている人が汗かきだからといって、どんどん痩せているわけではないのですよね。

太っている人って、いつも汗をかいているのに痩せない人って多く感じませんか?

それは汗をかいても脂肪が燃焼していないことが原因なのです。

ただ汗をかいても体温の調整だったりで終わることがあります。

そこにしっかりとした運動をしてカロリーを消費すること、そして代謝を上げて脂肪を燃焼することが痩せる基本なのです。

なので、頻繁に汗をかいているからといって痩せるわけではなく、そもそも太っていることが汗をよくかいてしまっているのですね。

4. 多汗症という病気

本当によく汗をかく。

また痩せているのに汗をかくことが多いのであれば、もしかしたら多汗症という病気が原因かもしれません。

それは精神的なことからくるのではなく、身体そういう病気を発症しているのです。

多汗症とは、交感神経が失調していることから起こる病気です。

日常生活に支障をきたすことがあるこの病気はとてもやっかいなものだと思います。

尋常じゃないほどの汗をかくようになっているのであれば、もしかしたらそれは多汗症なのかもしれません。

もしあまりにも原因が分からない、また病気なのでは?と心配になってきた場合は、こちらは神経内科などで一度診てもらうことをおすすめしますよ!

体温調整とは別に汗をかいてしまっているので、体温を調整するためにも早めの受診をおすすめします。

病院では対策や治療法が提示してくれるので、ぜひ心配になった方は病院に足を運んでみましょう。

5. 自律神経が乱れている

体温を上手く調整するのに、とても大切で繊細なものが自律神経が上手く働いているかどうかです。

また自律神経が乱れていないか、整っているかが大切になってきます。

自律神経は基本的に体温を体が調整してくれるもので、そこが乱れると体の体温調整機能がおかしくなっていると考えてもらって大丈夫です。

ではなぜそんな自律神経は乱れてしまうのでしょうか?
それは基本的に、朝早く起きて、夜早く寝る。

つまり太陽と共に行動をしていないことが多く原因に挙げられます。

自律神経というのは体が働かせるものでありますが、人間の自立神経は太陽の光を浴びることによって、オンオフ切り替わっていくのです。

例えば、朝起きて太陽を後ろの首もと、まさに自律神経に浴びさせることによって、また関節的にも太陽の光を体に浴びたり、目に入ってくることによって、自立神経は体に朝が来たことを伝えるのです。

また夜の暗さが自律神経を副交感神経をいう、オフの状態に持って行こうとするのです。

つまり、そのことから体は一日を始めるオンになり、そしてオフになっていくのです。

その太陽とずれた生活をしていると、自律神経が乱れて、体温調整が上手くいかなくなって、結果汗をよくかいてしまうのですね。

また精神的に疲れていたり、病んでいたり、またはストレスなどで自立神経が乱れてしまうこともあります。

最悪自律神経が失調してしまって、寒いのに暑いといった感覚になってしまうので、そこまでの症状が出てきたら、病院に行くこともした方が良いかもしれません!

しかし自立神経は回復することができるので、また整えることができるので、自分で改善していけることも覚えておいてください。

後ほど詳しく紹介していくので、そちらも読んでみてくださいね!

6. 緊張するタイプ

緊張をした時って汗をかくことがありませんか?

きっと多くの人がそんなことを一度は経験していると思います。

例えば、恋人とデートをしていて、手をつなぐ時に汗をかいている。

また会話をしている時に気が付けば、暑くなっていて汗をかいている。

それ以上にそもそも緊張するタイプだとしたら、そこから汗をかくことに繋がっています。

精神的な事がそれに影響を出していて、自分で緊張をしていないと思っても心の中で何かが不安だったり、心配をしていたりすると汗をかいてしまうのですね。

そもそも緊張をよくするタイプなら、よりその緊張から汗が出てしまっているのですね。

こちらは緊張するなという方がムリがあるかもしれません。

もし対処する方法があるとすれば、汗をかいたときにいったいどうするかにポイントを当ててみましょう。

後ほど汗をかいたときの対処方を紹介していくので、そちらもぜひチェックしてみましょう♪

汗かきな人が周りから嫌がられる8個の理由

汗をよくかいてしまう、汗かきな人の理由はよく分かりましたね。

たくさん理由がありますが、それと同じくらい嫌がられる理由があるのです。

今回はそんな理由を8個紹介するので、汗かきなあなたはしっかりと理解して、これなら自分も嫌かもと思えたら良いですね♪

そんな嫌という気持ちはきっとそれを直していこうと思うきっかけになると思うので、ぜひその嫌がられる理由を知っていきましょう!

それでは実際に8個その理由を見ていきましょう。

1. シャツに汗染みが見える

頑張っている証拠!とも見える時もありますが、たまに汗でべちゃべちゃになっている人っていませんか?

そんな人には近寄りたくないと思うのも仕方がないと思います。

特に成人の男性の脇汗の汗染みを見たら、やっぱりなんか近寄りがたいと思いますよね。

また背汗をたくさん書いて、シャツがびしゃびしゃになっている人はもっと嫌がられると思います。

汗染みはしょうがないとも言えますが、ケアしようよ!や拭いて拭いて!と思うこともあるので、対処ができるのにしていない所も嫌われるポイントだと言えるでしょう。

2. 汗臭い

もうこれは一番嫌ですよね。

たまに本当に汗臭い人っていますよね。

すこし汗のにおいがするのはしょうがないですし、それほど気にならないと思います。

しかし、時に強烈なにおいを放って通りすぎていかれたら、「くっさい!」と思うこともあるでしょう。

そんな汗臭いにおいで歩かないでほしい!と思われても仕方がないでしょう。

なによりそんな汗臭い人って、自分のにおいに全然気づいていないのですよね。

気付いていないにしても自分の汗の量は分かっていると思うので、それならケアして、防臭できるはずです。

3. 太っている人も多く暑苦しく見える

汗をよくかく人って、基本的に太っている人が多いですよね。

こちらは厳しい意見かもしれませんが、事実でもありますし、やっぱりそんな人が汗をよくかいていると暑苦しく見えちゃいますよね。

こちらもしょうがないと思います。

しかし、そう思われているあなた!いやいやそんな汗かいて、痩せようよ!と周りからはきっと思われていますよ。

また、良い印象を与えていないの事実です。

まず、痩せることを考えてみても良いと思います。

せめて今よりもう少し痩せていくことで、そんな見苦しいといったことはなくなっていくはすです。

4. 恋人でも手をつなぎたくない

恋人が手によく汗をかいていても、基本的には全然手をつなぎますよね。

好きな人だからこそ、そんなことを正直どうでもいいと思います。

しかし、男性のあなた!いつも手がすんごい湿っていたり、汗をかいていたりしませんか?

たとえ恋人でも手をつなぎたくないと思わせてしまったら、ダメですよ!

手がいつもびしゃびしゃで、恋人からすこし呆れられていたり、太っているからだよーと思われているかもしれません!

5. 化粧が崩れてひどい

太っていてよく汗をかく女性のあなた!

化粧が崩れてひどいことになっていませんか?

男性はそんな一面を女性に見てしまうと他人だったら、多くの確率で引いてしまうことがあります。

あなたは大丈夫でしょうか?

自分はそれほど気にしていなくても、周りの男性からは嫌な意味で気にされていますよ。

女性の、まして太っている女性が汗をかいて化粧が崩れているのは、男性からしたらダブルパンチで割と強烈な瞬間なのです。

6. 不潔感を感じる

スポーツをしている時などの汗は爽やかだったり、不潔感がなかったりすると思います。

しかし、会社だったり、プライベートでいつも汗をかいていてタオルを常時持っているとなれば、不潔感を感じられていることがあります。

適度な汗なら良いのですが、いつも汗をかいていたり、汗が染みになっていることが続くと、不潔感を持たれてしまいます。

何かにおいそうと嫌がられたり、体の汚いものがすごく出ていそうと思われてしまうので、汗のかきすぎは改善していきたいですよね。

7. 気が小さい人だと思われる

まれにあるのが、この嫌われる理由です。

汗をよくかいている気が小さくて、すぐに緊張して汗をかいている、弱弱しいと思われることもあります。

そんな汗をかかなくてもいいでしょ!どんだけチキンなんだろうと正直思われていると思いますよ。

何か困ったことがあるとすぐ汗をかいて、だらだらと垂れ流していると、焦っているなとか動揺しすぎだよ!

汗すごくかいているじゃん!と周りから気の小ささを感じさせているのです。

8. 顔が常にテカっている

いつも汗をかいている人の中には、顔が常にテカッている人がいます。

艶があるということではなくて、汗でテカっているのですね。

テカテカな人は男性なら基本的に女性ウケはまずよくないでしょう。

なんか顔をいつもテカッいて気持ちが悪いとも思われるので、顔のテカりもしっかりと対処していきましょう!

汗の臭いは嫌われる!

それでは汗をかくことで、もっとも嫌われる原因の一つ、汗の臭いについてせまっていきましょう!

きっと誰もがその臭いは嫌いなことでしょう。

自分の汗の臭いも嫌だと思う人も多くいるなか、他人の汗の臭いなんてもってのほかですよね。

くさい汗の臭いを嗅がされると、本当に嫌だと思いますし、その人の印象がかなり悪くなっていくことも。

そんな汗の臭いは嫌われるのです!

それは一体なぜそんなに臭くなるのか、そんなことを理解していきましょう。

1. なぜ汗をかくと臭くなるの?

そもそもなぜ汗をかくと臭くなるのでしょうか?

一番当てはまる人が多いと思うのが、運動不足とストレスです。

まず、運動不足は汗腺を上手く機能させることができなくなり、汗を特定の場所のいでかくようになります。

それは脇だったりして、その一部で汗をかく、そして不純物がそこから一気に出るので、不純物が上半身全体で汗と一緒に出ず、臭いがきつくなるのですね。

さらに、ストレスは内臓の働き、肝臓の働きを弱めて、そこからアンモニア臭を出すような、疲労臭というものを汗を一緒に出してしまうのです。

このふたつがきっと多くの汗かきな人に当てはまっていて、汗が臭くなっているのです。

2. 普段食べているものも影響する

普段食べているもの、体に入れるものも確実に影響するのです。

栄養がしっかりと摂れないものばかり食べている、消化の悪いものばかり食べていると、内臓や体が上手く働かなくなって、汗で不純物をたくさん出してしまうのですね。

また体にしっかりと栄養を与えないと、体温調整機能も働きづらくなって、大量の汗で体温をコントロールするので、そこから臭いも大量に出てしまうのです。

単純にイメージすると臭い汗がいっぱり出てしまうのは、体に悪いものばかり食べているからとイメージしても良いでしょう。

3. 運動不足の人の汗も臭い

先程の復唱になりますが、運動不足の人の汗も臭いのです。

まず、運動不足は汗腺を上手く機能させることができなくなり、汗を特定の場所のいでかくようになります。

それは脇だったりして、その一部で汗をかく、そして不純物がそこから一気に出るので、不純物が上半身全体で汗と一緒に出ず、臭いがきつくなるのですね。

そもそも運動をいつもしていて、しゅっとしている人が臭いイメージってなかなかないですよね。

そのイメージのままです。

運動不足の人の汗は基本的には臭くなりがちなのです。

4. 便秘が続いている人も臭い

便秘が続いている人も臭いのですね。

簡単な事です。

体の不純物を上手く腸で分解できずに、ほとんど汗で出しているからです。

体の不純物なんて綺麗な、そして臭くないわけないですよね。

汗でその不純物の匂いをすべて出しているので、便秘だと汗も匂ってきます。

そもそも便秘も運動不足から来ていることも多いので、内臓が上手く働いていないのですね。

運動が体に及ぼす影響はとても大きいと言えるでしょう。

5. 服自体に既に臭いが染みついている

汗かきな人は、たくさんの汗が服自体に既に臭いが染みついていることがあります。

それは自分の体についている汗よりも臭ってしまうのですね。

ちょっと乾いたりしていても、その汗の臭いが風と共に運ばれてしまうのです。

汗をかいたあとも実は服はすごく臭くなっていることがあり、またそれは本人ではなかなか気づかないため、嫌がられていることにも、気付いていないことがあります。

汗かきの対策

汗かきな人について、あなたも十分すぎるほど分かったと思います。

様々な理由、そして嫌われるパターンがありますが、それはあなたがしっかり対処することで改善することができるのですよ♪

良い意味で毎日を過ごせるものや、根本的に体を変えていくこと、どちらも大切な対処だと思います。

まず簡単に体質は変わらないので、そんな毎日を過ごせる対策をしっかりとしていきましょう。

もちろん根本的に体を変えていくことと平行していきましょうね♪

もう汗かき、そして汗臭いと思われないために早速この対処法を試してみましょう!

あなたもきっとすぐ始まられる対処方がきっと見つかるはずです。

そんなものが見つかったなら、面倒くさいと思わずに積極的にそして迅速に取り入れてみましょう。

人に臭いというのはその人の印象にもなってしまうので、臭い印象を持たれないようにするためにも、またそんな臭い人、汗かきな人と悪い印象を持たれないようにしていきましょう!

1. 野菜中心の食生活にしよう

まず、体に実際に入れるものを見なおしてみましょう。

やはりなんといっても健康が大事です。

野菜中心の食生活にしてみましょう。

野菜はビタミンが豊富なものもたくさんあり、体を元気にしてくれます。

そして食物繊維が大切です!

食物繊維は言わずと知れた、消化の働きを促進していくれるものですね。

消化を良くすることで、便秘になりずらくなり、また快便になることで、体の不純物も出してくれます。

そうすることで、汗だけで不純物が出ないので、汗が臭わないようになっていきます。

またそんな不純物が少ないと汗をかくことも少なくなるので、野菜はおすすめですよ♪

体が野菜で健康になれば、体温調整も上手くいき、たくさん汗をかくこともなくなってくることでしょう!

2. 通気性の良い素材の服を着よう

汗かきを内部から、根本的に直すことは大切ですが、いきなりその体質が変わることはありません。

何かと時間がかかるので、その間の汗の対処を考えて、そして準備しておきましょう。

汗をかくのはまず、暑いからかきますよね。

ならばそもそも体温を上げないような服、そして通気性の良い素材の服を着ましょう。

まず身に付けるものから改善していくことで、体温を上げないようにしましょう。

特に通気性の良い服はおすすめで、空気が適度に入ってくる服は体温を高めにくくして、さらに気持ちも良く感じられ、精神的にも心地よく、汗をかきにくくできますよ♪

しかしこちらは通気性が良いとはいえ、自分の臭いも風に乗って周りにいってしまうことがあるので、消臭剤や、制汗剤と合わせて使うことが理想できですね。

まず、制汗剤などで汗をしっかり押さえたり、臭いを消してから、そのような服を身に付けていきましょう。

そうすれば、自分も心地よく服を着れますし、誰かに嫌な臭いをさせることもなくなりますよ♪

通気性の良い服をきる時は、そんな順序を大切にして、セットで覚えておいてくださいね♪

3. 体臭を消すサプリメントを飲もう

サプリメントを飲んで体臭を消すこともおすすめできます。

サプリなら薬ではないので、できるだけ自力で改善していけますね♪

体臭を消す成分が入っているかどうかがポイントで、シソの葉の成分や柿の葉などの成分が入っているものは効果的でおすすめです♪

口コミなどもしっかりチェックして、本当に効くものなのかどうか、また良質なものかどうかしっかりと選んでみましょうね♪

しかしあくまでサプリメントは汗かきを改善するまでの繋ぎ、または継続しても体も変えていくことを忘れずに!

サプリの効果で体臭はなくなったとはいえ、汗はたくさんかいているのですよ!

そんな汗はあなたの健康の危険信号だともいえるので、サプリでやり過ごすことだけではなくて、根本的に適度な汗をかく体にしていきましょうね♪

そのためにサプリメントはとっても便利で活用ができますし、欠かせないものになっていくでしょう。

4. 冷却ジェルシートや制汗剤などを有効活用する

こちらも体質を変えていく最中に使えるものです。

冷却ジェルシートや制汗剤などを有効活用していきましょう♪

薬局などには、体温を上げなくする気持ちが良いものや、汗を押さえてくれる制汗剤が売っています。

制汗剤だとさらさらにしてくれて、心地が良く、また臭いもさせないようにしてくれるものがあるので、特におすすめです♪

制汗剤を選ぶ時は、香りが付いていない物を選びましょう。

香りがあるものは汗の臭いと混ざってくさくなるので、無臭にしてくれる効果だけで十分ですよ!

欲張って、すこし香りをつけたり、きつい香りをつけたりすることは余計に臭くなる恐れがあるので、注意しましょう。

おすすめはAG成分が入っているもので、銀の成分で、臭いを分解したりしてくれて、そして香りも残らず良いですよ♪

薬局などでは1000円もしないものもあるので、コスパも良くて重宝するものになります!

しかし、そちらも消臭効果が強いからといってかけすぎると少し臭ってしまうので、適度に体にかけましょうね♪

5. 首と脇を冷やそう

もし体が火照ったり、汗をかいてしょうがない時は、まず体を冷やしましょう。

おすすめできる体の箇所は、首と脇です。

首を冷やすことは逆もそうですが、体温を下げることにより効果的です。

さらに脇は血管が多く通っていて、さらに脂肪が少ない箇所なので、体を冷やすのに最適ですよ♪

体の温度がまた分かりやすい箇所でもあるので、その脇の温度と自分の感じている温度と上手くバランスを取ってみてくださいね♪

だから熱を計る時には、脇に体温計を挟むのですね。

それほど脇の体温は信用できるものなので、ぜひ脇を冷やしてあげてください。

あまり冷やし過ぎると血流が悪くなって、体に悪いので、注意してくださいね!

6. 皮膚科や心療内科で薬を処方してもらおう

もし自分が病的に汗をかいてしまうのならば、一度皮膚科や心療内科で見てもらっても良いですね。

きっと良いアドバイスをもらうこともできますし、一時的に汗を止める薬もあります。

そんな薬を活用しながら、根本的に体が変わるまで過ごしても良いと思いますよ♪

しかし、できることならその薬に頼る前に、自分ができること、改善できることを見直してみましょう。

薬に頼るとずっとそれに頼って、根本的に改善せずに、通院を続けてしまうこともあるので、病的なことを除き、自身で改善していきましょうね。

汗かきは対策でなんとかなる!

汗かきは結果色々な理由から発生していて、そして様々な場面や人に嫌われているのですね。

しかし、体は変えられるのです。

汗かきも例外ではありませんよ!

今回紹介して対策はどれも効果的なので、まず何か対策を始めてそれで汗をしのぎましょう。

そして根本的なそんな汗かきな体質を改善することに入っていきましょうね♪

つまり汗かきは対策でなんとかなるのです!

今からでも遅くはないので、早速何か試してみて、汗かきな自分からは卒業しましょう!

【汗かきについては、こちらの記事もチェック!】